Report

<前のレポート [過去のReport]
 


■2022年8月14日(日) Vol.6938

8月に入って2週目に、 やっと道場相撲が取れた。
7月場所、コロナ等々があって、 5週の内、3週が不成立!!
3週振りの開催。
シャボがコロナから復帰して、 継続して、100連勝を上げた。
昨晩は、シャボ28勝、 しげる運動部長に2敗、 恒大将に1敗で、28p。
深山横綱が7と6で13p、 しげるちゃんが6p、恒が1p。 後はゼロポイント。
来場所はあるかな。 たまには深山の1週斬りが見たいもんだ。

         雀鬼






■2022年8月10日(水)その2 Vol.6937

良否の問題じゃないんだが、 今、俺の身近でコロナにかかっちまった人は、 ほとんどタバコを吸わない人ばかり。
亡くなった人は、 肺をやられて亡くなっちまったのかな。
「命短し、恋せよ乙女」
じゃないが、俺なんかも、 あと少しの人生、 やけくそじゃないが、 自然にフィルタータバコから、 両切りタバコに変わっちまっている。
急がないと、生前の準備が・・・。

         雀鬼




喫煙所でクラスターの話もあまり聞きませんし、 重症化し易いって話も、最近の報道から、 本当かなって思ってしまいます。 止める気にもなりませんし、 両切りタバコお付き合いさせて頂きます。
(恒)

■2022年8月10日(水) Vol.6936

凶弾に倒れた・・・・うんぬんと、 新聞の見出し。
これって字が間違っているっていうか、 誤魔化してやがる。
「教弾に倒れた」
が正しい。
これだけ世間を巻き込んだんだから、 内閣は解散しろよ。
それなのに、懲りずに 教団がらみの内閣を作っちまっている。
安部譲二さんがかつて書き下ろした、 「塀の中の懲りない面々」 とダブるよな。
一ヶ月ぶりに道場にクーラーが入った。 クーラーに弱い橋本が奥の隅で、 冷凍食品のように、ただ固まって座っている。
俺もクーラーに弱いんで、 気持ちは分かるが、 透明人間の話はあったが、 冷凍人間は聞かねえなー。
橋本は50年後に解凍されるらしい。

         雀鬼




支持率が50%切ったら、 強制解散でも良い気がします。 懲りない民主主義が続いて、 50年後はどうなっているんでしょうか。
(恒)

〜お取り扱い上のご注意〜 解凍後、ドリップが発生しても、 品質に問題はございませんが、 人間性には、問題しかございません。
(さぶまね)

「教弾」によって、政治と宗教だけでなく、 政治とマスコミの関係もあらわになっています。 政治家達は、ほとぼりが冷めれば またいい思いが出来ると思っているのでしょうか。 橋本さんが目覚める50年後も、 世の中は良くなっていないだろうと思います。
(ナルコ)

■2022年8月7日(日)その4 Vol.6935

ゴルファーって、大きいイメージだったんだが、 昨日のスポーツ新聞に、 安本選手35才、身長175cm、50kg、 マラソン選手のような痩身。
なんか、応援したくなっていた。
多分、記録もなければ、 知名度もない人だけどね(笑)

         雀鬼




写真を見て、腕の細さに驚きました。 筋力に頼らない動きを会長に見せてもらってますし、 素人ながら興味が出てきました。
(恒)

自分は157cm,48kgですが 身長差18cmあるのに体重差はたったの2kgです。 その体でプロスポーツをやるのは想像つかないです。
(百武)

■2022年8月7日(日)その3 Vol.6934

味覚と嗅覚は、心配してた。
土曜日、相撲が不成立、今月2度目。 シャボがいないと成り立たない。
ていうことで目の前のうちわを使って、 感覚の動きをしたくなって、 深山、橋本、シャボの代わりに恒を入れて、 天狗のうちわのように、 色々な動きを作って遊ぶ。
しげるさんと、一緒にね。
3人も笑いながら、 動きが多いんで、汗だく。
恒には、シーサーの舞を作った(笑)
緒方がビデオで撮ったんで、 暇な時に、見て笑って、 味覚等取り戻して下さい。
シャボのところに送りましたからね。

         雀鬼




深山、橋本さんのように飛ばされるかと思いきや、 あれっ!?動けない、次の瞬間には舞ってました(笑) シャボさーん、映像楽しめましたか?、 でも、やっぱり生が最高なはず。 早く戻って来ないと、感覚なくなっても知りませんよ!
(恒)

まさに、天狗のうちわでした。 これは写真ではなく道場で生で見てほしいですが、 今はビデオで我慢してください。
(ナルコ)

シャボさんに送る映像を見ていたら、 笑いがとまらなくなってしましました(笑) シャボさん、そろそろ、見れましたでしょうか? 感想が待ち遠しいです。
(緒方)

うちわ一本であんなにも遊べるものですね。 シャボさんにも一緒に踊ってほしいです。 道場でその日をお待ちしております。
(しげる)

ご迷惑をおかけしてしまっているのに、 お心遣いありがとうございます。 画面から会長初め皆さんが声をかけて下さり 本当に嬉しく、会長のお気持ちと仲間の有り難さを感じました。 その場には居れませんでしたが、 いつもの放課後の感じを思い出していました。 新技で汗だくクタクタになりながらの お三方と会長とのやり取りに何度も笑ってしまいました(笑) 自分もまた感覚の仲間に混ぜてもらえるように 味覚と嗅覚だけでなく、 一番大切な感覚を取り戻して行けたらと思います。 会長、皆さんありがとうございました。
(シャボ)

天狗のうちわ、楽しかったですね〜! 自分は飛んで、サブマネは足が止まり、 永井さんは舞を踊る(笑) 3者3様で不思議ですが、 最後は3人まとめて会長に遊んでいただきました。 シャボさんだったらどうなるのか、 みんな楽しみにしてます。待ってますよ〜!
(深山)

■2022年8月7日(日)その2 Vol.6933

昨晩は、本人から、 破棄しちゃって下さい、というメールが来る前に、 俺が手料理をして、 暑い中、すき焼きにして食っちまったよ。
シャボには、悪かったけどな。 美味いか、まずいかは、それぞれ。
一方、早矢香からも、 フードサヤカさんから、 ローストビーフが届いていた。
これはね、俺でしょ。 その他の孫一家達に宅配して(笑) 一家一同で頂いちゃいます。
しかし、早矢香だけの名が 送り主に記されたのが、ちょっとな。
ともきの名が並んでなかったのが、 残念でした。
毎年、毎年、気遣いありがとうね(笑)

         雀鬼




すき焼きは、ごちゃ混ぜ煮のイメージでしたが、 シンプルな具材に、肉を1枚づつ丁寧に仕上げ、 ある程度お腹が膨れた所で一番美味しくなる、 他では味わえない、不思議で贅沢な食卓でした。
(恒)

■2022年8月7日(日) Vol.6932

朝日新聞の野郎、隠せなくなって、 2ページ目に自民党と統一教会の記事を 載せてやがった。
勝った、勝った、日本が又勝った。
あの第二次大戦の時に、 軍国主義に押さえつけられ、 嘘のニュースを流し、 結局、日本への大空襲や、 原発2つ落とされた。
責任は、報道にもあったこと、 忘れちまってよ。
宗教や、思想のタブーに 突っ込めない新聞も偽物だ!!
これからも国民を いいようにはぐらかす朝日を見てるぞ!!

         雀鬼




政治と宗教が結びついて大きくなっていき、 結局メディアもその類なんですね。 時には政権に批判的なことが書かれていても、 それすら政府の手の内だと聞いて、がく然としました。
(ナルコ)

記事を見た時に、今更な感じがしました。 結局は逮捕直後の供述通り、 報道の自由とか言っても、自分達の都合だったら、 詐欺と変わらない気がします。 一部の者の利益、思考で操られる社会は、昔から変わらないんですね。
(恒)

■2022年8月6日(土) Vol.6931

俺、ネットは開けないが、 そんなたぐいのところで、嘆願書とか、 大阪の方の拘置所に囲われているYくんに、 お金を寄付しましょうとか、 訴えが出ているらしいが。
それが誠なら、よき人も居るんだなー、 と思えるが、 それがオレオレ詐欺の流れだったら、危ねえよな。
そうそう、国葬なんて、 決してやらず、教会と議員達だけで、 勝手にやれば、いいんじゃねえかい。
早矢ちゃん、さやか肉ありがとうね。 俺、おいしく頂いちゃいますよ。
だが、先に送られて来た、 元道場生のお肉は、 なんの意味があるのか、あやしい。

         雀鬼




国葬の件、会長のご意見に納得です。 税金を無駄に、一部が儲かるように使われた事を、 世間では忘れられたのでしょうか。 儲かった者だけで、勝手にやってればと思ってしまいます。
(恒)

Yさん、一体どうなるでしょうか。 少しでも、軽い罪になってほしいと思います。 自民党を全員が支持しているわけではあるまいし、 国葬は本当におかしいです。 大きな功績を残したとも思えないのですが…。
(ナルコ)

新聞で、Yさんと自分の境遇が重なりました、とか、 20年間、家族のことをあきらめていたけど、 Yさんのおかげで、 教団のことを相談してみようと思いました、 等、コメントが出ていました。 現実の被害者の方々からすれば、 国葬なんて、たまったもんじゃないでしょうね。
(緒方)

■2022年8月4日(木)その2 Vol.6930

俺のローテーションでは、 本日は休日だったから、 孫達が我が家に何かを 持って来てくれようとしていたらしいが、 濃厚接触者として、家人が断りを入れたらしい。
豪雨地方の方々には申し訳ないが、 こっちは一雨降って、 あれほど嫌だった湿気が涼しさに変わり、 クーラーいらずの除湿だけ。
起きながら思う。 しげるさんや、BIGにお礼に参じなきゃ、 くさった男でも、男がすたる。
昨日より、行く気満々で、 仕度をしていると、 毎度、その日に電話をくれる、 平野の早矢チャンから、元気な声。
話が長引いたが、そうだ、と思い出す。 俺の周りのコロナ患者第1号は、 早矢香夫婦だった。
道場のドアをノックする。 どうにか入れてもらえた。
関係はねえが(笑) 今日が本当の俺の誕生日らしい。
何故か、それは昨晩終わったのに、 間抜けな者達が、昨日の倍以上居やがった。
しげる運動部長に、 シャボに一報入れたいんですが、 OKが出る。
孫は高熱続きで、くたばっていたが、 シャボの声はセキで喉をやられてはいたが、 熱は治っていた。
思った以上に、元気だったんで、 シャボを想うやからは、少し安心出来た。
今日来れたことで、 それを皆さんに伝えられたことが良かったこと。
高槻塾の山田んところからも、 プレゼントが届いていた。
本音を言えば、 物よりも山田達との触れ合いの方が、 嬉しいものなんです。
昔、俺が元気だった頃、 旅男3人でよく海外を旅した。
その中の祝くんより、 朝顔、風鈴、海、スイカ、カキ氷、 そんな季節に、生を得た会長に、 乾杯、乾杯、乾杯、乾杯、の一文。
これもいいもんですね。

         雀鬼




会長のお誕生日に現場に居られず 気持ちの部分でも弱ってしまっていた所に 会長よりお電話を頂き (しげる運動部長ありがとうございます) お声を聞かせて頂けた上に、 仲間達からも温かいお言葉をかけて頂き 本当にありがたかったです。 気持ちと行動で少しでも返していけるよう またやって行けたらと思います。 会長、皆様ありがとうございました。 そしてお孫さんの症状が1日でも早く治る事を願っています。
(シャボ)

昨日のご様子では、 今日は厳しいのかなと思っていましたが、 ドアのノックで会長がいらっしゃったことがすぐ分かりました。 皆で集まるのが難しい状況になっていますが、 気持ちのある方々には遠くからでも伝わってくるものがあります。
(BIG)

選択や行動は、出来ることならば、 心を入れてしたいと思います。 自分もドン底の時に、会長の電話に随分救って頂きました。 10年も前の話です。
(しげる)

あの日シャボさんの事が気になって方は、 会長が電話しているのを見たり、 少しでも声を届けられて安心したのかなと思います。 心あるつながりって体の距離は関係ないですね。
(深山)

例年通り出来ない事で、心を感じる2日間でした。
(恒)

■2022年8月4日(木) Vol.6929

シャボは居ねえが、 恒、ナルコ、しげるちゃん、BIG、 金子のジジイ、深山、橋本、緒方で、
「祝うなよ」
と厳命したのに、 ささいながら、それぞれが気遣ってくれた。
小さかったし、わずかばかりだったけど、 幸せでした。
アジのタタキに、 恒がわざわざ届けさせた、 俺の好むさつまあげ、 橋本の野郎は、俺が好む あの山梨のとうもろこしを知ってか、 スーパーでトウモロコシを買って来て茹でてくれる。 甘さは多少あったが、甘い水分が足りない。
小っこいケーキが4つ。 腹がいっぱいなんで、 サバランとチョコレートケーキをもらって帰る。
下戸の俺だが、サバランの下の方にある、 隠し味の酒の味を好む。
好きなタバコのために、 雀鬼とハッパが入った灰皿も、 恒から、おめでとうございます、 と渡されたが、 おめでとうはなし!!だろう、 と付け足す(笑)
いっぱいも体験したが、 わずかもいいもんです。 残すところ、わずかです。
ワタナベタクシーがバックレてたんで、 深山個人タクシーで帰る。
その寸前、カミナリが落ちて、 集中豪雨の中、走る。 5分したら、落ち着くよ。
家に着いた頃、 雨が上がっていた。 夜空に黄色い三日月が。
深山に色々、手伝ってもらったが、 やっぱり、ワタナベタクシーさんには、 かなわねえよな(笑)

         雀鬼




この度は弊社ドライバーからコロナ感染者が出してしまい、 日頃からご利用して頂いている桜井様には 大変なご迷惑をお掛けしてしまい誠に申し訳ございません。 ドライバーは回復に向かっておりますが、 もうしばらくの間ご不便をお掛けしてしまいます事 お許しくださいませ。 またご利用して頂けるようこれまで以上に 安心安全とサービスの向上に努めて参りますので、 今後ともよろしくお願い致します。
ワタナベ個人タクシー

この度はワタナベ個人タクシーの代走として、 使っていただきありがとうございます。 不慣れなところもあり、 桜井様にはご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありません。 ワタナベ個人タクシーと同じは無理でも、 改善できるところは改善していく所存ですので たまには使っていただけると幸いです。
(深山)

わずかでもって思って、 うっかり、おめでとうございますを言ってしまいました。 橋本さんの次々と打ってくる一手、 わずかばかりの日に合っている感じがしました。
(恒)

橋本の野郎のことだから、 まずいものでの嫌がらせを企てたんでしょう。 暇すぎて、ろくでもないことばっか考える奴なので、 皆さん、気を付けた方がいいですよ。
(さぶまね)

■2022年8月3日(水)その3 Vol.6928

韓国のあの宗教家一人に、 日本のトップを仕切る連中が、 総なめの大敗北。
北朝鮮のミサイルより、 韓国のたった一人の神を名乗る男に、 日本は全滅させられていた。
たった一人で向かって行ったあの青年、 司法の力で、まっとうだった精神を壊されて、 消されちまう。
観客無視のオリンピックが終わったと思ったら、 国葬かよ。
まさに死んでも国税に食らいついて、 儀式をやるって、 日本は異常だよなー。
俺も、その国の末端の国民です。 恥ずかしいやね。

         雀鬼




政治家との宗教の関係、 これだけ明らかになっているのに、政治家に反省なし、 批判する側も弱腰、 どんどん食い荒らされるだけな感じがします。
(恒)

■2022年8月3日(水)その2 Vol.6927

明日は、本当は俺の誕生日らしいが、 前もって、今年は集いや祝いは、
「中止な」
と厳命を出しておいた。
道場内で、色々やって来たが、 今は一つ一つ、ダメ出し。
それも人生・・・・・。

ひまなんで、麻雀一局だけ打った。 俺がトップで、2位が金子のジジイ。
それを見た橋本の野郎、 俺のこと、面と向かって、
「どこを取ってもボロボロだ」
当たっているだけに仕方ねえなー。

         雀鬼




毎年出来てた事が続けられないのは、 寂しく、情けない現状ですが、 気持ち一つで遠方から元気な姿を見せてくれる者が居てくれます。 ボロボロかも知れませんが、 まだ良い味が残ってますよね、橋本さん。
(恒)

恒さんの言う通り、 まだ良い味が残っていると、自分も思います! ただ、とぼけた橋本の野郎だけは、 ボロボロにしてやった方がいいと思います! あ、でも、奴も、すでにボロボロか(笑)
(さぶまね)

■2022年8月3日(水) Vol.6926

コロナの足音が近づいていると、 ちょっと前に書いたでしょう。
悪いことは当たるもの(笑)
何十年と付き合いがある会計士が、 コロナにかかって、 死にそうな思いをしたという。
道場でも、哲がかかり、 俺達、ほとんどが濃厚接触者。
昨晩遅く、緒方一人しか残ってない道場に、 何気なく連絡を入れると、 孫が高熱で倒れている、との報告。
昨日は、何気なく俺の手術をした、 大病院の若い先生を思い出し、電話を入れる。
2日前に、コロナから脱出出来て、 病院に戻ったという。
今日も孫に電話を入れると、 なかなか、つながらない。 何度目かで、相当苦しそうな声。
しゃべらないでいいよ。 寝てなさい。
病院も受け入れてくれないらしい。
その孫の、海での兄貴分だった、 シャボから電話。
シャボが何か言う前に、
「かかったか」
「ハイ」
陽性で、38度近い熱も出てるらしい。
彼の地で三年振りに祭りがあって、 3日間、準備等、手伝ったらしい。
コロナ禍の新記録が出てる中、 なんで、祭りなんかやるんだよ。
これも神社がらみか。
俺も念のため、抗原検査キットを、 家人にやってもらったら、 でっかい声で、
「お父さん、コロナだ!!」
家人が説明書だかを調べている内に、
「陰性らしい」
「どっちだ、しっかりしろよ」
と家人に求めることが、 すでにダメ。
忘れていたが、 牧野も夫婦でかかっていたっけな。
これからが伸び率があがる。 七波が終わった後、 もっと、危ない状態が襲ってくるんだろうな。

         雀鬼




早く症状が治まってくれればと思いますが、 治っても待機期間があり、もどかしいですね。 放課後では、運動部長が活きの良い魚を釣り上げていました。 毎回釣り方に変化があり、面白いです。 色んな獲物が釣れると楽しいですね。
(BIG)

表向きは国民の為、 裏では宗教絡みの利益優先、状況は悪くなる一方です。 濃厚接触者の集まりになってしまいましたが、 クラスターには繋がらず。 クーラーが壊れた道場内は扇風機フル稼働で換気は完璧。 会長の元でというのはありますが、何か納得してしまいました。 不都合が良い効果に繋がるもんですね。
(恒)

会長、皆さんご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。 自分以上にお孫さんが苦しんでいると聞いて心配ですし、 代われるものなら…と思いますが 今の自分の状態が情けないです。 早く道場に行けるよう体調を戻さなければと思います。
(シャボ)

シャボさんと、その弟分のお孫さんまで感染してしまいました。 もっとひどい状況になる前でよかったのかもしれませんが…。 世界中で広まっている以上、逃れる術はなさそうです。
(ナルコ)

■2022年7月31日(日)その4 Vol.6925

新型コロナウイルスの自宅療養者等の人数が、 全国で160万人台に増えたらしい。
余りよい話とは言えないね。
そんな折、吉報が届く。 長寿国と言われるニッポンの平均寿命が、 10年ぶりに下がったという。 男性は81才ぐらい。
俺なんて、後2年ぐらいかなー、と思ってたから、 平均的な人生を送ってこなかった俺の割には、 けっこうな事だと思います。

         雀鬼




コロナの影響もあって平均寿命下がったという話ですが、 予測ではまた伸びていくようです。 世界一の高齢化社会とか、 あまり長生きしたいとは思えないです。 
(恒)

■2022年7月31日(日)その3 Vol.6924

ヒマラヤの山脈、8000mクラスの山が、 エベレストを始め、14座ある。
俺、この間、知ったんだが、 その14座を過去に登り切った記録は、 7年半をかけてのこと。
それだけでも凄えこと。 一座登頂するだけでも、 大金がかかり、準備期間も長期にわたる。
世界中のあちこちから、 登山者が集まってくるのに、 ネパールでは、それらしき人は陰に隠れている。
それをだね、ネパールの若者が、 ならば、俺がネパール人のために、 7ヶ月で14座を登頂しちまう、 という大ぼらのようなことを述べてしまう。
一応、スポンサーを探すが、 そんな馬鹿な、全くの不可能、 と取り合ってくれない。
ならば、と夫人に、
「自分の家を抵当に入れて・・・」
夫人も勇気ある方、
「いいわよ」
と笑顔でOKを出す。
その登山家は、6ヶ月とちょっとで、 成功させちまう。
今日日、ろくな男が居ない中、 凄え男を知った。
俺もよ、思えば、人生の中で、 小っこいながら、家庭という14座を、 半世紀かけて、いまだ登攀中。
多分、最後の一座は、死だな(笑)

         雀鬼




山が教えてくれる、 人間は山より大きな存在ではないとコメントが出ていて、 会長から伺っている話と似ているって思いました。 その場にいるだけで死を感じそうな環境、 不眠で連続制覇なんて、全く想像も出来ません。
(恒)

一つの山を登るのでさえ、 準備期間も含めて半年位かかるのに、 その半年で14座を登頂してしまう。 本人の中には、ある程度確信的なものがあったかも知れませんが、 常識人にはホラにしか聞こえなかったでしょうね。 リスクを楽しんでしまう方々は スポーツマンとは違うものを感じます。
(しげる)

このネパール人の方は、 他にもとんでもないことを成し遂げていて、 まさに超人だと思いました。 会長の行く道も険しく、僕には想像も出来ません。
(ナルコ)

14座のような厳しい登山だと、 自分の身を守るのが最優先とされるらしいのですが、 この方は毎度のように遭難者を助けていて、 自分のチャレンジに囚われないで 自分の信念で登山をされていたり、 新しいチャレンジにどんどん挑戦したりと この方の逸話は凄いものばりです。
(深山)

■2022年7月31日(日)その2 Vol.6923

その後、自室に入って、 クーラーで涼むか、と思ったら、 なんと、クーラーの調子がおかしい。
これは、俺には無理だ、 と思いながら、何度か、脚立に登ったりして、 やってみたが、時がたつだけ。
冷房のある部屋に移動しようと思ったが、 やっぱり、自室が慣れ親しんでいる。
32度の中、少し休んじまって、 昼になって、道場に助け舟を求めて、 連絡を入れる。
緒方が出る。 どうも、外に居る感じ。
「今、どこよ」
「駅の近くです」
「ああそう」
頼みづらかったが、 緒方に電車に乗って来てもらって、 家人が駅まで車を出す。
それから、汗だくになった緒方が、 直しに入ってくれる。
俺は何の役にも立たないけど、 近くで、緒方の作業を見ていた。
おかげで涼しい風が流れて助かった。

         雀鬼




熱中症気味なのも治ってないのに、 一晩中32℃で・・・。 慣れ親しんでいるお部屋とはいえ、本当に危ないです。 こちらは、駅への送り迎えまでして頂きまして、助かりました。 色々と、たまたまタイミングがよく、 そんな中、多少なりとも、お役に立ててよかったです。
(緒方)

■2022年7月31日(日) Vol.6922

孫が2泊した時、 重いバッグを7個ぐらいかついで来る。 中身は、ノートパソコンや、 けっこう難しい本ばかり。
今の彼には、バッグと本が友人らしい(笑)
中学二年生らしいが、 パラっと並んだ書物を見ると、 心理学、微分積分、哲学、量子論、対学、 相対性理論とか、 俺からすれば、半世紀も前に、 不純ながら、点数を取るために、通り過ぎた過去。
それが不思議なことに、 身近なところに、 そういった学問が転がっているのを、 改めて、俺なりに理解出来た。
当然、孫が先生で、俺が生徒という関係性かな。
一つの部分に夢中だったら、 オタクかマニアで、嫌なものを感じるが、 幅が広いんで、楽しめた。
その後、重たいリュックを担いだ孫に、
「ぶち当たってみな」
重たい衝撃を受ける。 その後、やられた場合の対処を教えたり、 体捌きも体験させる。
何故か、習いが良くて、 教えた捌きをすぐに返してくる。
一時間半ぐらいやったかな。 やられる側の俺の体が、 アッチコッチ痛え。 両足の親指の爪も割れていた(笑)
彼は、一時間で確実に強くなっていた。

         雀鬼




自分は何度習っても喜劇にしかなりません。
(恒)

会長の手解きを素直に吸収できるのは、 やはり血筋でしょうか。 深いテーマで会長とおしゃべりをしているそうで、 とても中学生とは思えないです。
(ナルコ)

自分もバッグを全部担がせてもらいましたが、 大人1人おんぶしているくらいの重さがありました。 そのバッグの中には 自分には全くついていけない分野の本が一杯(笑) 知識だけ詰め込んで頭でっかちではなく、 要所をちゃんととらえていたり、 体捌きや海でも魚を突いたりと 「コツ」をつかむのが上手なんだと思います。 やはり会長の血が流れているんですね。
(シャボ)

■2022年7月27日(水) Vol.6921

道場が始動して34年。
今は無き、俺が指導した 厳しい雀鬼会が無くなって、
「どうでもいいよ風」
に変わっちまって、 月例会も、もう最後かなー、 と思っている今日この頃の中、 それを一番感じた橋本が、 実力を出してくれた。
「いつまでもあると思うな、親と金」
道場は俺の生命線だったが、 それも・・・・。
最初、みんなで作ったものが、 一つ一つと尽きて行く。 俺一代の雀鬼流も乏しくなっている。
ウータンが引きこもり最中の中、 メールをくれたが、 ウータンが来る頃には、 ここはねえかも知んねえぞ。
これ、マジのお話です。

         雀鬼




普段は何時まで出来るか、 厳しい現状を考えてしまう事もありますが、 会長を中心とした触れ合いが始まると、 そんな事忘れてしまう空間が出来たりします。 道場がなくなったら…前向きな想像は出来ないですし、 今やれる事探していきたいです。
(恒)

まさに、マジのお話、ですね。 ここまで、月例会に関して、ふれてこなかったですが、 会長には、自分の腹ん中がバレバレで、 当然でありつつも、ちょっとビックリもしました(笑) 正直、月例会の日は、最初から、そういった気持があり、 順位戦の時から、勝とうとか、一歩引こうとか思うこともなく、 ただ、そのまんま打っていました。 でも、月例会で、両横綱や運動部長と同卓した時は、 ちょこちょこと、心が揺らぎました(笑)
(橋本)

いつまでもあると思うな雀鬼会。 難しいことではなく、 初歩的なことが出来ていないのが現状です。 教わったことや指摘されたこと、 感じたことを忘れてしまっては意味がありません。 改めて反省しています。
(ナルコ)

道場に居ても、その時々で起きたことや、 やる事に対してどう感じるか、 どういう気持ちで行動するかで大きな違いがなあると思います。 「いつまでもあると思うな…」 自分の役目を果たせるよう 気持ちと行動を修正して行かなければと思います。
(シャボ)

最近の現状を見ていると、 厳しいなぁと思うことがあります。 いつまでという事はありますが、下向かないよう 前向いて、やれる事やって楽しんでいければと思います。
(深山)

■2022年7月24日(日)その2 Vol.6920

月例会の方は、 実力トップの橋本が1位で、 俺がしげるさんに迷惑をかけながら打って、ぶらさがり。 3着に遠方組の芹澤くん、4位に深山。 次に、せこい麻雀を残しちまった鉄人組の百武、 とまあまあの人選。
大相撲の方は、逸ノ城が優勝。 笑顔なし、おとなしい優勝者アイサツ。 ある意味、期待を裏切らない(笑)
道場も、みんな話ベタで、 楽しい話がなかなか出ないんで、 俺、声も出なかったのに、 一人でテンション上げて飛ばす。
みんなが帰った頃、 もう声も出ねえよ(笑)

         雀鬼




最終戦でヘタ打ってしまいました。 卓上相撲も含めて修正していきます。 月例後は会長のトークで逸ノ城、やり投げ、 天丼を食べたなど話題につきませんでした。 これからは麻雀、相撲、海、しゃべりの4拍子が必要です。
(百武)

会長の卓は、賑やかで笑いが絶えなかったです。 体調が優れないからこその姿を見せて頂きました。 活を入れて変わっていかねばと思います。
(恒)

ちょっとしたお話の一つや二つ、 出来ないとカッコ悪いですね。 独り言を言っている場合じゃありません。
(ナルコ)

■2022年7月24日(日) Vol.6919

昨晩は俺、ワクチンの予約を 入れられていたでしょう。
だから、相撲の本場所はなしだ、と思っていたら、 そうは許さず、しげる運動部長が、 さぁ、帰ろうかという3時頃、
「やります」
と来た。
ならば、承知つかまつりました、 と気持ちを切り替え、 最初の一周を成したが、 何故か、いつもより荒々しい動きをしている自分(笑)
結局、シャボ横綱が、3戦全勝、 今月に入って、7週全勝、強過ぎ。
深山が7人抜き、 しげる運動部長が4人抜き、 いつもより、暑過ぎるんで、 早目に締める。
結局、朝帰り。 2時間ほど休んで、 ワクチンを打ちに行く準備をしていたが、 なんか流れが悪く感じて、 家人に断りの一報を入れてもらう。
だってよ、お相撲さんも準備万全にして、 場所を迎えたはずなのに、 100人以上がコロナに引っかかっている。
意味ねえじゃん。 その上で、副作用が出ているらしい。 それも遅れてやってくる副作用は、多分危ない。
俺が4回目に行かなきゃ、 多分、道場性も行く者が減っちゃうと思う。
責任、重いなー(笑)

         雀鬼




最初は感染予防、重症化を抑える方向に変わって、 4回目は効果が確認出来てない、 今の株に合わないとなれば、 打ちたくないとなる人が増えても当然かと思います。 副反応の危険性が報道されないのも気になりますが。
(恒)

いつもより早めに取り組みを終え、 その後はしげる運動部長が感覚の釣りを披露して下さり、 タコになった自分も釣り上げられました(笑) ワクチンも毎回受けていれば 必ず効果があるという訳ではないでしょうし、 これからも5回目、6回目と続くと思うので、 その都度受けるべきかどうか判断していかなければと思います。
(シャボ)

確か、コロナワクチンは危険だ、 という内容の本を鵜呑みにしているというか、 しきりに宣伝する人がいて、 それなら打ってやろう、という感じで打ち始めたのでしたね。 会長が責任を感じる必要はないと思いますが、 打つ理由は無くなりました。
(ナルコ)

■2022年7月23日(土) Vol.6918

スペインや、ポルトガルで、 気候変動が起きて、 温度が47度とか上がって、 死者が1700人ぐらい出ているらしい。
日本でも40度を超えた場があったよな。 地球温暖化で、確実に人間が犠牲になる。
その上で、コロナも東京が3万人超えで、 全国でも新記録が出たらしい。 8月に向かって、その数も増えるって。
家人が今日、
「明日、4度目のワクチンよ」
と俺の存じぬところで準備されている。
ちょっと待てよ、 明日って、月例会が入ってんじゃねえのかよ。 困ったもんだ!!
体がジメジメしている。 この暑さで、扇風機頼りじゃ、 仕方あんめえ。

         雀鬼




人間が豊かさを求めて、進歩、発展してきた歪みは、 どんどん大きくなっています。 温暖化にコロナ、それとはまた違う災難が起きるのも、 時間の問題なのかな、と思います。
(ナルコ)

コロナできつい体験した人でも、 3回目以降のワクチンを敬遠する話聞いたりしますが、 嫌がらせのようなタイミング、理解出来ません。 温暖化対策、仕事でも議論に上がったりしますが、 危機感が足りないような気がします。
(恒)

こんなタイミングでワクチンなんて・・・・。 会長は、行くだけでも、かったるいはずですし、 その後の月例会、最近の体調を思えば、 せめて副反応が出なければいいのですが。
(緒方)

■2022年7月20日(水) Vol.6917

コロナ数が、東京で2万、神奈川で1万越え。
前までは、その足音が遠かったが、 今回ばかりは、忍び寄る足音を 近くに感じるようになっている。
小児病院やクリニックのベッドが、 超満員らしい。
やはり、子供達が犠牲になっちまう。 今日日の世の常なりき。
道場はクーラーが故障で、 扇風機2台で、暑さを耐えている。
これじゃ、熱中症になるわな。

         雀鬼




救急車の稼働も98%、道場生の近くでも、 コロナの話を聞く事が多くなってきました。 熱中症ぐらいで済めば良いですが… 今の20分の1以下の感染で、制限はいろいろあったのに、 何の説明もなく、今は制限なし。 行政のやっている事には全く納得感がないです。 国葬より、やるべき事がありそうですが。
(恒)

会長がおっしゃっていた通りに、 年遅れで、感染者が当時の欧米並みのペースになりました。 国でもっと子供たちをカバー出来ないもんでしょうか。 道場の暑さは、会長の体調にもご負担をおかけしてますし、 毎日のように来ている道場生には、申し訳なさもあり、 見ていて、かわいそうに思えてしまったりもあります。 早く、クーラーが確保できるといいのですが・・・。
(緒方)

最近のコロナ禍は、一気に数が増えていて、 道場生の周辺でも広がりを見せています。 僕たち以上に、子供達は 不安やストレスを感じているのではないか、と思います。
(ナルコ)

■2022年7月17日(日) Vol.6916

人員不足で、週末のお相撲公式戦は不成立!!
でも、なんかやらねばと、 恒の怪我の具合を確かめる意味もあって、 異なったやり方で、少しだけ取り組んだ。
1度目は、横綱の深山が優勝したが、 2度目の対戦は、 何故か大横綱のシャボが敗北。
こういう取り組みじゃ、 勝ち負けは、俺の一存で決まっちまう(笑)
前頭のBIGが優勝。
まあ少しでも動けて良かった。
誰かから送られてきた、 人を殺せるナタで、
「いつ何時でも」
と切り込ませて、 無刃取り、やっちゃった(笑)

         雀鬼




こういう取組では、 公式戦では考えられない結果が出て面白いですね。 大横綱にはいつも一瞬で押し出されているのに、 何かが起こりそうな気がすることがあります。 優勝決定戦では笑っている間に 大横綱が飛んでいってしまいました。
(BIG)

有難い事に、会長、仲間の気遣いがあって、 怪我人の自分でも相撲取らせて頂きました。 何かあったら対応出来るような態勢で 実施される道場相撲ですが、 写真の一番では何故か誰もカバーに入ってません(笑)
(恒)

自分とBIGの取り組みはお互い勝っても負けても1秒勝負。 ここぞッて時のBIGは人が変わったように強いです!(笑)
(シャボ)

■2022年7月16日(土) Vol.6915

俺の頭がおかしいのか、 元・総理、討殺の時、 この子だけは正直で、 周りの団体や大人達が嘘だらけだ、 と瞬間、感じてしまった。
今でも、容疑者を思うと、 差し入れに行きたくなったり、 容疑者と語り合いたい気持になる。
一発目の暴発気味の中、 総理の周りに居た者は、 そろって自分の命を守って、 直ぐに身を伏せていて、 総理の方に目を向ける者もいなかった。
真ん中に総理だけ突っ立って、 何事かと、音や煙の立つ中を振り向いて、 2発目で崩れ落ちた。
ガードする者もいなければ、 流れ弾に当った者もいない。 現場が示す。
警官らしき者が容疑者に近づくが、 上半身に恐る恐る触れているだけ。
自転車に乗ったお年寄りが逃げもせず、 側で平気な顔で眺めていた。
今、スマホ時代だから、 現場にいた人達が、 その状況をカメラに収めていたから、 隠しようがない。
周りの社会人は保身で精一杯。
俺は、違った意味で、 社会の人々の動きを眺めている。

         雀鬼




身の危険が迫って、建前がバレてしまいましたね。 保身や他人事の態度だらけで、嫌なものです。 せめて仲間とは素直と勇気のつながりを続けていきたいです。
(BIG)

危機的な状況だからこそ、 その人の本性が出てしまうと思いました。 元・総理の取巻きに本当の関係性なんて全くないです。 会見までやった教団まで嘘だらけでした。 容疑者になってしまったあの子の怒りや悲しみに 世の中がもっと気付くべきです。
(百武)

一発目の元総理の反応、自転車のオジサン、 殺人現場の割に危機感のない感じがしました。 犯人捕らえた後も複数犯人への対応が出来てない と外国の警備会社からダメだし。 日本の弱さをさらけ出しているようでした。
(恒)

自分達の保身や利害関係ばかりを考えて コメントしている大人達や報道の仕方次第でも 印象や情報も操作されてしまっているようで、 どちらが本当の被害者、加害者なのか? 起きた事の表側だけでなくその裏側にある事まで、 会長のように何物にもとらわれずに観れる目がなければ 本当の事は見えてこないのだと思います。
(シャボ)

■2022年7月10日(日)その2 Vol.6914

テレビのワイドショーで、 知識人達が、いいようにコメントを出していた。
その中で、こんな時だからこそ、 民主主義国家の国民として、 一票入れなきゃならない。
行かない人は、心が無い欠落人間だ、 に近いことを述べていた。
俺、その一言を聞いて、 心の無い方を選んだ。
暴力は最大の蛮行行為だ、 と言葉を並べていた。
その割にプーチンからも、 弔電が入ったって、凄いですよね。
だってさぁ、今、まさにプーチンは、 大暴力を行使中じゃん。
暴力をでっかくして国中でやれば、戦争じゃん。 そのための準備をして、 大金使って、武器を買い集めてるのは、 現政府じゃん。

         雀鬼




当事者の言葉をそっちのけにして、 誰かの書いたシナリオに沿って コメントをしているように思えて仕方がありません。 触れられない所、責めても差し障りの無い所が分かって、 学びがあります。
(BIG)

国であれば武器を持って 戦争しても正義のように扱われる、 そこに違和感を感じる人はどれぐらい居るのでしょうか。 道場内は心ない者ばかりでしたが、 投票に行った家の者に知識人の話をしたら、 何それって感じでした。 弔い合戦とか報道もありましたが、 意味不明に思えてしまいます。
(恒)

出てくるコメントは揃って「綺麗事」のように聞こえてしまいます。 起こってる事、やってる事の矛盾に違和感を感じれる人、 それを言える人って中々いないものなんですかね。
(深山)

■2022年7月10日(日) Vol.6913

昨晩は、余り暑かなかったが、 運動部長の指示で相撲が始まる。
全員倒すと、「見」にいったん入り、 次の一周を待って、再出場して、 を繰り返すルール。
シャボ大横綱一人で、また強くなったのか、 出れば全勝を、5度成す。
反面、周りが怪我があったり、 前より力が出せない者が増えた感。
ほぼ一人相撲。
深山も久し振りに、 勝ち点がつく4人斬りが出来なかった。
四人目に当たるのが、 シャボじゃ、厳しいやね。
そんなシャボや、深山とやる時は、 いつ何時でも、かかってらっしゃい、 とやってたが、 今日は、俺の方から、立ち合いと同時に、 コンニチワ、と挨拶をすると、 彼等は床に何度も転がっていた(笑)
7月場所の出足から、シャボ49p、 2位の深山で10pと、 2人だけ2ケタ台だった。
さっき、 昨晩の相撲の後の状態どうよ、 と尋ねる。
怪我人だった恒は痛みなしだが、 ナルコは筋肉痛らしい。
おかしいよ、 俺なんて、やる前はイスから立ち上がれず、 ふらつき状態から入るが、 終わってみれば、温泉に入るより、 体が楽になっている。
この違いは、なんなの。 今度、孫に聞いてみよう。

         雀鬼




相撲も感覚の動きも、 出来る人と出来ない人の差が広がってしまっています。 道場にしか無いもの、 せめてひとつでも出来るようになりたいです。 力相撲は疲れますし、お互いが危なくなることもあります。 「こんにちは」で勝負がつけば、その心配もありません。
(ナルコ)

1日遅れの筋肉痛はありますが、 お陰様で怪我を悪化させる事なく、 相撲を取らせて頂きました。 相撲後に体の使い方を教えて貰った影響もあるのでしょうか。 習慣的な体の使い方で負担を大きくして、 更に体を痛める悪循環、会長の場合、逆の事が起きていて、 一般的な習慣から外れる事で、大きな違いがあります。
(恒)

捌き、感覚、体使いは面白いし、難しいですね。 僕らはどうしても「力相撲」になって、 体痛めたり怪我したりしてしまいます。 会長は、その逆で動かないところから動くように 体使いの一端に触れさせていただいてるので、 少しでも活かしたいです。
(深山)

会長から「コンニチワ」とご挨拶を頂き、 自分も「コンニチワ」と言おうとしたら 会長に触れられてもいないのに 前のめりに転がっていました。 挨拶で転がされるって何なんでしょうね(笑)
(シャボ)

■2022年7月9日(土) Vol.6912

たまたま病院の帰りに、 選挙カーの上に立って演説している者を、 さらりと眺めた。
自分の言葉で語らず、 スマホを片手に、 練習したものを読み上げていた。
同じジャンバーを着込んで、 ただ、ぶらぶらしている。
前の方はガラ空きで、 駅の構内の下で聞いている人は、 ちゃんと聞いている様子。
俺、その党に知り合いが新人で出馬したんで、 少しだけ、興味があったが、 そいつの話を聞いている内に、 この党もダメだ、となる。
昼頃、たまたまテレビをつけた時間に、 最長の総理期間をやれた、 今はその党の第一党の派閥になった人が、 演説の台に立ち、 四方八方というより、両脇に向かって、 演説を始め出した。
後ろ側に立つ後援者達の、 陰に隠れた男の目に、不審を感じた。
一旦、その場から消えて、右側に回って、 バックから出したビデオカメラを撮り出した。 周りはスマホで撮る人、報道カメラが少数いた。
ボーンっという花火のような音がして、 煙が上がる。
その男、ビデオカメラにしては、 前面に2筒が見れた。
誰も気づかぬ中で、 2つ目のボーン。
大きな事件が起きていた。
少し前まで、長年、日本のトップにいた人が、 数m近くから狙われるっていうことは、 一般市民なんか、 わけなく、そういう事件に巻き込まれる。 恐ろしいこったですね。
誰一人、その瞬間にガードに立つ者がいないって、 何なのかなー。

         雀鬼




警備の薄さは指摘されてましたが、 一発目の後にもう少し何とかなりそうに見えました。 動機の要因となった宗教の話も詳細の報道なく、 民主主義の言葉が繰り返される割に、 いろいろな事が隠されているように感じます。
(恒)

一見して武器に見えなかったとしても、 簡単に至近距離まで近づけてしまうのは、 いかがなものかと思います。 巻き込まれた人がいなかったのが救いでしょうか。
(ナルコ)

今回のことで、こっそり武器を・・・、 と刺激を受ける人が、潜在的に広まりそうな気がします。 実際に広まっているアメリカや世界各地での事件を思えば、 その筒の向かう先は・・・・・。恐ろしいです。
(緒方)

■2022年7月6日(水) Vol.6911

都心のホテル内の病院。 エコーの検査も入るんで、 前日から、食べ物、飲み物の制約が入る。
人生初のペットボトルの水を、 ベッドの脇に置いて、飲んだが、 朝まで飲んで、半分しか減らない。 なんか俺には口に合わない。
町田駅で緒方と会い、 やっと、濃いお茶を飲むと、 いつも以上に美味く感じた。
水筒の中に、濃いお茶で作った氷を 入れてくれたらしい。 帰りまで、そのボトルで済ます。
駅に戻ると、毎度の恒と哲が居て、 ユンケルとコーラを頂く。
今日は道場は無理かなー、 と出る時思った。
やっぱり道場着まではいいんだが、
「鍼灸院、整形外科と接骨院と3ケ所行って、  どこからも原因不明と言われた」
と、俺に聞こえるように話していた恒大将。
確かに右腕が真横までも上がらず、 激痛の顔をしている姿を見ると、 明らかにおかしい。
哲を肩係として、前面を任し、 バックヤードは橋本が守る。
一つ一つ、嫌なところを見つけて、 一時間半以上かけて、
「手当」
その恒が、
「ハイル・ヒットラー」
と声を出しながら、 腕を何回も上に上げて、
「面白い」
と笑ってやがる。
冗談じゃねえ、 俺の方が病院帰りの身だっていうのによ。
3ケ所の専門医にさじを投げられた恒ちゃん。 もう通院しなくていいからね(笑)

         雀鬼




病院帰りの会長が 専門医3ヵ所にさじを投げられた永井さんの手当てを…。 前回は「きらきら星」、今回は「ハイル・ヒットラー」 って…めちゃめちゃ腕上がってるじゃないですか! 永井さん、いい加減にして下さいよ(笑)
(シャボ)

病院を3ヶ所回って辿り着いたのが、なぜか雀荘(笑) 最初はあれだけ痛がってたのに 最後は笑いながら腕を上げていました。 やっぱり今回も仮病だったんでしょうか(笑)
(哲)

専門医の方々、悪い感じはしなかったですが、 症例がないと何も出来ないようです。 感覚の仲まがサポートに加わって下さり進む手当て、 首に痛み、アゴの下に苦しみのポイントがあって、 軽くほぐしただけで、苦しみが消えて、 思わず面白いって言っちゃいました(笑)。 医療関係者の相方からは、 最初から会長に診て貰えばと言われましたが… 嫌な疲れがあるタイミングで申し訳ありません。 診療所ではない事を認識して通わせて貰います。
(恒)

専門医にさじを投げられた症状が、 1度だけ、2時間前後の手当で改善し、 しかも通院の必要もないとくれば、 これはもう、通院したくなりますね(笑)
(橋本)

■2022年7月3日(日)その2 Vol.6910

すみませんねえ、この時期になると、 色々な方々から、お品が送られてくる。 知人でない一般の方からもね。
まとめて、 まとめちゃいけねえんですが(笑)、 御礼申し上げ候う。
武器は送らないで下さい。
あの最高級のお肉、俺の物と思いつつ、 ワタナベさんに、お世話になりっぱなしなんで、 出掛けに一枚の肉を味付けせず、調理して、 2人で半分こにして頂いちゃいました。
たまには、よろしいことがあっても、 いいよね(笑)

         雀鬼




会長のレポートから、 ステーキが食べたいって思ってましたが… ワタナベさんに良い事があって、何よりです!!
(恒)

会長へのお気持ちと伴に、たくさんのお品が届く中、 武器だけは未だに違和感が残りますね。 最高級のお肉をわざわざ会長が調理して下さり、 美味しく頂いた上にスタミナまでつけさせて頂きました。 ごちそうさまでした。 これだからタクシー運転手はやめられません(笑)
(シャボ)

■2022年7月3日(日) Vol.6909

運動部長のリスクを取る判断で、 怪我人、頭痛持ち、痔の辛さ、等々と、 万全な者がいない中の、 深夜、いや、朝方からの運動に混ぜてもらった。
60代の中に(笑) 80近くの爺が混っちゃダメですよね。
熱中症で脳をやられたのか、 ニュートン、ノーベル、微分や積分の動きを、 体で俺なりにやっちまった。
これって狂だよな(笑)
でも、階段を数段上がるのが辛かった体が、 スタスタと上がれた。
毎度のことながら、 ワタナベタクシーさんに送ってもらい、 一度止めたら言うことを聞かなくなったクーラーを、 運転手さんが、束の間の手当をしてくれる。
運転手さんが持って来てくれた、 大谷選手をはじめとした大リーガーの動きを観る。
折れたバットが、ショートの位置まで、 ボールと同時に飛んでくる。
普通、避けるか、逃げるよな。 折れた方の部分が刺さったら、刃と一緒。
それでもボールに近づく根性、チームのためにね。 ある意味、ホームランより人間力を示す。
2人で大リーガーの名シーンを観戦している間に、 クーラーから程良い冷風が流れる。
その後、風呂へ入って、 その場に危なさを感じた、 運転手さんが持って来てくれた、 病院で使うような風呂用のイスを使って洗う。 思った以上に楽チンだった。
すみませんね、一人で何も出来ず、 周りの人達の手助けで、 どうにか、どうにか・・・・・

         雀鬼




会長以外の者が微分とか言い出したら、 耳を塞ぐがも知れません(笑) 去年ぐらいから大リーグを観るようになりましたが、 思ってたより仲間思いで、舐められないように 体張ったりする姿を見かけます。 体格の違いもあるのか、 日本のプロ野球が高校野球のように見えちゃいますが、 心意気が残っててくれてたらと思います。
(恒)

ご自宅でのご不便や大変さを 少しでも減らせたらと思うのですが、 機械に弱かったりと、 なかなか何でも屋さんの様にはいきません(笑) 会長のお話しを聞かせて頂きながら、 観させて頂く大リーグは自分の一時の楽しみです。 でも長居は無用ですね(笑)
(シャボ)

学校の勉強よりも難しいお話があり、 そこからの微分の体捌きでした。 階段をスタスタと上がれたから悪いことではない気もしますが、 やっぱり狂なんですね。
(ナルコ)

■2022年7月2日(土)その4 Vol.6908

恒の右指、しげるの首、 シャボの腰回りと、痛いところだらけ。
俺も熱中症中ってことで、 運動部長に、
「本日はいかがですか」
といつもなら、終わっている時間に尋ねる。
「2度目の不成立」
と出ると思っていたら、 そうは問屋は卸さず、
「それでは、わずかばかりで・・・・」
シャボが29pと、 深山が9p、部長が2p、 イカサマ相撲ありの原発のオジキまで、 ポイントを上げていた。
5時半です。 帰りましょう。
自室のクーラーは大丈夫かいなー。

         雀鬼




体調、環境、時間帯、 不成立の要因はいろいろ有りながらも、 やりますの一言。 万全なんか待ってられないのが、道場らしいです。 自分も自分自身に制約かけながら、 相手に気を使わせながらでしたが、 信頼出来る仲間が居るから出来る事ですね。
(恒)

近頃の暑さに加え、皆どこかしら痛めていたり、 具合があまり良くなかったりと 高齢化が進む(笑)道場ではありますが、 しげる運動部長ご自身の体調がよろしくない中でも 「少しやります」とのお言葉。 不成立にはならず、怪我もなく終われて一安心です。 自室のクーラーも熱中症ぎみなのか、 調子が悪くなったり、動いてくれたりでいまだ心配ですね。
(シャボ)

今日はやらないかも、と思いましたが…。 そんなに甘くないですね。 会長の手当てを受けたしげるさんの動きは、 普段と一味違いました。
(ナルコ)

道場も皆60代になり、 痛いのかゆいのと嫌になってしまいますが、 そうかといって不成立にもできず決行してしまいました。 時間切れが正解でしたかね? 冷房病で首が固まってしまいましたが、 会長をはじめ、シャボさん、深山さんに 治療して頂いたおかげで、いつもより調子が良くなりました。 有難うございました。
(しげる)

■2022年7月2日(土)その3 Vol.6907

昨日の夕暮れ時、外から電話。
「宅急便です」
「ホレよ、玄関に行って」
家人の手に小荷物が。
すぐにピーンと来た。 あのO社長殿からだ。
松坂牛が届いた。
一枚の肉に触れちまう。
昨日も、孫達にステーキを焼いてあげたんだが、 これは、俺が食うもん(笑)
家人には任せられず、 我が手で焼き上げ、早速、頂いちまう。
口の中で本物の肉の味が滴る。
この暑さで、体力的にもピッタシの、 スタミナ食を味わっちゃいました。
出逢って何十年か経つ、 O社長の心遣いの味を・・・・・。

         雀鬼




話を聞いた事があるだけですが、 長く続く良縁と会長の手入れにより、 美味しく食べられたなら良かったなって思います。 熱中症気味で体調が心配されるタイミングで感じられる繋がり、 良縁だからこそでしょうか。
(恒)

写真は、別荘でお肉を焼いて下さった会長です。 会長の焼かれるステーキは絶品なんですが、 さらに、それがO社長様の心の入ったお肉ともなれば、 最高のタッグですね!
(緒方)

■2022年7月2日(土)その2 Vol.6906

日本のトップクラスのカメラマンの長尾迪さんから、 格闘家の写真集が届いていた。
パラっとめくると、リング上で闘う選手の 躍動感が溢れる写真が飛び込んで来る。
動きを瞬間にカメラに収める長尾さんの写真。 リング上の選手が、頭の先から足の先まで、 全体を瞬時に使っている姿が写っている。
何かの取材で、アメリカの サンタモニカ・ビーチの近くの丘に建つ、 ヒクソンの家に行った時、 同行して写真を撮ってくれた方。
流石と言っちゃ軽いが、ナイスショットですね。

         雀鬼




写真集、少し拝見させて貰いましたが、 人の心が入った絵のように感じました。 格闘技関連は好んで情報集めたりしますが、 他の雑誌等ではこのような写真見た事ありません。
(恒)

■2022年7月2日(土) Vol.6905

追い込まれる夢を見ていた。 嫌な夢だ、と起きてみると、自室が暑い。 室温をのぞいたら、32度を表していた(笑)
クーラーのトラブルってことで、 緒方が、脚立を買って、駆けつけてくれる。
緒方が点検してくれている間、 2つ先の部屋に逃げ込み、 ソファに座ってクーラーにあたる。
冷たい風が気持よかったと思っていたら、 今度は、体が一気に寒気を感じて、 ヒートテックやシャツを羽織った上に ガウンも着たが、寒い。 今度は、隣の部屋に逃げ込んで、布団にくるまる。
ドアを閉めて、 冷たい風を入れなかったら、 すぐにジメジメした暑さを感じる。
暑かったり、寒かったり、 丁度いい加減っていうのが作れない(笑)
その日は、日本の4ヶ所の場で、 40度を示したという。
熱中症を感じながら、 来週には、熱いコンクリート生活の 都心の病院へ行かなきゃならない。
嫌なことって、すごく早く来るんだよね。

         雀鬼




環境が悪夢を見せてたのでしょうか。 最悪の状況にならず、一先ずという感じですが。 楽しみは待ち遠しかったりしますが、 嫌な事は重なったりしますね。 コロナも増えて来てますし、 十分気をつけて頂けたらと思います。
(恒)

ご自宅で会長は、暑い暑いが、 一瞬で、寒い寒いとなったりの繰り返しで、 また、体もなかなか動かせずで、大変な状態でした。 こんなお体の状態で、猛暑の中の病院、 う〜ん、余計に危ない気がします。 涼しくなるまで延期、ではダメでしょうか?
(緒方)

僕は、窓を開けたまま冷房をかけています。 熱気と冷気が混じって、ちょうどいい感じがします。 会長が病院へ行く日、 少しでも暑さがやわらいでくれればいいのですが…。
(ナルコ)

■2022年6月29日(水)その2 Vol.6904

道場の本相撲の方じゃ、
「指が折れた」
と周りを騒がし、心配させた恒大将は、 卓上相撲の方は、32連覇と、 圧倒的な強さを続けている。
鉄人の百武が勝ち越し、 施設長のウータンも勝ち越しして、 また姿を消しちゃったらしい。
副将のナルちゃんが5勝10敗と大敗。 昔の弱かったナルちゃんに戻っちゃったのかなー。
深海のアンコウだよ、 と恒大将の一言通りになっちゃったね。

         雀鬼




恒さんは利き手ではない左手で打って 成績を残すのはすごいことだと思います。 施設長のウータンだけは例外ですが。 自分の方は会長から○○○に感覚を入れて頂いてから なぜか麻雀の調子が良くなりました。 三場所連続10勝は初めてです。 このまま好調をキープ出来るかは哲しだいです。(笑)
(百武)

この状況で姿を消すウータン、 施設長として貫禄を見せてくれますね。 アンコウは鍋で美味しく食べられる事を 道場で知りました。 と言う訳でナルちゃん、よろしく〜
(恒)

戻ってしまった、とは思いたくないですが、 アンコウのごとく沈んでしまいました。 本当のお相撲さんではありませんが、 一局一局しっかり打たなければ、と思います。
(ナルコ)

■2022年6月29日(水) Vol.6903

今日も40度が出たらしい。 中国大陸の内陸の熱い大きな塊が見えた。
ずーっと、九州が水責めだったが、 今は珍しく、北海道に大雨が降って、 川が増水しているらしい。
普通に変化していた四季が、 混乱してますね。
それと同時に、そこで生きる人間達も、 頭が混乱している人が続出。
俺なんかでも、それを感じるし、 先日なっちまった熱中症らしきものを、 引きずっている感がある。
我が家のクーラーは、 俺の取り扱いの間違いで、 熱い日を何日も過ごしちゃったんですが、 道場のクーラーは、故障中らしいから、 熱いこと、熱いこと(笑)

         雀鬼




梅雨が最短で明けたようで、 10年で1日、季節がずれている話を聞いたりもします。 ずれた環境の中で、頭のずれている人間が 増えてしまっているんでしょうか。 この時期の道場の環境は厳しいです。 海の近くに避難したい所ですが…
(恒)

自分の頭も、混乱しっぱなしですが、 道場のクーラーも壊れっぱなしなら、 会長のご自宅のクーラーも、 取り扱いの間違いだけじゃない故障もあって、 危険な夏になっています。 会長もみんなも、どうにか気をつけていかないとです。
(緒方)

■2022年6月26日(日)その2 Vol.6902

恒さん、手当てが終わって、 一応、薬指と小指も、やんわり固定して、 三角巾で腕をふんわり包む。
見た目は結構な負傷兵の姿(笑)
その後、俺、イスに座ったまんまで、 深山とシャボに当たりをしてもらう。
なんの当たりも感じないまんま、 5〜6回づつ、2m近く離れたソファーの上に、 2人は飛ぶ。
そこでなー、 三角巾をした恒大将も呼び、 さぁ、かかってこいや。
けが人も飛んだが。 恒さんは楽しそうに笑っていた。
3人伴、どこも痛かぁなかったよね(笑)
「心一つ、だよな」

         雀鬼




全く痛み無しでした! 不安より、こんな状況で飛ばされている事が 楽しくなってましたね。 会長との触れ合いだから出来る体験です。 暫くは不便な生活かと思いきや、 日常生活に問題なし、 ネットで調べたら回復まで1〜2週間でしたが… お騒がせしました。
(恒)

手当てして頂いた数分後には 自分達だけでなく怪我した永井さんも 会長にすっ飛ばされている、しかも笑いながら… 道場らしいですね(笑) こういった怪我一つで損したとか、 トラウマになってしまう人もいるようですが、 永井大将は笑顔ですっ飛ばされた翌日には、 三角巾もテーピングも外して 「きらきら星」を踊っていました(笑) 気持ち一つですね。
(シャボ)

次の日には、下の写真のようになりました。 前日の脱臼に仮病疑惑があがっております(笑)が、 わずか一日でここまで良くなって、良かったです。
(緒方)





■2022年6月26日(日) Vol.6901

俺って、かなり馬鹿っていうか、 遅れ者なんです。
だってさ、日本中、猛暑に入ったのに、 こりゃ冷房だ、 と暖房から冷房に切り替えたまではいいんだが、 何か、部屋が蒸し風呂みたいになって、 この冷房、調子悪いんだ、と思って、 その蒸し暑さの中で過ごしていた。
昨晩、相撲をやって、 大切な大将の小指がぐにゃりと曲がり、脱臼状態。 周りは病院だどうだと、騒いている。
少したって、面倒だが(笑) どうよ、と指を感覚で触れる。
ポイントをいくつか見つけ、 曲がった指の下に、俺の指を入れて、 支えるように手当てしてみる。
俺、なんの資格もねえんで、 本当はシロウトが手を出しちゃいけないはずなのに、 数分、触れていると、少しずつ指が伸びて来ていた。
あれほど痛かった指から、 ほとんど痛みが引くのが分かり、 3回ぐらい指先が、ポキ、ポキと、 小さい戻る音を感じる。
一緒に、両横綱とナルちゃんも、 手当に付き合ってくれた。
相撲の方は、30度近いのに、 厳しいしげる運動部長のお達しで、
「やります」
の一言。
正直、俺、少し熱中症っぽかったが・・・・。
シャボ大横綱は、その暑さの中でも40ポイント、 深山も右肩を負傷中の中、12勝の2ケタ、 運動部長が1p、 負傷した恒大将が3p、 残り10名近くが0ポイント。
しげるさん、あってのこと。

         雀鬼




会長あっての道場相撲です。 自分は役割を頂いてやらしてもらっているだけです。 今年はラニーニャ現象で これまでにないくらいの猛暑になりそうです。 熱中症には気を付けていきましょう。
(しげる)

勝つほど出番が増えて、ケガのリスクも大きくなります。 いつも万全とは言えない中、 それでもポイントを取り続けているシャボさん達は凄いです。 永井さんの手当てを少しお手伝い。 ポイントを押さえることで、 自然にポキポキ、と入っていく様子を見せてもらいました。 ふつう、こうはいかないのだろうな、と思いました。
(ナルコ)

家電をよく知らないと、そんな使い方もするんだと、 何か納得してしまいました。 指は見るのも嫌な程変形していて、 初めて骨折したかと思いました。 脱臼は治す時も凄く痛いとの話でしたが、 手当ての間は痛みに少し触れた程度。 家に帰って話をしたら、 医者と友達が治そうとして、酷い目にあったそうで… 素人による手当てながら自分は恵まれてます。 会長を素人と呼ぶのも、ちょっと抵抗ありますが(笑)
(恒)

永井大将の指を見て、 これは病院に行かれた方が良いのでは…と思いましたが、 会長の手当てで十数分くらいで、 ほぼ元の状態に戻っていました。 患部だけではなく、2、3ヶ所ポイントを押さえて 会長の感覚と捌きでの手当て、 目の前で永井さんの指が伸びて 元に戻っていくのを目の当たりにしました。 なかなか真似できる事ではないですが、 感覚と捌きの大切さ凄さを感じさせて頂きました。 雀鬼流は楽しさだけでなく、厳しさも大切である事を しげる運動部長は実体験でご存知で、 その時々で状況判断をした上での「やります」だと思います。 これからも怪我に注意しながら皆でやって行けたらと思います。
(シャボ)

■2022年6月25日(土) Vol.6900

今日も暑かったなあー。
群馬の前橋では、40度が出たらしい。 猛暑だね。
俺の部屋も、 ちょっと前まで暖房頼りだったが、 冷房に切り替える。
手入れしてないんで、冷風が来ず、 扇風機を回しても、熱いこと。 珍しく寝汗をかいていた。
どうも熱中症気味。 テレビで流れる
「熱中症にお気をつけて」
が、今年は実感される。
俺って、長年、都会の暑さを嫌って、 海の近くに移動して、ひと夏を過ごしていたが、 今年で、それも切れそう。
危いすね(笑)

         雀鬼




梅雨が一休みで、暫く猛暑日が続くようで、 かんかん照りを見ていると、 道場の仲間との海を思い出したりします。 熱中症対策で、別荘計画を立てても良いのではないでしょうか。
(恒)

冷房は間違えて、温度を上げる方のボタンを 押してしまっていたようで、 下げる方を押したら ちゃんと冷たい風が出ていたので、 故障ではなく一安心です(笑) でも最近の暑さは本当に危険ですし、 かといって冷房に当たりすぎていても、 体を冷やして体調を崩すこともあるので 注意しなければなりません。 年々厳しくなっている所もありますが、 今年も僅な間でも会長と仲間達とともに 海での時間を過ごせたらと思います。
(シャボ)

危険な暑さ、冷房に頼らざるを得ない季節がやって来ました。 それと同時に、海の季節でもあります。 会長にとって、海は何よりの薬なのですが…。
(ナルコ)

■2022年6月22日(水) Vol.6899

誰かが道場ノートに、 父の日は、父に感謝する日、 と書いてくれていた割りには、 あの日、俺、一日中、 コキ使われた感があった(笑)
まあ、父の日じゃなくて、 爺じの日なんですけどね。
土、日と2日間、 フルに心身を使った、というより、 よき仲間達が居てこそ、 そういう場が自然に出来たんだよな。
夕方頃に体が温かくなって、 俺、帰る頃まで、上半身裸だった。
何度か、
「会長、冷えませんか」
気遣い掛けちまったが、 湿気熱っていうのか、 体が蒸し上がっていた。
日曜日の昼から、 何だかんだで、やりっ放しだったが、 ほとんどの者が帰った後も、 恒大将、ナルコ、深山、熊公と、 ブラックな残業で、 ボクシングのマネごとまでして遊んじまった。
いい加減にしなよ、とシャボに叱られて、 やっと帰る気がした。
我が家に着いたら、 なんか足が重たく感じたが、 まだ疲れを感じなかった。
風呂に入り、湯船につかっていると、 足は伸ばしてるのに、 頭だけが後ろに倒れる。
その瞬間は気が遠くなった感があって、 これって、もしかして危ないことじゃないかな、 と思いつつ、風呂から出るのが面倒で、 七回ぐらい、そんな状態になっていた。
今、聞いたところ、 それって、熱中症じゃないですか、 と恒大将のお言葉。
初めての体験だったが、 そうかも知れない、と納得。
その後、眠ればいいのに、 ウータンが持って来てくれた、 古く、画質も悪いDVDを鑑賞。
朝5時になって、 危ない、スポーツ新聞を買おう、 と近くのコンビニまで、 ふらつきながら行っちまう。
店員さんから、 新聞は4時頃には戻しました。
残念。

         雀鬼




毎年の事ながら…すみません。 やはり会長のサービス精神には誰も勝てません。 残業のボクシングは、子供のケンカ風ながらも、 口の中切ったりしてました(笑)。 打ち方や避け方に関して、会長独特の指導があって、 驚きや感動はあってもブラックではないかと。 ご自宅に帰られてからの時間軸に大分ズレがあるようでした。 再び始まったウータンの懲らしめも無関係ではないと思います。
(恒)

お風呂でのお話を聞いていて、 かなり危ない気がしました。 しばらくしてから、お風呂から上がることが出来たこと、 その後に、何かあったわけではないとのことで、 ホッとしました。 でも、まさか、そんな状態で、 さらにコンビニまで行かれるなんて! そんなに動き続けられて大丈夫なんでしょうか。
(緒方)

■2022年6月19日(日) Vol.6898

今日は父の日ってことで、 高槻勢を交えて遊ぶ。
シャボより、 たまには山田マネージャーより先に来て、 お迎えしなさいというお達し。
当然の義理事と受け止め、 昨日は1時間、今日は2時間休んで、 昼にはシャボに迎えに来てもらう。
先ず、一応、麻雀を3半荘打って、 次は相撲の対抗戦をやっている内に、 どうせ疲れてんだから、 もうちょっと、いっちまえってことで、 2度目の相撲の100人斬りをやっちまう。

         雀鬼




毎週末の放課後に全員斬りされてますが、 この日はいつもの倍近い人数、 危なっかしい人も居ましたね。 特に初めて体験した方は 良い思い出になったんじゃないでしょうか。 自分は中学生の時に父親に相撲で勝つ事が出来ましたが、 今日も触れる事さえ出来ず… 父親らしく出来てないと話されてましたが、 一生勝てる気がしません。
(恒)

1時にシャボさんが道場にいなかったので、 これは会長は早くこられるなと思いました。 麻雀に相撲と一通り終わった後はお孫さんも来て、 別荘の夜のように感じてしまいました。
(しげる)

会長のマネージャーに対する行動、 自分には足りない 男の義理や筋と言うものを学ばせて頂きました。 高槻の方々も含めほぼ全員参加での会長の百人斬り、 簡単にやれる事ではないのですが…(笑) 皆にとって楽しい思い出を作って下さり ありがとうございました。
(シャボ)

お昼から会長が来られて、 漢の筋を通されるところから1日が始まりました。 高槻の皆さんを交えての百人斬り。 感覚がある人には、 より特別な1日になったのではないか、と思います。
(ナルコ)

■2022年6月18日(土) Vol.6897

宇佐美殿の山梨の実家から、 毎年、楽しみな、とうもろこしが届く。
舌が味を覚えている程、 これが、おいしいんだよな。
ずーと、お嬢さんが作って下さっていたんだが、 今年は、どなたがお作りになったのかなー。
たかが、とうもろこし、 されど、とうもろこしだが、 味わいが異なる気がした。
山の松茸も、天候によって、 名人と言われる方が採っても、違うもんなー。
山梨ったら、ぶどうやりんご。 戦国武将の武田信玄が好んだと言われる、 あわびの煮つけ、これも旨いんですよね。
明日は、父の日、月例会に、 高槻の山田マネが、また来てくれるらしい。

         雀鬼




宇佐美さんのとうもろこし、 こんなに美味しいもんなんだって思った記憶があります。 味音痴の道場生がちゃんと判別出来るかですが… 出身地の名産の話にもなりましたが、 意外にぱっと出てこない感じでした。
(恒)

■2022年6月15日(水) Vol.6896

家ん中に居ると、体が冷える。 暖房を入れたり、消したり。
外を歩く人達も、半袖の人もいたが、 若い人達もパーカーを羽織っていた。
体調に異和感を感じつつ、道場へ。 車の所へ迎えに出てくれた橋本に向かって、 第一声が、
「生きていたの」
「まあ、どうにか」
と返してくる。
俺、朝方、孫を襲うライオンと闘っている夢を見た。
孫を奴が体の下で押さえつけ、 骨を噛んでいる音を聞き、 飛び掛かって、顔を殴りつけるが、 全然、効かない。
次の場面で、何故か、俺、 包丁らしきものを持っていて、 ライオンの前足2本を叩き切り、 腹の下に潜って、 刃で奴の腹を刺し、一文字に切り裂くと、 ドタンと倒れるライオン。
次の場面は、手術中の病室の前の 長イスに座っている俺。
そんな夢を見たんで、橋本に
「生きていたのか」
と問うたんだね。
夢の中のライオンとのタイマンじゃ、 俺、怪我なしだったが、 それが現実だったら、俺だって命を・・・・。
不吉な夢じゃなくて、 何か良い方向に転がらんとする気分だった。

         雀鬼




始めに夢のお話を聞かせて頂いた時は お孫さんがライオンに…だったので 悪夢のように感じていましたが、 良い方に転がるかも知れないという事で ホッとすると共にそうなって欲しいと思いました。 夢の中とは言えライオンに立ち向かって行って倒してしまう、 会長なら現実でも…と思ってしまいます(笑)
(シャボ)

挨拶代わりみたいな軽い感じではないとは思いましたが、 そういうことだったのですね。 シャボさん同様、お話を最後まで聞いてホッとしました。 ライオンと闘うのは、会長とシャボさんでジャングルに行ったら、 お土産話の1つとしてありそうですね。 ライオンがヘッドをカジっている隙に倒したとか(笑)
(橋本)

凄い夢という事で、何かと戦う話かと思い、 ライオンまでは何故が思い浮かびましたが、 お孫さんの状況は… 極限まで行くと変化が起きるって事かと思いました。
(恒)

■2022年6月12日(日)その2 Vol.6895

病院の帰り、病院裏の 用水路の中に潜むコイを眺める。
一時ながめて、場を少し動いて、 たばこで一服して、向こう側を見たら、 俺の姿を何枚も写真に撮っている人がいて、 その人が又、南アメリカのアルゼンチンの プロのカメラマンらしく、 通じ合える範囲で少し語る。
そこで、我が家に帰ってから、 同じように俺を取り続けていた、 北村・元カメラマンに、久し振りの電話を入れる。
奴とは久し振りで、 あれほど好きだった酒も、今は飲めないらしい。
思えば、かつて、 竹書房の後援で、新宿で俺の写真展を、 俺やゲストのトークショー付きで、やったっけな。
多くの一般の方に来て頂いて、 2日間、思ったより盛り上がったっけな。
北村は、日本は北から南まで、 海外でも写真を撮ってくれたんだが、 今は、腐った奴等と触れ合ってるんで、 来る必要なし!!

         雀鬼




会長のお話では、その方は山や田んぼといった、 日本の原風景を3年も撮り続けているそうです。 そうした景色と会長を一緒に写真に収める辺り、 センスのいい方なのだな、と思いました。
(ナルコ)

その道のプロなら、 作品として収めたくなるのでしょうか。 自然を感じたとの事で、 素人にはない感覚だと思いました。 会長の写真と言えばでしたが… 写真展で購入した物は、 20年以上自分の部屋に飾らせて貰ってます。 変わらない事もありますが、 いろんな変化を感じてしまいます。
(恒)

■2022年6月12日(日) Vol.6894

シャボと伴に、男2人で食料品の買い出し。 男2人だと、いと侘しい(笑)
シャボは、地元で時々、買い出しに行くのが、 気晴らしになるという。
人それぞれだね。
大きな袋に2袋も買っちまう。 俺の好むものを選んで、 いまだ
「御三どん」
を続行中。
一人暮らしをしたことがない俺には、 やっぱ合わねえなー。
この頃さあ、シャボが我が家に上がってくれて、 色々と世話をしてくれる。
それがあって、俺一人になると、 凄えギャップを感じるんだよなー。

         雀鬼




会長には気晴らしどころか おっくうなことですね(笑) 自分は勝手に上がり込んでいるだけで、 お世話と言う程の事はできていませんが、 会長が道場にいらっしゃる時とご自宅でのギャップは 少なからず感じてしまいます。
(シャボ)

■2022年6月11日(土) Vol.6893

今月、ひと場所空いて、 今日が道場相撲初日。
片方の横綱深山、 肩回りをひねって、途中休場したが、 踏ん張って、5人斬り。
その分、兄貴分のシャボ横綱、 全取組、全員抜き5週の全勝。
いつもより、さらに強し。
茨城の「原子の子」の金子が、 初めて、ポイントを上げた。
オール、勝ち星無しは、 数学の先生だけになっちまった。
先生、体格もよし、84kgもあるのに、 いまだに後ろへ戻ることしかやらない。
深山の体が良くならないと、 相撲が半減しちゃう。

         雀鬼




真っ当に勝負が道場の基本ですが、 金子のオジキは何でもアリ。 それでも数ヶ月かかって、初ポイント! 次の目標は横綱、 2対1で組むぐらいの感じで狙って行きましょう。
(恒)

今週は無事本場所をむかえられましたが、 横綱の深山が先週痛めた肩が治りきらず途中休場。 それでも横綱の意地を見せて5ポイント、 自分も深山の分も…と言う気持ちになりました。 でも横綱が一人居ないと面白さや見所、 楽しみが減ってしまいますね。 無理せずにですが、早く良くなって欲しいです。 4ヶ月目にして遂に金子さんが初ポイントで0点組を脱出! 盛り上がりましたね(笑)
(シャボ)

シャボさんが来れないときは 深山さんが踏ん張ったりと、二人の関係性はいいですね。 深山さんは仕事がら、体を使わないわけにはいかず、 悪化しないか心配です。 金子のおじきがついに…! 奇襲が公認されている、 おじきならではの白星でした(笑)。
(ナルコ)

■2022年6月8日(水) Vol.6892

一般のNさん、俺の好みを知って、 くじらびと、のDVD、ありがとうね。
まぁ、正直に申しますと、 このDVD、道場生の百武くんが、 発売と同時に持ってきてくれて、 自然や海が好きな者で回し見しています。
付け足しですが、 俺、若い頃、DVDの場ではないですが、 小っこい島へ行って、島民と親しくなって、 モリ打ちで小舟に乗せてもらったことがあった。
その島では浅場の砂地の上で、 子供達が細い足場から海中の魚に向かって、 モリを突いて、遊んでいた。
俺にもやらして、 と子供の仲間に入れてもらって、 ひと刺し、さしたら、 その力加減で、小っこい舟がひっくり返って、 子供達に笑われた。
2度目には、コツをつかんで、 魚をひと突きで捕えると、 また、子供達が笑ってくれた。
多分、そこは子供等の遊び場、 練習場に、現地の大人の人達より、 頭ひとつ分ぐらいでかい俺が混じったんで、 おかしかったんだよな。
舟に乗ることを許してくれた島民に混じって、 先モリ役をやったが、 一発でうまくいくはずもなく、 ショッパさを体験した。
半世紀も前の体験でした。

         雀鬼




※写真は暗いところを潜る会長です!  みなさん、分かりますか?

