Report

<前のレポート [過去のReport]
 


■2022年12月4日(日) Vol.6987

今年最後の月例会、 先月は感覚の仲間が5人入賞。
今回は、橋本と百武と俺だけ。 ちょっと、落ちたね。
来年はあるかないか、 分からない月例会だが、 34年も続いたんだから、 良しとしなければなー。
今年も残り一ヶ月か。
年を取ると、 月日の流れが早い。
定めだなー。

         雀鬼




今年最後の月例会は、金子さん送別も兼ねました。 不安になりそうな場所への出張、 更に不安になりそうな突っ込みのオンパレード(笑)、 道場らしい触れ合いを餞別にして貰えたらです。
(恒)

年末の締めの月例会ですが、先月の様には行きませんでした。 自分がポイントで橋本サブマネを越えたのも良くなかったです。 つながっていた糸がまたひとつ切れようとしています。 道場の場合は猫も杓子もと行く訳にはいかないのですが なんとかしたいものです。
(百武)

■2022年11月30日(水) Vol.6986

今日は何も書かなかったんですが、 手当てとか、それなりにありました。
何も書かないと、 俺の体を心配して下さる方がいらっしゃるんで。
いざ!!

         雀鬼




道場に入られた時は、 決して体調が良いという感じではなかったですが、 手当てや道場生へのアドバイス等、 気遣いされてばかり… 道場生の差し入れで、 食事が何時もより進んでたのは良かったと思います。
(恒)

■2022年11月27日(日)その2 Vol.6985

しぐさが美しい若々兄弟。
かつて、2人して横綱になった、 若貴兄弟より、俺は前者を好む。
2人伴、勝ち越し、 もう一人のちゃんと相撲を取っている、 妙義龍も勝ち越した。
ここまではいいんだが、 優勝して欲しかった高安と、 大関で一人踏ん張っている貴景勝。
高安は意識しすぎたのか、2日前から、 動けない、動かせない相撲になって、 目の前にあった優勝を逃す。
大関は逆に2日間いい立ち合いをして勝ったが、 一番に、いつも力を入れ過ぎるんで、 下の方にいた阿炎の元気の良さに、敗けちゃった。
これで3場所連続幕内優勝で終わった。
シャボの車中で 日本、対、コスタリカ戦のサッカーをやっていた。
多分、前半の少々だったが、 シャボ情報で、軍隊も武器もない、 コスタリカを日本陣に構わず、 ボールを蹴れよ!!と応援。
まぁ、この勝負、一点で決まるな・・・。
そうなったらしい。 よかった、よかった(笑)

         雀鬼




阿炎関は、不祥事から家族とも別居して相撲と向き合い修正、 怪我も乗り越え、入院中の師匠に恩返し、 背景を知ると悪くない優勝だったのかなって思います。
(恒)

若々兄弟に妙義龍の勝ち越しは嬉しいですね。 所作や礼儀、相撲内容が良い力士がもっと増えて欲しいです。 相撲もサッカーも会長目線だと 当たり前ですが、自分達とは違った見え方、感じ方をされていて、 毎回事前に試合展開や結果が分かってしまうのが凄いです。 会長がテレビの画面に映るコスタリカ向かって 「これじゃ勝てないぞ!もっと前にボールを蹴れ!」 とずっと声をかけて応援されてました。 軍隊は持たないコスタリカですが、 会長が味方に付かれたら…当然の結果ですね(笑)
(シャボ)

■2022年11月27日(日) Vol.6984

前ページの写真、 俺からの一本のタバコを、 吸えないのに、吸ってくれる、 まぐろ兄弟の兄い。
やっぱ粋だよな。
昨晩の相撲も、深夜3時半から始まって、 ほぼ2時間余り。 シャボ横綱が毎度のダントツの優勝ポイント。
朝陽が遠くに昇る頃帰るのは、 年寄りには、きついわ。
そして、今日は月例会、 助っ人の力を借りて、何とか出来た。
こちらも優勝はシャボ。 大好きな大谷君と同様の二刀流だね。 お見事です。
二位にしげるちゃん、 サブマネ、深山と続いて、 全員、感覚の仲間。
この並びも良かったね。
まぐろ兄弟のまぐろ、 俺、少し遠慮しながら頂いた。
その分、貧しい孫達のところへ、 おすそ分け。
感謝、感謝です。

「私の分はないの」
と切れる家人。
その前日の買物で、 カゴにまぐろを突っ込んでいたじゃねえか、 なー(笑)

         雀鬼




ここ最近で、一番いい形で終わりましたね。 粋なマグロ兄弟から、味と気持ちが届いたからでしょうか。 写真は、魚釣り、ではなく感覚の遊びの様子です。
(ナルコ)

会長、ご無沙汰しております。 こちらこそまぐろを美味しくいただいてくださって ありがとうございます! またタバコを一服しに寄らせていただきます!
まぐろ兄弟 関、黒澤

本人は無自覚でしたが、 相撲と月例会で二刀流だったんですね(笑) 優勝以上に感覚の仲まで入賞できたことが嬉しいです。 来月は今年最後の月例会、 また良い形で締めくくりたいですね。
(シャボ)

■2022年11月26日(土)その2 Vol.6983

何でだろう。
千葉のまぐろ兄弟分から、 又、旨そうな活まぐろが届いている。
何か、こちらにきっかけがあると、 毎度、どさりと送ってくれる、まぐろ兄弟。
こっちは週末なのに、平日並み。 上物があがったのかなー。

先日のうん10万円する越前の蟹、 大間のまぐろに近いまぐろ。
こちとら、下等人間の集まりなのに、 何故か時折、上物が届く。
身分不相応ってこういうこったね。
話は変わって、 昨日は久し振りに駅下にあるスーパーへ買い物。 必要なものをちこっと買えばいいか、ぐらいの気持ち。
何て言ったって、 コロナ等に全く関係ないが、 今は、どうも人混みが苦手になっている。
肉は買うつもりなかったんだが、 肉売り場に、肉の日、と何かの表示があって、 そんな日もあるのか、とちらりとのぞくと、 ずらりと並べられた肉の種類の中に、 一本の棒らしきものが立っていて、 その台の上に、見た目、旨そうな肉が、 どさりと置かれていた。
「これって、すき焼きに合いそう」
と思った瞬間に、カゴの中に入れちまう。
レジも混んでいて、 俺達の後ろに、5人ぐらいの男女が並んでいた。
俺、暇なんで、レジ脇にある、 買った方の金額が出てくるのを眺める。
872円、760円、530円、1200円と、 数字が出る。
ゾロ目はねえな、と思いつつ、 俺達が買った数字に目をやると、 何と、一万円札がスーッと引き込まれ、 何でよ、と思いつつ、 もう一枚の一万円札も入れる。
何で、俺達、年寄り2人暮らしなのに、 どうして、こうなっちまうんだろう。
全くダメですね!!
確かに、皆さんは二個ぐらい。 家だけは、カゴにいっぱい。
その上で、あの肉だ!! と手遅れだが、気づいた。
スーパーに入る前に、 別の店でピーカン2個買ったっけ。
一缶50本入りの平和、 いや、ピースをね。

         雀鬼




粋なお二人とのつながりが続いているのが、 本当にありがたいです。 お二人のように、道場も威勢よくやっていきたいです。
(BIG)

会長とのつながりを大切にされている方々からの 最高級の蟹とマグロ、 本来なら自分達が頂けるような物ではないのですが、 会長のご好意で贅沢三昧。 美味しい物となると普段以上に食べてしまう… 自分は意地汚いですね(笑) 会長、O社長さん、関さん、黒澤さん そして海の恵みに感謝です。 ごちそうさまでした。
(シャボ)

身分不相応ながらも、またお裾分け頂きました。 ご馳走さまでした。 以前より会長の食が進む状況のタイミング、 まぐろ兄弟のお心遣い、会長との関係性あっての事。 長い間、直接触れ合う事もないのに…、 普段触れ合っている自分らは 感謝して行動して行かねばと思います。 スーパーでの買い物、 普段安売りのチラシを睨んでいる者に話したら、 びっくりしてました(笑)
(恒)

■2022年11月26日(土) Vol.6982

3年余り前に、全てのタイトルを失った羽生名人が、 52才になって、藤井五冠への王将戦での挑戦権を得た。
羽生さんも、定跡うんぬんに、 AI等の進歩的な指し手を研究している。 若い世代の打ち筋も混ぜて、打ち出したんかな。 若い人の特権として、体力、気力増しがある。
ちょっと前に、マスク問題で失格うんぬんがあった。 その時に裁定した理事とやらは、 10代の頃、道場で麻雀を打ってたっけ。 それって失格じゃん(笑)
久し振りの、羽生さんにとっての大切な一局。 指し切って欲しいなー。

         雀鬼




タイトル挑戦は約2年ぶりで通算100期もかかる勝負ながら、 特段意識していないとのコメントが出されてました。 夢の対決と言われたりしてますが、 道場に来て頂いた羽生さんを応援したい気持ちになります。
(恒)

■2022年11月23日(水)その2 Vol.6981

10日ぐらい前かな。
「何んかの臭いがして」
イスに座ったり、 ベッドから立つのが、不自由だった下半身。
ならば、これどうだ、と5秒程の動きをする。 自分の中で瞬間に変化が起きたことを感じる。
これって、きっと8年、穴蔵生活の道場の 6,7段の階段の登り降りが全く出来なかった。
けど、これ、今日は行けるぞ、という気持で道場へ。 生憎、誰も迎えは来なかった(笑)が、 一人で、さっさっと降りられる。
道場にいた恒達に、
「ヨー、俺、階段上がれるぞ」
その前をスタスタ上がる。
集ってきた道場生が、 少しビックラこいたツラをしている。
「ホレエ、なあ!!」
その日から登りは簡単だが、 下りは今までより数倍早いんで、 降りる早さに慣れてない(笑)
ていうか、今までヨタヨタ爺だったのが、 並に動けるんで、 心臓がついて来ない感がしている。
その内、慣れればいいんだね。

         雀鬼




以前の会長の姿を思い出し、込み上げる物がありました。 話し方や気持ち的にも変化があったように感じますし、 自分自身も気を引き締めねばと思います。
(恒)

夏の海でエメラルドグリーンの太陽を見た後に 体に変化が起きて、軽々と階段を上り下りされていましたが、 それ以来の感じですね。 今回はご自身で直されて、しかもその直し方を気づき、 発見されてしまうのが凄いです。 自分も直し方を教えて頂いたので、続けて行こうと思います。
(シャボ)

■2022年11月23日(水) Vol.6980

今日は中日ですね。 俺のどうにかのローテーションのね。
俺、この頃、仕度前に、 もたもたしてんで、 あっという間に時が過ぎ、GOが遅れる。
スタートや立ち合いが、とろいのかなー。
俺が幼かった頃も、 クラスや、外で遊ぶ集まりっ子の中でも、 トロい子と、素早しっこい子がいたもんです。
俺、その頃は、 結構、後者だったのに・・・・。 薬や、老化のせいかな。
ここ数年、別荘の海では、 腹が空いて、腹いっぱい食べていたが、 ここんところ、あーあ、腹減ったなー、 という気分がほとんどなし。
一日、食わずとも平気。 食べる時は、ごはんも半分。
それも体が温まるから、とか、 ちょっとぐらい食わねば、と、 前にある飯を、座ってじっとしばらく眺めてから、 はしをつける。
それが、この頃、起きて、 小腹が何かを求め、昼も軽く食して、 夕方前に本格的に腹が空く。
俺って、
「意地汚ねえ」
と思いつつ・・・・。

         雀鬼




会長が意地汚いなら、 しょっちゅうお菓子をボリボリ食べている僕は、 救いようがないですね(笑)。 内蔵に負担がかかる、というのは少し気になります。
(ナルコ)

会長なりのお考えがあるんだとは思いますが、 ある程度食べて頂けたら、 周りの者も少しは心配が減るように思います。
(恒)

■2022年11月20日(日) Vol.6979

昨晩の道場相撲遊び、 決して運動中心でなくて、 遊べる時間を作ること。
取る前に、妙義龍の話をしてやる。
道場が雀鬼流だった頃、 一秒で打て、と指導、 そのためには、 無駄な考えや、動作を省くことなり。
それを忘れちゃいませんか? ってことで、3秒相撲をすすめる。
まず、いつものように俺が先に立って、 全員と立ち合う。
一秒もいらない。 力もいらない。
ただ相手の動きに合わして、 軽く捌くだけ。
横綱のシャボがそれを受けて、 ほぼ一秒相撲で、全員抜き。 次の回も早回しを成しての全員抜き。
特待生のしげる部長の時だけ、 感覚で捕まり、 いつものように、肩や腰を極められる。
「しげるさん、何やんの」
「痛めつけます!!」
の一言。
「誰を」
「シャボと深山です」
深山も久しぶりに、合計16p、 シャボの39pと伴に、 こいつら強いんだから、 部長に痛めつけられて当然だよね(笑)
チビッ子相撲の百武、板坂と、 老人相撲の金子が混じって取る。
チビッ子2人が圧勝。
そりゃそうだ。 高齢化した俺のような年寄りは、 立つのもやっとこ。
それに比べて、小学生の高学年にもなれば、 立ったり、走ったりは当たり前。 黙っていたって、動き回るのが子供。
今は、そういう子も少なくなったのかも。
ご褒美は、俺としげるさんで、 シャボと深山に、栄誉の賞を与えた。
それなのに、大間のまぐろの一本釣りをされて、 離れた海の中から、ミサイルみたいに、 横になったまんま、 俺としげるさんの側に、吹っ飛んでくる。
後ろで構える網持ちも大変だったね(笑)

         雀鬼




網持ちは、3人がかりでギリギリすくえるかどうか、 本番の立ち会いより厳しいです。
(恒)

取り組みのテンポが早くなり、 もつれあって転んでしまう危険も減ったのではないでしょうか。 金子さんは、もう、ちびっこ二人組にも、 不意打ちが必要かもしれません。 両横綱に対するしげるさんの一言、面白かったです。 新しい捌きも教わっていたし、来週がどうなるか注目です。 二人が一緒に飛んで来たときは、 三人でも受け止めきれませんでした。
(ナルコ)

痛めつけられて当然ですかね…(笑)!? しげるさんとはいくら早くやろうと思っても難しいですね、 逆に飛ばされそうな気がします。 シャボさんと自分は閲覧禁止ということでの教えも入ってたので 今から来週が怖いような楽しみなような(笑)
(深山)

ちょっとした意識の変化で変わるものですね。 対しげるさんに関しては別問題ですが(笑) 次回は新技が出るかも知れないので 心して痛めつけて頂こうと思います(笑) 押忍!
(シャボ)

■2022年11月19日(土) Vol.6978

大谷選手の大ファンであるシャボくん。
シャボには悪いが、 だいぶ前から、 今年のMVPはヤンキースのジャッジだよ、 と能書きを垂れてた時ですら、 いや、まだまだ大谷選手の目もありますよ、 と腹の中で思っていたシャボ。
28対2の大差で、ジャッジに決まったらしいが、 2人伴、あれだけ素晴らしいプレーを見せた、 大リーガーの凄え選手達の中で、 1位、2位を独占したんは凄いじゃん。
両刀使いの大谷選手が どちらか一つだったら、 の質問に、即、
「ピッチャーだね」
と答えたっけ。
今年も大相撲が始まった。
多くの幕内相撲の中で、 この力士だけが相撲を取っている、 と気になっていた力士の名は、 妙義龍、36才と最年長に近い。
所作が美しいのは、 若元春と、若隆景の兄弟。
親方衆はもとより、 土俵回りを手伝う若い子達にも、 何かしてもらうと、軽く頭を下げる。 特に番付が下の方の兄さんの所作がいい。
勝った、敗けた、 強い、弱い、だけじゃなく 解説者の物を知る人達も、 その点を言葉で伝えて欲しいもんだ。

         雀鬼




大差でジャッジがMVPでしたね。 「腹の中」ではなく 「大谷くんに取って欲しい」 と口に出しちゃってました(笑) 来年がまた楽しみです。 相撲に対する心構えや考え方までは知りませんでしたが、 自分も以前から昔の力士の感じがして妙義龍関が好きです。 相撲界はどんどん大型化していて、 自身にも相手にも怪我の危険がある状態で、 妙義龍や若隆景、若元春達くらいの体格の方が 良いのではないかと思います。 そして所作や礼儀と言った良い部分も しっかり残していって欲しいです。
(シャボ)

所作のいいお相撲さん、一昔前もいましたね。 ただ、そうしたことも含めて、 内容はだんだん悪くなっていると思います。 人のことは言えないですが、 相撲を見る側も取る側も、レベルが落ちているというか、 分かっていないのだと思います。
(ナルコ)

■2022年11月16日(水)その2 Vol.6977

O社長殿に、感謝の電話を入れた後、 この度、発売されたコンビニ本を 週刊新潮の書評覧の前の一ページに、 書評を書いて下さった、 早矢香様にも電話を入れる。
「会長!」
と元気なお声。
きちんとお礼を述べた後、 素に戻っちまった俺、 そういえば来月の末に 初産の早矢香、と語っている。
ダンナが帰って来て、 飯も食わずに、電話に出てくる。
「会長、お願いがあるんですけど、  赤ちゃんの名前を・・・・」
確かに名前は、随分とつけてきたが、
「俺、ゴッドファーザーじゃねえんだよ」
少しだけ、2人が望む名にヒントを出したり、 文字の意味を伝えたりした。
ふと気づく。
早矢香の早は、 俺の章一の章の文字から、立を取った字。 これも御縁なんですかね(笑)
「何でも大切なことを俺に頼むなよ」
「自分、会長の写真を  スマホの待ち受けにしてるんですよ」
「何でよ・・・・・」
「ボク、会長が好きで、好きで、  たまらんのです・・・・・」
いい大人の男が、 こんな爺さんに向かって吐いた言葉に、 おかしくって、ザブトン一枚(笑)
気が合わねえ奴も、ごまんといるが、 わずかでも気が合う方々が居るって、 いいですよね。

         雀鬼




早矢香さんとダンナさんの夫婦漫才に 元気な赤ちゃんも加わって 更に明るく賑やかになりそうですね(笑) それにしてもダンナさんの 「会長が好きで、好きで、たまらんのです…」 って、いい台詞ですね〜(笑) ダンナさん、いい味出してます!
(シャボ)

■2022年11月16日(水) Vol.6976

俺が世界で一番好む、 越前は福井の限定された特別な蟹が、 大阪の、長い付き合いの、 大成功された社長のOさんより今年も届く。
その蟹が、どれ程の貴重なものかを 知っている俺だからこそ、 一層、ありがたく、おいしく頂く。
その蟹が水揚げされると、
「出た!!」
という一報が、 三県のその蟹の存在を知る人達に流れる。
O社長が、その業界を仕切る方に、 前もって、
「出たら」
桜井会長に送って下さい、 と言い含めているからこそ、 あんなにも旨いものを何十年と味わえている。
毎度これだけは、その蟹の意味を知っている、 俺だけで食べようと決めていたんだが、 昨年、毎年その頃になると、
「会長、今年も、そろそろですね」
と、自分のごとく会話してくるシャボ。
今年は、まだ、その一声がねえなー、 と思っていた時に、
「出ちまったんだよな!!」
昨年、蟹の最高の食し方の甲羅食いの時、 シャボが俺を家に送ってくれたんで、
「食べてみなよ」
と、2人して最高の味を食しちまった。
味をしめたシャボと、しげるちゃんへの、 新宿の桂花ラーメンや大陸の餃子へのお返しと、 道場番長の、味も知らない恒も誘って食しちまう。
恒の野郎は、合い間に、くら寿司でガニを食べ、 奥方の誕生日には、俺が以前に教えた、 新宿のカニ道楽へ行く、と、まさにカニ三昧。
結構な御身分ですこと(笑)

         雀鬼




毎年11月6日から3月20日の漁期のカニ。 今年も漁が始まったなと思ってましたが、 解禁とともに迷い無く贈ってこられましたね。 主の中でも更に厳しい基準を満たした極。 会長、シャボさん、恒さんと共にご相伴に預りました。 一口食べるとカニの身の甘いこと、甘いこと。 更に会長の味付けでつくって頂くカニ飯たるや、 食べる程にお腹が空いて いくらでも食べられる不思議なカニ飯でした。 会長、O社長ありがとうございました。 自分も遠く及ばないですが、カニを食べに行こうと思います。
(しげる)

味音痴の夫婦揃ってガニ、カニ三昧です。 会長のご自宅では、 何れだけ貴重か分かってない所もあり、 ただ美味しいと興奮して、 何時ものようにやってしまいましたが、 暫くは白米だけで思い出しそうな幸せな気持ちになりました。 もう二度とない事だと思いますが、 味わうという事に挑戦しようと思います。
(恒)

O社長さんの会長への特別な気持ちのこもった蟹を 自分のような者が二年連続で… 会長、O社長さんありがとうございました。 会長と永井さん、しげるさんと囲む特別な食卓、 また一つ良い思い出ができました。
(シャボ)

■2022年11月9日(水) Vol.6975

女子ゴルファーの上田桃子さんが、 初日からトップを走っていたらしいが、 最終日、スコアを落として、 5位で終わったらしい。
俺の本をコンビニで買ってくれて、 柔らかさを意識しているらしいが、 最終日、勝ちが見えたところで、 知らずに心身が力んで、 まさに自滅しちゃったんだね。
俺も、今はゴルフから遠のいているが、 入院して、手術して、家路に着く場で、 ショートコースを見て、 一人でクラブを借りてコースに出ちまった。
一番ホールで、第一打の スイングの練習をしようとしたら、 前向きで下を見るだけで、 ふらついて、つんのめる。
こりゃダメだ。 やめて帰るか、と思いつつ、 ならばと、下に置かれたボールをちらりと見たら、 後はボールを見ずに、柔らかく軽くスイングする。
グリーン上の旗も、打つ前にちらりと見て、 後はそっちに目を向けなかったら、 飛んだボールが旗の側に落ちている。
ピッチングとパターの2本だけ持って、 先へ進むと、 9ホール全て、ナイスショット(笑) ホールインワンも、2つ出た。
入院帰りの不自由な体じゃ、 力みようがなかったのが、 よかったんだなー。

         雀鬼



※写真は別の日のものになります。

会長から、相手を見ないで投げる方法を 教えてもらったことがあります。 よく見たり、手先で調整しても、 余計な力が入ってしまうことを実感出来ました。
(ナルコ)

さすがにやり過ぎではと話を聞いた時は驚きましたが、 逆境を楽しまれる会長だから と納得してしまう所もあります。 自分等がやったら不自由なりに力んでしまうでしょうし、 病院に強制送還ですね(笑)
(恒)

心身の力みがいかに良くないかを 会長との触れ合いの中で体感させて頂いていますが、 やっぱり自分には難しく、 どうしても何かをする時に力みや固さが出てしまいます。 不自由だからこそ感覚だけを頼りに動く事で 普段出せない動きや結果が出たりするのかな、と思います。 いつも教えて頂いている「感覚の動き」、 心身の力みをなくす事と、 「素直」と「勇気」が大切である事を改めて思いました。
(シャボ)

■2022年11月5日(土) Vol.6974

金曜日は寝ずに田舎の病院へ。
日中、温ったかかったんで、 年寄りが、夫婦や一人で杖を持って、 散歩している姿が目立った。
日本の高齢化社会を、 まともに感じられた。
外もそうだが、 病院も当然ながら、年寄りが占める。
毎度の採血、 俺の腕は静脈が見にくくって、 打ち手も困難だったが、 運よく、一発で決めてもらえた。
診察までの待ち時間が長いんで、 外へ散歩に出る。
いつも見る農業用水の小さい川に、 20〜30匹のコイ達が、 いつもの定位置を避けて、 奥の少し深場のところに集まっていた。
緋鯉が一匹だけ、 太ったコイは、どこかに移され、 若いコイばっかで、リーダーが居ないせいか、 敏感に場を変えていた。
小さい川から、老魚が消えていた。
老兵は死す、 俺のことか(笑)

         雀鬼




病院から帰った後のご様子には、 かなり心配になってしまいましたが、 翌日には道場生相手に自由自在、 自分も久しぶりに立ったまま関節極められました。 このギャップは何なんでしょう(笑)
(恒)

■2022年11月2日(水) Vol.6973

孫娘一家が登場。
「私、大人になりたかない」
と述べていた孫。 俺も同感。 長く生き過ぎた。
ジージ、志望していた大学に入れました。
軽く、よかったね、とは言ったが、 その後、この高齢者の弱った俺の背に、 結構な荷がおぶさってくることは、察していた(笑)
望んでいた学部は、 8名しか通らなかったらしく、 本人は落ちると思っていたから、 受験の話はして来なかった。
合い間で、マルチ商法の話から、 宗教の話になり、
「ジージは、信仰心はございません」
「でもねえ、私、ジージを信じているから、  ジージが入りなさいって言ったら、  私、入っちゃうかも」
「それは違うよ。  ジージを信じてくれるのはありがたいが、  ジージは『半信半疑』で生きてきた。
 だから、ジージを絶対信じるっていうのは、  ダメなんだよ。
 半々でもいいが、  6割、4割でも十分なんだよ。
 俺自身を全て信じてなんか、居なかったよ。
 だから、君もね」

         雀鬼




自分を信じれば良いなんて言われたら、 胡散臭く感じてしまいますが、 逆だと信じたくなりますね。 自分の場合、会長だから大丈夫って、 つい思ってしまう事があるのですが…
(恒)

宗教は信じるが故に 人を傷つけることを平気でやってしまう怖さがあります。 信じ過ぎると信じるもの以外 聞く耳を持たなくなってしまうという実体験があるので、 半信半疑という感覚は大事だと思いました。
(百武)

会長がおっしゃって下さることは、 ほぼ当たっていると思うのですが…。 信じること自体に、危うさがあるということでしょうか。
(ナルコ)

■2022年10月30日(日)その2 Vol.6972

今日も車ん中で、 個人タクシーさんのサービスで、 買い物を2店寄ってくれた上で、 昔、昔の映画ミュージックを流してくれる。
音楽もさぁ、 すーっと入って来て、 音から映像が、浮き出てくる時もあるが、 今日は何故か、すんなり感がなく、 同化出来なかった。
何んなんだろうねえ。
道場に入った時、 恒がニヤニヤ笑ってやがった。
ふと瞬間、苦虫顔。
なんか、
「お前の敗けだよ」
という裏が見えたんだけど、 大リーガーのワールドシリーズの 大切な2戦目の状況ね。
やっぱ、月が気になっていた。 これかぁー。

         雀鬼




会長の希望される結果と逆の事が起きてしまい、 悟られないようにと思ってましたが… やっぱりばれちゃいますね。 今回の結果がどのように繋がるのか、注目です。
(恒)

いつもは音楽のリズムに合わせて 鼻歌や口ずさまれたりされているのですが、 この日はちょっと感じが違っていました。 月のかけ方も気にされていましたし…。 永井さんはご機嫌でしたね(笑)
(渡辺個人タクシー)

■2022年10月30日(日) Vol.6971

昨晩は、百武と板坂の参加があって、 チビッ子相撲から始まる。 これは、これで味がある(笑)



本相撲の方は、 シャボ横綱がまた圧勝して、 10月度も100pアップを決めたが、 しげるさんの「捌き」で、 背中、右肩と、腰まで痛めつけられていた(笑)
深山が合計32p、 オジサンの恒が19で、 3人が2桁。
「捌き」
を導いているが、 やはり、人って力んじまう。
何かをやろうとするとから、 力味に頼っちまう。
「何んもやらない」
という無の空間があるんですけどね。
今日も迎えに来てくれた、 渡辺個人タクシーさん。
腹は空いてないが、 何んも食べてなかったんで、 わずかばかりでも体に入れたくて、 渡辺さんに、入口に貼ってあった肉マンを頼む。
渡辺さんが、 会長、本、置いてありましたよ。
降りて、一応、レジの方にお礼を言う。 今まで、本屋さんには、多くの協力を得たが、 ほとんど、そういう行為は成さなかったんだが、 何故か、コンビニさんには、お礼を言いたくなる。
肉マンなんか、何10年振りに食ったんだろう。 渡辺さんと2人して、車の中での100円の食事。 けっこう、ホッカホッカで旨かった。
このHPを見て、 俺が自滅を感じたという文に、 心配された方々がいらしたが、 俺が読んだ限りのコメントは、 悪口とかなくて、全て、
「ほめ殺し」
を感じちゃったんかな。
心配無用です(笑)
今日は、今から月例会。 恒、ナルコ、深山で上位を占めて欲しいが、 月が三日月だったのが気にかかる。
「月のかけらね」

         雀鬼




オジサンながらも、2位争いをさせて頂きました。 そろそろ、もう少し若者らしく動ける人の活躍がみたいですね。
(恒)

少しでも動こうとすると、相手に反応されてしまいます。 会長に手を添えてもらうと、全然力みを感じません。 こっちの方がいいことは分かっているのですが…。
(ナルコ)

大切なお客様と車中でコンビニで買った物をご一緒させて頂く、 最近こういった事が増えてきていますが、 自分には結構楽しい時間です。 ご自身の本が置いてあると、 わざわざ車から降りられて、店員さんにお礼をされています。 時にはサインをされるサービスまで! 会長のサービス精神、自分も学ばなければと思います。
(渡辺個人タクシー)

教わって、その時はなんとなくできたような感じでも 次の機会にはできなくなってる…難しいですね。 何にもしない空間に触れさせていただいてるのは ありがたいですし、 少しでも大切にしていければと思います。
(深山)

■2022年10月26日(水) Vol.6970

出版社から送られてくる、 今回のコンビニ本のコメントを、 ざくっと読ませて頂く。
他人様が何を思うかは、 それは本人様の意思なんですが、 俺の方は勝手に、あの本の題名のごとく、 自滅しております。
これって、何でなんかねえ。
ここまで書いて、 シャボからのアドバイス。
これって、本を買われた方々の中の、 一部からの感想なんで、 それが全ての人の意見じゃないんで、 会長が自ら、
「自滅した」
なんて思うことはない、と。
・・・・・そうか・・・・。

         雀鬼




アドバイスになんてなっておりませんが、 これも一部の読者の意見ですので…(笑)
(シャボ)

ネットの書き込みなんかには、 見ない方が良い物もあったりするので、 参考程度で良いように思います。 実際に道場では言葉で説明出来ない体験をさせて貰ってますし、 知識だけでは勘違いも起きてしまうのではないでしょうか。
(恒)

■2022年10月23日(日) Vol.6969

橋本の陰謀説で、昨晩は、 犯人は現場に戻る例と同様に、 橋本自身も、第一犠牲者を装う。
BIGとママが犠牲になり、 俺も凄い異和感を体で感じていたが、 どうにか、こらえた。
歴代のスタッフで、 一、二位の信頼感がある橋本さん、 愛が憎悪に変わるってあるが、 それとは、ちょっと違うが、 橋本の中で狂気が・・・・。
俺が5才頃にあった、 帝銀事件が重なった。
そんな狂おしい中でも、 しげる運動部長の判断で、道場相撲があって、 シャボと、深山が全員抜き。
俺、少し気づいた。
俺って、周りの人達に世話になり、 迷惑をかけ過ぎていることにね。
のけ者にされても仕方ねえ俺に、 面と向かって怒ってくれない道場生も、 腹ん中じゃ、早く消えろ、 と思ってるかも知んねえ。
主立った者は、俺を、 とてつもない老害と認めた上で、 じっと耐えてくれてんかもなー。
反省なし、自覚なしの俺じゃ、 どうしようもねえよな。
話は変わって、 コンビニの本を買って、 メールを下さった方々、 ありがとうございます。
これは本音です(笑)

         雀鬼




皆が食事を頼む中、1人個人的に用意する橋本さん、 以前からありましたが、この時の為だったら、相当根が深いです。 欲が少ない橋本さん、何であの人がって事件は、時々起きますが… 決して楽ではない道場生活、会長との触れ合いが好きだからで、 自分の中では全て解決しております。
(恒)

会長が老害であるとは思いませんが、 自分にもそういう点があるのでは、 と振り返るのは大切だと思います。 事件が発生したのは昨晩でしたが、 それ以前から、他の道場生にも、 不可解な事象が発生していた模様です。
(BIG)

サブマネの陰謀…、陰謀論好きの自分もびっくりでした(笑) 会長は老害ではありませんし、迷惑をおかけしてしまったり、 お世話になっているのは自分達の方です。 ただ、自分は将来茨城の老害になりそうなので、 気をつけなければと思います(笑)
(シャボ)

体調不良やトラブルがあった人が何人もいて、すでに魔の手が…。 年内は特に警戒が必要なようです。
(ナルコ)
陰謀とか、老害とか、なんのことやら、さっぱりですが、 ナルちゃんは、さらしくび〜、アハハハ〜
(橋本)

■2022年10月22日(土) Vol.6968

シャボさんと帰りに寄る、 馴染み客となっている、 我が家の近くのセブンイレブンに、 宝さがしの今回出版された本が置いてあって、 俺達の車を見つけた馴染みの夜番の責任者が、 サインペンを持って、待っていてくれて、 3冊の内の2冊に、その場でサインを入れる。
前回はアメリカの大学の教授をやって、 現在、都会の一流大学の偉い立場で、 仕事している方と、並んで売られたんだが、 雀荘のオヤジの勝ちで終わっての、 二弾目なんだが、今度の並びは、
「頭のいい人・・・・」
著者は若くて美人の女性と、 いかにも頭のよさそうな中年男性と並び、 今んところ、俺の方が売れているらしい(笑)
頭もやることも、バカ爺い、そのものの俺だが、 今回も俺の方が勝ちそう。
おかしいやねえ。 本の題目が
「勝とうとするな・・・・・・」
俺って、言ってることと、 やっていることが、違うのかもな(笑)
だってよ、そのコンビニ屋さんでも、 入荷したばかりの箱に入ったパン等を、 販売前に陳列する仕事を、 2度ほど手伝ったこともある。
お客が深夜のコンビニでお手伝いするか?
やっぱり、俺って、 そういうこと自然にやっちまうんで、 決して、頭のいい人には、なれませんよね。

         雀鬼




逆のような事を同時に、会長らしさを感じます。 コンビニの店員も、素性を知ったら驚くでしょうね(笑)。 同じ空間に居て楽しい、勿論会長の方です。
(恒)

■2022年10月19日(水) Vol.6967

久し振りに出版されたプレジデントムック出版の、
「勝とうとするな・・・・自滅・・・・」
の本の第一弾を、全国のセブンイレブンで、 19日に出す、ということで、 道場内で宝探し企画を出した。 前作は、なかなか見なかったんでね。
そしたら、何と深山が、 その日、道場帰りのコンビニで、0時46分に見つけて、 百武も、午前1時21分に見つけた。 3番のナルちゃんが、午前8:30。
深山、百武、哲の鉄人三人衆がワンツウで、 哲も9:37で4番手に入っていた。
橋本情報では、 町田のセブンイレブンで、 10軒中、3軒あったという。
本命視された、 真輔いわく、ガバガバ大将は、ベスト10入り。
外部の関係者である、 床屋のヨシも暫定ベスト10入りかも。
もし、外部のヨシに敗ける道場生がいたら、 遊び心がねえやなー。

         雀鬼




写真は、1位の深山さん!! が、午前0:46に送って来た写真です! この写真の裏には、深山さんのドヤ顔があることでしょう(笑)
(緒方)

あるかな〜ぐらいで道場帰りに 自宅近くの3軒目のセブンイレブンで発見しました。 しげるさんが1番手と予想していましたが、 深山が1番でした。 久々に三鉄の名前が出てきたのもうれしいです。 何はともあれお宝みぃ〜け!
(百武)

夜中に置いてある所があったんですね。 9時半くらいは結構早いと思ったのですが自分は4番手、 深山さんと百武はすごいですね。 後は本がどれだけ売れているか チェックするのも面白いかもしれません。 しばらくはセブン以外のコンビニには行かないかな(笑)
(哲)

のべ8店舗目で見つけました。 見つけると嬉しいものですね。
(しげる)

必ずあるとは限らないので、 仕事先の途中にあるセブンイレブンで見つけられたのは ラッキーだと思いましたが、 まさか日付が変わると同時に販売する店舗があるとは…。
(ナルコ)

ライバルは何人ぐらいかと思ってたら、 皆の予想以上の動きで嬉しい気持ちになりました。 勿論、1位狙いで、 2日前から普段行かない店もチェックしていたので、 悔しい気持ちも… 当日の行動が抜けていて、先日のネーミングがしっくりきました!
(ガバガバ大将)

自分は当時夕方に購入で上位入賞は程遠かったですが、 いつも帰りに会長と寄らせて頂くセブンイレブンでは、 発売前日の深夜?には店頭に出してくれていたみたいで、 ここで買えてたら間違えなく優勝でしたね。 運とタイミングが合っていれば…残念(笑)
(シャボ)

あるかなぁと思って寄った一軒目でなんと発見しました! その後、数軒寄りましたが そこ以外ではなかったので運が良かったです! 久々の3鉄の躍動も嬉しいですね。 大将は2日前から…お疲れ様です!(笑)
(深山)

■2022年10月15日(土) Vol.6966

60時間、寝てない。
体調も、イマイチだったが、 WWE(アメリカのNo.1プロレス)の中邑真輔が、 イノキさんの葬儀の後に、道場に遊びに来た。
やっぱ、体を動かす奴と、 伴に、何かすると楽しく、 疲れも忘れちまったよ。

         雀鬼




お二人とも道場に入られた時は、 かなりお疲れの様子でしが、 体の触れ合いが始まると、終わりのない感じが続いてました。 真輔さんの方が、先にギブアップでしたでしょうか。 テレビ等では分からない強さからくる優しさ、 疑問だった感覚の動きも、 身に付けてからは会長に仕掛ける遊び心、 世界のエンターテイナーを感じさせて貰いました。
(恒)

■2022年10月9日(日)その2 Vol.6965

麻雀を一局打った。
道場生のヘボ野郎が勝負を仕掛けて来たんで、 関係者なんで、相手になってやるが、 一週間に一度程度の勝負。
14連勝じゃ、相手になりませんね(笑)
俺、今日打っていて、 面白いことを言っちまった。
俺が親番だったらしい。 満貫12000点を頂く。
そん時、俺、 俺って、「大人」かい、 と言葉が、麻雀人生でマジ初めて出る。
麻雀では、 親、対、子供3人の打ち合いってことは、 初級者でも知っているルール。
それを雀鬼が、外しちまうんじゃ、 危ないですね(笑)