一般のNさん、心遣いありがとうございます。 くじらびとは発売前にネットで注文していました。 DVDには現代人にはマネ出来ない 人間本来の自然と共に生きる姿が映し出されていました。 ただ、宗教など文明的なものがなければ もっと良いのにとも思いました。 会長の体験は島民から信頼されないと出来ないものです。 道場生レベルではうらやましい話です。
(百武)

くじらびと、僕も観させていただきました。 銛を突かれた鯨が暴れて、 大きな渦が出来るシーンは迫力がありました。 船大工のおじいさんが、一番印象に残っています。
(ナルコ)

会長が失敗するなんてって思いましたが、 映像を観ると、船先に立つだけでも難しそうに感じました。 子供達に混ざって、 上手くいっても、上手くいかなくても子供には笑いのネタ。 何か納得してしまいました。 獲物を協力して獲り、分け合う野生動物のような生活、 余計な争い事なんか起きないんだろうなって思いました。
(恒)

■2022年6月4日(土)その3 Vol.6891

六月度の相撲対決、一期目
ウータン施設長、バックレのため、 運動部長より、
本日、
不成立!!
残念。

         雀鬼




この放課後相撲も、 道場に残ったYの字のつながりが集まって成り立っています。 お互いに関心を持って、楽しみの棒を伸ばしていきたいです。
(BIG)

また寝坊かな…
(恒)

こういう形での不成立、残念です。 不成立を宣言しなければならない、 しげる運転部長も悲しく、お辛いと思います。 今の道場、良くも悪くも一人、一人の存在が大きいので 互いに良い刺激をしながら 悪い方、弱い方に流されないよう気を付けなければと思います。
(シャボ)

会長、運動部長、皆さん、 申し訳ありませんでした。 数日考えていましたが、 今回は自分は参加資格がないと思いました。 条件を満たせるように、 やっていきたいと思います。
(歌田)

施設長だけでなく、 施設員もほぼ休んでしまうのがある意味凄いです。
おい、歌田!
(ナルコ)

参加人数が少なくても 放課後相撲を開催することは出来ますが、 それだと少人数に負担がかかるのは普段の道場と同じです。 そのため今回は不成立としました。 施設の方は良きにつけ、悪しきにつけ 自分の存在を考えて頂ければと思います。
(しげる)

■2022年6月4日(土)その2 Vol.6890

音楽から、エデンの東の古い映画を、 深山が持って来てくれた。
観たが、映画の方は、制作に無理があって、 ビクターヤングの元曲が薄れちゃってた。
佳作だな。
もう一本、 「シェーン」も観た。
こっちの方は、ビクターヤングが、 音楽やプロデュースにも関わっていた。
ビクターヤングらしい、 大平原の中に、小さな川が流れる音が・・・。
都会と違って、 喧騒の騒々しさとも違って、 かつての大平原は音一つない静かさ、 その中に流れる唄って、俺好みなんです。
1950年代の映画、古いよな。

         雀鬼




自分も映画の「エデンの東」を初めて観ましたが、 曲の方を先に聴いていたので、思っていた感じではなく 劇中に流れるエデンの東も ビクター・ヤングのCDで聴くのとは違い、 味気無くちょっと残念でした。 「シェーン」の方は少しだけ観せて頂きましたが、 音楽との感じも合っていて観るのが楽しみです。
(シャボ)

父親の趣味が、こんな形で役立つとは思いもせず、 なんか、ありがたいですね。 会長から曲を聞かせていただいて、 昔の曲の方がシンプルで、耳に入ってきやすいなぁと感じます。 色々入ってくると、複雑化しちゃうのかなと思います。
(深山)

■2022年6月4日(土) Vol.6889

兵庫県のEさん、メールありがとう。
「変わり続ける毎日」
確かに、人生っていうか、運命も、 日々、わずかばかりでも変化してますよね。
「流れ中で、一瞬、交差するだけですが」
そうですね。 人との関係性って、 ]の字のごとく、一瞬の出会いもあれば、 Yの字のごとく、 触れ合って長く持つ御縁もありますよね。
俺、思うに、Yの字の下に伸びた棒が、 ひん曲がったら、 その縁も、隠れちゃいますよね。
真っすぐ素直に伸びることで、 正否に関わらず、
「素直」
なら、互いに信頼を感じて、 よろしいんじゃないか、 と思っちょります。
その棒が、 欲や、オタクや、マニアであっちゃ、 ダメですけどね。

         雀鬼




1人で居るとブレブレになりそうな時ありますが、 会長との触れ合いで、いつの間にか嫌な事忘れて、 僅かな良縁を続けさせて貰ってます。 良い時、悪い時あるんでしょうが、 素直になれない人が離れていったりしますね。 素直に向き合って、お互い笑い合える関係続けていきたいです。
(恒)

簡単な図で表した人の関係性を、 改めて教えていただいたのですが、 結構いろんな意味があって、 すべてわかったわけではありませんが、 学びになったと思います。
(ナルコ)

会長から、XYのお話を聞いたときに、 あぁ、自分はYの下の棒が曲がってしまってるんだ、 と思いました。 Yの字に近づけるように、 雀鬼流の大切な、素直、を思い出していきたいです。
(緒方)

■2022年6月2日(水) Vol.6888





俺がシャシャリ出て、 恒さんの奥方にお持ちした芍薬の花。
見てよ、左は奥方の部屋で、 美しく咲き誇る芍薬の花。
そのあくる日は、恒さんの部屋で、 たった一日で黒んずんじまっている芍薬。
美しさって、持たないのかな。
現実に生きている俺達、 社会の人々の心の中も、 この花と同じだよ、 教えてくれてるんかもなー。
なんてったって、 花瓶なしのグラス差しが、 恒ちゃん家っぽさを表わしている。

         雀鬼


見頃、食べ頃、自然界の生き物たちは常に変化していますね。 今の花が萎れて枯れても、 また新しい花がどこかで咲いているんですね。 ちなみに、僕の住まいにはグラスすらありません(笑)。
(ナルコ)

花が開き、更に綺麗な感じになったので、 写真に残そうと思ってたら既に… 確かに出会った頃と今では大分印象が違います(笑)。 良い変化は大変なのに、 悪い変化は簡単に起きてしまう気がします。 グラス差し、少し気になってましたが、 やはり気付かれちゃいますね。
(恒)

■2022年5月29日(日)その2 Vol.6887

先日、一家で食事に来てくれた、 道場生には人気のファミリー。
俺が座イスに座って作る俺の手料理を、
「これ、うめえ!!」
と食らいついてくれる一家。
パパがポツンと述べる。
「孫娘が近々に誕生日なんですよ」
その言葉が引っかかっていて、 その場は、この俺の手料理がプレゼントだよ、 と返しておいたが、 何か買ってやりたくなっていた。
今日の新聞のチラシの中に、 金や石のアクセサリーが折り込んであった。
ネックレスあたりを、もう欲しがる年頃かな、 と思いつつ、品揃えを眺める。
その時、そういえば、 昨晩、馬券を買ったことある者を尋ねたら、 少数が手を挙げる。 家の子達はマジメなんだよな。
そこで、明日はダービーだ、 という話が出たのを思い出し、 俺流のやり方で、 たまには馬券を買ってみるか。
配当でプレゼントを買ってやるか、 という不純な気持が出て、 5〜6分、検討したら、頭は13番が出た。 対抗は、と探すと、3番と18番が残った。
的中してたが、買わなくてよかったよ(笑)
その分、心残りだった、 絶世の美女を自ら名乗る、恒大将の奥方に、 シャボの気遣いで買いに行けて、 御屋敷まで男2人でお届けに伺えて、
「よかった、よかった(笑)」

         雀鬼




馬券の当て方を、 ちょっぴり会長が話してくれましたが…、 やっぱり真似出来ないですね(笑)。 大将の奥方、花を飾った写真をメールで送ってくれました。 自分にふさわしい花を贈られて、嬉しかったのでしょう。
(ナルコ)

お二人の心遣いに、 なんの気遣いもなかったようで… ご機嫌の様子だった絶世の美女(自称)、 変化があるかもという事でしたが、 一晩寝たら、ほぼ元通りでした。
(恒)

三大美女の方に会長がご自宅まで行かれて芍薬をプレゼント。 芍薬の効果なのか、会長のお気持ちが届いたのか、 いつもの毒気(笑)が抜けて 帰る時もベランダまで出てきてお見送りしてくれて、 いい感じの奥方になっていました(笑) 「よかった、よかった」ですね(笑)
(シャボ)

■2022年5月29日(日) Vol.6886

昨晩は、道場相撲の方の千秋楽。
それなりの年齢になったシャボ横綱の 太モモや尻回りが大きくなっている。 これが女性だったら、俺の好みなんですけどね。
日増しに体が重くなりました、と言いながらも、 3周を3回取って、38pをたたく。 まあ、ホームランバッターだね。
一日休場があっても、 今月の総計も116斬りで100アップ。 ダントツに強いやね。
2位は、もう一人の横綱の深山が総合66p。 2人は、俺のために立ち合ってくれる。 これが程良い運動になるんだよな。
2ケタ取れたのは、 患者さん達の上に立つ施設長のウータンに、 恒大将と運動部長のしげるちゃんだけ。
それ以下は、一週目で6p取って、 後の3週は0点だったオーメン・ナルコ。
一ヶ月、4週があって、ゼロ勝って、 男子としての恥を知れよ。
100勝越えてもいれば、0勝組も居るって、 格差が大きいよな。

         雀鬼




0の方が多いのは、確かにかっこ悪いです。 最近、動きが悪いので、後退するのではなく、 取り戻していかないといけないですね。
(ナルコ)

何もしないと言いながら施設長を勤めるウータン、 何かを狙う視線が時々… 自分の連続銅メダルは阻止され、 ウータンを叱咤していたナルコはオーメンへ。 やられる方がショッパイですが、 突然変貌する患者さん達との接触は要注意です。
(恒)

ポイントは取れてはいますが、 腹や太ももに無駄な肉が付いてきて、 足腰にも負担が来やすくなって来ました。 これが老いなんですね(笑) 女性だったら魅力的な体になって来ているんですけどね(笑) ちょっと体が重いです。
(シャボ)

■2022年5月28日(土) Vol.6885

今日は駅前のスーパーに買い物。 俺が好むものを選んで回る。 出来合いのものより、 少しでも手をいれるものが、やっぱり旨い。
レジを終えて、花屋さんの前を通る。
「あれれ、シャクヤクだ」
花を余り好まない俺でも、 シャクヤクだけは輝いて見える。
シャクヤクったら恒の奥方。 買いたくなった、その美女のために。
でも、運転手が家人じゃ、 また何だかんだになっちまうんで、 買えなかったが、少し心残りだった。 これマジでね(笑)
今日は珍しくマスクして入った。 その姿があやしい奴に見えたのか、 何人かの女性に振り向き顔された。
迎えに出てくれた緒方に、
「今は患者さん何人いるの」
「自分を混ぜて3人です」
確かに居ましたね(笑)
その後、2人増えて、今は5人か。 俺はギリギリセーフらしいが、 本当かな・・・・・
卓上番付の方は、恒大将が30回連続優勝。

         雀鬼




すみません、三大美女です(自称)。 家で話をしたら、 私が美しいから思い出したの?って事でした… 実際に花を贈られた時の反応は見てみたかったです。 卓上場所も33場所、一年半近くほぼ休みなし、 気持ちある姿を見せる者が居たから続けられましたね。 壁にならないとって思ってやってきましたが、 最近は圧倒される時もあり、良い変化を感じたりします。
(恒)

世界三大美女にぴったりのシャクヤク、 タイミング悪く買えなかったのは残念ですね。 永井さんの30連勝この先どこまで伸びるのか? この記録は抜かれないんじゃないでしょうか? いつも道場を見てくださっている永井さんやサブマネを ガクッとさせないよう自分も含め 施設にお世話にならないようやっていきたいです。
(シャボ)

久々に、まともに答えられました。よかった〜。 自分含め、患者たちの様子を見るに、 会長の施設入りは全然まだまだだと思いますが、 会長は危うさを感じるからこそ、 修正、対応が出来るのかなーと思います。 僕ら施設員は、折角みんなに色々教えてもらっても、 なかなか自覚も修正も難しいです。
(緒方)

■2022年5月25日(水) Vol.6884

この頃、気に入った音楽を聴いている。
楽器だけで作られているいる曲、 それも3名ぐらいでね。
ヴィクター・ヤングのエデンの東、 俺の人生は、この音楽から始まった、 と言っても過言でない。
1955年ぐらいの名曲、 アメリカの荒野を背景に、 ギターで川の清流が流れている。
所々に遠慮がちにバスが静かに短音で、 間奏の真ん中辺りに、 ゆったりしたピアノの音が流れる。
楽器は息継ぎがないからいいが、 それに合わして口ずさむと、 人間は息を吸うんで、ついていけない。
俺の死んだ時、 その曲を流してくれるってさぁ(笑)
同じ曲でも、多人数のオーケストラで聞くと、 楽器が多くて、かえって邪魔している。 いい加減なオーケストラだから、 耳に嫌な圧力を感じて、耳が痛む。
静かに、静かに、 一人で聴いていたい曲なんだよな。 この曲を聴くと、 心を洗われたような気分になれる。
俺、やっぱロックとかジャズもダメかも知んない。 やっぱカントリーが合っているのかなー。

         雀鬼




ロックを聴いている人が問題起こしているのを思い出しました。 狂わせる要素があるんでしょうか。 カントリーを初めて知りましたが、 仕事の合間に聴いたら、心が落ち着き、 情景が思い浮かぶのは不思議でした。
(恒)

自分の様な心の汚れた人間も 会長とエデンの東を一緒に聴かせて頂いている時は 心を洗われている気分になります(笑) たくさんの楽器を使えば良いというものではなく、 シンプルだからこそ その曲の本当の良さを感じれるということもあるのですね。
(シャボ)

エデンの東、 今までちゃんと聴いたことはなかったのですが、いい曲でした。 自然の情景までは感じ取れませんでしたが、 かたや頭がパンクするような音楽もあるので、 深入りには気をつけないといけないですね。
(ナルコ)

■2022年5月22日(日)その3 Vol.6883

大相撲の方が終わった。
前半、相撲勘が崩れていた横綱の照ノ富士が、 一歩前へ体を出し、どちらかの手を差せば、 押し相撲なんて、簡単に倒して、優勝した。
でも俺が思うに、 テレビのビデオじゃ抜いていたが、 あのダメな大関の正代相手に、 貴景勝の足が、俵からずり出ていた。
ていうことは、3大関、 全員そろって負け越し。
俺、思うんだが、 大関から角番を無くして、 あの三大関、一気に幕内まで番付を落としちまった方が、 これからの大関のためにもなると思うぜよ。
その席に、関脇の若隆景と、 小結の大栄翔を座らせればいい。

         雀鬼




休場なしで全員負け越しだったら、 初の不名誉だったようです。 もう期待しないみたいな記事も出てましたが、 最低10勝ぐらいにして貰わないと、 格として成り立たないように思います。 平幕との取り組み見ていて、 どちらが大関か分からない時もありますし。
(恒)

上位陣の入れかえ、面白そうですね。 実際には出来ないのでしょうか? このままでは、大関達が角番制度を利用して、 居座っているようにしか見えません。 奮起を促す仕組みがあってもいいと思います。
(ナルコ)

何事も歴史や伝統があるものは変えづらい と言うのがあるのかも知れませんが、 柔軟性や臨機応変は必要だと思います。 でも今の相撲界、審判部では聞き入れてもくれなそうです。 本当に力士や相撲界を想うなら 甘さやぬるさではなく厳しさを入れても良いように思います。
(シャボ)

■2022年5月22日(日)その2 Vol.6882

百武は、たいがいの者にふき飛ばされちまうんで、
「オイ、百武、  誰にいじめられたんだ。  俺の目を見て伝えろ」
「深山です」
と即答。
「ヨシ、分かった。  仇とってやろう。  哲も」
「ハイ、シャボさんにいじめられました」
「そうか、奴等、質(たち)が悪いから、  けじめつけてやろう」
哲と百武の体のある部分に、 感覚を入れてやる。
この部分は、NHKじゃ使えない(笑)
2人に変化が起きて、 あの弱さから、不思議なことに、 強い人に変身して、 深山とシャボを30回づつぐらい、 一気にやっつけてみせる。
100%勝てない2人は、 手も足も出ないでやられる。
これって、決して手品とか、 「気」でもない。
「何かあったら、  いつでも俺に言って来いよ」
俺が手を出さなくとも、 2人は自力であの強い横綱を 何度も倒していた。
「面白いやねえ」(笑)

         雀鬼




ずるいみやまくんと、しゃぼさんに、 すもうで、いじめられました。 でも、しかえしできてよかったです。 またやられたらいいにいきます。
写真は息で深山を飛ばしています。 まさか○○○から感覚が入るなんて。 哲とは運命共同体で、哲が浮気すると 自分の感覚まで無くなってしまいました。 そういうつながりがあるのは面白いです。
(百武)

まさか会長があんな所に感覚を入れると、 こんな変わってしまうのかと驚きましたし、 面白かったです。 哲っちゃんの「出し」技、 百武さんの「突き」技にはなす術なかったですね(笑)。 関係性での繋がり、感覚、やっぱ楽しいよね?!
(深山)

説明しても伝わらないだろうって思いながらも、 家の者に話をしてみましたが、 感覚を入れる所でシャットアウト(笑)。 ある要因で片方が弱くなると、もう片方も弱くなる、 男の繋がりって事でしたが、不思議な現象。 何となく納得でしたが、やっぱり説明は難しそうです。
(恒)

百武さん、すごい変化でしたね。 休みの日に忙しい仕事で、 なかなか放課後に参加出来ないのでよかった、 というかうらやましいです(笑)。
(ナルコ)

会長が百武と哲それぞれのある部分に感覚を注入、 すると一気に立場が逆転して 自分も深山も何10回すっ飛ばされたか分かりません(笑) 感覚が入ってできるようになったと思ったら、 ちょっとした影響やいつもの自分に戻ってしまうと 全然できなくなってしまったり、 そんな所も感覚の面白さと難しさですね。 やられている方も楽しくなってしまう、 感覚って不思議ですね〜(笑)
(シャボ)

いつもは両横綱に全く歯が立たないですが、 ある部分に感覚を入れていただいたら 急に勝てるようになり、金星を量産しました。 確かにこれはNHKでは使えないですね(笑) 途中浮気をしたら自分だけでなく 百武さんまで感覚が抜けてしまいました。 感覚の世界、本当に楽しいですね。
(哲)

■2022年5月22日(日) Vol.6881

昨晩も、皆して食事を終えて一休みして、 しげる運動部長に問う。
みんな疲れている。 腰や首や、ふくらはぎ等々、痛い人もいる。
「やります」
の一言で、
「承知つかまつりました」
の返事を返して、本相撲が始まる。
大相撲のダメな大関と違って、 ここの横綱2人は強い。
大横綱のシャボは43人斬りして、 3度の内、一日を母の日で不参加だったのに、 一気に総合で78pまで伸ばす。
もう一方の横綱の鉄人・深山も49p。
3番手に、心の病の施設長の役割を務める、 あのウータンが21p。 大将の恒の11pを大きく離す。
参加者5人が毎度のゼロ点。 普通の奴じゃ、星を一つ取るのも難しい。
珍しく三鉄の一人である小っこい百武が残って、 シャボや深山に当たると、 体にも触れることなく、一吹きで飛ばされ、 後ろで防御に入っている巨体のウータンの所まで 一気に飛ばされ、そのまま赤ちゃんのように
「たかい、たかい」
をしてもらっていた。

         雀鬼




久しぶりに放課後相撲に参加しましたが 対戦相手が全部、シャボさんか深山でした。(笑) 両横綱の強さは別格です。 結果はすべてノータッチで秒殺でした。 たかい、たかいの時は自分でも笑ってしまいました。 それでもすごく楽しいです。
(百武)

運動部長の一言で、一部の者を除き、 寝ていた者もスイッチを入れて始まる道場相撲。 体格や体力、根性だけだと、 なかなかポイントが取れず、 格付けは明らかな所もありますが、 赤ちゃんのような柔らかさを見せる事もある 運動部長による横綱を揺さぶる場面は、 見所の1つになってます。
(恒)

■2022年5月21日(土) Vol.6880

俺、この頃、社会で色々な問題が 次から次へと起きるんで、 ニュースをテレビでちらちらとみる。
俺んとこへ、2度ほど顔を出した、 ボクサーの村田くんも、
「ヒューマンなんたら」
という番組出ていて、
「俺って、何者だ?」
みたいなテーマで、 心理学士さんらしい人のところへ、 通っていた映像が流れていた。
俺が見れる番組が終わって、 急に場面が変わって、 アパートらしきセットがあって、 下に3部屋、上に3部屋のセット。
下の中心の部屋に、 ピンクの洋服を着た双子のような姉妹が出ていた。
その人は芸人さんらしく、 名は阿佐ヶ谷姉妹ということを知ったが、 すぐスイッチを消しちまった。
俺、普段、お笑い番組は見ない。 何故かっていうと、 俺、芸人さん達の乗りで、 笑えたことがないんだよな。
それが今日になって、シャボが、
「会長はあの姉妹に会ったこと、あるんですよ」
「嘘だい!!」
本当ですよ、と、 10年ぐらい前に、シャボが撮った携帯の写真、 俺が下北の行きつけだった焼肉屋さんで、 芸人さんだけの中に、 確かにその2人も混じっていた
俺の覚えでは、 俺の知っている芸人が一人いて、 男女で合コンでもやってやがる、 としか印象は残ってない。
俺って、凄いじゃん。
NHKに出ている芸人さんと、 写真撮ったことあるんだぞ。
今度、あの番組、 一度ちゃんと見てみよう。
自慢しちゃおう(笑)

         雀鬼




何者?なんて考えるものか、 ちょっと心配になってしまいます。 会長が店に入られてから、 酒に手をつけず大人しくなった 芸人さんの話は聞いてましたが… 売れるようになった芸人さんの方が自慢していると思います。
(恒)

10年近く前に会長とご一緒させて頂いた時の出来事、 思い出として記憶していました。 その時から芸人さん達と写真を撮られていて 羨ましいな〜と思っていました(笑) 自分も撮らせてもらっておけば自慢できたのに、残念(笑)
(シャボ)

■2022年5月18日(水) Vol.6879

先日の月例会、 あの弱者だったナルコが勝った。
入賞に、しげると、百武が入ったが、 一人、施設組からギリギリに入っていた。
今年の総合成績でも、 ナルコがトップの位置にいる。 こんな事って、初めてだよな。
山口県の市役所が、コロナの給付金をミスって、 若い子に4600万を振り込んじゃって、 その子が又、そのお金をネットの賭け事に、 全部、入れ込んじまったという。
俺も思い出したが、 小学生の低学年の頃、 俺の通帳に1000万の入金が入っていたっけ。 俺はタッチせず、親が解決してくれたらしい。
あるんだね、そういうことってさぁ。

         雀鬼




一時的でも、今までこんなことはなかったですね。 横綱昇進のお祝いということで、いいのでしょうか。 間違って送られてきた金を、 カジノに使ってしまうとは…。 いいとか、悪いとかではなく、 狂ってしまっていますね。
(ナルコ)

良い変化、悪い変化ありますが、 変わって欲しいという思いに応えたナルコの姿がありました。 誤って入金があるなら、 逆もあるのではと思ってしまいます。 給付金がなかなか貰えないってニュースが以前ありましたが、 原因がはっきりしない入金、 可笑しな仕組みの中で生活しているんだなって思います。
(恒)

ナルコの変化は会長はもちろん、 永井さんやサブマネが一番嬉しいのではないでしょうか? 仲間に喜んでもらえるような変化、 自分も見習はなければと思います。 今回のようなミスはあまり無い事だと思いますが、 会長が小学生の頃に 似たような事をご経験されておられたとは!?驚きです(笑)
(シャボ)

■2022年5月14日(土)その4 Vol.6878

道場の相撲の方の本場所、 横綱の深山が先場所14pで1位だった。
2週目も14p取って、総合28pだったが、 2週目から出場したシャボが、3回全員斬り、 35pを上げて、軽く深山を抜いた。
施設長のウータンが猛牛みたいな勢いで、 本日2ケタの10pをあげ、 総合17pで3人目の2ケタ。
その後、俺もカスで入れてもらえる、 3人づつのチーム戦。
俺と、しげる部長、BIGさんの本日0点組対、 シャボ、深山、ウータンの59点組が、 決勝で当たる。
メンツから言って、勝てる訳ねぇが、 チームワークが良くて、 しげる運動部長の組が優勝。
まぁ、まぐれですね(笑)
気づいたら、5戦もチーム戦をやって、 俺が入ったチームがオール優勝した。
まぐれって続くんだね。
前週はシャボが留守だったせいか、 回りが早くて、みんな疲れ切っていたが、 今日はそれほどでも、なかったね。

         雀鬼




1週休むと心身がいつも通り動いてくれるか ちょっと不安が出てくるものですね。 その点施設長のウータンは 心身が怖いくらい動いていますね(笑) 自分もいつ懲罰房送りにされるか…気が抜けません。
(シャボ)

道場では、まぐれってあまりないように思いますが(笑) 自分も会長とチームに入って一度優勝させて貰いました。 会長がセコンドについて下さり、 大横綱を軽く投げる、気持ち良い〜って思っちゃいました。 終わった後、大横綱はヤジ馬のようなセコンドと、 まとめて飛ばされてましたね(笑)
(恒)

0点組でしたが、 メンツの良さになぜだか勝てる気がしてしまいました。 相手は最強の59点チーム。 それでもまぐれで勝てました。 まぐれ最高! でもまぐれは2度続かないとおもいます。(笑)
(しげる)

■2022年5月14日(土)その3 Vol.6877

卓上相撲の方は、かつて52連敗した、 弱くて、打てなかったナルコが、 初めて3横綱の一角に座った。
恒大将が連続優勝29回。
「うつ」から脱出しようとする、 施設長のウータンが、 知らぬ間に横綱となって、初の三横綱。
ナルコもウータンも、 良い方に変われて良かったね。
今のウータンなんか、 俺の用事を受けて、 凄く嬉しそうにしている。
あれ、そういえば、 ウータンハイヤーはナルコ専用車だったけな。

         雀鬼




ナルコの変化、ここ数年であった良い変化の1つです。 自分もしっかりしないとって思わされます。 実力的には横綱のウータンが笑顔と共に戻ってきて、 自分の引っ掛かりが1つ取れた気がします。
(恒)

卓上相撲、初の三横綱。 毎回のように優勝争いしているわけではなく、 出来ないこともたくさんありますが、 一歩一歩、精進していきたいと思います。 あと、ウータンハイヤーは僕専用、 というわけではないので、いつでもお使い下さい。
(ナルコ)

ありがとうございます。 とりあえず今は、ここまで戻ってくることが出来ました。 ナルコ師匠、会長が乗られても怒らないで下さい!
(歌田)

■2022年5月14日(土)その2 Vol.6876

先週から、施設長のウータンの世話になって、 今日もウータンから電話入るかな、 とポケットに子機を入れて、待っている。
これって、ラブラブじゃん(笑)
何10日ぶりかに、 家人が下に降りて来て、 車のキーを持っている。
俺にとっちゃ、大変申し訳ないんだが、 シャボとか、ウータンのような、 男のドライバーの方を好む。
女性と、あの小さい空間、個室って、 何か嫌なんだよな。
途中の駅のスーパーに寄って、 食材とか飲み物とか買ったら、 2袋になっちまって、 外で待つ車へカートを押して出ちまう。
ウータン、又、お世話して下さいね。
シャボは、心が洗われるミュージック、 聴かせてね。

         雀鬼




会長とずっと喝を入れてくれていたナルコ師匠の送り迎えを 嬉しそうにされていてウータンに笑顔が戻っていていいですね。 自分も車を運転しながら、隣に座られている会長が 好みの曲を、目を閉じて気持ち良さそうに お聴きになられているお姿を拝見できて嬉しいです。
(シャボ)

シャボさんにようにスムーズには出来ませんし また焦ってしまうかもしれませんが 自分でよければまたお願いします。
(歌田)

■2022年5月14日(土) Vol.6875

先週の水曜日が、俺の中では土曜日だったんで、 今日は、何曜なんかなー。
大企業は戦争特需かなんかで、 たらふく儲けて、 週休3日制なんたら。
それに比べて、 誰にでも起こりえるコロナ禍で、 小さい所はニッチもサッチも行けない。
又、格差が大きく拡がったね。
平和だ、平等だなんて、抜かしやがるが、 そんなもん、あるもんけえ!!
ミサイル、バンバン飛ばしている、 北の将軍の国では、 コロナが17万人と発表したらしい。 日本は3万台かな。
人口は日本の方が一億人ぐらい多いのにね。 色々、ズレてるなー。
明日は、月例会らしい。 以前は、その日が俺の一ヶ月の楽しみだったが、 今は、ギュウギュウ詰めみたいで、 楽しみが薄れちまった。

         雀鬼




綺麗事並べる企業、何でこんな時に利益が上がるのか、 違和感感じる人は居るはずですが、 実情が表に出る事はないんでしょうね。 時々出る不祥事も一部分なんだと思います。
(恒)

■2022年5月11日(水) Vol.6874

大相撲が始まったらしい。
俺が見た時は、すでに上位陣が総崩れ。 上位陣は下で頑張っている者の 壁になる立場だが、 自分のこともままならない。
俺、大相撲はかつて好きだったが、 今じゃ、時々やっている日本の野球の方が、 名前はほとんど知らないが、 オッ、今日はこの選手やるな、 とかで、まだ見てられる。
俺ん中じゃ、今日は土曜日だと思って、 道場に来た。 いや、施設だったかな(笑)
日にちも曜日もはっきりと分からないって、 全くダメですね。
そんな俺なのに、 過去に出版した本から、 中学校の試験問題に使用するらしい。
いいのかな。 俺みたいの、国語の試験とやらでも、 つながりを持っちゃってさぁー。
いいのかなー(笑)

         雀鬼




大相撲は大関クラスの成績が振るわないようですが 野球の方は日米で同日にノーヒットノーランが出ていました。 佐々木朗希選手の完全試合の流れでしょうか。 最近の道場では試験問題の件といい、 いつ何時つながりが出来るかわからないです。
(百武)

完全試合にノーヒットノーラン、 話題性では相撲の完敗ですね。 一昔前の大関は、平幕力士の 一段上の実力を見せてくれていたような気がします。 会長の曜日感覚のずれは、 道場の賑わいが足りないのも要因かもしれません。
(ナルコ)

会長は国語が嫌いだったはずですが… 学生時代はあまり考えてなかったですが、 感じ方なんかを何が正しいって決められるのも、 変な感じがしています。
(恒)

■2022年5月8日(日)その2 Vol.6873

ここ2日、施設長のウータンに、 送り迎えを始め、色々とお世話になった。
「施設長、すいませんが、  道場に行く前に、  食材を買い出ししていいですか」
「場所が分かりにくいんで」
「ハイ、自分がご案内しますんで」
と一通り、買い物を男二人で済ます。
だがね、俺、生まれて初めて、 「米」を買った。
これって、大変化だね(笑)
俺、古い男だから、 男子厨房に入らず、 みたいのが少し分かるが、 決してキッチンに立たないほどのこだわりは、 ありませんけどね。

         雀鬼




食い意地が張っている自分は、 会長の料理が気になってしまいますが、 後片付け含め、足の悪い会長には、 ご負担も相当なものかと… ウータンの買い物でのパニック話で 少しは気が紛れるでしょうか。 当時の姿を想像出来てしまいますが、 ウータンに気持ちがあるから、笑えるんだと思います。
(恒)

会長が初めて米を買った場に居合わせたのが シャボさんでなく自分だったのも また何か意味があるのかなと思います。 焦るばかりであまり買い物の お役には立てなかったですが(笑)
(歌田施設長)

■2022年5月8日(日) Vol.6872

ガマ爺の流れで、 道場生がCDの3枚組を2本買って来て、 道場で流したら、 これって、危ない人が聞いたら、 もっと危なくなる。
なら俺が、家へ持って行って、聞いてみる、 と、1本目のラスベガスの1枚を聞いただけで、 頭が違った世界に行っちまう。
そっちって、俺の世界じゃないや、 としかと感じられ、 これって頭の中がパンクした状態だよな、 と分析する。
1枚20曲、それだけで心身がまいっている。
ここでやめたら、男が廃る、 と続けて40曲まで聞いた。
完全に俺の世界じゃないものがあった。 狂うなら、狂っちまえ、 と最後の20曲を聞いた。
60年前の若い時なら、 入いれた曲も、年齢老いた俺には、 曲の足の早さについて行けず、 何度も転がる。
これって、ある意味、心身の骨折だぁ・・・。
それから、しばらく、 心身がおかしくなっているのが、 自覚出来ていた。
この俺が真逆のガマ爺の世界に引っ張られている。 ガンコかも知れないが、 あいつの世界は、絶対がつくほど嫌なこったぁ。
危なかったが、その後にもう一本、 ロックンロール、ラブソングの60曲、 疲れ切っていた時だけに、腹を決めて、 さわりで3曲ぐらいから始めよう、 と思ってたのに、一気に60曲聞いちまう。
意外に楽だった。 俺に合っていた、というより、 俺、元々、ラブソングとか、ラブドラマとかが、 苦手なんで、 気持ちが入り込まなくて済んだのかも知れない。

         雀鬼




ガマ爺の流れ、 会長の心身に骨折を負わせてしまいすみませんでした。 昔は聴けた音楽も曲調や種類によっては 聴いていて疲れてしまったり、 頭の中がパンク状態になってしまうという事まで 気が回りませんでした。 自分の行動で会長にご負担をおかけしてしまわないよう 気をつけなければと思います。
(シャボ)

今はCDだけでなく、 スマホなどでも音楽を聴くことが出来ます。 悪影響を受けても、 多くの人は気づかないのではないか、と思います。
(ナルコ)

お疲れの所で厳しい事を 敢えてやってしまうんじゃないかと少し思ってました。 好みではない音楽を聴くのは、 拷問に近い感じもしますが… もう付き合わなくて良いと思います。
(恒)

■2022年5月7日(土)その2 Vol.6871

17年だか、時折、顔を出すガマ爺、 俺、ほとんど触れたくないから、 話もしなかったのに、 先週、人も少なかったんで、 俺の方から、語りかけてしまった。
ガマ爺は、66才だそうだ。
「お仕事は」
「もう、ほとんどしてません」
から、入る。
「それじゃ、生活の中の、  生きがいみたいなやつある」
「雀鬼流と、ロックとポップです」
ガマ爺から、雀鬼流らしきものは、 見たことも、聞いたこともない。 そこで、音楽の方に向ける。
「エルビスプレスリーが命です」
確かに、ジャズ時代から、 一気に現れた歌手、
「あの人って、  セックスみたいな人じゃない」
「私は下話は、嫌いです」
なるほど、本場の米国でも、 唄においては、革命児みたいな人物。 ロックの始めみたいな歌手だと、俺も納得。
それなりに、あれほどの唄を聞いても、 決して、リズムを取ったり、 体を動かしたりしないで、 じっと、聞いていたらしい。
ガマ爺から、乗りの良さは、 見たことも、聞いたこともない。
レコード屋さんが閉店した時、 一番に駆けつけて、 LPを全部買ったほどの熱いファンだったらしい。
「エルビスの後に出た、  イギリスのビートルズはどう」
「あれも好きですねえ」
「イエスタディもいい曲でしたが、  プリーズ・プリーズ・ミーはどうでした」
「あの曲を聴いた時、鳥肌が立ちました」
俺にとっては、60年も昔の話なんだが、 ガマ爺、そういった曲を、 今でも生きがいのように聴いているって、 ある意味すごい。
一生涯、この人とは、 対面で話すことはあるまいと思っていた、 ガマ爺と2時間も・・・・・。
これだけ、危なかった・・・・・。

         雀鬼




音楽の話に限っては、本物が分かっているということで、 会長との会話のキャッチボールがしっかり続いていましたね。 それなのに、曲の乗りの良さは身体で受け止めないそうで、 自分の決め事、思い入れがすごいなぁと思いました。
(BIG)

ガマ爺、会長との触れ合いが余程嬉しかったのか、 今までに聞いたことない元気な挨拶で帰って行きましたね。 好きな事だから素直に話せた所もあるんでしょうが、 ずっこけてしまう話も所々。 会長に対する気持ちだけで出来る事があり、 会長が身体を張って見せて下った気がします。
(恒)

■2022年5月7日(土) Vol.6870

今日は土曜、 世間はゴールデンウィークってことで、 江の島の島へ渡る狭い通路に、人が溢れていた。
もう一ケ所、そういう場面が流れていて、 コロナ禍の中で閉じこもっていたり、 集まることがNoだった日々が、 ずーっとあったんで、 それも結構か、とチラリとTVで眺めた。
さて、俺なんだが、一度たりとも、 ゴールデンウィーク期間を感じられないまんま過ぎた。
何もなくて過ぎたんなら、まだマシなんだが、 俺の近辺で、それぞれのトラブルが発生して、 それの根っ子が深くて、 なかなか掘り出せないまんま、今に至る。
社会って、暮らしって、 クモの糸が張っている気がして、 それに引っかかった蛾が、 ジタバタしている感がする。
道場も、その社会の片隅にあるが、 ここって、今や道場じぇねえんじゃない、 当てはまる言葉が「施設」。
俺も老人性なんたら、 道場生の中にも施設っぽいやからが、 目立つようになったが、 そういう者に限って自覚が薄いんで、 少しづつ、そっちへ進んじまう。
そこで道場の恒大将に、 ここはしばらく施設と呼ぼうよ。
「ウヘエ!!」
それは俺だって、
「ウヘエ!!」
っていう気分。
施設長にウータンになってもらう。 なんもやらなくていい役割なんだよ。 治そうとすると、苦しむだけだからね。
「それなら、楽ですね」
の声が施設人の中から、出ていた(笑)

         雀鬼




施設に入っていない人は、現状を素直に受け止めますが、 施設内の人は、自分の都合で現実を変えてしまいます。 施設長自身の笑顔は増えていて、 施設長以外の役割を生き生きとこなしていますね。
(BIG)

お話が出た時は参りましたが、 現状は現状、落ち込んでも仕方ない、 学んできた事を大切に、やれる事探していきたいです。 会長のちょっとしたミスから、施設長が明るくなってました。 球が飛んできた時も、睨んだような表情が消えて笑顔に! 良いも悪いも、笑えるようになると良いなって思います。
(恒)

会長や他の人が話しかけても、 答える内容がとんちんかんだったり、 そもそも聞いてなかったり…。 見ようによっては、確かに施設です。 これ以上悪化したり、広がるのは避けたいです。 「悪い癖は治すのではなく、おさめる」 というお話が、以前ありましたね。
(ナルコ)

■2022年5月1日(日) Vol.6869

今の道場は、全員野球じゃないんで、 やる気のある者が、その分負担が大きくて、 みんな、疲れ切っちまう。
それでも何かをやろうとするんで、 相撲なんかも、何人も腰や足に来ている。 海と同様に、よく見てないと危ない。
足が不自由なのは、 俺だけにしてもらいたいんだが、 そうもいかない(笑)
足元から(仲間から)の負担が 来ちまうんだよな。
これって、ダメだよな。
小さい怪我は時々あるが、 大怪我にならぬことを願うばかり。
4月度、総合成績は、 別格の席に座る横綱二人の内、 シャボが171斬りで、ダントツ(4週)。 深山は、先月より落ちて、52p。
2ケタまで入れば、入賞ってことで、 恒大将、ウータン、ナルコが入る。
今週は、ポイントゲッターが5人、 0pが5人と、半分こだったな。
勝てない者から見れば、 シャボの数は天文学的なんだろうなー。
終わった後、ご褒美の名の下に、 2人を壊さない程度に、 オモチャにして遊んじまった。
それが、俺にとっての運動なんで、 ゴメンナサイ。
やる方、やられる方がお手上げになっちゃうって、 何なんだろうね(笑)

         雀鬼




昨日は、ここ最近では危ない場面が多くなってしまいました。 ポイントを取るのは大事な目標ですが、 踏ん張りが効かなくなってもつれたり、 お互いに投げ合う場面は注意が必要です。
(ナルコ)

圧倒的なポイントを残す横綱が タオルをひらりとするだけで無力化(笑)。 頭では理解出来ない事が起きる深夜の道場が、 今の生命線でしょうか。 疲れや眠気も忘れて笑える場所はここだけです。
(恒)

自分も今回はヘトヘトでした(笑) 足腰を痛めたりしてしまうのは やっぱり力相撲になっていたり 体使いが悪いからなのだと思います。 捌きや感覚で相撲を取れたら 体を痛める心配も減ると思うのですが… お互い気を付けながらやっていきたいです。 会長に遊んで頂く時はほとんど感覚や捌きなので 怪我の心配は無いのですが、 たまに体が固まったり床に張り付いたり(笑) でも結局「楽しいよね〜」なんですよね(笑) 会長の運動のお役に立てて良かったです。
(シャボ)

最近は、自分も力入ってるなぁ、危ないなぁ というのを感じてました。 捌きや体づかいをもう少し意識できればなぁと思います。 会長に遊んでいただいてる時は、 怪我するとか危ない感覚は 感じた事はないので大丈夫です! たまぁに動けなくなる時はこちらこそ面倒かけます(笑)。
(深山)

■2022年4月30日(土) Vol.6868

昨日は久し振りの、ちっと強めの雨の中を、 自宅の飲み物が無くなりそうなんで、 傘をさして歩いて行く。
真っすぐ歩いても、 その距離は不自由なのに、 道路にゃ水たまりばっかなんで、 なるべく水がたまってない場を探しながら、 ピョンとまたいだりして歩く。
一応、傘さして、 荷物を手に持つのはきついんで、 昔使ったルイヴィトンのバックを、 肩に掛けて向かった。
飲み物だけで、 午後の紅茶5本に、コーラ2本に、 シャボと帰りに寄るコンビニで 毎度買い足すものまで、買っちまって、 結局、バックだけじゃ間に合わず、 買った奴をレジ袋にも入れる。
ふらついて歩くんで、 結構、濡れちまった。
車が来れば、だいぶ離れたとこで避け、 あいにく電車の踏切じゃ、 電車が混む時間に入ったので、何台も待つ。
俺が出掛けたのは、 5時前だったが、結構な雨。
天気予報じゃ、遅くなると、もっと荒れる、 と流れていたが、 俺が帰った後、雨はやんでいた。
俺って、どうしようもねえよな(笑)

         雀鬼




状況的に周りの者を頼っても良さそうですが、 不都合を敢えて受け入れ行動されているのだと思います。
(恒)

コンビニまでとは言っても、 今の会長が歩かれる距離ではないですし、 雨で冷えたり、滑ったりのリスクもあります。 しかも重い物を持たない会長が、 カバンにいっぱいのドリンクと、ビニール袋まで。 よもやの三重苦、せめてドリンクぐらいは、 道場からお持ち帰り頂く手は取れなかったものか、 と思ってしまいます。
(緒方)

■2022年4月27日(水)その3 Vol.6867

我が家から駅までも歩けず、 娘に送ってもらい、 帰りは橋本が持って来た車イスで道場へ。
今日、最寄りの駅で、 ベンチに座っている俺の前に、 分厚いハイヒールを履いた、 ミニスカートのギャルが立っていた。
電車がついて、老人席の方に座ろうと思ってたが、 若い2人組に先を越されちまう。
しかたなく、ガラッと空いている、 長イスに座る。
何とさぁ、さっきのギャルが、 俺の前に座っていて、 パンツ丸見えじゃん。
それはねえだろう、と不快を感じる。
俺の並びのはしに座った女性も、 お前さん、いい加減にしなよ、 と険しい顔で、にらんでいた。

         雀鬼




かわいい人、おしゃれな人、興味はありますが…。 座ると丸見えになるような服装で、 「じろじろ見るな」とか言われたら嫌ですね。
(ナルコ)

男同士だとバカだな〜で済みそうですが、 女性だと不快に感じるもんですね。 恥じらいもない感じだと、何か疑ってしまいそうです。
(恒)

この日は幾つかの事がつながって ご気分もあまりよろしくない中での これ見よがしのミニスカギャルが会長の前に。 会長や他の女性からしたら不快に感じるようなことが。 自分はきっとスケベ心で チラッと目線がいってしまいそうですが(笑) あまりにも露骨だとかえって 怪しんだり引いてしまうかも知れません。
(シャボ)

■2022年4月27日(水)その2 Vol.6866

金曜から6日間、料理をしたり、 目分量で米を炊いたりの、 おさんどんをやったり、洗い物したり、 俺なりに出来た(笑)
一人暮らしはしたことないが、 この年齢になって、 遅かれしながらも、 準備してんのかなー。
俺って、一人じゃなんも出来ないくせにね(笑)
あぁ、そうだ。 まいど都心の病院へ行った時、 疲れちまった俺を町田の駅まで迎えに出てくれる、 恒大将と哲っちゃん、ありがとうさん。

         雀鬼




料理だけでなく洗い物までされる状況、 大変だと思う一方で 会長が作られた料理を食べてみたい と思ってしまいました(笑) 俺なりに出来たとのことですが、 他の誰の料理よりも美味しいと思います。
(哲)

会長の手料理話だけで、口の中に唾液がたまります! 水曜日の哲ちゃんとの出迎えは恒例で、 会長の笑顔が見れると嬉しくなります。 夜には何時もの水曜日より人が集まり、 毎回こんな感じだったらと思います。
(恒)

■2022年4月27日(水) Vol.6865

都心の病院へ、 初めて一人で行かねばならないかも、 っていう中で、緒方に同行してもらった。 いわゆる、荷物持ちの役割(笑)
今まで俺は、受付すら一人でやったことがなかったが、 見よう見まねでスムースにやれた。
最初の受付で体温を測られたら、俺は36度4分。 若い緒方の方が一分低いって、なんなんだろう。
採血の場に行くと、 俺の脈は、やり場が難しいのに、 一番年季が入った上手な看護士が、 手を振って待っててくれた。
応用力が的確な方なんで、 今日は、上手な人がいるから、 その人に打ってもらいなさい、 上手な人を3人ぐらい見つけておきなさい、 というアドバイス。
義務感じゃない、 人をよく見て、面倒を見てくれる、 まさにプロ的な看護師さん。
この方が言うことなら間違いないと、 いい加減な俺でも解る方が、 上手な別の方を選んで下さり、 その方の処置の仕方を、 近くで、じっと見ていて下さって、 一度で血が抜かれるのを見て、 お見事、と笑顔もくれる。
「これって、浮気じゃないんですか」
と述べると、
「いい男なら、それもいいのよ」
と返してくれる。
腕もいいが、いつも語りが楽しい方なんで、 俺のお気に入り。
初めてのお使いに行ったような気分になれました。

         雀鬼




病院自体、いいところではないですが、 こういう方がいるのは救いですね。 あとに続く若者がいてくれたらいいな、と思います。
(ナルコ)

職人さんのような腕前に加えて、 心からの気遣い、会話の掛け合いも面白い、 この看護師さんに会えると思えば、 病院での煩わしさも薄れそうですね。 都会の病院は無機質な冷たいイメージでしたので、意外でした。
(恒)

荷物持ちとして、同行させて頂きましたが、 会長がツアーガイドをして下さったり、 会長の観察の目を、生で教えて下さったり、 自分のような者では入れないような所に行かせて頂いたり、 通常では、できない体験ばかりでした。 ありがとうございました。
(緒方)

個人的にお医者さんや看護婦さんは事務的で 必要最低限の会話しかしてくれないような 感じを持っていましたが、 技術的な事だけでなく患者さんとの触れ合いも大切にされて 適材適所、柔軟性、ユーモアのある方が本当のプロなんですね。 そういった方が都心の病院で 会長の側に居て下さるのは本当ありがたいと思います。
(シャボ)

■2022年4月24日(日)その2 Vol.6864

疲れというより、体調が悪そうな しげるちゃんが、 食事を終えて、俺の前に座っていた。
こりゃ無理だ!!
念のため、
「部長、今日、どうしますか」
と問うと、
「やります」
とくる。
部長の立場、つらい!!
またシャボが強くて、42pを上げ、 一週を残して、3回で130斬り。 一人だけケタが違う。
2ヶ月目でやっと0点から脱出できたデブの緒方は、 哲の額に傷を作って、最後に脱出。 金子と先生は、別物。
もう一人のデブのプロレスラーのウータンが、 2ケタまで伸ばして、 ドラえもんパンツの恒大将と競っている。
今日は月例会だったが、何かがおかしい。 俺の上家に座った者の基本動作が壊れている。
そんな流れの中、 近くに住むのに消えていた熊公が、 役満をアガったりして、トップ。
遠方組の芹澤君も入賞。
卓上で左フックのゲンコツを出すウータン、 シケタ麻雀を残した深山と、 良い型にはなれなかった。

         雀鬼




普段の麻雀でも、 僕の下家の人は打ちづらそうにしています。 修正出来ておらず、失礼しました。 自分自身が、もたもたしていると 打ちにくいくらいの感覚にならないと…。
(ナルコ)

卓上場所に続き、月例会、放課後相撲と 存在感を増すウータン。 自分の進行ミスで好物を逃したため、要注意です。 決して許されない… ただ、次回現れるかは未定です。
(恒)

朝いつもより早く起きただけで、 夜には体調が悪くなってしまいました。 月例会は久しぶりに良い形が作れませんでした。 現状成り立っていないことが多いので、 色々と修整していきたいです。
(しげる)

しげる運動部長が弱音を吐いているのを見たことがありません。 運動部長は自分の事より全体のことを考えて下さっています。 無理のし過ぎで大きな怪我等をしないよう 皆で気を付けてやっていきたいです。 月例会はあまり良い型にできませんでした。 自分も前日会長と同卓させて頂いた時に セコい麻雀を打ってしまいました。 普段からもう少ししっかり打てるよう 修正して行かなければと思います。
(シャボ)

やっと、0を脱出しましたが、 哲に悪いことをしてしまいました。 こういうことをしないように、 戒めて、やってまいります。
(緒方)

月例会では、会長の上で、基本動作が壊れた セコイ麻雀を打ってしまいました。 普段からの意識していかないといけないですし、 忘れないようにやっていかないとなと思います。
(深山)

■2022年4月24日(日) Vol.6863

ここ数年、ワタナベ個人タクシーさんを 利用させて頂いている。
料金も、普通のタクシーの100分の1、 それすら請求することもほぼない。
優良過ぎるタクシー、 そのおかげで、俺、道場まで歩かず、 電車も利用せずに来られている。
運転手さんは、俺の好みを知っていて、 車内の小さいテレビに、 スポーツを映してくれる。
気遣いのある方で、 外玄関から内玄関まで、 わざわざ来て下さって、 錠も開けてくれる。
ありがたいこったです(笑)

         雀鬼




自分は雨の日限定で、 優良個人タクシーに乗せて貰ってます。 我が家の方でも優しいと評判ですが、 かまって欲しいのか手荒い対応される事もあるようです。
(恒)

こちらこそいつもご利用して頂きありがとうございます。 送迎することがタクシー運転手の仕事なのですが、 会長の御自宅に上がり込んで お風呂やトイレを使わせて頂いたり、 ご飯までご馳走になることもあり やりたい放題で運転手としてどうしょうもないですね(笑) これからもご利用して頂けるよう 勤めて参りますのでよろしくお願いします。
(シャボ)

■2022年4月23日(土) Vol.6862

死の世界に行った夢は、 現実には決して作れない、 平和な環境で素晴らしかったが、 その後に見た夢は、悪夢ばっかだったな。
人間の持つ悪しき性が、 モロに出てくる夢ばかり(笑)
現実では、耐え切れなくて、 この野郎っていう奴を、 ペットボトルで殴って、 それでも向かって来る気がある奴に、 平手で一発。
倒されても、しがみついてくる奴は、 ぶっ飛ばしちまったよ。
質の悪い奴を許せなくなっちまっている俺だったが、 俺ん中で、耐えられない弱さが出ちまったんだよな。 年老いて、心身が弱くなっちまってんのかな。
側にナタがなくて、良かったかもなー。

         雀鬼




※注 写真は、本文とは関係ございません!
(緒方)

質の悪い者を許せないのは、当然だと思いますが、 行動起こしても改善される見込みが薄く、 更に嫌な気持ちになるのが困ったものです。 写真は懲りずに企んだ者の成れの果てですが、 笑いが起きているのでOKでしょうか。
(恒)

会長のお話を聞く限り、その日のことだけではなく、 つもり積もったものが出た、という感じがします。 強さが年齢で衰えるなら、 人が持つ悪さも衰えればいいのですが…。
(ナルコ)

■2022年4月20日(水) Vol.6861

スポーツ新聞に載っていた、 佐々木朗希選手の投球フォームを見て、 なんだかんだと話題が出ちゃって、 他の選手との違いを語る。
普通の人とは、全く違った、 不自由な動きをしながら、 それを安定させているって、凄いよな。
そんな話をしているだけで、 一日が終わっちまう。 もちろん、大谷君の動きも出る。
やっぱり、2人伴、
「体の捌き」
や、感覚までの動きがあるんだよなー。

         雀鬼




佐々木朗希選手はあれだけ足を高く上げて よくボールをコントロール出来ているなと思っていました。 グローブを持つ手で バランスを取っているのは分かりませんでした。 大谷選手も去年の映像を見たら 頭の後ろから手が出ていました。 シャボさんに実演してもらって球を受けましたがスピード、 鋭さがまるで違いました。 感覚投げが出来れば見えない魔球になると思います。
(百武)

佐々木選手の投げ方を会長に説明して頂いた上に、 実際に投球フォームを真似してみると 「こんな投げ方出来ない!」でした(笑) 自分は野球経験のないド素人なので当然なのですが…。 でも会長に左腕の動きの意味や修正等を教えて頂くと 少し変化が出てきて、 その後体使い、捌き方を実体験させて頂き 違いを感じれました。 捌きや感覚を自然に身に付けている 大谷選手や佐々木選手はやっぱり凄いですね。 これからの活躍も楽しみです。
(シャボ)

大谷選手や佐々木選手は、体格にも恵まれていますが、 感覚の優れた選手なのだそうです。 それに対抗する感覚のいい選手がもっと出てきたら、 面白そうですね。
(ナルコ)

佐々木投手の画像を観た時、 ダンスを踊っているように感じました。 会長から話を伺いたいと思ってましたが、 常識とは異なる動きで、 捌き、感覚まで入っている事に 改めて凄さを感じました。 指導者に教えて貰って出来る事ではないんでしょうね。
(恒)

■2022年4月17日(日)その2 Vol.6860

死後の世界を、夢ん中で覗いて来た。
普通なら、どんなに疲れていても、 いつも小用を足しに行くんだが、 この日は、一度もそういう行為が起きなかった。
多種の人々が静かに穏やかにいる場。 地獄も極楽もなし。
女性は和服で、 誰もかれも美しい顔の上に化粧もなし。 華やかさはどこにもなかったが、 渋めの服装がよく似合っていた。
男性も何かを成した人達だが、 職人さんのような、たたずまい。
俺の場も決まっていたらしく、 いい感じの人達ばかりの中に混ぜてもらって、 死後の世界も悪かねえな、 と4〜5時間も夢を見続けていた。
目覚めれば、現実なんだろうが、 小用も催しそうもない。
道場に来ても、 まだトイレに行ってない。
この頃、いつも、水の音が聞こえたり、 食事中でも、汁物を飲むと、 すぐにトイレ、トイレ。
時々、悪夢を見るんだが、 死後の世界の夢は、美しかったな。
出掛けに、ふとテレビをつけると、 きれいな水の中にしか棲まなかったという、 昆虫のタガメや、両生類のサンショウウオが、 居なくなった、という子供番組につながっていた。
チャンネルを変えると、 ウクライナやミャンマーの大人の争いの中の、 子供の悲劇が流れている。
これが現実だ!!
夢ん中の人々の暮らしには、 不安も恐怖も一つもなかった。
死後の世界なんて、信じてなかったが、 夢ん中じゃ、とてもいいとこだったよな・・・・。

         雀鬼




写真は、死んだように動けない状況。 体勢によっては苦しかったり、 痛かったりするんですが、 笑ってたりもするんですよね。 体勢変えたほうが楽なのに、 そのままで良いかって思ったりします。 環境保護なんて言いながら、 生物が生存出来なくなってしまうような物を 作ったりする大人の世界。 こちらは全く笑えません。
(恒)

廃人の様な体験はさせて頂きましたが、 死後の世界はまだ未体験です(笑) 廃人のまま放って置けば呼吸も出来なくなって… と言うお話しはありましたが(笑) 生き地獄なんて言葉がありますが、 会長が御覧になった夢とは 今の現実世界は真逆になりつつありますね。
(シャボ)

■2022年4月17日(日) Vol.6859

昨晩の相撲の本戦も、 モハメッドアリの効果か、 シャボが、蝶のように舞い、蜂のように刺して、 周りの者を倒し、49人を倒す。
2週目で88pまで伸ばす。 ダントツだ!!
○○殺しのウータンが4等で7p、 しげる部長が1・1と2点、 BIGとドラエモンパンツの恒が1pづつ。
約半数の5人が、被害をまともに受けて、0点。
俺から見れば、49pも凄いが、 0点って、何んなんかな、と思えちまう。
俺、見栄張って、やる時は、
「いつ何時でも、いいよ」
と遊んでいるが、 いまだに緒方と先生は、総合0点。
その先生に、BIGが、
「あの人、いつ何時でも隠れている」
と正しき指摘をしてくれた。 正確です!!(笑)

         雀鬼




相撲ではバックを出ます直せず0だけではなく、 自分はいつ何時でも隠れてしまっています。 BIGさんのコメントは直球で的を外しません。 不安からかパニックになることを減らさなくては。
(牧野)

先生はいつ何時でも、安全そうな者の後ろに隠れ、 痛みを恐れて自分から倒れる。 仲間の声には、見栄張って分かった態度を取るが、 その後の言動を見るに理解度0点!ダントツだ!!
(BIG)

感覚や実力の違いはもちろん、 くじ運も重要な放課後相撲。 1Pが遠く感じることもありますが、 それが面白さでもあります。
(ナルコ)

いつ何時でもって事で、 思い付く限りセコく挑戦してみましたが、 結果は一緒(笑)、 いつもより酷い状態になってました。
(恒)

会長の「いつ何時でも」を見させて頂くと 自分はまだまだ力相撲で体を痛めたり息切れしたりと 捌きや感覚には程遠いなと感じます。 「いつ何時でも」隠れたり、誤魔化したり、寝ていたり 、 道場にはバレていますよ、先生(特にBIGには)
(シャボ)

■2022年4月16日(土)その2 Vol.6858

トモキさんよ、ありがとうさん。
俺の著書らしい、
「瞬間は罪と悪なり」
の本を手元に、変わらず仲良しですね。 寝室で、2人の後ろのレースのカーテンから、 程良い空気が御二人に注ぐ、 絵になりますよ。
だがよ、早矢香のメークはバッチリですが、 トモキの前に立っちゃ、 早矢香の顔がトモキのやさしい顔の倍以上に、 写っている。
太陽と月の違いを表しているのかなー。 芸術だ!!
でもよ、トモキ、 俺の本より、さりげなく左手の指を飾る、 愛の誓いの指輪が目立ちますね。
ヨーオッ、有名人!!

         雀鬼




とにかく色々とアピールが凄いですが、 見せつけてくれますね〜(笑) ヨッ御両人!
(シャボ)

■2022年4月16日(土) Vol.6857

息子一家が、
「風呂が壊れたんで、  もらい湯に来ました・・・・・」
「どうぞ、いつでも」
淋しかった場が、一気に明るくなる。
息子と孫が、風呂からあがると、腹へったと、 男2人して3合の米を食っていた。
風呂場から聞こえた
「気持いい!!」
のでかい声。
中3になって、身長173cm、 体重は俺を越える。 孫というより、そこ等のオジサンタイプ(笑)
この一家、パパは寝る時間もないのに、 いつも貧乏らしい(笑)
上の孫娘も、 車の免許を取れる年齢になったらしい。
「30万かかるのよ、  お金無いから、もっとバイトしなきゃね」
ふと思う。 他家の孫が買った子猫は、その額を越えてたなー。
家人と2人切りだと生活感を感じないが、 彼等が来ると、生活感、丸出し、生命力を感じれる。 束の間だったが、息を吹きつけられた感じがした。
道場に来てみたら、週末感が薄れていた。

         雀鬼




道場でも人気のご家族、特別な事ではなく、 日常的な様子が微笑ましく感じます。 道場はいつもの週末より、1人2人少ないだけで、 違って感じるものですね。 営業時間過ぎてから週末らしくなり、楽しみの場が生まれる、 それが今の道場です。
(恒)

お孫さんたちはどんどん大きくなって、 男の子たちには背丈を追い抜かれてしまいました。 しっかり者のお姉さん、マイペースで味のある弟さん、 その二人を見守るお父さん。いい家族ですね。 週末感は、放課後にならないと出てこないのが現状です。
(ナルコ)

■2022年4月10日(日) Vol.6856

道場生の何人かと、相撲のような、
「体捌き」
10番ぐらいやってもらうと、 良き運動になって、心身が軽くなるんだが、 帰って、寝て起きると、 心身がコチコチ、心も体も効かないから、 一時間ぐらい、ほぐれるのを待つが、 良しとまではいかない日々の繰り返し。
眠ったって、少しすれば小用を催し、 暗い中を目を閉じたまま、 トイレに行って戻ってくる。
これって、老化現象なんだろうけど、 けっこう、めんどくさい。
昨晩は、4月度の最初の相撲日。 大横綱のシャボは、3週抜きして、 大台の39pをあげる。
病院の検査に行ったばかりの、 もう一方の横綱は14p。
前期最終戦で、しげる運動部長を抜いて、 3位に入った恒大将は勝負パンツの、 ドラエモンの柄パン。 顔に似合わず可愛い。 一日で2ケタの12pを上げた。
くじ引きで、 5番シャボ、6番深山と、かたまったせいか、 ポイントゲッターは増えて、9人、。
2ヶ月目で初ポイントを取ったのが、 橋本と哲。
緒方と先生は、いまだ0点。
海の焚火でも、 我が家でも使ったことがない凶器、 刃渡り20cmで刃先の方に、 うまく捌けば、骨も砕ける「ブツ」
家人、曰く、 これって、恐喝。
道場に持って来て、 体捌きがまあまあな、狂気を持たない2人に、 さやが付いた状態で、頭を割ってもらう。
「いつ何時でもいいよ」
待つ俺。
次は真剣で受けようと思うんだが、 俺はともかく、討ち手が大怪我したら、危い。
責任は、俺にあるからな。
上段斬りを何度か受けたが、 シャボの奴、袈裟斬りもいいですか。
「どうぞ、御自由に(笑)」

         雀鬼




放課後相撲、くじ運頼みというわけではありませんが、 順番が大きく影響します。 それでも、横綱の二人はいつも強さを見せてくれます。 まさかのドラえもん出現、面白かったですね。 鞘に納めてもちょっぴり刃がはみ出すので、 おしぼりで保護しながらの捌き。 お互いに信頼感がないと出来ません。
(ナルコ)

ドラえもんパンツ、履く事はないかなって思ってましたが、 勝負パンツになってました(笑)。 何とか横綱に続く事が出来ましたが、次はどうするか… 体ひとつで勝負するのが道場、 凶器を見て腹立たしく感じました。
(恒)

永井大将のビリビリに破けた短パンから見えるドラえもんパンツ、 大将も勝負に出ましたね(笑) 道場に似つかわしくない凶器が…違和感しかありません。 鞘に納めた状態で会長に上段から打ち込むと 「感覚」と「捌き」で床に崩れ落ちてました。 袈裟斬りは…危ないです(自分が)
(シャボ)

ドラえもんを見つけた時、 大将が取組中なのに会長にお伝えしてしまいました。 大将すいません、可愛かったので、つい(笑)。 気付くと道場では見ない凶器が… 今回は鞘付きでしたが次回は… ん〜なんでこんなもんがあるんですかね。
(深山)

■2022年4月9日(土) Vol.6855

クリスチャンの方は、 イエスやマリアを神と称える。 イスラムは、アラーの神かな。
インド発祥の仏教は、 日本には色々な型で残り、 それなりの信者がいるが、 インドでは仏教は小さくなって、 ヒンズー教の教えがある。
俺って、不謹慎だから、 どの神にも願わない。
宗教や思想が根っ子にあって、 その道のトップの人を神と称える、 その方々には、それが信仰心だったり、 神と同格なのかも知れないが、 俺のような者からすれば、それは関係ない。
だからって、無能扱いされる必要もない。 だいたいが、俺、鬼なんでね。(笑)

         雀鬼




宗教の信仰は自由なんでしょうが、 押し付けたりする事で問題が起きているように思います。 他を見下したり、攻撃したり… 自分は宗教に関わる事なかったですが、 仲間との触れ合いで、写真の通り、 今も笑いのある時間を過ごさせて貰ってます。 宗教でこんな事起きるんでしょうか。
(恒)

世の中、神を信じている人の方が 不謹慎な行動をしています。 それに神は紙みたいに薄っぺらい存在で 何もしないどころか色々なものを持っていきます。 それと同様にその道のトップも似たようなものだと思います。
(百武)

信じる者は救われる、などと言われますが、 宗教でも思想でも、救いを求めてしまうのが人間なんですね。 そういうものにどっぷり浸かってしまった人は、 はたから見ると狂っているようにも見えます。
(ナルコ)

■2022年4月3日(日) Vol.6854

高槻塾の連中が来た時は、 みんなして童心に還って、 体遊びをしたり、笑ったりしたな。
俺も次から次へと催し物を出して、 強いシャボと当った時は、 自然にドリフの髭ダンスを踊っている時に、 シャボが、かかって来るが、 軽く頭からでんぐり返しをするシャボ。
宮本のように、毎度、投げられたり、 倒されても、笑えるって、いいよね。
敗ければ、くやしかったり、 落ち込むのが普通の事なんだが、
「体捌き」
の時は、敗けた方が大笑いしている時が、 いい感じなんですよね。
今までの相撲じゃ飽きたんで、 3月度放課後相撲が始まった。
1ヶ月、4回あって、 いまだに一勝も出来ないゼロ点組が5人もいる。
それに比べて、横綱のシャボは、 ダントツの139pと大台に乗った。
他のスポーツで100対0なんてねえよな。
もう一人の横綱である、 シャボの弟分の深山も79点まで伸ばし、 横綱としての責任を十分果してくれた。
3位に入っていた運動部長は、いい味出していたが、 4回目で、恒が大将の意地を出して、 1pを5回出しての5点を上げ、 雲の仲間の運動部長を2点越して銅メダル。
総計で、恒の24p、しげるの22p、 ナルコの16pまでが、2ケタに届いたんで入賞かな。
〇〇殺しの哲、のウータンが、 4回戦で暴れて、、何人かを暗殺して、 0点から一人だけ脱出した。
シャボを見てると、勝つのは簡単だが、 深山以外は、みんな苦労している。
0点組は、男子として、かっこ悪過ぎるよな。 最低でも入賞しなきゃね。
4月度もあって、俺が立っていられたら、 入賞ねらうぞ!!
老兵ながらの漢っ気一つでな。

         雀鬼




会長の髭ダンスは全くの予想外(笑)、 子供の頃にテレビでバカ笑いしてた事を思い出しました。 銅メダルは、やっとこさって感じですが、 横綱との差が大き過ぎる現状は変えていかないとですし、 ナルコやしげる部長のように、 1日1回は横綱を止める事を目標にやっていきたいです。 会長がフル出場したら、髭ダンスだけで100up出来そうですが、 足への負担を考えると…運営側はどんな判断をされるのでしょうか。
(恒)

突然始まったヒゲダンス(笑)。 楽しい場面のノリの良さ、臨機応変さが、 感覚の動きにも通じるのかな、と思いました。 二人の横綱との差はとてつもなく大きいですが、 まずは、1日1Pですね。 さらに伸ばせれば、10Pも見えてきます。
(ナルコ)

会長が髭ダンスを踊り始められ、 ハッケヨイ残った!で気付いたら 回転して倒されていました(笑) 感覚の動きは突然何が出るか分かりませんね。 来場所は会長も出場!? 15分で百人斬りされていたので 何ポイントまでいってしまうのでしょうか(笑)
(シャボ)

■2022年4月2日(土)その2 Vol.6853

可愛い女の子がいるギャル雀っていうのが、 流行っているらしいが、それに比べたら、 家は「フケ雀」。
主だったもんは、大体40代、 かつては若かったもんも、 オジサンになっている。 50代も4人もいる。
大体が、俺が80才目前じゃ、 どこを探しても美しさはねえやね。
打ち筋もトロイは、ボケを残している。 雀力も落ちるばかりで、 嫌んなっちまうよなー(笑)
桜が咲く頃になっても、 俺なんか、厚手の革ジャンで来ている。
冬用のセーターに、 ホッカロン2つつけてね。

         雀鬼




世間の同年代よりは若く見えるのではと思ってますが… 自分も気付けは50代が見えてます。 本音で触れ合い、ふらふらになる程の体の触れ合い、 心から笑える、他では出来そうにないです。
(恒)

最近は、肌寒さを感じるときは、 ズボンの下にタイツをはいたりするようになりました。 年齢の影響はどうしてもありますが、 まだ上達する余地はあると思っています。
(ナルコ)

■2022年4月2日(土) Vol.6852

道場に来てくれて、 2年以上、試合に恵まれてない、 ミドル級のチャンピオンである村田選手。
タイソンのように、 ハナっから相手のふところに入れれば、 どうにかなると思っていたんだが、 対戦相手の大物の来日した顔のアップを、 新聞でちらりと見ると、 長年、多くの試合をこなした割には、 顔つきがきれい。
顔つきを観察する限り、 その大物選手は、左側のパンチで、 相手を倒した様相が見える。 成績通りの強さが伺える。
リングで向き合ったら、 相当な圧力を感じられる、 危険な相手であることは間違いなし。
勝負の行方は、静かに見守ろう。

         雀鬼




自分のスタイルを変えられるかも1つのポイントでしょうか。 会長の解説を聞きながら観戦したいですが… 道場に来られた時との違い、 相手の大物がどんな動きをするのか等、気になってます。
(恒)

いよいよ村田さんの試合が来週に迫ってきました。 相手はかなりの強敵みたいですが、 道場で見せて下さったような感覚の動きが出れば…。 やる以上勝ち負けの結果はでますが、 互いの力が出せるいい試合になって欲しいです。
(シャボ)

■2022年3月30日(水)その2 Vol.6851

20周年の時は、代官山で、 外部のゲストに来て頂いたり、 長時間の催しがあった。
そのメインで、でっかいマグロの 一刀おろしを、5、6人でおろしてくれた。
あれから14年が経つが、 東北大震災を始めとして、 何かと、まぐろ兄弟の関さん、黒澤くんの御二方で、 その時、その場で、上等なマグロを、 どっさり贈って下さっている。 金額にしたら相当の金子が心に包まれて続いている。
逢えば、漢っぽい匂いが漂ってくる御二方。 こちらからは何のお返しもせず、頂きっぱなし。 なかなか出来ることじゃない。
それに比べて、古い知人の武術家は、 俺の前で、一度たりとも、小銭も出したことがない。 余程、心がケチなんだろうね(笑)
上海に長期出張中の上田さんも、 出逢った頃から色々なものを頂いた。
俺って、何もやらない、出来ねえのに、 多分な心遣いを頂きっぱなしです。
俺もケチくせえのか、 あるいは、頼りっぱなしで生きて来たのか、 後者なら、まだましなんですけどね(笑)

         雀鬼




ケチな武術家はテレビで見かけたりしますが、 実情を思い出し何か腹が立ったりします。 無償で心遣いを下さる方々、 家の者からは何で?と何度も聞かれます。 世間には知られない良縁があり、 それを実感させて貰ってます。
(恒)

漢っぽい生き様というのは、 どうしたら身につくのでしょうか? 能力や知識があっても、無理だろうと思います。 その人が元々持っている気質とか、 置かれた環境が影響しているのでしょうか。
(ナルコ)

関さん、黒澤さんのお二人に 上田さんには本当頂きっぱなしです。 いつも「心意気」を感じさせて頂いています。 ケチな人には心意気って有るんでしょうか? 特に古い知人の武術家の方には(笑)
(シャボ)

■2022年3月30日(水) Vol.6850

先日の日曜日、 「34周年記念大会」の垂れ幕や、 麻雀のための集計表等が準備されていた。
俺以外、みんな、そう思ってたことでしょうが、 俺、ハナッから、記念とか大会の文字が消えていた。
俺のアイサツもなし、 シャボが早目に迎えに来てくれていたが、 何かを語ろう、という気分もなし。 それは語れば色々あったんだけどね。
俺、どこから動き出したんだろう。 多分、恒に雲になってもらって、 雲遊びから始まったのかな。
町田道場じゃ、感覚を導いても、 まだ7人ぐらいしか味わえない。
高槻塾の山田を先頭に、 宮本やセイラ等、山田マネの弟子達が、 宮本の出来の良さに引っ張られて、 全員、それなりに感覚の遊びを楽しめて帰れた。 何よりのお土産だったかもな。
雲遊びから始まって、その後、次から次へと、 最後は、中学2年の女子の後ろに結んだ髪束で、 橋本がコロコロやられていた。
午後4時から午前2時だから、 結局10時間やっちゃったんだな。
酒もなし、麻雀もなし、 ただの体遊びだけで、 その日が過ぎちまったな(笑)

         雀鬼




雲の受け手をやらして貰いましたが、 高槻の方々は真っ直ぐに取り組んでいるように感じました。 真面目過ぎて怖いぐらいでしたが、 笑いから入る哲ちゃんの出番から流れが変わったように思います。 楽しくなければ…麻雀はなかったですが、 心と体の触れ合いで、 仲間意識を感じられた1日だったと思います。
(恒)

広げることは悪いこと、とも言いますが、 山田マネージャーや高槻の皆さんに伝わっていくのなら、 いいと思います。 見ても、聞いても、やっても分からない感覚の動き。 いろいろ体験してもらえてよかったです。
(ナルコ)

本部でも難しい感覚の世界ですが、 山田マネージャーをはじめとした高槻の精鋭達は 一通り感覚の世界を体験していました。 次に会える時にどうなっているか楽しみです。
(しげる)

■2022年3月26日(土) Vol.6849

ここ2、3日、体調が変だった。
ふと思ったのは、明日は34周年、 お前も、もう、いい年齢なんだから、 いいかげんに道場を閉めろよ、 という伝えかと思った(笑)
もし閉めてだよ、 道場生達と逢わなくなったら、 俺、廃人になっちまう。
今の道場の現場は、 一番手・恒、2番にナルコ、3番に深山かな・・・・・ とか、来る車の中で思いついた。
なんだ、この順番、 この前の地震の時の暗闇メンバーじゃん。
ずーと、道場は俺の生命線、 と思っていたのも事実。
俺の希望としては、 道場と伴に俺の生命も閉じれるのが ベストなんですけどね。

         雀鬼




何とか34周年、現場の仲間に変化はありましたが、 より近く、濃く感じられるようになりました。 困難から楽しみ、喜びを共感出来るのも現場に居てこそです。 道場が閉まったら…何をしたら良いのか分かりません!
(恒)

年々、人が少なくなっている現実はありますが、 感覚の仲間のように深まり、 強まっていくものもあります。 道場の歴史の一部ではありますが、 輪の中に入れてもらえてよかったです。
(ナルコ)

その年ごとに状況が変化していく中、 その時いる人との新たなつながりや遊びが生まれて、 それを楽しませていただいてます。 この場所があって、居させていただいて、 ありがたいなと思います。
(深山)

■2022年3月23日(水) Vol.6848

電力不足のため、 色々と節約して下さい、 とテロップが流れていた。
一応、俺もそれを見て、 暖房と電気ストーブを消し、 寒ければ、灯油だより。 いつも付けっ放しの一階の電気を消して回った。
光熱費に、多分、基本料金というものがあり、 哲に聞いたら、
「電気代は、3000円ぐらいです」
「安い!!」
我が家は、2人暮らしで、 多分、哲の家の20倍以上、支払っている。
今度の月例会は、大阪から、 山田英樹と有志が参加してくれ、 34周年を簡単に迎える。
山田の義理はありがたいが、 ちょっと狂の部分を残した、 チャッペやヘッドにも、 ちょっとだけ逢いたい気持ちがある(笑)