         雀鬼




勝ち負けとは関係ない所でも、 いろんな仕掛けをしてくる挑戦者ですが、現状スミ1です(笑)。 特別枠で貼り出しているのに… 麻雀以外のゲームでも親と子の形を取ったりしますので、 勘違いというより、 周辺で起きている悪い大人の問題が影響しているように思います。
(恒)

■2022年10月9日(日) Vol.6964

やっている時は、何ともなく、 終わった後、足元が楽になっているが、 昨晩は帰って、昼前まで何んかしていて、 道場に持って来るつもりだった、 崎陽軒のオリジナルのシュウマイ弁当を 温めることもなくつつく。 結構、食える。
一年、追いかけた、 大リーガーの大谷選手の最終戦のビデオを見たが、 だいぶ前から、気になっていた、 バッターボックスのヒジを上げすぎる構え、 ヒットは出ていたが、 ボールがポイントに当たらず、 上か下で、ボール一個分ぐらい外れている。 スイングも遅かった。
投手としては、疲れた体にムチ打って、 必死に修正していた。
ホームランを、同僚のトラウトの40本ぐらいは 打って欲しかったな。
大谷も凄かったが、 ヤンキースのジャッジの兄さんは、 構えといい、スイングといい、 美しい流れを作って、 アメリカンリーグの新記録の62本を打ち終えた。
どこからでも投げていいよ、という構えと、 打った後の背中のそり、 という柔らかさが出来ていた。
日本の野球の方は、 ほとんど分からなかったが、 やっぱ大リーガーは格上の選手がゴロゴロ居たよな。

         雀鬼




道場で縁のあった選手をチェックするために、 大リーグ観戦を始めましたが、 大谷選手の追っかけになってました(笑)。 毎日のように野球観戦は初めてですが、 解説者からも出て来ない会長の気付きで、楽しみも増えましたし、 報道ニュースだけでは分からない現状がありました。 会長評価の高い選手は要チェックで、活躍すると嬉しくなりますし、 調子の上がらない選手には、 修正ポイントを伝えられたら良いのにと思ったりします。
(恒)

今シーズンが始まった頃に会長が 「大谷くんより体が大きくて、いいスイングしている選手がいる」 とおっしゃっていたのが、ジャッジ。 二刀流の大谷くんの活躍も楽しみでしたが、 会長目線でのお話を聞かせて頂いて観るメジャーリーグ、 更に楽しませて頂きました。
(シャボ)

■2022年10月8日(土) Vol.6963

次から次へとトラブル、 お願いがあります、が続いた。
よせよ、 こっちは、かれこれ80才に近い高齢者。
今までお疲れさん、 と扱われてもいいはずなのに、 罪が重いのか、 いまだにやってあげる方。
若い方から、 仕事を奪っちゃいけない年齢のせいか、 お金は入らないが、その分出るばかり(笑)
でも、それも俺が選んだ道。 出来るだけ笑って、 楽しくいれればいいのかもな。
今日の中学二年生の孫を師匠として、 俺が生徒の立場で、問答があった。
先日、ノーベル物理学賞を取った、 アメリカの3人の研究者が見つけた、 素粒子の話が少し気になって、 小っこい孫に、素粒子の本ある?
サーっと出してくる。 目次を見たり、 サラリと何ページかだけ読む。
まぁ、だいたい素粒子のことは解りましたが、 書いてあった横文字が分からないんだけど、 と耳打ちすると、即、説明してくれる。
孫の声が小さいのと、少し早口の説明で、 分かりづらかった、 と又、耳打ちで返すと、 他の本を持って来てくれて、 細かく文章化されたところのページを出してくれた。
読んでいた時は、理解出来たが、 けっこう難しいんで、 覚えていられなかった(笑)
名詞も出てこない爺さんじゃ、仕方ねえけど、 勉強なんて嫌いなはずの俺は、 楽しんじゃっていた。
原子どころか、素粒子が実用化されちまったら、 地球滅亡ぐらいは分かった。
孫が一冊の本を、さぁーっと読んじゃって、 理解までしているのが、実感出来る。
勉強って何だ、 学問って何だ。
もちろん教育って何だ、 だよな・・・・(笑)

         雀鬼




科学の新発見、なんだか凄いな、と思ってしまいますが、 その先にあるものは…。 原爆のような兵器にしたら、 地球が半分くらい吹っ飛んでしまうのではないでしょうか。
(ナルコ)

ご負担かけないようにと思いつつも、 会長に相談する事で一番納得、安心する気持ちは理解出来ます。 横で話を聞いているだけでも、 自覚出来てない足りない所を実感出来ますし。 もう少し何とかならないかと思ったりしますが、 次から次へと体を手当てして貰っている自分、 他人の事言えません!
(恒)

中2のお孫さん、凄いと言うか何と言うか…(笑) 自分がお孫さんと同じ年の頃なんか 科学や物理なんて何のことやらさっぱり解りませんでした。 そして未だに解りません(笑) お孫さんは既に高校か それ以上のレベルの所まで行っているのではないでしょうか? 勉強、学問、教育って本当何なんだー!! (笑)
(シャボ)

■2022年10月2日(日)その2 Vol.6962

我が家の庭に生えるカリンの実が、 まだ青いうちにもぎ取った時は、 16cmぐらいあったが 道場にずーっと置いといたら、 実から水分が失せて、 8cmぐらいになって、 かたさは野球の硬球クラス。
橋本がキャッチボールを始め、 その硬い球が飛んでから、 指先に当たると結構痛い。
そのかたまりを、深山と恒が、 サッカーのヘディングをして遊ぶが、痛そう(笑)
痛いことを何故やるんだろう。 パワハラっていう奴!!

         雀鬼




痛いのに何故笑えるんだろう。 Mっていう奴!!
(橋本)

果実とは思えないくらい、カッチカチでしたね。 投げるときに、ちょっと遠慮しちゃいました。
(ナルコ)

いつ以来か記憶にないほど久しぶりのヘディング、 もう少し上手く決めたかったです。 パワハラだったのかは、一番飛んできて、 暴走モードとなった橋本さんが分かっていると思います。
(恒)

ヘディングで、面影があると言われて嬉しかったです(笑)。 額がジンジンしたり、腰が痛かったりしますが 結果楽しかったら、それでいいんです!
(深山)

■2022年10月2日(日) Vol.6961

多分、昨日はここに何も書かなかった。 結構、外でも内でも色んなことがあったんだが、 相手にしてあげなければいけない人や事もあれば、 放って置け、という状況もある。
昨晩もしげる運動部長のお達しがあって、
「やります」
から、ごとごと動き出し、 シャボさん29p、 あの金子が初めて1p、 それと似ている恒大将が9p、 深山が5p、 後、感覚クラブのしげると、橋本が、 ポイントをあげていた。
本相撲より、百武と板坂のチビっ子相撲を、 微笑ましく見れた。
俺、この頃、思うんだが、 俺も完全なる昭和の男、 平成ぐらいから、時代が薄れて、 今の時代は、俺の中にはない。
好き嫌いはともかく、 昭和の男、猪木氏が亡くなられた。
俺と同年代、亡くなる前は、 見る影もなく、細くなっていた。 体だけでなく、生命の糸も細くなっていたんだね。
彼いわく、
「オレのこと、早く楽になって下さいよ、  っと言ってくれる人は居ない」
その言葉に同感する俺がいた。
皆んなと何かやって遊んでいる時は楽しく、 少しは活性化されるんだが、 やっぱ、一人になると、 年相応のダメ爺(笑)なんですよね。
なぁ、橋本、 なぁ、シャボさん・・・・。

         雀鬼




ねぇ、会長、 ねぇ、シャボさん・・・・
(橋本)

本戦では勝ち目の薄いチビッ子達で 盛り上がれるのも道場ですね。 BlGが一工夫入れて横綱を押し出す場面もありました。 金子さんに続いて老化が進んで、危なっかしいし自分、 ポイント取れましたが、先ずは動きを改善したいです。
(恒)

道場ではいつなんとき、ネタになるか分かりません。 そういう所は楽しみでもあります。 猪木さんが亡くなられました。 確かに好き嫌いはあると思いますが、 そういった方が亡くなられると ひとつの時代が終わる感覚はあると思います。 日本から日本人らしさが無くなる日も近付いている感じています。
(百武)

自分は会長が年相応の…とは思いませんし、 "その言葉"を言えるのはサブマネだけじゃないでしょうか? ねぇ、サブマネ(笑) ねぇ、会長。
(シャボ)

ムチャクチャ強い人が多い中、 少しでも抵抗できればと思ってます。 金子道場には入門出来ませんでしたが、 再チャレンジですね。
(板坂)

■2022年9月28日(水) Vol.6960

海へ行けなかったせいか、 5kgぐらいやせた。
食事は、ずーっと細かったし、 たいがい食べても旨さを感じなくなっていた。
俺って、体質的に太っちゃいけねえタイプらしく、 年老いて、病院のお世話になる前までは、 ずーっと細身だった。
病気発覚や、多様の薬の飲用のため、 一気に太っちまった。
海のせいじゃないが、 行けなかったつけが来るかも知んねえな。
だって半世紀以上続けて来たことが、 ストップしちまったんだからなー。

         雀鬼




今週末までは晴れ模様、気温も高めという事で、 海の大将シャボさんより、 ラストチャンスとの話が出ております。 台風情報もありますが…少数精鋭で行けるのか、 本当にストップしてしまうのなら、 海を心身で感じられる方ほど影響が出そうで、 心配になってしまいます。
(恒)

海へ行けなかったせいか、3sぐらい太りました(笑) 自分のはただの中年太りですが…。 自分も道場に来てからは 夏は海という楽しみを20年程も続けさせて頂きました。 会長には心身をリフレッシュできる大切な夏の海。 影響が出てしまわないか心配です。
(シャボ)

■2022年9月25日(日)その2 Vol.6959

まさかり投法の村田元選手が、羽田空港で、 出来る者達が国葬の方に回っちまったんで、 若い慣れないマニュアル通りの女の子に、 保安検査場のところで、何度も引っかって、 肩を押したとかで、警官を呼ばれ、 暴行の現行犯逮捕みたいなニュースが、 でかでかと流れていた。
ふざけんなっていうの。 俺だって、同じ立場なら、 同じ振る舞いをしていた。
ある意味、無意味な国葬の犠牲者じゃん。
村田元選手、どこか地方の場の、 子供達との野球の触れ合いに、 行く途中だったらしいじゃねえか。

         雀鬼




村田さんの方が、 よっぽど世の中のためになることをしているのに! これではたまりません。
(ナルコ)

村田さんは還暦過ぎで130キロの球を投げていました。 70歳過ぎた今でも子供たちと野球で触れ合うなんて そんな方なかなかいないと思います。 それが悪人にされてしまうなんて。お気の毒です。
(百武)

記事を読む限り、 持ち物の確認をしたら済む話のようでした。 国民の事を考えないから起きた不備、 他にも出て来そうですし、そんな報道が出て欲しいです。
(恒)

■2022年9月25日(日) Vol.6958

板坂助っ人のおかげで、 道場相撲と、今日の月例会が成立。 連日、ありがとな。
道場相撲は横綱が強し。 それなのに、「ご褒美」で、 老人の手がくっついて離れなかったり、 体が上から下まで電気ウナギにやられたように、 しびれっぱなしで厳しい!!
汗が滝のように流れ落ちる。
ひでえ、ご褒美だよな。 まったくよ。
シャボ、体だけじゃなくて、 やること成すこと、63才のボケぶり。
それが又面白いんだよな。
俺を送った我が家でも、 2度も風呂場を使ったり、 汗ばっか出るんで、Tシャツを5回も変えた。
今日も迎えに来てくれたが、 汗かいた体を、俺が拭ってやる。
世話してもらったり、 世話したりのお互い様って、 いいもんですよ(笑)
昨晩の状況、状態は、 神がやれば、 「キセキ」 となるが、 あれって、えらく不思議なこと。
あんなことが起きるのは、 昨年の海でも高波事故で、 俺の死を救ってくれた、 シャボの自然と為す行為があってこその 流れで起きること。
決して、 「キセキ」 じゃございません。
「解るよね、シャボ」
生死を伴にした仲。
色々あったが、 愉快な時だったよな。 ウッハッハ、ウッハッハ。
誰かに話したって、通じねえよな。
朝、起きたら、 全てのエネルギーを使い切っちまったような心身に、 かったるさがあったが、 ベッドの上で、 シャボに「手当」してもらったら、 目の前が明るくなって、 その後も、道場でバンバン飛ばせた。
俺と百武は100p以上叩いて、 月例会は失格扱い。
3位にシャボ、 4位がナルコ、 5位に深山と、 道場の守り人が入る。
優勝宣言した恒は、赤点だってよ。 かっこ悪いね(笑)

         雀鬼




感覚で起きる現象は様々。 僕はそばで汗を拭いてるだけで、 シャボさんからすれば、助けろよ!って話ですね。 でも、下手に触るとかえって危険なのです。
(ナルコ)

道場相撲も月例会も楽しく参加しています 特に相撲は行きたい気持ちが大きかったので、 誘っていただいた永井さんに感謝してます!
(板坂)

5時間ぐらい歩かないと道場へ行けなかった板坂さんが、 今では道場を思って行動してくれる仲間になってくれました。 そんな仲間に応えるべく優勝宣言しながら、 入賞どころか赤点…話になりません!
(恒)

たくさんの「ご褒美」厳しかったですね(笑) 会長の手のひらに自分の手のひらがくっついて 離れないだけでなく体まで固まってしまい、 動けるようにしてもらってからも しばらく足の痺れがありましたが、 どうやら脳まで痺れていたらしく63才まで老化して、 いつもの帰り道を間違えたりと やらかしてしまいました(笑) こんな不思議な体験も会長とのつながりがあってこそ、 とのことでありがたいです。 老化してしまい今まで以上にお世話をおかけしてしまい 申し訳ありませんが、 もう少し心身共に若さを取り戻せるよう やって行きますので これからもよろしくお願いします(笑)
(シャボ)

感覚の中では、いろんな不思議が毎週のように起こっています。 それも会長と感覚の仲まの中でこそ起こっている事。 中でも会長とシャボさんの関係性は、また特別だなぁと感じます。
(深山)

■2022年9月24日(土) Vol.6957

本場所、まだやっていた。
一応、玉鷲が一つ星が上だが、 明日、高安と対戦するらしい。
なんか二人の相撲を見ていると、 高安に勝って欲しくなっちゃった。
どの解説者も毎度、 遠藤の相撲は上手いと褒めるんだが、 俺が見る限り、そう思えたことはねえんだよな。
まあ、俺、シロウトだから、 解る方がおかしいか(笑)

         雀鬼




遠藤関よりもっといい相撲を取るお相撲さんはいますし、 上位で活躍出来ないのもおかしいですね。 テレビで言っているのを鵜呑みにしてしまっていました。
(ナルコ)

遠藤関は取り組みより、 感情のないコメントぐらいしか印象がありません。 玉鷲関は追い掛ける展開の方が楽しそうに見えました。 初優勝か最年長優勝が決まる一番、 結びの取り組みでやって欲しいです。
(恒)

■2022年9月21日(水) Vol.6956

道場相撲も不成立が多くなったが、 大相撲の方も、 10日目で千秋楽・・・・・でいいんじゃない。 優勝は最長年齢の前頭の玉鷲。
ハワイ勢が来た頃から、 相撲取りがアンコを超えた、 巨漢力士が増えちゃって、 相撲がつまんなくなっちゃったが、 今場所、でっかいのが皆して敗けて、 よく動ける者達で盛り上げていた。
それは、いい傾向なんだが、 なんか稽古不足らしき姿しか 見えない力士も多かった。
協会に残らず、少し離れたところから、 解説者に回っている北の富士さんの存在は、 かっこいいよな。
自由な立場からの本音トークが 味があるんだよな。

         雀鬼




番付上位が不甲斐ない成績の中、 平幕のトップを走る者での直接対決だったので、 優勝決定戦でも良い感じがしました。 千秋楽に負け越しが決まった者で結びの一番やっても… 大関が優勝争いにケチつける展開になっても 盛り上がらない気がします。
(恒)

横綱、大関だろうがダメなものはダメ とはっきり言って下さるし、 平幕でも良い力士は誉めて下さる、 カッコ良くてユーモアもある北の富士さんの本音トーク、 自分も好きです。 観ている取り組みより 北の富士さんのお話しの方が 面白いことの方が多いくらいですね(笑)
(シャボ)

■2022年9月19日(月)その2 Vol.6955

今日は祭日だけど、 まだ埋め合わせが残っているんで、 道場に顔を出す。
その前に、テレビで流れる、 エリザベス女王の国葬を眺める。 国葬を越えた世界葬。
70年、乱れそうになる一家や、 国をまとめたエリザベス女王。 多分、世界トップのビップな方。
葬式には出ない決まり事がある、 日本の天皇も参加した。
あれを見たら、 日本の現総理よ、恥を知れよ。
何が、元総理の国葬だ。 その筋の人達には申し訳ないが、 あいつ、日本組の親分じゃん。
その子分の若頭補佐クラスの、 アマリとやらが、仕切るという。
あの野郎、俺の知っている床屋に行って、 やくざもののマンガばかり読んで、 気に入ったやくざのヘアを見て、 このようにやってよ、と言っている極道者。
組葬なら結構だから、 アベ組だけでやればいい。
女王の棺の前後を守る人達には、 選ばれし誇りが感じれらた。 決して、仕事感覚じゃねえ。
バイデンや天皇が、 バスで王宮から寺院へ移動する姿を 見たかったな(笑)

         雀鬼




国民の反対を無視して行われる国葬、 警備を仕切る者から、 仕事としてやって貰うなんて発言出てました。 気持ちの面でもエリザベス女王の国葬とは大きな違い、 ただの恥さらしな日になるんでしょうね。 世界のトップクラスは 誰も来なければ良いのにと思ってしまいます。
(恒)

■2022年9月19日(月) Vol.6954

今日は祭日、それも敬老の日らしいが、 誰も俺を労わってくれない(笑)どころか、 昨晩は、大失策したんで、遅く道場へ。
やっちまったことは反省したが、 暗くなっちまったら倍返しになっちまうんで、 明るく振る舞う。
深夜も更けて、橋本が、 町田の夜の帝王のしげるさんに、 お伺いを立てる。
「何かして遊びます!!」
そこで、本当は、 橋本が遊べるものを考えるべきなのに、 やる気がないんで、何も出てこない。
そこで、俺が、久し振りに種目を変えて、 卓球かボール遊びはどうですか。 ボールにしますの部長の一言。
2チームに分けて、 ストライクを取る競いをする。
夜中だよ、男衆だよ。 普通なら、そういう時は酒頼みだが、 ガムテープで包み込んだ、歪んだボールで、 プレーボール。
一回戦、立っている俺は、ふらつくが、 すぐに修正に入る。
部長とBIGは投げられない(笑)
哲が見事な左手を包み込んだスタイルを取り、 初めて哲が、遊び事の中でMVPを取る。
たかがボールだが、 互いに結構チームを思って、 真剣にやる。
当然、くだらん遊び事だが、 盛り上げるのは俺の役割。
結構、楽しかったよな。 ほんの埋め合わせ。
試合が終わってから、 しげるちゃんとBIGに ピッチングコーチをしてやると、 終わる頃には、 2人伴、良い方にうーんと変われたね。

         雀鬼




MVPの哲さん、投球フォームに 少年野球の頃の面影がしっかり残っていましたね。 小気味よくストライクを放ってました。 山なりではなく、ストレートで ストライクが取れると気持ちいいですね。 それぞれの身体の動きや投げる距離で直し方が違い、 面白いなあと思います。
(BIG)

小学校中学校と野球をやってた経験が活きたんでしょうか。 くだらないのかもしれませんが、 あんなガムテープのボール遊びでも楽しめるのは 道場ならではですね。 会長の御指導の後の しげるさんとBIGさんの投球は別人のようでした。
(哲)

相撲以外をやったのは、いついらいでしょうか。 置きにいってもストライクが入らない球も 会長の修整が入ると見違える様になりました。 BIG共々変化に驚きです。
(しげる)

久しぶりにボールを投げたら、 全然ストライクが投げられませんでした。 MVPの哲さんは、群を抜いて安定していて、 見ていて気持ち良かったです。 部長とBIGさんは、コントロールだけではなく、 球の勢いも一気に増して、豪速球の使い手となりました。
(ナルコ)

帝王の指示により、 会長にも加わって頂きチーム戦、 仲間を思って、楽しみながらも真剣にやるのが道場ですが、 不真面目な橋本さんが原因で、延長戦なんかもありましたね。 投げる前の動作に手を加えるだけで、大変化が起き、 出来ない者から楽しみ、嬉しさを作り出されるのが 会長らしく、思い出となる時間でした。 敬老の日でしたが、やはり例年通り会長に動いて貰う事に… ありがとうございます!
(恒)

■2022年9月18日(日) Vol.6953

やぁ、参ったね!!
2日以上寝てなかったのは事実なんだが、 俺も年老いた。 今日やっとこ夕方に眠って、3時間かな。
その後、気遣いを下さっている方々に、 お礼の一報を入れる。
終わって、月曜日だろうと思い込んで、 道場に電話、橋本が出る。
「金子や、ママもいますよ」
ハンパ者の名を出す(笑)
「うーん・・・・・」
「会長、今日、日曜です。  よかったら、深山がもう来ますから、  迎えに行かせますか」
やっと、曜日を間違えたことに、 しかと気づかされる。
もう10時半を回っている。 行ったって、何も出来ねえじゃねえか。
橋本の心の声で、 会長、筋をはずしますよ、 の声が聞こえる。
その通り!!
これって自死したようなもの。 何の準備もせず、とにかく、かけつける。
昨晩なんか、シャボ、 深夜2時過ぎに茨城から登場。
ありゃりゃ、こいつどうしたんだ、 と思ったが、シャボが居れば、 道場も俺も明るくなれる。
久し振りに相撲が始まって、 シャボ、一人勝ちの36人斬り。
深山が8p。 左手に大怪我をして、血だらけの恒、2p。 当たりが強くなったBIGさんが4p。
おあとは、ゼロ点。
シャボ一人、合格点なんで、 ご褒美で、10番転がしたり、 飛ばしたりしてやる。
それが俺の気持ち(笑)
そしたら、シャボが珍しく、4時頃、 自分、お先に戻りますから。
そうか、早くから仕入れの仕事があったんだ。 それなのに、2時間のために、 茨城から、眠る間も捨ててかけつける。
「いい野郎だぁ」
だからこそ、それから、 帰り支度をしたシャボを、 床の上に又10回ほど転がし、 くずれ落としてやる(笑)
それが俺の気持(笑) ひでえもんだ。

         雀鬼




自分の方は大した状態ではなく、単なる大怪我風でした。 便利な物と思って使ってたら、逆に症状を悪化。 会長に診て頂いたら、翌日には快方…度々申し訳ありません! 診療所じゃない事を肝に銘じておきます。 シャボさんの行動には何度も参ってしまいます。 自分の事が恥ずかしく感じますが、 事故等起こさないように、願っております。
(恒)

シャボさんが深夜に来道され、 道場を思って仕事を切り上げて来たんだと思っていたら、 早朝に戻られるということで今度はびっくりしました。 半端な気持ちじゃできない行動です。 帰り間際まで遊び尽くされ、 会長の気持ちがシャボさんに入って、 何度も崩れ落ちていました。 日曜日は、橋本サブマネの言葉から筋を通され、 放課後には遊びの時間を頂きました。 ピッチングコーチとして指導され、 球筋の改善効果はすごかったです。 一人一人の身体の動きの特徴は会長にしか分からないことであり、 会長がいらっしゃってこそ成立する遊びですね。
(BIG)

会長の気持ちが伝わってか、 シャボさんも珍しく嫌そうな顔をせず(笑)、 最後まで楽しそうに転がされていました。 今日も、会長が駆けつけて下さったおかげで、 特に、しげる運動部長やBIGさん、哲っちゃんが、 本当に楽しそうでした。 ナルちゃんは残念、また今度〜!?
(橋本)

■2022年9月17日(土) Vol.6952

元総理の国葬なんて、 国費の大金を使ってやるこたあねぇ。
俺を含めて、 日本人って馬鹿ばっかだからって、 これ以上、公人から舐められちゃ、 たまんねえよ。
少し前までは、 賛成が50何%で、反対が40%台だったが、 ボロが出だしたんで、さすがの馬鹿な国民も、 賛成38%、反対50%に、 世論調査で変わったらしい。
その数字でも、 まだ国民が騙されていることに、 気づかない連中がいる。
天に輝く、お月様が見たら、 何で日本人は、潮目が分からねんだろうと、 笑ってらあ。
選挙で勝った多数派が、神に近い絶対感があり、 そいつらが自分達に都合の良い仕組みを作って、 国民は従うべきって、ふざけんな。
先日、開催された国民無しのオリンピック、 元組織代表だった奴や、その下の理事達と、 会社のスポンサー契約で、 大金を懐に入れちまった公人達も、 それがバレちまって、金の動きの汚さが出だした。
山上くんのおかげで、 公人達や権力者達の底なし沼のごとき悪業が、 明るみになる。
ある警察関係者に、
「あの子、どう思う」
「公けにですか、個人的にですか」
「後者だよ」
「彼は100年後に、英雄と呼ばれます」
いいぞ、いいぞー。

         雀鬼




政治や企業の上の者が行う言動、 馬鹿なのか、馬鹿にしているのかって感じる事が、 ここ数年多いです。 野党の国葬参加も呆れてしまいます。 同じ穴にいる者ばかりなんでしょうか。
(恒)

表に出てきた問題だけでも、 きちんと始末をつけたようには見えない元総理。 エリザベス女王の国葬の後で、 ショボさが際立ってくれたらいいな、と思います。
(ナルコ)

■2022年9月14日(水) Vol.6951

思えば思うほど、社会の頂点の方で、 汚れ切った話題ばかりで、 こんな俺でもストレスが忍び寄る。
そんな社会の中で、 京都の古い付き合いの、 打算がこれっぽっちもないO社長から、 今年も京都の松茸が届く。
生ものなんで、 さっそく松茸ご飯を二度炊けて、頂いた。
見事な松茸が2本残っていたんで、 コロナ禍でわびしかった道場に持って来て、 アミで焼いて、塩を軽くつけて、 焼き松茸を囲んで、頂いた。
彼等にとっては、初めて味わう高級品の食感。
かじると、キューキューという歯ごたえ。 大人が食べる食感である。
食べられた者は、 二度とない思い出を、O社長殿から頂けた。

         雀鬼




自分の人生では出逢うことのない驚くほど立派な松茸で、 もちろん味、香り、歯ごたえ総てが最高級。 会長と会長とのご縁を大切にされているO社長に 二度と味わえないであろう贅沢をさせて頂きました。 ありがとうございました。 味覚が戻ってて良かった〜(笑)
(シャボ)

道場以外での松茸には、 味や香りが何もない印象でしたが、 会長のご縁をお裾分け頂き、 本物の味、香り、歯応えを感じさせて貰い、 腹は膨れてないはずなのに、暫く余韻に浸ってました。 お金出して味わえる物ではないですね。 余韻をおかずに、家に帰ってから 塩むすびを食べちゃいました!
(恒)

まさに二度とない思い出、 わびしさから、格別な味を通して感じた温かみへと、 特別な秋になりました。
(橋本)

立派な竹細工の籠の中に、立派な松茸が2本! 見ただけで凄いなぁと感じましたが、 その香り、味、食感と本物を堪能させていただきました。 O社長の会長へのお気持ち、 それを振る舞ってくださる会長のお気持ちが嬉しかったです。 若干嗅覚に不安があったのですが、味わえて良かったです!
(深山)

今まで経験したことの無い味でした。 手で裂いて焼いた松茸を一つ、また一つと食べるごとに、 山と土の香りと美味しさが広がっていきました。 今思い出しても、よだれが出てきます。 ありがとうございました。
(ナルコ)

初めての食感、口の中でふくらむ香り、染み出てくる味、 どれも、生まれて初めてのものでした。 本来なら、人生で一度も味わうことのないはずの本物のマツタケ、 あの日のみんなと一緒に頂けたこと、特別な体験になりました。
(緒方)

■2022年9月11日(日) Vol.6950

昨晩は、何んもねえんで、 俺と運動部長のしげる、 対、コロナ体験者で勝負をする。 根性なしの連中には敗けられない。
人数は、コロナ組の方が多かったが、 しげる組が10連勝で圧勝。
わずかな人達で、 わずかなことをやっただけ。
シャボの奴、足のひざ下が、 ぐにゃりと曲がってて、腰も伸びず、 田舎のオバアチャンみたいに、 背も丸まっていた。
二、三発、ぶちかましをくれてやって、 ソファーに倒れたところで、 全身を揉むことなく、ほぐしてやった。
俺も日々起きた時、 誰かにほぐしてもらいたい心身がある。
こんがらがった糸は、 ほぐさないとなー。

         雀鬼




若者の代表のような存在だったシャボさん、 会長の40代が目標と宣言されたようで、 今回の手当てによって、どんな感じになるか楽しみです。
(恒)

感覚の仲まがコロナ組に多かったので、 やりやすかったですね。 コロナも道場では打ち止め宣言がだされて、 まずは一安心でしょうか。
(しげる)

根性が無いコロナ組に、活を入れていただきました。 常連組の代わりに、連日道場に来ていたシャボさんは、 手当てのあとはソファーから床に落とされ、 一層活が入ったことでしょう。
(ナルコ)

コロナ退散と言う事で、 根性の無いコロナ組み10連敗は当然ですね(笑) その上自分は田舎のオバアチャンみたいになってしまっており、 お疲れのところ会長にぶちかましと 体をほぐして頂いてしまいました。 まだ老け込むには早そうなので、 心身共に若返りをしていかなければと思います。
(シャボ)

■2022年9月10日(土) Vol.6949

秋の夜は更けて・・・・、 鈴虫は鳴けど。
シャボが孟宗竹に、 すすきや、リンドウや、ワレモコウを活けて、 うさぎがついたモチを食べながら、 少し濃い雲の中を流れる満月を目で追う。
日本の風情ですよね。
とうとう、我々の夏も、 何もないまんま、通り過ぎちまった。
半世紀以上、続いていた海遊びの日々も、 コロナ禍と、俺の老化のなかで、 無くなっちまった。
夏の暑い陽に焼かれた陽焼けの跡もなく、 秋を迎えちまったね。
始まりは、終わりの始めなり、か。 仕方ねえよな。
そりゃ、満月も雲に隠れちまうよなー。

         雀鬼




たまたま外を見たら、綺麗な満月に気付きました。 出来てた事が出来なくなり、 状況も変わったりするんでしょうが、 大切な物を少しでも見失わないようにしたいです。
(恒)

すすきや月見団子を用意している時 「もう秋か〜」 と寂さを感じてしまいました。 中秋の名月も風情があっていいではすが…、 海が恋しいですね〜。
(シャボ)

■2022年9月7日(水) Vol.6948

海には行けてなかったが、 夢ん中で、水中に3mぐらい潜ると、 近くの岩山から流れ落ちる、 泥水に近い川が何本もあって、 近づくと、ワニが、ネムリブカのように、 板張りの壁に寄り添って休んでいる。
そーと近づいて、前足をしかと握って、 気付いたワニと海の底でゴロゴロ転がって、 尾を思い切り振るワニにしがみついて、 どうにか壁に寄せて、 少しずつ上にあげて捕まえる夢を見た。 それも3匹ね。
怖さも不安もなく、 海中でワニと寝技勝負を楽しんじまった。 当然、夢の中の俺は若かった。
現実は、家ん中で、ほとんど動かなかったんで、 夢ん中で暴れたかったんかなー。

         雀鬼




写真は文武両道を自慢する先生…◯◯に睨まれた蛙ですね。
(恒)

会長の気分や、身のまわりのことが入り混じった夢だったようです。 僕らでは、ワニの代わりは出来ません。 昔、本当にワニと触れあった時の話も聞かせていただきました。
(ナルコ)

冒険ものの楽しそうな夢ですね。 夢の中でしたら自分も参加させて頂きたかったです(笑) 今までは夏場は海で体を動かせていましたが…、 今年は中々難しい 状況ですね。
(シャボ)

■2022年9月4日(日) Vol.6947

昨晩は、横浜・崎陽軒のシュウマイ弁当を、 売り切れ前に、橋本が何種も準備してくれていて、 俺は、定番のシューマイとマグロの小っこい焼き魚だけで、 8つに分かれた飯を頂く。
いつもの3倍以上分の飯を、 少し硬かったが、弁当だったから何とか食えたが、 小っこいシュウマイ4つと小っこい焼き魚だけで、 どうにか食べれた。
この前は、とうもろこし、 今回は、シュウマイ弁当と、 望んだものを橋本が準備してくれる。
凄え旨いもんじゃないが、 ありがたさを感じながら食した。
しげる部長の不成立たって、 始発は、まだ動いてない。
金子、牧野、百武、板坂の四弱で タッグ戦をやっていた。
恒、深山、ナルコと常連組が居ないんで、 しげるさんの感覚の動きの出番はなし。
一番体格がある牧野は、代走で出るBIGに、 凄い勢いでぶっ飛ばされていた。
なんか、いつもと全く違った状況が起きていた。
我が家じゃ、家人が2階の部屋で寝たっきりの 接見禁止状態。
俺は、昼過ぎから、ぐっすり眠れて、 5時のシャボの電話で目覚める。
不足だらけの中だが、どうにか一日が過ぎた。

         雀鬼




写真は本日の一幕です。 何が起きているのか、 常連組は容易に想像つきますよね!
(橋本)

相変わらず逃げの一手を打つカビ先生と、 暴走スイッチの入ったダニ男の写真ですね。 どんな暴走具合だったか想像するだけで楽しい気持ちになります。 もう1人で成立だったでしょうか。常連組不足の中、 居るメンツなりに遊びが始まるのは道場らしいですね。
(恒)

カビ先生、体重はあるのに、 大きい相手や強い相手には自分から下がってしまいます。 やっぱり、気持ちは大事ですね。 僕は、もうすぐ引きこもりから脱出ですが、 常連組が顔をそろえるのは、もう少し先になりそうです。
(ナルコ)

写真は金子ジムの練習風景ですね。 すぐに後ろに下がりたがる練習生に金子会長が熱血指導。 「ボディがら空き、ボディがら空き、ジャブ、ジャブ、ジャブ」 臨時トレーナーのBIGも居る 素晴らしい練習環境で練習生の奇声が響く中、 無尽蔵のスタミナを持つ金子会長の熱血指導は 明け方まで続くのでした。
(シャボ)

先週、動きの癖を修正頂いたおかげで、勢いが増しました。 飛ばす方向のコントロールが悪くて失礼しました。 写真は、金子ジムの公開練習ですね。 逃げ腰の直らない練習生にも、時間を惜しまず指導されています。
(BIG)

ダニやらカビの中での深夜の運動で、 免疫力が着いたような気がします。 ダニ男さんの無限の暴走エネルギーと、 すばらしいリズム感に大爆笑させて頂きました!
(板坂)

ダニの叔父貴の大暴走、 エンドレスの突貫に逃げ場がないカビ先生… これは止まらないですね(笑) 会長やシャボさんの笑顔に、楽しさが伝わってきます! 不足の中でも楽しさを作ってく、会長、道場らしいですね。
(深山)

■2022年9月3日(土) Vol.6946

議員達に少しの反省もなしだが、 学校の先生が、先日は、 先生は、校内じゃ、やりたい放題、 と強く述べていたが、 それって、議員の本音の代弁じゃん、と思えた。
それが、どうした流れか、 5日間、運動靴で通勤してたって(笑)
今は、やっぱり、写真の如く、 便所サンダルですけどね(笑)
俺は、ここ久しく、ほとんど外へ出ないが、 橋本が、先日、駅周りに出たら、
「外は、こんなに人がいるんだあ!!」
別世界を感じたらしい。
それって、
「ムショボケ」
だよな(笑)

         雀鬼




ですね(笑) でも、今は、写真の如く、大盛況!!ですけどね(笑)
(橋本)

写真は見慣れた週末の道場と思われますが、 引きこもり中の自分には眩しく見えます(笑)
(恒)

■2022年8月31日(水) Vol.6945

また関係者からコロナが出た。
俺も、この3日間ぐらい、咳をすると、 今までにない、喉の奥の方が痛む。
家人が俺に簡易検査キットをしたら、一応、陰性だった。 あの物自身が、?っていう物品。
道場じゃ、海の話しが月例会の日に出ていたが、 俺なんか、3日前かな、暖房を一時つけていた。
シャボと電話のやり取りをした時、 ちょっと待ってと、電話をベットに置いた瞬間、 俺、板の間に落下。
戦国時代は、ざらにあったことだが、 俺達が幼少の頃は、尊属殺人の方が、 恐ろしさや罪の大きさを感じていたが、 今や、一般的な殺人事件より、 親族殺人が半数以上を占めているという。
家族、家庭の奥深い闇が、どんどん、 大きいところから小さいところへ、 悪どさが移り変わっているのが現実ですね。
昔は、新宿歌舞伎町は、 大人の悪い奴の集り場だったが、 今はキッズが集っている。
この間、学校の先生に聞いたところ、
「先生は何でもあり」
生徒には校則がある。
便所スリッパで運転して、 そのまま土足で入れるらしい。 あおり運転も好きらしい。

         雀鬼




簡易キッドは−後略−
(牧野)

スリッパでの運転、あおり運転、どちらも違法行為ですが… 好き勝手にやりながら、何かあれば規則や伝統を持ち出す、 そんな大人達は信頼されなくなって当然な感じがします。
(恒)

家庭でさえも、安心できる場所ではなくなってしまったのですね。 信用できる大人がいない子どもが、これからも増えていきそうです。 先生は今週から靴を履いて登校しているようですが、 直した理由が「言われたから」では、自覚があるか怪しいですね。
(BIG)