         雀鬼




暑がりの自分ですがエアコンは普通に使いますし、 他の人と何ら変わりない生活だと思うんですけどね(笑) 普段あまり家にいないからでしょうか。 周年の月例会、会長の誕生日、父の日とともに、 山田マネージャーはじめ高槻の仲間に会える大切な日です。
(哲)

他の道場生と比べても、三千円は安いですね。 僕の場合、寝に帰るだけの暮らしでも、 7~8千円はかかります。 特別なやりくりはしていない、ということですが…。 34周年が近づいてきました。 世の中からどんどん失われている 漢と漢の関係性を見ることができる貴重な機会。 楽しみです。
(ナルコ)

暖房を使う時期に、この料金は普通じゃありません。 テレビは壊れているそうですが、冷蔵庫もなく、 近くの川で洗濯と風呂を済ませていると噂されてます。 今でも話題となり笑いが起きる二人、 気持ちと身体を張った姿が忘れられません。
(恒)

チャッペさんとヘッドは 一昔前の道場興行の二枚看板でしたね。 良いも悪いもあの「素」と「天然」の味が最高で 何度も涙が出る程笑わせて頂きました。 道場も34周年、色々と変化があり 数少ない仲間となって来ましたが、 会長と山田マネージャー、高槻の仲間達と 楽しい1日を作れたらと思います。
(シャボ)

■2022年3月 20日(日) Vol.6847

何にもねえと思っていたんだけど、 自然に起きたことを受けて、 思いついたことをやってたら、 結構、俺、忙しかったな(笑)
暗闇そば食ったり、 恒さんに、初めて弁当を作って、持って来たり、 弱っちい金子と135才コンビで、 3回連続優勝したりさあー。
やっぱ、恒、ナルコじゃないが、 現場に居てこその体験があったよな。
俺なんか、我が家で自室に籠ってたりで、変化がなし。 それに比べて、やっぱ道場生と伴に心を合わせると、 明るく元気に楽しめる。
これなんだよな、なあ、恒さん。

         雀鬼




写真は深山が会長に平手打ち!? 皆が笑っているから違いますね(笑) 自分も仕事が在宅ばかりで、 人との触れ合いがある現場は道場だけです。 現場に居てこそ、本物の感謝、感動、感激を体験、 感じる事が出来ます。 それぞれ問題や大変な事があっても、 心を持って行動する事で楽しみ、笑いが起きる、 楽しくなければって会長の言葉通りの場所が確かにありますね。
(恒)

チーム戦、135才コンビ+ただのデブチームで、 先鋒ただのデブ・次鋒自分と負けるスピードが速くて、 すぐに会長の出番となる。 3回連続優勝ありがとうございます。
(金子)

まさに、気持ちひとつで、 遠方からでも集まってくれる皆さんは、 他では得難い存在です。 会長がいればこそ、暗闇トリオも生まれました。 未だに、楽しませていただいてばかりです。
(ナルコ)

■2022年3月 19日(土)その3 Vol.6846

シャボさん、お仕事、大変ですね。
大横綱が不在の中、 道場相撲は弟分の深山が初の全員斬りを見せ、 本日の総合トップの23p。
2回目までの合計が38pで、 シャボに10点足らずでしたから、 安心して、お仕事して下さいね。
運動部長が、6・2・2・3・2と、 毎回得点で15p。
緒方の奴が、やれば、しげるさんに倒され、
「どうしようもねえや」
と文句を垂れる割に、 他の者にも敗けて、本日も0点。
3番手に細かく刻んで、ナルコが9点。 俺の心ある弁当を食べたはずの恒大将は、 3・4の7点で、今イチ(笑)
熊が3点、BIGが1点、 0点者は、いまだ5人もいる。
その後のチーム戦は、 俺チームは、0点組の金子と緒方。
俺と金子で135才コンビの上に、 只のデブの緒方がついている。
俺、一応、3番手に控えていたが、 2人が弱過ぎて、あっという間に出番。
でもね、奇跡の3連続優勝したよ。

         雀鬼




シャボさんの留守を、 弟分である深山さんが見事に守りました。 新たに三人が初ポイント。 僕は二人目に運動部長が控えていて、 強い押しに苦しみました。 そのあとのチーム戦、みんな疲れがあったと思いますが、 結構盛り上がりました。 会長がいるチームの三連覇は、決して奇跡ではないと思います。
(ナルコ)

水曜土曜と道場に行けず申し訳ありませんでした。 暗闇3兄弟や会長のお弁当に道場相撲、 ホームページを読んでいて やっぱり現場に居たかったという想いが湧いてきます。 また間に合わせれるようやっていければと思います。
(シャボ)

不甲斐なく申し訳なかったですが、 闇麻雀の仲間でポイント取れたのは良かったです。 深山が狙い通り見事な全員抜き、 でも、またもダマテンでしたね(笑) 自分の身の回りだけかも知れませんが、 デブは文句が多い気がします… 0点組とチームになってしまうのも会長らしくありますが、 闇麻雀組でチームを組めたら最高でしたね。 写真は決勝で三回ともあった上手投げ、 解説映像のように会長がゆっくり動かれ、 何故か(当然!?)会長が触れるまで動けない深山でした(笑)
(恒)

やはり大横綱のシャボさんがいないと、 横綱の深山さんが強いですね。 3月度放課後相撲も折返しです。 最終戦までには全員得点がみたいです。
(しげる)

運動部長に対して、文句を言っているとも気づかず、 垂れ流してしまい、失礼いたしました。 しかも、そのことを教えて頂いてるのに、 全く分からない始末。 自分のおかしさ、悪さに、 気づけるように、ならなければです。
(緒方)

シャボさん不在の中、 なんとか一周できたらと思っていて(ダマ)、 何とか達成できましたが、 やってみてシャボさんの先週の4周の凄さが改めて解りました。 会長チーム、3連勝は奇跡ではないですね、 ゆっくり丁寧に上手投げを3回いただきました(笑)
(深山)

■2022年3月 19日(土)その2 Vol.6845

出掛けにさぁ、 生まれて初めて弁当を作って、 肉が好きな恒さんに持って来た。 作った時間は10分余だから、簡単。
一口、肉をつまむと、 この前、持って来ようとして忘れた肉より、 2ランクぐらい落ちる。
「お前、肉変えたろ」
「分かる」
深山が先日、一口食べた方は旨かったが、 恒さんは我慢して食べてくれた。
それでも恒の奥方よりは、 旨かった、とは思うぜよ。 暗闇3兄弟もちょっとづつ食べてくれる。
なんか困った時に、体を寄せ合って、 卓を囲んでいた四人には、 新たな絆があったよなー。
シャボが居なくて残念でしたね(笑)
何もねえ中で、あんなことが起きるんで、 現地の方々には、申し訳ないが、 笑っちゃったよなー。

         雀鬼




会長が作った初のお弁当、一口いただきました! これも貴重な体験です。 僕はすごく美味しかったですが、 深山さんが食べたものより2ランク落ちるとなると、 大将は不満かもしれません(笑)。
(ナルコ)

深山はダマテンでした… 冷めていても美味しい焼き肉弁当、 本当に美味しいからこそですね。 美味しくて評判の焼き肉店以来で、 弁当を開けながら口の中で唾液がたまってましたし、 ご飯は、あと三杯行けそうでした。 心配して電話したのに、 ざまーみろって返してくる家の者とは、 比べようがないほどの違い、 お心遣い、ありがとうございました。 自分には勿体なく感じてしまいます。
(恒)

会長の焼肉弁当暗闇3兄弟でいただきました! 冷めてしまっていても美味しいお弁当、 会長のお料理はやっぱり格別ですね。 ですが、お肉は確かにこないだの方が美味しかったです! 永井大将ダマですいません(笑)
(深山)

■2022年3月 19日(土) Vol.6844

先日、
「何んもねえ!!何んもねえ!!」
と大声を出していた。
哲や、百武が帰って、 恒大将、ナルコ副将と伴に、 15日間、全日参加した深山が遅く来て、 俺には、その価値はなかったが、 卓に入れてもらう。
俺、一局目に一鳴き入れた時、 少し突き上げがあって、 ゆるい揺れが起きた。
「地震じゃん」
と同時に停電。 卓上は真っ暗。
「ローソク、持って来てよ」
みんなして、 スマホの小っこい明かりを灯してくれる。
学生の頃にやった、暗闇麻雀。 3人して、ナルコにやられちまう。
「まだ、やるの」
「もう、おしまいです」
電気が通らないんで、手積み。 3人はぎこちない手で牌を集めて山を築いたが、 俺は卓上に手を出せないんで、 橋本に積んでもらう。
良い手が入らない。 橋本、もう少し、配牌を良くしろよ(笑)
暗い中で、牌を切る者は、 切る牌の名を言う。
赤Dピンと、黒Dピンの違いや、 6ソと9ソの違いが分からない(笑)
緒方が、食事にしましょう、 と板を持ってくる。
その板の合間に、チンイツの爆弾を積んで、 深山の配牌に入れてあげる。
みんな卓を囲んでいたが、 何が起きているのか、分からない様子だった。
暗闇飯を食ったが、みんな黒く見えて、 何を食っているのか、よく分かんなかった。
一局打って、暗闇飯を食って、 俺一人で馬鹿話をしていたが・・・・。
「もう、これも飽きたな」
と吠えると、何と電気がついてくれる。
何んもなかったけど、 4人して楽しい体験が出来た。
現地の方々には、済まなかったけど、 4人で囲む卓には、笑いがあったよな・・・・・。

         雀鬼




「何んもねぇ!」からの揺れと停電。 「飽きたな」の一言で復旧(笑)。 暗闇の中では、料理の味も薄れてしまうんですね。 会長の積み込み、終わるまで全然気づきませんでした。 被災地の皆さんには申し訳ないですが、 不思議で楽しい体験でした。
(ナルコ)

会長がいらっしゃらなかったら、 暗闇麻雀を体験出来なかったですし、 あの面子だったから意味があったと思います。 動作が見えないからか、 いつもより、しっかり打ててるように見えたとの事でしたが、 困難な状況でお互いに気遣いがあったからでしょうか。 揺れの割に起きた、 所々電気が通っていた不思議な停電でしたが、 復帰するタイミングが見事過ぎて笑ってしまいました(笑)
(恒)

停電、地震、普通であれば 不安になってもおかしくない状況でしたが、 周りはいつもいる仲間、 そして何より会長がいらしてくださったことで楽しく過ごせました。 暗闇麻雀、闇そば、会長の言葉のタイミング! いい体験でした。
(深山)

■2022年3月 16日(水)その3 Vol.6843

鉄人の哲が、もう帰ろうとしている。
何よ、今日って、何んもねえじゃん。 何んもねえじゃん、 の声だけが出る。
シャボは仕事上、今週はお休みだから、 突っ込む相手がいない。
居るもんは、ここを守る人2人と、 鉄人の2人だけ。
メンツは悪かないが、 今一つ足りない。
「何んもねえや」
の声と同時に、 終わり頃になって、深山が入ってきた。
でも、何んもねえよ。
そう、思いだした。 昨晩遅く、冷蔵庫から、 これでも作るかと、 カルビの肉を自分なりに作った。
これが結構旨く出来たんで、 ナルコの真似して、 初めて弁当を作って、道場で食べるか、 と決めていたんだが、 出る時には、忘れちまっていた。
初めての弁当、 作りたかったなー。
もうねえな(笑)

         雀鬼




上等な肉を会長が美味しく焼いて、 甘いキムチと一緒にご飯にまぶして… 聞いているだけで、口の中に唾液がたまってました(笑) もうないよっていうのが残念です。 何も無いって所から始まった最後の麻雀、 直ぐに電気も無くなりました…
(恒)

何があったかと言われると 確かに何もなかった感じですね。 会長のお弁当、聞いただけで食べたくなってきますが、 残念ながら御披露目ならず。 もうないとのことですが、 次回があってほしいです(笑)
(哲)

弁当を作るといっても、おかずはコンビニで買い、 炊いたご飯をタッパに詰める程度。 会長御自身が美味しく出来たという焼き肉の弁当、 食べてみたかったですね。
(ナルコ)

■2022年3月 16日(水)その2 Vol.6842

道場だと現場なんで、誰かを捕まえたり、 皆して、何かについて話題が作れるが、 家では、話せばトンチンカンな人が住んでいるんで、 ほとんど語らない。
急に人の声が聞きたくなって、 夫婦二人して、コロナに引っかかった、 トモキの所へ電話を入れる。
「あへあへ、会長ですよね」
相変わらずののんびりした声、
「会長」
の声で飛び出して来た早矢香。
「今日は男同士の話だから」
「私、部屋に戻ります」
と口には出すが、 あのいつもの明るく元気な声で、 割り込んで来る(笑)
「会長、聞いてくれますか」
といつもの手を打って来る。
おめえ達、初めて2人しての共同作業って、 結婚式のケーキカットじゃなくて、 コロナ体験じゃん。
やっと結ばれたな(笑)
「ハイ、2人してなって、  勉強にも共感も出来ました」
よかったじゃねえか(笑)
何んてバカ話が続く。 何にしても明るく語れてよかった、よかった。
その後、俺のまだ若かりし頃、 (たって、50代後半かも) 下北で楽しめたレストランの、 顔はともかく(笑)何んか気があった可愛い娘と、 深夜2時まで、その頃を思い出しちゃ、 あの頃、楽しかったよな、 という話ばっかが続く。
ずいぶんと逢っちゃいないが、 あの頃のまんま話せる。
俺はその娘の日常は分からないが、 その娘はいつもこのHPを読んで、 チェックしているという。
「あまり見るなよ。  LOVE、M子って書いちまうぞ」
時が至って、 本当は娘もオバチャンになっている。
学生だった娘が、 今は仕事上で支配人という、 責任ある立場にいるらしい。
時が過ぎるって、嫌なもんだ(笑)
娘がオバチャンとなり、 イケイケバンバンの青春時代を送っていた俺は、 本物の爺ちゃんになっちゃっている。
今は今なんだろうが、 巻き戻しが出来たら、 又、色んなことが出来たのに、 只、思うばかり(笑)

         雀鬼




自分は道場に通いだしてから、 もうすぐ24年、年を取ったなって思う事もありますが、 現場にいるからか、年数ほど年を取った感覚がありません。 若い頃は間接を極められて悲鳴をあげて、 今は触れずに倒されて笑っている、 変わった物、変わってない物ありますが、 触れ合いを続けられている事が有り難いです。
(恒)

あへあへ、会長って(笑) トモキさん、そんなの初めて、聞きましたよ!! 早矢香さんも、いつもの明るく元気な早矢香さんで良かったです! M子さんは、以前、HPでシャボさんの大胸筋をアップしたら、 喜んで下さってましたね(笑) また、アップしなきゃ、ですかね?(笑)
(緒方)

あへあへ、会長(笑) お電話いただきありがとうございました! 会長の本、購入して読ませていただきました!
(トモキ)

会長お元気ですか?! ホームページを見て二人で大笑いしました! その節は男同士の話にお邪魔してしまい 申し訳ありませんでした! 空気が読めないのと 男勝りの一面があるのは相変わらずです(笑)
(早矢香)

■2022年3月 16日(水) Vol.6841

俺って、ほとんど立ち仕事もなく、 やっても座り仕事ばっかだったな。
家でも、自室でベッドの上に座っているか、 横になって、何かしている。
たまに入室する玄関近くの和室でも、 一人で居る時は、畳どころを使わず、 周り廊下になっている場で、 外の風や陽に当たったり、 庭にある梅の木なんかを眺めて、 一服しながら、小鳥が止まってくれるのを、 籐のイスに座って、ゆったりしている。
応接間には、あまり入らないから、 ソファには座らない。
キッチンの隣にある食事処では、 座イスに座って、 軽く飯を食ったりするだけ。
だから、今じゃ、胡坐もかかない。
神や仏の前でも正座をしないから、 人前でも正座はめったにしなかったなー。
行儀が悪いのは、 幼き頃から、ずーっとだから、 どうしようもねえよな(笑)

         雀鬼




行儀が良い人を見ても、 真似したいとは思わないですが、 会長のちょっとした立ち姿にカッコ良さを感じたりします。 体型的にも真似出来る訳ではありませんが。
(恒)

会長のお足は今は厳しくなる一方で、 床に座ったり、立ちっぱなしっていうのは、 無理が来てしまいます。 でも籐のイスに座って、 お庭を見られている会長の姿を想像すると、 なんか、いいなぁと思います。
(緒方)

■2022年3月 13日(日) Vol.6840

シャボと深山に着いてけよ、 と始まった挑戦、自己が出す目標記録に、 6場所やって、誰も届かなかった。
2人と皆んなの差は、 三役格と幕下クラス以下の差がある。
ていうことで、昨日から、 今までの本場所に戻して、 1人止めて、次に勝てば1p制に変えた。
8人倒します、6人斬ります、 と言っていた者が、なんと一人も倒せず。 また0点が8人も出た。
来週は、仕事が重なって、 出場出来ないシャボ横綱が、 来週の分もと鋭い動きを見せる。
4度出場機会があって、12人出場の中で、 全て完勝して、延べ48pを入れる。
シャボと深山と俺はオープン参加だが、 ここんところで一番強い相撲を取っていた。
深山も8、2、5と斬って15p。 それを目標試合の一回で取ったのは、 お見事だったね。
幕下の部では、 ナルコの動きが前より良くなっていて、 初回で5pをあげて、 4pの最低合格点を一回で超えていた。 しげる運動部長が、1p、2pの3点。 2人だけがポイントをあげた。
目標挑戦の時は、一度きりだったが、 本相撲では、4回近くのチャンスがあるのにね。
力相撲じゃ、3分もたないよなー。
「捌き」
のTシャツには、力はいらない。 その上の
「感覚」
身心に力に頼らず─ 無に近づく
難しいのかなー

         雀鬼




新しい仕組みになって、いきなりシャボさんが4周勝ち抜き! 深山さんも二桁ポイントで、やはり実力が違います。 ほとんどの場合、勝ち進んでくる 二人のどちらかに勝たないといけないので、 そこが頑張りどころです。
(ナルコ)

新しいポイント制度で みんなこつこつポイントをあげるのかと思いきや、 そうはなりませんでしたね。 大横綱のいない来週は、群雄割拠となるのでしょうか。
(しげる)

何とかしようと思うと、力に頼り、 バテてしまうのが幕下クラスですね。 練習して身に付く物でもないのが難しく、 常識とは違う所にあるのかなって思ったり… 最終的にはセンスなんでしょうか。 考えても無駄かもしれません(笑)
(恒)

普段の生活の中で力んだり、 力に頼った動きをすることが身に付いてしまっているので、 なかなか力まないということじたいが難しいですが、 道場で会長や仲間達との触れ合いの中で、 捌きや感覚の動きを体験させて頂ける時があります。 そういった動きが僅かでもできるようになると、 変化が起きてくると思いますが…、 心身の力みに頼らず無に近づく、 自分にはかなり難しいことですが、少しでも近づきたいです。
(シャボ)

新しい体制になっての初日、 シャボさんが強い強い! 来週来れないというのもあるのでしょうが、 やっぱり頭1つ以上抜けてますね。 自分も何とか2桁にはいきましたが、 やっぱり力味からかシャボさん以上に疲れてました… 力に頼らずの境地、少しでもやれたらと思います。
(深山)

■2022年3月 12日(土)その2 Vol.6839

道場には、番付表が2つある。 一つは卓上相撲、一つは本相撲。
恒大将は、6週連続、本相撲にトライしたが、 全て軽く失格した。
卓上相撲の方では、恒、 今場所も全勝で、25場所連続優勝と圧倒している。
百武も、27場所連続、勝ち越していたが、 ウータンが通り名を〇〇殺しの哲に変えたら、 先ず、百武が、やられちゃった。
ウータンって、やらかしちゃ、 赤い服を着て、引き籠っちまう。
変った人ですね。
ウータンは道場年期が最高歴だが、 特有の物体なので、 ウータン研究会が存在する。 だが、いまだ答えが出ないらしい。

         雀鬼




本人含め仲間が楽しみにしている時、 突然姿を見せなくなるのは、ウータンぐらいです。 研究する事自体が無駄かも知れませんが、 何故かやめられません。地下にウータン施設があるとか…
(恒)

金曜日の最終戦でウータンと対戦しました。 数ある殺し技の一つでやられて、 白い服を着せられてしまいました。 ウータンの気分は山の天気より変わりやすく、 全く予測不能です。
(百武)

永井さんの連続優勝に百武の連続勝ち越し記録、 どちらも継続する凄さを感じます。 そんな中、まず百武がウータンに目をつけられてしまい餌食に。 ウータンの研究はもう10年以上していますが、 たまに新たな発見はあるものの それでも全体の1%も解明されていないんじゃないでしょうか。 いまだ自分達はずっと同じ道をぐるぐる歩かされている感じです(笑)
(シャボ)

まずはひとり・・・(笑) ってあれは他にも要因が・・・。 自分でもわけが分からなくなってしまうことがありますが、 それも自分でそうしてしまってることなので、 自覚しないといけません。 まぁ、それでも解明などできないでしょうがね。
(○○殺しの哲)

引きこもっていたと思ったら、 ○◯殺しになって戻ってました。 以前は部屋の師匠でしたが、今は僕の弟子。 本当に変わった奴です。
(ナルコ)

■2022年3月 12日(土) Vol.6838

上を見ても、下を見ても、 人間が作る世界は問題だらけ。 そういった難問題を作る人達が蔓延っている。
俺は知らなかったが、 今、猫ブームなんだってね。 コロナ禍で、良く言えば、 猫に癒しを求める人が増えたらしい。
癒されている内はいいが、 世話が面倒くさくなると、 捨てたり、殺処分をしちまうらしい。 その裏で、親が子供に成す虐待が見え隠れする。
子猫は、親から離されると、 下痢だけでも死んじまうらしい。
先月だったか、親が孫を連れて我が家に来て、 ネコ買ってよ、の一言。
ついて行くと、奥のペットショップで、 犬や猫が檻の中に一匹ずつ入って、値が付いていた。
気分が乗らない俺だったが、
「どれよ」
「この子」
一般の人の給料以上の値が付いている。
俺が知っている子猫は、街の角あたりに、 段ボール箱に入れられた子猫たち。 可愛がってくれる方、飼ってやって下さい、 の貼り紙があったっけ。
ショップで買う人がいるから、 劣悪業者が懐を温める。
俺も、親の一言と孫の要望で、 それに乗っちまったよ。
猫には罪はないが、その仕組みに腹が立ち、 怒りを、じっと抑えていた。

         雀鬼




自分の飼っていたペットは雑種でしたが、 15年ぐらい生きてくれ、家族や友達のような存在でした。 それにしても、寿命が短過ぎて、もう飼いたくありません。 値段が付けられたペットが並ぶ ペットショップには近寄りたくないですし、 人間の都合で去勢される話も嫌な気持ちになります。
(恒)

自分の子供のころの犬猫なんて、 生まれたから、譲ります、もらいます、ばかりで、 血統書なんて気にしない人がほとんど。 会社員の給料以上の金をかけてでも手に入れたいって人が、 今は普通にいるってのが信じられないぐらいです。 裏にある子ども虐待、の一文には、 そういうことなのか、とつながってる感じがしましたし、 高い金で買う現代人の姿に、好きだからだけではない、 自分の都合にいいものを選ぶ思考もあるような気がしました。
(緒方)

昔、実家で犬を飼っていましたが 妹が保健所から引き取ったのでダダでした。 近所の妹の同級生の家も拾った雑種。 たしかに最近は名のある犬種しか街で見なくなりました。 たまに悪徳業者がニュースで取り上げられています。 中国では犬猫が箱詰めされて配送されるらしいです。 狂おしい話です。
(百武)

猫一匹に数十万円…。 ペット業者なら、弱った猫から売るのでしょうね。 死んでも飼い主の責任。ひどい商売です。
(ナルコ)

■2022年3月 9日(水) Vol.6837

PCトラブルのため・・・・ PC?何よ?
それすら、分かんねえもんが、 長年、原稿用紙に意味もない、 いいかげんなことを書き続けてきて、 3月6日(日)で、 Vol.6835本にもなっていた。
俺から道場生への一文の想いは 変わっていない。
コロナも相変わらず無くなっていないが、 たまにTVをつけると、 ロシアとウクライナ問題が、 大きく取り上げられているようだ。
そりゃ、そうだよな。
第三次世界大戦にまでなっちまったら、 日本は危ないよな。
ロシアもゴルバチョフ以来、 世界を騒がしている。
先日、道場生の一人から、
「会長、平和ってあるんですか」
ねぇな、 としか答えられなかった・・・・・

         雀鬼




道場では、争い起きても笑いに変わったりしますが、 ウクライナで起きている事は、気持ちがへこんだりします。 何が本当なのかなって思ったりもしますが、 これ以上悲惨な事が起きないで欲しいです。
(恒)

「平等」と同じで「平和」もない、 とのお答えにすごく納得しました。 戦争は本当になくなって欲しいと思いますが… 今もこれから先の時代も人間には難しいのかなと思います。
(シャボ)

ウクライナに武器を与えるアメリカ各国。 日本もロシアに経済制裁を課したりして、 もう無関係ではないですね。 ロシアが核を使うのでは?、という報道もあり、恐ろしいです。
(ナルコ)

■2022年3月7日(月) Vol.6836



※【3月11日・追記2】
無事に復旧いたしました。 通常通りに戻りましので、 どうぞ、よろしくお願いいたします。
------------ ------------


※【3月8日・追記1】
復旧につきまして、 3月10日(木)の予定となりました。 復旧完了後、またお知らせいたします。
------------ ------------
牌の音より。
現在、PCトラブルのため、 メールの確認が出来ません。
道場へのご連絡につきましては、 お電話で頂きますよう、 お願いいたします。
期間は3週間前後を予定いたしております。 通常に戻りましたら、 こちらでまたお知らせいたしますので、 どうぞ、よろしく、お願いいたします。
連絡先 042-728-8808 13:00〜24:00
牌の音

■2022年3月6日(日) Vol.6835

ある意味、心や想いや思考は、 誤魔化せたり、嘘も含まれるが、 まだ体の方が正直に近いよな。
第一回目の何人斬りの目標は、 精一杯取って、シャボと深山の二人が、 30人、15人の目標を出して、一発で合格したが、 その次に続く者が全く出てこない。
妄想や幻想を目標に出しても、 それは夢や希望と違ったものとなって現われる。
昨晩は6回目の挑戦。 空気持なんだろうが、 一番手の申込者から5番手まで、 一人も倒せず、失格。
6番手の申告者のナルコが、 5人の申告を出して、 力相撲じゃない、体の動きの良さで、 4人まで抜いたが、 くじ引きの最終対戦者の名にシャボが入って、 立ち合いで上手く動けたが、 すぐ立て直したシャボに敗れた。
9人の申込者の中で、 6人が一人も倒せないじゃ、 話しにならない。
その後のチーム戦で、 悪魔軍団のウータン大王チームに、 先生が将軍、熊の伯爵と、 名誉ある名だけはでっかいが、 やはり、6チーム中、全く人気がない。
ナルコ一人が、いい人を代表して、 悪魔軍団の3人を、 2度続けて破滅させてくれた。

         雀鬼




何人斬りの方は、建前や理想が入ってしまったでしょうか。 心と体を修正して、再チャレンジさせて頂きます。 悪魔軍団、人気もないですが、チーム内でも気遣いなく、 頑張って疲れた人に優しさのかけらもなかったですね。 関心がないのかな。 将軍を名乗ってた者が、一番弱い… このチームには加わりたくないですね。
(恒)

シャボさんや深山さんと比べて、 弱くて甘い自分ですが、 まずは公園デビューより手前、 寝返りやハイハイから始めようと思います。 つかまり立ちが出来るのは、果たしていつの日か…。
(ナルコ)

■2022年3月5日(土)その2 Vol.6834

昨年だったかなー、一般紙で対談した、 ミドル級WBAスーパー王者の村田選手の、 コロナで延期された試合が、 4月9日に、やっと開催される。
向き合って見ると、 動きに圧力があって、 早いし、スタミナもあった。
世界チャンピオンだから、当然のごとしだが、 一番、驚いたのは、 俺が出したシロウトパンチに、
「会長、打った後の手の動きが見えませんね」
の一言。
打って来るパンチは当然のことだが、 打ち終わった後の、 相手の手の置き場を指摘するとは、 流石、チャンピオンっていう気持ちにさせられた。

         雀鬼




本物の方は、視点や気付きが全然違うのかなって思いました。 それでも、こんなに期間が空くと、調整も難しそうですが、 ラストチャンスとなる可能性もありますし、 無事に開催されて欲しいです。
(恒)

道場にいらっしゃったのは、 もう一昨年のことになります。 会長と触れ合われての、その時の感覚、体の動き、 真剣に向き合われていました。 当時の現場に入れた者として、楽しみにしていますし、 これ以上、状況に振り回されずに済むことを願います。
(緒方)

■2022年3月5日(土) Vol.6833

久し振りに顔を出した学校の先生、 何故だか興奮して、 今話題の人物、プーチンのことを、 「高級な人」と呼ぶ。
国連総会のロシアの行動に対しての決議で、 141ヶ国が、ありゃダメだ、 と票を入れたらしいが、 OKですよ、と答えた国が5ヶ国、 棄権した国が35ヶ国、 無投票が12ヶ国。
ロシアとのしがらみや、 国の在り方によって、 52ヶ国がどっちつかず。
誰が見てもあれって戦争だ。
戦争反対、戦争には平和はないのに、 世界の1/3の国がどっちつかずって、 やっぱ人間は争うこと、 戦うことが好きなんだよな。
歴史を見ても、 戦争がない時代ってねえよな。

         雀鬼




将棋と将棋をやる人にしか興味がない先生、流石です… 最近はコロナよりウクライナ情勢に関心あったりします。 侵略者側も現場では、知らないまま命の危険にあったりして、 利権とか全く関係ない人が一番酷い状況になっている事に、 どうしようもなさを感じてしまいます。
(恒)

自分は相変わらず不安や恐怖で 情緒不安定な発言ばかりですみません。 武器商売や政治が絡むのか、 戦争が加速しそうで怖いです。 人は争いを好むようなので、気を付けたいと思います。
(牧野)

戦争を始めた理由について報道されていましたが、 到底納得できるものではありません。 そんなに戦いたいなら、 高級な人達同士で直接やってくれ、という感じです。
(ナルコ)

「高級」という、敬う言葉が思わず出てくるあたり、 先生らしい価値観を表していますね。 世界の1/3が利害を考えて、態度保留。 国にしろ、個人にしろ、 利益を追う戦略が幅をきかせている中では、 戦争は無くならないと思います。
(BIG)

やっぱり先生もプーチンもどーかしてますね。 時代は繰り返される、 他人(他国)より多くの利を得たいとか 欲に際限がなくなってしまうんですね。 本当に人間の歴史は戦争の歴史ですね。
(シャボ)

■2022年3月2日(日) Vol.6832

日曜日の俺って、 すげえタチが悪かった。
ベシャリもネチネチ、 やることも、てめえ勝手。 分かってはいたが、 タチの悪い俺のまんま。
恒大将の母上が送って下さった、 旨いサツマアゲを、うどんと伴に、 飯と一緒に食っちまった。
「これは、食い逃げもありだな」
心の質(タチ)の悪さが、ささやく。
遠方組のいい人、ビッグさんや金子が、 電車組の次に、食卓に着いたところで、
「シャボ、お前も早く食っちまえ。  食ったら、とっとと俺を送る車、取って来いよ」
ひでえもんだ!!
いつも最後の食卓に着く恒大将や、 ナルコ、深山達は、唖然としている。
「ナルコ、今日は誰も乗っけねえ。  ウータンの車で帰れや」
ひでえもんだ!!
彼等の食事が卓に並んで、 今にも食べようとした寸前に、 シャボが戻って来て、
「とっとと帰るぞ」
アイサツも気遣い一つもなしで、 とっとと先に帰っちまう。
道場生達は、何も悪かねえのに、 俺のタチの悪さの虫が這いずり回る。
ジョークや遊び心でもない、 ただ、そういうやからに、 急に成りたかっただけ。
ひでえもんだ!! 全くよ!!
嫌味、嫌がらせ・・・・・。
我ながら、最低の野郎でした。

         雀鬼




会長が帰られたあと、 ポカンとしたままご飯を食べました。 シャボさんもいないので、完全に平日モード。 帰りは歌田に送らせましたが、 自分にそういう貫禄はないですね。
(ナルコ)

車に乗られた後も、一切声を掛けられる事なく、 最後まで抜かりなかったです(笑) 質が悪いとは思わなかったですが、 自分が何かやらかしたか、 誰かに何かを示しているのか、想像したりしました。 また楽しい会長に戻られて、安心しましたが、 不安から考え込むと、的外れな方向に行くもんですね。
(恒)

■2022年2月27日(日)その2 Vol.6831

放課後に残った疲れているはずの道場生。
シャボと深山だけは、 1回目で見事達成したが、 後の者は続かず、 とうとう5回目のチャレンジ、 そして、また、全員失格。
俺から見れば、 幼な子の公園デビューみたいなもの。
くじ運の対戦者の4番手に、 シャボの名が入った。
こりゃ、無理だ!!
今日は、前の日がそれなりに俺の出番があったんで、 少し寝て、早目に道場に行こうとして、 眠って固まった体を早目に柔らかくしようと、 ベッドで全裸になって、 熱い湯を沸かして、タオルを熱めにして、 背中、お腹、足、腕と、 全身に熱い湯治療をやった。
1時間ぐらいかけて、 後はふりちんのまま、身支度をする。 思ったより、冷えてない。
さぁ、出掛けるか、と思ったところへ、 夫婦そろって、倒れちまった早矢香から電話。
「会長に、叱って、怒ってもらいたくて、  電話しました」
早矢香らしいが、声が死んでいる(笑)
話を聞いていたが、 別に怒る理由がない(笑)
病気を持ち帰ったのは旦那らしい。 早矢香は旦那を少しも責めないが、 電話を切る前に、旦那に、
「早矢香にダメなものを持ってくるな。  俺が怒っているぞ」
の一声を付け足す。
暖房を全て切ってたんで、 体が冷えて来ていたけど、 二人のことを思うと、 それは口に出せなかった。

         雀鬼




「元気じゃなければ早矢香じゃない」 「声がでかくなければ早矢香じゃない」 早矢香さん、会長のお体冷やしちゃってますよ!(笑) お二人とも早く良くなって欲しいですが、 しばらくは道場出禁ですね(笑)
(シャボ)

大横綱を抜かない限り達成出来ない状況、 それでも幼子の公園デビューレベル、 厳しいですが諦める気はないですし、 捌きの入り口でも身に付けてみたいです。 早矢香さんは会長と話が出来て、活が入ったでしょうか。 直ぐ近くにある感じという話もあり、 道場生も今までの状況に安心せず、気をつけないとです。
(恒)

元気の無さは、道場では格好の標的になりますね。 まずは、声を治してもらうのが良さそうです。 声が戻れば、病気なんて治ったようなものだと思います。 あと、旦那さんの反応が気になります。(笑)
(BIG)

■2022年2月27日(日) Vol.6830

いい人のビッグさんは、他の者は別にして、 シャボ横綱と当たると、まさに秒殺。 1000敗ぐらいしているんじゃないかな。
昨晩は、そのBIGさんに、 いかにシャボを倒させるかを、 ちらりと新造した。
当然、努力も練習も鍛錬も、 これっぽっちも入らない。
瞬間の「起き」
あの最強のシャボがハッケヨイ残ったで、 ビッグさんに、ソファまでぶっ飛ばされる。
凄いことは少しもないが、 おかしかったな。
三人トリオの深山も橋本も、 軽く倒されているが、 やっぱり、そんな分けはない、 と思っているシャボがやられると、 楽しいやね(笑)
最初はビッグさんの隣っていうか、 後ろ側にいたんだが、 何かを疑っているシャボが、 会長は離れていて下さい。
「分かったよ」
横綱の申し込みを受ける。 でもシャボ、やはり飛ばされている。
会長、離れたところのイスに座っていて下さい。
「分かりました」
又、やられる。
会長、座ったまんま、 腕を組んでいて下さい。
「分かりましたよ」
まだ敗ける。
あの日、あの時、 又、新たな現象が起きていた。
ビッグさんが、30分ぐらい勝ちっぱなしだったな。 これだから、おもしろい。
いい運動でした。

         雀鬼




ハッケヨイ、残った!で前に踏み出すと、 いたはずのBIGがいない!? そのまま前につんのめって、 ソファーの上で一回転して、勝負あり(笑) BIG強いじゃん! 会長を疑る訳じゃないですが…何かが起きてますね(笑)
(シャボ)

ビッグさんは、シャボさんに 触れてないように見えましたが、肩透かし!? 鍛練した訳でもないようですが、何度勝っても勝ち誇る事なく、 いつもの笑顔のビッグさんでした。
(恒)

感覚の遊びに加えて頂き、楽しかったです。 いつもは、シャボさんに、あっという間に吹っ飛ばされているのに、 昨日は、なぜか自分をすり抜けて後ろに飛んでいました。 自分からしたら、いたはずのシャボさんがいない、でしたね。 会長とシャボさんのやり取りは、いつも面白いです。 最高のチームですね!
(BIG)

■2022年2月26日(土)その2 Vol.6829

お父さん、道場に行く前に、 ちょこっとでもいいから、家へ寄って下さい。
「解ったよ」
よろしくお願いします、と小声になって、涙声。
先日、一緒に買いに行った、 アイルランド産の何十万もする 高価な子ネコを、孫が、そーと俺に抱かせる。
孫は、手乗りになったインコを指に止まらせ、 人としての会話がない生き物とのふれあい。
ネコの名前は、
「次郎」
と名付けたらしい。
これで孫達の一家は、オール、ペットづくめ。
俺も、幼き頃には、 小鳥や伝書バトを何羽も飼っていたが、 犬やネコは飼いたいと思わなかった。
今、何を飼いたいかと思ったら、 やっぱ鮫とかワニを望む(笑) 5mぐらいのなー。
コンビニに寄って、 買いたいものを、どさっと買って、 珍しく、道場に顔を出していい、とくる。
遠い場から着いたばかりのシャボ、 その遊びに捕まって、汗びっしょり。
「ゴメンネ、シャボさん」

         雀鬼




シャボさんに起きている事が理解出来てないのか、 ちょっと乱暴な所もあったお孫さん。 でもワンパクなぐらいが子供らしくて良いですね。 人との触れ合いの楽しさを感じられると良いなって思います。
(恒)

去年の夏以来のお孫さん達とのちょっとした触れ合い、 倒れている自分をお兄ちゃんの方は 優しく、柔らかく触れて起こしてくれたと思ったら 急に乱暴になったり(笑) ペットとばかりじゃなく、 たまにはこんな触れ合いをしに来て欲しいですね。 汗だくになるけど(笑)
(シャボ)

シャボさんの救助のお手伝いをしてもらいました。 固まったシャボさんを攻撃したりしていましたが…(笑)。 家や学校では決して見られない現象ですが、 どう感じたのでしょう?
(ナルコ)

■2022年2月26日(土) Vol.6828

正月月が終ったと思ったら、 もう2月の月末。
月日が光陰矢の如し、 あっという間に過ぎて行く。
楽しい時は早く過ぎるが、 苦難の月日も早いもんなんですね(笑)
卓上番付の方は、恒大将の優勝が続く。 24場所連続で、他との差が大きい。
10年ひと昔っていうが、 今はヨボヨボだが、7年前の写真が出て来た。
クルーザーに乗って、 先端に両足を船体から浮かして、 両腕を組んで、後ろ向きに立つ俺。
大海は、あくまで澄み切って、 マンタ通りを船は進む。
今じゃ、とても出来ない立ち姿。 身も心も、まだまだ柔らかそう。
「古希を過ぎ、鮫と遊むる」
と自筆の言葉が入っている。
自分で云うのも何だが、 この頃は、まだまだ青春だったなー(笑)

         雀鬼




卓上番付は壁にならなければと思って続けてますが、 楽じゃない時にこそ学びがありました。 写真を見て、こんな綺麗な海で 遊ばせて貰ったんだって思いました。 一番の思い出は鮫に囲まれた事でしょうか。 皆して、会長の背中に隠れてましたね(笑)
(恒)

海に抱かれた会長の写真、カッコいいですね。 何か、御体に負担にならないような行き方は ないものでしょうか? この写真を撮ってから、まだ10年経っていないのですね。
(ナルコ)

■2022年2月23日(水)その2 Vol.6827

哲っちゃんには、四季感がない。 一年を通して、Tシャツいっちょ。 衣替えもない。
俺なんか、大変。
季節ごとに、二階の衣裳部屋や、 クローゼットから、 衣を降ろしたり、上げたり。
当然、それは、俺はやらない。 家人に任せる。
ナルコも大変だ。 2日に1回は仕事前に洗濯し、 弁当も作るらしい。
俺なんか、いまだに洗濯機を使用出来ない。 たまにキッチンに立つことがあっても、 弁当は作れないよな。
生活感って、それぞれなんだろうけど、 俺は、一人じゃ、とても暮らせない。
結婚生活も一応、長いんだけど、
「お帰りなさい。  お風呂にする、食事が先?」
なんていう夫婦間のセリフは聞いたことねえな(笑)

         雀鬼




弁当といっても、炊いたご飯以外はコンビニ頼りですし、 寝坊して洗濯出来ないこともあるので、 一人暮らしできているかというと、微妙です。 生活感や季節感、そういう彩りが欲しいですね。
(ナルコ)

年間通して道場内での服装がTシャツ一枚の自分、 確かに四季感はないですね。 昨日の昼間は少し寒く、 上に羽織ろうかと思いましたが 信じてもらえませんでした(笑) 季節感や生活感がもう少しあればなぁ……。
(哲)

自分は結婚生活の中で聞かれた事ありますが、 だいたい不機嫌そうでした(笑)
(恒)

■2022年2月23日(水) Vol.6826

月曜だったかなー。
日曜日の12時頃、 珍しくだるさを越えた眠気が来ていた。 深山に肩回りを揉んでもらったら、 落ちそうだった。
その前の5日ぐらいは、 眠るのが午後1時過ぎだったが、 2時に道場を出て、我が家に帰って、 横になりたい気分になって、 その日は早目に眠ってしまう。
何度かトイレ等で起きたが、又眠る。 12時間が過ぎ、まだ眠るっていうか、 倒れるように眠っちまった。
当然、食べるのも話すのも抜きで、 ひたすら眠る。
自分が何かに向かって、 少しずつ変化していくのを感じる。
これからは、 成すことも変わっちまうかも知んないな(笑)

         雀鬼




会長に起きている変化、成される事が変わっても、 自分は追い掛けて行きたいです。 写真のような状態になってしまう事もありますが… イタッ!
(恒)

お歳やお体の具合でのあまり良くない変化は どうしても出てきてしまうとは思いますが、 漢として大切にすべきものや童心といった 会長らしさはずっと変わることなく持たれていて、 これからもお体の変化はあるかも知れませんが、 会長のお背中を見て皆と歩んで行けたらと思います。
(シャボ)

■2022年2月20日(日) Vol.6825

昨晩の夜食は、「フードサヤカ」店の 俺のお好みのローストビーフを、 御二人の出発を祝う気持ちがある仲間と、 食べましたよ。
薄く切ったローストビーフに、 ショウガと少々の醤油だれに、 野菜を挟んで頂きました。
イチゴを分けてくれなかったシャボも、 旨そうに食べ、 何より、恒大将においしく食べてもらいたかった。
物事には、全て要点がある。 その要点に気づかなかったり、 関心がない奴は、やっぱ、何か抜けていて、 間に合ってないよな。
俺、今年の冬期オリンピックで 一番感動したのが、 5種目7レースにも出て、 やっと金メダルを一つ取れた、 高木美帆選手。
表彰台の真ん中に立った時、 両側を挟んだ海外の選手は体が大きくて、 体に合うスパッツをはいて、 元々、顔も整った上でメイクが上手。
美しさだけを求めれば、 海外の選手が圧倒的、 美帆さんは関係者どころか、 言い方は悪いけど、掃除婦のオバサン。
グレーの伸び切ったジャージに、 黒っぽいボロ靴(ごめんなさい)、 俺はその姿を見て、勝った敗けたより、 この人こそ真のアスリートだと思えた。
姉さんの方は、それなりの会社に入られて、 勝てば、スポンサーから2000万ほど賞金が出て、 会社での立場も昇格するらしい。
まぁ、それが普通の流れなんだろうが、 美帆さんは、日体大に残って、 金を取っても、報奨金はゼロ。 昇進もなし。 特別な手当てもなし。
プロになれば稼げるのに、 彼女はそれをよしとしないタイプだとさ。
かっこいいよな。
政治と金に並んで、スポーツ界も、 スポーツと金の仕組みが しっかり出来上がっちまった。
スポンサーという狼社会に 食い込まれないでいて欲しい。
あなたは真のアスリートです!!

         雀鬼




おいしいローストビーフをたくさん頂き、 ありがとうございました。 「フードサヤカ」はスポーツ界のスポンサーと違って、 気持ち第一ですね。 今日の電話のやり取りでも、楽しさが伝わってきて、 道場内でも笑いが広がりました。
(BIG)

週末に食べると決まってから、 永井大将は楽しみにしている様子でした。 実際、僕たちには贅沢な味でした。 高木選手のようなアスリートが勝つのが、 本当に良い結果なのだと思います。 次のオリンピックでも、勇姿を見られるでしょうか?
(ナルコ)

ローストビーフは道場に来るまで、 食べた記憶がないですが、ショウガを使った、 これもまた経験のない食べ方で、美味しく頂きました。 どれ程の肉かは分かってないですが、 会長の良縁に触れ合う事が出来ている事、 何より会長のお気持ちに有り難い限りです。 冬季オリンピックは、あまり興味なかったですが、 会長のお話で、次回も楽しみになってきました。 今回あまり表面に出てこないスポンサー、 気持ち悪さを感じてしまいますが、 とにかく引っ込んでいて貰いたいです。
(恒)

自分はイチゴだけでなくローストビーフまで食べさせて頂き、 永井さんにはまた贅沢し過ぎだと怒られてしまいそうです(笑) スポーツもたくさんの競技があり、 多くの競技者がいる中で真のアスリートと言える人は 本当にごく僅かなんだと改めて感じました。
(シャボ)

■2022年2月19日(土)その2 Vol.6824

シャボと深山は一回目で達成したが、
「もうやらないよ」
と誰も挙手しなかったはずなのに、 今日は四回目の挑戦。
恒大将と、万全全知全能の冠を持つウータンが、 8人斬りの申し込み。
大将2人でオジャン。 ウータンは6人まで登った。
計8人、オール失格。
合間に深山が6人、 俺が7人、 シャボが8人斬りの暫定出場。
8人ぐらい、まるで遊びだわな。 エッヘッヘ!!(笑)

         雀鬼




情けなさを感じながらも、 懲りずに4回連続で出場させて貰ってます。 達成済みの方々は自分が越えられない山を 遊び感覚でクリア! 情けなさは痛感しておりますが、多分懲りないです(笑) 写真ではウータンが一番の笑顔、 普段の触れ合いでも、その感覚を持てたら良いですね。 またやらかす前に…
(恒)

8人くらいなら赤ちゃんの公園デビューで 砂遊びみたいなもんですね。 エッヘッへ!(笑)
(シャボ)

■2022年2月19日(土) Vol.6823

ワクチン、3度目に行って来た。
その前日、何故か夢で、 プロレスのリングに上がって、試合をして、 起きたら、あちらこちらが痛かった。
その痛さと、ワクチンを打った痛さと、 どう違うのか、試したかった。
ワクチンの方は、2度目より、 異和感を少し感じたぐらい。 プロレスの夢の方が痛かった。
前回は長い列を4つ通って、 通路の一番の終わりの所で、 下でつまづいて、囲まれた枠をぶっ倒して、 外の通路まで飛び出ていたが、 怪我もなしだった。
今回はラスト時間に行ったので、 通路に誰も居ず、 家人がコースの入口で 車イスを準備して待っていたから、楽チン。
書類を出す所で、 お名前は書けますか。
(笑)ハイ、度々、文字を書いてんで、 大丈夫です。
「達筆ですね、うらやましい」
車イスに乗るこの方、 脳で体も不自由なのか、 の気遣った手前から出た言葉。
終わり頃だったんで、 カーテンの隙間から見える、 それなりの医者らしい人達は、 みんなイスで眠っている。
俺の担当は大学生ぐらいの若さの女性。 さすが若い人はタフだ。
何事もなく終わって、家人が、
「外食しよう」
俺はそのまま我が家に帰りたかったが、 焼肉なら行くよ。
カルビクッパに、冷麺に、 一番良いカルビを頼んで、 けっこう旨くって、完食。
寝不足が続いていたんで、 9時頃になると、眠気が来てくれる。
恒大将に報告を入れてから、 と、道場へ電話をかける。
「熱は!!」
「大丈夫、腕の痛みは、  少し異和感がある程度」
でも、今、眠いんだよな、 電話に出ていた言葉が橋本に伝わる。
それって、 「倦怠感」 じゃないか!!
話しが違う。 ただ眠いんだよ。
橋本に代わって、一時間近く話すと、 眠気がまた飛んじゃって、 家の中でやるべきことを、 やるために動いていた。
アワビの料理も思いつくまんま作って、 家人と二人して食する。
家人は何もしないで、テレビを見ていたが、 俺は日常にやり残したことをやっちまった。
さっきの眠気はどうしたのよ(笑)
道場の放課後に撮ったビデオを見たりしていたら、 又、午後1時、ダメだこりゃ(笑)
おかげで今日はシャボ達には悪いが、 ウータンの世界を感じ取れた(笑)

         雀鬼




身近な者から、テレビ等の報道と異なり、 3回目で酷くなったり、様々な反応の話を聞いてたので、 心配してましたが、無事に済んで良かったです。 体調悪化する所か、普段以上に動かれたんですね。 何かあったかと思ってしまう時間帯でしたが、 あの時間から道場近くで葛藤するのがウータンです(笑)
(恒)

車イスでも、接種会場まで 行かなければいけないことに変わりはなく、 面倒ですね。 飲み薬の開発も進められているようですが…。 会長の眠気は飛んでしまいましたが(笑)、 大きな異常はなく、安心しました。
(ナルコ)

自分が夜道場に到着した時、 会長がまだ来られていない時は何かあったのでは? と、ちょっと心配になってしまいます。 昨日は特に遅かったので、 どーされたのだろうと思っていましたが、 ウータンの世界を体験されていたんですね。 この体験は今回限りでいいと思います。 そしてウータンの場合は 早く道場に来た時の方が心配になります(笑)
(シャボ)

■2022年2月16日(水)その2 Vol.6822

自室のベッドの側の床の上に、 帝国ホテルのチョコや菓子が入った袋があった。
道場に来ても、同じチョコが、 プロゴルファーの女性から届いていた。
かつては沢山チョコを頂いていたが、 今は、その習慣も無しね、と訴えている。
申し遅れましたが、 あの早矢香ちゃんからは、 少し前に、内祝ののし付きの、 「さやか肉店」から、 ローストビーフが、どさっと届いていて、 頂いちゃいましたよ。
シャボや、娘のところにも、 イチゴが届いていたらしい。
俺の好きな肉と、 俺の苦手なフルーツ、 分かってるねぇ、早矢香ちゃん(笑)

         雀鬼




自分も甘くて美味しいイチゴを頂きありがとうございました。 でも会長の好きなものと苦手なもの、 相反するものを選ぶ辺り流石ですね(笑)
(シャボ)

引退してもセンスの良い選択されるもんですね。 個人的にも勝手に楽しみにしてます(笑)
(恒)

■2022年2月16日(水) Vol.6821

昼過ぎに眠って、 夕方に起きようとしたら、 いつもなら、硬くなっている体を、 少しづつほぐすんだが、 体のあっちこっちが痛む。
これが背中だったら問題だ。 深山、深山と呼んでしまう。
仕方なく、家人にほぐしてもらう。 気持の少なさを感じてしまう。
起きる前まで、俺、この年齢で、 プロレスのリングに立って、 藤波選手たちとプロレスやって、 投げられたり、倒されたりしている夢を見ていた。
多分、寝方が悪かったせいか、 寝ている最中に痛みを感じていたのが、 夢の中のプロレスごっこに、 なっちまったんだよね。
体は寒くはなかったんだが、 出掛けに、シャワーを浴びると、 ちっとも温まらない(笑)
先生は、自分ちの風呂には、 決して、入らないらしい。
それもあの異常な恐怖心や、 不安を作り出す要因の一つかも知んないね。

         雀鬼




水道代が節約できるかな、と思って、 一人暮らしを始めてからは ほとんどシャワーですませていました。 でも、お風呂につかって暖まった方が、 体も気分も良くなりますね。
(ナルコ)

シャワーだけだと血行の悪さを感じます。 自分のアパートの狭い風呂より、 広い風呂に入りたくなるのも固定観念になってしまって 体が固くなって、頭も固くなっている自覚も薄いです。 異常な恐怖心や不安は「気持ちひとつ」と教わっていますが、 実践できなくてすみません。
(牧野)

会長が投げられる姿は想像つかないですが、 プロレスで実践されたら、 嫌な痛みとして残ってしまいそうです。 恐怖や不安、自ら作り出している事を感じる事あります。 楽しい触れ合いを思い出したりすると 解消されたりするんですが、 先生とも気持ち良い触れ合いをしてみたいもんです。
(恒)

湯船でしっかりあったまって、心身をほぐす。 これが日本人にはあってるんですかね。 シャワーだけだと逆に冷えちゃう気がします。 最近は、ほぐさせていただいてないので、 タイミングを伺っていこうと思います。
(深山)

■2022年2月16日(水) Vol.6821

昼過ぎに眠って、 夕方に起きようとしたら、 いつもなら、硬くなっている体を、 少しづつほぐすんだが、 体のあっちこっちが痛む。
これが背中だったら問題だ。 深山、深山と呼んでしまう。
仕方なく、家人にほぐしてもらう。 気持の少なさを感じてしまう。
起きる前まで、俺、この年齢で、 プロレスのリングに立って、 藤波選手たちとプロレスやって、 投げられたり、倒されたりしている夢を見ていた。
多分、寝方が悪かったせいか、 寝ている最中に痛みを感じていたのが、 夢の中のプロレスごっこに、 なっちまったんだよね。
体は寒くはなかったんだが、 出掛けに、シャワーを浴びると、 ちっとも温まらない(笑)
先生は、自分ちの風呂には、 決して、入らないらしい。
それもあの異常な恐怖心や、 不安を作り出す要因の一つかも知んないね。

         雀鬼






■2022年2月13日(日)その2 Vol.6820

2月度の月例会が終わった。
相撲の自己の目標勝負に次いでの月例会。 やった者は疲れたことでしょう。
何と、2着に、 万能、全知全能、万全の御方、 と祀られる元ウータン。 ナルコ師匠の指導が効いたのかな。
次にスタッフが来て、 深山と哲と入賞。
優勝は相撲の部の両横綱で、 ワンツウ取る、と申したのに、 大横綱のシャボが崩れ、 深山一人が入った。
外は雪模様らしいが、 雨が冷えて、みぞれっぽくなっているらしい。
雪も十分気をつけて、 お帰り下さいね。
俺は3着ぐらいの気で打ってたのになー。 ダメだ、こりゃ!!

         雀鬼




優勝は横綱!と発表したい所でしたが… 2着に入ったのも、死んだふりだけではなく、 生き返ったふりも得意な元ウータン、 発表前の表情も、発表後のコメントも想定内でした。 ナルコ師匠への感謝が自然に出てきたら良かったのですが、 先ずは万全の態勢から入りたいのか、 良い変化として現れるには暫くかかりそうです。
(恒)

昔、僕の師匠だった弟子の歌田が準優勝。 まだ素直に喜べないらしく、 モゴモゴしていたので、ちょっと活を入れました。 少しずつ、笑顔が出てきましたが…。 僕では、まだまだ推し量れないです。
(ナルコ)

自分がダメで横綱でワンツウとはいきませんでした。 卓上でももう少し強さが出せるよう やっていかなければと思います。 ナルコ師匠がいい感じで喝を入れてくれているんですけどね… 冬眠明けなのか?、また冬眠しようとしているのか? 全知全能で万全との事ですが…(笑)
(シャボ)

ワンツウで入りたかったのですが、 自分も入賞どまり、 ここって時に入れるようになっていきたいですね。 全知全能…以下略さんは、 最近はナルコ師匠のおかげか 少しずつ元気になってる気はしますが、 そういう時にまた…ってのがありますからね… そうならないようお願いします。
(深山)

万能でも全知全能でも万全でも、まったくないですし、 自分でもまだ揺れが激しいと思いますが、 少しずつ戻していきたいです。 ナルコ師匠、宜しくお願いします。
(歌田)

■2022年2月13日(日) Vol.6819

俺がせめて立ててる内に、 100人斬りをやろうと目標を立てて、 何てことなく終われた。
そんな馬鹿なこと、俺だけでいいんだが、 終わってみたら、俺に続く奴いねえのかよ、 と吐いてました。
放課後の有志達がそれに応えて、 立ち上がったはいいが、 目標達成者はシャボの30人に、 深山の15人だけ。
もうこの企画はいいかな、と思っていたら、 挑戦箱に、恒大将を始め、 二度目の挑戦が入っていたが、 達成出来そうで出来なかった。
昨晩が、3度目の挑戦になっちまって、 対戦者のくじ引きで、 シャボ横綱はラスト走者だったが、 一番手に、もう1人の横綱の深山が壁となり、 挑戦者を迎える。
恒大将を先頭に1人目は、深山と対戦して、 1名も倒せず、6名全員が玉砕。
くじ運が激しかったね。
恒大将の取りっぷりは、 髪の毛からつま先まで、力が入り過ぎ、 ツメすら剥がれるほど。
感覚の動きまでは行けなくても、 せめてTシャツに書かれた、
「捌き」
をある程度、身に着けなければ、 壁越えは難しい。
さぁ、これから月例会です。

         雀鬼




何となく出来る気になる事は得意ですが、 捌きへの道はなかなか遠いです。 爪が剥がれないように取り組めたら、 入り口ぐらいは見えるのでしょうか。 懲りないって言われちゃってますが、 性懲りもなくチャレンジさせて頂きます。
(恒)

全員、玉砕! 今回は特に、捌きの重要性を痛感しました。 センスが必要なのでしょうが、 何かひとつくらい、身につけてみたいです。
(ナルコ)

くじで1番を引いた時は、 受け止める側として少し緊張しました。 自分も簡単には負けられないので、 これからも気持ち持って受け止めていきます。 くじ運大事(笑)
(深山)

■2022年2月12日(土) Vol.6818

お騒がせしました。
道場に着いて、今、放送中の ラージヒルのジャンプの 小林陵侑の結果を見たかった。
スマホやパソコンを開いてもらって、 間に合ったが、 ノルウェイの選手の大ジャンプで、 実力敗けで銀メダルで終わった。
ほぼ半年前の日本のおもてなしオリンピックは、 いくつ金を取っても、全てが狂おしかった。
それに比べて、冬季の中国は、 国力があって、自国で開催されている。
放送もアメリカに合わせることもなく、 JOCは、日本の国民を会場から追い出したが、 中国では、金メダルは少ないが、 国民がそれなりに観客席に入って、 現場で観戦していた。
バッハのやりたい放題の 日本のオリンピックに比べて、 奴の姿は、ほとんど見ないし、 国家主席の方が格が上に見える。
何より、日本の大企業達のロゴが、 正面に映らないのがいいよな。

         雀鬼




風の流れや選手の動き、 会長が感じられたことを聞きながら見るのは面白かったです。 いいジャンプを、二本そろえるのは難しいですね。 客席は、8割か9割くらい埋まっていたでしょうか。 日本のオリンピックのダメさ加減が、 はっきりと分かりました。
(ナルコ)

会長の話を伺って、 日本って情けない国だなって思いました。 外国の権力者に振り回される姿、 そこに違和感を感じている人はどれぐらい居るんでしょう。 記念写真を撮ってる報道もありましたが、 間抜けな話に感じます。
(恒)

リアルタイムでラージヒルを見ながらの会長のお話、 面白かったですし、 それ以外にも、スポンサーが映らないことから、 裏で起きている影響のお話や、 その影響が競技の事件へつながってたりしていて、 まさに目からウロコでした。 会長の見方、視点を教えていただくと本当に面白いです。
(緒方)

■2022年2月6日(日)その2 Vol.6817

帰ると、室温が7度とか8度。 10度を切ると寒々しい。
日本列島の雪国では大量の大雪。 3mも積もった場は大変だろうね。
俺も秋田の温泉に行った時、 宿から外の露天風呂に行く道に、 人一人通れる程の細い道の両脇に、 4〜5mの雪の壁があったっけ。
少し前までは、寒がりなのに、 大雪が降る山や森林の地に行ったもんでした。 今じゃ招待されても行けねえな(笑)
風呂へ入るまでの暗い通路が、 水に濡れて、氷が張っていた。 素足でバリバリと薄氷を渡って入ったっけな。

         雀鬼




普段暮らしている方は大変でしょうが、 南国育ちの自分は、 本物の大雪を体験してみたいと思ってしまいます。 雪道を素足で歩く話を会長から伺って、 ちょっと真似してみた事あります。 何度も出来ませんが、良い思い出になってます。
(恒)

数年前に町田で多少雪が積もっただけでも、 歩きにくく、大変でしたが、 3mの大雪や、4、5mの雪の壁ともなると、 生活の大変さが想像もつきません。 きっと、生活の知恵も、天候への気持ちの準備も、 まったく、違うのでしょうね。
(緒方)

■2022年2月6日(日) Vol.6816

先週、俺の百人斬りに続けよ、の一声から、 主だった者が、 自分なりの目標人数を出して挑戦したが、 そこは、ある意味戦場。
生きて帰ってね、と望む母親や、 嫁さん、恋人達もいた。
俺もジージーだが、 そういうつもりで見守ったが、 負傷しながらも生還したのは、 シャボと深山の兄弟分だけ。
シャボは、今の状況じゃダメかも知んない、 という不安もあったろうが、 少しでも俺に近づき、
「よくやった!!」
という俺の姿を見たかったことだろう。
深山も2番手だったが、 兄貴の背中を追って、生還したが、 後の者は気持はあっても、体が追い付かず、 バタバタ倒れちまった。
昨晩は、ママは家へ帰っても、 パパが痛えの痺れるの、かゆいの、 渋い顔したり、泣いているんで、
「私、もう見たくないの」
と残っていた。
俺はもう出征を望む者は居ない、 と思っていたら、 しげる運動部長が、
「挑戦箱に4人入ってます」
ってことで、突然、始める。
恒、緒方、しげるの他に、 あの恐怖感を自ら作り出す、 先生の名もあった。
深山に続く者が現れず、 再び、全員玉砕。
俺や、シャボからすれば、 挑戦は、もうなしだな、 と思ってたのにね(笑)

         雀鬼




実力的に勝てそうな相手でも、 続けて勝つのはやはり難しいです。 実際の戦場も、一人や二人倒したくらいでは、 到底生き残れないです。
(ナルコ)

写真でみると、組んだ時点で半分崩れてますね。 生還はなかなか厳しいですが、 あと一歩の風景は見たいなって思います。
(恒)

生還した時は体力、気力共に一杯一杯で、 もういっちょ出陣という余裕はありませんでした(笑) でもまだチャンスがあるみたいなので、 生還者が続いてくれたらと思います。
(シャボ)

ほんとの戦場なら一度の敗戦で終わりですが、 性懲りもなく二度目の挑戦してあえなく撃沈しました。 力ではない捌きを身に付けないと 生還出来そうにありません。 気持ち一つで生還した二人をみると、 やはり気持ちがある人が生還しそうな気がします。
(しげる)

恥ずかしながら、討ち死に、討ち死にです。 本来、2度、3度あることではないですが、 挑戦の気構えだけはしておきたいと思います。
(緒方)

■2022年2月5日(土) Vol.6815

20世紀って、 嘘の時代作りって言っても過言でない。
先日、初めてサッカーの試合を、 丸ごと一試合見た。
ボール回しが不利と感じると、 蹴られてもない、痛くもないのに、 凄く痛そうに倒れたまんまで、 審判にファールを訴える。
それを却下されると、 さくっと立ち上がって、 何も無かったように走り出す。
俺、ずーっと、サッカーが嫌いだったが、 やはり、一戦見ていて、 汚さだけが目に付いちまう。
FIFAという大組織、 大きな金が動く。
それを承知した上で、 あれも戦法、テクニックとして受け止めて、 サッカーをやる子供や若者が増大している。
日本のオリンピックは、ほとんど見なかったが、 今日、北京の冬期オリンピックって、どうなのか、 と何種目か見た。
会場には関係者以外にも、 それなりに観客が入っていた。
コロナ禍の影響下で、 一般の人は会場に入れるのかなー。
多分、共産党関係の人達は、 入れるのかもな。
東京オリンピックの時もそうだったが、 遠く離れた北京のオリンピックが始まるぞ、 となったら、又コロナが凄い勢いで増えている。
金もメダルもコロナも、 みんなキンと名がつく。
東京オリンピックは、 大企業のスポンサーのロゴだらけだったが、 北京の方はまだ見てねえなー。

         雀鬼




痛くもないのに倒れてしまう人は道場にもいますね。 時間切れに持ち込むと、 何事もなかったように歩き出します。 道場では、このテクニックは見破られているので、 残念ながら逃げ切ることはできません。 自分が不利になりたくないという思考が強過ぎて、 一人世間と同じ戦略を取っているように見えます。
(BIG)

小学生でサッカー始めましたが、 テレビ放送も少なく、 当時は汚ないとかずるい印象はなかったです。 トップ選手の神の手に違和感感じたのは覚えてますが。 中国の人権問題で スポンサーがアピールを控えているとか、 アメリカと中国に気を使った対応、 金が絡んだ大人の世界になると 歪な物が出てくるのかなって思います。
(恒)

わざと倒れて痛がって、 勝っても負けても気持ちよくないと思うのですが、 恥ずかしいとか、汚いことしてる、 って感覚はないんですかね?厚顔無恥というか・・・。 裏方、表方、全部にからむ大きな金が、 全てを汚しているのでしょうか。
(緒方)

■2022年2月2日(水) Vol.6814

新宿西口でタクシーを降りて、 右側にある喫煙所で一服。 40人ぐらいの人が一服していた。
一服しただけの立っている時間で、 足に疲れが出る。
5時発のロマンスカーで町田へ。 緒方が車イスと缶ピースを 準備して待っててくれる。
恒と哲もいるな、と車内で思っていた。 なんと、百武と熊まで迎えに来てくれた。
とても変なんだけど、 車イスに乗せてもらっている俺の前後左右を、 彼等が囲んで、歩道を進む。
病院行き、寒かろうと、 暖ったかい派手なセーターに、 皮のジャケットの上、 40年ぐらい着ているロングコート、 それに黒と赤のマフラー。
これじゃ、目立っちまうよなー(笑)
何人もの行きかう人達の中で、 俺を知っている人に見つかっちまう。
「写真、いいですか」
「エッ!!」
ならば、
「握手だけでも」
きちんと頼んで来た人は残念でしたが、 自分を入れて、 スマホで撮っている人達もいる。
俺、数ヶ月に一度、 都心のホテル内にある特診室での検診と、 田園地帯にある田舎の病院に通院している。 どちらも面倒臭いこっちゃが、仕方なし。
田園の病院は待合室に相当な患者さんが待っているが、 ホテルの方はでっかい応接室に、 俺以外は一人ぐらいだから、 楽っていえば、楽なんですけどね。

         雀鬼




ちょっとした段差で 車椅子から落ちそうになるので油断出来ません。 大人の男が5人で囲んで移動、 世間から見たら異様な光景かも知れませんが、 その5人があっという間に倒される事なんか 想像出来る人も居ないでしょうね。
(恒)

自分が車椅子の運転で会長を危ない目に合わせてしまい、 それをカバーするために、 永井さん、哲がガードして下さっていました。 すみませんでした。 暗い時間は特に、アスファルトなのか、穴なのか、 見えづらく、車いすの方は本当に大変だと思います。 会長に、もうちょっと安心してお乗り頂けるように、 対策を立てたいと思います。
(緒方)

■2022年1月30日(日) Vol.6813

後はないんで、冥途の土産として、 100人斬りをやった。
ここに、そういう場もあったんだ、 と残したい気持ちもあった。
そして、
「お前達も続けよ!!」
と、エントリーBOXを置く。
11人が名をあげてくれた。
全員が目標達成は無理でも、 4人ぐらい達成してくれるかな、 と淡い希望。
一番機にシャボ、目標トップの30人。 いつもより気迫があって、動きも早かったが、 七人斬ったあたりから、息がゼイゼイ。 シャボの息だけが響く。
その後も危い場面があったが、 やっと味方の元へ、 ふらつきながら、帰って来た。
2番手は弟分の深山が、15人を目標にあげる。 深山は強いが、まだ本土俵で1周斬りはなし。
シャボ同様に一番、一番、必死に闘って、 倒れる寸前までやって、見事達成。
体力、気力の上に、 放課後の俺との体合わせや、
「体捌き」
が混じってのこと。
残る9人、土俵という戦場に立つと、 バタバタ倒れて、戦死者が続く。
雀鬼流部隊は、ほぼ全滅。 こんなもんなんですね(笑)
終わった後、来週もやるか、 隔週ならどうか、月一回ならどうか、 と問うていく。
全員、目をつぶってもらって、 挙手してもらった。
勝った者、敗けた者から手があがらず、 無関心の二人が手をあげる。
こりゃダメだ!! この企画は一回で飛んじまいましたね。
俺は参加してなかったんだが、 俺も深山、シャボ越えやらしてよ。
やっぱり、簡単だった(笑)

         雀鬼




挑戦する前から不安が出てしまったのか、暗くなっていました。 やってる最中は、いつも以上に気持ちが入って面白かったのですが…。 シャボさん、深山さんほどではないにしろ、 今までクリアしたことがない人数が目標。 少しでも体捌きが出来ないと難しいかもしれません。
(ナルコ)

三番手に登場させて貰いましたが、生還者の所まで届かず… 会長との触れ合いの濃さ、姿勢、センス、 お二人とその他の者で大きな差がある事を実感しました。 もう一歩ぐらいは進んでみたいです。
(恒)

「会長に続けー!!」と意気込んで突撃しましたが、 途中こりゃダメかな〜という所もありました(笑) でも何とか達成でき、後に深山も続いてくれました。 チャレンジする側も受ける側も いつもとは気持ちも動きも違っていましたね。 今までの会長や感覚の仲まとの触れ合いがあったからこそ やりきれたのだと感じました。
(シャボ)

いつも放課後で相撲や体捌きで遊ばせていただいてる中、 先週会長がやってくださった100人斬り、 そして目の前でやってくれたシャボ兄貴の30人斬り、 すげえ気持ちを感じることができましたし、 後に続きたいと思わせて下さいました。 ヘロッヘロになりながら なんとかやることができて、 嬉しいのもあり、ありがたくもありました。
(深山)

■2022年1月29日(土)その2 Vol.6812

先週やった、100人相手の相撲のビデオを観た。
100人勝負の他に雷落としとか、 道場生達の対戦、 4勝以上あげた5人への俺からのご褒美相撲に、 シャボと深山で同時のタッグ相撲を受ける。 二人は大変だったよな。
シャボのハッキヨイ、 ナルコの土俵内の ノコッタ、ノコッタの声や動きは、 見ものだった。
3時間弱の長尺、 外野も、準備した者、 場を作った者は大変だった。
現場じゃ、さほど笑わなかったのに、 ビデオじゃ、笑えたなー。

         雀鬼




自分も会長のご自宅でチラッとですが、 ビデオを観させて頂きました。 雷落としで動けなくなっている自分達、 いつもはどんな状態になっているか解りませんでしたが、 映像で観てなるほど皆こんなことになっていたのか!? と面白かったです。 でも動けなくなっている時は本当大変なんですけどね(笑)
(シャボ)

ノコッタ、ノコッタの声があった方が、 相撲らしくなると思います。 踏ん張りが効かなくなると崩れやすくなるので、 注意が必要です。
(ナルコ)

素人ばかりで作り上げた体を張ったイベント、 三時間もやってた感じはしてなかったです。 良いも悪いも残っているんでしょうが、 他にはない思い出の記録、参加出来た事が有り難いですし、 映像からも学ばせて貰いたいと思います。
(恒)

■2022年1月29日(土) Vol.6811

水曜日、残った者の中から、 深山を選んで、 軽い運動をしようと思ったんだが、 途中から、全身に力味を入れて立ち合う。
すぐに息があがり、 ゼイゼイ、ゼイゼイ、 あちらこちらに痛みも残るが、 腹筋周りがひねったような感じになって、 2日ばかり、体調が変だった。
みんなの相撲を取っているのを見ると、 全身にこれでもかというほど、 力味が入っている。
それって、人間の宿命なんかな。
今日は伊豆の修善寺に、御母堂さまを連れて、 しげるちゃんが温泉に行って帰って来た。
俺の体験上、いくつかしげるちゃんに アドバイスを入れちまったんで、 何んか、一緒に旅をした気分で過ごしていた。
ご苦労された母上、 過去につらい病になった、しげるちゃんだからこそ、 俺の思いも違っていたんだね。
母上殿も楽しまれ、 しげるちゃんも親孝行出来て、 よかったですね。
今日、それなりのメンツが集まれば、 俺に次いで、大横綱のシャボが、 斬り込み決行をする。

         雀鬼




会長はたまに自分達の力やひねりが入った 悪い動きをあえてやってみる、ということがありますが、 お体を痛めてしまうので、 なるべく悪い動きをされないのが一番なんですが(笑)、 せめて最後は捌きや感覚の動きで リセットして頂けたらと思います。 大変な事を乗り越えてこられたしげるさんやお母様、 そして会長にとって 意味のあるご旅行になったのでは、と思います。 土産話がどうとかではなく、 お母様とご旅行に行かれる と言うお話を聞いただけでも何か嬉しくなりました。
(シャボ)

自分も修善寺に行った事ありますが、 会長のアドバイスは別格でした。 ギリギリ旬に間に合うかってカニを 美味しく食べられた話を聞いて 良かったな〜って思いますし、 親孝行出来てない自分を反省したりします。
(恒)

力んで息切れする会長。 これは良くないということで、 深山さんからストップ要請がありました。 しかと承りました。
(ナルコ)

会長のアドバイスのおかげで、 めったに食べられない高足ガニを 西伊豆の戸田で食べることが出来ました。 道中タクシーの運転手の方が 中伊豆と西伊豆を案内してくれて、 旅をしている気分になりました。 旅館では鯉と鵜をしばらくみたりして ゆっくりしていました。 別荘以外の旅行は十数年ぶりでしたが、 会長に連れていって頂いた旅を思いだします。
(しげる)

■2022年1月26日(水) Vol.6810

外は氷点下だろうが、 道場で毎度Tシャツいっちょの哲チャン。
俺なんか、Tシャツの下にダウンを着て、 厚めのシャツを3枚に、 ホッカロンを2枚貼っている。
毎度、毎度、哲を見ると、 俺とは全く違うなー、と思えていた。
昨晩だったかな。 部屋の暖房の一つの灯油が切れていたが、 めんどくさくて、 廊下のポリタンクに行かなかった。
いつもより少し部屋が寒く感じた。 風呂を沸かす。
よし、哲に変身しちまおう、 と意識を変える。
部屋でフルチンになって、 寒暖の差がある廊下や脱衣場を通って、 風呂場に入る。 俺が哲チャンだから、寒さを感じない。
湯を計ると、いつもよりぬるま湯。 入っちまって、60度の湯を足せば、 普通なら温っまるんだが、 入った時より、どんどん寒くなる。 っていうか、冷たくなっている。
これはおかしいや、 と近くの部屋にある湯温パネルの所へ行って、 俺なりの操作をして、60度の数字を確認。
よし、これでいいや、 と湯につかるが、冷たい水が背中に当たるだけ。
ぬるま湯だった風呂が、 夏の海の冷たさになっている。
海ならこんなもんでいいか、 と何度か、パネルを点検しに行ったが、 冷たい水が増すだけ。
風呂で温まるつもりで入ったのが、 体を冷やしただけ。
俺の体だったら、 風邪の一つも、引いてもおかしかない状況だったが、 哲チャンの心身を無断で借りていたんで、助けられた。
俺って、一人じゃ何んも出来ないんだよなー。
全くよ(笑)