■2022年8月28日(日) Vol.6944

昨晩の夜食、弁当届かないなー、 と麻雀を打って待つ。
もう来る頃だと皆が思ってたら、 緒方が注文をあくる日の 午前11時半に頼んじゃったことが発覚(笑)
恒大将は、またかよ、 と苦笑いしていたが、 誰からも文句が出ない。
俺もハナっから食べたくないんで、 問題なし。
だって、その頃、シャボさんが、 伊豆の海の幸、山の幸を代表して、 食べに行ってくれて、 露天風呂につかって、心身の錆を落とし、 あくる日は、群馬の温泉に向かうんで、 早目に休んでいた。
そんなシャボさんが、いい夢見てた頃、 こっちは、また弁当屋のメニューを見てやり直し。 嫌なことを二度選ぶって、きついんだよな(笑)
月例会メンバーの板坂が、 たまには夜かけつけます、 と子供のような体格で来てくれる。
とうとう、 危ないなーと思っていたナルコも、 コロナにかかり、 大企業のパニック氏もかかったらしい。
そんな「闇の中」運動部長しげるさんの御意見で、
「相撲やります!!」
暗いからこそ、 体を使って、少しでも活気を取り戻す策。
シャボ大横綱の不在中、 片方の横綱の深山が1組目で、 全員抜きを果たし、2週目も9人。
そこでバテバテ(笑)だったが、
「鬼の居ぬ間」
の27pのホームランを打ち、 今月の総合点で、47pだったシャボを抜いて、 54pと初のトップに立った。
鬼が居ないと場に変化が起き、 恒大将が久方ぶりに2ケタ勝利の14p。 緒方が10p。 一番体捌きを見せたしげるちゃんが9pと、 四人で点を占めていた。
金子ダニ、牧野カビ、橋本サビ、 が相手じゃねえ(笑)
麻雀力も弱くなれば、 相撲の方も弱くなったもんだ。
俺はちょこっと動いたんで、 とてもいい運動になりました。
今晩は、弁当抜きです。 俺だけね(笑)
カサゴのから揚げが食べたいね。 只、思うだけ・・・・・。

         雀鬼




何でそうなるの?って思う事が時々起きます(苦笑)。 翌日に弁当のリベンジ成功しましたが、 ちょっとマシかな程度で、やはり大した事なかったです。 日々共に居てくれたナルコがコロナ、 少し休めるのは良いかも知れませんが、 心の方はちょっと心配です。 大横綱も慰安旅行中で人不足したが、 月例会男の板坂さんが協力してくれ、相撲もギリギリの成立。 長距離走の元選手で、5時間歩いて道場通ってた体力も 相撲では通じなかったですが、 不意討ちにしか勝機がなかったダニ男が稽古つける姿もあり、 新たな味を加えてくれました。
(恒)

とうとう捕まってしまいました。 特に、永井大将に申し訳ないです。 皆さんにうつらなければいいのですが…。 今は、時々咳が出たり、熱っぽさがありますが、 それが落ち着いたらいよいよ暇になりそうです。 得意の一人言で(笑)、乗り切ろうと思います。
(ナルコ)

初の深夜参加で、 色々教えていただきありがとうごさいました クタクタになりましたが、楽しかったです これからもよろしくお願いします
(板坂)

注文を間違って、誰からも文句がないなんて、 普通はあり得ないです。 これからも、永井さんに苦笑いさせてしまうことを、 やらかしてしまうと思いますが、 なるべく減らせるように、気をつけたいと思います。 皆様、すみませんでした。
(緒方)

弁当やナルコの件、道場相撲など、 道場で起きている事も知らずに、 自分は贅沢三昧、許せませんね!(笑) また道場の流れに着いていけるよう、 切り換えて行かなければと思います。
(シャボ)

「鬼のいぬ間に」トップに立たせていただきました! かなりバテましたが…2周ならず以降はもうフラフラでした(笑) 色々心配事もありつつ、人数もギリギリでしたが、 板坂さんの初参戦で会長も動いて下さって、 楽しめたのかな、と思います。 弁当やら鍵やら色々起きますね(笑)
(深山)

■2022年8月27日(土) Vol.6943

8月は危うさを感じていたが、 関係者で、コロナが20人余り出ている。 ここまで増えると、 虚しさや、寂しさを感じますね。
孫が書いていた、
「海で心の錆を落としたい」
確かに、海へ行けないが、 こっちに居ても、身心に錆を感じちゃいますね。
シャボさんは、今頃、 伊豆の3万4千〜4万2千円の宿で、 海の幸、山の幸を味わっておることでしょう。
それに比べて、 こちとら、ジョナサン弁当。 えらい違い。
貧富の差って、大きいですね(笑)
今年はその時期、海に行かなかったんで、 甲子園の野球を3日間、一試合づつ見た。
下関なんたらのチームが、 選抜夏と春で連覇した、 強い選手が集まる大阪桐蔭と、 もう一試合、これも強豪らしいチームと闘っていた。
明らかに2高の方が実力は上だったが、 ピッチャーとセンターの子に運が向いて、 決勝まで行った。
俺、その弱いチームの方を応援してたんだが、 決勝前日に気づく。
若い子等には、罪はないが、 その学校、山口県じゃん。
急に気持が変わって、 敗けろとなったら、 決勝でコテンパンにやられていた。

         雀鬼




うわー、頼む時間も日付も自分が間違えちゃって、 ジョナサン弁当から、さらに半額以下の オリジン弁当に急遽変更。 貧富の差をさらに広げてしまいました。 海の幸、山の幸、いいなぁ。
(緒方)

動かさなきゃ、何でも錆びついちゃいますね。 9月は危うさが収まって、 海の男が集まるといいなと思います。
(BIG)

例年なら海の幸を味わう時期、 弁当でもちょっと贅沢した物を頼んだつもりが… 海苔の味がしないのり弁を会長から分けて頂き、何とか腹八分。 僅かに残る道場生の集まり、 更に減ってしまい身分相応でしょうか。 引きこもりにならないだけ、まだマシと思うしかありません!
(恒)

すべて会長のお察しの通りです(笑) 年に一度の家族旅行ですが、 会長と仲間達との海での時間の方が 自分にとっては贅沢な時間です。 心の錆び落としたいですね。
(シャボ)

■2022年8月24日(水) Vol.6942

シャボの抜け駆け。
土曜に、コロナの後遺症か、体が重そうで、 一本一本の相撲に手間取っていた。
いつもと違った疲れが出ていたそう。 心身伴にね。
それで日曜には活気をつけるため、 恒大将に代わって、月例会の仕切りを、 深山とやれよ、と指令を出す。
俺がやっちゃいけない4連勝。 準優勝に、シャボが 俺の4分の1の点数を取っていたことを すっかり、忘れていた。
そのシャボ、土日でくたばったのに、 月火と来ていた。
茨城から来る時も一人、 帰りも一人の車中。
特に帰りが心配だったのに、 今日も来た。 5日連続が、大好きな海ならね。
半世紀以上と続いた長期の夏休みが、 今年はプツンと切れちゃって、 シャボ、週末にお楽しみの温泉の旅へ行くらしい。
俺の年齢まで入っちゃうと、 荒い海より、温泉の方が合ってるよね。
紅葉、新緑を求めた温泉も、 ここしばらく行ってねえなー。
シャボさんだけ、 夏休みがあっていいなー(笑)

         雀鬼




普段とは違う疲れの中、5連勤。 長時間の運転があるだけに、心配です。 気が乗らないかもしれませんが、 週末の温泉旅行で体だけでも休めてほしいです。 舟のお風呂の写真を見ると、温泉も意外と似合うかも?
(ナルコ)

ここ一週間の道場への来ているメンツを見ると、 海が好きな人が多いですね。 写真を見ても、海で見る顔と温泉に入ってる顔は違いますね。 九月は海ですね(笑)
(はるし)

全く予測してなかったシャボさんの登場、 姿を見た後に、そういう事かって思いました。 会長には海→温泉のコースをお薦めしたいですが… 夏休みのない道場の事は一切考えず、 シャボさんが心身を癒して貰えたらと思います。
(恒)

疲れが出てしまいイケてない自分に 会長から仕切りを指名して頂いた時はちょっと驚きましたが、 良い方に気持ちを切り換えることができました。 ここの所自分の都合で 道場を休む事が増えてしまって申し訳ないです。 温泉もいいですが、やっぱり海が1番ですね。 そしてどちらも誰と行くかが大切だと思います。 会長と仲間達と一緒に行くからこその海だと思っています。
(シャボ)

■2022年8月21日(日)その2 Vol.6941

昨晩の相撲、橋本がノリの悪さで、 朝方にしげる運動部長に お伺いを立てていた。
遅え!!
大横綱のシャボさんが、 一週間遅れのコロナの後遺症か、 動きが悪い。
いつも簡単に済ましてしまうことを、 手間ひまかけて、アップアップ。 珍しく全員抜きが出来なかった。
部長のショートタイムの指示があったのに、 みんながバテた頃に、 恒が動くこと、動くこと。
あれほど動いたのに、すぐにシャンとして さっさと帰り支度していた。
恒さん、ゾーンに入ってたね。

         雀鬼




皆さん!これからはザクザクいくんで、よろぴく〜
(橋本)

会長が持たれるうちわの動きに、 つい反応しまう状態、 ペットを食べ物に反応させて遊んでた事を思い出しました。 全力疾走後みたいに息上がってたはずなのに、 うちわが動き出すと、自然と体が動く、 翌日に疲れや筋肉痛もなく、またも不思議で楽しい体験でした。
(恒)

バテバテで動けなくなっている自分とは大違いで、 何度も会長のうちわに即反応して動き出す永井さん。 しかもその動きと表情が素晴らしい(笑) 永井さんの忠犬ぶりと可愛がる会長、 そしてお二人とも心身が癒される。 感覚のつながりと長年のお二人の関係があってこその事ですね。
(シャボ)

息が切れていても、 うちわで呼ばれたら飛んでいく永井さん。 これが普通の運動だったら、 こんなに動き続けることは出来ないし、 ゾーンにも入れないですね。
(ナルコ)

■2022年8月21日(日) Vol.6940

昨日は、午前中から、我れ知らぬ中、 家人の動きにのせられて、 まぁいいか、と動いてみたら、 市役所の下っ端の、マニュアル通りというか、 上司のお達し通りにしか動けない、 融通が利かない野郎共に、 不愉快な思いをさせられた。
今のお国の上の方で、 政治家や、スポーツ関係の理事クラスの 国民を抜きにした悪業が、 少しづつ表面化されているが、 本人達は、いまだ全くの自覚なし。
国民なんか、 なんも分からない馬鹿の集団だからと、 やりたい放題。
それを民主主義というらしいが、 全て口先だけ。
俺はそんな連中に腹が立っている。
なんで、医者だけをお医者様と祭り上げんのか。 権威主義ばかりで作られている社会。
お医者様と神様だけは、 上位の人なんですね。
牧野先生も、学校の先生は仮の姿で、 生まれつきの神の子らしい。 どうも俺達じゃ、神様っていう人種が出来ない。
そんな人種に触れ合っただけで、 気分が荒立っていた。

         雀鬼




神の子は嘘ばかり、神の手というインチキもありました。 祭り上げられる物はろくなもんじゃない感じします。
(恒)

たいしたことないことでも、決まりだからと拒絶したり、 相手の状態や状況なんて関係ない、 杓子定規な心のない対応って、本当にイラっときます。 柔軟に対応して何の問題があるんだ。 会長を不愉快にさせる方が問題だろ!ふざけんな。 と思います。
(緒方)

■2022年8月20日(土) Vol.6939

昼間は、歩道を歩く年配者が、 酔っ払っているように見えた。 暑さのせいか、 ガードレールに掴まったと思ったら、 そのまま歩みを進めず、立ち続けていた姿を、 車中から眺める。
夜半は、駅の近くのスーパーへ 買い物にでも行ったおばあちゃんが、 5、6歩、歩いちゃ、止まっている。
俺もそうだが、年を取ると、 足に不自由さを感じられる方々が目に入る。
道場裏で見かけたおばあちゃん、 あの後、坂道を登れたんかなー。
暇なんで、孫の家に寄っちまう。 何か作ってあげるよ、と声をかけたはいいが、 キッチンとダイニングルームは二階だった。
先日、買ったネコが大きくなっていて、 すごい早さで部屋を駆け回る。
ネコより先に住んでいたらしい子犬も一匹。 その上で、インコも買っている。
ペットを可愛がり過ぎて、 寿命8年だがの犬が亡くなった時、 後を追うほどの悲しみやつらさを 味わった人もいるという。
孫も以前、インコを失った、その後から、 言葉も出にくくなっている。
インコですら、 何らかのダメージを負ったんだから、 ネコや犬が亡くなったら・・・・、と思うと。

         雀鬼




15年程飼ってた犬が死んだ時にショックは受けましたが、 後を追うなんて気持ちは起きませんでした。 服を着させたり、去勢した話を聞くと嫌な気持ちにもなり、 今はペットを欲しくはならないです。
(恒)

子供ならまだしも、大人がそれほど悲しむのは、 入れ込みすぎのように思います。 人と触れあうかわりに、 動物と触れあうからなのでしょうか。
(ナルコ)

■2022年8月14日(日) Vol.6938

8月に入って2週目に、 やっと道場相撲が取れた。
7月場所、コロナ等々があって、 5週の内、3週が不成立!!
3週振りの開催。
シャボがコロナから復帰して、 継続して、100連勝を上げた。
昨晩は、シャボ28勝、 しげる運動部長に2敗、 恒大将に1敗で、28p。
深山横綱が7と6で13p、 しげるちゃんが6p、恒が1p。 後はゼロポイント。
来場所はあるかな。 たまには深山の1週斬りが見たいもんだ。

         雀鬼




ミカ クル、ミカ クルの繰り返しだったようで、 精神的な心配をしてましたが、圧倒的な強さは健在でした。 感覚も失われてなく、関心ある道場生は安心したと思います。
(恒)

ポイントは取れませんでしたが、 久々の本場所開催!嬉しかったです。 病み上がりでも強いシャボさんを、 しげるさんが鮮やかに投げた場面が、一番印象的でした。
(ナルコ)

久しぶりの道場相撲となりました。 天狗のうちわが一回の攻撃ではなく、 連続攻撃で相撲でも効果的なので、 すっかり味をしめてしまいました。 投げ技も怪我しないように使っていければと思います。
(しげる)

ミカ クル ミカ クル 会長と感覚の仲間のおかげで 薄れていた感覚を取り戻すことができ、 ミカクも戻りました(笑) 感覚が戻ったおかげで しげるさんに気持ち良く投げられました(笑) 皆様ありがとうございました。
(シャボ)

久々の週末相撲開催! やっぱ楽しいですね、 復帰したでもなんのそのシャボさんはやっぱり大横綱でした。 100連勝達成、その後感覚が戻ったが故に 運動部長に敗れる関係性も面白いです! 来週はあるかなぁ!? 1周したいです!
(深山)

■2022年8月10日(水)その2 Vol.6937

良否の問題じゃないんだが、 今、俺の身近でコロナにかかっちまった人は、 ほとんどタバコを吸わない人ばかり。
亡くなった人は、 肺をやられて亡くなっちまったのかな。
「命短し、恋せよ乙女」
じゃないが、俺なんかも、 あと少しの人生、 やけくそじゃないが、 自然にフィルタータバコから、 両切りタバコに変わっちまっている。
急がないと、生前の準備が・・・。

         雀鬼




喫煙所でクラスターの話もあまり聞きませんし、 重症化し易いって話も、最近の報道から、 本当かなって思ってしまいます。 止める気にもなりませんし、 両切りタバコお付き合いさせて頂きます。
(恒)

■2022年8月10日(水) Vol.6936

凶弾に倒れた・・・・うんぬんと、 新聞の見出し。
これって字が間違っているっていうか、 誤魔化してやがる。
「教弾に倒れた」
が正しい。
これだけ世間を巻き込んだんだから、 内閣は解散しろよ。
それなのに、懲りずに 教団がらみの内閣を作っちまっている。
安部譲二さんがかつて書き下ろした、 「塀の中の懲りない面々」 とダブるよな。
一ヶ月ぶりに道場にクーラーが入った。 クーラーに弱い橋本が奥の隅で、 冷凍食品のように、ただ固まって座っている。
俺もクーラーに弱いんで、 気持ちは分かるが、 透明人間の話はあったが、 冷凍人間は聞かねえなー。
橋本は50年後に解凍されるらしい。

         雀鬼




支持率が50%切ったら、 強制解散でも良い気がします。 懲りない民主主義が続いて、 50年後はどうなっているんでしょうか。
(恒)

〜お取り扱い上のご注意〜 解凍後、ドリップが発生しても、 品質に問題はございませんが、 人間性には、問題しかございません。
(さぶまね)

「教弾」によって、政治と宗教だけでなく、 政治とマスコミの関係もあらわになっています。 政治家達は、ほとぼりが冷めれば またいい思いが出来ると思っているのでしょうか。 橋本さんが目覚める50年後も、 世の中は良くなっていないだろうと思います。
(ナルコ)

■2022年8月7日(日)その4 Vol.6935

ゴルファーって、大きいイメージだったんだが、 昨日のスポーツ新聞に、 安本選手35才、身長175cm、50kg、 マラソン選手のような痩身。
なんか、応援したくなっていた。
多分、記録もなければ、 知名度もない人だけどね(笑)

         雀鬼




写真を見て、腕の細さに驚きました。 筋力に頼らない動きを会長に見せてもらってますし、 素人ながら興味が出てきました。
(恒)

自分は157cm,48kgですが 身長差18cmあるのに体重差はたったの2kgです。 その体でプロスポーツをやるのは想像つかないです。
(百武)

■2022年8月7日(日)その3 Vol.6934

味覚と嗅覚は、心配してた。
土曜日、相撲が不成立、今月2度目。 シャボがいないと成り立たない。
ていうことで目の前のうちわを使って、 感覚の動きをしたくなって、 深山、橋本、シャボの代わりに恒を入れて、 天狗のうちわのように、 色々な動きを作って遊ぶ。
しげるさんと、一緒にね。
3人も笑いながら、 動きが多いんで、汗だく。
恒には、シーサーの舞を作った(笑)
緒方がビデオで撮ったんで、 暇な時に、見て笑って、 味覚等取り戻して下さい。
シャボのところに送りましたからね。

         雀鬼




深山、橋本さんのように飛ばされるかと思いきや、 あれっ!?動けない、次の瞬間には舞ってました(笑) シャボさーん、映像楽しめましたか?、 でも、やっぱり生が最高なはず。 早く戻って来ないと、感覚なくなっても知りませんよ!
(恒)

まさに、天狗のうちわでした。 これは写真ではなく道場で生で見てほしいですが、 今はビデオで我慢してください。
(ナルコ)

シャボさんに送る映像を見ていたら、 笑いがとまらなくなってしましました(笑) シャボさん、そろそろ、見れましたでしょうか? 感想が待ち遠しいです。
(緒方)

うちわ一本であんなにも遊べるものですね。 シャボさんにも一緒に踊ってほしいです。 道場でその日をお待ちしております。
(しげる)

ご迷惑をおかけしてしまっているのに、 お心遣いありがとうございます。 画面から会長初め皆さんが声をかけて下さり 本当に嬉しく、会長のお気持ちと仲間の有り難さを感じました。 その場には居れませんでしたが、 いつもの放課後の感じを思い出していました。 新技で汗だくクタクタになりながらの お三方と会長とのやり取りに何度も笑ってしまいました(笑) 自分もまた感覚の仲間に混ぜてもらえるように 味覚と嗅覚だけでなく、 一番大切な感覚を取り戻して行けたらと思います。 会長、皆さんありがとうございました。
(シャボ)

天狗のうちわ、楽しかったですね〜! 自分は飛んで、サブマネは足が止まり、 永井さんは舞を踊る(笑) 3者3様で不思議ですが、 最後は3人まとめて会長に遊んでいただきました。 シャボさんだったらどうなるのか、 みんな楽しみにしてます。待ってますよ〜!
(深山)

■2022年8月7日(日)その2 Vol.6933

昨晩は、本人から、 破棄しちゃって下さい、というメールが来る前に、 俺が手料理をして、 暑い中、すき焼きにして食っちまったよ。
シャボには、悪かったけどな。 美味いか、まずいかは、それぞれ。
一方、早矢香からも、 フードサヤカさんから、 ローストビーフが届いていた。
これはね、俺でしょ。 その他の孫一家達に宅配して(笑) 一家一同で頂いちゃいます。
しかし、早矢香だけの名が 送り主に記されたのが、ちょっとな。
ともきの名が並んでなかったのが、 残念でした。
毎年、毎年、気遣いありがとうね(笑)

         雀鬼




すき焼きは、ごちゃ混ぜ煮のイメージでしたが、 シンプルな具材に、肉を1枚づつ丁寧に仕上げ、 ある程度お腹が膨れた所で一番美味しくなる、 他では味わえない、不思議で贅沢な食卓でした。
(恒)

■2022年8月7日(日) Vol.6932

朝日新聞の野郎、隠せなくなって、 2ページ目に自民党と統一教会の記事を 載せてやがった。
勝った、勝った、日本が又勝った。
あの第二次大戦の時に、 軍国主義に押さえつけられ、 嘘のニュースを流し、 結局、日本への大空襲や、 原発2つ落とされた。
責任は、報道にもあったこと、 忘れちまってよ。
宗教や、思想のタブーに 突っ込めない新聞も偽物だ!!
これからも国民を いいようにはぐらかす朝日を見てるぞ!!