         雀鬼




知らない所で会長の役に立っていたようです。 普通なら風邪を引く状況でしょうが、 自分の心身を借りて助かったとのことで、 気持ち一つでこうも変わるものなんですね。 ちなみにこの時期でもTシャツ1枚なのは自分だけです(笑)
(哲)

不都合な状況でも、これなら楽しめるかもしれません。 とはいえ、ぬるいというより冷たい風呂。 この時期、いくら暑がりの哲さんでも寒いと思いますが…(笑)。
(ナルコ)

Tシャツだけでなく、外から冷たい飲み物を買って 道場に入って来る哲ちゃん、 若いな〜って思ってしまいます。 かなり体を冷やしたはずが、風邪っぼい感じもない、 気持ち一つって言葉が道場に張ってありますが、 まさしく実践されたんですね。 水風呂に入った時に海を思い出してみた事ありますが、 なかなか厳しかったです。
(恒)

■2022年1月23日(日)その2 Vol.6809

俺との約束は、いとも簡単に終わっちまって、 心身がまだまだやりたがっていた。
相撲の型を取るが、 俺と道場生との心身の触れ合いの方が、 的を射ている。
その後、いつもの道場生達の勝ち抜き戦が、 30分ぐらいあって、シャボが一周、 深山、しげる、ナルコと哲が、 4人斬りして白星をあげる。
それが終わって、 勝ち星をあげた5人にご褒美相撲を 3番づつぐらいやる。
相撲の前には、感覚の仲間七人を、 一度にハッキヨイで重ねて倒してやる。
シャボ、深山、橋本は、雷落としで、 体が重くなって、床にくっついて、 40分ぐらい自分の体がどうなっているのか 解らない様子。 頭も足も手も動けず、転がっていた。
横で相撲を取っている間も、 橋本だけは一人取り残され、相撲は休場。
その体捌きの稽古、 雷落として7人倒すのは瞬間だが、 元に戻すのが大変。
その後の稽古も大変なので、 体が暑くなって、汗も出たが、 終わってみれば、やる前より、 心身が良くなって、気持ちがよく、 疲れを全く感じなかったよ(笑)

         雀鬼




こういう場を作って頂いたのは自分達のほうです。 体を使った放課後の触れ合いの場があってこそ、 仲間作りも出来たように思います。 百人切りを少しも息を切らさず達成される会長に続くのは、 いったい誰なのでしょうか。
(しげる)

道場の放課後は、体使い・感覚を通じて、 会長と道場生をつなぐ大切な場です。 触れ合いの中で会長のお体の具合が良くなるのはうれしいことです。 信頼関係を大切にして、遊びが続いていければと思います。
(BIG)

心配は、立ち続ける事による会長の足への負担のみでした。 一番高齢で一番相撲取られた会長が、 帰る直前まで一番体動かしたい感じでしたね。
(恒)

一人取り残された橋本でーす! シャボさんと深山さんが冷たいのか! 自分がナマケモノなのか? 答えは明白、満場一致でしょうね! 自分も体が良くなってたんで(かぶせ) そこにも答えが表れていますね! ついでに、!の多さに怪しさも現われていますね!
(橋本)

100人では物足りないと、会長は楽しまれていました。 僕も楽しかったですが、 4、5人勝ち抜いたらヘトヘトでした。
(ナルコ)

会長との触れ合いの中では、色々な事が起きますし 大変な事もあります(笑)が、楽しいです。 その触れ合いで会長のお身体が 少しでも良くなればありがたいです。 この関係性を大切にしていきたいです。
(深山)

■2022年1月23日(日) Vol.6808

今から月例会です。
通常やってくれている者達で、 入賞を占めて見せて欲しい。
ペナルティは禁止ですよ!!
昨日は左足のふくらはぎ、 右足のひざ回りや、腹の調子もおかしい中、 それほどやる気はなかったんだが、
「約束は約束」
今から100人組み手をやろう。
「不調こそ実力」
とシャボが押してくれる。
有志15人が参加してくれて、 さぁ、やるぞ!!
一週目です、 半分を越えました、 と紙がめくられる。
気づいたら、 100番手にしげる運動部長と当たる。 こういう場を作り出してくれた、しげるちゃん。



勝ったことより、78才の老いぼれに、 こういう場を作ってくれたことに、 今年最初の嬉しさを感じた。
信頼ある仲間があってこそ出来ること。 ありがたさが、徐々に増えていた。
費やした時間は15分だったから、 十分やったという気持ちにはなれなかったが、 感覚の仲間や、捌きの仲間があってこそ。 とにかく、長い間、放課後を守ってくれた、 一人一人に、ありがたい感情が流れた。
息も切れず、汗もかかず、 いつもの延長戦が少しあっただけ。
俺の100人組手は、 あっという間に終わったが、 その後の動きや、指導の方が汗をかいた。
対戦してくれた道場生も、 こんな日があったと、 思い出に残ればいい。
俺、やっぱり雀鬼流でしたよね(笑)

         雀鬼




PHOTO by 歌田
やったのは会長でも、 この写真に、みんなでやった感じが出ていると、 会長も喜ばれています!! 冥途の土産が出来たそうです(笑)



冥土の土産と言われると微妙な気持ちになってしまいますが… 良い年した大人や難病抱えた者、歩くのも厳しい会長との触れ合い、 ズボンやベルトが何度も破れたり、ちょっとした流血あったり、 力相撲から触れずに倒す者も現れ、激しくも不思議な日々でしたね。 集大成のような1日でしたが、まだまだ続きます。多分(笑)
(恒)

むしろ体調が良くない日にこそ やってしまわれるんだろうなと思ってました。 78歳の大人が息も切らさず汗もかかずに100人組み手達成、 信じられないでしょうが、 いつかそういうことがあったと人に話すのも面白そうです。
(哲)

くじ引きで順番を決めたのですが、 最後の相手は運動部長のしげるさん。 会長との深いつながりを感じました。 放課後のふれあいの中で生まれたものが、 ぎゅっとつまった15分間でした。 
(ナルコ)

昔からの古傷に加えご病気や何度かの手術と入院もあり、 ここ10年近く体調が万全なんて日は無く、 この日も体調が良くない中での百人組み手、 「不調こそ我が実力」 こんな時だからやってしまうのは会長らしいですし、 実力ハンパじゃないです(笑) 会長はやっぱり雀鬼ですね! しげる運動部長をはじめ信頼できる仲間達にとって 会長と仲間との大切な思い出、記念日になりました。
(シャボ)

体調が良くない時、だからこそやられるのは、 やっぱり会長ですね。 しかも15分足らずの汗もかかず!さすがです! 最後の100人目を自然と引き当てる運動部長、 これはドラマでしたね。
(深山)

■2022年1月22日(土) Vol.6807

「ウワォ!!会長!!」
いくら年老いた俺の耳でも、 あの声の呼び掛けは、 テレビのマックスの音量に比肩する。
勝手に豪華な結婚式をやったり、 その直後、
「会長、泣いていいですか」
いいよ、うんと泣け。 明から暗に変わっちまっていた早矢香が、 やっと心身を取り戻したのか、 明るさと元気とバカで、 いっぱいの様子をぶつけてくる。
シャボが先に電話に出て、 ダンナさんの生存を確認しました。
まぁ、それだけでも良かったジャン。

         雀鬼




ダンナさんの生存確認「よし!」 早矢香さんの声量「よし!」 と言うか「うるさい!」(笑) 以上確認致しました。
(シャボ)

良い事、悪い事あるんでしょうが、 憎まれ口言いたくなるぐらい 元気な早矢香さんで居て欲しいと思います。
(恒)

■2022年1月16日(日) Vol.6806

昨日の朝方、道生裏の真正面に、 黄色い大きな月が出ていた。
あんな月、初めてだった。
見ている間に、朝日と同様に、 下に引っ張られ、姿を消した。 陽はまだ出ていない。
その日の夜に、南の島のトンガの影響で、 8000km離れている、 日本の太平洋沿岸に津波が来ていたらしい。
専門家の発表では、 地震じゃないから津波は来ない、 と発表していたのに、 今回はメカニズムが違う、 と発表を覆していた。
トンガの海底噴火の影響で、 近くの海は、水位が上がっていた。 上がった水位が太平洋に流れ着いていた。
その頃、先生が恐怖感を感じて、逃げ場を探す。 彼の頭の中で、
「そうだ、ウンコだ」
と述べれば、 トイレに隠れられると思っていた。
一時間ぐらいたって、 彼が望む便所に逃れる。
あれほど、ウンコウンコと言った割に、 トイレでズボンを降ろすだけで、 突っ立っていた。
見ているから、しろよ、 の声で、やっとこ便器に座ったが、 ウンコがすぐ出ない。
しばらくたって、 やっと少しばかりのウンコが出た。
何で、俺だけ先生のウンコ番を しなきゃいけねえのか、 意味が分からない。
トイレで待つ俺が、 臭いにおいをかがされただけ。
高校の先生なのに、 ちょっと、ひどいんじゃん。 教育者に、疑問を又感じちまったじゃねえか。
パニくるって危ないよなー。

         雀鬼




現場の強制捜査に同行させて頂きましたが、 室内にウンコで荒らされた形跡はございませんでした。 あれだけ時間を掛けたのに、 臭さと偽証が残っただけでした。 今日の帰り道もパニックが残っていたのか、 後ろを歩いていた一般の人の足音に驚いて駆け出し、 勝手によろめいていました。 これで教えられるか、考えさせられます。
(BIG)

恐怖からパニックになって、嘘に嘘を重ねて、 自分でも何言っているか分からない感じに見えました。 そんな子を助ける側の立場なのに… 自分が教わった教員もそんな人居たのかなって思ってしまいます。 現地のトンガは、ネットや電話が通じなく、 状況が掴めないようです。 人間の作った文明って、大自然の動きには全く敵わないもんですね。 自分の田舎の島も被害はなかったようですが、 車の渋滞で身動き取れないなんて事が起きてました。
(恒)

沈みかけた月、初めて見ました。 いつもこんな色なのでしょうか?ちょっと不気味な感じです。 高校の先生、一時間くらい、もれる、もれると騒いでいたのに…。 嘘っぱちに呆れてしまいました。
(ナルコ)

■2022年1月15日(土)その2 Vol.6805

大相撲、久し振りに、 取り組みが面白い。
俺が知る限り、体操界史上最強の、 内村航平選手が現役引退した。
始まりがあれば、 終わりもあるのが世の常だが、 立派なアスリートだったな。
俺と新聞で対談したボクシングの村田選手も、 2年ぶりに4月頃に、 リングに立てるかも知れない。
やれるなら、 最初から攻め込んで欲しいもんだ。

         雀鬼




道場で触れ合いのあった村田選手、 誰よりもご本人が試合を待ち望まれていると思いますし、 会長が村田選手に伝えられたことが、 どうでるのか、僕達も楽しみです。 4月の試合、決まって欲しいです!
(緒方)

メダリストや国民栄誉賞を貰っているような スポーツ選手の中には専門の競技に関しては凄いのでしょうが、 人間的にどーなのかな?と思ってしまう人もいます。 でも、現役の時も引退会見なんかを見ても 内村選手はかっこいいアスリートだな、と思いました。 村田さんの試合が4月に、 何だかんだと延期になってしまったりしていたので、 先ずは無事試合が出来ることを願います。
(シャボ)

村田さんの試合、年齢的にも ラストチャンスとなる可能性ありますんで、 実現して欲しいです。 感覚の動きは薄れていると思うので、 試合前に来てくれると良いのですが。 会長の解説も楽しみです。
(恒)

■2022年1月15日(土) Vol.6804

先日の水曜日、恒大将が具合が悪そうなんで、 専門家の深山は先に帰して、 残った者で、恒さんの足冷えに効きそうな所に、 素人判断(笑)で、お灸をあちらこちらに据える。
何んも反応しない場所もあれば、 ここは来ている、 と恒さんが自ら答えてくれる場所もある。
シャボの耳の後ろ側にも据える。 俺が据えた所は、熱がっていたが、 反対側にナルコが据えると、
「馬鹿野郎」
が出る(笑)
俺も据えてもらったが、 すぐ耳たぶがポッカポッカで、 多少、熱みが来たが、 温泉に入った後のような気分だった。
お灸遊びを終えて、 スイーツを買うため、 我が家に近いセブンイレブンに寄る。
店長らしき男性がいて、 竹書房さんが出してくれたマンガ本を持って来て、 あった2冊にサインを頼まれる。
店長も嬉しそうだったが、 俺も深夜の残業で、 あった3冊の本が売れて、 何んか楽しかったな。
その後、シャボがいつものように、 買った物を冷蔵庫にしまい、 風呂も沸かしてくれる。
冷蔵庫に俺が食った、 4分の1程度のステーキを見つけて、
「シャボ、食うか」
夜遅く食べることを嫌うシャボの返事も待たず、 コートを羽織ったまんま、 さっさと仕上げちまって、
「シャボ、食え」
と命令!! 嫌だったかも知れないが、 早く帰りたいシャボが、 一枚片づけてくれた。
きっと心の中じゃ、
「この馬鹿野郎が」
と思っていたことだろうが、 これも遊びのつながり・・・・。

         雀鬼




僕は素人で、会長のような感覚も無いので、 「馬鹿野郎」やむ無しです。 ですが、いずれ近いうちに…(笑)。
(ナルコ)

とっさに出た言葉に口の悪さ、 育ちの悪さが出てしまいました(笑) 馬鹿野郎は自分の方ですね。 いつも寄っているコンビニの店長さん、 ペンまで用意して会長にサインをもらっていました(笑) 一冊は販売用にと、まさか会長のサイン入りの本が コンビニに売っているなんて!? 一冊だけのプレミアですね(笑) 会長、夜中にわざわざすみませんでした。 さすがに馬鹿野郎とは思っていません(笑)
(シャボ)

日頃の行いの悪さからか、 これまで経験した事がないほど大量に お灸を据えて貰いました。 火傷したんじゃないかって感じもありましたが、 終わった後は、ポッカポカ、 シャボさんには足の治療で お返し出来たらと思います。 会長の調理されたお肉、絶品のはずですが、 深夜の食事は厳禁であるシャボさんには 迷惑だったんでしょうか。 献上品は三杯も食べたはずですが…
(恒)

■2022年1月12日(水) Vol.6803

豪雨が過ぎたら、 今度は豪雪、自然が怒っているのかな。
この上で、今までにないような、
「揺れ」
が起きちまったら、 危ないよな!!
自然が人間に、 お前等、いい加減にしろよ、 と警告してるのに、 米露中に、北朝鮮まで加わって、 戦いの準備ごっこ。
沖縄を始め、基地があるところで、 コロナが一気に増えている。
数学が基になった文明って、 どこまで力をつけるんだろう。
恐怖と不安の中で、 右を向いても、左を見ても、 ストレスだらけ。
体も壊れるのになぁー。

         雀鬼




戦争や自然災害に巻き込まれる人達の中には、 自然と共に生きている人達もいるはずで、 そこが理不尽だと思います。
(ナルコ)

自分の生まれ故郷である小さい島で 沖縄を超える感染拡大、 周辺の島で基地整備を、国が隠して計画した報道あり、 無関係じゃない気がしてきました。 コロナで戦争の動きが止まってくれたら良いのですが、 結局、関係ない弱い者が被害を受けて、 虚しさや腹立たしさを感じてしまいます。
(恒)

北朝鮮は強硬姿勢で今月3回目のミサイル実験。 中国ではイベントの日には当たり前のように人工降雨で、 晴れの日と雨の日を調整、もちろん、中国だけでなく、 色んな国が人工的な気象調整を行い、 その上で自然の気候への影響はないと堂々と言っている始末。 素人が考えても、そんなことあるわけはなく・・・、 文明が、一線を越え続けています。 揺れ、が来ないことを願うばかりです。
(緒方)

■2022年1月9日(日) Vol.6802

道場には書き初めの習慣があり、 みんなで、それぞれ思うことを筆ペンで書く。
昨年は、BIGの一文から、
「つながっているから・・・・・」
を取り、 みんなは、それを目標にして日々を送った。
今年は、みんな、 そこそこ良い言葉を書いてくれたが、 これだ!!という言葉が見つからない。
俺も書く。
「我れ 78才の老兵 二等兵  『一年の計は』  おぼつかない立ち姿  歩けない 立てない 現実なれど  倒れちまう前に   道場生達と百人組手を希する」
と、間に合う内の、 ちょっとした目標を書き述べた。
一分立っていられるかな。 日常では辛いが、組み合いなら、多分、大丈夫だ。
いや、百人組手じゃ、少ねえかも知んねえぞ(笑)

         雀鬼




組手といっても、触れずに転がってしまうことも多いですね。 汗もかかず、笑いの中で、 100人なんてあっと言う間だと思います。
(BIG)

立つのが辛くても、会長なら座っていても僕達を倒せます。 そう考えると、百人では少ないですね。
(ナルコ)

目を合わせるだけで飛んで行く者も居ますし、 会長なら指一本動けばと思ってしまいます。 どんなタイミングで行われるか、 何分で片付けられるかに興味があります。
(恒)

78才で百人組み手、会長らしいですね(笑) 普通ではありえないですが、 会長なら二百人でも三百人でもやれてしまいますね。 でもその前に自分達がバテてしまいそうです(笑) 百人組み手…10分位ですかね〜(笑)
(シャボ)

■2022年1月8日(土)その3 Vol.6801

大横綱、シャボ強し。 4回取って、3回全員倒し。
・・・・・・、 桜井章一、二等兵、 前線に出陣します。
78才の老兵、 全員倒しを3周やらしてもらう。
いとも簡単じゃん(笑)
汗一つかいてない。 厚手の下着3枚に、捌きTシャツ、 その上にセーターを着たまんまだったけどね。
1分もあれば出来ちまうもんね。
体調悪いって・・・・・、 やれば出来るじゃん。
・・・・・おしまい。

         雀鬼




体に触れさせて貰いましたが、 いつもより圧力を感じずに倒されました。 78才で不思議な強さ、最強の二等兵として、 戦時中ならちょっとした伝説になりそうです。
(恒)

自分は1周してヘトヘトですが、 二等兵殿は息一つ乱れず軽く3周されて、 無傷でご帰還されていました。 何故二等兵なんでしょうか(笑) ポイントを取れたのは永井さんと深山と自分、 何かつながりがあるのかなー(笑)
(シャボ)

■2022年1月8日(土)その2 Vol.6800

もう8日か。 新年始まって、初の仕事を一本仕上げ、 暇なんで、卓に入れてもらう。
何日振りの麻雀だろう。 麻雀の打ち方、忘れちまった(笑)
遅く卓に入れさせてもらったが、 食事がまだなんで、3回も打たしてもらう。
いつもなら、抜けさせられちまうんですが、 恒大将の甘えで、3回も勝っちゃった(笑)
俺が強いんじゃないのは確か、 道場生が甘いんですよ(笑)
恒大将や俺も好む アジのタタキの匂いが・・・・・

         雀鬼




道場生は2回トップ取るのに一喜一憂ですが、 久しぶりでも初めから3連勝。 強い訳じゃないという事ですが、 最短で打ち止めとさせて頂く所でした。 何かミスした感じも分からず、最終的に捲られる、 行けるかもと思った時点で負け、 何年経っても変わりません。
(恒)

食事の準備が遅くなってしまいましたが、 新年最初の週末ということで、 アジのタタキを用意させていただきました。 会長始め、永井さん達に、 少しでも美味しく召し上がって頂ければと思います!
(緒方)

■2022年1月8日(土) Vol.6799

気分的には、年末も年始もねえな、 と思っていたんだが、 大晦日に有志が残っていたんで、 お金を欲しがる初詣にも行かず、 これからどうすんべかい。
俺はともかく、君達は若えんだから、 下を向いていると、鬱病になっちまうぞ。
てことで、選ばれし3組のトリオで、 上を向いて歩こうを、 芹澤君のスマホの音で歌う。
人生を人のためだけに使っている、 とても真似が出来ない芹澤君、 初めて俺の側に居れただけで嬉しそう。
そのまま恒例の相撲を取り、 俺一人厚着だったが、全て脱がされて、 上半身裸のまんま、高齢者が仲間に入って、 朝7時近くまで相撲や捌きをやる。 外は零下だったが、温ったかかったな。
それも、遠方組の芹澤君が初参加して、 やられっぱなしでも続投する姿に、 俺の心身がホッカホッカになったんだよな。
心さびしい奴が多い中、 温ったかい人って貴重だよなー。
俺、ホームページには、 今年も年賀状は書きませんから、 と告知した通り、一通も書かずですが、 例年より、がくんと枚数が減っても、 それなりの賀状が届く。
一方的になりましたが、 決して恩義を忘れた訳じゃありません。 一人の道場生のために、 郵便局にケツまくったんです。
御無礼の程を、悪しからず。

         雀鬼




道場外でもお金絡みで、 初詣に行かなくなった話を聞いたりします。 当たり前の習慣でしたが、無くなってみても、 特に影響なく、何だったんだでしょう… お金に無頓着な仲間の集まり、 こちらは無くしたくないなって思います。
(恒)

芹澤さん、良かったですね。 置かれている環境を感じさせない姿は凄いです。 人のことで悩むならまだしも、 自分のことで悩んでいる人をみると 何だかなあと思います。
(しげる)

芹澤さんからはお人柄や生きざまが出ていて心を感じますね。 年明け早々会長との触れ合いで、 「今年一番の嬉しい日です。」 は芹澤さんの心からの本心ですね。 朝7時まで相撲を取られて、寒空の下裸でお見送り… お年寄りではなく、小さな子供の様です(笑) やっぱり童心だったり、 心も身体もぽかぽか温かくなるって大切ですね。
(シャボ)

芹澤さんと同じことをしろ、と言われても、 僕には出来ないと思います。 楽しむ姿に、会長や道場に対する気持ちが感じられました。 郵便局では、局長が何百人も処分されていましたね。 この人たちが得するようなことは、 しなくてもいいと思います。
(ナルコ)

歌っている時は嬉しさ、楽しさで一杯でしたが、 相撲では汗だくで完全に息があがってました。 相撲の合間に見せて頂いた、 感覚の動きというのでしょうか? 僕の経験では説明できる言葉は見つかりません。
(芹澤)

■2021年12月31日(金)その2 Vol.6798

粋な男衆のまぐろ兄弟から、 又まぐろ。
九州の天草の美人さんから、 色付きのホタテ貝。
諸々の頂きものが届く。 良縁ですね。
今から年越しそば頂きます。
「♪♪上を向いて歩こう♪♪」
俺の年齢になると、 そういう気分じゃないが、 若い人達には、そうあって欲しい。

         雀鬼




最近の流行り歌はあまり知らないですが、 何十年経っても心に響く歌があるもんですね。 自分の人生、親不孝にならなければ ぐらいしか考えなくなってます。 これからの若い人達、大変な世の中を想像してしまいますが、 寂しさを感じる人が減って欲しいとは思います。
(恒)

良縁の頂きもの、本当にありがたいです。 気持ちのある方々の行動に合わせて、 みんなで活気を出しあっていきたいです。
(BIG)

坂本九さんのようにはいきませんが、 何人かに別れて歌いました。 前向きな題名と物悲しい歌詞に、 いろんな意味が込められているような気がします。
(ナルコ)

会長や道場のことを気にかけ、 思って下さっている方々がいる、ありがたいことです。 ちょっとしたことくらいで うつむいてなんかいられないですね。
(シャボ)

まぐろ兄弟の粋な心、 天草の美人さんのかわいいカラフルなホタテ、 会長、道場生へのお気持ちを、 しかと伝えられるように、という気持ちをもって、 捌かせて頂きます!! ありがとうございます!
(緒方)

「うえをむ〜いて♪」 会長のすぐそばで、嬉しさを感じながら歌っていました。 寂しい想いはしたくないし、させたくありませんよね。 そのような行動が1つでも多く 出来るようになりたいと思います。
(芹澤)

■2021年12月31日(金) Vol.6797

大晦日が来たらしい。
ポツン、ポツンと何かがあったが、 一年を通して、
「やったよ」
という気分が少しもわかない。
集まってくれる人達も、 まともな者が少なく、 この人達危ないよ、 と思われる人々が増えた。
恒大将とかナルコ副長はやり通した。
正直言って、 ゆううつな気分で年を越える。
来年3月には、 卒業式があるかも知れない。
「ここって、なあに」
と問う。
道場でも嘘っぽいし、雀荘でもない。 みんなも、だんだんと年を重ね、 若さも薄れる。
俺の知らぬところで、 我が家での新年会はやるらしい。
思えば、30数年、 我が家に新年から集まってくれるって、 他にあるのかなー。
帰る所や行くとこない奴は、 俺んちに来いよ、から始まった新年会。
中古会とか、廃車会の方が合っている気がする。
他の者を楽しませるため、 他の者に少しでも喜んでもらうため、 楽しんでもらう仲間作りだったが、 そんな気持も薄れている。
心からという気持も薄れ、 薄っぺらの中で年を越す。
観客なしのオリンピックを、 無理押しでやったり、 コロナが大流行した厄年。
来年はもっと嫌な年になるでしょうね。 精神が壊れた大人だけでなく、 子供も増えることでしょう。
書くと、愚痴っぽくなるんで、 やめときます。

         雀鬼




ぱっと思い付いたのは寄り合い所でした。 何かやれた感じはなくても、 ここ以上に人との繋がり、 心を感じる場所は知りません。
(恒)

卓上や放課後の本場所、海の別荘、感覚の仲間と、 その時々でテーマがあり、変化があったと思います。 毎年、みんな歳を取っていくし、人数も減りましたが、 より深まり、強まっていく関係を大切にしたいです。
(ナルコ)

■2021年12月26日(日) Vol.6796

恒大将、 「のびのび」打って、 又、卓上対決で全勝優勝した。
いいよね、この 「のびのび」 ってさぁ。
先日、孫達の集いを見る。 本心から、一人一人、 「のびのび」 と育って欲しいもんだ。
俺なんて、 「のびのび」 という間を忘れちまったな。
ずーっと前、冬の残り陽に当たりたくって、 和室で籐のチェアに座っている内に、 落ちちゃったことがあった。
多分、あの時、 「のびのび」 に近い気持ちだったんだろう。
この頃なんて、我が家に居て、 自室でふと俺、 個室の病院に入院しているような気分があった。
うんこ座りは出来ないが、 まだ、相撲で10人以上斬りは、 秒単位で始末しちまえる。
ですから、皆さん、 余り体調のことを気にしないでくださいね(笑) ただダメなことも、 正直に訴えているだけですからね。
今年も全勝でしたよ。
今年も後6日、 6日たったら、何が来るんだい。 分かんねえな。

         雀鬼




のんびりだったらしたことがありますが…、 最後にのびのびしたのは、随分前のような気がします。 コロナ禍の中、今の子供たちは、 なかなかのびのびとは出来ないかもしれません。
(ナルコ)

前場所のプレッシャーから解放されたんで、 のびのびした感じがあり、 良いも悪いも素直に受け止められてました。 全勝は出来すぎで、 良い状態を続ける事の難しさも、すぐに感じてます。 世間では良くない大人都合の制約が多く、 結果ばかり求められたり、 のびのびは難しいんだろうなって思います。
(恒)

■2021年12月25日(土) Vol.6795

疲れて眠っていた。
大声と伴に、どどどーと、 孫達がベットに乗ってくる。
眠って硬くなっていた体が痛い。
「ジージ、起きてよ」
9時前後だった。
しゃぶしゃぶ、ステーキ、すき焼き、 と牛肉が続いていた。
昨日は鶏が並んでいる。 X'masってことで、 孫達が集ってくれていた。
孫娘には、真っ赤な、おしゃれなバッグだが、 男の子は、ゲームを買えるカードを1枚ずつだから、 味気ない。
長い掘りごたつを囲んで、 それぞれから話しが出てくる。
ちょっと前までは、その時、その時で、 俺自身がX'masらしい格好で動き回ったが、 今の俺じゃ、それはムリ。
中学生の孫に体重で抜かれ、 高校へ入った孫が、身長182cmまで伸びて、 俺を1cm越える。なんか嬉しいよね。
ヨシ、ジージ敗けたから、ご褒美、 と先日買ったばかりの ライダースの皮のジャンパーをあげちまう。
自分で言うのもなんだが、 その孫は、スタイルはいいし、顔もイケメン。
孫娘とパパが二階へ上がって、 かつて俺が着たことがある、 一応、ブランドのシャツや 上っ張りを何枚も持って来て、
「これ、どう」
「いいんじゃない」
のやり取りで、
「これ、もらい」
かつて俺が着たものを、 孫達が着れる日が来るとは。
服が終わると、マイケル・ジョーダンのスニーカーや、 バスケットシューズも、どっさりと持って来て、 みんなで分け合っている。 皮のブーツも、何足も。
全員、俺の着たものを身に付けて、写真を撮っている。 まだ俺は生きている(笑) この先、あの世へ・・・・・の時は、 俺の持ち物を、皆して分け合う姿が現像できる(笑)
爺ちゃんになる前のジージってさあ、 と子供からは武勇伝がいくつも飛び出る。
今じゃ、座ったら起き上がれない俺だが、 確かに、あったな(笑)
深夜4時近くまで、子供の日なのに、 俺の話しばかりで盛り上がっていた。
今までになかったX'masイブでした。

         雀鬼




こういうX'masもいいですね、と言うか こういうご家族の雰囲気っていいな〜と思います。 自分はお孫さんには身長はとっくに抜かれ、 それ以外の色々な所も抜かされています。 「可愛い」から「かっこいい」「男らしい」に 変わって来ているんですね。 イケメンか〜(笑)
(シャボ)

女性が着物を引き継ぐ話は聞いた事ありますが、 普段着られ物は珍しい話で、 会長の物なら喜ぶのも納得してしまいます。 自分は父親の物で欲しい物はなかったですが。 会長の若い頃の話、 自分らもワクワクしながら、聞かせて貰ってます。 お孫さん、また思い出になるクリスマスでしたね。
(恒)

お孫さん達もみんな大きくなりましたね。 しかもスタイル良くて、イケメン。 人生楽しそうですね。 朝の4時までなんて、別荘や放課後みたいで それだけ楽しく盛り上がった姿が想像できます。
(しげる)

会長が中心になるのが、 御家族にとっては自然なのだと思います。 数々の武勇伝、他所では聞けない貴重なプレゼントですね。
(ナルコ)

■2021年12月22日(水) Vol.6794

数年前に大きな店から独立したヨシの床屋さん。 助手の女の子と2人で頑張って、 12月は予約で空きがない。
一年、一人で頑張って大変だったろうが、 いい年を迎えられそう。
家の橋本社長に、どうなのよ、と尋ねなくとも、 状況は、わびしいもの。 X'masも正月も来なくていいと思っている。
先日、自室で、床にあるコンセントを直そうとする。 膝を折って座ったら、また危ないんで、 お尻をつけて座ったはいいが、 シャボや深山のように、お尻が床に張り付いて、 動きようがない。
目は見えるし、両手も動かせるが、足がなー。
異和感が、足首から、ふくらはぎ、膝を上がって、 太ももまで上がって来て、腰や腹を越えて、 首から頭に来ちゃったら、おしまいですね(笑)

         雀鬼




心ある仲間は、出来る限り行動してくれているのですが…。 平日のわびしさは、僕が無口なのも原因の一つかな、と思います。 以前、会長とシャボさんに、 一時間以上かけて手当てをしてもらったことがあります。 すごくスッキリしましたが、 放っておいたら危なかったのかもしれないと、改めて思いました。
(ナルコ)

床屋さんは12月で4年2ヶ月になるようです。 オープン当初は、土曜日の朝一番予約が定番でしたが、 徐々に取り難くなり、 今では1週間前で選べる所がない状況も良くあり、 出勤時間を調整して予約したりしてます。 口コミも満点に近い、繋がりを大切にしているのか、 都心から通い続けている方もいるようです。 世間的な知名度、名誉なんてないから、尚更嬉しく思います。
(恒)

ウチ、ヨヤクデイッパイネェ シャチョウ、ウソツカナイ
(ハシモト)

立ったり座ったりも一苦労で 普通のお年寄りだったら寝たきりだったり 車椅子が常に必要な状態なのではと思ってしまう程ですが、 会長だから体を捌いたりされて 何とかなっているのかな、と思います。 足首やふくらはぎが凄くむくんでいる時もありますし、 なるべく悪くならないように、 会長にとっての良い運動になるような 相撲など体の触れ合いをさせて頂ければと思います。
(シャボ)

■2021年12月19日(日)その3 Vol.6793

夜中に相撲に参加した者は疲れている。
俺もシャボを送って、ひとっ風呂。 さぁ、ビールでも飲むか(嘘)
眠ればいいもんが、 恒が持って来た総合格闘技の、 男の勝負を5試合全部見ちまった。
俺、病人、俺、老人・・・・。
つくづく、バカの自分を振り返る。
そん中の月例会、 献上食いのシャボと俺で、ワンツウ。 やり過ぎたよな。
体を張って、救助員をやってくれた、 哲の入賞の方が喜ばしい。

         雀鬼




よそでは出来ない体験をさせていただいただけに、 哲さんに続けなかったのは残念です。 会長は、知識に頼る必要がないだけで、 バカではないと思います。
(ナルコ)

ご自宅での会長、道場での会長、 感覚の動きや体捌きをされている時の会長、 別人の様ですべて会長、当たり前なんですが…、不思議です。 月例会は、会長とワンツウ、自分は頂き過ぎです。 前日、体を張って救助隊をしてくれた哲、ナルコのワンツウ、 こっちが良かったですね。
(シャボ)

救助員をやったご褒美なのか、入賞できました。 自分の力ではないと思います。 会長とシャボさんの後に続けたのも嬉しいです。 道場でやってることは世間からしたらバカなんでしょうが、 ここにしかない体験や楽しみがあるから通わせていただいてます。
(哲)

普通や常識からあまりにも外れているので、 バカだな〜ってなるんだと思います。 同じような病気、年齢で、 同じ事が出来る人は居ないですよね。
(恒)

■2021年12月19日(日)その2 Vol.6792

帰ったのは6時半頃、 シャボ、ひとっ風呂浴びて、 しっかり体を温めて、体をほぐせよ。
その間に、俺が2度食べた献上品の越前蟹を、 ツメとミソと中の身の3点で、 チョコチョコと調理する。
作業中の蟹の身をシャボの口へ。
「どうよ」
声を出せないほど、旨がっている。
会長、これなんですね。 ボク等がこんな味を、 味わっちゃ、ダメですね。
「いいよ、一生ものだ!!」
今年は夏から変化が起きた。 シャボに高波に飲まれた俺が助けられ、 まさに命の恩人。
次に八芳園の集いでは、 超ビップ扱い。
そのつながりで、献上品までつながる。
ひと風呂浴びたシャボは、 そのまま一生ものの旨さを味わう。 俺は、まだコートを着たまんまだった。
こんな触れ合い、 我々の実力じゃ、とても無理。
周りの人達の大きな心があって成せたこと、 として忘れちゃいけねえこと。
本物の恩義を受けて、裏切ったら、 男はおしまいだな。

         雀鬼




まさか、あの献上品の越前蟹を食べさせて頂けるとは…。 本来、自分なんかが口にしてはいけない、 特別で貴重なものを会長に調理して頂き、最高の味に…。 会長、○社長さん、本当にありがとうございました。 夏から一生に一度という様な体験が3度も、 心ある方々とのつながりや流れといったものがあり、 その大切さ、ありがたさを感じます。 「本物の恩義を受けて、裏切ったら、男はおしまい」 のお言葉を忘れず、行動して行かなければと思います。
(シャボ)

ご家族にも、ほとんど食べさせない献上品、 命懸けの本物の信頼を見せたシャボさんが、 道場生代表として頂いたとの事。 すぐ納得出来ましたし、 文句ある人は居ないと思います。
(恒)

■2021年12月19日(日) Vol.6791

昨晩も恒例の相撲大会。
横綱のシャボが一度だけ全員倒し、 深山が6人斬りの勝ち星。
二人伴、ふくらはぎに痛みが見えた。
ご褒美相撲があって、 シャボと深山をコロコロと遊んでやる。 ハイ終わり、と2人そろってソファに倒す。
そこからが大変。 2人して座った状態からピクリとも動かず、 2人して、徐々に死の世界へ入っていく。
耳だけは活きているが、 他の器官や、体が幽体離脱のように、 自分の体から離れて行く。
とうとう深山がか細い声で、 息が出来なくなってます。
そりゃ危ないね、 とナルコと哲が疲れ切っているのに、 救助隊員となって、元の体に戻そうとするが、 これが大変、 2人して体の意識を無くして、体がコチコチ。 死体のように重たい。
そう入れるのは簡単だが、 呼び戻すのが、一苦労。
他の者は、手伝いが出来ぬ者、 眠っている者。
俺とナルコと哲は大変だったよな。

         雀鬼




普段より重くなっているし、 どこに倒れるのか分からないので、 二人がかりでないと支えられません。 だんだん復活してくるのを見るのは、 不思議で面白かったのですが、 息が出来なくなっているとは…。 すぐそばにいても、分かりませんでした。
(ナルコ)

2人とも本当に死体のようでした(笑) 目は閉じたまま、膝は支えていないと、 すぐ崩れ落ちてくる感じでした。 そして、とにかく重い(笑) そんな人を救助してたら、 自分も固まってくるのも面白かったです。 貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
(哲)

会長とナルコ、哲の救助隊のおかげで、 死の世界から無事帰ってくることができました(笑) 自力で立つことも出来ず、 しばらく下半身、膝に感覚がないような感じで、 支えなしでは立っていられなかったです。 救助隊の皆様には大変なご苦労をおかけしてしまいましたが、 助けて下さり、ありがとうございました。 これからは死の世界に行かないように、 事前にナルコからストップがかかるとのことで一安心です。 ナルコさんよろしくお願いします(笑)
(シャボ)

自分が新しい遊びを求めているうちに、 とんでもない領域まで来てしまいました。 何事も程々にしておかないと… 救助隊が生まれた事は良かったと思いますが。
(恒)

周りで起きてる事を聞くことはできても、 目も開けられなければ、 呼吸の仕方も忘れそうになる始末… 会長、ナルコ、哲の救助隊に救われました! 起こされてからも何も力が入らず、 長い事大変な思いをさせてしまいました。 上の写真を見ると、本当に死体のようですね(笑) お世話になりました。
(深山)

■2021年12月18日(土)その3 Vol.6790

生物に直接影響を与える気象状況が悪化している。 心身の壊れも他人事じゃない。
大阪の北新地のビル火災も、
「こころとからだのクリニック」
を心を病んだ男が狙って、 集まっていた 24人の人々が死亡した事件も起きている。
サリン事件を思い出す。 科学の狂気を感じさせる。
何かと、暮れにかけて注意しなければ、 危ないですね。

         雀鬼




怪しい奴が後ろに2人いますね。 相手や環境で態度が急変し、 自分のことにとらわれて情緒不安定になる。 そして本人に自覚なし!
(BIG)

放火するほど暇じゃないって言ってた人が居ました。 実際に事件を起こす人は、 自分の狂気に気付いてなかったりするんだろなって思います。
(恒)

奥の写真の二人が危険なのは道場生活から明らかですが、 道場に通わせて頂いているから、 まだ治まっているともいえます。 暗くならずに、自覚して気をつけて年末を過ごしたいと思います。
(牧野)

異常気象が、人の心身に 直接影響を与えている可能性はあると思います。 危ない年の瀬になるのでしょうか?
(ナルコ)

■2021年12月18日(土)その2 Vol.6789

吹きつける寒さをよけるように、 道行く人達が、背中を丸めて、 両手をポケットに入れて歩いている。
さすがの寒さなのか、 スマホをやりながら歩いている人を、 珍しく見かけなかった。

         雀鬼




この冬一番の寒さになるようでしたが、 会長はそれほど厚着されてないように見えました。 歩きスマホ程ではないですが、前屈みで視界が悪い状態、 ちょっとした事で事件が起きる世の中、気を付けないとです。
(恒)

■2021年12月18日(土) Vol.6788

体が相当悪そうなのに、 今年もこんな俺を気遣って、 大阪のO社長殿から、最高級の献上品の銘がある、 越前蟹が届く。
確かに、この蟹は、 俺が一番好む食感。
O社長を思ってか、 北陸の海も大きく荒れて、 漁への舟も出せぬ日が多いらしい。
そんな命がけの漁で、 シーズンに数少ない献上品を、さっそく。
これだけは、蟹の味も知らん奴には、 食べさせたくないと、 俺一人で、2日かけて食べちまった。
この蟹が届いた日、 夢の中で、昔の懐かしい、 ただのラーメンが食べたくなって、
「どこかねえか」
と家人に尋ね、
「多分、ここならありそう」
という店に連れて行かれる。 外から覗くと、店の人も客もいない。
ごめん下さい、と店に入ると、 俺と同年配の女性が出て来る。
「ラーメンを下さい」
カウンター越しで、 茹でたラーメンを金網で振っている女性、 体力がないのか、 10cmも上に上がらない。
2階に向かって、 お父さんに声をかける。
右腰を痛め、 立ってもいられないお父さんじゃ、 仕事も出来そうもない。
こりゃ、ダメだな、と解っていたが、 お二人の苦労を思って、 味のないラーメンをどうにか食べた。
作る人も食う者も後期高齢者、 俺が思ったラーメンとは、全く違っていたが、
「今のお前なら、  こんなもんでいいんだよ」
とラーメンから語られた気がした。
ラーメンは俺の今の実力なんだろうが、 その後に食した越前蟹は、 O社長殿の実力の一部分を、 献上された気分がした。
えらい 「ギャップ」 だなー。

         雀鬼




蟹の話、味も分からないのに、身の程知らず知らずに、 ヨダレが出そうな思いで聞かせて貰いました。 背景には、人との繋がり、思いやりがあり、 厳しい海の中での最高級の品、誰でも味わえる物ではないですね。
(恒)

毎年この時期になると 会長の○社長さんから届いた 越前蟹のお話しを聞かせて頂くのが好きで、 あの会長がお一人で食べてしまう程の美味しさ、 色々想像してニヤニヤしてしまいます。 そして実際には想像を遥かに越える美味しさ、 会長が何杯もご飯をおかわりされるのが分かりました。 あれ以上のものはないですね、 それだけにラーメンとのギャップ…凄いですね(笑)
(シャボ)

■2021年12月15日(日) Vol.6787

少年達が自転車で連なって走っている。 塾への行き帰りか、リュックサックを背中に。
歩道ならいいけんど、混んでいる電車の中で、 会社員がリュックを背負ってたらダメだよな。
先日の帰り道、シャボの運転で、 16号線の赤で止まっていると、 若いのが、信号無視の上で、携帯をずーと見ていた。 今にも、あおり運転でもしそうな奴だった。
歩きスマホも危険だが、 自転車に乗ってスマホはダメだよな。
恒大将は、どこを取っても、 タケダクミコとやらには似ていませんよ。
家人が、あちらこちらに置いてるシーサーは、 恒さんがモデルだと思いますがね。
ここんところ2度ばかり、 深山にお灸をすえてもらった。 なんか、気分も体も、ちょっとした変化を感じている。
お灸もいいが、深山とは、相撲で立ち合うと、 深山のちょっとした動きが感覚に伝わってきて、 いい運動になる。

         雀鬼




タケダクミコのネタは、そろそろ終了とさせて下さい。 シーサーのモデルと言われた方が嬉しいです。 電車の中では前リュックがマナーですが、 普段電車に乗らなくても気付ける、会長の気遣いですね。 ホームに突き落としそうになっても、 気付かない人も居ましたが…
(恒)

お灸を据えさせていただいてる時間も、 相撲で組ませていただいてる時間も 自分にとってはありがたい時間です。 いつもどう捌かれるのかが楽しみです。 少しでもお身体に良い変化があればなおありがたいですね。
(深山)

この時期は暗くなるのも早いですし、 暗めの服装をされている方や酔っ払って フラフラ歩いている人も多いので、 運転する側も気を付けなければなりません。 歩行者も自転車も車も スマホをやりながらの人が本当に多いです。 自分の事ばかりで周りはお構い無し といった感じの人が増えてきているように感じます。
(シャボ)

■2021年12月12日(日) Vol.6786

昨晩は、シャボに、ちょっとした異和感が起きていた。 毎度、相撲を取れば、全員抜きを見せるシャボが、 一度も全員抜きなしで終る。
それも、雲の子・しげるには勝ったが、 風の子の橋本には、片手だけで6連敗。
あのダメだった頃のシャボを思い出す。 ナルコ達に一突きでぶっ飛ばされた時。
その時とは違う状況なんだろうが、 シャボが一度も全勝出来ずとは何年振りだろう。
枯れ葉っ子のシャボは、風っ子に吹かれますね(笑)

         雀鬼




枯れ葉っ子になってから、 シャボさんが全員抜き出来なかったのは、 初めてではないでしょうか。 片手で飛ばされても、なんとか踏ん張れることもあるので、 来週以降はどうなるでしょう?
(ナルコ)

風と枯れ葉の関係、 コロコロ転がされたり、飛ばされたり、 「楽しいよね〜」なんですが、 相撲なので勝つ為に踏ん張ろうとするのですが、 やっぱり片手で飛ばされちゃうよね〜(笑) 先週まではチョコレートだったはずのサブマネが 今週は風の子に戻られて手も足も出ませんでした。 やっぱりサブマネは強いです。
(シャボ)

当たり前だった事に変化が起きてます。 何か対策が必要なのかも知れないですが、 あの吸い込まれる感じは良く分かります。
(恒)

■2021年12月11日(土) Vol.6785

恒さん、ナルコの卓上の相撲番付も、 22場所を終える。
何か特別なことをやって、 場を盛り上げようとしてくれた恒大将、 副将のナルコに、 俺に勝ったら・・・・、 と、とんでもない勝負に出る。
ナルコもそれに乗って、 11日目まで先頭を走り続けたが、 終わってみれば、 12勝3敗で同点優勝だった。
同点決戦はなしで、恒大将19連勝。
「三鉄」の百武が22場所勝ち越し、 哲と深山の3人で、 今や、「三鉄(人)」世代。
ムリ子さんのママが、 無理、と言っていた6勝を達成して、 盛り上げてくれた。
ムリ夫さんは相も変わらず、 2勝止まり。

         雀鬼




今場所限りのとんでもない勝負に、 思った以上に乗っている自分がいました。 でも、同点じゃダメなんです。あと一勝が…。
(ナルコ)

やらしてもらいます!っとナルコのノリの良さ、 現実的ではないはずなのに、焦っちゃいました。 雀鬼会の試合に比べたらなんて考えたり、 気の抜けない日々、三鉄も乗ってきて 予想以上の盛り上がりでした。 ムリ子さんが念願のチケットをゲット、 ターゲットが現れると涙ぐんでましたね。 ムリ夫さん、ムリ子さんがやってから、 僕もやりますじゃ、カッコ悪いかな〜
(恒)

ナルコさんもムリ子さんも目標に向かって頑張っていました。 自分にとってもいい刺激になりました。 ムリ夫さんもこれに何かを感じてくれればいいんですが…。 出来ない、無理だと決めつけるのは良くないですね。
(哲)

ナルコが単独優勝なら 一発・モテコーディネートだったのになぁ(笑)残念! 哲、深山とは三鉄ほかに下北、感覚の仲まという 共通点もあるので良い関係性だと思います。
(百武)

■2021年12月8日(水) Vol.6784

卓上相撲がここんところダラついてるんで、 今期はテーマを決めた。
そのテーマが何んと、 道場生にはうとい、
「色欲」
恒大将始め、 鉄人のナルコに変化が起きている。
ずーっと、あれほど弱かったナルコが、 トップを走り、 恒大将も微差で追いかけている。
その恒さん、急に色ボケたのか、 俺は十代の頃、 武田久美子に似ているって言われた、 とほざく。
誰が見ても似ていない。
俺もその名にピンと来なかったんで、 周りの者がスマホで写真を出してくれる。
俺の遠いわずかな思い出しの中で、 アイドルかなー、と申すと、 恒大将自ら、モデルです、 グラビアのモデル、 と引かない(笑)
正直、顔、足の短さから言って、 恒とモデルは、かけ離れている。
「どこを取っても、それはねえよ」
「目とマツ毛はどうですか」
と、まだ引かない恒。
色欲の影響って、凄いですよね(笑)

         雀鬼




武田久美子さんを知らない自分が 永井さん顔の女性を思い浮かべながらスマホで調べたら、 すごい美人が出てきました。(笑)。 この人と似てるって、 永井さん一体どうしちゃったんでしょうか(笑)
(哲)

11日目まで単独トップというのは、 今までありませんでした。 そして、永井大将のご乱心。 ひょっとしたら、ひょっとするかも?
(ナルコ)

あくまで、友人の評価です。 ゴリラや熊、シーサー等、人間以外の呼び名が普通、 良くて北京原人でしたが、 女性に似てると言われた事に驚き、 30年ぐらい記憶に残ってます。 ちょっとした自慢で…、 別の友人に話をしても否定されなかったので… しつこいですね(笑)
(恒)

武田久美子に似てるって…、 いくらなんでもそりゃ無いですよ〜永井大将。 こりゃどうかしちゃってますね(笑)
(シャボ)

■2021年12月5日(日) Vol.6783

茨城から来て、 土日、車中泊を長年続けているシャボさん。
今まで放ったらかしだったが、 彼もそれなりに年齢を重ねている。 若いうちはヘイチャラだったろうが、 もうそうもいかないよね。
この頃、コンビニのスイーツ買いを覚えて、 シャボの帰りの車で買ってもらう。 好みの品を、だいたい買い占め。
ダメですよね(笑)
っていうことで、寒さも増し、 道場で土曜日は相撲、体捌き、 感覚の動きとかやってると、体が熱くなり、 特にシャボと橋本は汗が流れ落ち、 タオル番が対処する。
「ひとっ風呂浴びろ」
と命令を出しちまってから、 シャボも仕方なく、我が家の風呂場へ。
でもね、風呂にはつかってくれず、 冬なのに、シャワーだけ、 本当は俺より先に、ひとっ風呂浴びて欲しい。
今度は、そうして欲しいな・・・・。
家人いわく、
「恒さんや、シャボさんに、  迷惑ばかりかけてるんでしょう」
「おっしゃる通りです」

         雀鬼




遠路はるばる来て、明るく気づき行動し、 感覚の動きでも筆頭格のシャボさん。 その一部でも出来れば、負担を減らしてあげられるのですが…。 少しでも疲れをとってほしいと思います。
(ナルコ)

自分は迷惑に感じた事ありませんし、 何か返せるのであれば有難い事です。 決して楽ではないですが、それ以上の楽しみがあります。 自分なんかより大変なのがシャボさん。 会長のご自宅にて、衝動的に汚物を持ち込んだり、 置物を破壊されているようですが、 多分楽しみの方が大きいはず!?
(恒)

一度お風呂をお借りしてから、味をしめて、 この所毎回、会長のお気遣いに甘えてしまっています。 確かに若い時程の勢いはないかも知れませんが、 車中泊にはまだ苦を感じていませんので、 甘え過ぎないようにとは思っていますが、 今度は、ひとっ風呂頂いてしまうかも知れません、 でも何かやらかしそうで自分が恐いです(笑)
(シャボ)

■2021年12月4日(土)その2 Vol.6782

先週1週間、何かとあった。 ヨシの床屋に久し振りに行けた。
「会長、何十年の中、  一ケ月来られなかったの初めてですね」
「うんー、そうかぁ。  俺、又ダメな記録を作っちまったな」
その前の日かな、 ビデオの方のデッキが止まっちまったんで、 緒方からの連絡で、 テレビの後ろのソケットを一度抜いて下さい、 と指示を受け、 初めてテレビ本体の後ろをのぞく、 赤い小さなランプがついていたんで、 その辺りのコードを引っこ抜くが直った様子なし。
抜いたコードを差し戻そうと、 テレビの後ろ側に体をひねって、 探すがなかなか戻せない。
こりゃ、体を痛めちまうわ、 あきらめた瞬間、物入の上に乗ったテレビが落下。
危ねえ!!
瞬間、右のこぶしを出すと、 テレビの重さを感じず、 そのまま、上へと戻せた。
毎度、こんなヘマばっか(笑)

         雀鬼




自分の説明不足で、 会長を危ない目に合わせてしまい、 申し訳ありませんでした。 会長が瞬間で捌いてくださったおかげで、 何事もなく済みましたが、 本当に何事もちゃんとお伝え出来るよう、 やっていかなければ、と反省いたしました。
(緒方)

一歩間違えたらの場面ですが、ヘマというより、 どのように捌いたか気になってしまいます。
(恒)

■2021年12月4日(土) Vol.6781

早矢ちゃんの結婚式で同席し、 何かとふれあいが出来た淡路島の山田先生から、 特産の三年ふぐの極上ものが届いた。
ふぐの刺身、ふぐちり、ふぐの肝、 漁師さんが作ったふぐの一夜干し、 どれを食べても、ちょっと味わえないものばかり。 家族で腹いっぱい頂いちゃいました。
手の平サイズの肝が2つ。 一つは、塩で軽く揉みほぐし、 一つは、ポン酢、万能ネギをあえて、ホイルで焼き、 塩の方は、そのまんま、 ポン酢の方は、 ふぐちり鍋の中で軽く温めてから食した。
家人は、ハナッからお手上げで、 全て俺が調理しましたから、 山田先生、ご安心下さいませ(笑)
ふぐちりの時、皮がちょこんと付いたふぐは、 ふぐの毒がピリッと口の中で味わえて、 大人の味でした。
早矢香&山田先生の心遣い、 ありがとうございました。

         雀鬼




淡路島の海は、どんな感じなんだろうって話も 以前ありましたが… 会長のフグ料理、想像しただけで、ヨダレが出そうです。
(恒)

会場でも会長とのお話しだけでなく 体捌きの不思議さを体験されたりと楽しい触れ合いがあり、 「今度は是非、淡路島に来てください」 とおっしゃっていた山田先生からの極上のふぐ、 会長ご自身で調理され美味しく食べられたとのことで、 山田先生もお喜びじゃないかと思います。
(シャボ)

会長の文章を読むと、なんだかお腹が空いてきました(笑)。 道場で何度か食べたフグ鍋はすごく美味しかったですが、 それよりも美味しいのだろうな、と思いました。
(ナルコ)

肝!!ふぐの中でも、なかなか食べる機会がない部位です。 本当に特別なふぐを、特別に会長に贈られたことが、 それだけでも伝わってきます。 マンツーマンで会長からその味わいを聞いていたサブマネが、 まるで目の前にフグがあるかのように嬉しそうで、 自分の耳も自然とダンボになっていました(笑)
(緒方)

■2021年11月28日(日) Vol.6780

昨晩は、午前2時の遅い食事。 俺にとっては、こんなもの。
食事後、酒もなく、ジャンケン相撲を取る。 終りは午前6時頃。
恒例の相撲なら、 俺は、数番取って、オマケの体捌きとか、 感覚の動きをやってれば済むんだが、 ジャンケン相撲は、ジャンケンから盛り上げて、 勝てば、チームでハイタッチで、また盛り上げ、 早い順番を引いちまうと、相手チーム員を全員、 ハイヨ、コレヨと転がすだけだから、 取ってる時は楽チンなんだが、 土俵という舞台に立ちっぱなしは、きつい(笑)
歩いて300m、立って1分の今の体調じゃ、 あれダメだよな!!3時間出っ放しはね。
我が家に帰って、シャボと隣同士で個室に入る。 隣から音がする。
「シャボ、出たかい」
「ハイ、いただきました」
相撲を取った汗を流して、さっぱりしたシャボ。
「会長も出ましたか」
「出たよ」
と俺の方の個室からフリチンで出る。
シャボは、新しいものに着替えたが、 俺は、まだフリチンのまま。
「会長、風邪ひきますよ」
う〜ん、こんなもんよ、とフリチンのまま、 ベッドの上で一服してから、その姿のまま、 シャボを玄関まで送って、 シャボが入っていた個室の方に移って、 冷えた体を温っためた。
何の話しかなあ、解らねえよな(笑)

         雀鬼




恒例の相撲に比べて、 あっさり負けてしまう僕たちの出番も多かったですが、 会長が休める場面をもう少し作りたかったです。 会長とシャボさんの関係、いつも聞いてもいいな、 と思うのですが…、何が出たんでしょう?
(ナルコ)

ハードな放課後でしたが、 いつも会長と体を合わせる事が出来るのは、 活躍した者ばかりなので、贅沢な時間だったと思います。 ご自宅での話、個室とフリチンから 下の方を想像してしまいましたが、 答え合わせをさせて貰えず、謎のままです。 寒さを越えた何があった!?
(恒)

ジャンケン相撲で出っ放しで 普段より体を動かされお疲れになられた会長、 自分はいつもよりは疲れなかったですが、 汗を流してさっぱりさせて頂きました。 隣同士個室でフリチン、お互いに 「出ましたか?」「出ましたよ」の会話。 何の話しなんですかね?(笑)
(シャボ)

■2021年11月27日(土)その3 Vol.6779

喪にも服しておりますが、 余りにも郵便局のやり方が汚ねえんで、 今年も年賀状は書けません。

         雀鬼




先日も喪中の葉書が届きました。 何かある時に使われる郵便局、 恥ずかしい気持ちを持って欲しいです。
(恒)

■2021年11月27日(土)その2 Vol.6778

ナルコは、もう廃棄するだけの 使用済みのゴミの紙を、 もったいないとメモにしていたら、 上の方からクビにされた。
その上の方らの馬鹿タレ、 局長クラスの奴が、カレンダーの配布を、 一軒、一軒回っての選挙活動問題を起こして、 100人弱が立場失格。
総務省の上部からのお達しで動く上の人間達。 ナルコ、奴等全部、監獄に入れてやれ!!

         雀鬼




それなりの立場を利用しての大規模な悪巧み。 お前らに、俺のことを言う資格なんかあるもんかい!
(ナルコ)

行政が絡むと甘くなるのか、 何度も不祥事を繰り返しますね。 末端には厳しく…味方であるはずの組合の話を聞いても、 上から目線で腹立たしく感じました。
(恒)

偉くなればなるほど汚くなるのが、 ある意味の人間の性質なんでしょうか。 ナルコ看守の下からやり直せばいいと思います。 って言っても、もう治らないか・・・。
(緒方)

■2021年11月27日(土) Vol.6777

深山が網走監獄から出所して、 イバラガニとキンキと筋子を お土産に持って来てくれた。
イバラガニは、蟹好きの俺でも初めて食した。 タラバガニと同種のヤドカリの仲間らしい。 茹でた色も薄いし、味も弱い。
俺も昔は、よく北海道へ行った。 向こうの人が言うには、 本土の人はイクラを好んで食べるが、 こっちは筋子が本線と何度か聞いた。 俺もイクラより筋子のあのショッパさを好む。
俺も30年余り前、 流氷を見たり、監獄にも、 お勤めした刑務所が観光地の一つだった。 珍しい所だよな。
木造建築の牢屋が重要文化財化され、 北海道の極寒の大地を 囚人達が開拓した歴史も残っている。
今のような土木機械もない時代。 つるはし一丁で、ワラを羽織って、 ワラ靴を履いて、厳しかっただろうなー。
俺が行った頃は、案内人がいて、 20人ぐらいで見学したが、 深山が行った時は、人も、まばらだったらしい。 コロナの影響かなー。

         雀鬼




イバラガニは美味しく、 キンキも皮まで食べ尽くしてしまいましたが、 筋子の方は南国育ちの自分には刺激的でした。 同じ日本でも味加減は全く違うもんですね。
(恒)

寒さが厳しくなる前に出所してきました(笑)。 筋子は、久しぶりに食べましたが あのしょっぱさは懐かしく自分も好きです。 網走監獄では、自分の田舎への道を相当過酷な環境の中、 囚人達が作ってくれたことを 初めて知れることができて良かったです。 でっかい駐車場の入りも数台で、 自分は1人で見学していましたが少し寂しい感じはしました、 コロナが明けたら少しでも賑やかになってくれればいいのですが…
(深山)

イバラガニはもちろん、自分は筋子も初めてでしたが、 筋子はご飯が進みますね!! キンキも会長がおいしく味をつけてくださり、 しゃぶりの永井さんの登場(笑) 深山さんのおかげで、初めての味を頂けました。 ありがとうございました。 囚人開拓の厳しさ、自分では3日と耐えられる気がしません。
(緒方)

■2021年11月24日(水)その3 Vol.6776

今日は昼近くから都心の病院に行く日、 病院に行く日、病院を忘れて、 ふらりと散歩する気持で出掛けた。
ちょっと前までは、 長いペルシャ絨毯が敷かれた通路を通って、 奥にある座り心地がいいソファに座って、 診察を待つだけで、 来院する人も、そこで働く人達も少なかったが、 人間ドックの他に一般診察場も作られ、 入口に近い場所は、きれいな病院らしくなっている。
診察を待つ間に、 いつもの病院らしさの気分に戻っていた、残念!!
帰る頃には、疲れが出た。
町田に着くと、 恒と緒方が迎えに来てくれていて、 車イスで道場へ。
楽ちんだったけど、下からの風が冷たく、 体が寒くなって、しばらく道場の中でも、 革ジャンや、半コートも脱げなかった。

         雀鬼




病院の変化、次のコロナ感染拡大に向けてなのでしょうか。 経営上の都合かも知れませんが。 大分冬らしくなって会長のお体が気になりますが、 この日の深夜も相撲、この時だけは心配不要です。
(恒)

途中まではお散歩気分で出かけられて、 いつもより気持ち的には楽だったのではないでしょうか? でも、駅からの道場までのビル風による、 車イスの寒さ、次回は何か対策をしないとです。
(緒方)

■2021年11月24日(水)その2 Vol.6775

この頃、道場で、忠犬・恒公という可愛い犬が時々現れ、 何人かで忠犬と遊んでもらう。
そんな折り、フランスのパリでは、 犬と猫のペット販売禁止令が出たとか。
俺も前から、動物は好きだが、 ペットって、どうかなー、と思っていた。
我が家でも、何度か、 家人が犬を買ってきたことがあったが、 俺は可愛がらないのに、俺に懐いてきたり、 俺が帰る頃に、玄関を開けると、 犬が待っていてくれたことがあった。
家人は、一度たりとも、 お帰りなさいとか、お疲れ様でしたとか、 迎えに出たことは無しですがね(笑)

         雀鬼




一般的なペットとは違って 信頼感や感覚が合わないと忠犬恒公とは遊んでもらえません。 本当におりこうなんですよね、 嬉しそうに駆け寄って来てくれる感じがたまりません(笑)
(シャボ)

そうそう、シャボさん、あの感じ、たまらないですよね〜 反対に、合わない人に対して、タルそう〜に歩いていく姿も、 可愛さとのギャップで、自分はツボです! もしも奥様が、あいらしく駆け寄って来たら(打ち切り)
(橋本)

特定の人が目の前に現れると、 心の中では尻尾を振ってました。
(恒公)

■2021年11月24日(水) Vol.6774

時折り、我が家に、 愛のチョコレートが届く。
何かのきっかけで、 このチョコの美味さを感じていた。
スイス製のLindt MAITRE チョコレートという製品らしい。 多分、50個入り。
セロファンに包まれた丸いチョコが、 一個ずつ何種か入っていて、 お好みのものを選べるらしいが、 どれもこれも同じくらい旨い。
夜中に2個ぐらい食べるだけで満足。 それが無くなる頃に届く。
俺、バレンタインのチョコはいらないが、 このチョコは、今んところ気に入っている。

         雀鬼




上等なものではありませんが、 コンビニやスーパーでも海外製のお菓子が売っていたりしますね。 僕は、駄菓子屋さんで売っているようなやつでも、 美味しくいただいています。 でも、おまけ付きのお菓子は、あまり買ったことがありません。
(ナルコ)

自分は前に一度食べさせて頂いた事があり、 日本のチョコレートとはまた違った 外国の味がする美味しいチョコレートでした。 タイミング良く届く辺りに気持ちを感じますね。
(シャボ)

■2021年11月21日(日) Vol.6773

大谷選手、満票のMVP、凄かったね。
だけんど、国民栄誉賞だけは、 貰わないで下さいね。
アメリカで活躍したんだから、 その国の賞はいいんですが、 イチロー先生のように断ってこそ、 大リーガーの選手です。
岩手県民賞ならOKです。
大谷選手の体の円の感覚の捌き、 かっこいいです。
アメフトやNBAには、スター選手が居て、 人気もあった。
それを成せるのは、 大リーガーでも大谷選手だけですね。
九州から剣道6段の試験を受けに来た剣道家、 相撲も宮相撲をやってたらしい。
道場生と取ると弱いこと、弱いこと。 ここの人達、強いですね。(笑)
あんたが弱過ぎるんだよ(笑)
俺は何をやってもアマチュア、 正直、段なんて、何の種目でもいらない。 無段で結構です。
価値とか業績って、何なのかなー。
早矢香のことが心配です。

         雀鬼




今年の大谷選手は、 先発ピッチャーとホームラン王争いの二刀流で、 まさに超人でした。満票も納得です。 熊本から来た剣道家の方は、相撲になると危なっかしかったですね。 専門家のもろさを感じました。
(ナルコ)

勿論、本気ではなかったでしょうが、 本で怪しい棒術学んだ者の方が強そうに見えました(笑) 会長を8段と評価してましたが、? 会長と同じ事出来る人を見てみたいです。
(恒)

メジャーリーグでMVPを満票で獲得は本当に凄いです。 そして大谷選手、国民栄誉賞を辞退してくれましたね。 今の日本政府から国民栄誉賞を貰っても 「有り難い」とか「嬉しい」はないでしょうし、 むしろ嫌なものを感じているのではないでしょうか。 国や組織が与える段位や賞にも あまり意味や価値を感じませんし、怪しいもんですね。
(シャボ)

■2021年11月20日(土) Vol.6772

暇ですね。 故郷に帰ろうかなー。
暇なんで、 麻雀5回も打っちまったよ。
暇だから、 病院2ケ所行きますか。
暇だから、 BIGがギネスに認定されたとか・・・。
だからって・・・・。

         雀鬼




道場内で話を聞くと暇人ばかり…助かります!
(恒)

暇な時にする会話ってろくなもんじゃないですね〜(笑) 暇は良くない!
(シャボ)

暇つぶしのギネス挑戦がこんなことになろうとは…。 マイナーな分野だったのか道場の観客も少なめでしたね。
(BIG)

ただ今故郷ですが、晩飯食べたら本当にやることがない! 仲間もいないですし、すごい暇です… 「BIGさんがギネスに」という一文で 何が起こってるんだろうと思うだけで、 こちらは楽しくなります。
(深山)

■2021年11月17日(水) Vol.6771

外にいい陽射しを感じ、 自室からタバコと飲み物を持って、 珍しく和室に。
籐のイスに座って、 中に火鉢がある四角いテーブルに足を伸ばす。
カーテンをオープンにすると、 ガラス戸を通して照らしてくれる陽射しが、 温っためてくれる。
タバコを一本吸ったのは覚えているが、 その後、すぐにスヤスヤ寝込んじまう。 こんなの初めて。
庭の木々や葉っぱや、 時折やってくる小鳥たちを眺めながら、 一人座って、時を過ごすことあったがね。
まさか、陽が真上に差し、西日まで、 温ったまって、そのまま気づいたら、 陽が落ちて、数時間眠るとは。
外へ出かけて帰った家人が、 家中を探したが、 やっと見つけたのが座敷の廊下だったらしい。
何度も大きな声で、 声をかけたり、ゆすったりもしたらしいが、 俺には何の音も入らず、 静寂の中で、一人で居たんだね。
かつては、物音一つで起きちまった俺が、 まさに、
「無の世界に」
半面、今日の夕刻、 相撲を見てたら、何度も落ちて、 毒薬の注射を打たれ、 狭い小屋に閉じ込められている。
まだ死なねえのか、
と見知らぬ声に、 見知った声が、
20秒で死ぬわよ。
死んだ体の上へと、ゴザをかぶせられる。
悪夢!!
目覚めると、寝汗をかいていた。
上半身、裸の体の上に、 毛布がかけられていた。
体温計で計るが熱はなし。 暖めたタオルで体をふく。
普通なら休む体調だったが、 水曜じゃ、行かなきゃならない。
同じひと眠りでも、 片や無のスヤスヤ、 一方は完全たる悪夢。
大きな違いがあるもんですね。

         雀鬼




一見、優しいように思える行動が悪夢と繋がる、 信頼とは真逆の積み重ねが影響しているように思ってしまいます。
(恒)

縁側で日向ぼっこしていて落ちるのは気持ち良さそうですが、 悪夢の方は妙にリアリティーがあって嫌ですね。 見知った声の方に リアリティーを感じさせる何かがあるんですかね(笑)
(シャボ)

自然の太陽の日差しと、悪夢に登場する方、 それぞれが普段、会長に何を与えてくれているのか、 はっきり表れていますね。
(緒方)

■2021年11月14日(日)その2 Vol.6770

俺の数少ない運動として、 昨晩も、残った有志達と相撲を取ったり、 怪我しないように見守る。
大横綱のシャボ、 枯れ葉が強くって、全員斬りを3度。
ここんところ、くじ運が強かった深山も、 あと一人で全員斬り。 最後の相手がシャボじゃ、相手が悪かったね。
一勝も出来ない者も何人もいる。
あまりにシャボが強いんで、 俺の手の平の中でマヒ薬をこねる。 向かって来るシャボに、無色無臭の薬が効いて、 バタンと床に倒れる。
倒れたシャボ、足先から首まで動きが止まり、 肩周りや首が危ない状況。 放っておけば、骨が折れる(笑)
命の恩人を今度は俺が助ける番。 やったのも俺だし、助けるのも俺。 なんちゅうこった!!