         雀鬼




政治と宗教が結びついて大きくなっていき、 結局メディアもその類なんですね。 時には政権に批判的なことが書かれていても、 それすら政府の手の内だと聞いて、がく然としました。
(ナルコ)

記事を見た時に、今更な感じがしました。 結局は逮捕直後の供述通り、 報道の自由とか言っても、自分達の都合だったら、 詐欺と変わらない気がします。 一部の者の利益、思考で操られる社会は、昔から変わらないんですね。
(恒)

■2022年8月6日(土) Vol.6931

俺、ネットは開けないが、 そんなたぐいのところで、嘆願書とか、 大阪の方の拘置所に囲われているYくんに、 お金を寄付しましょうとか、 訴えが出ているらしいが。
それが誠なら、よき人も居るんだなー、 と思えるが、 それがオレオレ詐欺の流れだったら、危ねえよな。
そうそう、国葬なんて、 決してやらず、教会と議員達だけで、 勝手にやれば、いいんじゃねえかい。
早矢ちゃん、さやか肉ありがとうね。 俺、おいしく頂いちゃいますよ。
だが、先に送られて来た、 元道場生のお肉は、 なんの意味があるのか、あやしい。

         雀鬼




国葬の件、会長のご意見に納得です。 税金を無駄に、一部が儲かるように使われた事を、 世間では忘れられたのでしょうか。 儲かった者だけで、勝手にやってればと思ってしまいます。
(恒)

Yさん、一体どうなるでしょうか。 少しでも、軽い罪になってほしいと思います。 自民党を全員が支持しているわけではあるまいし、 国葬は本当におかしいです。 大きな功績を残したとも思えないのですが…。
(ナルコ)

新聞で、Yさんと自分の境遇が重なりました、とか、 20年間、家族のことをあきらめていたけど、 Yさんのおかげで、 教団のことを相談してみようと思いました、 等、コメントが出ていました。 現実の被害者の方々からすれば、 国葬なんて、たまったもんじゃないでしょうね。
(緒方)

■2022年8月4日(木)その2 Vol.6930

俺のローテーションでは、 本日は休日だったから、 孫達が我が家に何かを 持って来てくれようとしていたらしいが、 濃厚接触者として、家人が断りを入れたらしい。
豪雨地方の方々には申し訳ないが、 こっちは一雨降って、 あれほど嫌だった湿気が涼しさに変わり、 クーラーいらずの除湿だけ。
起きながら思う。 しげるさんや、BIGにお礼に参じなきゃ、 くさった男でも、男がすたる。
昨日より、行く気満々で、 仕度をしていると、 毎度、その日に電話をくれる、 平野の早矢チャンから、元気な声。
話が長引いたが、そうだ、と思い出す。 俺の周りのコロナ患者第1号は、 早矢香夫婦だった。
道場のドアをノックする。 どうにか入れてもらえた。
関係はねえが(笑) 今日が本当の俺の誕生日らしい。
何故か、それは昨晩終わったのに、 間抜けな者達が、昨日の倍以上居やがった。
しげる運動部長に、 シャボに一報入れたいんですが、 OKが出る。
孫は高熱続きで、くたばっていたが、 シャボの声はセキで喉をやられてはいたが、 熱は治っていた。
思った以上に、元気だったんで、 シャボを想うやからは、少し安心出来た。
今日来れたことで、 それを皆さんに伝えられたことが良かったこと。
高槻塾の山田んところからも、 プレゼントが届いていた。
本音を言えば、 物よりも山田達との触れ合いの方が、 嬉しいものなんです。
昔、俺が元気だった頃、 旅男3人でよく海外を旅した。
その中の祝くんより、 朝顔、風鈴、海、スイカ、カキ氷、 そんな季節に、生を得た会長に、 乾杯、乾杯、乾杯、乾杯、の一文。
これもいいもんですね。

         雀鬼




会長のお誕生日に現場に居られず 気持ちの部分でも弱ってしまっていた所に 会長よりお電話を頂き (しげる運動部長ありがとうございます) お声を聞かせて頂けた上に、 仲間達からも温かいお言葉をかけて頂き 本当にありがたかったです。 気持ちと行動で少しでも返していけるよう またやって行けたらと思います。 会長、皆様ありがとうございました。 そしてお孫さんの症状が1日でも早く治る事を願っています。
(シャボ)

昨日のご様子では、 今日は厳しいのかなと思っていましたが、 ドアのノックで会長がいらっしゃったことがすぐ分かりました。 皆で集まるのが難しい状況になっていますが、 気持ちのある方々には遠くからでも伝わってくるものがあります。
(BIG)

選択や行動は、出来ることならば、 心を入れてしたいと思います。 自分もドン底の時に、会長の電話に随分救って頂きました。 10年も前の話です。
(しげる)

あの日シャボさんの事が気になって方は、 会長が電話しているのを見たり、 少しでも声を届けられて安心したのかなと思います。 心あるつながりって体の距離は関係ないですね。
(深山)

例年通り出来ない事で、心を感じる2日間でした。
(恒)

■2022年8月4日(木) Vol.6929

シャボは居ねえが、 恒、ナルコ、しげるちゃん、BIG、 金子のジジイ、深山、橋本、緒方で、
「祝うなよ」
と厳命したのに、 ささいながら、それぞれが気遣ってくれた。
小さかったし、わずかばかりだったけど、 幸せでした。
アジのタタキに、 恒がわざわざ届けさせた、 俺の好むさつまあげ、 橋本の野郎は、俺が好む あの山梨のとうもろこしを知ってか、 スーパーでトウモロコシを買って来て茹でてくれる。 甘さは多少あったが、甘い水分が足りない。
小っこいケーキが4つ。 腹がいっぱいなんで、 サバランとチョコレートケーキをもらって帰る。
下戸の俺だが、サバランの下の方にある、 隠し味の酒の味を好む。
好きなタバコのために、 雀鬼とハッパが入った灰皿も、 恒から、おめでとうございます、 と渡されたが、 おめでとうはなし!!だろう、 と付け足す(笑)
いっぱいも体験したが、 わずかもいいもんです。 残すところ、わずかです。
ワタナベタクシーがバックレてたんで、 深山個人タクシーで帰る。
その寸前、カミナリが落ちて、 集中豪雨の中、走る。 5分したら、落ち着くよ。
家に着いた頃、 雨が上がっていた。 夜空に黄色い三日月が。
深山に色々、手伝ってもらったが、 やっぱり、ワタナベタクシーさんには、 かなわねえよな(笑)

         雀鬼




この度は弊社ドライバーからコロナ感染者が出してしまい、 日頃からご利用して頂いている桜井様には 大変なご迷惑をお掛けしてしまい誠に申し訳ございません。 ドライバーは回復に向かっておりますが、 もうしばらくの間ご不便をお掛けしてしまいます事 お許しくださいませ。 またご利用して頂けるようこれまで以上に 安心安全とサービスの向上に努めて参りますので、 今後ともよろしくお願い致します。
ワタナベ個人タクシー

この度はワタナベ個人タクシーの代走として、 使っていただきありがとうございます。 不慣れなところもあり、 桜井様にはご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありません。 ワタナベ個人タクシーと同じは無理でも、 改善できるところは改善していく所存ですので たまには使っていただけると幸いです。
(深山)

わずかでもって思って、 うっかり、おめでとうございますを言ってしまいました。 橋本さんの次々と打ってくる一手、 わずかばかりの日に合っている感じがしました。
(恒)

橋本の野郎のことだから、 まずいものでの嫌がらせを企てたんでしょう。 暇すぎて、ろくでもないことばっか考える奴なので、 皆さん、気を付けた方がいいですよ。
(さぶまね)

■2022年8月3日(水)その3 Vol.6928

韓国のあの宗教家一人に、 日本のトップを仕切る連中が、 総なめの大敗北。
北朝鮮のミサイルより、 韓国のたった一人の神を名乗る男に、 日本は全滅させられていた。
たった一人で向かって行ったあの青年、 司法の力で、まっとうだった精神を壊されて、 消されちまう。
観客無視のオリンピックが終わったと思ったら、 国葬かよ。
まさに死んでも国税に食らいついて、 儀式をやるって、 日本は異常だよなー。
俺も、その国の末端の国民です。 恥ずかしいやね。

         雀鬼




政治家との宗教の関係、 これだけ明らかになっているのに、政治家に反省なし、 批判する側も弱腰、 どんどん食い荒らされるだけな感じがします。
(恒)

■2022年8月3日(水)その2 Vol.6927

明日は、本当は俺の誕生日らしいが、 前もって、今年は集いや祝いは、
「中止な」
と厳命を出しておいた。
道場内で、色々やって来たが、 今は一つ一つ、ダメ出し。
それも人生・・・・・。

ひまなんで、麻雀一局だけ打った。 俺がトップで、2位が金子のジジイ。
それを見た橋本の野郎、 俺のこと、面と向かって、
「どこを取ってもボロボロだ」
当たっているだけに仕方ねえなー。

         雀鬼




毎年出来てた事が続けられないのは、 寂しく、情けない現状ですが、 気持ち一つで遠方から元気な姿を見せてくれる者が居てくれます。 ボロボロかも知れませんが、 まだ良い味が残ってますよね、橋本さん。
(恒)

恒さんの言う通り、 まだ良い味が残っていると、自分も思います! ただ、とぼけた橋本の野郎だけは、 ボロボロにしてやった方がいいと思います! あ、でも、奴も、すでにボロボロか(笑)
(さぶまね)

■2022年8月3日(水) Vol.6926

コロナの足音が近づいていると、 ちょっと前に書いたでしょう。
悪いことは当たるもの(笑)
何十年と付き合いがある会計士が、 コロナにかかって、 死にそうな思いをしたという。
道場でも、哲がかかり、 俺達、ほとんどが濃厚接触者。
昨晩遅く、緒方一人しか残ってない道場に、 何気なく連絡を入れると、 孫が高熱で倒れている、との報告。
昨日は、何気なく俺の手術をした、 大病院の若い先生を思い出し、電話を入れる。
2日前に、コロナから脱出出来て、 病院に戻ったという。
今日も孫に電話を入れると、 なかなか、つながらない。 何度目かで、相当苦しそうな声。
しゃべらないでいいよ。 寝てなさい。
病院も受け入れてくれないらしい。
その孫の、海での兄貴分だった、 シャボから電話。
シャボが何か言う前に、
「かかったか」
「ハイ」
陽性で、38度近い熱も出てるらしい。
彼の地で三年振りに祭りがあって、 3日間、準備等、手伝ったらしい。
コロナ禍の新記録が出てる中、 なんで、祭りなんかやるんだよ。
これも神社がらみか。
俺も念のため、抗原検査キットを、 家人にやってもらったら、 でっかい声で、
「お父さん、コロナだ!!」
家人が説明書だかを調べている内に、
「陰性らしい」
「どっちだ、しっかりしろよ」
と家人に求めることが、 すでにダメ。
忘れていたが、 牧野も夫婦でかかっていたっけな。
これからが伸び率があがる。 七波が終わった後、 もっと、危ない状態が襲ってくるんだろうな。

         雀鬼




早く症状が治まってくれればと思いますが、 治っても待機期間があり、もどかしいですね。 放課後では、運動部長が活きの良い魚を釣り上げていました。 毎回釣り方に変化があり、面白いです。 色んな獲物が釣れると楽しいですね。
(BIG)

表向きは国民の為、 裏では宗教絡みの利益優先、状況は悪くなる一方です。 濃厚接触者の集まりになってしまいましたが、 クラスターには繋がらず。 クーラーが壊れた道場内は扇風機フル稼働で換気は完璧。 会長の元でというのはありますが、何か納得してしまいました。 不都合が良い効果に繋がるもんですね。
(恒)

会長、皆さんご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。 自分以上にお孫さんが苦しんでいると聞いて心配ですし、 代われるものなら…と思いますが 今の自分の状態が情けないです。 早く道場に行けるよう体調を戻さなければと思います。
(シャボ)

シャボさんと、その弟分のお孫さんまで感染してしまいました。 もっとひどい状況になる前でよかったのかもしれませんが…。 世界中で広まっている以上、逃れる術はなさそうです。
(ナルコ)

■2022年7月31日(日)その4 Vol.6925

新型コロナウイルスの自宅療養者等の人数が、 全国で160万人台に増えたらしい。
余りよい話とは言えないね。
そんな折、吉報が届く。 長寿国と言われるニッポンの平均寿命が、 10年ぶりに下がったという。 男性は81才ぐらい。
俺なんて、後2年ぐらいかなー、と思ってたから、 平均的な人生を送ってこなかった俺の割には、 けっこうな事だと思います。

         雀鬼




コロナの影響もあって平均寿命下がったという話ですが、 予測ではまた伸びていくようです。 世界一の高齢化社会とか、 あまり長生きしたいとは思えないです。 
(恒)

■2022年7月31日(日)その3 Vol.6924

ヒマラヤの山脈、8000mクラスの山が、 エベレストを始め、14座ある。
俺、この間、知ったんだが、 その14座を過去に登り切った記録は、 7年半をかけてのこと。
それだけでも凄えこと。 一座登頂するだけでも、 大金がかかり、準備期間も長期にわたる。
世界中のあちこちから、 登山者が集まってくるのに、 ネパールでは、それらしき人は陰に隠れている。
それをだね、ネパールの若者が、 ならば、俺がネパール人のために、 7ヶ月で14座を登頂しちまう、 という大ぼらのようなことを述べてしまう。
一応、スポンサーを探すが、 そんな馬鹿な、全くの不可能、 と取り合ってくれない。
ならば、と夫人に、
「自分の家を抵当に入れて・・・」
夫人も勇気ある方、
「いいわよ」
と笑顔でOKを出す。
その登山家は、6ヶ月とちょっとで、 成功させちまう。
今日日、ろくな男が居ない中、 凄え男を知った。
俺もよ、思えば、人生の中で、 小っこいながら、家庭という14座を、 半世紀かけて、いまだ登攀中。
多分、最後の一座は、死だな(笑)

         雀鬼




山が教えてくれる、 人間は山より大きな存在ではないとコメントが出ていて、 会長から伺っている話と似ているって思いました。 その場にいるだけで死を感じそうな環境、 不眠で連続制覇なんて、全く想像も出来ません。
(恒)

一つの山を登るのでさえ、 準備期間も含めて半年位かかるのに、 その半年で14座を登頂してしまう。 本人の中には、ある程度確信的なものがあったかも知れませんが、 常識人にはホラにしか聞こえなかったでしょうね。 リスクを楽しんでしまう方々は スポーツマンとは違うものを感じます。
(しげる)

このネパール人の方は、 他にもとんでもないことを成し遂げていて、 まさに超人だと思いました。 会長の行く道も険しく、僕には想像も出来ません。
(ナルコ)

14座のような厳しい登山だと、 自分の身を守るのが最優先とされるらしいのですが、 この方は毎度のように遭難者を助けていて、 自分のチャレンジに囚われないで 自分の信念で登山をされていたり、 新しいチャレンジにどんどん挑戦したりと この方の逸話は凄いものばりです。
(深山)

■2022年7月31日(日)その2 Vol.6923

その後、自室に入って、 クーラーで涼むか、と思ったら、 なんと、クーラーの調子がおかしい。
これは、俺には無理だ、 と思いながら、何度か、脚立に登ったりして、 やってみたが、時がたつだけ。
冷房のある部屋に移動しようと思ったが、 やっぱり、自室が慣れ親しんでいる。
32度の中、少し休んじまって、 昼になって、道場に助け舟を求めて、 連絡を入れる。
緒方が出る。 どうも、外に居る感じ。
「今、どこよ」
「駅の近くです」
「ああそう」
頼みづらかったが、 緒方に電車に乗って来てもらって、 家人が駅まで車を出す。
それから、汗だくになった緒方が、 直しに入ってくれる。
俺は何の役にも立たないけど、 近くで、緒方の作業を見ていた。
おかげで涼しい風が流れて助かった。

         雀鬼




熱中症気味なのも治ってないのに、 一晩中32℃で・・・。 慣れ親しんでいるお部屋とはいえ、本当に危ないです。 こちらは、駅への送り迎えまでして頂きまして、助かりました。 色々と、たまたまタイミングがよく、 そんな中、多少なりとも、お役に立ててよかったです。
(緒方)

■2022年7月31日(日) Vol.6922

孫が2泊した時、 重いバッグを7個ぐらいかついで来る。 中身は、ノートパソコンや、 けっこう難しい本ばかり。
今の彼には、バッグと本が友人らしい(笑)
中学二年生らしいが、 パラっと並んだ書物を見ると、 心理学、微分積分、哲学、量子論、対学、 相対性理論とか、 俺からすれば、半世紀も前に、 不純ながら、点数を取るために、通り過ぎた過去。
それが不思議なことに、 身近なところに、 そういった学問が転がっているのを、 改めて、俺なりに理解出来た。
当然、孫が先生で、俺が生徒という関係性かな。
一つの部分に夢中だったら、 オタクかマニアで、嫌なものを感じるが、 幅が広いんで、楽しめた。
その後、重たいリュックを担いだ孫に、
「ぶち当たってみな」
重たい衝撃を受ける。 その後、やられた場合の対処を教えたり、 体捌きも体験させる。
何故か、習いが良くて、 教えた捌きをすぐに返してくる。
一時間半ぐらいやったかな。 やられる側の俺の体が、 アッチコッチ痛え。 両足の親指の爪も割れていた(笑)
彼は、一時間で確実に強くなっていた。