俺とシャボの信頼感があってこそ成せること、 だよね、シャボさん(笑)
もう、しばらく、やるまいね(笑)

         雀鬼




転がったり、倒れたりして固まってしまうのも、 同じようで違いがあるようです。 それにしても、放っておいたら骨折してしまうとは…。 一体、どんな感覚なのでしょう?
(ナルコ)

マヒ薬…、放っておけば骨がおれる…。 会長との信頼感です!押忍!(笑)
(シャボ)

1周みえるところまで久しぶりに行きましたが、 シャボさん相手には 誰よりも軽く飛んでいくのでしょうがないですね(笑) もう少し放っておかれると骨折するマヒ薬… これができるのは、 会長とシャボさんの信頼感あってですね(笑)!
(深山)

■2021年11月14日(日) Vol.6769

昔、大好きだったピーカンを、 この頃、何本か味わっている。
嫌煙家の皆さんには、 臭いも香りも、くさいだけ。
ピーカンは、そこらでは売ってない。 かつて高価だったピースの50本入りが、 しっかりした青紫の缶の中に詰まっている。
今は、道場では、恒大将と俺の 2人切りが数本吸っている。
かつては、高名な作家さん達の、 原稿を書く机の上に置かれていたっけなー。
フィルターがない両切りのタバコ。 タバコは体に悪いって言いながら、 ハッパから入って、酒と同じように テンションが上がる薬が流行っている。
俺も
「ヒロポン」
に変えるかな。

         雀鬼




会長に何本か頂いているうちに、自分でも買うようになり、 今では10缶ぐらい溜め込んでおります(笑)。 缶のデザインや作りもしっかりしていますが、 両切りに比べたら、フィルター付きは味気ないんですよね〜 酒や薬で発散したり、解放されたりで、 素の部分が出せたりするんでしょうが、 会長は普段から素のままで居られるんで、必要ないと思います。
(恒)

以前は、ピーカンのような缶入りの煙草があるのを知りませんでした。 僕は味の分かる方ではありませんが、いい香りがします。 酒を飲んで醜態を晒したり、ハッパでテンションをあげるほうが、 煙草より悪いと思います。
(ナルコ)

■2021年11月13日(土) Vol.6768

スポーツ選手ったら、 グランドや、コートや、リングに立てるから、 輝けるんですね。
やっぱり、その場から降りちゃうと、 一気に、普通の人になって見える。
昨年一年、遠くから応援した筒香選手も、 最後の働きがあって、 パイレーツに残留出来そう。
昨年はシーズンオフ直近に、 立ち上がったが、 今度は最初が肝心だよな。
もう一人、道場に練習に来た、 ボクシングの村田諒太選手も、 12月29日に、2年ぶりに大きな試合が決まった。 村田にとっては、大勝負だよね。
彼は、頭と体の回転がよいから、 それが試合で活かせればいいだけ。
写真を見る限り、 右側のフックと、左の耳の上の顔面と、 ボディが気にかかる。
減量苦がなければいいんだがね。

         雀鬼




筒香選手も村田選手も体の感覚に会長のご指導が入っています。 勝負の場でも感覚や捌きが生きてくるといいなと思います。
(BIG)

会長が写真だけで弱点、コンディションを読み取る、 不思議ですが、ネットや雑誌の情報より参考にさせて頂き、 一番の注目点になります。 村田さん、早めに連絡してくれたらと思います。
(恒)

筒香選手は約束のバットを届けてくれたし、 村田選手は待ちに待った大舞台ですね。 道場で触れあったつながりがあるだけに、 余計に応援したくなりますね。 会長は、御二人とも写真を見ただけで 悪いところ、弱いところを見抜かれていましたが、 到底真似できません。
(ナルコ)

筒香さんの会長との約束の1本は 道場の皆にとっても良い思いでを残して下さいました。 来シーズンは初動が大切とのことで またどういった動きをされるのか楽しみです。 村田さんも道場に来られて 会長のご指導を受けてからのその日の動きの変化が凄かったです。 すぐに試合が観たかったですが、間が空いてしまい 試合感や身体や感覚の維持等 大変だったのではないかと思います。 あの時の様な動きが観れるのか? 久しぶりの真剣勝負、良い試合になると良いですね。
(シャボ)

■2021年11月10日(水) Vol.6767

8日の日だったかなー。
「今日、結婚記念日よー、お金ー」
あの時から、ずーと戦ってきた。 心身が弱かったら、とうの昔に潰れていた。 逃げも隠れもせず、この年まで、どうにか、やり通した。 これだけは、自分を褒めてやりたい(笑)
早矢香の結婚式は盛り沢山。 家では、ケーキでも買ってくるかと、ちこっと譲る。 おいしいお店は、みんな閉まっちゃったらしい。 すき焼きを別々の時間で頂いただけ。
あくる日は、転んで、手首を折って、 手術で入れたプレートを取り除きに入院。
早矢香は、旦那とチューしていればいいが、 俺、タイミングを外したことを思い出していた。
己が選んだ道とはいえ、あの場で隠れるように、 俺だけに挨拶しに来た福原の愛ちゃんに、 柔らかい握手だけでなく、ハグしてやればよかった。

         雀鬼




結婚記念日でなくてもお金を取ってたり、 ハリケーンを起こしたりと 自分には想像できませんが、 他の人ならとっくに潰れてますね。 勇気を出して会長の所に行かれた福原さん、 世間では散々言われているようですが、 会長には相手をしていただいて良かったですね。
(哲)

世間の常識が正しかったことなんてない。 会長の本に、そういう言葉があったと思います。 常識はずれがいいとは限りませんが、 あの日の会長の姿に愛ちゃんが救われたのなら、 良かったと思いました。
(ナルコ)

建前や自分を取り巻く環境に 息苦しさを感じていた方々には 会長の本音のスピーチは 響くものがあったのではないでしょうか? 会場で愛ちゃんが身を小さくして 会長に挨拶をしに来たのにはちょっと驚きましたが、 愛ちゃんにもきっと何か伝わったのかも知れませんね。 早矢香さん達と伴にオリンピックを戦い抜いた仲間ですし、 気持ちや状況に少しでも良い変化が起きたらいいですね。
(シャボ)

数年経験してみて、結婚って、 そんなにお祝いするもんかなって思ってしまいます。 浮わつくのも初めだけ… 仲間との繋がりを思って行動される、 人前に出るのが相当なストレスになる方への対応、 会長の温かさを凄く感じました。
(恒)

■2021年11月7日(日) Vol.6766

やっぱり体は正直だ。 嫌な場が多く目に入ったのか、 嫌な疲れが残っている。
そん中、しげる運動部長に、
「今晩は、どうなされますか」
と問う。
飯は遅くなった午前2時。 緒方が手の込んだアジのタタキを作ってくれたんで、 お代わりした。 腹が消化される前に、ちょこっとの相撲。
「申ししめしました」
と始まる。
シャボ横綱、強し。 3周する。
深山も、くじ運に恵まれて、 4、4、5と2ケタ星で、久し振りの横綱復帰。
鉄人・ナルコが、ワクチンと残業疲れの中、 これも久し振りに勝ち点を上げ、役力士に。
みんな疲れ切っている上の相撲。 出場する者は大変です。
開始前の俺の稽古相撲、その時は、 5歩、歩くだけで、息切れで、ふらつくが、 「感覚」と「捌き」を入れて、 倒れる一分前に終える。
帰り際に、両横綱を軽めに床に転がしたら、 シャボが床にくっついちまっていた(笑)
帰る寸前も、深山と立ち合い、 体をほぐしてもらえた。
我が家に5時半頃着いて、 俺の面倒を見てくれるシャボに、 今日は、体に嫌な臭いが付いているから、 一風呂浴びろ、と命令(笑)
仕方なく、
「じゃあ、シャワーだけお借りします」
「御用があったら、何でもお持ちしますよ」
さあっと洗って、2人して俺のベットに座って、 冷たいスイーツを食べる。 そんな、瞬間だけど、ちょっとした幸せを感じられた。
シャボは、ヨボヨボジージじゃなくて、 女性の方が、よかったろうなー。

         雀鬼




図々しくもシャワーをお借りした上に 会長とベッドに座ってスイーツを頂く、 隣に居るのが悪臭漂わせていた自分で申し訳なくも、 何とも言えないホンワカした時間を女性…じゃなく、 会長と過ごさせて頂き、ありがとうございました(笑)
(シャボ)

まだ慣れない仕事で、 自分が思う以上に疲れが出ているのかもしれませんが、 みんなはもっと大変だと思います。 仕事も道場も、捌きの感覚でやればいいのかもしれないですが、 出来ないんですよね。
(ナルコ)

最近は、くじ運に恵まれてきた気がします。 このままとはいかないかなぁとは思いますが… 会長に転がされて、自分は大丈夫だったのですが、 シャボさんがくっついていました、 シャボさんも、やっぱり入りやすいですね! 最近、サブマネが参加されないのが寂しいな?(笑)。
(深山)

自分も寂しいやね〜 でも、ご褒美だから、しゃあないやね〜 残念!!
(サブマネ)

道場生にとっても、なかなかない運動する場、 勝てば勝つほど大変です。 両横綱が強すぎて、いつもより楽だった気がします。
(恒)

今年は、いいアジがあんまり入ってなかったんですが、 ナルコさんから、今日はあるから、緒方見て来い! ということで、久しぶりにアジを仕入れることが出来ました。 お代わりまでして頂けまして、良かったです!
(緒方)

■2021年11月6日(土) Vol.6765

拘束されるって、心身が嫌う、 根っからの自由人。
先日の早矢香ちゃんの挙式、 6時間以上、拘束されちまった(笑)
娘のように思える付き合いがあったんで、 世間の建前はいらない。 どこに居ようが、誰が居ようが、 その時、その場の状況次第で、我が道を通す。
俺が酒乱だと思った人もいるかも知れませんが、 俺は下戸です。
車で八芳園の玄関先に着いた時から、 ホテル側のガードが入り、 俺のような面倒な男の世話係を、 見事に、付きっ切りで、 6時間もして下さったスタッフには、 感謝、感謝です。
杖をついて行ったんで、ゆっくり、ゆっくり、 俺の歩みに合わして誘導してくれる。
階段を一切使わず、 新郎新婦専用のエレベーターに乗せてくれる。
ゲストマネージャーが、 先生、お気に召す部屋を準備しました。
その部屋は、かつて、三菱の御曹司が、 一人になりたい時に使ったらしい。
落ち着きと趣きが迎えてくれた一室。 何気なく飾られている、歴史もの、国宝級のものが、 お金の価値を忘れさせるように置かれていた。 そんな個室に、俺とシャボと娘の3人だけ。
早矢香ちゃんに頼み込んでいた、 お偉いさんもオリンピックのメダリストも居ない、 俺だけの空間。
早矢香の心使いと、 ホテル側の心ある対応を感じられた。
頼んだコーヒーも最高級のブルーマウンテン。
案内人は、決して語らず、飲み物を出す、 ドアの外で立って待っている。 こういう方には、どこでも、そこでも、 ありがとう、のお礼の言葉が出る。 形式ばらず、自然に成すべきことをやってくれる男性。
その部屋だけは、本音の趣き、 一歩外へ出れば、建前の世界、 その違いを、はっきりと受け止められた。
早矢香のことだから、向こう様に、 うるさい奴、めんどくさい、手に余る奴だから、 そこを一つと頼んでいたことだろう。
それを、しかと受け止めた、受け入れ側の方々は、 見事な仕事を長時間に渡って成して下さった。
俺の人生で、結婚式は、多分、今回で最後でしたんで、 自分らしく存在しようと決められました。

         雀鬼




それなりの肩書きだけでも使わせて貰えないそうで、 ホテル側の方も会長の事を良くご存知なんだろうなって思います。 自分には似つかわしくない場所ですが、 会長の会長にしか出来ないエピソードを聞けて、 ちょっとその場に居たいような楽しい気分になりました。 ひきつった顔の人も居たんでしょうね。
(恒)

どんな場所や状況でも ご自身を通される会長のお姿、生きざま、 やっぱりかっこ良かったです。 ずっと付いていて下さったスタッフの方も 6時間付きっきりと言うのは 中々ないことだったのではないでしょうか? ああいった仕事のプロの方の動きや作法、勉強になりました。 通して頂いた部屋の歴史や美術品の価値など 分かる方しか入れないような特別室、 やはり自分は場違いでした(笑)
(シャボ)

本音の趣の部屋は会長のような方にしか案内されない部屋であり、 ホテル側にも分かる方々がいて安心しました。 案内人さんは色々と感じつつ、表に出さず待っているのでしょうね。 最後に相応しい部屋と結婚式を用意して下さった早矢香さんは 芸能界に染まらずにおねがいします。
(牧野)

元々、気が向かない中、会長のためだけのお部屋のご用意、 会長のためだけのご対応、お気遣いをされましたスタッフの方、 ありがたいお話でございます。 そんな場に違和感なく、 会長に合わせられるシャボさんもすごいですね。 そして、突然の牧野先生コメント・・・、なんで?
(緒方)

■2021年11月3日(水) Vol.6764

平野早矢香ちゃんの結婚式に、 どうにか行っちゃった。
早矢香ちゃん、新郎さん、 二人して、俺の体調を気遣って、 超ビップ扱い。
お偉いさん方も居たんだろうが、 俺達だけ、女性マネージャーの気遣いで、 お好みの部屋を用意しました、 と俺とシャボさんと娘だけの個室。
付き添いの人が6時間つきっきりで、 面倒を見てくれる。
挙式だけで十分、っていう気分。 その後、長い披露宴、4時間オーバー。
それは疲れるよな(笑)
又、後で・・・・。

         雀鬼




早矢香さんが会長に対して言っていた 「特別凶悪指名手配犯」と言うのは こう言うことだったんですね(笑) 確かに特別中の特別でした。 早矢香さんと新郎さんお二人の 会長への格別のお気遣いを感じました。 場違いな自分でしたが、貴重な経験をさせて頂きました。 そんな自分が言うのもなんですが、長かったですね〜(笑) 会長、長時間お疲れ様でした。 そしてご一緒させて頂きありがとうございました。
(シャボ)

早矢香さんの気遣い、聞いて嬉しくなりましたが、 帰ってこられた時のご様子は… 何度か披露宴に参加した事ありますが、 バラバラした感じが好きになれないです。
(恒)

■2021年10月31日(日) Vol.6763

たった一票でもと、 久し振りに選挙に行って来た。
気分は怒っていた!!
長期政権で、みんなして、 しっかり権力を握りつぶしていた。
選挙に勝つために、裏工作で、 あの悪玉を呼び戻して、 悪いもん達で周りを固める。
「一応さあ、国民の声を聞いたけど、  全て無視します」
これが本音だろう。
自民の大物も、 今回は追い込まれている。 閣僚は全て落下して、 議員の立場から消えればいい。
役が付いた者も伴に落ちろ、 それを期しての一票。
投票率が70〜80%を越えなければ 無効ぐらいに変えればいい。
今回の選挙だけは、我慢の限界を越えて、 選挙の話題が上がっていた。
制度の作り方も全て、 国民無し、だからな。 官僚や大企業だけを側に置いてな。
金持ち優遇、一般人無し、 それが、歴史上、権力側の体質なんですよね。
政治家って、偉い人の集りなんでしょう。
「ハッハッハハ」

         雀鬼




政治と金の問題で引っ込んでいた人を、 要職に据えるのは明らかにおかしいと思います。 こういう人は出馬させないとか、 党としてそのくらい出来ないのかな、と思います。
(ナルコ)

政治家の話を聞いていると、余程馬鹿なのか、 国民を馬鹿にしているのかって思う事があります。 その政治家達を当選させている側にも問題あるでしょうが。
(恒)

こんなのってアリ?っていうことを、 平気で通して、権力を握り続けて好き勝手。 国民が止められないから、ナメられてるんでしょうが、 ホント汚い奴らは、どんどん落ちればいいですね。
(緒方)

■2021年10月30日(土) Vol.6762

明日は選挙です。 落選を望んで、投票する。
俺の選挙区では、 あの金の甘さを感じている、幹事長がいる。
選挙って気持が悪い!!
奴は、俺と同じ床屋に来ていた。 来るといつもマンガを読んでいるらしい。
いつも社長がカットしてたのに、 あいにく居なくって、 俺の担当だった者が、そいつの担当をした。
そん時、国会の議員たるもんが、 床屋で働く無知なる者と決めつけて、 やくざのマンガ本を持ってきて、 このカットにしてくれ、 と頼んだのが、今の奴のヘヤーです。
ファッションも自由だろうけんど、 これって、マズイ話だよな。
共産党の候補が降りて、 立憲候補に猛追されているらしい。
あきらかに腐った候補を当選させちまうから、 政治の姿勢が良くならない。 国民の責任問題でもあるんだよな。
落選票の1票を入れてきますわ。
あぁ、気持悪い!!

         雀鬼




地盤で負けても比例で復活する制度があり、 なんだこれ?って思った事あります。 幹部クラスなら、それなりの処置があれば良いのに、 そうならない、 投票率が低くなっている要因の1つな気がします。
(恒)

なんで事件を起こした人が、要職について、 当たり前のように、また当選出来るんですかね。 みんなダメで、落選競争でしか選べない選挙・・・。 政治家のための選挙じゃなくて、 国民のための選挙にはならないもんなんでしょうか。
(緒方)

■2021年10月27日(水) Vol.6761

日曜の夜、みんなが帰って、毎度のメンツ。 飯を食った後、いつも恒大将が落ちる ソファに座っていたら、眠気が来る。
シャボに、様子がおかしいのを、見破られていた。
「恒大将、俺、落ちちゃっていいですか」
「どうそ、どうぞ」
深山が眠りを誘うマッサージをしてくれたが、 背中を押されているのに、いつもの感覚がない。 すぐに落ちてしまう。
小用で、軽く目覚めるが、いつもと違う。 目をつぶったまま、伝わり歩きでトイレへ。
その後、残った者で、遅い食事。 その時も、目をつぶったままで食べる。 これって、かなりおかしい。
起きた時も、
「ここ、俺ん家じゃねえじゃんか!!」
周りの者は静か、みんな黙っている。
俺が、橋本や深山達にかける、 感覚の動きの中の、ちょっと困ったやつ、 それに近いものを感じていた。
その日、我が家に帰って、 一風呂浴びれば、目覚めるはずが、 途中でトイレとかに行ったんだろうが、 どうにか気づいたのは、 深山のマッサージから24時間経った頃。 このまんまだったら危ないよ!!と思った。
若い頃は、一週間、寝ないことが何度かあった。 道場を開いてからも、 3日くらいの徹夜は、ヘッチャラだった。

         雀鬼




昔、眠らなかった分が今になって、 というわけではなさそうですね。 スッキリ目覚めて、疲れがとれてくれたら、 まだいいのですが…。
(ナルコ)

一昔前は会長があくびをされることも めったに無いことでしたが、 ここ数年はうとうとして 落ちる事もたまにあったりと 自分達にとっては 普通にあることを経験されるようになり、 それが良いのか悪いのか分かりませんが、 24時間ほぼ寝っぱなしというのは 自分達でもほとんど経験の無いことで、 これはあまり良くない感じがしてしまいます。 サブマネや深山はあの感覚の困ったやつに 入ってしまっても会長が戻して下さいますが、 会長がそれになられてしまったら… 本当に困ってしまいます。
(シャボ)

深山の感覚が深まって…という事であれば、 楽しいよね〜ってなるんでしょうが、 いつもの違う様子に、心配な方になってたと思います。 道場オープンした頃の会長の年齢と 自分は同じぐらいですが、1日の徹夜も無理な感じです。
(恒)

日曜日、会長が起きられた後のご様子も いつもと違う感じで目が開かない感じでしたが、 翌日のお電話で24時間寝ちゃったよというお話を聞いて、 あまり寝られなかった今までの反動なのかなぁとも思いますが 少し心配になります。
(深山)

■2021年10月24日(日) Vol.6760

感覚の仲間、 特にシャボや深山と立ち合うと、 身体がほぐれる。
昨日は、余りに酷い村長と先生を相手してやる。
村長のお言葉で、ある人とは、 嫌いじゃないが、肌が合わない、 と仰せられる。
まさにその通り、村長と先生は、 俺とは肌が合わなかったな。
おかげで、今日は体のあちこちがコチコチ。 お二人にうつされちゃったんだね(笑)
昨晩は、しげるさんから、 新宿の大陸さんの餃子の差し入れ。
その後に食べた、緒方の母上殿が、 息子を思って送ってくれたイモを、 緒方が上手に大学イモで出してくれる。
これが又、お菓子屋さんより旨かった。

         雀鬼




餃子と大学イモ、どちらも大量にお土産頂きました。 ただ肌が合わないのか、 家の者には気持ちが伝わらず…残念!
(恒)

ホントは、会長と何人分かでいいところを、 いつも、いつも、重たいのに、みんなの分まで、 しげるさんは大変です。 おかげさまで、会長の新宿の味を、 みんなで味わわせて頂けています。 大学イモは会長においしく召し上がって頂けて、 会長と皆様によろしくお伝えくださいと、 たびたび言っている母親ですから、喜ぶと思います。 自分も嬉しかったです。
(緒方)

しげるさんがギョウザをどっさり。 緒方さんが大学イモをどっさり。 どちらも、凄く美味しかったです。 村長と先生、表情や動きが少しでも良くなるといいですね。
(ナルコ)

肌が合う、気が合う、話しが合う、合うって大切ですね。 それが会長や仲間となら尚更ありがたく、うれしいです。 食の好みが合うと言うのもありますが、 しげるさんが気持ちで買ってきて下さる大陸さんの餃子も 緒方の大学イモもとても美味しく頂きました。 ごちそうさまでした。
(シャボ)

日々、感覚を大事にされている会長だからこそ 感覚が合う合わないの影響も強いのかなぁと思います。 合うに加えて、緒方さんやしげるさんのように 気持ちがあるとよりいいですね。
(深山)

■2021年10月23日(土) Vol.6759

松坂選手が引退した。
あれほどの選手でも怪我が年齢に敗けて、 引退試合で、一人相手に投げたが、 ストライクが入るか心配してたらしい。
結局、バッターは振らず、 ワンストライク、フォアボールで、 マウンドを降りる。
イチロー選手の引退時は覚えてないし、 別に松坂ファンでもないが、 松坂選手の時は、何んか自分に重なった。
俺の引退って、 どういう型になるんだろう。
引退イコール、 死に近いものを感じる。
一人ボッチもあるかも知れないが、 家族に見送ってもらう程度で済ますか、 やっぱ道場生の感覚の仲間達に・・・・・。

         雀鬼




感覚の仲まで、より深い者は、目を開けられない、 声が出ないとか、死に近い体験されてますね。 指一本だったり、目を合わせるだけで変化を起こす会長、 感覚があるうちは、引退は想像し難いです。
(恒)

昔の時とは違い、今の会長が引退となると、 次の形、というのは、まったく想像がつかないです。 あまり考えたくはありませんが、 サメが泳げなくなると・・・・・。
(緒方)

いつか変化は起こります。 特に、感覚の仲間の皆さんには 受け入れがたいものかもしれません。 だからこそ、今を大切にしたいと思います。
(ナルコ)

■2021年10月20日(水) Vol.6758

夕方、目覚ましが鳴った。 一応、ストップを押した。
又鳴る。
腹の上に置いて、何度かストップ。 やっとこ起きられた。
最低ですよね。
けんかして、ぶっ飛ばされて、 やっと自分の弱さに気付いた気がした。
道場にも遅くなっちまった。 四時間かけて、茨城から、 ちょっとの間でも駆けつけるシャボより遅いって、 男失格ですよね。
俺の年齢で、男を通すのは、 もう無理なんかなー。
いまだ道場は 俺の生命線であることは変わらない。
その線も細くなって・・・・、 切れるのも・・・・・・。

         雀鬼




細くなっていく事に、 以前は寂しさや腹立たしさを感じたりしましたが、 今は勝手にすればって感じになってます。 道場以上に心を感じる場所を自分は知りませんし、 会長との触れ合いは、何よりも楽しいです。 シャボさんの救助により、 もう一年延びる事になりそうですし、 また遊んで頂けたらと思います。
(恒)

自分も早い時間に道場に行けている訳ではないですが、 到着した時に会長がまだおみえになられていないと、 何かあったのでは?と心配になってしまう事もあります。 会長がバリバリだった頃と比べれば、 というのはあるかも知れませんが、 今の会長のお体で道場や道場生の為にご無理をされながら 楽しみや学びの場を作って下さり 申し訳なくも、本当にありがたく思います。 細くなっても会長と仲間達とのご縁と繋がりを大切にして ともに歩んで行けたらと思います。
(シャボ)

■2021年10月17日(日) Vol.6757

昨晩は相撲、 シャボが全員抜き2回で止まって、 運動部長のしげるが、2度、4人斬り。
シャボの弟分の深山が1ポイント。 今や、よしもとのオジサン化した恒大将も1回達成。
やっぱり、出来る内は、 週一の相撲の場を作りたい。
今日は今から月例会です。 感覚の仲間や鉄人グループから、 上位者が出ればいいんだが・・・・。
今から開始です・・・・。

終わりました。
一等はウンコ君の緒方。 ここからが良い型、 感覚のしげるさん、 大横綱のシャボ、 大将の恒、 そして俺の下に感覚の橋本、 と望み通りの結果で終わった。
まぁ、合格でしたね。 たま連さんも参加してくれたしね。

         雀鬼




久しぶりの五卓での月例会となりました。 変わった人、変わろうとしている人、 変われない人、変わるきっかけを貰った人。 色んな人がいますね。
(しげる)

すべり込みセーフ! 赤貝や美味しい食材の多い季節が近づいてきました〜
(橋本)

よしもと化が進んでしまっているオジサンですが、 何と金星上げてしまいました! 5卓の月例会、またやれるのは難しそうですが、 良い変化の話に影響受けた者が出てくれたらですね。
(恒)

道場相撲もぶつかったり組んだりするだけでなく、 感覚でのやり合いで勝負が決まったりして 変化が出てきて面白いです。 月例会も良い結果になって良かったです。 5卓で出来ましたし、少しでも良い変化をして また来月に繋げられたらと思います。
(シャボ)

いい形になればなぁと思いながら打ってた割に、 こういう悪目立ちするところが、うんこですね。 最近は、月例会も当日までメンツが分かりませんね(笑)
(緒方)

■2021年10月16日(土)その2 Vol.6756

衆院選がある。
選挙の裏を返せば、 権力という武器の取りっこ。 だから、だいたい投票はバツだった。
行っても選挙人じゃない無関係の、 良い人の名前を書いていたが、 今回だけは、違った意味で、 行ってみるか、と今は思っている。
甘い利を感じてばかり動いていた奴は、 あくどいことが、バレそうになったら、病気で隠れた。 やることは、やくざさんと一緒じゃん。
そんな奴が、又、No2クラスで再開して、 人事権も持つ。
俺は、落選戦として、 権力を持ち続けている党の役職持ちの、 全員落選を願って、 比例選もあるんで、全く違った党に一票入れようかな。
あくどいことしても生き残れる政治社会、 それってダメでしょうと、分からせるための、 国民の一票が動けばいい。

         雀鬼




コロナ等の問題に構わず、 選挙に勝つために動いてきた自民党が、 次々に負けてくれたら面白いのになって思います。 対抗出来る所が弱いので、難しそうですが。
(恒)

なんで悪いことやって、 国の重要なところに居続けられるのか、 ほんとおかしい世の中ですね。 国民がなめられているとしか思えないです。 普通に考えて、犯罪者達が国を動かしてたら、 悪夢でしかないと思うんですが。
(緒方)

■2021年10月16日(土) Vol.6755

体を張ったガチ相撲では、 一人横綱の体捌きがそこそこのシャボが、 3回やって全勝。
合格評価の4人抜きはゼロだった。
一方の15日間の卓上戦は 恒大将が15回連続優勝。
相撲の方は俺でもどうにかなるが、 卓上の方は、3回も勝てば、 退場処分を食らう(笑)
同じ鉄人のナルコが二桁の勝ち越し、 初期の頃は弱かったぁ。
52連敗を始めとして、
「出ると敗け」
で20連敗ぐらいが、ざらだった。
変わったもんだね。 基本動作や内容はまだまだだけどね(笑)
百武も勝負強さを見せて、 18連続勝ち越し。
お見事です。 相撲の方はやられっぷりが彼の味を作る。
一流企業の教育係を務めるパパ村長さんは、 どちらも全敗。
かたや体使い、 かたや頭使いなのに、どうしてかな。
俺の場合は、脳より、
「指先や感覚」
を大事にしている。
指先だって、 俺、決して器用でなく、 どちらかというと、ぶきっちょ、 と自覚している。

         雀鬼




卓上相撲は何度もギリギリの局面がありましたが、 応援の後押しもあって勝ち越しを続けられています。 リアル相撲の方は感覚の仲ま相手だと全く触れられません。 飛ばすも良し、転がすも良しで白星献上機です。(笑) 指先のことはわかりませんが、 勝負所では感覚が大事なことはなんとなくわかる気がします。 卓上相撲でもギリギリの勝負ほど感覚で選んでいます。 考えたら間に合いません。
(百武)

中小企業で働く僕と、一流企業のパパ村長、 社会とは逆の現象が起きているのでしょうか。 内容や動作を良くしながら、 永井さんや百武さんについていきたいです。
(ナルコ)

ナルコは麻雀以外でも積極的な所が出てきて、 それも良い変化ですね。 麻雀の方は、最低レベルの事が出来ない者が目立ったりして、 全体的にレベルの低さを感じる事もあります。 会長と卓上で遊んで頂けるのは有難く、 暇にさせてしまうのは申し訳ないですが、 程々の所でストップさせて頂きます。
(恒)

■2021年10月13日(水) Vol.6754

この頃、ふと思う。
道場に来ても、何んもやらないうちに、 帰る時間になっちまう。 恒大将や、ナルコ、哲には苦労ばかりかけている。
俺って、失格。 出入り禁止も出されるかも知んないよ(笑)

         雀鬼




きついと思う時はありますが、それ以上の楽しみがあり、 一緒にやれる仲間がいるから続けられてるのかなと思います。 決して一人で出来ることではありません。 そして、会長が出入り禁止は有り得ません(笑)
(哲)

会長がいらしてこその道場。 会長と同じことが出来る人はいませんので、 失格ではないと思います。 これからも触れあって欲しいです。
(ナルコ)

会長が出入り禁止になったら、 道場が成立しませんので… 最近、道場ノートの評価担当となった哲ちゃん、 会長の原稿締め切りまで把握してたりします。 気に入らない物は破り捨てたりしますので、 気を付けないとです。
(恒)

■2021年10月10日(日)その2 Vol.6753

今日日の若い子達は、 ジェンダーレス化されている。 それもタトゥと同じファッションなのかなー。
反面、我々の世代になると、 かつて女性だった人が、男性顔になって、 お爺ちゃんか、おばあちゃんか、 分からないことが多々ある。
これはファッションじゃなくて、自然にね(笑)

         雀鬼




ファッションの世界では、ジェンダーレスを 全面に出してくるブランドが増えてきました。 アイテムを男女兼用でサイズ展開するようなことをやっています。 そうでなくても、ユニクロなんかでは、 男のマネキンにレディースのコートを着せて推してたりしています。 世の中の流れはジェンダーレスでも女性化は嫌です。
(百武)

男が脱毛や化粧する話を聞いたりしますが、 そっち方面には近付きたくないですね。 子供の頃からゴリラとか熊とか呼ばれたりしましたけど、 笑い話で済んでます。 気持ちに男っぽさを感じる女性は良いのですが、 口が悪いだけだと男以上に気分悪くなりますね。
(恒)

■2021年10月10日(日) Vol.6752

昨晩は、遅くまで道場生達に 遊んでもらって、疲れさせちまった。
でもって、今日は、明るい内に道場に顔を出すか、 と思っていたのに、一つ一つがモタモタなんで、 外は薄暗くなっちまっていた。
車を降りて、後ろを見ると、 高齢になっても立ち続けている木の上に、 輝く星が一つ、その上方に三日月が。
美しい姿に魅かれて、 自然が好きな道場生達に伝えた。
シャボは、先日、その月に行ったばかり。 みんなが体験したことないことを、 自ら体験したんだよな(笑)
人間ってさあー、 周りの者を気遣って生きる者と、 自分のことしか関心がなく、 他の人とふれあう時は、大概、利用神経の、 大きく分けて、2通りがあるが、 今は、男女の差なく、 後者の心持の人が圧倒的に増えている。
じゃあね・・・・・
あっと、忘れていた。
昨晩は、シャボさんが3試合して、 3戦全勝した以外、 勝ち星が付く4人斬りは、なしだった。
前相撲は、俺から取り始めるんで、 イスから、やっとこ立ち上がって、 ヨボヨボ歩きで闘う場まで歩く。
しばし、ふらつきを止めてから、 さあ、やろう、と始まるのが常。
動きや捌きが終った後は、 歩みが楽になっていた。
「ありがたいやね!!」

         雀鬼




月は、ちょうどいい高さに出ていました。 満月もいいですが、三日月もいいですね。 道場以外で、気遣いが出来る人にはなかなか出会えません。 周りの人が気づく前に、さっと済ませてしまうからでしょうか。
(ナルコ)

月は形や色、見える大きさまで日々変化がありますし、 雲や山などの自然と一緒に見る月も風情があっていいですね。 会長と百武が連れていってくれた 先日の月面旅行体験は楽しかったな〜(笑)
(シャボ)

道場には、損得関係なく、人の為に動ける人が何人か居て、 学ばせて貰ったり、力を貰ったりします。 気遣いの出来ない人は、気遣って貰っている事すら 気付いてなかったり、 心から感謝出来ない人が多いように思います。
(恒)

■2021年10月9日(土)その2 Vol.6751

俺って、つくづく馬鹿だ。
所用があって来た人を、 駅で待ってもらい、 我が家からタクシーで飛ばす。
もちろん、ワンメーターの上の迎車代。 これはいいんだが、 3点持って行く物の中で、 最も重要な物を忘れて来て、 所用はバツで終わる。
しばらくロータリーに立って、天を仰ぐ。 罰として我が家まで歩いて帰るか、 と決めたはいいが、 300m限界の俺には、 100m歩いちゃ止まり、 周りの店舗らしき跡を見つめる。
コロナ禍の影響か、閉じた店が半分以上。 次は50m歩いちゃ止まる。
石垣があったんで座りたくなったが、 低いんで、立つ時が危ない。
30mになり、10mぐらいになる。
まだ我が家まで3分の1の道のり。 歩道を歩く俺、車が列を作って信号待ち。
俺、ほとんど止まっているんで、 危なそうな人はチラリと俺を見て、 シャブの元締めか、と目をそらす。
普通の方は、真っ昼間から酒を飲んで、 ふらついているクソジジイ、 と感じたことでしょう(笑)
我が家まで300mの近くまで来た時は、 まさに障害者。 ふと、両足切って、義足もいいかな、と思う。

         雀鬼




義足姿の会長は想像したくないですし、 せめて車椅子でと思います。 酔っ払いに見えるか微妙な感じしますが、 高齢者が立ち止まっているのに、 声を掛ける人は居ないものか、 世間の冷たさを感じてしまいます。
(恒)

自分も最近忘れ物などポカが増えてきています、 まだ笑い話しになっている内に修正しなければと思います。 今の会長には300メートル歩くのも かなり厳しい状態だと思いますし、 疲れや痛みがその日だけでなく後に残ってしまうので、 両足を切る前にタクシー等の手段を考えて頂ければと思います(笑)
(シャボ)

日常生活では、不自由なことが増えている会長ですが、 見る人が見ればただ者ではないと分かるんですね。 僕が高齢者になったら、もっとひどくなるだろうと思います。
(ナルコ)

自分も足の裏が痛いときに、 足を切ったりはしないまでも、 義足で、足を宙に浮かして歩ければ、 痛くないのかなー、と思ったことがあります。 もう罰としては十分過ぎますので、 お体に障る歩きは、お控えくださいませ。
(緒方)

■2021年10月9日(土) Vol.6750

裏で、ずっと権力者として、 弱っちいトップ軍団を都合よく置いていた、 風見鶏と呼ばれた奴と盟友だった新聞社のトップ。 こんなタッグじゃ権力者の悪を新聞にも書き切れない。
ノーベル賞の平和賞、ロシアの独立新聞系の編集長と、 フィリピンのネットメディアの方、 強権批判したジャーナリストの2人が選ばれた。
権力に屈しないっていう生き様は、かっこいいね。
だがよ、ゴルバチョフ氏が 米国と二大巨頭だったソ連という国を 少しずつ弱めてくれた。
どこかの大統領や、将軍様とふんぞり返って、 国を強くすると訴えている中で、 国を弱めたゴルバチョフは、多分、いい政治家。
そこにプーチンが現われて、 また国を強くしようとしている。
それを批判する編集長さんは、 アメリカにとっては好都合。 得をする国から圧力がかかってたかもなー。

         雀鬼




平和賞になっているのか考えてたら、 裏の思惑を想像してしまいました。 香港も似たような状況だったのに、 最近は話を聞かないですが… 世間は鵜呑みに出来ない情報ばかり、 そんな見方も、道場で学ばせて貰ったように思います。
(恒)

ゴルバチョフは国を弱めたとは初めて知りました。 政治の世界は全くわかりませんが、 会長の話を聞いて、無関心も良くないなと思います。
(牧野)

■2021年10月6日(水) Vol.6749

お仕事を勤め上げ、 定年を迎えた後のお年寄りって、 どういう日常を送っているのかと、ふと思う。
俺より人生の先輩の方々を思い出す。 中々、一般的な方が思いつかない中、 やっと2人を探して、電話をかける。
向こう様は、俺からの電話って初めてなので、 少し面食らっていた。
「パソコンの調子がおかしいんで、  今、業者さんの所に来ています」
80を半ばまで進んで、パソコン。 やっぱり人は、何かしらやってないと ダメなんですね。
今の俺の年齢の時に、 パソコン教室に通って、学んだらしい。 今の俺じゃ、とても思いつかないこと。
俺って、習うとか学ぶって、全然ダメな人間。 それを今さら習うって、ちと無理がある(笑)

         雀鬼




知識や技術を学んでも、本質を見抜く目や感性がないと、 あまり意味がないと思います。 知識には間違いや偽物も多く、 下手に学ぶと逆効果になってしまいます。 この写真がいい例ですね(笑)。
(ナルコ)

会長が教室に通うと、 教える側がひっくり返ってしまいそうで… そんな話は聞きたい気もします(笑)
(恒)

定年からの男の手習いってありますけど、 会長には似合わないですね。 でも今は定年してからの余生も長い方が多いですし、 一体どう過ごされてるのか、自分も気になります。 楽しまれてる方が多いといいんですが。
(緒方)

■2021年10月3日(日) Vol.6748

自民党の総裁選があったね。
奇しくも、男女2人ずつの候補が立った あのメンツを見ると、誰が勝っても、 後ろに控えるバックの方の影響で動くだけ。 人形の首をすげ変えただけ。
ブラックジョークで、道場でも、 男性2人と女性2人を推薦して、 選挙戦をやってみた。
全体的な観測では、 道場生って、結構、人を見てるな、 と納得する部分もあった。
結局、その結果を、 貧しい村の村長戦、部族戦っぽく終った。
村長にダントツで選ばれし一流会社の人物、 コメントで、
「自分のマネはしないで下さい」
自ら言わなくても、誰もマネしませんから(笑)
なんだかんだあって、 食事は午前3時と大幅に遅れた。
俺はボケているんで、 日にちとか時間という数の領域に無頓着(笑)
しげるさんに、
「運動部長、今日はどうします」
と問いちまう。
しげるさんから、いつもと違うニュアンスが。 時計を初めて見た。 なんと、もう5時じゃん。
こりゃ無理、分かっているのに、 20分だけでも動きたくなって、 ちょっとだけいいですか、と始めてしまう。
20分が大きくズレて、一時間半が経つ。
時計係のシャボさんから、 ストップがかからなかった。
「どうしてですか」
「会長が、余りにも楽しそうに、  やっていらっしゃるんで」
まさにその通り。 だからと言って、俺一人楽しんでも、 こりゃダメだ!!
7時頃、家に帰って、ひと風呂浴びて、 恒大将が持って来てくれた、 アメリカ発の総合格闘技のビデオを3時間見ちまう。 まだ疲れちゃいなかった。
道場力って凄いよなー

         雀鬼




時間に囚われないっていいですね。 でも朝5時からの相撲はちょっと無理がありますね。 終電で帰る人もいなくて、 選挙やらで時間の区切りがつきませんでした。 出馬する人がいないと、無投票で当選するので、 そうはならないで下さい。
(しげる)

いつもと違い、夜が明けてからの感覚の時間でした。 感覚の仲ま同士の触れない相撲など、 出来なくても見るだけで面白いです。 でも、やっぱり輪に加わって、 やったりやられたりしてみたいですね。
(ナルコ)

政治家の方は、翌日に主張が変わったりするんで、 全く関心が持てません。 道場の方は、翌日に動きをみせる候補者も居て、 ブラックな感じも楽しみに変わったりしますね。 土曜日にビデオ持ってきたら 負担になってしまうかと気になってましたが、 余計な心配だったようで… 自分にはとても真似出来ないですけど。
(恒)

5時から感覚の遊びが始まって 会長が楽しそうにされているお姿を見ているうちに、 今日は時間無制限で行こうと思っていました(笑) 会長の心身が少しでも楽になって頂けるのが一番ですが、 次回からは時計係としてしっかりやって行きたいと思います(笑)
(シャボ)

■2021年10月2日(土) Vol.6747

ネット社会の中で、 古い人間なんで、ネットの中に入れない。
これって、かなり時代遅れか、 便利さを利用出来ずにいる。
ならば、TVを見ればいいんだが、 それも、結構、苦手。
これじゃ、今日の出来具合が解らない。 いわゆる無知だね(笑)
今の人が読まなくなった新聞は、 朝刊だけを取っている。
一ページ目を少しにらんで読み、 その続きの二ページも暇なら目を通す。
死語かも知れないが、 三面記事は、余り見たがらない。
出版物の宣伝広告は、 たいがい、一面から三面ぐらいに掲載されて、 読みたい本を見つける。
8ページ目だったか、囲碁のページがあって、 五目並べしか知らない俺にはチンプンカンプン。
何気なく、下段を見ると、 フライデーの広告、 俺の名前が小さく載っていた。
娘が諸用があって、顔を出すって言うんで、 来る前に、フライデー買って来てよ、と頼む。
関心がないのか、手ぶらで来た。
「道場に行く前に買ったら」
冷めたもん。
俺が身支度している間、 娘と孫二人は、和室に入って、 3人して、スマホをそれぞれにらんで、会話なし。 世の中便利になると、家族間の会話もなし。
娘の車で道場へ向かう途中のコンビニに寄り、
「欲しいもの買いなよ」
チビッ子の孫は中々決まらない。 外を見ると、突然の豪雨が地を叩きつけるように 降っている。
ちょっと待てば止むな、と思いつつ、 孫の買い物が遅かったおかげで、 小降りになったところで、車中に入いれた。
今年もほとんど傘もささずに来られた。
九州地方や、熱海でも、 雨に打たれた方々が沢山いた。
熱海の土砂崩れは、 自然災害じゃなくて人罪です。

         雀鬼




暗く感じていた球場の話、 海を越えて伝わった捌き・感覚・フォームの修正、 1本目が出た後の盛り上がり、苦労の跡が分かるバットなど、 2ページの記事では書ききれない触れ合いがありました。 先日の取材での不思議体験は記事になっていませんが、 記者さん、カメラマンさん共に興味を持たれて、 仕事の枠を超えて楽しまれていましたと思います。 熱海の土石流は、儲けた人の不始末を 地元の方が負うことになり、怒りを感じました。 似たようなことが他の地域でもあるのでしょうね。
(BIG)

そんなに大きくない広告で見出しを見付けて嬉しくなりました。 娘さんの対応は残念ですが、 何度か記事を掲載されている新聞社、 雑誌の担当者は大切にしてくれている事を感じます。 駅の周辺で全員がスマホ見ている 異常な光景を見かけた事あります。 今はそれが普通なのか、仕事でも面直で話す事なくなり、 機械を通してしか接点がないような現状、 道場の有り難さを感じます。
(恒)

自分は朝か夜のテレビでのニュースばかりです。 スマホやゲームを個人でやって、 会話がない事が増えています。 高校は通いが少ない通信制が増えています。 その一方で、裏では人罪が進んでいるようです。 何も気づかず熱海に暮らしていた事もありますが、 気づかないのは怖いです。
(牧野)

同じ場所にいるのに、なんだかバラバラですね。 ネットやスマホを使って、 自分が関心のあることばかり追いかけているうちに、 そうなってしまうのかもしれません。 大雨で崩れたりしないかどうか、 点検が必要な箇所が何万もあるそうです。 また、同じような人罪が起きてしまいそうです。
(ナルコ)

■2021年9月29日(水) Vol.6746

70〜80人のクラスターでコロナが発生した、 田園地帯の病院へ行って来た。
そん時は電話往診だったが、 今回は久し振りに先生にも逢えた。
暗くて、話し声も控え目な院内。
「先生は大丈夫だったの」
「院内も場所によってAからDクラスまであって、  ここはAだから大丈夫でしたよ」
ていうことは、空気感染なのかなー。
血液検査のための注射、
「チク、チク、チク」
と3度、軽い痛みがあった。
待ち時間が長くって、 それだけで疲れちまう(笑)
田園には、稲が伸び、 鶴が二羽、ゆっくり歩いていた。
農業用水路には、 マガモが3匹並んで移動している。

         雀鬼




病院には、体力や抵抗力が落ちている人が集まります。 コロナの影響を考えると、 気軽に挨拶もしづらいだろうと思います。 会長の腕は、採血が難しいそうです。 それにしても、刺したあとが多いですね。
(ナルコ)

飛沫感染は日本で特別言われていると報道ありました。 分からない事が多いのでしょうか。 看護士は分からないのに注射やるもんですね。 家にも注射が得意という看護士いますが、全く信用出来ません!
(恒)

■2021年9月26日(日) Vol.6745

4時間の取材、我が家を出る前は、 声も出せない状況。
これじゃ、取材にならないと、 我が家から道場まで、発声練習。
最初は声も出ず、息も切れていたが、 道場に着く頃は、多少良くなっていた(笑)
語って、体を動かしての4時間、 道場生等の協力もあって、 楽しく、仕事を遊びに変えられた(笑)
その後、遅い夜食を頂いて、 しげる運動部長のGOの一声で、 みんなして相撲を一時間余り、 シャボが取材中に枯れ葉になって、 6回やって、5回の全員抜き。
強いこと、強いこと、 65人を斬った。
その分、取材の時に、 気持と体をバラバラにされた橋本さん、 ヘッピリゴシ、とけたチョコレートになっていた(笑)
その後、恒、シャボ、百武を子犬に変化させて、 待て!!とか、お回りをやって、遊んじまう。
犬の調教師になっていた俺。 道場には、ガマガエルやミミズもいるが、 小型の犬のポチも作っちまった。
橋本さんは、ドブネズミ化。 帰りの車の前を、橋本が横切っていたっけ。
道場で着替えちゃったんで、 帰りの荷物も増える。
シャボがいつものように、 全ての荷物を持って、部屋の中まで上がって、 片づけてくれる。
「これ、どうですか」
と風呂場用のゴム靴をくれる。 さっそく湯を張る。 楽だった。
それでは失礼します、と帰ったシャボ、 5〜6分ぐらいで、 忘れてました、と荷物を届けてくる。
「2回はねえよ。  もう1回あるよ」
車をバックさせつつあるシャボを、 外まで出て、呼び戻す。
丁度、いい湯加減だから、 ひとっ風呂浴びて行けよ。
いつも、断固として断るシャボが、 流れから、ひとっ風呂浴びてくれる。
替え着も準備して置く。 シャボがあがった頃を見計らって、 アイスクリームのサービス(笑) 命の恩人には至れり尽くせり。
まだ終わらなかった。
会長、外でウンコを踏んじまいました。 とウンコのついたスニーカーを持って戻って来る。
しまいはウンコ、でした(笑)
事実は奇なり。 やらせなしの濃い一日だったなー。

         雀鬼




取材に放課後、会長が一番大変ですが、 感覚の仲まの皆さんも、出番が多かったですね。 それにしても、長い一日の終わりが、ウンコ。 いい落ちがつきました。 この写真は、取材中の様子。 これを見ただけでは、何がなんだか分かりませんね。 思わず笑ってしまいました。
(ナルコ)

現場にいても、何がなんだか分からないでチュウ〜 分かるのは、シャボさんのスニーカーのウンコ臭だけでチュウ〜
(ドブネズミ)

放課後の遊びでチワワになりました。 待て、お座り、お回りと、ひと通りの芸を披露出来ました。 やられても気持ちが良いです。 放課後が終わった後の事件は知りませんでした。 ただ、ウンが付いたシャボさんの麻雀はやたら強かったです(笑)
(百武)

感覚の仲までも、会長の事を無視する者、 言われるままに走り出す者、様々です。 異常な3人の写真、楽しさは伝わりませんね(笑)
(恒)

取材に放課後と1日が終わってお疲れの所、 何度もご自宅に行ったり来たりで、 お風呂や湯上がりのアイスクリームまで頂き 会長にお気を遣わせてしまった挙げ句、 ウンコを踏んだスニーカーを持ってくるなんて とんでもない野郎ですね!(笑) 最後の最後までバタバタしてしまいすみませんでした。
(シャボ)

■2021年9月25日(土) Vol.6744

急にフライデーから取材が入る。
どうも、筒香君と俺との関連性を 記事にしたいらしい。 それも大リーグのシーズン中にね。 残り8試合ぐらいらしい。
言葉だけじゃ、っていうことで、 体の捌きや、感覚の動きも見せてあげる。
フライデーのトップカメラマン、 ホームランバッターが打った瞬間の、 バットから打ち出されて5cmぐらいの、 ボールの写真を撮りたいという。
それも運次第なんですよね。 さすがですね(笑)
シャボが俺の一突きで宙を飛んでいる写真を、 見事に撮ってくれた。
シャボがとうとう空中浮遊を完成させた。 俺も飛びたいよ(笑)
結局、4時間も費やしちゃったね、 おつかれさん。

         雀鬼




連日、大リーグの結果に一喜一憂したり、 野球素人達でフォームのチェック、 どん底の状況があっただけに、 思い入れ深い思い出になりました。 自分達が貰ったんだよって話があり、 それだけでも伝わって欲しいです。 自分達の固まっている写真では、何も伝わらないでしょうし(笑)
(恒)

ライターの方は、 枯れ葉のエネルギーで人間を吹っ飛ばすシャボさんに、 もう一度見せてほしい、とリクエストしたり、 結構楽しんでいた様子でした。 カメラマンのお仕事は、運にも左右されるそうですが、 「準備をしてない奴はいい写真は撮れない」 と話してくれたのも、印象的でした。
(ナルコ)

記者の方やカメラマンさんも捌きや感覚の世界を間近に見て 「なんで?」「どーして?」 と不思議な事ばかりで驚いていましたね(笑) 30年くらい記者をされているとのことでしたが、 こんな取材初めてでしょうね(笑) 自分も会長のおかげで空中浮遊できました(笑) ベテランカメラマンさんに撮って頂いた連続写真を 見せて頂いたら空中を歩いているようで 自分でもこんな動きをしているのかと面白かったです。 筒香さんとの繋がりからの取材ということもあって、 会長のサービス精神で体を使った長時間の取材、お疲れ様でした。
(シャボ)

取材では筒香選手の話から 体捌きや感覚の動きになりましたが 編集の方はキョトンとされていました。 特に感覚の動きは編集者泣かせなので 記事になるかわかりませんが楽しみです。 シャボさんの写真は目で見るのとは印象が違いますが面白いです。
(百武)

■2021年9月22日(水)その2 Vol.6743

今期、見守っているアメリカの大リーガーの、 大谷君と、筒香選手、2人して、 ホームランを久し振りに打ったらしい。
大谷君には、ベーブルース越え、 崖っぷちに居る筒香には、 10本のホームランを打って欲しい。
大谷君は、後1勝、 筒香は後2本のホームラン。 今、その過程を楽しんでいる。
ハナッから大活躍していた大谷、 崖っぷちで必死こいてる筒香、 両人ともかっこいいよなー。

         雀鬼




道場ではメジャーリーグの話題で持ち切りです。 こんなに野球を追っかけて見たことは今までありません。 大谷選手のホームランは会長からみても完璧だったようです。 筒香さんのホームランも、 ライナー性の当たりの久々の一発で嬉しかったです。 道場生は筒香さんの復調の本当のきっかけは 何かわかっていると思いますが、 週末取材に来る方もそこまでは想像していないのではないでしょうか。
(しげる)

大谷選手の活躍は、すでに歴史的なものだと思いますが、 あと一勝して、ホームラン王も…。これは期待し過ぎでしょうか。 筒香選手の活躍をニュースで見たりすると、 大谷選手が打ったときより、嬉しい気持ちになります。
(ナルコ)

大谷選手はまともに投げてくれないなかで 内角の打てる球を1球で仕留めました。 内角の球の捌きは現役選手では1番だと思います。 筒香選手もあと2本まで来ているので 10号ホームランと大谷選手の10勝を 同日で見れたらいいなあと願っています。
(百武)

筒香さんは、メディアで全く注目されなくなった所からの大活躍、 崖っぷちを知っている道場生にとっても、 特に最初の一本が格別でした。 大谷選手は活躍しているからこその扱いを受けてますが、 それでも少年野球のように楽しんでいる姿が良いなと思います。
(恒)

筒香さんのホームラン10本と 大谷選手の投手としての10勝とホームラン王の2刀流、 期待し過ぎは良くないですが、楽しみです。 残り試合数も10試合くらいで お二人とも1打席、1打席が勝負ですね。 結果は出ますが、 お二人とも今に至るまでの過程がすでに凄いですし、 かっこいいですね。
(シャボ)

■2021年9月22日(水) Vol.6742

我が家の風呂は、入り口に、 20cmの高さで石で囲まれている。
風呂の中は、俺の膝丈まで湯があり、 背の高い俺でも、足を伸ばして入いれる。
先日、湯の調整のために、 囲いの上に乗って、膝を落としていたら、 不器用な俺だから、時間が掛かってしまった。
気づくと、膝に疲労を感じて、 少しも上に上がらない。
それどころか、 その痛みみたいのが増えるだけで、 片足すら動けない状況になっちまった。
服は着たまんまだったけど、 湯の中に落っこちるか、と思ったが、 自由にならない体では、例え落ちたとしても、 湯舟の周りに顔面がぶち当たる可能性大。
前はやめて、20cm下の石畳に落ちる方を選ぶ。
痛めている尻が、きっと痛み、 そのまま後ろにひっくり返って、 洗い場の石の角に頭をぶつける可能性もあったが、 落ちた場に、うまく洗面器があって、 厚手のズボンをはいていたせいか、 それが雑巾代わりになって、 スポッと入って、痛みなし。
2つ向こうで寝ている家人を、 何度も大声で呼ぶが、音沙汰なし(笑)
そのまま50分近く動かず、座ったまま。 情けねえったらありゃしない。
足の痛みが和らいで、どうにか脱出。 年寄りには、風呂場も危ない(笑)
次の日は、朝方、トイレで目覚め、 ベッドから、ふらふら歩く。
ふらついて、部屋の入り口に立っている、 3つ折りの竹編みに突っ込んじまう。
当たった勢いで、3つ折りが束になって、 すべり込んで倒れている俺の上に覆い被さる。 Gパン等が10枚余り掛けてあるから、かなり重い。
衝撃はあったが、怪我はなし。 後は脱出だけ。 また50分ぐらいかけて、それを探る。
その時、いつも道場で俺に追われて、 膝頭をつけて、狭い中に逃げ込む橋本の姿を思い出し、 膝を使って身を低くして動くと、脱出できた。
2日連続でやられちまう(笑)
俺は、我が家だと、 80才を越えた、もうろく爺さん。
こんな弱い爺さんに敗ける道場生って、
「やらせだったのかなー」
なーあ、橋本さん―

         雀鬼




ホント、日常の中で、 立てない、歩けない、ふらつく会長を見つつ、 所々で、すっ飛んじゃった話を聞いてると、 弱い自分でも勝てそうなもんなんですが、 今だに誰一人勝てない、どころか、 束になってかかっても、瞬殺!! 不思議でもあり、当然でもあり、 一体全体なんなんでしょう(笑) まぁ、でも、強い、シャボさん、深山さん、恒さん辺りは、 やらせ、怪しいですね・・・あと、緒方(笑)
(橋本)

以前は月に一回程度だった事が続けて起き、 道場でも心配になる場面あったりして、 介護人の必要性を感じたりしますが、 体を合わせると全く相手になりません。 話だけ聞いていると、やらせ疑惑もやむ無しですが、 格闘技経験ある人達も触れ合うと、 目を丸くして帰っていきます(笑)
(恒)

ご自宅にお送りさせて頂いた際に お風呂場での件を実況見聞して頂きましたが、 思っていた以上に危険でした。 今までも会長だから体捌きで大事にならなかったですが、 普通のお年寄りだったら病院行か、 最悪の事もあるような危ない場面がありました。 今後もご自宅で危険な状況が起こりそうで心配です。 サブマネの動きに助かるヒントがありそうですね(笑)
(シャボ)

■2021年9月19日(日) Vol.6741

俺的には、能力も業績も人気もねえんで、 暇で、暇で、退屈で、くたばりそう。
週末になると、もしかしたら、 フライデーに捕まるかも知れない。 俺、何か危ないこと、バレちまったんかな。
コロナ禍でクラスターが出た田舎の病院へ。 前回は、電話往診だったけど、 今度は、どうなのかなー。
早矢香の結婚式も、来月かと思っていたが、 一ケ月ずれていた。
出席は決まってねえが、 この頃、「数のずれ」が広がっちゃっている。
コロナで脳に来ちまったのかなー。

         雀鬼




数のズレ、先のことについて、 意識が向きにくくなっているのはないでしょうか? 今までよりも更に、今しかないと言いますか・・・。 そして、フライデーは一体なんなんでしょうか、要注意ですね(笑) あと会長には能力じゃなくて感覚、そして、人気もあります!! って身内が言っちゃぁ・・・ですけど、事実なんですよね(笑)
(緒方)

数にとらわれない生き方を会長はしているので、 数のずれが広がったのは、 よりとらわれなくなったからではないでしょうか。 コロナもおさまってきているので、 診察も普通に行われる気がします。
(しげる)

■2021年9月18日(土)その2 Vol.6740

「仕込み、終ったかい」
「ひと眠りかな」
こっちも今終わり。
しげるさんが、とうとう全員抜き達成。 深山は、何度やっても、3人斬って、 4人目がしげるさんじゃ、くじ運悪いやね。
おつかれさま。 御両親共々、お体を大切にね。
こっちにいても、 今、シャボ何やってるかと、 時計見い見い、思ってましたよ。
「バイバイ」

         雀鬼




自分も 「そろそろご飯かな」、 「相撲始まったかな」と思いながらでした。 遂にしげるさんが全員抜き!その場に居れず残念です。 深山のくじ運の悪さはいつも通りですね(笑) やっぱり現場に居たいです。
(シャボ)

大横綱不在の中、力相撲になるかと思いきや、 コロナに負けそうな展開だったので、 このままではいかんと思いました。 全員抜きは思った程息はあがりませんでした。 これを毎週続けている大横綱は強いです。 あとダッチョさんに黄色い声援がとんでいて、 凄いダッチョしてました。
(しげる)

自分も初めて、しげる君の感覚の動きを凌いだ後に 押し出されてしまいました。 久しぶりにシャボさん以外の大記録で横綱に! シャボさん不在の時に起きるもんですね。 次回の横綱対決が見物です。
(恒)

深山さん、しげるさん以外には負けなし! なんであんなに勝ってるのにゼロポイントなんだろう(笑) 放課後の感覚の遊びには、BIGさんやナルコが初登場。 受け手では哲が大活躍!! 深山さんは手を触れずに、 木の葉返しで落とすのをずっと出来てました。 先生は下が出来て楽しそうにしてましたし、 その下の人は、やっぱりお金でした。 簡単ですが、ご報告まで〜。
(緒方)

シャボさん、ご苦労様です! 会長の思っているご様子は、 お二人の繋がりを感じて暖かかったです。 本場所では、しげるさんがついに全員抜き達成!! シャボさん以外で初、さすが運動部長ですね。 あ、ちなみに自分はいつものクジ運でした〜(笑)
(深山)

■2021年9月18日(土) Vol.6739

初鰹から戻り鰹まで、今年は、 緒方が10回ぐらい食卓に出してくれた。
アジのタタキ同様に、 鰹も、刺身より、手を加えた焼きが旨い。
今年は十分頂いたなー。
そこに、元道場生で、 母親になったRちゃんから、 土佐の藁焼タタキが送られて来ていた。
しげるちゃんから新宿の桂花ラーメン、 上海の上田さんからも、 伊豆の干物がドサッと送られて来て、 お湯かけ飯でドサッと味を入れて、 おいしく食べたっけ。
家では腹が空かず、三食抜きで、 夜中に軽く食べる程度。
この頃、覚えたんだけど、 シャボと帰り道にコンビニに寄って、 柔らかいプリンとか杏仁豆腐とか コーヒーゼリーを買い占めしたり、 幼少の頃に食べたインスタントのラーメンを、 たまに夜食で食する。 これって70年振りかも。
食べ物はともかく、 物が豊かになると、人間も物質化されて、 心が薄くなっちまうのかなー。

         雀鬼




毎週、心のこもった旨い料理を頂いています。 こんなに頂いている以上、 活気を持って返していきたいなと思います。
(BIG)

上田さんに頂いた干物を会長がお湯かけご飯で、 真似させて頂き食べてみるとこれが美味い! 早速家でも干物でお湯かけ2回も食べてしまいました(笑) 会長と深夜のコンビニに寄って プリン等のコンビニスイーツにお菓子やアイスを カゴいっぱいに買い込んでご帰宅。 自分はこのコースが結構好きなんですが(笑)、 会長がコンビニスイーツやインスタントのラーメン、 食の感じが変わって来ているのでしょうか?
(シャボ)

今回も贅沢な食材頂きました! 道場に居なかったら味わう事がなかった物、 食材自体は勿論有難いですが、姿見えなくても、 気持ちが繋がっている事を嬉しく思います。
(恒)

さすがは土佐の極上のたたき、味が違いました。 Rちゃん、ありがとうございました! 道場ではホント贅沢なものを頂いていますが、 それも心があってのこと。 心は決して物質的なものではないですし、 みんなで薄まらないようにやっていきたいです。
(緒方)

■2021年9月15日(水) Vol.6738

オリンピックは、はなっから、 冷めた目で見ていた。
知り合いの方の知人が、 オリパラのために大型バスの宿舎で、 バイトしてたらしい。
日本中からバスの運転手さんを、 延べ700万人集めた。
その人達は、一ヶ月余り、 海外の人を乗せて、会場内とか宿舎を、 行ったり来たりしていた、 とメールが届く。
俺も現場にいた人達から、 まずい話がいくつも入って来ている。
それぞれ協会らしき組織があるんだから、 もっと、国民のために、 害になった事実を勇気を持って述べる、 関係者や、選手がいてもいいのに、 皆んな、恐いものにフタをしている。
大成功だって、 トップ2人がメダルをもらったらしい。
俺からすれば、少し危ない話だが、 2人は、エンコをツメればいい、 ぐらいに思っている。
少なめに出して、 4兆円ばかりの損害。
国の負担っていうことは、 国民の負担に押し付けられるのが常識じゃん。
道場では、オリパラより、 大谷君、筒香君の大リーガーの話で盛り上がっている。
「おわり」

         雀鬼




メジャーのオールスターゲームの 盛り上がりを観た後だったこともあり、 オリンピックが成功した、とは到底思えないです。 表に出ていない様々な問題、 隠さなくてもいいんじゃないかな、と思います。
(ナルコ)

こんな準備の時っから最後までダメダメで、 色んな意味で国民へ迷惑を掛けまくった大失敗オリンピックで、 トップ2人がメダルをもらっていたなんて、唖然としました。 ほんと、エンコでも詰めて、悪いことしましたってなれば、 まだ反省してるのかなと思えますが、 無理やり、成功に決めつけての責任逃れ、気持ち悪いです。 責任感や覚悟ってもんは政治家にはないんですかね? 色々、込々で、切腹でもいいんじゃないでしょうか。
(緒方)

メダルの話が出た時、せめて辞退しろよって思いましたが、 認める事になるから、そうはならないですね。 トップ企業は早々に姿隠したかと思いきや、 何を企んでいるのか、しっかり利益上げて、 誰も突っ込まない、おかしい事ばかりな気がします。
(恒)

■2021年9月12日(日) Vol.6737

道場での相撲は全部見たが、 今日から始まった大相撲の方は、 照ノ富士と豊昇龍の2番をチラッと見ただけ。

やっぱシャボは強かったが、 かつては、そこそこ上位を張っていた恒大将が、 名を、よしもとダッチョと変えてから、 6勝、6勝の12勝を上げて、 久し振りに横綱まで登った。
卓相撲の方でも、 ナルコと2人して鉄人ぶりを続けた上に、 13回連続優勝と、守り人としての姿を残す。
2つの種目で、とうとう横綱を張っちゃった。 とにかくダッチョが目立つ(笑)
みんなが相撲を取る前に、 くじで3番まで取った者と 俺が立ち合うのが恒例。 場を清めるためかな(笑)
その時まで、俺は大抵座っているが、 一辺じゃ立てず、 ヨッコラショと3回ぐらいで、やっと立つ。
相撲取る場まで3mぐらい歩を進める。 ヨボヨボとね。
少し、ふらつくので、調整を入れてから、 ハイ、おいで、と立ち合う。
そのまま座っちまうんじゃ、今の俺には運動不足。 ハイ、次、ホレ次と、一分も立ってられないから、 何十秒かで終らす。
相撲が終って、
「体捌き」
をやると、体が温ったまって、 やっと運動した気分になれる。
それに付き合う感覚の仲間達は疲れが増す。 すまないが、これが無ければ、 孤独が待っているだけ。
楽しいやね、と、わびしいわ、の狭間なんですね。

         雀鬼




永井さんは、横綱として、またはダッチョとして(笑)、 道場生の大将らしい姿をみせてくれます。 感覚の仲まの皆さんは、ここにしかない 特別な信頼関係をみせてくれます。 楽しみの中で、自分の足りないものや 余計なものに気づかせてもらえるのは、 ありがたいことだと思います。
(ナルコ)

まさかの横綱昇進! 相撲用に新しく購入したズボンが 良かったのかも知れません。
(恒)

自分が一場所休場しているうちに、 永井さんがキャラチェンジして よしもとダッチョさんになって横綱に(笑) 卓上の場所もずっと横綱を張っていて やっぱり大将は凄いですね。 皆でいい味を出しあって 「楽しいよねー」と言いあえるようやっていきたいですね。
(シャボ)

先週番付を上げた永井大将が、 シャボさんの帰ってきた今回も星を取っての横綱昇進! 相撲でも麻雀でも吉本でも(笑)、 横綱を張っている永井さんはやっぱり大将ですね! 放課後の体捌きでは、いつも楽しみと驚きを貰っています。 できるできないありますが、 みんなで楽しめればいいかなと思います。
(深山)

■2021年9月11日(土)その2 Vol.6736

家の中を5m歩き、 戻るのも嫌になる俺。
食事は主だった者を中心に、 大阪のO社長殿からの毎度のおもてなしの、 京都の特別な松茸。
俺は我が家で頂いて、 道場生は、中々口に出来ないだろうと、持ってくる。
毎度、道場を守ってくれる者が、
「この味、何の味」
旨いです、と楽しそう。
O社長とも長い付き合いだが、義理堅い方。
百武が土産に買って来た焼津の刺身も並ぶ。 腹いっぱいの後、一休みしたところで、 今から、運動。
ボロボロになった床の上での相撲。 大横綱をずーっと張っていたシャボは、 前回休場ってことで、 深山の判断で、一気に牧野と伴に、 ふんどしかつぎまで落ちている。
まぁ、彼の実力からして、 全員斬りもあり、番付も元に戻すでしょう。
俺、10歩も歩けないんだから、 相手にならないやね(笑)
ハッケヨイノコッタ!!
4時半に終る。 やっぱり、シャボは強かった。 ポイントを6回取って、 その半分は、全員斬りのホームラン。
俺、俺は一回戦敗退(笑) まぁ、運動して体の芯が温まった。
ありがとう、みなさん。

         雀鬼




松茸は味より香りを楽しむって一般的な話、嘘ですね(笑)。 素材も一般的に手に入る物ではないんでしょうが、 食べた瞬間、笑みがでます。 道場に居なかったら、一生味わう事がなかったでしょうし、 ご縁、繋がりに感謝です。 他にも届け物があり、まるで約束のバット祝いのようでした。
(恒)

松茸ご飯を一口いただくと、 しばらく口の中に味や香りが残っていて、 なんだか幸せでした。 第二部はお刺身。本当に豪華でした。 海と山の幸をいただいた後は、 ボロボロの床の上で放課後相撲。 このギャップが凄いです。(笑)
(ナルコ)

今年も会長に届いた特別な松茸を 会長の御好意でご相伴にあずかりました。 本来自分達には食べられないような高価なもの、 普通では味わえない美味しさと香りに 自然と顔がほころんでしまいました(笑) 贅沢なご馳走を会長、大阪の社長様、ごちそうさまでした。 その上、更に百武が買ってきてくれた焼津のマグロ、 本当道場生は贅沢過ぎますね(笑) 頂いたものもそうですが、お気持ちもありがたく思います。 横綱に戻れましたが、 また来週にはふんどしかつぎに落っこちそうです(笑) 上がったり下がったりですが、 落ちてもまた這い上がれるよう心身を保っておきたいです。
(シャボ)

松茸は自分達には普段、体験出来ない味と香りでした。 刺身は皆さんがおいしく食べて頂いてもらい嬉しかったです。 久しぶりの放課後相撲の方は対戦相手が シャボさんとしげるさんだけで 全く触れることすら出来ずに終わりました。(笑) それでも十分に楽しいです。
(百武)

なかなかどころか、 我々は道場でしかお目にかかれない、松茸です。 家庭の食卓にのぼることは1度もなかったなあ。 香りも味も最高でした。 会長ごちそうさまでした。 大阪のO社長ごちそうさまでした。
(しげる)

また又また又、 うまかったな〜、最高だったな〜、 次は何かな〜(笑) その後の運動も、なんかよかったな〜
(橋本)

■2021年9月11日(土) Vol.6735

因果関係は一切なし、と上からの言葉。
オリパラをやるぞ、と決まったら、 何故か、一気にコロナ数が増加した。
オリパラが去ったら、 大幅に表に出るコロナ患者が減った。 これって、偶然か、必然か。
国民のためを訴えながら、 一般人は入場禁止。
隠しているが、 コロナ禍の中のオリパラ、 色んな問題を残している。
最高責任者の総理が、 グダグダしながらも、 出馬します、と述べたあくる日に、 辞退だってさぁー。
選挙の公約が、 いかにその場しのぎかっていうのが、バレちまう。
国民をナメていいぞ、 彼等の根っ子なんだよな。
それに比べて、大リーガーの筒香選手から、 一本目のホームランを打ったバット、 会長に送ります、 の約束通り届いたよ。
でも、君の苦労がいっぱい詰まった、 ボロボロのバットだったね。
でもね、最初に出逢った時、 車から出せなかったバットは、 ほぼ新品だったが、 俺達には、届いたボロボロのバット方に、 大きな思い出が詰まっていたよ。
筒香、後3本打っちまうか。 期待すると、硬くなっちまうから、 一応、目標点ぐらいでね。
一打、一打をしっかりとな。

         雀鬼




バットに残った苦労の跡から、結果が出なくても 必死に振り続けた姿が想像できます。 このバットも約束の1本で日の目を見て、 本当に良かったと思います。 ご活躍を見ていると先を思って期待が高まりますが、 今の一打が大切なんですね。
(BIG)

もう試合に出れないんじゃないかって、 どん底の状態から届いた約束のバット、 以前所属してたチーム名が記載された所にも味がありました。 会長から指摘のあった所をチェックしながら、 応援続けたいと思います。 オリパラとコロナ、 ワクチンが足りない、看護士が足りないない、 それだけでも因果関係は十分ですが、 テレビや新聞で触れている所をほとんど見ません。 一部の都合で作られた物を感じてしまいます。
(恒)

政治家の人達は口ではきれい事を言っていますが、 やっている事は汚い事ばかり、 約束なんて破って当然といった感じです、 ナメられてしまっている自分達国民も良くないのでしょうが…。 そして筒香さんから会長との男の約束を果たしたバットが届きました。 苦労がにじみ出ているようなバットで 自分達にとってもただのホームランを打ったバットではなく、 思い入れがある特別なバットに感じます。
(シャボ)

オリパラが終わったら、感染者が減っているように見えます。 ちっとも国民のためになっていないと思います。 あちこち、汚れがついたままのバット。 筒香選手と、苦楽を共にしたという感じがいいですね。
(ナルコ)

1打、1打をしっかりと。 代打の気持ちで打てば目標も現実味を帯びてきます。 気持ちの大切さは筒香さんなら十分にわかってると思います。
(しげる)

■2021年9月8日(水)その2 Vol.6734

昨年のオフシーズン、 突然来道した筒香選手。
初対面で、なんだかんだがあって、
「来期は、ホームラン10本は打てよ」
「ハイ!!打ちます」
とはにかみながら答えた筒香。
ホームランどころか、鳴かず、飛ばずの筒香。 大谷選手がベストの働きをする中、 チームを変えられ2軍で試合をやっていた。
このままじゃダメだ、 と結構心配していた。
心身が固くなっていた筒香が、 ありゃりゃ、少し心身が柔らくなったな、 と2塁打を打った写真を見て感じた。
それから、すぐ1号を打ってくれて、 道場生みんなで一安心。
一本打てれば結構、 と思っていたら、7号まで伸ばした。
残り試合も少ないだろうが、 ここまで来たら、後3本打って、 10本に届いて欲しい。
黒いバットで、力まず、 今のスタンスで打って見せてね。
「俺は待ってるぜ!!」

         雀鬼




1号ホームランがて出てからは 瞬く間に7号まで伸ばしたのは驚きです。 今日もヒットを打って5試合連続安打と 好調をキープしています。 10号までは7試合に1本ペースでOKなので 今の調子なら十分に射程圏内です。 8号、9号、10号、筒香ですのご報告をお待ちしています。
(百武)

ちょっと前まで 先ずは1本と願っていたのが懐かしいですね(笑) あっという間に7本で10本は行けそうですね。 道場でも大谷選手の話題も出ますが、 筒香さんは会長との繋がりと触れ合わせて頂いたこともあり、 思い入れが違いますね。 修正を入れながら心身共に力まず、柔らかく 今の好調を維持してほしいです。
(シャボ)

大リーグのダイジェスト番組で、 最後にやっと出てくれるようになったかと思ってたら、 もう大谷選手の次になってましたし、 新聞では大谷選手より大きく載ってたり、 日本にいた頃は名前も知らなかったのに嬉しくなります。 素人達で大リーガーの活躍やフォームに一喜一憂、 道場は不思議な場所です。
(恒)

■2021年9月8日(水) Vol.6733

道場に来て、自然体の明るさを持った者がいると、 俺もその流れに乗れ、体も気持ちも活性化され、 疲れていた気分も飛んじまう。
空気感とか、環境って、 そこにいる者が作ったり、 変化を見せてくれる。
我が家に帰ったら、 「のんびり」 それはねえな(笑)
自然に口数も少なくなり、 頼み事も面倒になる。
部屋に一人閉じこもって、 ベッドの上を中心に時を過ごす
映画をちょこっと見て、 本をちょこっと読んで、 食事もちょこっと作って、 ベッドの上で食べる。
映画も丸一本連続では見ず、 何度も止めたり、休んだり、 活字も3冊ぐらいを、 10ページぐらいづつしか読まない。
1日ぐらいはいいが、 2日目あたりに入ると、 嫌になっちまう。
仕方なく、孤独を続けている人って、 今の俺にはまだ苦痛。
1日10時間もパソコンに向かって、 あの小さな画面に居られる人達が、 社会人には多いらしい。
これじゃ、個人的にもおかしくなったり、 人間嫌いになっても、仕方がねえよな。

         雀鬼




10年くらい前まではお孫さん達もまだ小さく かわるがわる、時には全員集合で ご自宅にお泊まりがあって 触れ合いや寝顔を見たりと楽しみもあったと思いますが、 今は道場とご自宅での落差がありすぎますね。 暇と退屈は会長にとって大敵 その上虎狼…これは厳しいです。
(シャボ)

場を明るくするとか、 小さいときから出来たためしがありません。 自然体の明るさを持ち続けている大人って、 カッコいいと思います。
(ナルコ)

■2021年9月5日(日) Vol.6732

歯医者の予約が入っているので、 早矢香とトモキの建前の挙式は行けない。
その代わり、昨日、お先に、 2人の門出を道場生達で祝福してあげた。
早矢香は兎も角、 初めて逢った、義理もないトモキと、 逢った瞬間から、心身でふれあった。
夜8時過ぎから朝7時、 11時間ぐらい祝いの席が続いた。
2人を中心にして、場を盛り上げ、 心ある道場生から、次から次へのサービス。
俺なんか、前日、突然の早矢香からの電話で、 12時頃まで、ああだ、こうだと語り、 早矢香がハズして、馬鹿笑いを5分ぐらい続けていて、 その後、一睡もせず、クタクタで道場に来て、 その続きを、10時間もやっちまって、 体に悪いよな(笑)
道場には、
「トモキさん 早矢香さん  新婚さん、いらっしゃい」
の結構でかい吊り看板があり、 風船や、キラキラのデコレーションが飾ってある。
トモキを見た瞬間、体が気になって、 あちらこちらを触ってみる。
固い筋が張っている。 これちょっと危ないぞ、と思えるほど。
そのトモキにはルーティンがあって、 その中にストレッチも入っているらしいが、 その効果は正直ゼロっていうか、 かえって体を壊していた。
健康オタクも過ぎれば危ない。

         雀鬼




治療、捌き、感覚、料理に楽しいトークなど、 道場らしさが一杯詰まったお祝いでした。 旦那さんは、良いと言われていることにとらわれて、 心身共に固くなってしまっているようですが、 笑顔がありましたし、素直な所も持っていると思うので、 ルーティンで固めた生活から抜け出せるんじゃないかなと思います。
(BIG)

長時間になりましたが、雀鬼流らしいお祝いの場を作れて、 新婚さんのお二人にも喜んで頂けて良かったです。 会長のサービス精神とお気持ちで11時間もの触れ合い、 これ以上の祝福は無いですね。 挙式当日は歯医の予約が…これは外せないですね、マジで(笑)
(シャボ)

健康第一の生活を送っているゲストを、 真逆の生活されている会長が手当てをされる。 これも道場らしい一面ですが、 早矢香さん、求め過ぎなんで、そろそろご遠慮願います。 自分も人の事言えない所ありますが…
(恒)

会長そして道場生の皆さん、 本当に本当にありがとうございました!!! こんなに心温まるお祝いをしていただいたのは初めてで、 トモキさんと2人感激です! トモキさんの身体の酷さには私もびっくりしましたが、 身体に良いと思い続けていたルーティンが 身体を固くしていたとは…笑 本人は驚きとショックもあったのではないかと(o_o) そして緒方さん、美味しいお食事 そしてお土産までありがとうございました!! 次の日でも美味しさ変わらずでした!!!!! できれば会長には歯医者の予約日時 変更してもらいたいところではありますが…笑  こんな温かいお祝いをしてもらったら これ以上あーだこーだ言えませんね! トモキさんは会長との写真を見て 「普通はこんな風にしてもらえないよね…いやぁいい写真」 とニヤニヤ。 いろんなヒントをいただき、 トモキさん脱・ルーティンを早速実行しております! それを横で見ていて今度は私がニヤニヤ笑笑 また行かせていただきたい!とのことなので、 道場での触れ合いの時間に今後も2人で参加させてください!! 本当にありがとうございました。
早矢香

会長、道場生の皆さま、 先日はお祝いの会を開催いただいて 本当にありがとうございました。 一度もお会いしたこともない私もご招待をいただいて、 更にあのようなフルコースを経験・体験をさせて頂いて 本当に素敵で楽しい、忘れられない時間となりました。 心身ともに良い思っていたルーティンが まさか逆に体を壊していたとは、、衝撃でした。 早速、脱・ルーティンと、 会長からいただいた多くのヒントを 生活で実践して行きたいと思っております。 もし可能であればまた参加をさせていただければ嬉しいです。 本当にありがとうございました。
トモキ

■2021年9月1日(水) Vol.6731

新聞に、
「出られる大会が、  ほとんどない人がいることを知って」
これが問題だと、 六段にわたって語られていた。
まあ、世間じゃ、無理矢理決行した オリンピックとかパラリンピックをやっていた。
だからって、どちらかの大会に出たいよなー、 と思っている人が居るんだろうか。
都会の学校でも行った人は、 一度や二度、なんかの大会に出たかも知んないが、 大人に近づくにつれ、何かをやって、 大会に出たいと思う人は、余り居ないと思う。
見ていれば、やってみたいな、 という気持があったとしても、 なんかの種目で大会に出たいとは思わない。
俺は、特殊かも知んないが、 先ず、習うという気持が起きない。
中高大では部活があり、 俺は、どこにも属さなかったが、 何かの大会があると、 主将とか先生から、 君、出てよ、と誘われた。
ほとんど断ったが、 何かの付き合いで、 大会らしきものに出たことがあった。
みなさん、部活から選ばれた選手に、 一人関係ねえもんが参加しちまった。

         雀鬼




誰でもスポーツの大会に出られることが、 素晴らしいとは思えません。 草野球みたいに、仲間同士で楽しめれば、 ほとんどの人は十分ではないでしょうか。
(ナルコ)

大体の人が大会に出れないのは、 普通のことなんじゃないでしょうか? 大会に出たくて、出てるって人は、 道場では牧野先生ぐらいなもんですけど、 先生みたいになりたいって、人は誰もいないですからね。 問題にするのがよく分からないですね。
(緒方)

■2021年8月29日(日) Vol.6730

道場の卓上相撲では、恒大将、ずーと優勝。 勝ち越し者も3〜4人しかいない。 当然、全敗者もいる。
しげる運動部長が仕切る、 ハッケヨイノコッタの勝ち抜き戦の方は、 シャボがダントツに強くって、 全員抜きも成し、横綱を張っていた。
大横綱引退説が流れる中、 鬼の居ぬ間の対決があったが、 蒸し暑さで、みんなバテバテ。
恒、緒方、しげる、くまが、 4人抜きの勝ち越し点をあげる。
恒が久し振りに若返ったよう(笑)
でもねえ、力相撲で、勝負が長引いて、 シャボが居ないだけで、つまらなかったよ(笑)
俺も、出始めに、軽く全員勝ち抜き、 楽チンでしたが、やっぱり動くと調子がいい。
深山が、一人倒しても、 次が、しげるちゃんで、捌かれて、一秒でやられ、 時計係と番付表作りをやっていた。

         雀鬼




放課後相撲、シャボさんがいないと、やっぱり一味足りないですね。 どうしても力に頼ってしまい、汗だくになってしまいました。 深山さんは、くじ運が残念でした(笑)。
(ナルコ)

シャボさん居ないと出番が増えて、楽出来ないので、バテバテでした。 全員抜きしてたのが、遠い昔のようです。 番付係の翌日にはマッサージを担当される深山先生、 自分もオマケで参加したら、吉本流で、ぶち壊してしまいました… 懲りずにチャレンジしますんで、 またご指導のほど、よろしくお願いいたしますm(__)m
(恒)

大相撲も道場相撲も横綱がいないとしまらないですね。 力が通じる世界と通じない世界がありますが、 目の前の勝ちを意識してしまうと、 どうしても力に頼りたくなってしまうのが人のさがかもしれません。
(しげる)

週末休んでしまいましたが、 相撲も道場生としても引退する予定はありませんので、 会長、皆様これからもよろしくお願いいたします。 深山さん、時計係と番付表作りお疲れ様でした… 1人倒してもしげるさんに1秒じゃ疲れてないか(笑)
(シャボ)

大横綱の引退か!? という噂が囁かれる中、密かに気合い入れてたんですが… みんながシャボさん不在で疲れる中、 全く汗もかかず、疲れもせずでした(笑) おかげで、しっかり行司、番付係、時計係 やらせていただきました! くじ運がなぁ…(笑)
(深山)

■2021年8月28日(土)その2 Vol.6729

オリンピックのNHK放送で、 可愛い顔して、おすましして、 衣装もお似合いで、お嬢様キャラを通して、 お忙しいのに、俺なんかに、 大田原産の黒毛和牛の高級品の ローストビーフを贈ってくれる、 元卓球の銀メダリストの早矢香ちゃん。
店名も
「フードサヤカ」
っていうことは、 早矢香ちゃんがオーナーなのかい。
毎年、毎年、高い肉を、すみませんね。
正直言って、 シャブシャブやステーキより好むのは、 ローストビーフなんですよ。
銀メダル獲って、 今は、お金を沢山稼いでいる。 卓球界じゃ、今や出世頭だね。
いよー、チャンピオン!!

         雀鬼




肉をあんなに食べられてる会長を久しぶりに見ました。 好みのローストビーフを贈ってこれるのも チャンピオンだからこそでしょうか。 テレビで観る繕った早矢香さんより、 道場での山猿な感じの方が気持ち良いですが。
(恒)

早矢香さん、高級なお肉ごちそうさまでした。 ローストビーフがこんなに柔らかくて 美味しいものだとは知らなかったです。 お忙しいのに、 変わらず気に掛けてもらっているのがありがたいです。
(BIG)

あまりテレビを見ないので、 早矢香さんのお嬢様キャラというのは想像できませんが…。 こんな美味しいものをしょっちゅう食べているなんて、 さすがチャンピオンです。
(ナルコ)

フードサヤカのお肉、今年もご相伴に預かりました。 美味しかったなあー。 オリンピック等でお忙しいようで、 なかなか来道して頂けないようですが、 道場では会長の新技が次から次へと出て、 廃人が何人も出てます(笑)。 来るなら今の内ですよ。
(しげる)

会長!!! ローストビーフがお好きだったとは\(^o^)/ もっと早く教えてくださいよ〜!!笑 そして私はお肉屋さんのオーナーではありません!笑 実は現役の時から応援してくださっていた お肉屋さんの社長さんが、 子会社に「フードサヤカ」という名前の会社を作られたのです。 皆さんによく突っ込まれますが、あくまで一常連客です(^^) 今度、山猿早矢香に戻ってご挨拶に行かせていただきます!!!
(早矢香)

■2021年8月28日(土) Vol.6728

暇だったんで、パラリンピックは観ず、 甲子園の高校野球を2試合観た。
夏のこの頃って、今までは、 海の側で暮らしていたから、 テレビはつけない。
今年は、たった4泊5日しただけで、 台風と伴に帰って来ちゃった。
道路やコンクリートの上は歩かないが、 海なら、一潜りで、 2時間ぐらい海に入ってられる。
暑さ知らずの俺にとっては、 いい運動になっていた。
先日、都心のホテルの病院に行った時、 都心の暑さを感じ、道場に帰っても暑くって、 上半身裸でいたら、今度はクーラーにやられて、 体が冷えきっちまって、体調がおかしかった。 多分、軽い熱中症に、やられちまったんだね。
また野球の話しだが、 あれ程くすぶってたのに、 パイレーツに移籍後の筒香が、 代打で、ホームラン3本の二塁打1本と、 長打で十割打ったらしい。

         雀鬼




出来すぎな感じで活躍される筒香さん、 チームメイトと笑顔で触れ合うシーンも見れて 良かったなって思います。
(恒)

筒香選手、連日の活躍ですね。 海を越えて届いたバッティングフォームの修正を大切にして、 1打席1打席集中されているんですね。
(BIG)

都会の暑さは海などの自然で体験するのとは 全く異なる別物です。 風も波の音もなくただ暑苦しいだけですぐにバテてしまいます。 野球の方はイチローさんと交流があった 智弁和歌山が甲子園の決勝に出たり、 筒香選手の大復活があったりと何かを感じさせるものがあります。
(百武)

確かに、もうあの状態は熱中症ですね。 海での期間が短かった分、 都会の暑さにまみれてしまいました。 筒香さんのあまりの変りようには、 打ったニュースを見るたびについつい笑ってしまいます(笑)
(緒方)

昔エアコンが故障して道場内が 蒸し風呂状態になってしまったこともありましたが、 冷房で冷えすぎるのも注意しなければですね。 筒香さん、代打での打率が10割は凄いですね。 ホームランを打ってベンチに帰って来て チームメイトと笑顔でハイタッチしている姿を見れて 嬉しかったです。
(シャボ)

■2021年8月25日(水) Vol.6727

15分、10分、5分と寝て、 都心の病院へ。 外は暑かった。
緒方が車イスを用意して初乗り。 階段の昇り降りもなく、 道路のスロープを使って、 エレベーターでホームへ。
8年通っている特診室。 先生から、
「体のコントロールがいいんですよ(笑)」
(?)
海で起きたことを、さらりと話す。
「年齢を考えて、過信しちゃダメよ」
過信した訳じゃないが、 やっちまったことだから・・・・・ 困ったもんです、ねえ、シャボさん。 もうやめましょうね(笑)
ホームに、恒、哲、緒方が迎えに来てくれて、 3人でガードしてくれた。 ありがとう。
道場に着いたが、 冷房がスカで、暑いこと、暑いこと。 これじゃ頭がボーとしちゃうよな。
海へ入りたい、入りたいよ海。

         雀鬼




過信している訳ではないと思いますが、 年齢など関係なくやってしまわれるのが会長なので、 やめることはないと思います。 8月ももう終わりですがまだまだ暑いです。 海、また入りたいですね。
(哲)

この後、冷房が少し効いてきて、 みんなでシャツを来たのですが、 会長は冷えを感じて、辛そうにされていました。 暑すぎるのも放ってはおけないし、 何かいい方法は無いのかな、と思いました。
(ナルコ)

海には楽しみがたくさんあますが、 危険やリスクもあります。 今年起きたような体験が頻繁にあってはマズイですが、 夕方の穏やかな海をゆったりと2時間くらいかけて 色々な魚達を見ながら(会長は魚達と伴に泳ぎながら) 富戸まで渡ったあんな感じもいいですよね。 近くにサメの存在を感じながらでしたが(笑) 日差しが強く暑い日には海が恋しくなりますね。
(シャボ)

頭がやられそうな暑さ、 海水に潜ったら気持ち良いだろうなって想像してしまいます(笑) 車椅子、ちょっとした段差で、 椅子から落ちそうな状態になり、一瞬ヒヤっとしました。 注意が必要で、介護をしている方の苦労、 少しだけでしょうが感じられました。
(恒)

今まで病院に行かれた中で、もしかしたら、 今回が一番お疲れになられたかもしれないぐらいの様子でした。 年齢的なものに、日中の暑さに、道場内の暑さ・・・。 慣れぬ車いすで、ヒヤッとさせてしまったり、 通れない所に突っ込んでしまったりと、申し訳ありませんでした。 僕らにとっては、たいしたことがないことでも、 不自由な方々にとっては、 大きな影響を受けていることが日常の中にあるのですね。 今まで気にも留めていなかったことでしたが、勉強になりました。
(緒方)

■2021年8月22日(日) Vol.6726

アフガンを始めとして、 世界では兵器が作った戦況が起き、 そのあげく、一般人は居る場を奪われて、 難民となる。
アメリカには人種差別が、 まだ、しかと存在している。
ナチス以外は下民、 というユダヤ人に対する隔離、 アウシュビッツ大虐殺の歴史もあったが、 白人は、働き手のために、 アフリカから奴隷として黒人を集めた。
豊かさの裏に、人種の大被害を、 非人道的なことを平然と通していた。
白人オンリー、黒人オンリーと、 全て分けられていたが、 白人オンリーの中には、 有色人種、黒人同等という根っ子がある。
世界のあっちこっちにあった植民地、 その足跡は、米国を始めとした白人国家が、 ヴェトナムを戦火にして、うまみがないと去って行き、 隣国のカンボジアにも戦火が移る。 テロ集団として扱われるタリバンが一国をほぼ占拠。
武器を大量に持った国に対抗するには、 ゲリラ戦か、テロしかない。 そういうものを生み出したのは権力である。
国は制度によって、国民を仕切る。 制度を仕切れる者になるために、選挙がある。
選挙も票さえ取れば、 武器を持ったと同じ事。
その武器所有者に対して、 大企業を始め、儲けたい人達が、 表から裏からと、金を回す。
それも社会の仕組み。 仕組みを全能力を使って作り出す者達が上に立ち、 ぶくぶく太る。
俺がアメリカにいた時、 たまたまあった、大統領選。 日本のチャチなオリンピックより、 国中が盛り上がっていた。
オリンピックより、コロナ対策を、 もっと真剣にやるべきだった。
いや、まだパラリンピックやるって、 絶対おかしい。
おもてなしという利権から始まったもの。 人命は尊いなんて、口から出まかせの歴史を、 人間は作り出している。

         雀鬼




戦争やオリンピックの背後で、利権に絡んで儲かる人がいる。 日本の偉い人達は、それにあやかりたいのでしょうか。 オリンピック開催のため、 ああだこうだと理屈を述べているのを見ると、呆れてしまいます。
(ナルコ)

医療関係者が苦しみ、 入院出来ずに出産して子供が亡くなったりしているのに、 その要因となっている関係者を特別扱いの上、歓迎会。 どんな面下げてやっているんでしょう。 おかしな事件が増えたりするのも納得してしまいます。
(恒)

こんなにも世界はおかしなことだらけ。 都内では救急車が運べる病院もなくって、 緊急事態宣言も拡大してる中、 パラリンピックはやります。 バッ〇をまた呼んだり、 ほんと、なんのためにやってるのか、 金と権力の汚さばかりが見えてしまいます。
(緒方)

■2021年8月21日(土)その2 Vol.6725

嬉しい話の後は、 馬鹿野郎!!からのメール。
自業自得って、お前のような奴に吐く言葉。
俺は知らなかったが、 麻雀ゲームで金を賭けるものがあるらしい。
親から借金までして、 お前にしては大金を敗けている。 その上、依存症になって、精神疾患、 シャブと同じこと。
強迫性障害、パニック障害等々、 いくつもの精神を犯されている。
「馬鹿は死ぬまで直らない」
って、お前を指す。
麻雀をやったため、 人間失格じゃねえかぁ!!
たまたまだが、 コロナ禍でも公営競技は好調という、 新聞情報を読んだ。
公営ギャンブル、 競馬、競輪、オートレース、競艇の4競技、 売り上げの30%ぐらいが自治体の財源になるが、 俺が知っている限り、競馬以外は、 ギャンブルに飲み込まれた人達がやっていた。
それが、今じゃ、 若い女の子のタレントを使って、 洗浄化させ、若い子達が
「買うよ、1500円分、どん!!」
と、スマホで誰でも買えるらしい。 悪い大人達に乗せられている。
若者を惹きつけるノウハウを持つIT企業の拡大。 昔は裏社会の人達が、ノミ屋を組ごとに拡げて、 格安にして、賭け金を儲けていた。 当然、何かあれば、警察の手に落ちる。
競輪チャンネルだけで、 半年の取扱高が712億にも膨らんでいるという。
麻雀も競技麻雀なんて、 きれいごとを並べた上で、 汚ねえことやってやがる。
やくざさん達の資金源が、 円をドルに換えた手段をもってして、 IT産業に金が流れている。
最悪だよな。
お前も精神までイカレちまった被害者だ!!

         雀鬼




賭け事は嫌いじゃないですが、 公営にはほとんど手を出した事がありません。 ゲーム感覚で出来たら制限も効きにくいですし、 法をすり抜ける仕組み、 金儲けを企む者はいろいろ考えるもんですね。
(恒)

頭の良い連中が、若者や子供から金を絡め取る 新たな仕組みを日々考えていますね。 勉強よりも、こういうことを教えていかないとまずいですね。
(BIG)

スマホなら、わざわざ博打場にいかなくても 金をかけることができます。 道場に届いたメールは氷山の一角。 コロナでみんな家にこもる時間も増えていますし、 どんどん増えてしまうだろうと思います。
(ナルコ)

競輪チャンネルも、四半期ごとに、 倍々ゲーム以上の取扱高を上げていて、驚きました。 需要と依存症の区別もつけない企業。 IT時代に入って、更に女、子供も狙い、 明るい入口の先に地獄を作るやりくち。 堂々と段階を踏んだドラッグを売っているかのようです。
(緒方)

■2021年8月21日(土) Vol.6724

嬉しいニュース、 こっち側で勝手に望んでいたこと。
3日前に、新聞の写真を見て、 これじゃ、2m足りないと、 道場生の百武にスイングをしてもらい、 勝手に修正していた。
今日、道場に来たら、 心配していた大リーガーの筒香が、 パイレーツに拾ってもらって、 一号のホームランを打った。

アメリカで苦しみ、悩んでいた筒香。 そんな中で、アメリカと道場での テレビ電話でのやり取りがあった。
不発だった筒香が、
「一発出たら、  そのバットを会長に送ります」
と、男同士の望みを、しかと述べてくれた。
大リーグでホームラン40発打っている、 大谷選手も見事なもんだが、 俺にとっては、筒香の一号が、大谷と同じ、 いや、それ以上の気持の入れ込みがあった。
乗っている大谷選手、崖っぷちの筒香、 一号は、たまらなく嬉しい気分になれた。

         雀鬼




会長から修正のお話しがあってから 数日後のタイミングで筒香選手がホームランを打ってくれました。 真ん中に入った甘い球を仕留めて待望の一発。 打った後の両足の向きもそろっている様に見えたので 上手く波に乗って欲しいです。
(百武)

会長へ礼を返せる一発、やりましたね! もう少し時間かかると思ってました。
(恒)

待望の一発出ましたね! 待ち遠しいなんて書いてたらあっという間でしたね(笑) しっかり会長との約束を果たされて流石です。 結果、成績ばかりが最重要視される世界で なかなか思い通りに行かず 苦しい時間が長かっただけにこの一発は本当嬉しいですね。 会長や筒香さんと触れ合わせて頂いた道場生にとっては 思い出深いホームランになりました。
(シャボ)

約束の1本が出て、道場中に喜びが広がりました。 最近は、球場内が明るく見えていらっしゃいますか。 今度は笑顔での触れ合いがあるといいですね。
(BIG)

皆が待ち望んでいた一発が遂に出ました!! もう難しいと思われていた状況の中からのチャンスをものにした 筒香さんのホームランは僕たちにとっても思い出の一発です。 パイレーツは長打不足に悩んでいて 今後も活躍の場は多いと思うので、 よいチームに拾ってもらって良かったと思います。
(熊代)

新天地で待望の一発! 自由契約になったと聞いたときは、 もうチャンスは来ないのか、と心配になりましたが、 チームの信頼を勝ち取ってほしいです。
(ナルコ)

緒方が筒香さんの動画をアップしてくれている人がいる と言っていたので、それから毎日チェックして見てました。 漢の約束の1号嬉しかったですね。 期待に潜む病理ということで、多くを望まない会長ですが、 日曜日にも・・・。
(しげる)

日本のニュースで、 筒香さんを探すのが、ずいぶんと簡単になりました(笑) この第1号は僕らにとっては、特別な嬉しさの第1号です!! 良かった〜。
(緒方)

■2021年8月18日(水)その2 Vol.6723

心配していた、 アメリカに渡った筒香選手が、 土壇場で、ナ・リーグ中地区最下位のパイレーツに、 拾ってもらったらしい。
肘を上げずに、 後ろ足のブレを無くして、 しっかり軸を取り、 前後の残った足を打球方向に向ければ、 角度も起きて、 ホームランも打てるかも知れないな。
一方、俺の弟子が、 プロレスのWWEのリングで、 何かのチャンピオンになったらしい。

         雀鬼




筒香選手、写真や文章だけでは分からないかもしれないので、 百武さん、パイレーツまで行ってあげて下さい!
(ナルコ)

パイレーツと契約していきなり古巣ドジャース戦で 抑え投手から2日連続の二塁打を打ちました。 復調を印象付ける内容だったと思います。 筒香選手の写真から軸足の修正方法を 会長より解説していただきました。 野球は素人ですが修正前より 体が開かずに打てる感覚がありました。 来シーズンは大谷選手とホームランを競って欲しいです。
(百武)

世間の注目は大谷選手ですが、 直接触れ合った道場生は筒香さんへの感心が高いです。 何かあったら会長と繋がって欲しいですし、 テレビ等で特集されるのを楽しみにしてます。 WWEの方は、新しい味が追加されたのかなって思ってたら、 もうチャンピオン! 日本に来た時に教わった動き、 取り入れてくれてるか気になってます。
(恒)

復調してきた筒香さんの パイレーツでのホームラン1発目が待ち遠しいですね。 真輔さんもアメリカに行って 真輔さんにしか出せない味、スタイルで 本場のファンを沸かせていて凄いです。 アメリカからお二人の明るいニュースがあって嬉しいですね。
(シャボ)

■2021年8月18日(水) Vol.6722

コロナで高熱が続いたり、 体の節々が痛いらしい。
俺の場合は、高波に持ってかれ、 ホワイトアウトの中で、 一度も海面に顔を出せず、 5分ぐらい海の中を飛ばされたり、 岩の上をゴロゴロ転がされて、 いまだ、節々が痛む。
少しの変化で危なかったところ、 どうにか助かりはしたが、 78才の体験じゃ、 何かの一巻の終わりを感じている。
今まで通りじゃない自分の存在を感じている。
俺の好んだ体験だったが、 もうそうはいかねえかも、 という「弱さ」をふと思っている。
俺の周りのいい奴等にも、 信頼を失ったような気分。
まぁ、それは、それとして、 受け止めましょう。

         雀鬼




会長が初期の別荘で、野生の猿や猪と戦ったとか、 とんでもないお話を聞かせていただいたことがあります。 危険やリスクを楽しんでしまう性分は、 きっとこれからも変わらないと思います。
(ナルコ)

先日の放課後は、 ちょっとしたズレみたいな物も感じましたが、 やはり6人まとめて転がされてました。 体調面は心配にはなりますが、 また何か遊びが始まるのか楽しみな気持ちは変わりません。
(恒)

今まで通りじゃない ご自身の存在を感じてらっしゃるとのことですが、 やはり自分は今も会長に守って頂いていると感じています。 何かの終わりは何かの始まり、 円の感覚をお持ちの会長、現状を受け止めつつ 何か新たなものが生まれて来るのかもしれません。
(シャボ)

ここ数年は、会長の御年齢ゆえに、 不自由さ、初体験が出てくることがありました。 今回の会長が感じられた弱さ、 逆に、これまで何十年と、みんなを守り続けて下さったことが、 普通では、決してあり得ないことだったと思えます。 それでも何かこれまで通りとはいかないのかもしれないことに、 寂しさを感じてしまいます。
(緒方)

会長の中では、体調なども含めた 色々な面での変化を感じられてるのかも知れません。 それでも、会長には海でも道場でも 見守ってくださってるのをほとんどの方が感じていると思います。 そういった変化の中から、 何か新しいものが出てくるのではという思いはあります。
(深山)

■2021年8月15日(日)その2 Vol.6721

みんなのために海でも「めし」 道場でも「めし」を作り続ける緒方も大変だ。
正直、俺の食と、眠る時の子守唄も、 緒方のおかげで、どうにかなっている。

         雀鬼




会長を気遣った緒方君の料理ですが、 他では味わえない物、 乗っかって、必要以上に食べてしまいます。
(恒)

会長を中心に、その時々で、 何人かの道場生のご苦労や、大変さを想いながら、 準備させて頂いています。 会長と、その何人かに喜んでもらえれば、 作って良かったなー、と報われた気持ちになります。 子守歌は、もうちょっと効いてほしい部分でもあり、 でも、あんまり、効きすぎないでほしい部分でもあり、 ちょっと、複雑です。
(緒方)

今はご自宅でほとんど食事を摂られない会長には、 道場での緒方の作ってくれる料理が 唯一の「食事」だと思います。 毎度20人前近くの気配りをした手の込んだ料理、 いつもありがたく頂いています。
(シャボ)

■2021年8月15日(日) Vol.6720

13連休だった恒と金子、 それも終わる。
関東も、少し強い雨が降り続いていて、 車に同乗していた、 しげるとシャボの携帯が鳴り、 避難指示の警報が出ていた。
電車の線路の裏手を流れる小さな境川に、 濁った水が流れ、後2m増水したら、 氾濫状態だった。
九州や岐阜とか、大きい川があるところは、 毎度の被害でお気の毒に。
コロナが増える一方の中で、 台風や豪雨、気が休まる時がございませんね。
一方の俺は、寒くって、 暖房を入れて、一夜を過ごしていた。
真夏に暖房、こりゃ、ダメだ!!

         雀鬼




別荘が終わると、特にやることもなく、 ダラダラと…入院生活に近い感じがしました。 避難指示の割には、思ったほど増水せず、 水害発生する場所は繰り返しますし、 分散してくれないものかなって思ってしまいます。
(恒)

暖房はつけませんでしたが、夏の服装では寒く感じました。 今まで、携帯の警報にしたがって避難したことはありませんが、 被害のあった地域では豪雨の後始末もしなければならないし、 大変だろうと思います。
(ナルコ)

水の害、西日本を中心に各地で被害が出ていますし、 世界でも、ヨーロッパや、中国で大きな被害が出ました。 雨で増えた裏の境川、落ちたら助からないだろう勢いに、 水の怖さを感じます。 昔はなかった天候、こんなに変わって、 これだけで済むはずはなく、密接につながり合う自然界が、 一体どうなっていくのか、気にかかるばかりです。
(緒方)

車中泊している間も時折警報のメールや放送が鳴っていました。 ここ数年九州を中心に同じような場所で 被害が起こってしまっていて、 本当に大変な思いをされていると思います。 昔は毎年のようにこんな大雨の被害があった記憶がありません。 線上降水帯なんて言葉もここ数年で聞くようになったものですし、 コロナも含め自然災害と言うより 人災のような気がしてしまいます。
(シャボ)

■2021年8月14日(土) Vol.6719

78才に至り、 岩場からの荒海は、もう厳しい。 引退ですね。
波がなく、風も吹かない、穏やかな海面を、 陽が落ちた頃に、ゆらり、ゆらりと、 漂うぐらいならOKかも。
自然は強い。 海も物凄く強い。
70年余り、俺の楽しみでも あり続けられたことが奇跡でしたね。
伴に泳ぎ、潜ってくれた、 俺より、うーんと若い人達にも感謝です。

         雀鬼




巣潜りで、サメを呼び込み、追いかける、 モリを持って獲物を追いかける、 岩をひっくり返し続けて潜水病、 会長とご一緒させて頂いたからこその思い出はたくさんあります。 兄に話をしたら心配されましたが(笑) 会長がまた海に入られるなら、 やはり厳しい海になりそうな気がします。
(恒)

岩場は引退されても海は現役であり続けて頂きたいです。 自然が唯一、会長の体と感覚を整える場所であると思います。
(百武)

78才で1時間以上海に入り サメを追ったり海ガメと泳いだり、 時に大波にのまれるような危険な体験をされている方は 会長以外おられないのではと思います。 海の楽しさも厳しさも 会長とでなければ体験出来ないことばかりで、 20年近くご一緒させて頂けた事、本当にありがたく思います。
(シャボ)

海の強さに触れたとき、本当に信頼出来る人と、 そうでない人の違いが浮き彫りになります。 会長と一緒でなければ、経験出来なかったことだと思います。
(ナルコ)

ここでしか学ばない事、 ここでしか感じられない楽しさや厳しさを、 会長に海で皆と共に教えていただきました。 そこには、感謝しかないなぁと思います。
(深山)

■2021年8月11日(水) Vol.6718

俺が2度入院し、 その後、通院していた病院で、 クラスターが57人も出たらしい。 重症患者も確実に増えているらしい。
政府の指針で、外へ行けよと、 ゴートゥトラベルだかを進めていたが、 今は、流入するなと、 全く逆の制度を作っている。

出版されたばかりの
「瞬間は勘と愛なり」
の本が、4つの新聞で、 一面下、三八広告されるらしい。
俺、本当に暇で、堕落してるんだが、 こういう報告がくると、 たまには、仕事らしきものをしてたんだね、と思える。

今日は来るつもりはなかったんだが、 我が家に居ても腐っちまうんで、 タクシーで来ちまった。
あれ程の難事の中で、 大した怪我もなく済んだが、 流石に熱い風呂には浸かれず、 シャワーだけの生活。
オッチョコチョイだから、 我が家の家具に傷口をぶつけて、 ティッシュに、わずかばかりの血が・・・・・
「楽しいやね」(笑)

         雀鬼




政府の対応は、子供でも可笑しいと思うでしょうね。 従う気にもならないですし、 その上で罰金とか滅茶苦茶な話です。 別荘では、予想しない所で倒れたりする状態でしたが、 完治した訳でもないのに、今は杖も使われない。 楽しいとの表現は会長らしく感じますが、 ただ意地だけではない気がします。
(恒)

会長の新しい本、 取材していた方はいろいろ体験していましたね。 文章で書くのはかなり難しいと思いますが、 さっそく読んでみようと思います。
(ナルコ)

「瞬間は勘と愛なり」 会長とシャボさんのあの体験の、 まさに次の日に販売されたこの本、 タイトルといい、タイミングといい、 すごい、つながりを感じます。 お体を家具にぶつけるのも何か別の意味があったのでしょうか。 お怪我も、せめてお風呂につかれるぐらいまで、 回復されるといいのですが。
(緒方)

■2021年8月9日(月)その2 Vol.6717

俺が通っている2つの病院の内、 田園地帯に立つ、田舎の病院で、 クラスターが発生して、 患者受け入れ休止の通達があった。
俺、本当は明日が診察日だった。 何時になるか分からないが、 担当の先生から、電話が入るらしい。
伊豆に居る間は、 テレビもストップしているから、 オリンピックとは距離が置けて良かった。
帰ったら、オリンピックはおしまい。
あいつら、
「コロナとオリンピックは関係ありません」
バカ野郎め。
コロナで隔離された人達の、 当局から約束の食事が、 4日も届いていません、の声の裏で、 ボランティアの奴等は、 支給される食べ物を何千人分も捨てた。
最低じゃん!!
その分を、困った人達に分けるのが、 ボランティア精神じゃねえのかよ。
もちろん、選手や関係者の中にも、 そういう存在が混じっている。
これ一つ取っても、 関係、大じゃねえか。

         雀鬼




開会式の時にも、必要以上の弁当を 頼んだままにして、廃棄したとか。 海外の選手が入国した際、濃厚接触者を把握出来なかったり、 待機期間より先に外出してたり、問題はたくさんあったはずです。 その上で表彰されるとか。 毎日、何千人と苦しい人を生みながら、 良くそんな事が出来るなって思います。 どこに平和があったのでしょうか。
(恒)

大きな物事の陰で、弱い立場の人が犠牲になってしまうんですね。 何千人分も無駄が出てしまうなんておかしいです。 利権に絡む偉い人達には、どうでもいいことなのでしょうか?
(ナルコ)

会長の担当の先生も、いつも患者さんを想って、 自分の時間も削って、やられているような方だと、 お伺いしておりますので、 どうされているのか、気にかかります。 コロナで直接、間接に苦しんでいる人がどれだけいるか、 食べ物で苦労されている日本人の方々も元々いるわけで、 弁当の廃棄なんて、いくらでもどうにか出来たでしょうし、 そんなこともやらずに、平和の祭典?はぁ?って感じです。 始まる前から、最後まで、ダメでしたね。
(緒方)

■2021年8月9日(月) Vol.6716

その現実とは、必然的に起きた。
シャボと、その愛弟子の孫と3人で、 海岸線近くを左に向かって泳ぐ。 3人なら、互いの場を確認しながら泳ぎ潜れる。
前日は、遠くに見える大島より、 もっと遠いところに、 風が吹いているのを確認したから、 その日は大丈夫。
だが、着いた時見た海は、 大島と、伊豆半島の合い間に、 少し強い風が吹いていて、 あれって夕方頃には、こっちへ来るよ、 とシャボ大将に伝えておく。
海の中の岩場から、 20m先ぐらいにきれいな石ダイが泳いでいる。
ホレ、あそこに石ダイが居るぞ、 と孫に伝える。 孫がそっちに向かうと、 瞬間に石ダイは下の岩場に逃げ込む。
シャボ、あの岩場と岩場の間に、 良い型のものが居るけど、 海面から見えるかい。
上からじゃ見えませんね、 と答えて、念のためにシャボが軽く潜ると、 下で動きがあった。
この辺りで、もう戻るか、 と思っていたら、 孫が黒ダイを追いたいときた。
ならばと、沖からやってくる強い波を待って、 海中がホワイトアウトした中で、探す他なし。
一度目の波に身を任せると、 思った以上の強い波。
瞬間、手を外に出して、 孫に後ろへ逃げろ、とアクションを起こしたが、 次の瞬間、前に後ろにと、 10mぐらい強い波に引っ張られる。
海中はホワイトアウト、 何も見えない中、 飛ばされて、飛ばされて、 海の中の岩に頭でもぶつけたら、一巻の終わり。
岩場の上をゴロゴロ転がされたり、 上から押し付ける波で、胸が痛む。
その瞬間の波の強さで、水中メガネが飛ばされ、 凄い強さで、足ひれをはがされ、 靴下と手袋も脱がされ、 海パンはどうにかまだ残っていたが、 このままだと、素っ裸にされちまう。
その状況の中、 後ろは次から次へ来る波で危ないと、 瞬間で察し、 ホワイトアウトで体は動かすことすら出来なかったが、 波で打ち上げられる岩場の方向に行ってくれと思う。
5分ぐらい海中のホワイトアウトの中で、 全ての動きを止められて、 飛ばされ、転がされ、危ない状況。
不思議なんだが、 その間、息は当然吸えないが、 海水も飲んでいない。
運よく波が打ち上がる岩場の先に、 指がひっかかり、瞬間、呼吸が出来たが、 足もケツも、少しも動けない俺じゃ、登りは無理。
又、波に持ってかれること、 3度ばかりやった時、何んと、 いつもの感じよくする手が俺の後ろにあった。
俺、いつも、こういう時は俺一人で良かった、 と思っていたんだが、 今年は何故か、
「シャボ、来てくれねえかな」
とホワイトアウトの荒れくれた波の中で、 思っちまっていた。
俺一人なら、覚悟の上だから受け止めるが、 二重事故だけはあってはならないこと!!
後談だが、俺が波間に消えた中、 シャボが二度目の波で入ってくれたらしい。
シャボに、しっかりした「勇気」を感じた。
シャボも俺も、血だらけだったが、 シャボはまだ足腰がしっかりしていた。
ホワイトアウトの中では、 互いの姿も見えぬはずなのに、 シャボが土左衛門に成りかけの俺の後ろに回ってくれ、
「自分、動けますから」
ならば上へあがって、 どうにかして、俺も上へあげてよ。
右手だけは、どうにかつながっているのは感じ、 気づくと、岩場で息を吸えているが、 その場にいたら、それから20回も来た高波に、 2人して、又ホワイトアウト。
左側を見ると、 運良く肩まである平べったい岩が立っていて、 2人して、すぐそこに避難。
俺はその岩に背をピッタンつけて、 来る波を避けるため、 シャボをしっかり左手で抱いて、 右手で胸のところにシャボの頭を抱く。
何度かあって、状況が読めて、
「シャボ、男同士ギューっと抱き合うって、  気持ち悪かねえかい」
と軽口が出る。
「シャボ、名誉の負傷だな」
「俺の命を救ってくれて、ありがとう」
「しかしよ、俺達って、運が強いよなー」
互いに血だらけの中で、笑いが出ていた。
「シャボよ、今回は海の大将はお前だったから、  やっぱし、大将は必然的に、  危ない思いや、痛い思いをしちまうんだよな」
「死を感じる海の中の体験、  出来てよかったじゃねえか(笑)」
「会長のおかげです(笑)」
少し返しが変だったが、 若い頃から助けに回った体験は数多くあったが、 救ってもらった体験は初めてに近い。
その後の談話の中で、 今年も近辺で、死体が5体上がった。
俺、六体目になっても、 不思議じゃなかった。

         雀鬼




自分も途中から合流しよかと海に入りましたが、 あまりの波の強さに躊躇してしまいました。 命かけた勇気、安全な場所での関係姓が薄っぺらく感じます。 瞬間の判断と行動、会長の教えを体張って実践するシャボさん、 海の大将、他の者では勤まりません。
(恒)

昔、会長の海道具が流されて、 危険を顧みず海に飛び込んだシャボさんが、 より危険な状況で勇気ある行動をやってくれました。 そういう人が大将であると、 シャボさんの目の届かない所は自分が、 という気持ちになってしまいます。 今回の体験は、会長とシャボさんにしかわかりませんが、 二人で傷だらけで笑って話されている姿は、すごく良い雰囲気でした。
(百武)

会長が波に乗って岩場に向かわれるだいぶ前から、 波が強くてかなり距離をとって見てました。 シャボさんが二の波に乗って助けに行かれた時も 見ている他ありませんでした。 陸に上がって二人からサインを貰った時にはだいぶ安心しました。 釣り人が二人いて、会長が波に乗られる少し前に 一人は釣りをやめて帰ったので、上がる道はあることはあるが、 しかし歩いたり、登ったり出来るかは、 その時点ではわかりませんでした。
(しげる)

本当に6体目、7体目になってもおかしくなかったです。 すーっと、すごいスピードで追いかけていったシャボさん。 初めて、シャボ、来てくれねえかな、と思われた会長、 あの危険な中、お2人が確かにつながっていたことに、 お話を聞いて、鳥肌が立ちました。 陸で笑いあうお2人の笑顔は、 2人して命の危機を乗り越えられた、 お2人だけのものですね!
(緒方)

■2021年8月8日(日)その2 Vol.6715

行く前に、海の悪夢を見た。
型は、俺を祝う場があったが、 朝に見ちまった、あの男衆の集団と比べると、 ほんの数人以外、葬儀の通夜の晩の姿を、 みんなして作ってきやがる。
俺は下段の応接間の席から、 ここしばらく、やらなかった活を入れる言葉が、 どんどん出て来ちまう。
一番近くの上の食事処に、 こっちを向いて座っている奴等が、 死体に近いものに、どうしても見えちまうんで、 左側に立っていた、 高槻塾のセイラだけの顔を見ていた。
一番奥のキッチンから出て来たシャボだけは、 これは、いつもの軽い俺と違うぞ、と気づき、 しっかりした目で、語り続ける俺をみつめていた。
魚の目利きの達人である網元が、 最初から、出会った瞬間、 あなたのお名前は、 と人を見る目にはまったのは、 シャボ一人、あとは雑魚。
当たっている(笑)
祝うどころか、 俺の叱りの場となっちまった、生誕の日。
そういう場になっちまったのも、 俺の運命・・・・・。
そのあくる日に、 そのことがすぐ現実化されるとは・・・・。

         雀鬼




問題の多い世の中の状況あって、 活を入れる事になったと思いました。 不味い方向へ行かないようにって事ですし、 祝いの場をそんな形にしたのは情けない限りですが、 何かしら変わっていく事で、返せたらと思います。
(恒)

お祝いの場なのに暗い雰囲気を作り、 会長に嫌な思いをさせてしまいました。 セイラ君や、ほんの数人の人がいてくれたことが救いでした。 「活き」まではいけなくても、 元気くらいは出せなければダメです。
(ナルコ)

会長にはご負担ばかりをおかけしてしまっている中、 少しでも心身のリフレッシュになればと思っていましたが、 自分達の男としての気持ちや行動が足りず 会長のお誕生日に嫌な思いをさせてしまい申し訳なく思います。 偶然は無く何事も必然ならば、 会長に気持ち良く過ごして頂けるよう 自分達ができていたら 翌日の様な事は起きなかったのではないかと思います。
(シャボ)

■2021年8月8日(日) Vol.6714

コロナ禍のこういう時期なんで、 たった4泊5日だが、 伊豆の岩場の海に行けた。
千葉では遊泳禁止があったりしている中、 我々は、現地の方々の協力があって、 いつもと変らぬ海に入いれた。
漁港の上から、下の海を見ると、 海亀が迎えに出てくれていた。
その後、一番に海に入り、 亀草がわずかに生えている広場に近づくと、 陽光に照らされた海面近くで、 亀さんがゆっくり横を泳いでくれる。
「可愛いやね、自然の亀さんは」
人が集まってくると、 君達、少しうるさいよ、 と底に潜って、ゆったりしている。
少し近づいてみるかと、わずかに潜ったら、 右耳に痛みが走り、ギブ!!
二度目のワクチンを終えて、 あくる日に出発した。
4日は俺の78回目の生誕の日。 また大変な中、山田達が大阪から来るという。
緒方がその準備のため、
「漁港の朝市に行っていいですか」
「向こう様の承諾を得てるんなら、いいよ」
「俺も行きますよ」
とシャボ。
即ダメ出しを出す。
シャボには、悪いんだけど、 今年は海の大将をやってくれ、と頼んでいたから、 その時のために少しでも休んで欲しかった。
俺は行く気もなかったのに、 4時に何かに起こされるように目覚める。
自室から、そーと応接間に移り、 緒方が起きるまで、 一服してるかと思っていたら、 緒方が起きてきちゃって、
「悪いね、一時間早く起こしちゃったね」
と謝る。
2人して伴に漁港に向かうと、 丁度、締め網から戻った船が港に入ってくる。
市場は上だが、坂を下って、 荷揚げに忙しく動く男衆の動きを眺める。
活きものを扱うだけに、 その動きもテキパキ作業して、
「かっこいい!!」
都会の仕事場じゃ、 決して作れない男衆の動き。 その中でも、背中を見ただけで、
「親方」
の姿が輝く。
一般人のノロマが入ったり、 ただ邪魔の場に出て行くと、
「近づくな」
「魚が汚れる」
と怒鳴られても仕方がない場に、 ずかずか入っちまって、 思うことがあると、質問までしちまう俺は、 間抜けだったよな、きっと。

         雀鬼




怒鳴られてなかったようなので 間抜けではなかったんだと思います。 例年通りに海で遊ばせて貰いましたが、 地元の方のご厚意あってこそ。 確認する上でも手順があって、 筋の通し方を学ばせて貰いました。
(恒)

■2021年8月4日(水)その2 Vol.6713

昨夜の晩飯は、馴染みのカツ屋さん。
「先生、お痩せになりましたね」
ラストオーダー寸前なのに、 奥の部屋を用意してくれる、 一つ一つの
「好意」
だが、食欲がない。
やっとこさ、二切れの柔らかいカツを、 どうにか食う。
泳いで、別荘の階段の山登りだけで、足が危うい。
12時には自室にこもって、眠剤を飲んで、休む。 2度目の小用でトイレに立つと、朝4時。
昨晩、眠る前に、緒方が早朝市場に行くと聞いていた。
なんも役立たない俺だから、 緒方に付き合おうと、一時間半ほど応接間で待って、 緒方のお供で、船着き場へ。
舟が戻ってくる。 忙しく働く漁業関係の人達。
網元の日吉さんに、一年振りのご挨拶。
「先生、お元気そうですね」
杖をついて、ふらふらの俺には、 その言葉を素直に受け入れられない。
先生が来られたんで、 魚がブルって隠れちゃいましたよ(笑)
今は夏枯れのシーズン。 海も焼けて、不漁らしい。
山にも、山焼けといって、松茸も不作となる。 黒潮に乗って現れるはカツオだけ。
漁の適温は16℃らしいが、 最近は、28℃ぐらいまで、 水温が上昇しちまってるらしい。
良い時はブリを8千匹ぐらいあげたという。 定置網の漁をする時は、 業界語で、網をしめる、という。
早朝5時半なのに、 真昼のような暑さ。
日吉さんが見繕って、 食べ易い魚を下さる。
上等なイカが3匹入ってました。 1匹は帰って食べ、 2匹を先生だけに、と分けてくれる。 都会の人間と違って、活きがいい方。
帰って来たら、 上で恒が歯磨きしていた。
見て見ぬふり(笑)
橋本が起きてきて、恒と2人して、 又、この邪魔爺いがっていうツラしてんので、 部屋にこもります。

         雀鬼




会長の好まれる粋な網元さんとの出会い、 会長のお気持ちが、元気そうに映ったのではと思います。 見付かってないと思ってましたが、 後で冷静に考えると、歯磨きしている人間の姿なんか、 会長が見落とす訳ありません。 そして邪魔扱いも記憶にございません。
(恒)

日吉さんとの気持ちの良いふれあいの後なので、 言わないようにしていましたが、 やっぱり自分は顔に出ちゃっていましたか、残念。
(橋本)

別荘に着いてすぐの翌日とも言えないぐらいの早朝なのに、 会長が来てくださることになって、 お体にご負担をかけることが申し訳なかったのですが、 会長を見た瞬間の日吉さんの笑顔や、会長とのお話、 朝から会長に来て頂いて、本当に良かったです。 日吉さんの下さった特別なイカは、 自分の日吉さんとのお約束だと思って、 教えて頂いた通りに、気持ちを入れて、 会長に出させていただきました。 朝から、まるで宝物のような時間でした。 会長、早朝から、お付き合い頂きまして、 ありがとうございました。 日吉さん、たくさんのお気持ち、ありがとうございました。
(緒方)

■2021年8月4日(水) Vol.6712

今日は、俺が誕生した日、 ここまで来ると、 後2日したら、何かが終わる。
2日を2年としたら、 人生80年。 自分の80才は見たかねえ。
二度目のコロナの接種を終えて、 その足で伊豆へ来ちゃった。
いや、周りの何人かの力で、 どうにか、今年も海の中を、 すいすいどころか、 ガタゴトしながら、浮いて回った程度。
陸なら、3分も歩けない俺、 海の上なら、一時間余り、散歩出来た。 道場と、自分達以外いない岩場からの海とは、 全くもって異なる。
広い海の中で、 一歩間違えば、
「死がある」
それが俺ならいいが、 道場生や孫達がそうなったら、 絶対ダメだ。
一年を、こんな日のために 耐えきった道場生に何かがあったら、 俺は雀鬼として居られない。
そういう道場生達を、危険な海の、 楽しみ、遊びの中に引っ張り出したのは、 この俺自身。
だが、今の俺の体調じゃ、何かあった時、 助けに行けない悲しみがある。
足の先から首まで、 日常では、ふらついちゃって、 体の自由が利かない。
足腰は多少痛くとも、まだましだが、 五感の中の耳が、顔を水中に突っ込んでも、 水圧で耳の痛みに敗けてしまう。
それでも、迎えに来てくれていた海亀が、 何度か近くまで来てくれる。
かつては、その亀が、 さわることを許してくれて、 海の中で軽くふれた俺を、 スクーターのように運んで遊んでくれた。
若き頃なら、普通に、 自分の体を海のそれなりの深さまで 潜らせることを許されていたが、 今じゃ、それが許されない。
7〜8名で泳いでいると、 陽が残る海上まで、カメが迎えに来てくれ、 海の底まで潜っておいでよ、と、 カメさんが泳ぐのを止めて、 底で待っててくれる完全な出逢い。
日常でも左耳の機能をストップ。 残った右耳だけで、わずかに音を拾える。
「誰か潜れるか」
誰も動かない。 ならば、10cmもきつかった俺が挑戦してみたが、 一潜りで、耳から脳まで、厳しい痛みがくる。
それなりに達者になった孫を見つけて、 お前行ってみろとケツを押すが、 20cmぐらい手前で浮いて来ちまう。
道場から5時間かけて来た疲れがある。 初日の海では、恐さを感じていた。
「誰かいけねえのかよ」
その時、こいつなら挑めるだろうと思える、 俺の代わりに、海の責任者に任命した シャボが見当たらない。
海外や沖縄じゃ、俺の助っ人で、 シャボは体験済み。
たった7〜8mの深さ。 百武一人、「自分がやってみます」
簡単に、触れるレクチャーをして、 百武は潜った。
最初のタッチが甘くって、 カメさん、ゆっくり移動している。
君等、何年、海に来たよ、と、 へっぴり腰の道場生を笑っている。
全員敗者、情けなかったなー。
一日前に、嫌々ながら行ったワクチン接種。 そこで、ふらついて、柵を2つ壊して、 通路へ飛ばされた時の痛みが、 左腰のよじれや柵に打ちつけた部分が、 痛みを残している。
初日の海だが、海面を一時間以上、 散歩は、どうにか出来たが、 別荘に行くと、入口から室内まで、 俺の苦手な階段ばかり。
まるで俺にとっては山登り。 一歩ミスしたら、落下が待っている。

         雀鬼




今年も会長が自然還る機会がごさいました。 一時的でもお体の調子が戻って頂ければと イチ道場生として思っております。 海亀チャレンジ?は情けない結果になってしまいました。 しかし、失敗でも学ぶものがあり、経験にもなりました。 やはり自然は考える時間をくれません。 この日に会長のお孫さんが弟子入り。 約4mの深さの獲物を捕ることに 根を上げずにやってくれました。 そして3日連続の白星で男を取り戻してくれました。 こういう喜びは格別です。
(百武)

じっと動かない海亀に向かっていけない。 勇気がない。情けなかったです。 もう一人潜っていれば、海亀の進路をふさいで、 百武さんが捕まえられたかも知れないのに…。
(ナルコ)

今年は例年以上に会長の足元は危ないです。 それでも水の中では 耳の痛みで潜れなくても誰よりも自由です。 都会ボケした自分には海はやはり厳しいと感じました。
(しげる)

■2021年8月1日(日)その2 Vol.6711

オリンピック史上初の金メダル数を取ってるらしい。
その分、コロナきんも4000人台の、 大台に突入。
「金と菌」
とお金まで一部で動いている。 ソフトボール以外の金は余り喜べない。
その分、一般の方々から、
「捌き」のTシャツが届きました、 感謝しています的メールが多い。
これって逆ですよ。 皆様の協力があってこそ、 亜夢ちゃんのイラストが、 何10年ぶりかの喜びをもたらしているのが事実です。
ひと方、ひと方、 本当にありがとうございました。
嫌なこともあれば、 良いこともあるのが、人生ですよね。

         雀鬼




Tシャツが届きました、と、 エピソードや、感想も一緒に、 感謝のお言葉を頂きまして、 こちらの方こそ、ありがたいです。 亜夢先生もすごい喜んで下さるのではないかと思います! このたびは、誠にありがとうございました。
(緒方)

オリンピックのメダルラッシュ、 観ていて微妙な競技もあり、何かスッキリしません。 今回も写真の通り、固まって、 指先のちょっとした動きで転がされました。 過去最高のTシャツ、道場の楽しい感じが 少しでも伝わってくれたら嬉しいです。
(恒)

■2021年8月1日(日) Vol.6710

2回目のワクチンを打ちに行く。
前回は、目標があったんで、勢いづいていたが、 今回は、それも消え、めんどくせえ、行きたくねえな、 という気持に変わっていた。
一時間ほど寝て、起きて、 ふらふらしながら会場に行っちまう。
前回もそうだったが、 会場内を移動するだけで疲れちまって、 薄い鉄板のような柵で仕切られた、 三本の道を行って戻って、 何かにつまずいたのか、 一気に2mぐらい飛んじまって、柵に激突。 2枚の柵を壊して、外の道路まで飛んじまう。
横っ腹と背中を打った痛みが少し残った。
ワクチンを打った影響、 良くも悪くも、今んところ、なんもなしでした。

         雀鬼




会場に居合わせた親切な方が、 会長を助けてくださったそうで、 本当にありがとうございます。 人によってはワクチンの副反応は強く出るようですが、 今のところは特に問題ないみたいですね。 でも、本当に効き目があるのでしょうか?
(ナルコ)

ふらついて、そんなに倒れられるなんて・・・。 やはり、お体の状態の悪さに加えて、 気持ちの乗らなさの影響でしょうか。 後々まで残らなければいいのですが・・・。 ワクチンの影響はこのまま何もなしで、お願いします。
(緒方)

ワクチン打った所を思い切り叩かせて貰いました。 ちょっと吹かれてたような気がしますが… その後は痛めた所を狙わせての相撲、 自分には真似出来ません。 心配事はありますが、海で癒して貰えたらと思います。
(恒)

■2021年7月31日(土) Vol.6709

孫の前の小鳥が死に、 2人で庭の隅の木の下にお墓を作った時、
「孫に、あの子は死んじゃったけど、  きっと、又戻って来るよ」
と慰めの言葉をはいた。
そしたら、その年に、 目を通していた、その木に幼虫が生まれ、 大きなアゲハ蝶へと、少しずつ本能的な変化を起こし、 何度か、木から離れて、 飛ぶ動きを習って、外へ飛び出した。
2匹目の小鳥の時は、 細い枝に、うすい葉っぱが、照らされる明かりの中、 うすい緑色になって、静かに止まっていた。 そのまま、小枝を折って、道場へ持ってくる。
少しずつセミらしい姿に変化するが、 まだ飛べず、動けば落下しそう、っていうことで、 柔らかいカーテンに、つかまらしておくと、
「ありゃ、セミがいない!!」
の声。
下に落ちてねえかい、と周りを探すと、 哲っちゃんが、居ました、 と緒方のケツを指差す。
何故か、緒方は虫に好かれる。 しばし、所用で道場中を歩き回る緒方が、 後ろのセミを気遣っている。
そのあくる日、緒方が、 近くの木にセミを持って行って止まらせ、
「元気でな」
と自然に帰らしてくれた。

         雀鬼




お墓を作った木に、新しい命が…。 終わりは始まり。自然の循環を感じます。 少し曲がった羽がまっすぐになり、 徐々に色味がかかって、セミらしくなっていきました。 たとえ短くても、天寿を全うしてほしいです。
(ナルコ)

最後はうんしょ、うんしょと、 仲間の声がする方へと登っていきました。 お孫さんの悲しみから、生まれてきたセミで、 特別な存在のように感じましたし、 仲間達と、出来るだけ元気でやってって欲しいです。 会長が手折った草に、たまたまついていた、 見えないほど小さい幼虫が大きく育ったクロアゲハ、 街中の歩道で、自分に飛んで来てくれた、 お孫さんのカブトムシ君等々、何かと虫たちとは縁があります。 普段から、クモや、セミや、ガを、 気づくと眺めていたりしますし、 虫達は、自分の子供心に引っかかってくれてる気がします。
(緒方)

緒方と仲の良いお孫さんの小鳥のお墓の側に生を受けたセミが 初めて飛んで止まった先が緒方のお尻と言うのは 何か繋がりを感じますし、面白いですね。 わずかな間ですが、元気に生きてほしいですね。
(シャボ)

■2021年7月28日(水)その2 Vol.6708

土日でバテてんのに、 昼の3時頃、テレビの見過ぎで疲れていた俺の家へ、 緒方が現れる。
先日、俺が最も苦手とする、 風呂場の浴室の外れかけたタイルの修理、 一時間やったが、少しも良くなってないのを知って、 緒方が来てくれ、汗びっしょりで、 頭と手を動かしだす。
最初は、俺も側で見ていたが、 それだけで疲れちまって、自室へ。
「いいかげんで、いいんだよ」
と一声かけて、 俺がいいかげんになって、 ベッドで寝込んじまう。
2時間ぐらいで出来るのかな、 と思っていたら、のべ5時間も費やした緒方は、 筋肉痛になっちまっただけ。
俺は緒方に任せっきりでダラケ者、 最低ですよね。

         雀鬼




サブマネと緒方は物を修理したり新たに作ったりと 器用な上に物を大切に永く使われています。 職人気質なんだと思います。 ご自宅に送らせて頂き、 玄関に入られた時の会長は一気にお疲れが出た感じがあり、 いつもありがたさと申し訳なく思っています。 なかなかご自宅でゆっくりとはいかないと思いますが、 少しでも心身を休まれて頂きたいです。
(シャボ)

その道のプロでもないのに、 いろいろと手作りでやってしまう緒方君、 会長に対する思いで行動しているんで、 会長が少しでも休まれている方が嬉しいんだと思います。
(恒)

本当は会長がお休みの間に、お邪魔して、 済ませてしまえれば、という魂胆だったのですが、 会長は最初っから起きていらっしゃいました。 どうしても、お気を使われる会長ですから、 お疲れ所に、しまったなー、と思いましたが、 お休み下さって、ホッとしました。 実際、なんにもしてない時間もありますし、 いいかげんな素人仕上げになってしまってますし、 なんというか、勝手に押しかけてすみませんでした。
(緒方)

■2021年7月28日(水) Vol.6707

どこの世界も、上に立つ者、指導者は、 ろくでもない奴がはばかるのが世の常。
その中でソフトボールの上野さんを育てた、 宇津木監督は本物。
初代が心ある解説をして、 二代目が現場の監督を務める。 選手一人一人の心の中まで分かるお二方は凄い方。
上野さんの背中を見て育った若い選手も、 3本の矢でつながっていた。
俺、ひまなんで、 一応、チャカチャカ、チャンネルを変えながら、 種目を見るが、コマーシャルが邪魔なんだよな。 まぁ、種目もその程度なんですけどね。
早矢香、妹分のかすみちゃんの試合は見たよ。 彼女もきれいになったね。
3ゲーム目にマッチポイントまで耐えたのに、 そこで一気に脳の中が空洞化され、 起きていることすら上の空の状況に入っちまう。
そこで、もう一度、自分を取り戻せば良かったのに、 タイムを入れて、監督のとこへ行っちまう。
何かに、誰かに、頼りたかった気持ちに、 なっちまったのかも知れない。
「かすみちゃん、自分でもう一度、  頭の中を整理しろ」
と声を出したが、届くはずもなく、 そこから逆転され、2対1となり、 3本目は、かすみちゃんが泣きながらやっていた。 そこには、もう、かすみちゃんは居なかった。
最終戦は、かすみちゃんは2ポイントを取れるだけ、 と思って見ていたら、 連続して8ポイントか9ポイントか取られ、 相手のマッチポイントの時に、 確か2pは取れた。
早矢香、見ていて、あの魔の3ゲーム目、 分かったのかよ(笑)

         雀鬼




女子ソフト、初めて観ましたが、 一緒に戦っているかのような心ある解説、 監督のため、後輩のため、 結果ではなく、 仲間としての関係性に気持ち良い物を感じました。
(恒)

二代目の監督の方の大会後のお話しをされている様子に、 心からの選手達への感謝のお気持ちを感じました。 初代の方からのつながりが、ずーっとあるのですね。 かすみちゃんの方は、 早矢香さんなら、分かられていますよね、きっと!!
(緒方)

■2021年7月25日(日)その2 Vol.6706

雀鬼流の33年記念Tシャツ、 6月27日をもってして、 締め切りになったそうです。
沢山の方々に協賛して頂き、 感謝しております。
特に関西の会社の方々には、 重ね重ね、お礼申し上げます。
道場生は、毎日、 仙人Tシャツだけで通してしています。
分からなかったですが(笑)、 一般の方々には、まだ届いていないんですね。
もう少し、お待ち下さいませ。

         雀鬼




Tシャツをお申し込み下さった皆様、 ありがとうございました。 今月末には発送を始められる見込みです。 あともう少しだけ、お待ち下さいませ。 発送の準備が出来ましたら、 トップページにてお知らせいたします。 どうぞ、よろしくお願いいたします。
(緒方)

■2021年7月25日(日) Vol.6705

俺、幼い頃から、スポーツが好き。 観るより、参加する方。
開幕式が終わって、 後は、現場で活躍する選手や、 種目を見ればいいだけになって、 世界の偉い人達が、 これでもかと作った人達の姿が消えた。
今日もテレビをつけると、 世界的にはマイナーかもしれないが、 なかなか厳しい種目の女子のソフトボールをやっていた。
監督もかっこいいが、 39才になってもチームのリーダーの上野投手が、 スポーツマンらしい姿を見せる。
その裏で、マスコミ等の権力が苦手な、 あの聖火ランナーの最後を飾った大阪なおみ選手が、 メインのコートで試合をする。
相手がまだ下のランクの選手のせいもあってか、 圧倒的な強さ、貫禄さえ見える。
この2つの種目だけで満足!!
それに比べて、 かつての柔道は小が大を倒す、 真っすぐな勝負があったが、 今はヨーロッパ化されて、 レスリングのような立ち合いの上に、 掛け逃げを技術としていて、 すくっと立ち合う選手がまれになっちまった。

         雀鬼




上野選手がまだ現役で、 しかもバリバリのエースとして 頑張っているなんて知りませんでした。 厳しい暑さの中、すごいですね。 柔道は、審判の判定がいまいちだったり、 ずるい戦い方ばかりする選手がいたり…。 外国の選手だって、良い柔道が出来る選手はいますし、 そういう人に勝ち上がってほしいです。
(ナルコ)

先日は調子乗った写真をお送りしてしまい失礼しました(笑) 皆さんがベタ褒めしてくださるので、 更に調子に乗りそうです!!(笑) 会長!ソフトボール私も連日見ていますよ! ですが、卓球も頑張っています!! お時間があれば私の後輩たちの試合を 見ていただけると嬉しいです!! 鬼っ娘早矢香はいませんが、 当時の日本よりも強くなっていますので!!! よろしくお願いします!
(早矢香)

昔は柔道を観るのも好きでしたが、 最近はどっちが投げたか分からない感じもあり、 反則勝ちで喜ぶ選手に違和感を感じます。 先日の相撲もそうですが、 内容が良くなる方向に変わって欲しいです。
(恒)

■2021年7月24日(土)その2 Vol.6704

ここ数日、動きがなかったから、 我が家で腹の下に、 ピリピリと痛みが入る。 そこだけでなく、あっちこっち痛む。
そこで今日は、 10分で全員やろう、 と決めていた。
ハイヨ、ハイヨと33秒で終わり、 次は、感覚の仲ま達を6人一緒に転がし、 人間達5人を相手にすると、 20秒で楽に済んだ(笑)
シャボも全員抜きを、3度もやったが、 かかる時間が長過ぎだよ。
雲の子しげるさんと、風の子橋本には、 一分余り費やしちまう。
体を動かせて良かったね、 と俺の体が笑っている(笑)

         雀鬼




一人あたり2、3秒でした(笑)。 体捌きの時間では、僕たちの悪い動きを真似たりして、 体に御負担ではないか、と思いましたが、 良い刺激になったのなら、何よりです。
(ナルコ)

体感としては、もっと短い印象でした。 倒すより、人の移動で時間かかったような気がします。
(恒)

シャボさん、長過ぎ〜 1ラウンドじゃねぇ、1分だ! でお願いしまーす!
(橋本)

■2021年7月24日(土) Vol.6703

この状況の中で、国民を無理押しした、 オリンピックの開幕式を見てみよう・・・・・
無観客の中、一ヶ所、ほんの一部だけ、 運営業の上層部が集っているらしいが、 あの広さの中じゃ、そこですら暗く見える。
IOCのトップと、首相と都知事が薄っすら見える。 トップ2の中に天皇が、そーと静かに混って座るが、 海外の選手達には、誰が誰だかも分からない感じで、 真ん中辺りに作られた運営スタッフが並んだところを、 次から次へと通る。
開幕が遅かったのか、行進する選手達も、
「押し」
が写る。
行進する各国の選手達も、トップクラスがいる場。 手も振らず、見もせず、 ただ同国の仲間達をスマホで写真を撮っているだけ。
盛り上がりどころか、 なんか隠し事を一つ一つ出しているよう。
感動するシーンは、一つもなかったなー。
国を挙げて、世界中の名も知れぬ国々を集めても、 全く興味がわかない。
IOCのトップが
「連帯と平和」
を何度も繰り返すが、 その場には少しの連帯感も平和の祭典も作れない。
メインと聖火点灯式、笑いもない。 ヨチヨチお爺さんが歩いている。
ボクシングで世界に名を残し、 パーキンソン病になったアリの 米国のアトランタオリンピックの姿と、 すぐに、だぶっちまうが、 あの人、海外の選手達には無名だから、 無理があった。
ちらちら見ていたが、 そこで見るのをやめると、 若い女の子が聖火台に登っていく。
どこの女優さんかい、と思ってたら、 放送後、大阪なおみだと分かって、 そこだけは感動した。
国民を会場に入れなければ、 あの大舞台は、 テレビじゃ盛り上がりようがなかった。

         雀鬼




メジャーリーグのオールスターの比べると、 同じスポーツ大会とは思えないですね。 世界的なイベントが開かれると、 外国人の姿をあちこちで見かけたりしますが、 今回のオリンピックはそれすらありません。 楽しもう、盛り上げようという気持ちが起きません。 「連帯と平和」なんて、よく言えるなぁと思います。 選手の皆さんには、申し訳ないのですが…。
(ナルコ)

運営側の人選とかで揉めたわりに、こんなもんかって印象です。 チケットは一番人気だったみたいですが… 日本はともかく、世界のアスリートにとって、 どうでもいい感じの者に、なんの気持ちも感じられない。 運営側にはテレビで、 感心ある一般の人に直接観て貰った方が、 選手のためにも良かったように思います。
(恒)

自分も開会式をちょこちょこ観ていましたが、 驚きや感動は無く、違和感や寂しさ、つまらなさを感じ、 こんなもんなんだ… と個人的に何の盛り上がりもありませんでした。 IOCや日本のトップの方の方々は 思ってもいないきれい事は言っていて嘘臭いです。 大会事態も良い方向に行く気がしないです。 選手達には嘘やごまかしのないかっこういい姿を見せてほしいです。
(シャボ)

■2021年7月21日(水)その2 Vol.6702

梅雨明けですか。
あちらこちらで水害があったが、 俺、一度も雨に濡れた覚えはない。 それだけ外に出ないってことですね。
先日の土曜、蒸し暑い中、 しげる運動部長のGoのもと、 ワクチンを打った恒大将を始め、 12人参加で相撲を取った。
全員抜きを5回出したシャボが56勝。
2位が6人抜き一回の深山一人って、 シャボ、ダントツの強さですね。
ほぼ一発で決めるシャボだが、 風の子と雲の子の橋本としげるには、 手こずり、苦しい顔を見せ、汗びっしょり。
夏場所は厳しいですよね。
だからこそ、俺も出場して、 全員抜きを10分で終えてみたい気分になっている。

         雀鬼




感覚の仲ま6人ぐらいをまとめて1秒、 その他、人間6人ぐらいを1人あたり1秒、 会長だと10秒以内になってしまいますね。
(恒)

シャボさんは汗だく、ふらふらになりながらも 10周をやりとげ、すごい根性です。 感覚の世界は厳しいですね。 道場の主なメンツが集まっても、だいたい15人くらい。 会長なら、10分もかかりません。
(ナルコ)

サブマネとしげるさんは本当キツいです。 キツいんですけどお二人が居て下さるのには 大きな意味がありますし、楽しいよね〜(笑) 一周するのもゼイゼイハアハアで まだまだ本当の意味で枯れ葉や 捌きにはなっていないんだなぁと感じます。 会長は分ではなく秒で済むと思います(笑)
(シャボ)

■2021年7月21日(水) Vol.6701

日曜日の月例会、 白鵬のような状況が卓上に出ていた。
かつて5時間かけて歩いて来ていた 板坂さんが参加してくれて、 どうにか成り立ったが、内容は悪かったな。
本戦が終ったオープン戦で、 深山の計らいで、初めて板坂さんと打った。
板坂さんには、少しだけ お返しが出来たかも知れない。
社会も周りも色々なことがあって、 月曜日に嫌な夢を見る。
そこに俺と全く真逆の俺がいた、
「わびしい」
夢。
道場で寿司食って、 残っていた者に、一個ずつ食べてもらう。
それから24時間くらい経って、 また食べたのが寿司。 3日目も残っていた寿司を少しつまむ。
3回連続寿司って、食べるものに対して、 どうでもよかったせい(笑)
身近な者に困らせられる夢は何度も見たが、 どこを取っても、自らが困った奴、 最低の人物として現われたのは、初めてだった。
俺の存在は、なしの夢って、 わびしいよな・・・・・

         雀鬼




週1回ペースの板坂さん、麻雀打っている時はアップアップで、 どうして良いか分からない姿を見かけますが、 今回、事情を知って即決断してくれました。 人が薄くなっている中、有り難かったです。 会長らしさのない夢、普段の生活が影響しているのでしょうか。 大分暑苦しい日々が続いますし、 そろそろ夏の海、決まって欲しいです。
(恒)

板坂さんが都合をつけてくれて、 どうにか月例会が出来ましたが、 悪い流れが起きてしまいました。 僕も麻雀が下手で、内容を悪くしてしまっている一人ですが、 同卓している人が何をしようとしているのか、 もっと分かるようになりたいです。 会長が見た夢の話は、ひっそり、わびしく生きる 男の生活の1コマ、という感じで、 今の僕の生活と少し似ていました。 道場に通っているおかげで、 自分は救われているんだな、と思いました。
(ナルコ)

道場の皆さま、定例会お疲れ様でした 久々の長時間で、なんとか最後までたどり着いた という感じでしたが参加できてよかったです そして、会長と同卓する機会を頂いて 本当にありがとうございます! 普段は少ない参加ですが、これからもよろしくお願いします
(板坂)

■2021年7月18日(日) Vol.6700

大相撲、横綱白鵬と大関照ノ富士の、 千秋楽全勝対決。
大相撲ファンにとっては、 すごい楽しみの一番。
それがねえ、白鵬が、 勝つためには、どんな手段もあり、 をしかと土俵で見せつける。
総合格闘技の肘打ちを喉元に入れる。 張り手も昔の相撲さんは、やらなかったが、 プロレスのエルボーより酷い一発を入れる。
あの一発で神経は止まっちまうだろう。
照ノ富士は14日間、 横綱相撲を取って、落ち着いていたが、 あの一発で、パニクっちまった。
本能的に体は動かそうとしていたが、 気持ちが壊れ、相撲にならなかった。
勝負事だからと、結果論を優先する愚、 見ていて愕然としてしまう。
心技体を訴えている以上、 あれはダメだよな。
照ノ富士も横綱にはなれるだろうが、 あの一発でトラウマが残ってしまうだろう。
正々堂々と取って欲しかった。 相撲って、国技でしょう。
45回も優勝した白鵬が、 今までにない汚点を残してしまった。
社会と一緒で、上の者は何でもあり、 を相撲界でも作ってしまった。
あれもオリンピックで土俵入りを夢とした白鵬に、 悪い影響を与えてしまったんかいな、 残念です。

         雀鬼




白鵬のあんな姿、見たくなかったです。 全勝しましたが、胸を貸すこともできないくらい 弱くなってしまったのかと寂しくなりました。
(BIG)

道場内で観戦後、不満や残念な感想が溢れてましたが、 実際の会場では拍手が起きる、嫌な世の中を表しているようでした。 観戦に来ていた家族には、どう映ったのでしょう。 子供には道場の様子は見せたくないです。
(恒)

あの相撲内容で、勝って喜んでいる白鵬関が信じられません。 理想の横綱像を押し付けるつもりはないですが、 なんでもありの戦いぶりを見て、やるせない気持ちになりました。
(ナルコ)

横綱って小さいころから、 強くてかっこいいイメージを持ってましたが、 今回のはきたないなぁ、かっこ悪い と感じましたし寂しさがありますね。 後に悪い影響が出ないといいなぁと思います。
(深山)

■2021年7月17日(土) Vol.6699

子供の頃から、 大相撲だけは楽しみに見続けていた。
ここ一年、横綱が休場し続けて、 鬼の居ぬ間で、 その時、調子がいい者が勝つ、 幕内場所だった。
北の富士さんの解説が、 歯に衣着せぬガチンコ解説なんで、 相撲よりおもしろい。
もう一方、尾車親方の解説、 この親方が語る言葉一つ一つに納得感がある。
舞の海は広報委員か、 営業マン役になっちまっている。
そんな中で、初日は危なっかしかった横綱の白鵬が、 一年振りに進退をかけて戻って来て、 14日まで照ノ富士と伴に全勝。
千秋楽、9年振りの全勝対決、 俺も、それを見たかった。
夕方、相撲を観て、チャンネルを回したら、 日本の野球のオールスターを 2日間にわたってやっていた。
深夜には、米国のゴルフのマスターズを越える、 自然を残したまんまの 厳しい全英オープンを放送していた。
ティグラウンドからフェアウェイすら見えない。 前面からそこまで長々生えた草で覆われている。
そのフェアウェイですら、でこぼこ。 グリーン周りには、 深いバンカーが5つぐらい置かれている。
日本人も出ていたが、 アマチュア以前の高校生ぐらいにしか見れぬ中、 本当の実力者だけが上位を占めている。
バカくさいオリンピックなんて、やんなくとも、 スポーツをバンバン流している。
今日もサッカーがあるらしいが、 サッカーは、いいや(笑)

         雀鬼




相撲やゴルフでは実力者の強い姿を見ることができますが、 オリンピック関連では今の所、 背広を着た人ばかり目立ってますね。 平和の祭典が開かれる前とは、とても思えないですね。
(BIG)

北の富士さん、期待出来ないとか、がっかりしたとか、 普通に言ってますね。 尾車親方のことは詳しく知りませんでしたが、 大ケガからの復活、 照ノ富士関と同じ経験をした方なんですね。 千秋楽の全勝対決、すごく楽しみです。 オリンピックは、あの偉い人があれこれやってるのを見ると、 余計観たくなくなってきました…。
(ナルコ)

北の富士さん、孫弟子にも容赦なく、 身内ひいきもない所が良いです。 日本の国技ながらモンゴル勢が圧倒的に主役、 それでも楽しみです。
(恒)

白鵬と照ノ富士の全勝対決 久しぶりに相撲を観るのが楽しみです。 北の富士さんがおっしゃる通り 見所はこの一番だけですが…(笑) 全英オープンも好きで 夜中にうとうとしながらも観てしまいます。 一流のゴルファーが自然を相手に 悪戦苦闘していて観ていて楽しいです。 今、色々なスポーツの大会をやっていますが、 観客も入れていますし、 マスク姿の人もほとんど見かけません。 本当今回のオリンピックって何なんですかね?
(シャボ)

■2021年7月14日(水)その3 Vol.6698

無口の孫が飼っていたインコが死んだ。
先代の時に俺と2人して、 我が家の庭の隅の土の中に、 埋めてやった。
それを感じてたか、 夕方に死んだインコを持って来た。
板切れを探して、 インコ君、 孫が、ありがとう、 俺が、さよなら、 と書いて墓標を土に立てる。
その周りに、葉がついた小枝を切って埋める。 大きめの葉っぱの上には、お菓子を供える。
4枚の5円玉を置いて、 穴の中に線香を立てる。
準備は俺がして、 孫が全て自分の手で見送る。
2人して、
「インコ君、土に還って、  又、戻っておいで」
と手を合わせる。
沢山泣いたのか、 マスクからのぞく目が腫れていた。
わびしいやね・・・・。

         雀鬼




多分、先代のインコ君だと思うのですが、 お孫さんが、僕の指に乗せて遊ばせてくれたことがありました。 優しい心を持ったお孫さんだけに、 こうして、会長が一緒に見送って下さって、 悲しみ、寂しさを一人で抱えることにならずに済んで、 助かった部分もいっぱいあったと思いますし、 インコ君にも、僕だけじゃないよ、 ジージも一緒に覚えててくれてるよ、 と思えたのかもしれません。 どうしても、インコ君との時間が、 しばらくは湧いてくるとは思いますが、 大切な別れの儀式をジージと出来たことは大きいと思います。
(緒方)

■2021年7月14日(水)その2 Vol.6697

昨日と今日、大谷選手を見たくって、 寝たい中、起きる。
やっぱアメリカは強えなー、と思っちまう。 だってよ、ホームラン競争の時、 球場は3階席まで満員。
日本はオリンピックで無観客を決定してんのに、 世界トップのコロナ国のアメリカじゃ、 観客は全員マスクなし。
それ以上に、グランド内の一塁側と三塁側に、 座り心地が良さそうなソファーが、 ゴソッと並んでいて、 選手の家族とか、 あくる日のオールスター戦に出場する選手達が、 ピクニックムードで楽しんでいる。

         雀鬼




大谷選手、大活躍とはいきませんでしたが楽しそうでしたね。 それも、満員の観客が作り出すお祭りムードがあってこそ。 東京オリンピックは、 一体どんな雰囲気で行われるのでしょうか? 全然楽しみじゃないです。
(ナルコ)

ホームランダービーやオールスター戦の中継を観ていると コロナ以前の時のようですね。 グラウンド内にソファー… いかにもアメリカってかんじでいいですよね(笑) 本当お祭りという感じで 選手も観客も皆がその場の雰囲気を楽しんでいて 観ているこっちも気持ち良く楽しいです。 オリンピックは真逆の感じになりそうですね。
(シャボ)

リスクがあっても楽しさを取るところがアメリカらしいです。 映像で見ただけですが選手、関係者、観客全員が あの球場でみんな笑顔になっていました。 無観客のオリンピックでは無理な話です。
(百武)

■2021年7月14日(水) Vol.6696

何度もメールや写真を送ってくる。 今までは、とぼけていたんだが(笑)、 今回だけは許せねえな。
旦那さんとのラブラブまでは結構なんだが、 今回の仙人Tシャツを背に、 俺の出版本を持った写真、 早矢香が、横向きで、きれいに撮れている。
いくらタレント生活で メイクが上手になったとしても、 この美しさは全くの別人。
旦那はごまかせても、 俺はごまかされねえよ。
長い間見てきた早矢香が、 こんな美しいはずはねえ。
出逢った頃は山猿だったし、 いくら何でも、猿に美人はいねえよ!!
恋は女性を美しくさせるかも知れないが、 これ作り過ぎ。

ホレ見ろ、〇〇ハが来やがったら、 コロナが一気に4倍の1149人だってよ。
もっと増えて、沢山おもてなしして、 帰ってもらえばいい。

         雀鬼


 

写真を見ても、一瞬誰か分かりませんでした。 なるほど、別人だったんですね! ◯◯ハが来日。 日本人が何人感染しようと、関係ないのでしょう。 流石、偉い人です。
(ナルコ)

本当許せないですね。 こんな「見返り美人」見たことないです! 美人すぎです!けしからんです!
(シャボ)

今回の写真、納得いかないです。 タレントになったら何でもありなのか、 赤色は似合うと思ってましたが、 やっぱり納得いかないです。どんな細工が…
(恒)

これは見返り美人を狙っているのでしょうか。 危うく騙されるところでした。(笑) ◯◯ハはコロナを持ち込むことはしないと言っていました。 だったら代わりにお土産たっぷり持って帰って頂きたいです。
(百武)

■2021年7月11日(日) Vol.6695

前日、しげる運動部長と チャンピオンのシャボの状況読みで、
「今日はハーフにしましょう」
てことで、俺も安静の体調のまま。
ワクチン接種の会場に向かう。 地下の駐車場は満車状態。 オッ、混んでんじゃん。
エレベーターで一階へ。 すでに、聞いたところが、 最後尾の立て看板を持った係員がいる。 並んでいる直線コースを見ても、結構、長い。
こりゃ危いなーと、一旦、後ろに並ぶと、 前方の女性が、何番台なんですけど、と係員に告げる。
突き当たった場を左に折れた場まで進んで下さい、 の指示と声を拾い、 俺の番号も多分その女性と一緒ってことで、 持たされた封筒を確認もせず、女性の後を追う。
だいぶ前に進めたが、右折してからも長い行列。 コンクリートの上を止まったり歩いたり、 左足に痺れがくる。
荷物も持たず、杖一本だったが、 車イスに乗った人を見ると、 俺も乗りてえと思っちまう。
迷路のように作られた会場。 案内や声掛けしてくれる人達に好意を感じ、 日曜日なのに、お疲れ様、 どちらからの勤めですか、 と2人の人に別々に聞くと、 市役所関係です。
俺の印象では、ああいう場で公務につく人に、 これまでは温かさを感じなかったが、 コロナの使命感か、現場に入った若い人達は、 テキパキ動いている。
市民の人のために頑張っている時もあるんだと、 いい気分になる。
いくつかの部屋を通って、 小さい部屋で、ワクチンを打つ。
「少し、痛いですよ」
とやさしい声、 ただチクリとした瞬間があっただけ。
後で腫れたり、黒くなるかも知れませんので、 とアドバイスで、さっさと終わる。
映画館のような広い場に、 パイプイスがずらりと並んでいる。
29番の席にお座りください、 番号札と伴に何かを渡される。
それはともかく、やっと座れる(笑)
何一つ分からず、書面も見ずに、 ただ行っちまった俺だが、 多くの人達の中に混じって、 流れの中で終わっちまった。
やったぜ、ベイビイ、 いや、又8月に2度目がある。
今回の混雑は一度目の人と、 二度目の人がかぶってたんで、多かった、 と係員の説明に納得!!