         雀鬼




自分は何度習っても喜劇にしかなりません。
(恒)

会長の手解きを素直に吸収できるのは、 やはり血筋でしょうか。 深いテーマで会長とおしゃべりをしているそうで、 とても中学生とは思えないです。
(ナルコ)

自分もバッグを全部担がせてもらいましたが、 大人1人おんぶしているくらいの重さがありました。 そのバッグの中には 自分には全くついていけない分野の本が一杯(笑) 知識だけ詰め込んで頭でっかちではなく、 要所をちゃんととらえていたり、 体捌きや海でも魚を突いたりと 「コツ」をつかむのが上手なんだと思います。 やはり会長の血が流れているんですね。
(シャボ)

■2022年7月27日(水) Vol.6921

道場が始動して34年。
今は無き、俺が指導した 厳しい雀鬼会が無くなって、
「どうでもいいよ風」
に変わっちまって、 月例会も、もう最後かなー、 と思っている今日この頃の中、 それを一番感じた橋本が、 実力を出してくれた。
「いつまでもあると思うな、親と金」
道場は俺の生命線だったが、 それも・・・・。
最初、みんなで作ったものが、 一つ一つと尽きて行く。 俺一代の雀鬼流も乏しくなっている。
ウータンが引きこもり最中の中、 メールをくれたが、 ウータンが来る頃には、 ここはねえかも知んねえぞ。
これ、マジのお話です。

         雀鬼




普段は何時まで出来るか、 厳しい現状を考えてしまう事もありますが、 会長を中心とした触れ合いが始まると、 そんな事忘れてしまう空間が出来たりします。 道場がなくなったら…前向きな想像は出来ないですし、 今やれる事探していきたいです。
(恒)

まさに、マジのお話、ですね。 ここまで、月例会に関して、ふれてこなかったですが、 会長には、自分の腹ん中がバレバレで、 当然でありつつも、ちょっとビックリもしました(笑) 正直、月例会の日は、最初から、そういった気持があり、 順位戦の時から、勝とうとか、一歩引こうとか思うこともなく、 ただ、そのまんま打っていました。 でも、月例会で、両横綱や運動部長と同卓した時は、 ちょこちょこと、心が揺らぎました(笑)
(橋本)

いつまでもあると思うな雀鬼会。 難しいことではなく、 初歩的なことが出来ていないのが現状です。 教わったことや指摘されたこと、 感じたことを忘れてしまっては意味がありません。 改めて反省しています。
(ナルコ)

道場に居ても、その時々で起きたことや、 やる事に対してどう感じるか、 どういう気持ちで行動するかで大きな違いがなあると思います。 「いつまでもあると思うな…」 自分の役目を果たせるよう 気持ちと行動を修正して行かなければと思います。
(シャボ)

最近の現状を見ていると、 厳しいなぁと思うことがあります。 いつまでという事はありますが、下向かないよう 前向いて、やれる事やって楽しんでいければと思います。
(深山)

■2022年7月24日(日)その2 Vol.6920

月例会の方は、 実力トップの橋本が1位で、 俺がしげるさんに迷惑をかけながら打って、ぶらさがり。 3着に遠方組の芹澤くん、4位に深山。 次に、せこい麻雀を残しちまった鉄人組の百武、 とまあまあの人選。
大相撲の方は、逸ノ城が優勝。 笑顔なし、おとなしい優勝者アイサツ。 ある意味、期待を裏切らない(笑)
道場も、みんな話ベタで、 楽しい話がなかなか出ないんで、 俺、声も出なかったのに、 一人でテンション上げて飛ばす。
みんなが帰った頃、 もう声も出ねえよ(笑)

         雀鬼




最終戦でヘタ打ってしまいました。 卓上相撲も含めて修正していきます。 月例後は会長のトークで逸ノ城、やり投げ、 天丼を食べたなど話題につきませんでした。 これからは麻雀、相撲、海、しゃべりの4拍子が必要です。
(百武)

会長の卓は、賑やかで笑いが絶えなかったです。 体調が優れないからこその姿を見せて頂きました。 活を入れて変わっていかねばと思います。
(恒)

ちょっとしたお話の一つや二つ、 出来ないとカッコ悪いですね。 独り言を言っている場合じゃありません。
(ナルコ)

■2022年7月24日(日) Vol.6919

昨晩は俺、ワクチンの予約を 入れられていたでしょう。
だから、相撲の本場所はなしだ、と思っていたら、 そうは許さず、しげる運動部長が、 さぁ、帰ろうかという3時頃、
「やります」
と来た。
ならば、承知つかまつりました、 と気持ちを切り替え、 最初の一周を成したが、 何故か、いつもより荒々しい動きをしている自分(笑)
結局、シャボ横綱が、3戦全勝、 今月に入って、7週全勝、強過ぎ。
深山が7人抜き、 しげる運動部長が4人抜き、 いつもより、暑過ぎるんで、 早目に締める。
結局、朝帰り。 2時間ほど休んで、 ワクチンを打ちに行く準備をしていたが、 なんか流れが悪く感じて、 家人に断りの一報を入れてもらう。
だってよ、お相撲さんも準備万全にして、 場所を迎えたはずなのに、 100人以上がコロナに引っかかっている。
意味ねえじゃん。 その上で、副作用が出ているらしい。 それも遅れてやってくる副作用は、多分危ない。
俺が4回目に行かなきゃ、 多分、道場性も行く者が減っちゃうと思う。
責任、重いなー(笑)

         雀鬼




最初は感染予防、重症化を抑える方向に変わって、 4回目は効果が確認出来てない、 今の株に合わないとなれば、 打ちたくないとなる人が増えても当然かと思います。 副反応の危険性が報道されないのも気になりますが。
(恒)

いつもより早めに取り組みを終え、 その後はしげる運動部長が感覚の釣りを披露して下さり、 タコになった自分も釣り上げられました(笑) ワクチンも毎回受けていれば 必ず効果があるという訳ではないでしょうし、 これからも5回目、6回目と続くと思うので、 その都度受けるべきかどうか判断していかなければと思います。
(シャボ)

確か、コロナワクチンは危険だ、 という内容の本を鵜呑みにしているというか、 しきりに宣伝する人がいて、 それなら打ってやろう、という感じで打ち始めたのでしたね。 会長が責任を感じる必要はないと思いますが、 打つ理由は無くなりました。
(ナルコ)

■2022年7月23日(土) Vol.6918

スペインや、ポルトガルで、 気候変動が起きて、 温度が47度とか上がって、 死者が1700人ぐらい出ているらしい。
日本でも40度を超えた場があったよな。 地球温暖化で、確実に人間が犠牲になる。
その上で、コロナも東京が3万人超えで、 全国でも新記録が出たらしい。 8月に向かって、その数も増えるって。
家人が今日、
「明日、4度目のワクチンよ」
と俺の存じぬところで準備されている。
ちょっと待てよ、 明日って、月例会が入ってんじゃねえのかよ。 困ったもんだ!!
体がジメジメしている。 この暑さで、扇風機頼りじゃ、 仕方あんめえ。

         雀鬼




人間が豊かさを求めて、進歩、発展してきた歪みは、 どんどん大きくなっています。 温暖化にコロナ、それとはまた違う災難が起きるのも、 時間の問題なのかな、と思います。
(ナルコ)

コロナできつい体験した人でも、 3回目以降のワクチンを敬遠する話聞いたりしますが、 嫌がらせのようなタイミング、理解出来ません。 温暖化対策、仕事でも議論に上がったりしますが、 危機感が足りないような気がします。
(恒)

こんなタイミングでワクチンなんて・・・・。 会長は、行くだけでも、かったるいはずですし、 その後の月例会、最近の体調を思えば、 せめて副反応が出なければいいのですが。
(緒方)

■2022年7月20日(水) Vol.6917

コロナ数が、東京で2万、神奈川で1万越え。
前までは、その足音が遠かったが、 今回ばかりは、忍び寄る足音を 近くに感じるようになっている。
小児病院やクリニックのベッドが、 超満員らしい。
やはり、子供達が犠牲になっちまう。 今日日の世の常なりき。
道場はクーラーが故障で、 扇風機2台で、暑さを耐えている。
これじゃ、熱中症になるわな。

         雀鬼




救急車の稼働も98%、道場生の近くでも、 コロナの話を聞く事が多くなってきました。 熱中症ぐらいで済めば良いですが… 今の20分の1以下の感染で、制限はいろいろあったのに、 何の説明もなく、今は制限なし。 行政のやっている事には全く納得感がないです。 国葬より、やるべき事がありそうですが。
(恒)

会長がおっしゃっていた通りに、 年遅れで、感染者が当時の欧米並みのペースになりました。 国でもっと子供たちをカバー出来ないもんでしょうか。 道場の暑さは、会長の体調にもご負担をおかけしてますし、 毎日のように来ている道場生には、申し訳なさもあり、 見ていて、かわいそうに思えてしまったりもあります。 早く、クーラーが確保できるといいのですが・・・。
(緒方)

最近のコロナ禍は、一気に数が増えていて、 道場生の周辺でも広がりを見せています。 僕たち以上に、子供達は 不安やストレスを感じているのではないか、と思います。
(ナルコ)

■2022年7月17日(日) Vol.6916

人員不足で、週末のお相撲公式戦は不成立!!
でも、なんかやらねばと、 恒の怪我の具合を確かめる意味もあって、 異なったやり方で、少しだけ取り組んだ。
1度目は、横綱の深山が優勝したが、 2度目の対戦は、 何故か大横綱のシャボが敗北。
こういう取り組みじゃ、 勝ち負けは、俺の一存で決まっちまう(笑)
前頭のBIGが優勝。
まあ少しでも動けて良かった。
誰かから送られてきた、 人を殺せるナタで、
「いつ何時でも」
と切り込ませて、 無刃取り、やっちゃった(笑)

         雀鬼




こういう取組では、 公式戦では考えられない結果が出て面白いですね。 大横綱にはいつも一瞬で押し出されているのに、 何かが起こりそうな気がすることがあります。 優勝決定戦では笑っている間に 大横綱が飛んでいってしまいました。
(BIG)

有難い事に、会長、仲間の気遣いがあって、 怪我人の自分でも相撲取らせて頂きました。 何かあったら対応出来るような態勢で 実施される道場相撲ですが、 写真の一番では何故か誰もカバーに入ってません(笑)
(恒)

自分とBIGの取り組みはお互い勝っても負けても1秒勝負。 ここぞッて時のBIGは人が変わったように強いです!(笑)
(シャボ)

■2022年7月16日(土) Vol.6915

俺の頭がおかしいのか、 元・総理、討殺の時、 この子だけは正直で、 周りの団体や大人達が嘘だらけだ、 と瞬間、感じてしまった。
今でも、容疑者を思うと、 差し入れに行きたくなったり、 容疑者と語り合いたい気持になる。
一発目の暴発気味の中、 総理の周りに居た者は、 そろって自分の命を守って、 直ぐに身を伏せていて、 総理の方に目を向ける者もいなかった。
真ん中に総理だけ突っ立って、 何事かと、音や煙の立つ中を振り向いて、 2発目で崩れ落ちた。
ガードする者もいなければ、 流れ弾に当った者もいない。 現場が示す。
警官らしき者が容疑者に近づくが、 上半身に恐る恐る触れているだけ。
自転車に乗ったお年寄りが逃げもせず、 側で平気な顔で眺めていた。
今、スマホ時代だから、 現場にいた人達が、 その状況をカメラに収めていたから、 隠しようがない。
周りの社会人は保身で精一杯。
俺は、違った意味で、 社会の人々の動きを眺めている。

         雀鬼




身の危険が迫って、建前がバレてしまいましたね。 保身や他人事の態度だらけで、嫌なものです。 せめて仲間とは素直と勇気のつながりを続けていきたいです。
(BIG)

危機的な状況だからこそ、 その人の本性が出てしまうと思いました。 元・総理の取巻きに本当の関係性なんて全くないです。 会見までやった教団まで嘘だらけでした。 容疑者になってしまったあの子の怒りや悲しみに 世の中がもっと気付くべきです。
(百武)

一発目の元総理の反応、自転車のオジサン、 殺人現場の割に危機感のない感じがしました。 犯人捕らえた後も複数犯人への対応が出来てない と外国の警備会社からダメだし。 日本の弱さをさらけ出しているようでした。
(恒)

自分達の保身や利害関係ばかりを考えて コメントしている大人達や報道の仕方次第でも 印象や情報も操作されてしまっているようで、 どちらが本当の被害者、加害者なのか? 起きた事の表側だけでなくその裏側にある事まで、 会長のように何物にもとらわれずに観れる目がなければ 本当の事は見えてこないのだと思います。
(シャボ)

■2022年7月10日(日)その2 Vol.6914

テレビのワイドショーで、 知識人達が、いいようにコメントを出していた。
その中で、こんな時だからこそ、 民主主義国家の国民として、 一票入れなきゃならない。
行かない人は、心が無い欠落人間だ、 に近いことを述べていた。
俺、その一言を聞いて、 心の無い方を選んだ。
暴力は最大の蛮行行為だ、 と言葉を並べていた。
その割にプーチンからも、 弔電が入ったって、凄いですよね。
だってさぁ、今、まさにプーチンは、 大暴力を行使中じゃん。
暴力をでっかくして国中でやれば、戦争じゃん。 そのための準備をして、 大金使って、武器を買い集めてるのは、 現政府じゃん。

         雀鬼




当事者の言葉をそっちのけにして、 誰かの書いたシナリオに沿って コメントをしているように思えて仕方がありません。 触れられない所、責めても差し障りの無い所が分かって、 学びがあります。
(BIG)

国であれば武器を持って 戦争しても正義のように扱われる、 そこに違和感を感じる人はどれぐらい居るのでしょうか。 道場内は心ない者ばかりでしたが、 投票に行った家の者に知識人の話をしたら、 何それって感じでした。 弔い合戦とか報道もありましたが、 意味不明に思えてしまいます。
(恒)

出てくるコメントは揃って「綺麗事」のように聞こえてしまいます。 起こってる事、やってる事の矛盾に違和感を感じれる人、 それを言える人って中々いないものなんですかね。
(深山)

■2022年7月10日(日) Vol.6913

昨晩は、余り暑かなかったが、 運動部長の指示で相撲が始まる。
全員倒すと、「見」にいったん入り、 次の一周を待って、再出場して、 を繰り返すルール。
シャボ大横綱一人で、また強くなったのか、 出れば全勝を、5度成す。
反面、周りが怪我があったり、 前より力が出せない者が増えた感。
ほぼ一人相撲。
深山も久し振りに、 勝ち点がつく4人斬りが出来なかった。
四人目に当たるのが、 シャボじゃ、厳しいやね。
そんなシャボや、深山とやる時は、 いつ何時でも、かかってらっしゃい、 とやってたが、 今日は、俺の方から、立ち合いと同時に、 コンニチワ、と挨拶をすると、 彼等は床に何度も転がっていた(笑)
7月場所の出足から、シャボ49p、 2位の深山で10pと、 2人だけ2ケタ台だった。
さっき、 昨晩の相撲の後の状態どうよ、 と尋ねる。
怪我人だった恒は痛みなしだが、 ナルコは筋肉痛らしい。
おかしいよ、 俺なんて、やる前はイスから立ち上がれず、 ふらつき状態から入るが、 終わってみれば、温泉に入るより、 体が楽になっている。
この違いは、なんなの。 今度、孫に聞いてみよう。

         雀鬼




相撲も感覚の動きも、 出来る人と出来ない人の差が広がってしまっています。 道場にしか無いもの、 せめてひとつでも出来るようになりたいです。 力相撲は疲れますし、お互いが危なくなることもあります。 「こんにちは」で勝負がつけば、その心配もありません。
(ナルコ)

1日遅れの筋肉痛はありますが、 お陰様で怪我を悪化させる事なく、 相撲を取らせて頂きました。 相撲後に体の使い方を教えて貰った影響もあるのでしょうか。 習慣的な体の使い方で負担を大きくして、 更に体を痛める悪循環、会長の場合、逆の事が起きていて、 一般的な習慣から外れる事で、大きな違いがあります。
(恒)

捌き、感覚、体使いは面白いし、難しいですね。 僕らはどうしても「力相撲」になって、 体痛めたり怪我したりしてしまいます。 会長は、その逆で動かないところから動くように 体使いの一端に触れさせていただいてるので、 少しでも活かしたいです。
(深山)

会長から「コンニチワ」とご挨拶を頂き、 自分も「コンニチワ」と言おうとしたら 会長に触れられてもいないのに 前のめりに転がっていました。 挨拶で転がされるって何なんでしょうね(笑)
(シャボ)

■2022年7月9日(土) Vol.6912

たまたま病院の帰りに、 選挙カーの上に立って演説している者を、 さらりと眺めた。
自分の言葉で語らず、 スマホを片手に、 練習したものを読み上げていた。
同じジャンバーを着込んで、 ただ、ぶらぶらしている。
前の方はガラ空きで、 駅の構内の下で聞いている人は、 ちゃんと聞いている様子。
俺、その党に知り合いが新人で出馬したんで、 少しだけ、興味があったが、 そいつの話を聞いている内に、 この党もダメだ、となる。
昼頃、たまたまテレビをつけた時間に、 最長の総理期間をやれた、 今はその党の第一党の派閥になった人が、 演説の台に立ち、 四方八方というより、両脇に向かって、 演説を始め出した。
後ろ側に立つ後援者達の、 陰に隠れた男の目に、不審を感じた。
一旦、その場から消えて、右側に回って、 バックから出したビデオカメラを撮り出した。 周りはスマホで撮る人、報道カメラが少数いた。
ボーンっという花火のような音がして、 煙が上がる。
その男、ビデオカメラにしては、 前面に2筒が見れた。
誰も気づかぬ中で、 2つ目のボーン。
大きな事件が起きていた。
少し前まで、長年、日本のトップにいた人が、 数m近くから狙われるっていうことは、 一般市民なんか、 わけなく、そういう事件に巻き込まれる。 恐ろしいこったですね。
誰一人、その瞬間にガードに立つ者がいないって、 何なのかなー。

         雀鬼




警備の薄さは指摘されてましたが、 一発目の後にもう少し何とかなりそうに見えました。 動機の要因となった宗教の話も詳細の報道なく、 民主主義の言葉が繰り返される割に、 いろいろな事が隠されているように感じます。
(恒)

一見して武器に見えなかったとしても、 簡単に至近距離まで近づけてしまうのは、 いかがなものかと思います。 巻き込まれた人がいなかったのが救いでしょうか。
(ナルコ)

今回のことで、こっそり武器を・・・、 と刺激を受ける人が、潜在的に広まりそうな気がします。 実際に広まっているアメリカや世界各地での事件を思えば、 その筒の向かう先は・・・・・。恐ろしいです。
(緒方)