         雀鬼




長時間の立ちっぱなしで本当に大変だったと思いますが、 心ある人たちのお話に気分が良くなりました。 こういう人たちの行動から、役所の空気が変わってくるといいですね。
(BIG)

家の者は、終わったら早く帰ってと言わんばかりに、 病院で冷たい対応されたようです。 慣れているからこそ、業務的になってしまうのでしょか。 毎週のように嫌な人と出くわし、怒って帰ってくるので、 何か持っているかも知れませんが(笑)
(恒)

蒸し暑さでバテ気味な所もあるので夏場はハーフもありかなと。 やっぱり皆が相撲を取り出すと道場内は一気に蒸しますね(笑) 接種会場がお年寄りで混んでいる上に立ちっぱなしで かなりお疲れになられてしまわれたようでしたが、 現場で動かれている職員が気持ちの良い方々だったとのことで、 せめてそういった救いがあって良かったです。
(シャボ)

■2021年7月10日(土) Vol.6694

無理矢理突っ込んだ感を残す、 オリンピックも近い。
それに合わせて、東京のコロナ数も 900台後半まで伸びる。
俺、予約チケットも見ぬが、 明日はワクチンを打ちに行くことになった。
ちょっと前までは、 どっちでもいいや、ぐらいだったが、 道場に出入りする出版社の者が、 死んでも打たないぐらいの大アピールをしたと聞き、 ならば、俺は行ってみるか、と逆の効果になった。
ところで、オリンピックも無観客になったらしい。
オリンピックを操作する貴族のためのオリンピックなら、 東京って関係ねえじゃん。
おもてなしから始まったオリンピックならば、 一般客で商売にして、 思い切ってマスクなしで入っちまって、 コロナのおもてなしも、 IOCのトップにお持ち帰りになってもらえば・・・・・。
無茶苦茶だなー。
熱海の土石流も山の上の方から流れ出したもの。
社会の上の方って、土石流みたいなもんだよなー。

         雀鬼




金儲けの後に残った汚いものが、 地元の人たちの生活を壊してしまいました。 当事者は泥をかぶらない、ってことに怒りを感じますね。 ワクチンに対しては、体質や気の持ち方で 人によって随分反応が違うなと思います。 不安感、同調圧力とか差別など、 変なものが膨らまなければいいなと思います。
(BIG)

会長の場合、元々の体質や、飲んでいるお薬など、 どう影響するのか少し心配です。 無観客で開催…。もう、平和の祭典とは言えないですね。 オリンピック貴族と呼ばれる人達は、 何を考えているのか分かりません。
(ナルコ)

出版社の方の話は極端過ぎて、狂信みたいな物を感じました。 前も似たような事ありましたが…繰り返すもんですね。 コロナのおもてなし、上の方々は近付かないんでしょうね。 先日の土石流も人災みたいなもの、 一部の都合で無関係な人が巻き込まれる、 ろくなもんじゃない世の中を感じてしまいます。
(恒)

■2021年7月7日(水) Vol.6693

オリンピックまで、あと2週間ぐらいかあ。
皮肉なことに、 東京はコロナが3ケタ近くまで増えている。
無観客うんぬんの声もあがり、 見れる者もオリンピック関係者ばかりじゃ、 誰のためのオリンピックか、分からなくなっちまう。
大きな大会で楽しみや喜びよりも、 ゴチャゴチャしている印象しか映らない。
オリンピック選手には申し訳ないが、 今、大リーグでやること、成すこと、 やって見せている、 二刀流の大谷翔平選手の出場する、 オールスターの方に興味がある。
崖っぷちの筒香くんも、 近日中に処遇が決まっちまうらしい。
オリンピックが開催され、 コロナ患者が3桁台に入っちまったら、 どうなっちまうんだろうね。
俺はチケットを見てもいないが、 もしかしたら、日曜日にワクチンを打ちに、 家人に連れて行かれちまうかも知れない。
一回目だから、出たとこ勝負かもな。
♪♪はぁ? うっせえ、うっせえ、うっせえや♪♪  ♪♪あなたが思うより、健康です♪♪
何じゃ、こりゃ(笑)

         雀鬼




オリンピックは、選手の皆さんにとって人生の大舞台。 しかし、こんな状況で本当に開催するのでしょうか。 偉い人達が躍起になっている意味が分かりません。 メジャーのオールスターで二刀流…。 大谷選手は、もはやマンガの世界の人ですね(笑)。 筒香選手の話題から、 会長にバットの振り方や構え方を教わりました。 筒香選手の参考になるかも?
(ナルコ)

オリンピックは迷走の世界記録になりそうです。 なんとかならないものかといつも思います。 大谷選手がホームランを打つと球場の盛り上がりがすごいです。 特に子供達がはしゃいで喜んでいる姿は 見ていて微笑ましく思います。 筒香選手の方はメジャー枠から外れてしまいました。 暗から早く脱出して欲しいです。
(百武)

オリンピック関係者には甘く、 飲食店には厳しいコロナ対策、 バラバラな感じが広がらなければ良いなって思います。 うっせいや〜の歌は、若者の気持ちを代弁しているとか、 押し付けられる事が多いのでしょうか。
(恒)

「安心安全」とか「世界の心を一つに」 とかきれいな言葉ばかり並べていますが、 現実には真逆ですし、 裏側では汚いものばかりが動いているようで 嫌なものしか感じません。 反対に今の大谷選手は本当にかっこよく輝いていますね。 見ていて気持ちがいいです。 筒香選手には状況的にも精神的にも 雨雲から晴れ間が射してきてくれたらと思います。
(シャボ)

■2021年7月3日(土) Vol.6692

お隣さんからの犬の鳴き声で苦情があって、 こちらもすぐ受け止めて、動かしちまって、 犬達と孫達が改築中の自宅へ帰った。
俺の本心は、彼等が居ないと、 淋しさを感じていたが、 孫達は、俺から叱られたりして、 ショックだったのか、
「私達、出入り禁止」
ぐらいの気持ちになっていたらしい。
それは、全くの誤解だよ、と伝えたくて、 食事に誘う。
下の孫は男の子、 少し逢わない間に、体だけは成長して、 体重は俺より重たい82kg、 身長も170cmを超えて、 並んだパパと五分。
「やった、一つジージに勝ったぞ!!」
だってさぁー、良かったね(笑)

         雀鬼




夏の別荘で出会ったお孫さんたちも、 すっかり大きくなってしまいましたね。 一つ会長に勝ったお孫さん、道場で話題にのぼると、 今でも楽しく、温かい気持ちにさせてもらえます。
(ナルコ)

写真は1年ぐらい前でしょうか。 子供の成長は早いもので、自分は2本とも負けてます。 じーじに勝ったと言っちゃう所が、あの子らしいですね。 自分もやらかした事は数々ありますが、 それも含めた有難い関係を続けさせて貰ってます。 会長が楽しそうに話されるお孫さんとの触れ合い、 また聞かせて貰えたらです。
(恒)

お孫さんとの誤解が解けてなによりでした。 男の子のお孫さんのお話は、道場でも大人気!! 自分もHPを打ちながら、ニヤニヤ笑ってしまいます。
(緒方)

■2021年6月30日(水)その2 Vol.6691

「一時間の予定です」
取材があった。
お話しだけじゃなく、 恒さんや、シャボの力も借りて、 なんと、3時間弱だった。
昼に我が家で日本そば食って、 これから緒方の冷やし中華を頂きますわ。

         雀鬼




予定通りに取材が終わった事を見た事ありません(笑) 会長のサービス心を感じているか不明ですが、 言葉では伝わらない事も多いので実体験、 来た時と表情や雰囲気が変わって帰る姿をよく見かけます。
(恒)

体捌きや感覚の遊びが始まってからは 取材の途中やお話しの流れで 自分達の体を使って今起きている現象を見てもらったり、 場合によっては取材者の方にも 体験して頂いたりという事があります。 取材に来られた方で不思議な体験ができた方は ラッキーですよね。 取材なのにお話しだけでなく 何が起きるか分からない(笑)会長のサービス精神は凄いです。 今回もお疲れ様でした。
(シャボ)

以前は会長お一人で取材は済まされることが多かったのですが、 最近は感覚の皆様の出番も多く、 ここだけの不思議の実体験もありで、 どう文字にしていくのか、取材の方がどう感じられたのか、 気になることも多いです。 お仕事後に、冷やし中華をと思いましたが、 そば、ソバになってしまい、すみませんでした。
(緒方)

■2021年6月30日(水) Vol.6690

シャボや深山がソファまで吹っ飛ばされるのが、 分かりましたよ。
昨日でしたかね、いや、今日でした(笑) 少用で目覚める。 ありゃりゃ、夕方の4時だ。 こりゃ、まずいや。
「出掛けるぞ」
「朝4時に、どこへ行くのよ」
昼から客が来る。 多分、1時間余りしか寝てないんで、 諸用までは十分休めると思いきや、 やっぱ、そのまま起き続けちまった。
上にあるものを取ろうと、 膝上まであるベットに上がるが届かず、 ベットの上でも、ふらついて危ないのに、 風呂場から軽いイスを持って来て、その上に乗った。
1m20cmぐらいの高さから、 瞬間、床に向かって吹っ飛んだ。 2つのテーブルを越えてね。
さすがに笑えない。 被害を計る。 右腰を少し打った程度。
当然、テーブルの上の物は、ぶちまけられ、 奥のテーブルと倒れたものに挟まって身動き出来ず。
ドタンバタンの響き音で、 来客者が声を掛けてくれる。
助けようと手を伸ばすが、少しこのままにしといて、 自分の状況をつかんで、相手に側に立ってもらい、 ふれるだけの
「体捌き」
で起き上がれた。
シャボよ、深山よ、俺もやられちまうんだよ。 これで五分だな。
我ながら、よくも怪我なしだったものだ。

         雀鬼




頭でも打っていたら、大事故になるところでした。 僕たちでは真似できません。 体捌きが自分を救ってくれる、というお話の通りですね。
(ナルコ)

シャボさんや自分は、気持ちよくソファ目掛けて飛んでますが、 会長は不意にしかもテーブル飛び越えて床になので、 会長の方が大変という意味では五分ではない気が… それでもほとんど怪我もなくというのは、 会長だからこそなんだなと思います。
(深山)

体捌きで大事にならず本当に良かったですが、 ベットの上にイスは危険過ぎです。 自分達が飛ばされて動けなくなるのとは色々と違いますし、 自分達は不思議で楽しいですが、 今回の会長のはちょっとした事故なので 五分ではないような… 今後は気をつけて頂きたいなーと思います(笑)
(シャボ)

いや〜、怖いですね。無事で良かったです。 きっと、瞬間の捌きのおかげですね。 何か、高いところのものを 軽く取れるものがあるといいんですが、う〜ん。
(緒方)

■2021年6月27日(日)その2 Vol.6689

俺、だいたいが出版物は遊び心でやっつけています。 Tシャツも今まではスタッフや道場生任せでしたが、 今回は、これが最後か、ならば俺も、 と心から企画や、作品に参加しました。
その申し込み第一号が、 京都のI・Y子さん、 忘れちゃいけない方ですね。
Y子さんから新たにメールが届き、 今回の遊び心のセブンイレブンの出版物に、
「姿も形もありませんでした」
の一報に、見つけられなくとも、 俺も2件目で発見したんで、 嘘ではありませんよ(笑)
俺にとっては、この度の雀鬼流のTシャツには、 現場で起きている現実感を、 亜夢先生のお力を借りて、 完成したことで、心から深謝!!、 と思っただけなんですよ。
ありがとう!!

         雀鬼




永井さんの希望に応えて、 バリエーションが増えていく感覚の遊び。 シャツができた頃より仲まも増えました。いつか自分も…。 会長の本、職場から10分程歩いたセブンにありました。 永井さん、シャボさんから随分遅れてしまいましたが、 3番手で銅メダルでした。
(ナルコ)

直ぐに反応あるのは、繋がっているようで、嬉しいですね。 今回の本は、昔から馴染みの店で、あっさり見つかりました。 深夜でも、元気な挨拶をする店員さんが居て、 昔は何度かいたずらしましたが、笑ってくれてましたね。 その店では、既に会長の本だけ売り切れです。
(恒)

もう一店舗の入荷していた町田のセブンでは、 会長の本が2冊、もう一方の本が3冊になっていました。 そっちは、道場生は普段、行かない方なので、 一般の方が買ってくれたのかなー、と思って見てました。 Iさん始め、お気持ちを持ってお申込み下さった方々、 会長、亜夢先生がTシャツへ入れられたお気持ち、 気持ちと気持ちのつながりって、やっぱりいいですね!
(緒方)

会長!! ゲットしました!!! 旦那と力を合わせて4軒目で旦那が見つけました! 2人の愛読書になってます。
(早矢香)

■2021年6月27日(日) Vol.6688

昨晩は、緒方の今年の当たり魚のカツオのタタキ。 アジのタタキと伴に、俺が好む。 その上に、関、黒澤のまぐろ兄弟のまぐろが控えている。
みんな疲れや、体を痛めている中で、 運動部長からGOが出て、相撲を取り組む。
大横綱の枯れ葉の兄さんのシャボが 79勝とダントツ。
少し前は、全敗だった、しげるちゃんが、 「捌き」をつかんで、17勝と二桁勝利。 この変化は、お見事です。
3位に、この日、体調がよかった緒方が12勝、 かつて横綱を張った深山が、 難敵になった、しげるちゃんの壁をすり抜けて、 久し振りの4人抜きの勝ち星。
俺なんか、最初の3番と、 ご褒美相撲を数番取るだけだから、楽チン。
相撲でバテた所で、 シャボ、深山、橋本、恒、しげるの感覚の仲まに、 緒方と哲がオマケで加わり、 俺の前に、7人が立つ。
狭い道場で、7人が一気に、 ハッケヨイで前へ出る。
次の場面で、仲良しトリオの橋本、シャボ、深山が 左側にギリギリで飛んで落ちる。
15分ぐらいで起き上がれよ、 と定めていたのに、 30分経っても、この3人は全く動く気なし。
45分ぐらいで、俺のアドバイスで、 深山、橋本が脱出。
残るは強い大横綱一人。 どこも動かない怠け者(笑)
少しずつ、俺のアドバイスで、 知恵の輪が外れるように、 シャボも横に倒れたところから、 座るとこまでほどけて、 一時間も費やしちまった。
倒されるのは、まだ分かるが、 その後、体がかたまって動けない
「捌き」
って、何故なんだろうね。
まぁ、一応、俺、立ち向かう時は、 雷雨かカミナリに心身を作る。
この「捌き」 しげるちゃんだけは、 3人ぐらい触らずして倒せる唯一の使い手だが、 くっつけちゃうレベルは、まだだね。
人とくっつき、床にくっつく体、 自分の存在が分からなくなる「時」、 見ていて面白いが、 みなさんには分からなくて、結構なんです(笑)

         雀鬼




感覚の仲まが増えると、相撲で楽出来ていいですね。(笑) 落雷の捌きはやり方が全然わからないです。 縦方向に地面を突き抜けて落とす感じでしょうか。 とにかく一時間も動けないのが、不思議で仕方ないです。
(しげる)

7人ぐらいと同時に相撲、初めて体験させて貰いましたが、 結構迫力ありました。 これを毎週…雷の意識が足りなかったかと反省しております。
(恒)

横綱なんて言われているわりに本当に怠け者で その上世話の焼ける奴ですね(笑) 普段の生活の中で1時間も体が動かないなんて経験はないので 本当に不思議でしかないです。 でも1時間は長過ぎですね(笑) 皆さんすみませんでした。
(シャボ)

右手に乗ってる哲の体が岩のようで、全く動かせませんでした。 さらに右目の骨が痛いなーと思ってましたが、 これ、哲の腕が乗ってたんですね(笑) シャボさん、サブマネ、深山の固まりようとは、 違う感じですですけど、 おまけ同士でからませて下さってたんですね! 初体験、ありがとうございました!
(緒方)

■2021年6月26日(土)その2 Vol.6687

超エリート対、業績なしで、 セブンイレブンに2冊並んで、 箱入り発売。
強者対、弱者の対決、 いや対決なんて、おこがましい。
動いた道場生すら、 恒とシャボが見つけて、買っただけ。 たった2冊だよ(笑)
一方、捌き仙人Tシャツは高いのに、 このつたないホームページでつながっている、 「心ある」方々から、 申し込みと温かいメールが届いてる。
こっちは深謝!!ですね。

         雀鬼




失礼しました。 ご本が置いてある店舗をやっと見つけました。 既に1冊売れていて、哲さんと購入して、 その店舗では3ー0のスコアです。
(BIG)

近所、職場近く、出張先で計6軒セブンイレブンをまわりましたが、 まだ発見出来ません。早く見つけたいです。
(百武)

いつもは、あまり考えずに買ってましたが、 今回は並んでいる本に負けて欲しくない って気持ちが入りました。 No.1頂きました。 道場生の反応は少し寂しいですが、 閉店間際、開店時に競争して買いに走った時代が懐かしいです。
(恒)

あちこちに散らばってるはずの、 道場生からの本の情報も少ない感じがします。 どんな感じなのかなー。 Tシャツにつきましては、 みなさまのお気持ちがこもったメッセージがありがたいです。 そして、本日、『締切』!! 迷われている方、一歩踏み出してみるのもいいかもしれませんよ!
(緒方)

競争や勝ち負けではありませんが、 方向性の全く違うお二人が並んでいるのは面白いですね。 2冊だけってことはないと思いますが、 皆どうしちゃったんでしょうか?(笑) 自分は、今日いつも行く和菓子屋さんの感じの良い店員さんに、 Tシャツいいですねと言って頂き、嬉しかったです。
(シャボ)

■2021年6月26日(土) Vol.6686

ここんところ、出版物やゲラが届くと、 正直、やったことも忘れている。
特にゲラのチェックが面倒。 チェック入れたら、全部やり直しだなと思えるし、 俺の希望より、出版社の思惑で語ればいいよ、 っていう感じ(笑)
だがね、水曜日に持って来てくれたゲラ、 これって結構厚くて、大変だなー、が第一印象だったが、 ヒマなんで、帰って夜中にパラパラ読み始めると、 自分で言うのもおかしいが、3章まで進んで、 少し眠った午前中に、また開いて、6章全部終えて、 担当者のところへ電話。
低い声で、
「どなたですか」
「どなたですかって、俺も分からないよ」
と返す。
しばし間があって、
「もしかしたら、会長ですか」
「多分そうだよ」
一気に相手のテンションが上がる。 まさか直接、会長から・・・・・。 舞い上がっている。
「そこにゲラあるかい」
「ハイ!!」
あきらかな間違いのところを伝える。
10日後締め切りのところを一日でやっちまった(笑)
「記録ですねえ」
と担当者。
今回だけね。 毎度、こうはいけねえよ。

         雀鬼




ゲラのチェックのことは? やる機会無いので全くわかりませんが あの量を1日で済ますとは誰も思わないです。 本の中で感覚の遊びがどう表現されているか楽しみです。 また、自分のことが本のネタになっているので 読んで頂いた方に少しでも学びになってくれればと思います。
(百武)

面倒な事を先に済ましてしまう所は会長らしく感じます。 取材の方も、心から関心ある感じで、 良くまとまってたという事も影響しているのでしょうか。
(恒)

担当の方の舞い上がる様子が目に浮かびます。笑 すんなりいけたのは、意外な感じでした。 ここ最近の色々な感覚の仲まの関係性、 一体、どう文章にまとめられているのでしょう。 気になりますね。
(緒方)

■2021年6月23日(水)その2 Vol.6685

決して高価なもんじゃないが、 今年も宇佐美の生誕地の山梨の実家から、 甘いトウモロコシが送られて来ている。
編集者が来ていて、 話しながら、いくつか食べる。
やっぱ、甘くて旨いよな。
今日の緒方メシは、 茶そばのモリそば。
黙っていたが、 俺、先日、何十年ぶりかで、 湯を沸かし、インスタントの生ラーメンを食った。 けっこう食べれる。 一日あけて、夜食でも食べちまった。
まだ、自分の中で、ダメ出しは出てない。 又、いけるかもなー。 ジャンクフードは避けて来たのにな。
この頃、野菜とか、軽いものの方を、 高級な牛のシャブシャブより、好んでいる。

         雀鬼




暇です。 ジャンクヌードル食べてます。 今年のトウモロコシはぎりぎり自家製です。 みなさんありがとうございます。
(宇佐美)

油っこい物を受け付けないと思ってたので意外でした。 自分でもインスタントラーメンを続けて食べた事はありません。 宇佐美さん、今年もご馳走さまでした。 家にも持ち帰りさせて頂きましたが、 今年は不作なのか、高くて買えないらしく、喜んでました。
(恒)

宇佐美さん、今年も初物のトウモロコシを味あわせて頂き ありがとうございました。 甘くてみずみずしくて美味しかったです。 会長がインスタントラーメン!? 普段御自宅で出されている食材や道場で緒方が 手間と気持ちを込めて作ってくれる料理を考えると 凄いギャップですね(笑) ただ一時的な事なのかも知れませんが、 ジャンクフードが食べれてしまっているのは 違和感と言うか、ちょっと心配ですね。
(シャボ)

緒方さんの料理や、しげるさんの差し入れと比べると、 侘しい感じがします。ぼくは、会長のことを言えませんが…。 宇佐美さん、今年も美味しくいただきました。
(ナルコ)

インスタントラーメン、 以前に、もしかしたら、あれなら食べられるかも、 とおっしゃっていたのと、同じシリーズのものでした。 当時、お話を聞いた後、自分も食べてみたのですが、 確かに、これなら、もしかすると少しなら会長も食べられるかも、 と思った覚えがあります。 それにしても、こんなに食べられるとは予想外です(笑) きっと、心身には、宇佐美さんのトウモロコシの方がいいですね!
(緒方)

■2021年6月23日(水) Vol.6684

嫌んなっちまうよなー。
昨年、杖を頂いて、 今年はとうとう車イスだってさぁ。
いつも一緒にいる者達が選んでくれたんで、 間違いなし。
俺もとうとう本格的な高齢の老人に突入したことを、 証明される。
日常は確かにそんな具合ながら、 不自由さを受け止めているが、 道場に来て、さて動くかと、 重い腰をヨッコラショっと持ち上げて、 ヨボヨボ歩きで動く場に立つと、 瞬間、間を入れて、仙人のような動きをこなし、 自由自在の自分を感じれる。
この「ギャップ」が楽しいんですよね。
雷雨を落としたり、 無刀取りもあるね(笑)

         雀鬼




少しでも楽になれたらとは思いますが、 介護が必要というよりゴッドファーザー的なイメージですね。 車椅子に乗られても、杖をつかれた状況でも、 倒されるのは道場生の方です。
(恒)

杖や車椅子を使われている高齢者のご老人が 瞬時に捌きや感覚の動きで 相手を転がしたり吹っ飛ばしたりしたら凄いギャップですよね。 でもそんな事が実際にあるんです(笑)
(シャボ)

普段は歩くことさえ億劫な一方、 放課後になれば相撲でも何でも道場生は手も足も出ません。 このギャップは面白いです。 世間の人は信じられないでしょうが、 僕達は会長だからと納得してます(笑)
(哲)

感覚の仲まの皆さん、やっぱりうらやましいですね。 会長とは逆に、普段動けるのに動けなくなってしまう。 もちろん、見ていても仕組みは分かりません。
(ナルコ)

いまだに新しい捌きを生み出し続けている会長ですが、 時には、車いすあった方がいいかなーのタイミングもあり、 また、時には6人がかり相手にしても、 触れる必要もなかったりと、一体何なんでしょうね? つくづく、ここだけのこと、会長だけのこと、だなぁと思います(笑)
(緒方)

■2021年6月20日(日)その2 Vol.6683

上田さんのお父様のおっしゃる通り、 俺も、子供の頃、母親の姿を見て、 麻雀を打つ父親に、この世に麻雀がなければと、 けっこう強く思っていた。
それが逆に出て、 半世紀、麻雀と付き合っちまっているが、 どこかで、いまだに麻雀を否定する部分があって、 少しでも良い麻雀はないものかと、 苦節の道を歩いています。
否定する中に、 何か少しでも良いことが見つかる、 という観念もあります。
さて、麻雀を弁解するわけじゃないですが、
「企み(たくらみ)の業」
と書いて、企業という。 これも字のごとく、だと思う。
小さい悪さは悪行だが、 国や政府とか大企業やる悪さは、 悪魔の成す業だと思いますよ。
上海も金が出たり、入ったり、 狂おしいもんですよ。
香港もかつてはイギリスと、 麻薬戦争やってたしね。
良し悪しって、本質のところ、 難しいもんです。
俺は、いまだに、
「我、悪党なり」
という稿を書いています。
コロナ禍の中で、 ストレスに気をつけましょうね。
お互いに・・・・。

         雀鬼




いろいろと制限されているのに実施されるオリンピック、 一部の者の都合で振り回されている事を感じます。 小学生でも疑問に思う世の中、 おかしくなる人は身近にもいますし、要注意なんだと思います。
(恒)

上田さんもこんなタイミングで海外にいらっしゃって、 僕らの想像を越える大変さがあるのだと思います。 僕らも、ただ生活しているだけで、 国や大企業の影響は確実にあります。 そんな中で、僕らは、会長と仲間たちと、 この小さい道場に身を寄せ合って、お互い守り守られているのですね。 僕らも気をつけなければと思います。
(緒方)

■2021年6月20日(日) Vol.6682

今日は月例会並びに父の日、 振り返ると、今年の俺は、 初めて父親らしくなかったかも知れない。
大阪の山田一族に、 とも子親子も珍しく、 髪の毛が揺れて、薄化粧もして、 きれいになって現れてくれた。
飯も、又まぐろ兄弟のまぐろや、 大阪の料理人宮本の俺が好む煮物。 恒大将の奥方からはお花、 上田さんからも贈り物が届く。
道場生からは、作務衣や年齢並の車イスのプレゼント。 大阪からも、食事用品ももらう。
物もありがたかったが、 心ある者に囲まれて、 バカやっているのが嬉しい。
他にも色々な頂き物、 俺、こんなに頂くほどのことは、 今はやっちゃいない(笑)
昨晩、感覚の仲まで所属なしだった深山に、 枯れ葉づくりしてやったら、 当たりが強いこと、強いこと、 人間伴も瞬間に吹っ飛ばしていたが、 兄貴分の枯れ葉の達人のシャボには、 逆に飛ばされていた。
月例会は、その兄貴分のシャボが優勝。 深山が3位に入る。
相撲の方は、シャボが56人斬り、 恒大将と、熊も5人斬りして、 ポイントを上げていた。
ママチームのパパと牧野は、やる気がない。 怖がりなんで、全敗だった。
色々あって、楽しかったが、 老体には厳しい!!

         雀鬼




父親らしくないとありますが、 何度も温かく、守って貰ったと思います。 そして何でそんな事がと、楽しい時間を過ごさせて貰いました。 父の日、おめでとうも、有難うも無かったですね。 何人かは、心から感じていると思います。
(恒)

会長と道場生にとって特別な日。 大横綱のシャボさんが優勝し、 枯れ葉の弟分になった深山さんも入賞して、花をそえました。 様々な変化があっても、山田マネージャーと高槻の皆さん、 とも子さん親子、心ある皆さんからの差し入れ、 ありがたく感じました。 これからも、良い縁が続いてほしいと思います。
(ナルコ)

父の日に参加させて頂きありがとうございました。 感覚の仲まや本部で行なっていることを 沢山見せて頂くだけで無く、 体感させて頂くことまで出来て楽しかったです。 やはり、皆んなで集まって笑えることの 大切さとありがたさを深く感じました。 これからも、仲間を大切にする心を忘れずにいます。 会長、本部の皆様、今回もありがとうございました。
高槻塾 齊藤 成良

会長が見守っていて下さるからこそ 自分達も悪い方に流されず、 皆でバカやったりして笑ったりできますし、 不思議な体験をさせて頂いたりと 貴重な日々を過ごさせて頂き、 その上マグロ兄弟のお二人や上田さんといった 心ある方々にも心を寄せて頂きありがたいです。 自分達も道場生として気持ちと行動で 会長に楽しんで頂いたり、喜んで頂けるよう お返ししていけたらと思います。
(シャボ)

いつ何時でも、見守ってくださって 手を添えてくださってる会長の元で、 今年も心ある仲間達で 父の日をさせていただけたかなと思います。 このつながりを感じられてありがたいですし、 大切にしていけたらと思います。 枯れ葉にならせていただきました! まだ少し硬さがあるかなぁと感じますが、 この不思議で楽しい感覚がどう変化するか楽しみです。
(深山)

■2021年6月19日(土) Vol.6681

今日は寒いっていうか、 冷えを感じ、当然、暖房。 五枚も着て、道場へ。
オールTシャツ一丁。 ていうことは、俺一人おかしいんだね(笑)
Tシャツ送るよ・・・・・、 早矢香から、旦那様の写真が届く。
スポーツ関係者の割に、 けっこう普通の可愛らしい人。 早矢香、それらしい写真を選んで送って来たな。
写真だけだと、健やかな学生さんに見える。 言い過ぎか(笑)
俺は呼ばれる関係じゃないが、 日にちを覚えるのが苦手な俺だが、 先日話した時、2人して、 3人のお子に恵まれたらいいね。
11月が夫婦2人、3日がお子が3人、 ていうことで覚えちまったよ。 そうなったら、吉日だよなー。
ダンナを立てて、二歩後ろに歩けよ。
娘の結婚式を思い出しちゃった。 あの時、大阪から駆けつけてくれた早矢香が、 他のゲストを越えて、一番人気だったけな。
こんな所に、プライベートなこと書いちゃって、 ごめんなー。

         雀鬼




旦那様も試合の時は、 ごっつい表情に変わったりするんでしょうか。 年齢の事もありますし、 まとめて3人の子供っていうのも面白そうです。
(恒)

二歩後ろからでも、早矢香さんの声と元気なら、 ダンナさんより目立ちそうですね(笑)。
(ナルコ)

卓球の鬼、鬼っ娘と言われた早矢香さんの旦那さんは 赤鬼か?青鬼か?はたまた閻魔大王か? と思っていたら若くて優しそうな方で良かったです(笑)
(シャボ)

私のことを書いてくださりありがとうございます!! 会長さすがです!! 写真を選ぶのに数分かかりました(笑) 最近日常生活の中で、彼の考えてることを言い当てると 「恐るべし雀鬼会!!」と言ってきます(爆笑) 会長と皆さんのコメントを見て2人でゲラゲラ笑いました! 旦那を立てて、静かに二歩後ろを歩く! 必要がありますね、ナルコさん!!(笑) お子が3人!!私の体力が持つか問題ですね。 最近SNSのコメントや、両親の知り合いから ご懐妊ですか?と言われることがありますが… ご懐妊しておりません!!(T_T) そう言われるってことは太ったということですよね… ショック!!!(泣)
(早矢香)

■2021年6月16日(水)その3 Vol.6680

20日の日曜、カレンダーに、 父の日、月例会とある。
大阪の山田英樹も、 また貫禄をふかして来てくれる。
私ごとだったが、 誕生日より父の日を好んでいた。
毎年、その日、道場や家庭で オヤジらしくやれたな、と振り返る。
もし、今、鬱に入っている ご近所組が姿を見せなかったら、 もうオジャンだよな。
ありがたい者達の中で、 淋しさで足を引っ張られる。
もう
「地に還ろよ」
と。
俺の周りで口を開けば、 年を取るごとに、忙しい、忙しいと、 自分の存在感や社会の必要性を ほざく輩もいるが、俺なんか真逆。
暇で、暇で、 やることもない宇佐美も一緒か。
そんな中、外国人向けの日本語の試験があって、 俺もその練習問題に出るんだってさあー。 経済や学問とは離れている俺にだよ。
ああ、暇だなー。

         雀鬼




鬱の人に、頑張れとか、 そういうことを言うのは良くないそうです。 でも、それは世間の話。いいかげん、顔を見せて下さい。
(ナルコ)

上手くいかない時は、基本に戻って修正したりしますが、 道場生の基本は道場に顔を出す事、 これは昔から変わりません。 ごちゃごちゃ考えるより、道場で馬鹿やってると、 いつの間にか解決したりします。
(恒)

父の日は僕らも楽しみです。 長男の山田Mにお会いできる日であり、 会長の親父らしさを改めて思うことが出来る日です。 そんな日に、寂しさで足を引っ張るなんて勘弁です。
(緒方)

■2021年6月16日(水)その2 Vol.6679

昨日は暑かったな。
ちょっと前まで暖房に頼っていたが、 今年初めて、短時間だけど、クーラーを入れた。
だが、今日は雨が降って、湿気が強いのか、 また暖房を入れちまった。
もう梅雨入りか。 今年は空梅雨っぽいかもな、と思えていた。 その分、もうすでに、熱中症が起きてんだろうなー。
人間不順、天候不順、 そっちに、みんなして進んでいる。

         雀鬼




極端な寒暖の差やゲリラ豪雨。 僕が子供の頃は、それほど無かったような気がします。 今の子供たちは、それが当たり前なんですね。 やはり、悪い影響があるのでしょうか。
(ナルコ)

朝晩は寒気を感じたりするので、 出掛ける時の服装に迷ったりします。 何だろうなって思うことが身の周りで起きたりしますが、 精神いかれているとしか思えない事が 世間で起きてたりするのをニュースで知ったりします。 そのわりに、くだらない事で盛り上がるテレビ番組、 すっきりしない事だらけな感じがします。
(恒)

人間不順、天候不順、 どっちも悪いのは人間ですね。 いやなものです。 熱中症には気をつけたいと思います。
(緒方)

■2021年6月16日(水) Vol.6678

昨日は、都心の診療所と真逆の 田舎の田園地帯に建つ病院へ。
前者は、ほとんど患者が居ず、 ホテルへ泊っての人間ドックがあるせいか、 スタッフばかりが目立つ。
そのスタッフも、 それなりに選ばれた仕事が出来る人達。
それと比べると、田舎の病院じゃ、 見習いみたいな人や、気づく人、 ダラダラしている人が、はっきりと分かれる。
都心の方は、血液検査もだいたい上手で、 近場のレストランで、 軽い食事とかコーヒーを飲んでたら、 すぐに検査の結果が出て、 トップクラスの先生が診察してくれる。
そこは短時間だが、ロマンスカーに乗って、 タクシーでホテルまで行く時間が面倒。 贅沢っていうか、我がままだよな。
田舎の病院は、車で40分余り。 診察の待合所には人が溢れている。
皆さん、中年以上の高齢者ばかり。 血液検査も、若い子がやると、 何度か針を刺される。
それからが長い。
車で一旦外へ出て、 休み処に寄って帰っても、まだ順番が来ない。 持っていった本、読みかけだったが、 一冊読んじまった。
診察結果は、どちらの先生も、
「いいんじゃないですか」
多分、週末に行う
「体捌き」
が、今んところ、 病の悪化を抑えてくれている気がする。 あれがなかったら、心身伴に、よかないと思える。
「体捌き」
は、救ってくれるんだよなー。

         雀鬼




会長のお身体の具合が悪化されていないのは何よりです。 自分達も会長と「体捌き」、 「感覚の遊び」で触れ合わせて頂き 色々な部分で救って頂いています。 道場生それぞれが会長にとって 良い薬となれるよう皆でやっていきたいですね。
(シャボ)

普通は都心の病院に憧れたりするんでしょうが、 お医者さんとのやりとりの話を伺うと、 田舎の方に魅力を感じます。 いつも患者さんが多い事も、何か理由がありそうですし。 体捌きから感覚の遊び、体感すると、 素になって笑ってたりします。 見ている側も楽しめたりしますし、 参加している道場生は精神的に救われてます。
(恒)

こういう面でも、ほんとに感覚の仲まは貴重ですね! 捌かれて、固まって、いちゃいちゃして、 会長のお体を保たせてくださって、 誰にでもは務まらないだけに、ありがたいです。 でも都心への移動時間と、 田舎の待ち時間だけは、しょうがないですね。 田舎の方の先生のお人柄もあるのだと思います。
(緒方)

■2021年6月13日(日) Vol.6677

今、道場には、2つの勝負がある。
一つは、雀卓の上の勝負。 余りにも、恒さんが苦しんでいたんで、始まった企画。
その場、その時の状況で、 何をすべきかが分からない者が多過ぎていた。
かつて52連敗の記録を作ったナルコ、 少しずつだが、何かに気づき始めている。
今や看板も変って、恒さん・ナルコ場所。 この2人は、実力はともかく、鉄人扱い。
鬱とか被害者意識で、くしの歯が抜ける。 これじゃ、乱れた髪は整わない。
そんな一人に、何気なく電話を入れると、
「週末に顔を出します」
これって、男同士の約束かな。 それをも破っちまっちゃなー。
鉄人2人が、ついに上位2名を示す。 ある意味、この2人のマネは、高齢者には到底無理。 凄いなーと、行動や継続を見ているだけ。
生れはガマだが、 人間のふりをしながら生きている生物もいるが、 シャボや深山、橋本、しげるちゃんのような 良い心を持った子達が居ることで、 俺もまだ一日一日を過ごせている。
当然、立場は、俺の方が上の席にいるが、 彼等の良き味には到底勝てない(笑)
この頃、寝るにしろ、食べるにしろ、 緒方の世話ばっかだ!!

         雀鬼




ナルコの変化、麻雀以外でも、 出来る事を探すようになったと思います。 感覚の遊びも楽しそうな表情が出来ると良いですね。 その近くで、悪い変化、声は届かないかも知れないですが、 せめて人に迷惑かけない事を考えて行動して欲しいです。 最近、勉強は県内で最低、 仕事を全く続けられなかった同居人を思い出します。 世間的には認められなくても、 道場や仲間には誠実だったように思います。
(恒)

道場を支える先輩方には、 それぞれの味があり、信頼関係があります。 到底まねできるものではありません。 それでもきっと、僕にも出来る方法があるのだと思います。 まだまだ、分からないことや 出来ないことがたくさんありますが…。
(ナルコ)

しげるさんと深山さんは間違いないですが、 自分とシャボさんは怪しいですね、特にシャボさんは(笑) いや、でも、シャボさんの笑顔を思い出すと、やっぱり、 シャボさん、いい子だね〜
(橋本)

永井さん、ナルコの行動はまさに鉄人、真似できません。 そしてサブマネがおっしゃる通り しげるさん、深山は間違いないですが、 自分は怪しいですね〜(笑) サブマネも怪し…いやいや、やっぱり楽しいよね〜、 コロコロ、コロコロ、楽しいよね〜(笑)
(シャボ)

両鉄人の行動には、とてもかないませんし、 良い心を持った方々のようなお薬にもなれてませんが、 自分でもお役に立てる部分があって、良かったです。 そういう部分があるのも、ありがたいです。 あの人も、男同士の約束を破ってしまっては、さすがに・・・。 自分のことを、少しでも置いておければ、 それぞれに、きっと、何か出来ることはあると思うのですが・・・。
(緒方)

■2021年6月12日(土)その4 Vol.6676

一週間先に、セブンイレブンに並ぶ ボックスが届いている。
右に、東大卒、大蔵省入省、 エール大学、経済博士号、 エリート街道まっしぐらの現・一橋大学名誉教授と、 業績を積み重ねられた方、社会的横綱クラス。
一方の左側は、 業績ゼロのふんどし担ぎ。
これじゃ、相手にならない(笑)
読者だって、右側の本に手を伸ばすが、 俺の方は、
「何じゃ、こりゃ」
プレジデントの出版社の人の 嫌がらせとしか見て取れない。
並べられる先生からも、 苦情が入るんじゃねえの。
何一つとっても、勝てる部分がない。 世界チャンピオン対ビギナーの試合じゃ、 観る人もいないよな(笑)

         雀鬼




ぱっと見で、右側の本は選びません。 肩書き見たら…尚更選びません!
(恒)

会長は誰とも比べられないので、 肩書きのある人でも、だから何よって感じだと思います。 道場生なら左側に手が伸びると思いますが、 世の中の人がどちらに手が伸びるか、興味があります。
(しげる)

この組合せの異和感、すごいですね。 道場生なら、みんな感じてるとは思いますが、 一般の方からだと、そうでもないのかなぁ。 自分的にな、無しな感じなんだけどなぁ。
(緒方)

■2021年6月12日(土)その3 Vol.6675

ただ見ていると簡単そうに見える
「体捌き」
が、何故か、少し出来る者と、 全く感覚が起きない者もいる。
いくら自分が望んでも、 出来ないものは出来ない。
枯れ葉のシャボ、風の子の橋本、 雲の兄弟の恒としげるの中に、哲も入いれた。 深山と百武も、どこかに属している。
七人揃ったところで、 稲妻をピカリと落としてみるか。 2m四方の中にね。
狭い中での動き、 さて、どういう型になるんかなー。
7人なら、46分費やさずに、 36分以内で動けるかもなー。
知識を捨てて、心から伝え合えれば、 そこに
「起きる」
だけ。

         雀鬼




感覚の仲まも大所帯になってきました。 次は誰が出てくるか楽しみです。 転がされるときでも何かが伝わってくる感覚があります。 やってもらう人によって伝わってくるものに個性があり、 そこが面白いです。
(百武)

いい年の大人が、猿みたいな顔してますね(笑) 哲が身を任せて、心から楽しめたら、 新しい味が加わってくれるんだと思います。
(恒)

前回までは5人が一斉に転がされ 40分以上もくっついたまんまだったのが、 今回は哲が加わったことで変化が起きて、 哲、しげるさん、永井さんが先に動けるようになり、 サブマネ、深山、自分は やっぱり最後までイチャイチャくっついていましたね(笑) 自分も枯れ葉にはなることができても いまだに雲や風になることができません。 枯れ葉になれているだけでもありがたいことですが、 相手への気持ちの持ち方や今の感覚を大切にして、 雲や風の感覚を少しでも持てるようになっていきたいです。
(シャボ)

会長に触れてもらい、体捌きを体験したことはありますが、 見るのとやるのでは大違いです。 自分がいかに知識や固定観念にとらわれているのか、 分かるような気がします。
(ナルコ)

■2021年6月12日(土)その2 Vol.6674

オリンピックやるんかなー。
やるなら、関東方面の人達は、 皆して会場を満杯にしちゃえばいい。
バッハとか政府や関係者の上の人達のためじゃなく、 選手のためにやればいい。 俺もマスクもせずに行っちまおうかな。 後のことは放っといて、出たとこ勝負でね。
JOCの経理部長が、 これからという時に自殺しちまったらしい。
そりゃそうだ、 お金の動きが表に出たら怖いもんなー。

         雀鬼




真面目な人ほど、 耐えられない事情があるんじゃないかと、 想像してしまいます。 感染に怯えながらのオリンピック、 このままやっても、選手側にも良い物が残らない気がします。
(恒)

ニュースなどで見る オリンピック委員会の偉い人達は、本当に嫌ですね。 表でこれだから、裏側は…。考えたくもないです。
(ナルコ)

金や、権力、国威から離れた、 純粋なスポーツイベントにはならないものなんでしょうか。 問題問題問題ばかり。追い詰められた方が・・・。 平和の祭典なんて、名ばかりなこと、 みんな分かってますからね。
(緒方)

■2021年6月12日(土) Vol.6673

Tシャツの一般申し込みが始まって、 毎度ながら、一方、一方、応援や励ましや、 温かいコメントも頂いている。
夏が来るせいか、
「この世を生きるための泳ぎ方」
うんぬん、とあった。
確かに、今日日、この社会を 自力で泳いでいる方は稀だろう。
制度や仕組み等が覆い被さっていて、 その中を泳げや、と指示されているから、 泳いでいるというより、 泳がされているのが、現状ですよね。
泳げという水も汚れていて、 混乱して波の水を飲むと、 ストレスや鬱症状になっちまう。
大人はともかく、小中学生にも、 そういう症状が増えているらしい。

         雀鬼




Tシャツのお申込み、お一人、お一人の方から、 お気持ちを感じさせて頂いております。 Tシャツを通したご縁、ありがたいですし、 世間が汚れた水を泳がせようとする中、 道場にいれることのありがたさを、なおさら強く感じます。 子供たちにまで、泥水を飲ませることになっている現状、 明らかにおかしいし、可哀そうです。
(緒方)

■2021年6月9日(水) Vol.6672

笑顔がハンパじゃなくいい哲ちゃんに、 大将の恒さんから、 感覚の仲ま入りの合格通達があった。 久方ぶりの仲間が一人加わってくれた。
恒大将、気づいたら、 ご近所組が誰も居ないという。 淋しいやね。
俺も、ずーと世話になった、 ドライバーのウータンが姿を見せないと淋しい。 早く帰って来てよ。 コロナ禍じゃ、怖いかあー(笑)

関西の大企業の秘書の方から、 新しいTシャツ、どさっと申し込みがあった。 社長殿の後ろ盾があってこそ、深謝。
イラストの画を心を込めて描いてくれた、 亜夢ちゃんとも電話で話す。
ハンガーに掛けて飾ってある、 Tシャツを眺めているらしい。
亜夢ちゃん曰く、
「この画が私の最高傑作です」
ありがたいよな。
俺はさあ、出版物は沢山出させて頂いたが、 文字は動いてしまうが、 画は、そのまんまで、じっと動かないって、 ステキだよね。
プロの目からすると、その画すらも、 その日、その時で、何かの発見があるという。
「色づけも8色あるって凄いですよ」
確かに。

         雀鬼




遂に感覚の仲ま入り!嬉しい限りです。 あの感覚の遊びに自分も加われるのかと思うとワクワクするし ニヤけてしまいますね(笑) 退院したと思ったらまた姿を見せなくなったウータン、 早く戻って下さーい。皆待ってますよ。
(哲)

自分の力不足を感じ、嫌な感情が沸いたりするのですが、 哲ちゃんに救われました。 大変な時に側に居てくれる者が大切、 頭で考えるより、近くの現実に回答があるもんですね。 Tシャツの大量注文、社長の指示ではなく、 秘書の方に心が伝わって起きた事なんだと思います。 こんな繋がり、大企業では、 なかなか起きないのではないでしょうか。
(恒)

哲さんが感覚の仲ま入り!おめでとうございます! 後に続きたい気持ちは山々なのですが、 哲さんや皆さんのような、 自然に湧いてくるいい笑顔が出てきません。 仙人Tシャツにふさわしい道場生になりたいです。
(ナルコ)

「感覚の仲ま」に哲が加わってくれました。 哲はやっぱり笑顔がいいですよね。 雲や枯れ葉など一通りの感覚を持てているのが凄いです。 哲には哲の味があって面白いです。 亜夢先生が心をこめて描いてくれた絵が 道場を鮮やかにしてくれています。 会長の文字で気を引き締めて、 亜夢先生の絵のように 明るく楽しく元気にやっていきたいですね。 そしてウータン、冬眠には早すぎますよ〜(笑)
(シャボ)

最近のいつも一人で自転車置き場に向かう、 永井さんの背中がなんとも言えません。 大企業の秘書様のお申し込みからは、 社長様や周りの方々のお気持ちも伝わってきまして、 ありがたい限りです。 Tシャツの8色使いは、ほんとに贅沢な作り方で、 普通はやらないようなやり方なんですが、 みんなが喜んで下さるのはもちろん、 先生の最高傑作となるなんて、 一連の流れを思い返しても、本当に良かったと思えます。
(緒方)

■2021年6月6日(日)その2 Vol.6671

点と線では、物足りない。 自論だが、円の感覚を期す。
円なら、丸くつながっている。 大円でなくてもいい。 小っこい円でも、 良縁でつながりを感じれればいい。
麻雀も四角の卓を、 丸く円のように打ち回したり、 円には角がないんで、 思ったように言葉を発し、行動も伴う。
気持ちがくすぶっている者を見ると、 がくりと来ちまう。
少しの勇気と素直さを加えて、 円の中に入って来いよ、と思っちまう。
今は、うつが増加している。 そこは、自分だけの世界。
存在をもってして、勝手じゃなくて、 自由に一歩、歩きたい。
この年齢になると、 命に余り執着はないんだが、 道場は、何人かの枠で、円を作っている。 それが俺の生きがいとなる。
先日の夜思ったんだが、 道場も33年を過ぎた。
「円は360度だ」
っていうことは、 後、3年経って、360度の円となれる。
もう一、二年でいいや、と思っていたが、 円で締めるには、残り3年がある。
どうにか、みんなして、 そこまで辿り着ければ、御の字である、 と思っちまった。
俺一人で行ってもつまんねえ。 やはり愉快な心ある仲間と、 そこまでたどり着きたい、と思っちまった。
先日の夜に思ったこと、 ただそれだけ・・・・・。

         雀鬼




ひとりの世界は楽ですが、寂しさを感じた事あります。 人を思って行動した方が、 いつも以上の力が出たりしますし、 自分の事に囚われずに済んで、気持ちは楽な気もします。 写真は心を感じる仲間、様々な味を持っていて、 麻雀弱くても、相撲弱くても、感覚がなくても、 自分を後回しにして、 道場を心一つで盛り上げてくれたりします。 写真の表情も様々、大変な事があっても、 それ以上の楽しみ、感動があるんで、 終わりは考えずに続けさせて貰いたいです。
(恒)

自分だけの世界に入って、 それは楽なのかもしれませんが、楽しくはないと思います。 道場にも隠れたり引きこもっている人がいますが、 一歩踏み出して円の中に加わってほしいです。
(哲)

小さくても円になって笑って行きたいです。 皆で重なって痛かったり、 苦しかっりすることもありますが、 仲間がいるからつながりが生まれます。
(BIG)

笑いと仲間の輪が、一人、また一人と増えていったら、 みんな嬉しいと思います。 感覚の仲まがもっと増えて、会長を円く囲んで、 一斉に投げられたりしたら、面白そうですね。
(ナルコ)

写真いいですね〜 それぞれ違う仲間で繋がって、円になって共に笑い合える。 やっぱここにしかない大切なものだなと感じます。
(深山)

36年で360度の円になる。 動きに限らず色々な所に 円の感覚をお持ちの会長ならではのお考えだと思います。 誰でも良い時悪い時はあると思いますが、 道場に居れば変化のきっかけがあるはずです、 どう行動するかは自分次第ですが、 やっぱり道場では皆と楽しみ、笑っていたいです。 会長や仲間とのご縁を大切に、 皆で写真のような日々を過ごしていけるようやってきたいですね。
(シャボ)

■2021年6月6日(日) Vol.6670

昨晩は、緒方が、体を痛めてるのに、 何時間もかけて、イカソーメン、 ホッキ貝、ウマヅラのお刺身でメシ。 旨くって、お代わりしちゃった。
それを感じたのか、あのマグロ兄弟から、 何かがある訳でもないのに、 またマグロをどっさりと送ってくれた。
Tシャツの絵を画いてくれた、 亜夢さんにも、おすそ分け。
俺、この頃、牛肉がダメで、 いいとこ鳥肉を少々。
魚と野菜が多いですかね。 あと、麺ね(笑)

昨晩も、やっぱし、枯れ葉のシャボが強くって、 54人も斬った。
敵なしだったシャボも、 風の子の橋本と雲の子のしげるちゃんには、 マジ、手こずっている。
個人相撲が終って、 感覚の仲ま達と遊ばしてもらう。
恒大将と深山も加わって、 5人がかりでハッケヨイ。 それは飛ばされるよな(笑)
シャボ、深山、橋本が下になって、 上に、雲の子しげるちゃんと恒さんが 乗っかっている型が出来る。
しげるちゃんだけは早目に動き出したが、 どこか体の一部がくっついちまった仲良しの4人が、 また46分動けず床の上。
仲良しなんだから、くっつくのはいいんだが、 なんで男同士が46分もはがれずに居るんだか(笑)
決していやらしい関係じゃないが、 46分動けないって、つらいよな(笑)
状況、意味不明の現実の場があった。

         雀鬼




今回のマグロは、スタッフの感謝の行動に対するお礼との事、 感謝が返しきらない…粋な方には敵いませんね。 お裾分け頂き、ご馳走さまでした。 感覚の仲までの遊び、自分は背中側でくっついて、 どんな状況か、さっぱり判らない感じでしたが、 剥がされた後に見たサブマネとシャボさんは、 アベックがいちゃついているようでした(笑)
(恒)

見返りを求めるでもなく、気持ちで、 いつもマグロを送ってくださる兄弟、かっこいいです! 自分達もご相伴に与り、ありがとうございました。 感覚の繋がり、先日は自分は正直少し辛かったです笑。 でも、くっついてしまう、 繋がってしまうのが不思議で面白いんです!
(深山)

見せつけちゃって、すみません(笑) あの味をマグロ兄弟にも味わってほしいな〜
(橋本)

今回のマグロ兄弟には、逆に申し訳なさもありましたが、 兄弟の粋な心意気がたっぷりつまったマグロを、 会長がたくさん召し上がって下さる姿に、 ありがたい気持ちになりました。 男同士でのくっつきっこ、別荘に行く車の中で、 お孫さんとそんなごっこ遊びをやったことをふと思い出しました。 マグロ兄弟が混じったら、また面白いでしょうね!
(緒方)

会長や仲間との繋がり、そしてマグロ兄弟のお二人とも 繋がりを持たせて頂けてありがたいです。 粋なお二人の活きなマグロ、ごちそうさまでした。 今回は汗だくの自分がサブマネの足の上に乗ってしまい ズボンをびしょびしょにしてしまい、 すみませんでした。 サブマネもお分かりだと思いますが、 動きたくても動けないのです。 お許しください(笑)
(シャボ)

■2021年6月5日(土)その3 Vol.6669

餃子ったら、その店、 半世紀も通った新宿の大陸さんの餃子。 初代の頃から通って、今や三代目。
熱々の蒸し餃子を、 若い頃は、40個ぐらい食べれたが、 今じゃ、新宿駅から歩いて、 靖国通りまで歩けない。
それなのに、しげるちゃんが、 今回は餃子じゃないが、 同じように俺が好んだラーメンったら、 新宿の桂花のターローメンを、 重いのに、20人前も買って来てくれた。
外へ出るっていうか、歩くのがダメな俺は、 先日の3ヶ月に1回の都心のホテルの診療所に、 通院するだけで、足がつっちまう。
かつて骨を折ったまんま、 病院の、手術ですね、の判断をすっぽかし、 そのまんまにしちまった左足のかかと、 そのバチが歩けなくしちまっている。

         雀鬼




自分も10人前ぐらいは買ってきた事ありますが、 持ち歩いて電車に乗ったりするのは結構大変です。 非力な方のしげる君の買ってきた姿に頭が下がりますし、 道場では緒方君が美味しく調理してくれるので、 お店で食べたいとは思わなくなってます。 ちょっと味比べはしてみたいですが。
(恒)

しげるさん、紙袋二つを置いたと思ったら、 リュックから、桂花、桂花、桂花、 ターロー、ターロー、ターローと、 次々に取り出されました。 特に新宿に用事があるわけでもなく、 しげるさんにとっては、行くだけでも大変なのに、さらには大荷物。 同じ桂花でも、しげるさんの桂花は特においしく感じます。
(緒方)

足の骨が折れても、しゃらくせいやですませてしまう会長。 他の人の怪我なら病院に連れて行かれると思いますが、 自分のことだと後まわしかほったらかし。 強さの度合いが違います。
(しげる)

しげるさんの、会長やみんなに対する気持ちを、 僕は感じられているのだろうか、と思います。 ろくにお返しも出来ず、申し訳ないですが、 運動部長からのちゃんこだと思って、 美味しくいただいています。 大きなケガをしたら病院に…、というのも、 固定観念なのかもしれないですね。 医者がいない時代は、自分でなんとかしていたわけですから。
(ナルコ)

■2021年6月5日(土)その2 Vol.6668

出版界も大変らしい。 そんな中、プレジデント社からの ムック本が10冊届いていた。
懲りずに又、運をテーマにした本。 この本は、6月21日に、 全国のセブンイレブンで発売されるらしい。
142ページの小さくて薄い本、 まるで今の俺みたいだよな(笑)
この本のことは忘れていたが、 俺も、ちったあ仕事してんのかなー。
俺、この頃、気づくと、スタッフや道場生を
「さん」
付けで呼んでいる。
ちょっと前までは、全て呼びつけで、生意気だったが、 今は、何人か、この人々、俺より全然凄いよな、 という気持が自然に起きて、下から入る。
別に、いい人ぶりっこや謙虚さなんていう気持は、 これっぽっちもねえんですがね。
多分、己が弱くなったことで、 そうさせてるのかも知れないね(笑)

         雀鬼




会長は、お仕事が入ってる時は、 ちょこちょこされています。 そういうのがない時の会長のお仕事は、 遊びやイタズラですね! 会長の「さん」付けには、 相手への自然にそうなる気持ちを感じます。
(緒方)

会長が「さん」づけする道場生の皆さんは、 頼れる、見本になる人たち。 気づきや行動、大きな差がありますが、 一歩でも近づきたいです。
(ナルコ)

■2021年6月5日(土) Vol.6667

俺も、かつては、 東南アジアのあちこちを旅した。 女性が好むバリ島にも何度か行った。
そこで、当地の人にエステの達人というか、 トップの人が居るんで、行ってみませんか、 と誘われ、渋々出掛けた。
多くの人達が、そこで学んでいる。
広い敷地の中、特別な部屋に通され、 その先生が自ら手を添えてくれたが、 ご感想は、と案内人に問われ、
「なんも感じなかったよ」
と答えた。
先入観や固定観念なしで、 ふれてもらった。
俺と先生の相性が悪かったのか、 俺が鈍感だったのかもね。

         雀鬼




今日は会長に触れて頂き、 感覚の世界を体験させて頂きました。 不思議だけど、楽しくて笑ってしまいます。 仲間とのつながりから生まれる体験、 大切にしていきたいです。
(BIG)

今日は、BIGが会長に手を添えて貰って雲体験。 大きな体で優しい感じを出してました。 息をかけただけで倒れてしまう、 一般的に理解は出来ないでしょうが、 道場で起きる不思議な事実です。
(恒)

自分は先入観、固定観念、思い込みなどがある方だと思うので、 もっと柔軟性を持たなければと思いますし、 情報に左右されたりせず 自分が体験し肌で感じたことを大切にして 色々と判断できるようにならなければと思います。 そして会長が鈍感だったということはないと思います(笑)
(シャボ)

■2021年5月30日(日) Vol.6666

やっと5月も終わりか。
コロナ株とかオリンピックの問題が起きても、 何一つ解決出来ず、ゴチャゴチャしている。
今の政府の党首も誰だか分かんねえが、 どうも他の大国から相手にされてない方に向かっている。
コロナの株も投資株と一緒で、日々変化している。
日本なんて文化国を謳っているが、 自国からワクチンの開発も生まれてない。
日本の医療も、50年程前に、 天然痘のワクチンなどの予防接種後、 死亡や後遺症が社会問題となって、 国が臆病になっている。
医薬品の国内市場が10兆円もあって、 ワクチンには3%しか国が出してないのに、 国民の命が何より優先なんて、 どの口が吐けるんだよな。
政府が口利けど、 世界のワクチン業界から、 相手にされてない。
たいがいの業界のトップは、 大樹の木のもとに精神、 全く情けねえよな。
イチローが国民栄誉賞を何度か蹴った。 テニスの大阪さんが、コメントを出しません、 で、スポンサーや運営側から罰金を取られるという。
おかしいよな。
政府の関係者も業界の代表も、 しっかりとしたコメントも出さずして、 よく言えるよな。
事が起きて、200万とか、300万の方が、 被害にあうかも知れねえのに、 めんどくせえっていうか、 しゃらくせえやの一言が正論かも知んねえな。

         雀鬼




外国企業のワクチンを使う、というニュースを見たとき、 変だな、と思いました。 先進国といいながら、ワクチンは買うだけ、 というのはかっこ悪いですね。 大坂選手への処分、かなり重くなるかもしれません。 「会見に答えるのはプロの選手の責任」という話ですが…。 だったらメディアの側も、同じ質問を何度もしたり、 テニスと関係の無いことを聞いたり、 プロとしてふさわしくないことをするのはやめるべきだと思います。
(ナルコ)

国民の命を優先すると、 オリンピックをやる事になるのでしょうか。 自粛に耐えきれず無くなった店、 そこで働いてた方の生活は… 決して安心出来ない荒んだ世の中に 向かっているようにしか思えないです。
(恒)

6のゾロ目の記事がどうなるかと思っていましたが、 権力者やスポンサー、業界って奴らの悪が出ました。 大阪さんいじめには、 利害のつながりを優先する人間のいびつさを感じます。 そういったことを、よしとする風潮も以前より強くなり、 やはり、どんどん、おかしい方向に人間は向かっているようです。
(緒方)

■2021年5月29日(土) Vol.6665

マミちゃん、 先日の食パン二斤と、俺なんかに気を使って プレゼントしてくれたパイロットのペン、
「なんか、いい感じですね」
のメールが一般の方からあったよ。
マミちゃん、俺、予想してたけど、 あの晩から、恒大将とラブラブだったんだってね。
「よかったじゃん」
道場生達は、多分、最後のTシャツを着てくれている。
家へ出入りするHくんから、 仕事つながりの歯医者の親分達も付き合ってくれて、 緒方が届けたらしい。
外部一号組、男っ気、サンキュー。

         雀鬼




一般の方からの反応は意外でした。 家ではコントのようなやり取りが続いてますが、 少しマイルドになった感はあります。 写真の会長から頂いたズボン、道場で評判良かったのですが、 家では太って見えるとバッサリでした…
(恒)

外部の方々とは言っても、 会長とのご関係性があってこそのことで、 お気持ちでお付き合い下さりまして、ありがたい限りです。 最後かもしれないTシャツ、 一般の方へもどうか、ということで、 現在、前向きに動いております。 販売が正式に決まりましたら、HPでお知らせいたしますので、 気になっている皆様、楽しみに待たれている皆様、 どうぞ、もうしばらくお待ちくださいませ。
(緒方)

どこがいい感じだったのかな? 皆んなに、ポイポイされながら食べられた食パンかな?! それとも昔は入学祝いの定番だった万年筆かな?!
私が思うに、道場ノートに 会長さんからコメントを書いてもらえるのが 羨ましいのではないかと思うのですが…
何はともあれ、万年筆を使っていただけて良かったです。 それより、万年筆に対しての 高級過ぎるお返しにはビックリでしたけど(大汗)
ちなみに、ちっともラブラブじゃなかったですよ。 たまには優しくしてもらいたいぐらいです。 では、また遊びにうかがいますので、宜しくお願いします。
(麻美)

■2021年5月26日(水)その2 Vol.6664

万年筆と言えば、俺が若かりし頃は、 入学祝はたいがい万年筆だったっけ。
その後も大人になって、 海外の金のパーカーなんか頂いたが、 使わず、家のどこかに何本かある。
俺、33年、道場で原稿を書く時は、 同じメーカーの、 100円程度のボールペンを使っている。
道場ノートがあって、 みんなが思ったことを書く。
そこに赤字を入れてたのが、 始まりだったなー。

         雀鬼




万年筆を使ったことがありません。 普段もパソコンなど電子的なものばかりな状態です。 自分は、道場ノートも疎かにしてしまい、 心を手からペンに載せて書く、 それが今の自分には、大切なことだと感じています。
(小鉄)

僕は、入学祝いに何かを貰ったことは無かったような気がします。 家族や親戚とご飯を食べるとか、そんな感じでした。
(ナルコ)

道場のノート参加は、道場に通い始めの頃、 当時の師匠と交わした約束でした。 会長がどんな赤ペンを入れられるか楽しみでもあります。 いろいろな事がなくなっている中、 心ある方々のお蔭で、なんとか続けられてます。
(恒)

道場ノート、みんなの書いていること、会長の赤字で、 その時の現場のこと、気持ちを思い出せますし、 自分が変な方に行きそうな時は、 修正のきっかけになったり、 大切な方向性を直接間接に示してもらったりして、 助けられることもあります。 もちろん、何の意味もないなーっていう文もあったりしますが、 いいも悪いも含めて、まずは参加して、 そのままが出せればいいのかなと思います。 安いペンなんで、インクは気にせず、 みんなに参加して欲しいですね。
(緒方)

■2021年5月26日(水) Vol.6663

ウータンが、俺と同じ手術。 一日経ったんで、 もう痛みも楽になったろうと、 電話を入れるが、出ない。
少したって、メールで、 無事、終わりました、 今は大部屋に入って、水分OKです。
っていうことは、順調ですね。
俺の時は、コンペイ糖みたいな、 とげとげの黒い奴が出て、 病院側が、研究用に持っていって、 俺には、2個くれた。
石ではなく、ウニとか、 爆弾みたいだったっけ。
あくる日には、看護婦さんが、
「廊下をゆっくり、そーっと歩けますかね」
普段、歩けない俺が歩くのかよ(笑)
病室から、一気に飛び出して、 俺なりに、小走りで走っちまった。
病院でも、やっぱ、やん茶やっちまうんだね。
後ろから付き添う看護婦さんの、 ゆっくり、ゆっくりの声を無視して、 一等でゴールしちまった。
退屈な入院を一週間して、 道場に着いて、 深山達相手に、相撲を取っちまったもんな。
ウータン、気を落ち着けて、安静にね。 俺と逆だ(笑)
今、久し振りに、万年筆で、 この文を走らせている。 色は青じゃなくて、やっぱり、赤字。
先日、相変わらずの恒大将の奥方が、 久し振りに現れて、 来たとたん、
「さぁ、帰ろう」
の毎度のセリフ。
俺のところへは、一直線に来て、
「おいしい食パン食べてよ」
別に旨くも不味くもないパンを突っつき、 離れたシャボに投げて、一口。 食パンが道場中をボールのごとく回されている。
ああだ、こうだと、ぐずぐず言いながら、
「ラブレター読んでね」
と封筒を渡される。
恒を置いて帰った。
俺のテーブルの上に、 知らない小さい袋、 パイロットと書いてある。
奥様、早速、使いましたからね。(笑)

         雀鬼




歌田さん、さっそくひとっ走り…とは、いかないですよね(笑)。 いつか、自分の身にも起こることなんだな、と思います。 奥様の食パンを食べながら、みんなでキャッチボール。 小腹が空いていたので、ちょうどよかったです。
(ナルコ)

石がなくなり、不安も減ってくれたら良いのですが… 会長に反応しないのはウータンらしいですね。 家の者が、相変わらずな感じで申し訳ありません。 会長は握力がないから軽い物を探したそうです。 完全に外れている訳ではなく、 気持ちはあるようですが…2ヶ月遅れの記念品です。
(恒)

ウータンのことなので、 看護婦さんの前で走ったりはせず、 夜な夜な人目につかず何らかの作業はされていると思います(笑) 気を落ち着けて、安静にですよ(笑) 前は不味い饅頭やたんごを持ってきてくれましたが、 今回は皆で投げながら食べれる食パン、 奥様ごちそうさまでした(笑)
(シャボ)

ウータン、その後はどんな感じなんでしょうか? HPは読みづらいですか? おっと、書きやすそうな万年筆を発見しましたよ!
(緒方)

会長が退院された時は、 結果行けなかったですが ゴルフに挑戦されようとしたり、 相撲を取られたりと さすが会長だなぁと思ってましたが、 歌田さんは、安静にしていただければと思います。 会長には反応はしていただけるとありがたいですが笑
(深山)

■2021年5月22日(土) Vol.6662

やっと、みんなして、 新しいTシャツを着て来ている。
色合は何種もあるが、 人によって、似合う色ってあるんだね。
Tシャツも、 スポーティーに着こなす者は、 似合っている。
俺、数日前に、ふと思ったんだが、 亜夢ちゃんのイラストは、 前面だったら、どうだろう、 と遅ればせながら気づく。
昨年の夏に恒さんからもらった、 女子のアイドルが前面に描かれた 2枚のTシャツを、 寝る時に着てみたら、栄えた。
前面をパーッと明るく、 俺の自筆の
「捌き」
の毛筆を裏側、の方が渋く感じた。
それでも、座っている姿で、 画と文字が両方見えて、 明るさが増してたね。

         雀鬼




あのTシャツ、普段着られてたんですね(笑) 新Tシャツを着て入って来る道場生をみて、 どれも良いな〜って思ってしまいます。 デザインの表裏は、どちらも有りな気もしますが、 家の者から字が大き過ぎとか… この感覚の差は何なんでしょう。
(恒)

シャツを着る前に手にとって、 いいなー、と思って眺めていました。 その場にいた人で、後ろ前にして着てみたら、 全体の雰囲気が明るくなりました。
(ナルコ)

皆新Tシャツを着て一気に道場内が色鮮やかになりましたね。 会長がおっしゃるように 胸側と背中側のデザインを逆にした方が見た時に 前は明るく後ろは渋くてよりいい感じがします。 思い込みや固定観念で柔軟に考えられていなかったです。 でも特に今回の新しいTシャツはやっぱりいいですね(笑)
(シャボ)

前後逆、いいですね!! ふと思いついてもいいものを、 なんで気付かなかったのかなー。 会長、皆様、すみません。 それでも、今までで一番いいTシャツが出来ました!
(緒方)

■2021年5月19日(水)その2 Vol.6661

御二人で大変お忙しいでしょうが、 ご相談ですが、 俺の体がまだ動くうちにですね、 どこかの土曜日に彼と一緒に、 今、道場で起きている運動を越えた、 感覚の捌きでも見に、お寄り下さいませ。
この捌きを彼に解説してもらいたいんです。
みんなも俺も「不思議」しか、 答えが見つからないんでね。
緒方の食事つきですよ(笑)

         雀鬼




不思議以外に答えが見つかるのか? 運動の専門家の解説、見解が楽しみですね(笑)
(シャボ)

前回、いらした時に見た風と枯葉には、あんぐりされていましたが、 道場では、さらに色々なものが生まれています。 果たして、どう見られるのでしょうか? よろしければ、お食事付きでお待ちしております!
(緒方)

会長からのありがたいお言葉!! 何事も真に受ける平野は 早速計画を立てさせていただきます\(^o^)/ ただ解説は…きっとまた言葉がでてこないであろうと 想像しております…(笑)
平野早矢香

■2021年5月19日(水) Vol.6660

大相撲、左まわしを取って、 右に投げた照ノ富士、 対戦相手は今場所不調っていうか、 34才になって、体が動けなくなっていた妙義龍。
簡単に転がされた頭が足元にあったんで、 流れの中で軽く頭の上をこする。
そんな相撲を照ノ富士がマゲをつかんだと、 物言いがついて、失格扱い。
危ない場面が一度もない圧勝なのに、 全勝が一敗になっちまった。
相撲協会としたら、 大関4人の日本人から横綱を作りたいんだろうが、 その大関に、まだまだ力がついてない。 検査役が発表を間違えたり、ダメだね。
それに比べて、大リーガーの大谷君は、 バットを柔らかく振って、 飛ぶ角度を知って、 力みなく、ホームランを連打している。
コロナ禍の中のスポーツって、 命と比べて、そっちが大切なのかなー。
「政治とお金は、コインの裏表だからな」

         雀鬼




まげを掴んで引っ張った、とのことですが、 手が引っ掛かってしまっただけではないでしょうか。 手を添えたのは相手が崩れた後に見えました。 口頭で注意を与えれば十分ではないか、と思います。
(ナルコ)

これで反則を取るのでは、 相撲の内容や流れは全く見ていないのでしょうね。 おかしいですね。 そういえば、あっちの大金がかかった方は 日本が緊急事態宣言下でも、やるって言い始めましたね。 みんなに我慢させて、金儲けのスポーツはやると。 最低ですね。
(緒方)

大相撲、勝ちにされた方が内容的に負けを認めているのに… 最低な判定でしたね。 協会側、運営側の都合、オリンピックはやるのに、 何で運動会はやれないの? って声が子供から出ているそうです。 子供からみたら違和感だらけの世の中なんだと思います。
(恒)

■2021年5月16日(日)その3 Vol.6659

家では、ほとんど食わないが、 一人を狙って、少しだけの一人飯。 これじゃ、旨いわけねえやな。
今日は江戸前の寿司、 どれも活きが良くて、旨かった。
昨晩は緒方の上手な冷やし中華を、 よき仲間と囲んで食べ、少しお代わり。
緒方、32人前、そばをゆでた。 一人、大変だ。
これは口に出しちゃいけないが、 毎度、緒方の料理なら、 腹が空かない俺も食べれる。
早矢ちゃん、きみはたった二人前でしょ。 早く、5人前ぐらい作る食卓にしてね。

         雀鬼




普段ろくなものを食べていないので、 今では緒方の料理だけが、 料理食べている感じがします。 味は会長好みで、量は沢山。最高です。
(しげる)

緒方さんの作ってくれた冷やし中華、 自分が1番多く頂きました。 いつも美味しい料理ありがとうございます。 会長、本部のみなさんと一緒に食べることが出来て嬉しいです。
(高槻塾 氏本正逸)

会長、しげるさんに、そう言っていただけるのはありがたいです。 月例会の後のお寿司の活きの良さも、 きっと、金子さん効果ですね! 早矢香さんのとこの食卓が5人前になったら、 明るく楽しく、うるさいだろうな〜(笑)
(緒方)