■2022年7月6日(水) Vol.6911

都心のホテル内の病院。 エコーの検査も入るんで、 前日から、食べ物、飲み物の制約が入る。
人生初のペットボトルの水を、 ベッドの脇に置いて、飲んだが、 朝まで飲んで、半分しか減らない。 なんか俺には口に合わない。
町田駅で緒方と会い、 やっと、濃いお茶を飲むと、 いつも以上に美味く感じた。
水筒の中に、濃いお茶で作った氷を 入れてくれたらしい。 帰りまで、そのボトルで済ます。
駅に戻ると、毎度の恒と哲が居て、 ユンケルとコーラを頂く。
今日は道場は無理かなー、 と出る時思った。
やっぱり道場着まではいいんだが、
「鍼灸院、整形外科と接骨院と3ケ所行って、  どこからも原因不明と言われた」
と、俺に聞こえるように話していた恒大将。
確かに右腕が真横までも上がらず、 激痛の顔をしている姿を見ると、 明らかにおかしい。
哲を肩係として、前面を任し、 バックヤードは橋本が守る。
一つ一つ、嫌なところを見つけて、 一時間半以上かけて、
「手当」
その恒が、
「ハイル・ヒットラー」
と声を出しながら、 腕を何回も上に上げて、
「面白い」
と笑ってやがる。
冗談じゃねえ、 俺の方が病院帰りの身だっていうのによ。
3ケ所の専門医にさじを投げられた恒ちゃん。 もう通院しなくていいからね(笑)

         雀鬼




病院帰りの会長が 専門医3ヵ所にさじを投げられた永井さんの手当てを…。 前回は「きらきら星」、今回は「ハイル・ヒットラー」 って…めちゃめちゃ腕上がってるじゃないですか! 永井さん、いい加減にして下さいよ(笑)
(シャボ)

病院を3ヶ所回って辿り着いたのが、なぜか雀荘(笑) 最初はあれだけ痛がってたのに 最後は笑いながら腕を上げていました。 やっぱり今回も仮病だったんでしょうか(笑)
(哲)

専門医の方々、悪い感じはしなかったですが、 症例がないと何も出来ないようです。 感覚の仲まがサポートに加わって下さり進む手当て、 首に痛み、アゴの下に苦しみのポイントがあって、 軽くほぐしただけで、苦しみが消えて、 思わず面白いって言っちゃいました(笑)。 医療関係者の相方からは、 最初から会長に診て貰えばと言われましたが… 嫌な疲れがあるタイミングで申し訳ありません。 診療所ではない事を認識して通わせて貰います。
(恒)

専門医にさじを投げられた症状が、 1度だけ、2時間前後の手当で改善し、 しかも通院の必要もないとくれば、 これはもう、通院したくなりますね(笑)
(橋本)

■2022年7月3日(日)その2 Vol.6910

すみませんねえ、この時期になると、 色々な方々から、お品が送られてくる。 知人でない一般の方からもね。
まとめて、 まとめちゃいけねえんですが(笑)、 御礼申し上げ候う。
武器は送らないで下さい。
あの最高級のお肉、俺の物と思いつつ、 ワタナベさんに、お世話になりっぱなしなんで、 出掛けに一枚の肉を味付けせず、調理して、 2人で半分こにして頂いちゃいました。
たまには、よろしいことがあっても、 いいよね(笑)

         雀鬼




会長のレポートから、 ステーキが食べたいって思ってましたが… ワタナベさんに良い事があって、何よりです!!
(恒)

会長へのお気持ちと伴に、たくさんのお品が届く中、 武器だけは未だに違和感が残りますね。 最高級のお肉をわざわざ会長が調理して下さり、 美味しく頂いた上にスタミナまでつけさせて頂きました。 ごちそうさまでした。 これだからタクシー運転手はやめられません(笑)
(シャボ)

■2022年7月3日(日) Vol.6909

運動部長のリスクを取る判断で、 怪我人、頭痛持ち、痔の辛さ、等々と、 万全な者がいない中の、 深夜、いや、朝方からの運動に混ぜてもらった。
60代の中に(笑) 80近くの爺が混っちゃダメですよね。
熱中症で脳をやられたのか、 ニュートン、ノーベル、微分や積分の動きを、 体で俺なりにやっちまった。
これって狂だよな(笑)
でも、階段を数段上がるのが辛かった体が、 スタスタと上がれた。
毎度のことながら、 ワタナベタクシーさんに送ってもらい、 一度止めたら言うことを聞かなくなったクーラーを、 運転手さんが、束の間の手当をしてくれる。
運転手さんが持って来てくれた、 大谷選手をはじめとした大リーガーの動きを観る。
折れたバットが、ショートの位置まで、 ボールと同時に飛んでくる。
普通、避けるか、逃げるよな。 折れた方の部分が刺さったら、刃と一緒。
それでもボールに近づく根性、チームのためにね。 ある意味、ホームランより人間力を示す。
2人で大リーガーの名シーンを観戦している間に、 クーラーから程良い冷風が流れる。
その後、風呂へ入って、 その場に危なさを感じた、 運転手さんが持って来てくれた、 病院で使うような風呂用のイスを使って洗う。 思った以上に楽チンだった。
すみませんね、一人で何も出来ず、 周りの人達の手助けで、 どうにか、どうにか・・・・・

         雀鬼




会長以外の者が微分とか言い出したら、 耳を塞ぐがも知れません(笑) 去年ぐらいから大リーグを観るようになりましたが、 思ってたより仲間思いで、舐められないように 体張ったりする姿を見かけます。 体格の違いもあるのか、 日本のプロ野球が高校野球のように見えちゃいますが、 心意気が残っててくれてたらと思います。
(恒)

ご自宅でのご不便や大変さを 少しでも減らせたらと思うのですが、 機械に弱かったりと、 なかなか何でも屋さんの様にはいきません(笑) 会長のお話しを聞かせて頂きながら、 観させて頂く大リーグは自分の一時の楽しみです。 でも長居は無用ですね(笑)
(シャボ)

学校の勉強よりも難しいお話があり、 そこからの微分の体捌きでした。 階段をスタスタと上がれたから悪いことではない気もしますが、 やっぱり狂なんですね。
(ナルコ)

■2022年7月2日(土)その4 Vol.6908

恒の右指、しげるの首、 シャボの腰回りと、痛いところだらけ。
俺も熱中症中ってことで、 運動部長に、
「本日はいかがですか」
といつもなら、終わっている時間に尋ねる。
「2度目の不成立」
と出ると思っていたら、 そうは問屋は卸さず、
「それでは、わずかばかりで・・・・」
シャボが29pと、 深山が9p、部長が2p、 イカサマ相撲ありの原発のオジキまで、 ポイントを上げていた。
5時半です。 帰りましょう。
自室のクーラーは大丈夫かいなー。

         雀鬼




体調、環境、時間帯、 不成立の要因はいろいろ有りながらも、 やりますの一言。 万全なんか待ってられないのが、道場らしいです。 自分も自分自身に制約かけながら、 相手に気を使わせながらでしたが、 信頼出来る仲間が居るから出来る事ですね。
(恒)

近頃の暑さに加え、皆どこかしら痛めていたり、 具合があまり良くなかったりと 高齢化が進む(笑)道場ではありますが、 しげる運動部長ご自身の体調がよろしくない中でも 「少しやります」とのお言葉。 不成立にはならず、怪我もなく終われて一安心です。 自室のクーラーも熱中症ぎみなのか、 調子が悪くなったり、動いてくれたりでいまだ心配ですね。
(シャボ)

今日はやらないかも、と思いましたが…。 そんなに甘くないですね。 会長の手当てを受けたしげるさんの動きは、 普段と一味違いました。
(ナルコ)

道場も皆60代になり、 痛いのかゆいのと嫌になってしまいますが、 そうかといって不成立にもできず決行してしまいました。 時間切れが正解でしたかね? 冷房病で首が固まってしまいましたが、 会長をはじめ、シャボさん、深山さんに 治療して頂いたおかげで、いつもより調子が良くなりました。 有難うございました。
(しげる)

■2022年7月2日(土)その3 Vol.6907

昨日の夕暮れ時、外から電話。
「宅急便です」
「ホレよ、玄関に行って」
家人の手に小荷物が。
すぐにピーンと来た。 あのO社長殿からだ。
松坂牛が届いた。
一枚の肉に触れちまう。
昨日も、孫達にステーキを焼いてあげたんだが、 これは、俺が食うもん(笑)
家人には任せられず、 我が手で焼き上げ、早速、頂いちまう。
口の中で本物の肉の味が滴る。
この暑さで、体力的にもピッタシの、 スタミナ食を味わっちゃいました。
出逢って何十年か経つ、 O社長の心遣いの味を・・・・・。

         雀鬼




話を聞いた事があるだけですが、 長く続く良縁と会長の手入れにより、 美味しく食べられたなら良かったなって思います。 熱中症気味で体調が心配されるタイミングで感じられる繋がり、 良縁だからこそでしょうか。
(恒)

写真は、別荘でお肉を焼いて下さった会長です。 会長の焼かれるステーキは絶品なんですが、 さらに、それがO社長様の心の入ったお肉ともなれば、 最高のタッグですね!
(緒方)

■2022年7月2日(土)その2 Vol.6906

日本のトップクラスのカメラマンの長尾迪さんから、 格闘家の写真集が届いていた。
パラっとめくると、リング上で闘う選手の 躍動感が溢れる写真が飛び込んで来る。
動きを瞬間にカメラに収める長尾さんの写真。 リング上の選手が、頭の先から足の先まで、 全体を瞬時に使っている姿が写っている。
何かの取材で、アメリカの サンタモニカ・ビーチの近くの丘に建つ、 ヒクソンの家に行った時、 同行して写真を撮ってくれた方。
流石と言っちゃ軽いが、ナイスショットですね。

         雀鬼




写真集、少し拝見させて貰いましたが、 人の心が入った絵のように感じました。 格闘技関連は好んで情報集めたりしますが、 他の雑誌等ではこのような写真見た事ありません。
(恒)

■2022年7月2日(土) Vol.6905

追い込まれる夢を見ていた。 嫌な夢だ、と起きてみると、自室が暑い。 室温をのぞいたら、32度を表していた(笑)
クーラーのトラブルってことで、 緒方が、脚立を買って、駆けつけてくれる。
緒方が点検してくれている間、 2つ先の部屋に逃げ込み、 ソファに座ってクーラーにあたる。
冷たい風が気持よかったと思っていたら、 今度は、体が一気に寒気を感じて、 ヒートテックやシャツを羽織った上に ガウンも着たが、寒い。 今度は、隣の部屋に逃げ込んで、布団にくるまる。
ドアを閉めて、 冷たい風を入れなかったら、 すぐにジメジメした暑さを感じる。
暑かったり、寒かったり、 丁度いい加減っていうのが作れない(笑)
その日は、日本の4ヶ所の場で、 40度を示したという。
熱中症を感じながら、 来週には、熱いコンクリート生活の 都心の病院へ行かなきゃならない。
嫌なことって、すごく早く来るんだよね。

         雀鬼




環境が悪夢を見せてたのでしょうか。 最悪の状況にならず、一先ずという感じですが。 楽しみは待ち遠しかったりしますが、 嫌な事は重なったりしますね。 コロナも増えて来てますし、 十分気をつけて頂けたらと思います。
(恒)

ご自宅で会長は、暑い暑いが、 一瞬で、寒い寒いとなったりの繰り返しで、 また、体もなかなか動かせずで、大変な状態でした。 こんなお体の状態で、猛暑の中の病院、 う〜ん、余計に危ない気がします。 涼しくなるまで延期、ではダメでしょうか?
(緒方)

僕は、窓を開けたまま冷房をかけています。 熱気と冷気が混じって、ちょうどいい感じがします。 会長が病院へ行く日、 少しでも暑さがやわらいでくれればいいのですが…。
(ナルコ)

■2022年6月29日(水)その2 Vol.6904

道場の本相撲の方じゃ、
「指が折れた」
と周りを騒がし、心配させた恒大将は、 卓上相撲の方は、32連覇と、 圧倒的な強さを続けている。
鉄人の百武が勝ち越し、 施設長のウータンも勝ち越しして、 また姿を消しちゃったらしい。
副将のナルちゃんが5勝10敗と大敗。 昔の弱かったナルちゃんに戻っちゃったのかなー。
深海のアンコウだよ、 と恒大将の一言通りになっちゃったね。

         雀鬼




恒さんは利き手ではない左手で打って 成績を残すのはすごいことだと思います。 施設長のウータンだけは例外ですが。 自分の方は会長から○○○に感覚を入れて頂いてから なぜか麻雀の調子が良くなりました。 三場所連続10勝は初めてです。 このまま好調をキープ出来るかは哲しだいです。(笑)
(百武)

この状況で姿を消すウータン、 施設長として貫禄を見せてくれますね。 アンコウは鍋で美味しく食べられる事を 道場で知りました。 と言う訳でナルちゃん、よろしく〜
(恒)

戻ってしまった、とは思いたくないですが、 アンコウのごとく沈んでしまいました。 本当のお相撲さんではありませんが、 一局一局しっかり打たなければ、と思います。
(ナルコ)

■2022年6月29日(水) Vol.6903

今日も40度が出たらしい。 中国大陸の内陸の熱い大きな塊が見えた。
ずーっと、九州が水責めだったが、 今は珍しく、北海道に大雨が降って、 川が増水しているらしい。
普通に変化していた四季が、 混乱してますね。
それと同時に、そこで生きる人間達も、 頭が混乱している人が続出。
俺なんかでも、それを感じるし、 先日なっちまった熱中症らしきものを、 引きずっている感がある。
我が家のクーラーは、 俺の取り扱いの間違いで、 熱い日を何日も過ごしちゃったんですが、 道場のクーラーは、故障中らしいから、 熱いこと、熱いこと(笑)

         雀鬼




梅雨が最短で明けたようで、 10年で1日、季節がずれている話を聞いたりもします。 ずれた環境の中で、頭のずれている人間が 増えてしまっているんでしょうか。 この時期の道場の環境は厳しいです。 海の近くに避難したい所ですが…
(恒)

自分の頭も、混乱しっぱなしですが、 道場のクーラーも壊れっぱなしなら、 会長のご自宅のクーラーも、 取り扱いの間違いだけじゃない故障もあって、 危険な夏になっています。 会長もみんなも、どうにか気をつけていかないとです。
(緒方)

■2022年6月26日(日)その2 Vol.6902

恒さん、手当てが終わって、 一応、薬指と小指も、やんわり固定して、 三角巾で腕をふんわり包む。
見た目は結構な負傷兵の姿(笑)
その後、俺、イスに座ったまんまで、 深山とシャボに当たりをしてもらう。
なんの当たりも感じないまんま、 5〜6回づつ、2m近く離れたソファーの上に、 2人は飛ぶ。
そこでなー、 三角巾をした恒大将も呼び、 さぁ、かかってこいや。
けが人も飛んだが。 恒さんは楽しそうに笑っていた。
3人伴、どこも痛かぁなかったよね(笑)
「心一つ、だよな」

         雀鬼




全く痛み無しでした! 不安より、こんな状況で飛ばされている事が 楽しくなってましたね。 会長との触れ合いだから出来る体験です。 暫くは不便な生活かと思いきや、 日常生活に問題なし、 ネットで調べたら回復まで1〜2週間でしたが… お騒がせしました。
(恒)

手当てして頂いた数分後には 自分達だけでなく怪我した永井さんも 会長にすっ飛ばされている、しかも笑いながら… 道場らしいですね(笑) こういった怪我一つで損したとか、 トラウマになってしまう人もいるようですが、 永井大将は笑顔ですっ飛ばされた翌日には、 三角巾もテーピングも外して 「きらきら星」を踊っていました(笑) 気持ち一つですね。
(シャボ)

次の日には、下の写真のようになりました。 前日の脱臼に仮病疑惑があがっております(笑)が、 わずか一日でここまで良くなって、良かったです。
(緒方)





■2022年6月26日(日) Vol.6901

俺って、かなり馬鹿っていうか、 遅れ者なんです。
だってさ、日本中、猛暑に入ったのに、 こりゃ冷房だ、 と暖房から冷房に切り替えたまではいいんだが、 何か、部屋が蒸し風呂みたいになって、 この冷房、調子悪いんだ、と思って、 その蒸し暑さの中で過ごしていた。
昨晩、相撲をやって、 大切な大将の小指がぐにゃりと曲がり、脱臼状態。 周りは病院だどうだと、騒いている。
少したって、面倒だが(笑) どうよ、と指を感覚で触れる。
ポイントをいくつか見つけ、 曲がった指の下に、俺の指を入れて、 支えるように手当てしてみる。
俺、なんの資格もねえんで、 本当はシロウトが手を出しちゃいけないはずなのに、 数分、触れていると、少しずつ指が伸びて来ていた。
あれほど痛かった指から、 ほとんど痛みが引くのが分かり、 3回ぐらい指先が、ポキ、ポキと、 小さい戻る音を感じる。
一緒に、両横綱とナルちゃんも、 手当に付き合ってくれた。
相撲の方は、30度近いのに、 厳しいしげる運動部長のお達しで、
「やります」
の一言。
正直、俺、少し熱中症っぽかったが・・・・。
シャボ大横綱は、その暑さの中でも40ポイント、 深山も右肩を負傷中の中、12勝の2ケタ、 運動部長が1p、 負傷した恒大将が3p、 残り10名近くが0ポイント。
しげるさん、あってのこと。

         雀鬼




会長あっての道場相撲です。 自分は役割を頂いてやらしてもらっているだけです。 今年はラニーニャ現象で これまでにないくらいの猛暑になりそうです。 熱中症には気を付けていきましょう。
(しげる)

勝つほど出番が増えて、ケガのリスクも大きくなります。 いつも万全とは言えない中、 それでもポイントを取り続けているシャボさん達は凄いです。 永井さんの手当てを少しお手伝い。 ポイントを押さえることで、 自然にポキポキ、と入っていく様子を見せてもらいました。 ふつう、こうはいかないのだろうな、と思いました。
(ナルコ)

家電をよく知らないと、そんな使い方もするんだと、 何か納得してしまいました。 指は見るのも嫌な程変形していて、 初めて骨折したかと思いました。 脱臼は治す時も凄く痛いとの話でしたが、 手当ての間は痛みに少し触れた程度。 家に帰って話をしたら、 医者と友達が治そうとして、酷い目にあったそうで… 素人による手当てながら自分は恵まれてます。 会長を素人と呼ぶのも、ちょっと抵抗ありますが(笑)
(恒)

永井大将の指を見て、 これは病院に行かれた方が良いのでは…と思いましたが、 会長の手当てで十数分くらいで、 ほぼ元の状態に戻っていました。 患部だけではなく、2、3ヶ所ポイントを押さえて 会長の感覚と捌きでの手当て、 目の前で永井さんの指が伸びて 元に戻っていくのを目の当たりにしました。 なかなか真似できる事ではないですが、 感覚と捌きの大切さ凄さを感じさせて頂きました。 雀鬼流は楽しさだけでなく、厳しさも大切である事を しげる運動部長は実体験でご存知で、 その時々で状況判断をした上での「やります」だと思います。 これからも怪我に注意しながら皆でやって行けたらと思います。
(シャボ)


<前のレポート [Report Index]