■2021年5月16日(日)その2 Vol.6658

今日の月例会、 金子古参兵は麻雀ヘボなんで、 金子の分も同じ古参兵の俺が打っちゃった。
第二位に、恒&ナルコ場所の 両鉄人の一人のナルコが入り、 三位は運動部長で、麻雀も達者なしげるちゃん。
その下に感覚の仲まの深山、 そして、鉄人恒で締めてくれた。
やっている者が勝って欲しい、 それがピタリとハマって良かった、良かった。
その下に感覚の仲まのリーダー格のシャボ、 見習い生の百武が揃っていた。
いい感じで締まりましたね。

         雀鬼




オジキ効果、ばんざーい! オジキを筆頭に、ゴールデンウィークを 盛り上げてくれた仲間に応える結果で、良かったです。 ナルコが少しづつ変わって準優勝、 一緒に仕切ってくれたのは感覚の仲まの深山、百武、 存在感の変化を実感した1日でした。
(恒)

鉄人なんて、とんでもないです。 毎日来てはいますが、全体を見て、行動している 永井さんの大変さとは比べ物になりません。 麻雀の方も、見落とし、ミスはたくさんあるはずですし、 それでも、良いメンツの皆さんの中に混じれて、嬉しいです。
(ナルコ)

■2021年5月16日(日) Vol.6657

昨晩は、しげる運動部長からGоが出て、取り組む。
シャボ、欲求が溜まってたのか、 14人を2周続けて連続で抜く。
熊公なんて、瞬間、すっ飛ばされる。 その勢いが半端じゃない。
全員抜くと、俺と当たる。 あの勢いを間近に見ると、 小便もらしたいほど恐い。 でも、約束事なんで立ち合う。
その後、
「感覚の仲ま」
達を相手に遊ぶ。
これは楽チン。 俺、なんもしなくて済むからね。
その後、あの竹やり一本の 古参兵の金子登場。
先日やって来た、竹書房の、 弱っちいくせにスカしている
「マコト」
を相手にしたつもりで動き出す。
ゼンマイ仕掛けの金子くん、 最初は、ゆっくりだが、 自分でネジを巻くと誰も止められない。
自分で技の名前を吠えてから、 狙いがいい者に槍を刺す。
ジャンプしての肉弾攻撃、 あのウータンが、ビデオを取りながら、笑えている。
金子のゴマ塩オヤジしか出来ない場を、ずーと成す。 あれだけは、俺もマネが出来ない金子の味。
味が出せない他の者も、金子の根性を見習うべし。 男の子ならね(笑)
今日は月例会です。 存在感を作ってくれた者が 上位に入ればいいだけ。
頼むよ。

         雀鬼




次々に思い付くまま新技を繰り出すオジキ、 やらされている感もない所が素晴らしいです。 何であんな事思い付くんでしょう(笑) 女々しい奴、すかしている奴には喝! よろしくお願いいたします。
(恒)

今年の月例会は良い型で終わることが多い様な気がします。 来月もつなげればです。 今回の結果で、ナルコの感覚の仲ま入りの キッカケになってくれれば尚良しです。
(百武)

狙いを定める鋭い目や、 最後の締めの膝蹴りなど、 どれも面白くて、思い出すだけで笑ってしまいます。 人の味は、出そうと思って出せるものではないです。 僕の味は…、念仏を唱えるくらいです。
(ナルコ)

金子さんの体の張り方は凄かったです。 「尻で刺すー」ずっと記憶に残りそうです。
(高槻塾 氏本正逸)

欲求…溜まっていましたね(笑) 1週間空いてしまったので 動きや感覚が自分に戻ってしまっているのではないかと 不安もありましたが、 いつも通り会長に転がされたり 吹っ飛ばして頂いたりで一安心でした(笑) 金子のオジキ最高ですね。 皆もオジキ本人も楽しく元気になれるんですよね。 根性と気持ちの入った行動力、見習わなければですね。
(シャボ)

■2021年5月15日(土) Vol.6656

珍しく、昼飯を食っていた。 家電が鳴る。
家人が出る。 テンションが上がって、 明るい声で話している。
「今、前に居ますよ」
早矢香ちゃんだ、 とすぐ分かっていた。
「会長、お元気ですか。  どうしても声が聞きたくって・・・」
「元気だよ、大元気だ・・・」
少し嘘をついちまった(笑)
コロナだ、オリンピックだと、話が進む。
会長、わたし朝昼晩と、 2人分の食事作ってんですよ、 と楽しそうに話す。
俺が知っていた早矢香と家事、 特に食事作りは似合わない(笑)
彼はどうのこうの、 今は全てうまく行ってますよ、 と伝えて来る。
よろしいんじゃないですか。 我が家なんて、家庭崩壊だ(笑)
正直、まぁ、いい話なんで、 嫌な話ばっかの中で、 救われた気分になった。
少し前は会長の声が・・・・、 心配だったんですが、 今日はお元気そうで・・・・・。
早矢香、聞けよ。
電話口で、 ♪♪ドレミファソラシド  ドシラソファミレドーーーーーーーーー♪♪
と最後のド♪の部分を一分近く伸ばしてやる。
「ほらな、声が出るだろう」
「音程も息もよく続きますね」
早矢香やってみろよ。
音程は良かったが、息が続かない。
一時間近く話した。 気づくと、飯の途中だったんで、 そっちは、もうやめちゃったよ。

         雀鬼




早矢香さんはあれもこれも相談してくるし、 ノロケ話も加わったのでしょうか? でも、会長に明るさを届けてくれて、ありがとうございます。
(ナルコ)

道場内でも明るい話が出なかったりするんで、 外からでも明るい人は有難いですね。 道場で今一番盛り上げてくれるのはオジキ! 写真の時とは別人のようなオジキを 早矢香さんにも見て欲しい気もしますが、 忙しいでしょうから、無理そうですね。
(恒)

早矢香さんの熱々の新婚生活話し、 会長も楽しく話せて良かったです。 自分も熱々のお話し聞きたかったな〜(笑) 熱過ぎず冷め過ぎず適温でいてほしいですね(笑)
(シャボ)

早矢香さんが3食作ってるなんて、驚きました! ほんと、似合わないというか、キャラじゃないというか・・。 でも、楽しんでやられてるんですね! 道場にもラブラブご飯のおすそ分けで、 何か作りに来られるらしいですが、 会長がおいしく食べられる物をどうぞお願いいたします!
(緒方)

皆さま!そうなんです!! 会長のおっしゃるように「似合わない…」 緒方さんのおっしゃるように「キャラじゃない…」 ことを毎日しております(笑) 山猿と言われた頃からは想像もできないような生活ですね!! いつも道場に遊びに行かせていただいていた時に、 当たり前のようにご馳走になっていた緒方さんのお料理… あんなに美味しくあんなにたくさん どうやって作るのですか??(>_<) 今度は皆さんが体捌きで遊んでいる横で、 緒方さんの料理教室をお願いします(笑)
平野早矢香

■2021年5月12日(水) Vol.6655

元DeNAのトップ選手だった筒香くん、 昨年のシーズンオフ後、横浜に帰って、 その後、関西の方で練習に入るので、 その時期を見計らって、 お逢い出来ますかってことで、 道場に関係者と伴にやって来ていたから、 大リーグのレッズの試合が気になって、 新聞をチラチラ見ていた。
開幕戦からスタメンで出ていたが、 バッターボックスで打つ姿を見たら、 肩が首の所まで上がって、 窮屈そうなフォームが写真に出ていた。
その初戦の写真を見た時、 なんでこんな構えしてんのよ、 これじゃバットをスムーズに出せねえじゃん、 自分か周りの者が気づいて修正してやれよ、 と思っていた。
大谷選手が手術明けの後、 今季好調で、柔らかく構えて、バットを振っている。
それに比べて筒香くん、 体がコチコチだと心配していたが、 試合には、日本人スターとして、 出場させてもらえていても、 ホームランどころか、ヒットもほとんど出ない。
耐えていたチーム側も、地元紙に、
「筒香は見飽きた」
と書かれる程。
26試合に出場したが、全く打撃が振るわず、 とうとう、レイズから戦力外通告。
あの体の固さでは、 ボールをバットに捉えることも難しそう。 当たっても、ボテボテなんだろう、と思っていた。
俺、開幕戦の姿を見て、このホームページにも、 横浜は連敗中なんで、戻ってやんなよ(笑) と書いたっけ。
俺が逢った時は、柔軟性や、 臨機応変とか、対応力を説いたが、 俺が逢った時に見た緊張が抜けなかったんだね。
残念です。

         雀鬼




日本人野手で活躍する選手は少ないと言われているので 応援していた筒香選手の戦力外は残念です。 移籍先は気になりますが イチローさんがインストラクターをしている マリナーズが個人的には良いかなと思います。 本拠地が横浜と同じく海に近いというのもあります。
(百武)

そのうち活躍してくれるのではっ思って、 スポーツ記事をチェックしておりましたが… 一度、相談されても良かったのではと思います。 用意したバットも言われるまで出せない控えめな方、 難しいのかなって思ったりはしますが。
(恒)

日本でトップレベルの筒香選手でも、 簡単には通用しないんですね。厳しい世界です。 道場では、明らかに動きが変わって、驚いたのですが…。
(ナルコ)

会長と触れ合われた時は 確実に動きにも変化が起きていましたが…。 チームや環境は変わるかも知れませんが、 心身の力み等1つ2つ修正されて 少しでも動きや感じを取り戻して下されたらと思います。 そしてまた野球少年の様な笑顔を見せて頂きたいですね。
(シャボ)

■2021年5月11日(火) Vol.6654

孫や犬達も強制撤去しちまって、 静かどころか、寂しいよな。
話し相手もねえし、 間違えて、道場に顔を出しちまった。
ゴールデンウィーク、 なんだかんだあったんで、 もう5月の25日ぐらいに感じたら、 11日の火曜だってさあー。
年間そこに居る恒とナルコに、 今週のチームリーダーのマングース百武が居た。 深山と対決らしい。
ワクチン接種が動いたらしいが、 刺す場や、人が少ないらしく、
「早いもん勝ち」
らしい。
電話かネットでの予約らしいことを ニュースで知った(笑)

         雀鬼




予想しておらず、驚きましたが、 間違えたのではないと思いました。 祭りの後のようで申し訳ない感じもありましたが、 ここでも、遠方から間に合わせるBlGは凄いですし、 良かったなって思います。 ワクチンの混乱、国は地方任せ、 テレビ見てないと、そんな動きも分からない、 国民の命を優先したという風には感じません。
(恒)

ワクチンがあっても、注射出来なければ意味がありません。 医療関係の方々にかかる負担は膨大ですし、副作用も心配です。
(ナルコ)

道場の人数は少なかったですが、 御自宅よりは良かったでしょうか。 ワクチンの受付、電話にしろ、ネットにしろ、 まともな体制も出来ておらず、 さらには、今優先している年配の方々は ネットにうとい方も多いはず・・。 政治家や官僚って頭のいい人がやってんじゃないんですかね〜? なんか、色々、おっかしいことばっかりだなぁ。
(緒方)

今週のチーム戦は公文対決となりました。(笑) 先週の良い型を引き継げるようにやれればと思っています。 ワクチンの件はやってるフリだけで 中抜きしっかりという感じがします。 アベノマスクの時と同じです。
(百武)

■2021年5月9日(日)その2 Vol.6653

ここ2日で、良いこと悪いこと、色々あったが、 余り書く気がない。
我が家には母は居ないが、 シャボの仕事の関係で、 母の日だと知る。
ただ、それだけー。

         雀鬼




仕事とはいえ、年に何度か、 週末の道場に行けない日があって申し訳ないです。 仕事中も、今、道場で何が起きてるか気になっています(笑) やっぱり現場に居られること、 皆で作る輪の中に参加できることはありがたいですね。 母の日も終わって、道場で会長や仲間達と過ごせる父の日が楽しみです。
(シャボ)

会長が早い時間にいらして、 麻雀以外の触れ合いで、放課後のような濃い時間、 母の日というより、父の日のように過ごさせてもらいました。 嫌なニュースや道場外での起きていること、 道場生だから救われている事を感じます。 オジキの新技、刺す!最高でした(笑)。 写真では伝わらないですね。
(恒)

■2021年5月9日(日) Vol.6652

厳しい状況を、なるべく自分の腹にしまって、 表には出さないようにしていたんだが、 昨日、麻雀を一局打つと、始まる前から、 打つ3人に、異和感以上の毒気を感じた。
ついつい、 何よ、このメンツは、 と声を発する。
ハナっから毒気が卓を動かす。 俺も必死で、どうにかしようと思ったが、 3人が毒気があることすら自覚がないんで、 卓上の舟が、危い方向へ、危うい方向へと進むだけ。
とんでもねえ結果を残してしまった。 それが大きいんで、 これは、次の者にまで影響を与えてちまう。 その通りになっちまった。
やっぱり、麻雀には、 俺の心の心情も見破られちまった。
やっぱり、
「麻雀は、俺の鏡なり」
と、久し振りに、しかと伝えてくれた。

         雀鬼




違和感や毒気、怖いものですね。 もちろん、僕は他人事ではありませんが…。 場所や放課後を通して、良い行動、存在感を 出してくれた人達のことを忘れず、 良い仲間の一人になりたいです。
(ナルコ)

毒気の3人からは、何も言葉が出てこなかったですね。 毒まんじゅうの後を追いかけているようです。 体調面で厳しい感じは受けましたが… オジキが作った盛り上がりも、 嫌な物を取り除くために始まった事ですし、 明暗ある事を忘れてはいけないんだと思います。
(恒)

■2021年5月8日(土) Vol.6651

徹夜で来ちゃって、疲れている。
道場に、先日の男っ気満点の金子の、 イェーイ、イェーイの声が流れ、 元気をもらえる。
恒&ナルコ場所、さすが大将の恒は14連勝、 明日で初の全勝が見れる。
ナルコも必死で着いて行き、 9勝まで星を伸ばす。
個人戦ではBIGが初の勝ち越し、 みんなに元気をくれた。
1勝クラスの金子のオジキも、 あと一つ勝てば、勝ち越し。
しげる対小鉄のチーム戦のリーダー、 やっぱ、しげるは只者じゃない。 体調もすぐれぬ中、10勝、 小鉄に2つ差をつけている。
深山も野球部扱いながら、 あと一つで勝ち越し。
場を盛り上げる者、足を引っ張る者、 両者がしかとその姿を現わしている。

         雀鬼




大将が負けなしで道場を守り、 体の強くないしげるさんが休みなしでチームを引っ張っています。 ナルコさんの威勢のいいコメント、気持ちがいいですね。 金子二等兵はみんなに勇気を与えています。 勝ち越して戦線から帰還してほしいです。
(BIG)

心ある方、人を思いやれる方ほど、 金子さん効果が良い影響として現れているようでした。 最後の見所は、人に与え続けた金子さんが、 個人としても結果を残せるかですが、 星を落としても、金子さんらしい気もします(笑)
(恒)

永井大将が全勝目前! また、ゴールデンウィークがあったとはいえ、 BIGさんの勝ち越しは凄いですね。 「漢」金子さん、深山さんの勝ち越しも気になるところです。 しげるさんは普段来ない曜日に連続して来道、連勝しました。 リーダーとしてのやる気、姿勢を見せていただきました。
(ナルコ)

リーダーをやってみて、 ずっとリーダーをやっていた恒さんの大変さがわかりました。 今年のゴールデンウィークは輝く人が何人か出て良かったです。
(しげる)

■2021年5月5日(水)その2 Vol.6650

荒野の決闘ならぬ、 敗戦色の濃いニューギニア戦線。
死への前線の場で、 2人合わして、133才の老年兵の一兵卒、 2人して、かなりの負傷兵。
俺も食うものもなく、野草を食って、 腹は下り、気持ちも悪く、 頭も何故かぐるぐる回っている感があったが、 周りの老兵が、
「死んでも闘う日本の兵」
竹ヤリ一本で、バタバタ倒れる。
深夜3時に、奇襲作戦だったが、 俺以外、全員玉砕。
戦友の金子二等兵は、 お国のための声をあげて、 目の前で倒れていた。
「金子、大丈夫かぁ」
薄目をあけて、 これしきのこと、痛くもかゆくもねえや、 と勇義の一声。
俺は先に行くが、 お前は生き延びろや、 と心の声が聴こえた。

         雀鬼




もう諦めた方がの言葉を聞き終わる前に、 勝算は度外視、自分の生死も厭わず、 やれる事をやるべく、特攻する金子二等兵、 書物等でしか知らない、外国から恐れられた 日本兵の姿を感じさせて貰いました。
(恒)

年やケガどころか、勝ち負けすらも関係ないと、 何度も何度も気持ち一本で突っ込んでいく金子二等兵は、 まさしく昭和の日本兵でした。 強い弱いじゃない金子のおじきのど根性に、 道場は救われたのでありました! おじき、ばんざーい!あーーー!!
(緒方)

■2021年5月5日(水) Vol.6649

人の持つ毒の話しを長時間聞いて、道場に。 その毒を埋めに来たんだが、 そうは簡単に問屋は卸さない。
熊が焼いた餃子のタレの中に、 アメリカでは毒とされているらしい、 メンソールの葉を混入される企み・・・・・
頭がふらつき、腹にも異変が・・・・・ やられた(笑)
その毒消しのために、 昭和の男ぶりを作れる金子のオヤジが、 俺が戦車のように突っ立っているだけのところに、 竹やり一本で何十回も突っ込んで来る。
転がされても、倒されても、息も切れても、 突っ込んでくれる。 その行動力のおかげで体調が大分よくなった。
凄い根性の金子ドンキホーテ、 卓上の勝負でも、15日間で、 いいとこ一勝だったオジキが、 何と6連勝と有り得ない記録を残してくれた。 春の珍事。
それにしても、弱さの中から、 必死で強さを作って見せてくれた、 オジキの行動力に救われちまったよ。 おつかれ、オジキ。
同じ白髪頭でも、人としての器が違うわな。
弱い強いじゃなくて、 根性一本を出せる金子はステキでした。
ゴールドは、オジキでしたね。
8枚目のTシャツは白でした。

         雀鬼




会長が合わないとされるメンソールを 長年肌身離さず持ち続けられたのは、 この時のためだったかも知れません。 決行を決めたのは1人で引きこもった時か。 屈む動作も大変な会長にトイレ作業をさせて、 笑いが止まらない様子、悪い人です。 自分も自転車で転んでケガしてしまいましたが、 その時を思い返すと、ほんのりメンソールの香りが…
(恒)

気力を振り絞ったところから、さらに振り絞り、 体ごとぶつかっていく姿に、僕たちも元気をもらいました。 「漢」金子歩、ここにありですね。
(ナルコ)

会長のお身体の調子が良くない時に、 歌田さんの指示とはいえ、 餃子を持ってきてしまいすみませんでした。 金子のオジキの行動力と根性に助けられました。 すごいです。

(熊代)

自分が早退してしまったその日に、 会長を狙った事件が起きていたとは!? メンソール…、犯人はあの方で決まりですね(笑) やる時はやる男、金子のオジキ。 竹やり一本で何度も突撃する昭和の男ぶり、根性は凄いです。 オジキ自身の6連勝も凄いですが、 道場中に轟くオジキの雄叫びにパワーを頂いて、 自分や深山も白星を取れました。 皆に元気や笑いを与えられる今の金子さんは、かっこいいですね。 オジキお疲れ様でした!
(シャボ)

■2021年5月4日(火)その2 Vol.6648

大企業に勤めて30年はたつ、会社員のオジサン。 いい人ぶりっ子をずっと続けているが、 相撲を取れば、後ろへすぐ下がって、 しっかりカギがかかった重たいドアから外へ逃げる。
麻雀を打てば、逃げ回り、 あがりも、すっごくせこい。
「あんた、何なのよ」
会社は優良会社です、だってよ。
会社じゃ、まじめで通していても、 人の器としては、不良品としか見れない。

         雀鬼




大企業のオジサンに?少々ツッコミを入れたら 会社は優良会社の答えが返ってきました。 そういうことを堂々と言えてしまうのは逆に恥ずかしいです。
(百武)

自分の会社で、部分的に良い所は感じても、 裏事情があったりして、良い会社と思える事はなかったです。 ぶん取り合戦の勝者が大企業、 まさしく良い人ぶりっこですが、 染まりきった姿をさらす道場生がいた事に驚きました。 何を学んでいるんでしょうか。
(恒)

おう、◯◯! 「企む」と書いて企業、優良なわけあるかい! 会長のHPを読んでねえのか! 善人ヅラの、ふてぇ野郎だ!
(ナルコ)

■2021年5月4日(火) Vol.6647

シャボが昨日は抜け駆けで来ていたらしい。 ならば俺もと、7枚目の新しいTシャツ着て来ちゃった。
実は、昼から7時過ぎまで、 危いトラブルに引っ掛かっていた。
夫婦が相談に来ていた。 暗い話しを長時間、疲れた上でのこと。
ならば、道場に行って、 明るい者とふれあえば消化出来ると、 己の都合でやって来ちまった。
入口で、
「ここの店で、明るくなれるものを  売ってると聞いたもんで、明るいのありますか」
恒大将
「希望に添えるものがあるか分かりませんが・・・・・」
ナルコを筆頭に、金子、百武、哲で、 明るいという元気な姿を見せてくれる。
嫌な性分て、当人は人のせいにしているが、 自分の中で起こしているのに気づかない。
トラブルに巻き込まれる度に、 一つや二つ学べることがあるもんなんですね。

         雀鬼




昨日は抜け駆け、今日は早退ですみません(笑) 病院から出されている薬は会長のお体に良いとは思えませんが、 道場生の明るさや元気の良さは 会長にとっての良い薬になると思うので、 自分もその中に入れるよう合わせて行きたいです。
(シャボ)

昼から7時過ぎまで暗い話を延々と……。 自分ならおかしくなりそうですが、 道場で消化できたなら良かったです。 嫌な性分、自分の中にもあるわけで、 他人事と思わず治めていかねばです。
(哲)

自信のない返答で情けなかったですが、 威勢の良い珠を飛ばすナルコに救われました。 普段は独り言ばかりなのが不思議です(笑) 食事後は、懲らしめ目的で来たウータンによる被害出ましたが、 そこを救ったのは、またもや金子さんの根性! 強い、弱いではなく、心意気で魅せる金子さん、 良い人風の人達とはモノが違いますね。
(恒)

暗い話を7時間も…。相当お疲れの様子でした。 明るさや突っ込みは苦手な分野(笑)、 少しでも会長の力になれたのなら嬉しいです。 ただ、金子のオジキの根性には敵いません。 「ああーーー!!」
(ナルコ)

■2021年5月2日(日)その2 Vol.6646

感覚の仲ま達は、 道場の動きの中で感覚を体験して、 その力が少しずつ強くなっている。
俺はさあ、道場生相手には、 遊びたくなって動けるんだが、 さあ帰ろうとなると、 普通の高齢者になって、ふらつく。
寝るでしょう。 遠くに、おしっこを感じて、起きようとするが、 掛けた布団さえ、持ち上げようとすると、手首が痛む。 前後左右にも、ちっとも動けない。
感覚の仲ま達が起こしていることを、 俺は、寝たら、同じような体験をしている。
これって、多分、免疫力を抑える薬や、 無理に眠ろうとしている薬の影響だと思う。
おしっこしたくても、 体も気持も、その気にならないって、 不自由って言えば不自由だが、 それを受け止めなければ、 自由が来ないのも分かっている。
不自由と自由の中での、 でっかいギャップだが、それは、それ(笑)
今に片一方だけになる日が来たら・・・・・

         雀鬼




会長との触れ合いで起きる不自由は、 不思議さに楽しくなってくる(笑)、 感覚の仲まは共感していると思います。 薬の影響は気になってましたが、 免疫力を抑える方は、会長が望まれた事ではなく、 当てにならない医学から始まっているので、 不要に思ってます。 眠れない方は辛いのかも知れないですが、 体感してみたくもあります。
(恒)

「不自由を受け止めなければ、自由は来ない」 会長の不自由が、少しでも軽くなってほしいと思うのですが、 深い言葉ですね。しげるさんにも当てはまると思いました。
(ナルコ)

片方だけになるのは、人の定めではありますが、 会長がご自身で調整されれば、普通の高齢者をやめ、 お薬や病院もやめて、自由の側を選べるような気がします。 でも決して、その選択はされないですね。 ずっと、どうしてだろう、と片隅で思っていましたが、 そのままを受け止めながら、遊ぶ時は自由に遊ぶ会長の姿に、 大切なことが入っていると、 最近やっと、時々ですが、感じるようになって来ました。
(緒方)

■2021年5月2日(日) Vol.6645

今日は新Tシャツの6枚目、 アクアブルーを着て来た。
若くて活気がある者が着ると似合うのがTシャツ。 俺のようなヨボヨボ爺ちゃんが着ても、 手本にはならないんだけどね(笑)
昨晩は、
「感覚の仲ま」
5人相手に
「体捌き」
横に並んだ5人が一気に立ち合ってくる。
そりゃ!!と軽い一声で、 手もふれずに5人がそれぞれの質で転ぶ。
準決勝は、倒されて、自然に大笑いしている橋本と、 寝転んだまま動けないシャボと深山。
腹筋を使ったり、 入るところの筋肉を使って起きようとするが、 そのまま又くずれちまう(笑)
決勝は、シャボと深山。 シャボにしっかりと感覚を入れる。
雲の子しげるちゃんは、4人は転がせても、 シャボだけは片寄るだけだったが、
「今ならいけるぞ」
しげるちゃんに突っ込むシャボ、 体は前に行っても、足が前に出ず。
見事に転ばされ、起きたことに、 当人のシャボも、何じゃこれは風。 みんなは、こうやられてたんですね。
何度も挑戦したが、 やっぱり同じように転がされる。
とうとう、運動部長のしげるちゃんが、全員制覇。
深山も、今までは、 突っ込んで前向きでやられていたのが、 一回転させられるようになっていた。
道場で起きている現実を、 ありのままに伝えたのが、 今回のTシャツなんです。
武術研究家のナルコとは、 俺、車イスに座ったままの感じで、 何度も、いいように入り込ませるが、 前後左右、真下にも倒されるナルちゃん。
ナルちゃん、シロウトの爺ちゃんに、 手も足も出ないじゃ、ダメですよ(笑)
俺達は、
「体捌き」
を基にしているが、 勉強会も、鍛錬も、研究も、なし。
その場、その場で、 思ったまんま、遊んでいるだけ。

         雀鬼




ついにシャボさんにも空気投げできました。 これでシャボさんもいい人の仲間入りですね(笑)。 会長のTシャツを見ているとやはり良いできです。 早くできてこないかなー。
(しげる)

会長が着られているのを見て、 やっぱり良い!っ思ってしまいます。 会長は大抵な物は着こなしてしまうので。 ダメだったのは小鉄が店員に買わされた ネズミ服ぐらいだったと記憶してます。 しげる君の全員抜きも見えてきました。 課題は感覚が全く入らない人間達の対処でしょうか。 人間達も感覚で倒されてみたい と思っているかも知れないですけど。 練習しても身につかない、 心がけは間違わないようにって思ってます。
(恒)

しげるさんが、ついにシャボさんを投げました。 週を追う毎に、僕たち感覚無い組との差は大きくなっていきます。 見てるだけでも楽しいし、凄いのですが…。 会長の体に触れずに、イスだけを押しても押せませんでした。 他の人が座っているときは簡単に押せるのに…。 こんな武術の技、聞いたことがありません。 …それから、僕は武術研究家ではありません(笑)。
(ナルコ)

会長に感覚の不思議な体験をさせて頂いていますが、 しげるさんに空気投げをされた時は油断ではないですが、 まだたえられるんじゃないかという思いもあったので 驚きましたね(笑)皆の感覚を遂に味わえました。 いい人の仲間入りですか、嬉しいような…(笑) 本場所でどうなるか楽しみですね。
(シャボ)

触れずに飛ばされるだけじゃ、済まなくなって来て、 シャボさんは飛ばされたら、 体が固まって動き出すのにも一苦労、 深山は力が入らずに起き上がろうとしても起き上がれない感じ。 シャボさんも深山も飛ばされ方はそっくりなんですが、 飛ばされた後の表情や状態には違いがありますね。 Tシャツは、今回の青もいいです! 会長、いつもモデルありがとうございます。 みんなの早く着たい感も高まっていることでしょう(笑)
(緒方)

会長がTシャツを着ているお姿を拝見させていただいて、 やっぱカッコいいなあ、早くきたいなぁと思っちゃいます。 感覚の仲までは毎回不思議な体験をさせていただいてますが、 今回も不思議でした(笑)。 起きようにも、力入らず踏ん張れない! そもそも起きたくない(笑)。 その後では、とうとうしげるさんがシャボさんを! 本場所が楽しみです。
(深山)

■2021年5月1日(土) Vol.6644

雨が降り、稲妻が走っている。
寒いんだか、あったかいんだか、 はっきりしない。 ただ、蒸し暑さは感じる。 地震もあったしな。
やっと、5月になりました。
この天候じゃ、人の出入りも少ないでしょうね。 でも、コロナは3ケタに戻ったらしい。
新しい道場Tシャツ、 俺だけが先に着用。
グリーンから始まって、 赤、黄色、ピンクと着て、 今日は濃い青を着て来た。
俺だけが新しいんで、 みんながくすぼけて見える(笑)
みんなの新しいTシャツが届いたら、 ちったぁ、明るくなるんかなー。

         雀鬼




青い海に「捌」が溶けこみ、 真っ青な空で楽しい雲遊びをしているように見えました。 新Tシャツを着て、皆で遊ぶのが楽しみです。
(BIG)

今着ているTシャツも、良い出来だったはすが、 鮮やかな新作を見た後に道場を見渡すと…待ち遠しい限りです。 連休に入って、新顔や、泊まりがけで来てくれる人も居ます。 世の中では、ろくな話聞かないですが、 道場内だけでも明るく触れ合い出来たらです。
(恒)

会長以外、みんなのシャツはくすんだ水色に見えます。 新シャツを着れば、体捌きが出来るようになる? というお話なので、いっそう楽しみです!
(ナルコ)

4月が終わり5月に入りましたが、 ジメジメ、ムシムシで蒸し暑かったりと 体調やそれ以外の事にも引き続き気をつけなければと思います。 会長が着て来て下さる新しいTシャツデザインは もちろん鮮やかで本当に良いですね。 今回は色の種類もあるので、 皆が着だしたら道場も華やかになるのではないでしょうか。 楽しみです!
(シャボ)

■2021年4月28日(水) Vol.6643

関西圏の大企業の社長殿が、 何故か玉子を沢山送ってくれた。
その場で2個ばかり飲み込んじまった。
太陽のような真っ赤な黄身が、 しっかりとして強かった。
あの社長のことだから、 何か意味があるんだろうと、 販売元の人と電話で語る。
その鶏は、カゴのような狭い中で窮屈に育てず、 自然の土の上で動き回っているらしい。
その土だって、危い薬品を使わず、 鉄分が多い土の上で育っているんだろう。 もちろん、土も水も、いい場でね。
又、働く人も、障害者の方や 知的障害がある人が面倒を見ているらしい。
学問を得た人間なら、 すぐ損得計算が入っちまうが、 そういう人達の方が、鶏と仲間意識で 側に居れることなんでしょうね。
電話に出た方が、
「うちは玉子屋じゃない玉子屋やってます」
この一言で、しびれました。
うちも雀荘じゃない雀荘をやってるんで共感出来た。 とてもいいお話しですよね。
何故か気が合い、 お名前を教えて下さい、と何度も願われたが、 失礼ながら、無名です、と答える(笑)
やっぱり意味があったんだね、社長殿。

         雀鬼




人とニワトリが仲間同士。 ビジネスの臭いがせず、なんだか素敵です。 どのような経緯でこうなったのか、気になる人ですね。
(ナルコ)

自分も自然の玉子食べさせて頂きました。 やはり普段食べている玉子とは 違った美味しさがありました。 今の時代大量生産や金儲けのことばかりで、 こういったお話しは本当にいいなと思います。 超高級な玉子というのではなく 意味のある玉子を送られる社長さんも流石ですし、 その意味を直ぐに感じ取られる会長もやはり凄いです。
(シャボ)

写真のように維持するのが大変な体勢から動けない、 触れられていないのに倒される、 雀荘であるはずの道場から家に帰っても、 そんな話しかしてません。 相撲で体痛めて帰る度に、馬鹿なの?って言われてます。
(恒)

きっと、玉子屋としての効率や損得で考えたら、 やっていられない手間暇と心でされているのでしょうね。 玉子屋じゃない、玉子屋、の言葉に、 ご自身の業界を否定したところで、探したものをなされてるようで、 全く違う世界でありながら、会長のとのつながりを感じます。 そういうことを何も言わずに、ただ会長に贈った社長さん、 そこに何か意味があると感じて、 すぐに生産者の方にお電話された会長、 まるで達人同士のやりとりみたいです。
(緒方)

■2021年4月24日(土) Vol.6642

40年前に、竹書房の宇佐美殿に出逢えて、 俺のような者でも、 ちったぁ、いい方向に歩めました。
竹書房さんとの「つながり」の、 松田、誠、とも子が、 何十年振りかで、一堂に来道してくれた。
緒方のタイを始め、 海鮮物で食卓を囲め、 その後、道場生の相撲を観戦、 応援してくれた。
朝、4時半です。
楽しいっていうか、 同窓会みたいに、 昔話で盛り上げられたね。
又、逢いましょうね。 俺が動ける内にだぞ。

         雀鬼




決して他所では聞けない裏話で盛り上がってましたね(笑) 失敗談、誰がやらかしたの? って話を笑いながら語り合える、 職場でこんな関係性みた事ありません。 最後は感極まって…会長への思い、 良い関係性を感じさせて貰いました。
(恒)

僕が生まれる前から続く会長と宇佐美さんの縁。 お仕事だけでなく、会長と行った旅行先での様々なトラブル、 冒険のお話、楽しく聴かせていただきました。 相撲では、シャボさん、緒方さん、永井さんが ポイントをあげて、同窓会に花をそえていました。
(ナルコ)

会長と竹書房の方々で緒方料理を前に 宇佐美さんを囲んでの昔話、 40年間の色々なお話し(ほとんど笑い話し(笑))を聞かせて頂き、 会長と宇佐美さんのご縁、つながりが 本当に良いものだったのだなぁと感じました。 またお待ちしています。 節目の一日と言うことで、本当にお疲れ様でした。 宇佐美さん、バンザーイ!宇佐美さん、バンザーイ!
(シャボ)

宇佐美さん、お疲れ様でした。 今回のお話を会長から伺いまして、 色々と考えさせられるものがありました。 会社や仕事上の関係では決して生まれない、 男同士の関係、気持ち。 竹との思い出は、ろくなことがなかった話ばっかりで(笑)、 でも、どれも笑って振り返っておられて、 会長とチーム宇佐美さんの同窓会に混ぜて頂いた感じでした。
(緒方)

昨日は宇佐美さんが 会長に最後のご挨拶に伺うということで、 「じゃあゴールドみんなで行こうぜ!」 となりサプライズ的な感じで大挙してお邪魔しました。
会長の不思議な術(?)をたくさん見せていただいたり、 宇佐美さんとの旅行での思い出話や昔話に花が咲いたりと、 会長と宇佐美さんとの関係の深さ、濃さ、つながりを感じ、 宇佐美さんがいたからこそ、自分たちは会長とのご縁をいただき、 その後も長いことお付き合いいただいたんだということを、 改めて再確認できた楽しい時間でした。
ご馳走になった料理はどれも本当に美味しくて、 これも会長と宇佐美さんとの関係を知るからこその、 オガッツの思いを感じるものでした。
余ったアルコールやおつまみ他、 最後には会長の杖までおねだりして、 もらえるものはすべてもらってしまうあたりは、 さすが宇佐美さんだなと思いましたが、 会長も宇佐美さんも最後まで笑っていて、 とてもいい一日でした。
宇佐美さん、 40年間お疲れさまでした。 そして会長、道場のみなさん、 朝5時半まで遊んでいただき、 ありがとうございました。
(誠)

会長 雀鬼会のみなさん。
楽しく温かい時間と空間をありがとうございました。 会長と知り合って40年ほど人生の3分の2を 会長の後姿を何とか追いかける事が出来ました。 初対面の時「仕事だけの付き合いじゃヤラねぇよ」 とおっしゃった通りかどうか、 仕事よりプライベートの記憶の方が より多く鮮明におもいだされます。 会長との出会いが自分の人生を豊かに楽しくしてくれました。 まだお会いすることが多々あると思いますので 今後はお友達になってください(笑)
緒方さん美味しい料理 ご馳走様でした。
宇佐美

■2021年4月21日(水) Vol.6641

俺は忘れていたが(笑) 出版社の人と、担当の高木が、 出来上がったゲラを持って来た。
そっちには触れずに、 今、起きている社会の現象を語り続けていた。
これを、「ムダ話」という。
新しいモデルのTシャツが届いていた。 作品に一番携わった緒方が、 かっこいい出来ですよ。
後は感想なしってことは、 どうなんのかな(笑)
俺も作品を見たが、 まあまあ、いけてんじゃねえ。 これ以上は無理だ!!
と眺めた。

         雀鬼




このHPでも、すこーしだけ、亜夢先生の〜で、 お話が出ていた新Tシャツ、ついに完成! 会長に一番にお渡しできました。
今回のはすごいですよ〜、 なんてったって、 雀鬼と、雀鬼サマへの道の亜夢先生とのコラボ作品。 最高にかっこよくって、かわいくって、決まってます! なにより、ここで起きていることの意味が 色々と詰まっているんですよね!
自分以外感想がない、なんてこたぁない、と思います! ね、みなさん!
ちょっとだけ、新Tシャツ公開中です(笑)
(緒方)

今を大切にされる会長らしく、 編集者の方も、納得されたのではないでしょうか。 Tシャツ、原画がどれぐらい再現されるか気になってましたが、 緒方君の細かいチェック、調整もあり、 問題ない仕上がりだと思います。 見た瞬間、にやけてしまいました(笑)。 字、絵、それぞれに意味があり、本物。贅沢な作品ですね。
(恒)

桜井会長
身体を使った不思議な遊びやお話、有難うございました! 道場の皆さまが会長の風を受けて 心底楽しそうに笑われているのをみて、 自分をあの中に入ってみたいとおもいました。 でも会長曰く、人間型にはムリとかで残念です、、。 それにしても会長はもはや仙人ですね。。
高木

今まで何十種類と作ってきた雀鬼会Tシャツですが、 今回のは一味も二味もレベルが違いますね。 表の会長の文字と背中側の亜夢先生の絵が本当にいい感じで、 かっこよくて贅沢なTシャツになりました。 会長と亜夢先生の気持ちの入った文字と絵を 緒方が色々と気を配って作り上げて下さいました。 道場がこのTシャツで一杯になる日が楽しみですね。
(シャボ)

十数年ぶりのコラボレーションが実現! 1枚のシャツに両方入っているのは贅沢ですね。 風と雲の関係性は、捌きから生まれたことを現しています。 喜んでイラストを書いてくれた亜夢先生に感謝です。
(ナルコ)

服を買う時も、半袖のTシャツは、雀鬼会Tシャツを着るので ほぼほぼ買いません。 服屋の人はあまりTシャツを買わないので しきりに進めてきますがやんわり断ってます(笑)。 過去最高の出来の今回のTシャツ。 色もカラフルで、手にするのが楽しみです。
(しげる)

■2021年4月18日(日)その2 Vol.6640

ローテとして、一週間に3回しか外に出ない。
我が家に居る時は、ほぼ自室にこもっているが、 部屋から一歩出ると、物に触れたり、 壁に触れながら、ヨボヨボ歩むだけ。
時折、ふらついて、 俺の高さにある食器棚のガラスに、 頭をぶつける。
一週間一回の道場での運動、 ここでは、ああだこうだと動くんで、 我ながら、俺の年齢でよくやるよな、 と思えちまう。
年相応に体のあちこちに不自由感を感じるが、 道場なら、遊んでくれる相手に、自由自在。
このギャップは、天と地ほどの差があるんだよな(笑)

         雀鬼




映像を観たご家族の方は、 心配された感想もあったようですが、 会長が動かれれば何か起きると思ってしまう、 ギャップに慣れてしまった道場生は 自分だけじゃないはずです。
(恒)

普段は立ったり歩いたりも大変な会長ですが、 捌きを入れるだけでスッと立ち上がり 流れるようにスムーズに歩くことができてしまいます。 この動きのギャップも凄いです(笑) でもこれはずるだからと、 なるべく使わないようにされて、 あえて不自由さを受け入れると言うのは 会長ならではの感性だと思います。
(シャボ)

■2021年4月18日(日) Vol.6639

孫達が帰っても、 道場に来れば、シャボ、恒、しげる、 橋本と深山達が遊んでくれる。
子供や孫達より、 こっちの方が、全然、味がある。
昨晩、体を使って、 新しい遊びが出来た。
150貫デブの緒方も入れて、 狭い中で、6人が並び、 ハッケヨイノコッタ。
コロナの影響か、密着はなし(笑)
一人もさわらず、さわれず、 床に転がっているだけ。
やっている俺より、 やられていた方が、不思議を越えて、 ただ口を開いて、笑っているだけ。
俺もそっち側に行きたいんだが、 まだ、道場生ではムリ(笑)
感覚を身に着けられない道場生は、 見ているだけじゃ、つまんねえだろうなー。
枯れ葉や、雲や風と、 それぞれが違った味わいを出すことも、面白い。

         雀鬼




1年前ぐらいは、体を直接触れさせて貰い、 どうにもならない楽しさを体験してましたが、 今では視界の隅にある指の動きだけで倒れてます。 直接触れられると、逆に動かなくなる事もありますが(笑) 体験出来ないと分からない楽しさですが、 観客側で金子のおじきは良い表情してました。 心ある人は仲まに加わって欲しいです。
(恒)

なにがどうで、どうがなにか、 頭では、さっぱりですが、 心身が心地よく笑わっています。
(橋本)

こちらこそ遊んで頂けてありがたいです。 やはり体験してみないとこの感覚や面白さは分からないと思うので、 ただ見ているだけでなく、 先ずは興味や感心をもって頂きたいです。 そして仲まが少しづつでも増えてくれると また新たな楽しみが作れそうですね。
(シャボ)

毎回のように、違う遊びが生まれ その度に新しい楽しみを頂いてます。 同じ仲までも、違う動きが起きたり、 好きな動きがあったりという味が違うのがまた面白いです。 これから新たな仲ま、味が加わってくるのか楽しみですね!
(深山)

ついに、150貫デブの自分も混ぜて頂きまして、 ありがとうございました!! こういう感じだったんですね。(笑) 自分は隣の細身の橋本サブマネに不安感を与えてしまったり、 しげるさんとの、相性も波があったりで、 まだまだ、感覚の仲まの方々とは大きく違いますが、 とば口に来てる、とのお言葉を胸に、 もっとお近づきになれるようになりたいです。
(緒方)

■2021年4月17日(土) Vol.6638

パパが来て、小さい母さんと、
「心から来ました!!」
のトンチンカンの坊や、 自転車かい、歩いてかい、 と問うたのにね(笑)
その坊やも、風呂番、洗濯番と、 いくつもの手伝いをしてくれている。
昨晩は、とうとう、この家じゃ、 小さい母さんがトップで、 トンチンカンに追い越され、 ジージ、3番目だよ(笑)
もう一人には、まだ抜かれてない。 抜かれたら、雀鬼やめるよ。
パパと伴に2人が、 今日はお家に帰ります、だってよ。
携帯に、3人は、もう出入り禁止です!! と追いうちをかけてやる。
でっかい犬と小っこい犬も 置いてかれていた。
通常、俺、二階に上がんないんだけど、 イングランド産だかの、毛がモジャモジャの、 でっかいネコが淋しがるからと、 何度か孫達が側に寄り添うのを知って、 俺まで2階の一室まで登っちまった。
俺って、もしかしたら、今、 淋しい気持が入って来たんですかね。

         雀鬼




寂しさを埋めるためのペットだったりするんでしょうが、 会長の場合、小さいお母さんのお手伝いな感じでしょうか。 三番手になってしまったようですが、 家人の方との二人暮らしより、全然楽しそうです。
(恒)

トンチンカンの坊や、夏の別荘では三助さんをやってくれて、 その姿を思い出しました。 何人かが帰って、急に淋しくなるのも、別荘みたいですね。
(ナルコ)

心から来ました、と坊やは言葉通りの日々だったようですね! 小さいお母さんを助けるトンチンカン坊やの動き、 お話を聞いてるだけでも、いい気持になります。 そんな姉弟に追い抜かれての3番手なら、悪くないですね! でも、さっと帰ってしまったら、寂しいです。
(緒方)

■2021年4月14日(水) Vol.6637

3度目の取材があった。
語るだけじゃなくて、 感覚の仲まにも登場してもらって、 体も使う。
6対1、瞬間で終わっていました。
4時間近く、 高齢者には大変だーどころか、 結構、遊べて、楽しかったよ。
4月だよな。
家人が退院したと思ったら、 新たな一大事が起きちまったと、 長男から一報。
俺には、まだ話が通ってないんで、 分からない。
今日は、ハッケヨイノコッタと、 シャボ、恒、しげる、橋本、深山に、 新人の百武が、狭い場に一列になって、 一度に向かって来た。
倒れる場も狭いんで、 シャボと百武が重なっていた。

         雀鬼




取材に来られた方、格闘技経験があるらしく、 会長に通じると思って、体使いを体験しようとする、 子供のような漫画の例え話もあったりして、 外から見てても面白かったです。 体を使って挑んでくる方は珍しく、 会長も楽しまれたのかなって思います。
(恒)

ぶっつけ本番の6対1でしたが、あっさり全員転がされました。 転がされてシャボさんが上にずっと乗っかっていましたが 不思議と重さを感じませんでした。 感覚の仲まで遊んでいると心地良い感覚になってしまいます。 そして、練習生から正式に感覚の仲ま入りすることが出来ました。 嬉しい限りです。 春は何かと起きるので一大事は気になります。
(百武)

4月、様々な問題が起きていますね。 世間ではコロナの第4波がきているらしく、 収まる気配がありません。 感覚の仲まの皆さんは、それぞれ倒れかたが違います。 シャボさんはしばらく起き上がれないし…。 やられて楽しい。なんだか羨ましいです。
(ナルコ)

まだ要注意の4月ですね。 大きなトラブルでなければ良いのですが…。 新たに百武が感覚の仲まに加わって6対1、 ハッケヨイで会長の捌き一つで狭い空間で 6人が見事転がりましたね。 百武が小兵で良かった(笑) 倒れたまま皆で笑顔、また1つ笑いの輪が増えましたね。
(シャボ)

会長に捌いて頂いて、感覚の仲まは笑いっぱなし。 その仲に百武も加わってくれたのは、うれしいですね。 心ある人、やってくれている人には、 加わって、味わって、笑ってほしいです。
(橋本)

取材に来た方や道場にいた人に、 感覚の仲まのフルコースでした。 百武さんが加わっての初の6対1、見事に全員が転がっての大笑い! 楽しいですし、心地良いですね! 取材に来た方のリアクションも凄かったです(笑)
(深山)

感覚の仲まにしかわからない感覚があるんですよね。 悪い人をなげられればいいんですけど、 そういう人は感覚がない人なので投げれないんですよね。 取材の方も感覚の遊びをフルコースで見て、 後はどう伝えるかですね。
(しげる)

■2021年4月11日(日)その3 Vol.6636

恒ちゃん、48才の誕生日、 おつかれさま。
口が悪い奥方だが、 恒さんを思って、 箱根の結構なお値段の宿を 準備してくれたらしい。
2つの仕事をこなしている奥方、 得たお金を、恒さんのために使う、 結構、良き奥方じゃん。
我が家の家人と比べたら・・・・・

         雀鬼




ありがとうございます! 自分は道場の仲間に支えられて、 日々のやりがいを持たせて貰っているんで、 申し訳なく思ったりもします。 自分の家人にも感謝はしてますが、 写真は会長にシュノーケル教えて貰ったのに、 海の怖さを克服出来ずに終わった時ですね。 最終的には食いちぎってました…気をつけよう…
(恒)

■2021年4月11日(日)その2 Vol.6635

道場の卓上の対決も6場所目が終って、 恒大将が12勝で優勝。
小学生体型の百武が、山椒は小粒でも・・・・・ 全場所、勝ち越しの今場所2位。
茨城の遠方組の金子は全敗。 弱いね(笑)
新たに企画された、 選ばれしリーダー2人のチーム戦は、 一週間単位で行われ、 初回の戦いは、恒、ナルコ大将戦のもと、 3勝3敗1分で五分だったが、 あの弱い金子が、最後にワンゴールをあげて、 恒チームに勝利をもたらす。
活気が乏しく、 本戦でも十両力士が5人も出ちまった。

         雀鬼




盛り上がりを続ける事が厳しいと感じている所で、 会長にアイデア頂き、新たな楽しみが出来ました。 個人戦は15日で全敗なのに、チーム戦では7日で、 仲間の為に貴重な一勝をあげる金子さん、良い所持っていきますね。 卓上でもハラハラしたりしますが、道中も気をつけて貰えたらです。
(恒)

ピリリと辛い百武さん、コーチのしげるさんをはじめ、 チームのみんなと抜きつ抜かれつの戦いが出来ました。 なかなか勝てない金子さんがキーマンになるとは…。 思いもよりませんでした(笑)。
(ナルコ)

今場所も無事に勝ち越しましたが、 個人成績が良くても、全体が良い雰囲気にならないと、 喜びも減ってしまいます。 良い雰囲気を継続することは難しいと肌で感じました。 実際の興行でもそうなのだと思います。 チーム戦の方で新しいリーダーになりましたが、 初日からコケてしまい、しょっぱかったです。 修正していきます。
(百武)

■2021年4月11日(日) Vol.6634

孫娘は、今日もバイト。 トンチンカン坊やは、部屋に閉じこもって、 ゲームをしていた。
「お前、ごはん食べたのか」
「まだです」
昨日買ってあった不味い肉と、 玉子を炒って料理してやる。 俺は、冷やっこ一個、これで十分(笑)

昨晩は、また新しい感覚の
「捌き」
が出て、楽しかったね。
相撲の方も、枯れ葉のシャボを中心に、 風の子や雲の子に、感覚の動きが出て、 シャボが苦労していた。
それにしても、 重たい扉、鍵もかかっているのに、 文武両道を訴える学校の先生と、 一流会社の会社員が2人して、 シャボとしげるに、ドアの外まで すっ飛ばされて消えるって、なんなのよ・・・・・
俺はヨボヨボだったが、ふと気づく。
感覚の仲間達、4人一緒に、かかってこいや。
誰の体もふれないのに、 4人は床に転がされていた。
何でかな(笑)

         雀鬼




映像は見れてないですが、イメージは、 戦隊物でヒーローに吹っ飛ばされる悪の軍団でしょうか。 爆発音もなく、転がっている方も笑顔ですけどね。
(恒)

人間って想像以上に軽いなと感じました。 二足歩行のせいでしょうか。 せめてドアで止まってほしいです。
(しげる)

「感覚の仲」まとの相撲は 人間と取るのとは全然違いますね。 同じようにやっているのに本当に不思議です。 100連勝なんてもう無理ですね(笑) 道場の皆が「感覚の仲」になったら、 会長の捌き一つで全員転がされるなんてこともありそうですね(笑)
(シャボ)

何ででしょうか(笑) 4人がキレイに扇状に散っていく、 やられる方は、訳もわからずただ笑えて来るんです。
(深山)

■2021年4月10日(土) Vol.6633

いつまでかは分かんないが、 孫二人とペット四匹(?)かな、 の生活が始まっています。
2日目に入って、
「家人に先立たれ、  親に捨てられた幼な子との暮らし。  俺はヨボヨボで仕事もなしの役立たず。  孫娘のバイト代で暮らしているんだねえ」
と口に出る。(笑)
しっかりしている孫娘と、 トンチンカンの弟、 まぁ、今のところは笑って過ごせている。
避難民みたいだよな(笑)
ペット達は、最初は環境が全く違っちまったんで、 戸惑いが見えたが、 一日経ったら、何となく、 この人が大将なんだ、と感じたらしく、 ちょこっとづつ俺になついて来るが、 今んところ、俺の部屋だけには、 入れないようにしている。
俺以外、大人が居ないんで、 外出はタクシーを使っている。
孫娘は、来た日から、徹夜でお片付け。 寝ないで学校に行って、バイトまで行っている。
こんな生活だと、ずーっと道場生達に、 助けてもらって生きていたのが、実感できる。
私、来年には車の免許、取れるからね、 だってさぁー。
3人なら、いさかいも、汚ねえ言葉もねえから、 楽っていえば、楽だよなー。
トンチンカン坊やが、洗濯物を干していたが、 何んか違う(笑)
俺、今まで一人暮らしの体験ゼロで、 洗濯もしたことなしだったが、 洗ったものを、バシバシ伸ばして、 干してやっちゃったよ。(笑)

         雀鬼




孫娘さん、文句なく動いている姿が目に浮かびます。 更に車の運転まで…何で私ばかりって話を 身近の者から聞く事もあり、貴重な存在に感じます。
(恒)

会長のご自宅には今は虎狼ではなく、 働きアリの孫娘さんとトンチンカン坊や(笑) だいぶ環境が変わりましたね。 ペットの犬もちゃんと会長が大将であることを感じていて 周りの関係性が分かっているその上で ウータンには警戒して吠える、素晴らしいですね。 いい話だな〜(笑)
(シャボ)

ちょっと前まで、小学生だったイメージの孫娘さん、 もう車の免許が視野に入る年になったんですね。 よぼよぼのお爺さんに、一家のやりくりをするお姉さん、 とんちんかんな弟さんで笑いが生まれる。 大変な中で肩を寄せあって生きる、 まるで昭和の心温まるドラマのようです。
(緒方)

■2021年4月7日(水)その2 Vol.6632

俺が、タクシー呼んで、乗ろうとした時、 孫が、パパと入って来て、
「今日から、しばらく、ここに住みます」
ていうことは、犬とかネコとも、何匹も一緒か。 俺、動物は嫌いじゃないが、どうもペットが苦手。
4月に入って、生活が変わっちゃいますね(笑)

         雀鬼




四月からの、まるで新生活ですね。 がらりと変わりますし、 ペットも同伴になってしまいましたが、 道場生にも大人気のあの一家と一緒に暮らされるのでしたら、 ご自宅の空気も随分とよくなるのではないでしょうか!
(緒方)

■2021年4月7日(水) Vol.6631

4月に入って、生活に変化が起きてます。
右手首あたりを骨折した家人を長男が、 俺の方は、はるしとパパとママの3人が 付き添ってくれる。
検査をした後の診察まで2時間ぐらいあるんで、 車に乗って、
「山の方へ走ってよ」
途中の相模川の河川敷で降りて、 砂利道を片道150mぐらい歩いて水辺に行く。
水が綺麗な川が流れていたが、余り自然感がない。
50mぐらいの川幅、 30mぐらいの所だけ、ちょこっと深場を感じる。
今日のニュースで、子供さんが川で流されて、 大人が2人、助けに入ったが、 お子さんは亡くなり、大人の方は一名が行方不明。
川べりは、風があって寒かったが、 暑かったら、泳ぎたいという気分が少しあった。
いつもの医者が、
「脈が早いですね」
川場で少し無理したせいかな。
4人で食事したら、嫁が、
「私用で、ちょこっと寄っていいですか」
大きな駐車場が満車。
俺、見なかったが、 嫁が、大きな袋を4つ持って、店内に入る。
「買い物かい」
「いや、査定してもらっているんです。  30分ぐらいかかりますよ」
暇なんで、店内に入ってみる。 並べられた商品は、どれも欲しくないものばかり。
「査定って、220円ぐらいかい」
諸用を済ませた嫁さん、
「320円でした(笑)」
最低でもゼロが2つ足りない(笑)
こういうお店に初めて入った。
外で一人で立っていた時、買い物に入る老人達が、 上から下まで俺をジロジロ見る。
知らない世界の勉強になりました。 でも、もう二度は行けません。

道場には牧野先生がいた。 第一声が
「文武両道です」
その一言で、居た者は全員あきれちゃいました(笑) 教育の現場って、危ないですよね。
孫達も大変だあー。

         雀鬼




教育がよければ、もっと世の中が良くなるはずですが、 自分の現場は自分が混乱しています。 文武両道は自分にとっては程遠い現実です。
(牧野)

自分が文武両道に導いている、 普段そんな態度を示しているのが透けて見えましたね。 流石、教育のプロを自負するだけあります。 教育の現場でトップに立つ者が、 どんなもんか身近で感じてた事もあり、 大人になっても近づきたくない世界です。
(恒)

320円…。売り物になるような物が、 入っていなかったのでしょうか? 会長を待たせたのだから、 せめてもう少し高く売れてほしかったです。 文武両道の先生、正直いってお目にかかったことがありません。 牧野先生は、どうしたら文武両道になれるのか、 結局教えてくれませんでした。
(ナルコ)

病院でお疲れの会長に30分は心身共にキツいですね、 もう少しお気遣いして頂けたらと思うのですが…。 そして320円(笑) 自分も先日プロの教育者の方から 1時間くらい「文武両道」の講義を受けました。 心身共にキツかったです。
(シャボ)

■2021年4月4日(日)その2 Vol.6630

筒香くん、大リーグ開幕戦、 一番出場よかったね。
でもよ、新監督になった浜の番長のとこが、 大変だよ。
開幕以来、勝ち星なしで、 連敗記録を作りそう。
筒香くんが帰ってあげれば、 もうちょっと、どうにかなったんじゃねえかい。
向こうでも早く、 一発ホームラン打てよ。 10本ぐらいは打てそうだからさぁー。
左肩があがって、窮屈そう。 その分、顔も右に傾いている写真を見たよ。
道場に飾ってある、 黒いバットが見守っているぞ!!

         雀鬼




会長からのアドバイス! 筒香選手、見てますか〜?
(ナルコ)

大リーグ開幕しましたが、筒香選手は3試合ノーヒット。 まずはヒット1本打ってほしいです。 横浜は大連敗しましたが、ルーキーの牧選手が頑張っています。 筒香選手みたいになれるか楽しみです。 名前が少し引っかかりますが...。
(百武)

■2021年4月4日(日) Vol.6629

俺と伴に行った海外の旅の途中で、 重い病気にかかって、10年余りのしげるちゃん、 心ある者達で見守ってきて、 心身がどうにか動けるようになったが、 まだ完治しているわけじゃない。
そのしげるを三年前から、 運動部長に任命して、 動けない体を少しでも動かしていた。
「やるの?」
「ハイ、やります」
の一声だけでつながっていた。 当然、道場相撲は敗けっぱなしの勝ち星なし。
ある日、ある時、 そのしげるに感覚の「捌き」が起きた。 恒が相棒になって付き合ってくれていた。
一方、枯れ葉に染まったままのシャボは、 瞬間で勝つ。
誰も歯が立たず、 とうとう361回敗けなしの大記録。
普通じゃ勝てないってことで、 橋本を感覚の中の風の子にさせると、 一本10分かかる熱闘を繰り返し、 シャボ、危うし。
その裏で、しげるちゃんを雲の感覚へ。 触らず、恒相棒を転がす。 深山も橋本も百武もやられる。
深山なんか、普通の相撲時代は、 シャボと2人して、横綱を張っていた頃が、 ずーっとあったが、 今じゃ、枯れ葉のシャボと、雲の子のしげるには、 一度も勝てない。
昨日、とうとう、しげるが、 組み合った瞬間、シャボを雀卓の上に転がして、 大記録をストップさせた上に、 4人斬りを6回も成し、総合25pをあげる。
シャボも55点を上げて、 2人だけが、ポイントゲッター。 全敗は5人。
ほとんど勝てない橋本が、 シャボ相手に天敵の風の子立ち合いで、 4回勝って、裏ポイント(笑)で、 1pを上げていた。
それにしても、シャボの361人斬りは、 破れぬ記録でしたね。

         雀鬼




シャボさんの連勝がついに…。 二人に共通しているのは、会長や道場に対する想いでしょうか。 もともと運動が得意ではなく、病気とも戦うしげるさんの大きな変化に、 驚きと喜びを感じます。でも、たまには勝たせて下さいね(笑)。
(ナルコ)

361連勝なんて本職の相撲取りでも無理な話だと思います。 ストップしたのは、運動が苦手なしげる君。 強くなりたくて、体鍛えたり、研究したりするんでしょうが、 それとは関係ない所で、強さが生まれてます。 不思議ですが、人間の考えと全く違う所に、 本物があったりするのかなって思ったりします。
(恒)

しげる運動部長、バンザーイ! シャボさん、ぶぅー!
(橋本)

シャボさんの大記録を止めて、ヤッターという感じも、 余計なことをやっちまったという感じもありません。 やはり自分の力ではない気がします。 病気の時も、病気の後も、会長を始め道場生にも 見守ってもらっているお陰で 再発せずにすんでいる気がしてなりません。
(しげる)

しげるさん、自分も、しげるさんに負けた時に、 悔しさとかは無く、むしろ清々しかったです。 自分の記録も自力で出来たものではないですし。 しげるさんの変化していく姿に嬉しさ、凄さ、心、 たくさんのものを学ばせて頂いています。 しげるさんに負けて良かった〜。 サブマネ、ぶぅーとおっしゃらず、また遊んで下さい(笑)
(シャボ)

ここのところ毎週、シャボさんに吹っ飛ばされ しげるさんに転がされ ポイントとは縁のない日を過ごしております笑。 ですが、その度に感覚の凄さや 不思議さを感じさせていただいて不思議で楽しいんです! シャボさん、しげるさん、サブマネの関係性も 凄いなぁと感じます。
(深山)

■2021年4月3日(土)その3 Vol.6628

俺ん中で、水を買うという概念が今だなし。
ペットボトルの水を、みなさん買っている。
俺、水分は、午後の紅茶のストレート8割、 濃いお茶2割で済ましている。
食事の後は、あったかい日本茶。 海外やホテルでは、コーヒーを飲むが、 我が家では、一週間に一回ぐらいかな。
水って大切だよね。
我が家には、家人によって、 ウォーターサーバーが準備されているが、 俺は使ったことがない。 水道水で十分。

         雀鬼




自分も学生の頃は水なんか何で買うんだろって思ってました。 今ではお茶や甘い飲み物をあまり飲めない、 水ばかり買ってますが、水も最近は嫌な時があります。 海で泳いだり体動かして汗かいた後は平気なんですが… 不自然なものを溜め込んでいるんのかなって思ったりします。
(恒)

お茶やジュースよりも安かったので、 水を買って飲んでいたことがありました。 家では、水道水を沸かして飲んでいます。
(ナルコ)

■2021年4月3日(土)その2 Vol.6627

「体捌き」
から始まった不思議な変化の仮のビデオを、 緒方が作ってくれた。
俺ってどんなにかっこいいんだろう、 と期して、長時間かけて観てみた。
イスに座っている俺、それじゃと、 やる場まで、やっとこさ立って歩く姿は、 まるで病院の入院、手術の後のようなヨレヨレ。
その動きを見ていると、 俺の姿に、どんどん疲れが出てきちまい、 俺ってこんなかよ、とがっくりどころか、 こりゃダメだ、と気持が落ちていった。
そこらの病人の高齢者並みの、 俺の姿が流れる。
それを土曜、日曜と 2日連続やったことが自分で信じられない程。 俺が、あの場で倒れちまっても仕方がねえ不自由さ!!
困ったね、全く・・・・・

         雀鬼




会長の場合、ギャップがまた面白いと感じてしまいます。 自分の姿って普段見れないので、 ビデオは新鮮な感じもありましたが、 自分の体型に若干ショックを受けました(笑)
(恒)

立ち上がったり、歩かれたりするのもかなりキツい 今の会長のお体の状態ですが、 自分達はコロコロ転がされています。 不自由さと自由自在のギャップが凄いです(笑)
(シャボ)

僕が自分の体を見て、こんなにデブだとは!!と。 愕然とする感じに近いのでしょうか。 でも、会長がそんな風にがっくり来られるなんて、 まったく思ってもみませんでした。 捌きなしの年相応でいらっしゃっていることを思えば、 ご病気もありますし、やむを得ない気はしてしまいます。
(緒方)

■2021年4月3日(土) Vol.6626

4月に入りましたね。
シャボさん、さっそく我が家で、 長年、俺のようなダンナを側に置いて、 骨を折って暮らし続けていた家人が(笑) 出先で、何かにつまずいて、 前に倒れて、左腕をギブス。 生まれて初めての骨折らしい(笑)
週が明けたら手術らしい。
俺もそうだが、年寄りは転ぶと危ない。 骨折から、どこか体に変調をきたす方々も多い。
俺みたいな、やん茶人生じゃ、 骨折なんて付きものだった。 歩けない要因の一つでもある。
みなさんもお気をつけて下さいませ。 まだ小っこいことで済んでます。
俺も、火曜日には、また病院ですわ。

         雀鬼




やはり4月は要注意なんですね。 まさか奥様とは思っていませんでしたが、 骨折以上の事にはならず本当「不幸中の幸い」です。 普段からもう少し会長の言うことを 素直に聞いて下さっていたら また違っていたと思うのですが…。 会長はもちろん、会長の周りで良くないことが起きないよう、 怪我や病気に限らず自分達も気をつけなければと思います。
(シャボ)

奥様も初めてのことで、なおさら大変なことと思います。 会長も今以上のご自宅での不自由や、増えるお気遣いも考えると、 大変さが、気にかかってしまいます。 御用がございましたら、 簡単なことでもお申し付け下さればと思います。
(緒方)

■2021年3月31日(水)その2 Vol.6625

道場事ですが、土日と2日間、 道場なりの興行を連続で打った。
俺なんか、舞台に出っぱなしだったんで、 終った後は、いつも以上の疲れを感じた。
俺は風、風が吹いて生まれた枯れ葉のシャボが、 瞬間の当りが凄くて、 道場生は次から次へと吹っ飛ぶ。
シャボが十何人を一分余りで倒す。 連勝も306人斬りまで伸ばす。 有り得ない流れ。
ただね、風の子の橋本とぶつかると、 その10倍の10分以上、勝負がつかない。
シャボは、体や足腰まで力が抜けるが、 あの相撲に弱い橋本は、 いい子だね、と頭や体を撫でたり、 いいね、その勢いで押せば、 と10分以上しゃべりっぱなし。
これだけは、俺にも無理。 俺、10分立ってられないもんな。
取り終ったシャボは、その場で崩れ落ちる程、 橋本に体力、気力を奪われる。
この一番だけは、特別おもしろいんだが、 10分は長過ぎ。
2人伴、汗が滝のように流れているが、 橋本は、ヘッチャラの顔で、そのまま動けている。 側で、シャボは座り込み、ゼイゼイもの。
体捌きから、
「感覚の仲」
に入れた仲間達が6人ぐらい居る。
「ヨシ、全員、突っ込んで来いよ!!」
瞬間、前後に投げ、左右に転がしてやる。
特に、300人斬りのシャボが、 風の親の俺の手にかかったら自由自在。
6〜7人、誰もが、 俺の体に触る前に転がされている。
倒された者達が、全員、笑顔って、いいでしょう(笑) 恒の転がりが、子供のように可愛いんだよなー。
一人10秒あれば十分なんです。
終ると、全員で手を重ねて、 作った作品に喜びを感じ合えるって、 なんなんでしょうかね(笑)

         雀鬼




会長に転がされたり、飛ばされたり、動けなくされたり、 でも、それが何だか楽しくて、気持ち良くて、笑ってしまう。 見ている人からすると、何でそうなるの?ですが、 されている自分達も、なぜかそうなってしまう、 ただただ不思議なんですよね(笑) でも実際に何かが起きていて、それを体感している。 「感覚の仲」は「共感、共鳴」ですね。 そういう喜びを感じ合えているのだと思います。 そしてサブマネ、10分は長過ぎです(笑)
(シャボ)

シャボさんが、あまりに、いい子で、かわいいいもんで、 ついつい長くね、ごめんなさい(笑) でもホント、不思議とヘッチャラなんですよね〜 10秒あれば十分、とか、自分も言ってみたいな〜(笑)
(橋本)

あの強いシャボさんが、 橋本さんとの相撲では子供扱いされてしまう、 大人が子供に相撲を教える姿とダブってみえます(笑) 自分は道場通い初めの頃から会長のおもちゃですが、 20数年経って、おもちゃ仲間が増えた感じがします。 不思議が面白くて仕方ありません。
(恒)

■2021年3月31日(水) Vol.6624

33年が過ぎた。
心温かい人達から、 心が詰まった頂き物まで頂き、 その上、こちらから出すべき、 お礼状、感謝状のお言葉まで沢山頂き、 ありがたき日々でした。
道場20周年の時に、 でっかい本マグロを準備して、 多勢の人の中で、日本刀での一本おろし。 見事なマグロさばきの腕を見せて頂いた。
あれから13年がたって、 東北大震災の折り、伴にトラックで、 まぐろを2000人分ぐらい作業してもらって、 伴に同感して、少しの行動が成せたのも、 関さん、黒澤さんのマグロ兄弟があってこそ、 目玉ものを、被災者の方々に、 束の間の喜びを届けられたんですよね。
「よきつながりって、  希薄になった人間社会の中で、  改めて大切さを感じました」
あの日、俺の好物のふぐ料理や 煮物がどっさりあったのに、 マグロ一本で、どんぶり飯を頂いちゃいました。
いつも贅沢なんですが、 あの日のまぐろは、最高品でしたね。

         雀鬼




2000人分というムチャなお願いも「大丈夫ですよ〜」の一言で、 お二人、徹夜で、まぐろを捌かれて、 そのまま被災されてしまった方々のもとまで一緒に届けて下さり、 タフさと気持ちがなければできない行動で、 そういった心ある方々と10年以上も つながりを持たせて頂けて本当にありがたいことです。 お忙しいとは思いますが、 またお二人でお顔を見せに来て頂けたらと思います。
(シャボ)

今回のマグロは、最高品だったんですね。 そうとは分からず、ただ美味しく食べてしまいました。 本来、味の分からない人が食べていいものでは無いのですが…、 ご馳走さまでした。 仲間との空間、心ある贈り物、 決して当たり前にあるわけではないのだと、改めて思いました。
(ナルコ)

被災地へマグロを届ける、 マグロ兄弟のお二人と会長の繋がり、関係性があって 起きた事だと思います。 その事を身近で感じられたのも、貴重な体験でした。 大変さは想像以上だと思いますが、届けるだけ届けたら、 さらっと帰られる姿が粋で、頭が下がるばかりです。
(恒)

震災時にも、一切なんの迷いもためらいもなく、 さっと、ハイ、と答えてくださり、 大変さも表に見せず、行動も、さっ、さっ、さっ、のお姿、 何度も、会長と、関さん黒澤さん、シャボさんとの、 気持ちと行動の重なりがありました。 そのつながりの一つ一つがこもっての、 最高品のまぐろだったんですね!
(緒方)

■2021年3月29日(月) Vol.6623

桜井会長、雀鬼会の皆様
どうもこんばんは。 こちらは上海におり、コロナのため、 たやすく日本にも帰国出来ない状態ですが、 皆様のご活躍(雲の動き、枯れ葉、枯れ葉の親の風)を、 どんなものかよく分からないながら、 めちゃくちゃ楽しそうな感じを、 ホームページを通じてとても楽しませて頂いております(笑)
この日曜日で道場、牌の音33周年を迎えられまして、 誠におめでとうございます。 桜井会長のお言葉とそこに信頼感でつながってらっしゃる皆様、 本当にかけがえのないものと思っております。 どうもおめでとうございました。 自身は14年前に大阪から相模原に仕事で来ましたが、 かねてから桜井会長の著作に助けて頂いていた ご恩を感じておりました。 (上海にも、会長の本ばかり持って来ていますが、  時々読み返しては、スッとした気持ちにさせて頂いています。)
そういった背景もあり、勝手ながら、 お好み焼き、途中から干物(笑)を 差し入れさせて頂きましたが、 今回、干物は間に合っておらず、大変失礼致しました。 (それでも自分は時にお送りするだけで、  一番ご苦労をなさっていたのは緒方さんかと思います。  大変ご苦労をお掛けしておりました。)
ご恩をお返ししようと思っておりましたが、 逆にこちらがたくさんのものを頂いており、 心から御礼申し上げます。
数年前、夏の海ツアーにお連れ頂き、 海で生命の息吹を感じさせて頂きました。 あの夏の海の煌めきは自身に永遠に残って行くように思います。 また、父親が旅立った際に頂戴致しましたお花は、本当に有難かったです。 心にしみいりました。本当にどうもありがとうございました。
上海におりますのでなかなか枯れ葉の親の風は直接見れませんが(笑)、 また見たところで理解不能かとは思いますが(笑)、 日本に戻った際にはご挨拶にお伺いさせて頂きたいと存じます。 その際は、どうぞよろしくお願い申し上げます。
明るい会長、明るい皆様の声、そして牌の音、万歳!! 33周年、どうもおめでとうございました!!
上田大輔
================ ================
道場33才おめでとうございます!! 33年間の中で私は14年ほど お付き合いさせていただきお世話になりました! 会長や道場生はもちろんですが、道場にも 私を見守ってもらいここまできたという感じがしますね。 ちなみに私は先日36才になりました!笑 これからも「つながっている」が続いていくと嬉しいです。
平野 早矢香
================ ================
桜井会長!雀鬼会の皆さま 33周年ありがとうございます! 33歳といえば家の長女と同い年です! そう想うとなんだか益々 桜井会長や雀鬼会の皆さまが愛おしく感じられてきました! また兄弟でふらっと寄らせていただきます。 33年本当にありがとうございます!
まぐろ兄弟 関、黒澤
================ ================
会長、本部の皆様33周年ありがとうございます。
とても貴重な体験もさせて頂き大変嬉しかったです。 酷い麻雀を打ってしまい失礼しました。 もっと麻雀を大切に、そして、そこに集う仲間を 大事にしていけるように心を入れ替えます。 直ぐには出来ませんが、少しずつ学んだ事を活かしていきます。 まずは普段の生活から見直して、 身体づくり、心構えからやり直します。 会長、本部の皆様、本日もありがとうございました。
高槻塾 齊藤 成良
================ ================
本部33周年おめでとうございます。 会長、本部のみなさんと一緒に過ごさせて頂ける時間は楽しく、 今回は驚きの連続でした。 こんな体験出来るのは本部以外なく、 そばで見ることが出来て幸福者です。 会長、本部の皆さん、ありがとうございました。
高槻塾 氏本 正逸
================ ================
会長とマネージャーのつながりは、 言葉は少なくても男と男は 本来こうあるんだなと学ばせてもらっています。 会長にはあらゆる興行の先頭に立っていただき、 緒方やマグロ兄弟や宮本さんの煮物など心ある料理を頂き、 感謝しかありません。 暗い方に帰っても、飲み込まれないようにします。
牧野

■2021年3月28日(日) Vol.6622

33年期、大阪の一番弟子の山田英樹が、 弟子を何人か連れて来る。
36年間の長いつながりは、 出会った頃から、ちっとも変っちゃいない。
男と男がそこにあるだけ。
初めに道場で起きている不思議な動きを見せてやる。 雀鬼会も終わりに近いが、 理解不能の領域に向いている。
麻雀も3回打った。 高槻勢の弟子が2人づつ入る。 一応、全部、勝ちを見せてあげる。
ふぐ刺し、ふぐなべ、煮物の上に、 又、あのまぐろ兄弟から、特上のまぐろが届く。
ごちそうばっか。 たらふく仲間と食べた。
そこに居るべき存在があるだけで、 ただただ、ありがたい。
こんな爺さんを囲んでくれるって、 計算なしじゃねえよな。
沢山の催しがあって、 本日は早目に帰ろう。
明るいところから、 暗い方にネ!!

         雀鬼




普段は遠く離れてても男と男の関係を続けられるマネージャー、 ちょっとした所作、判断に学びがありました。 根っこから違う、とても追いつける物ではないですが。 麻雀より、麻雀以外の遊び、 触れ合いの時間が長い雀荘はここだけですね。 家の者にも麻雀打てよって言われちゃいました(笑)
(恒)

塾生の皆さんは、いとこのような存在です。 山田マネージャーのもと、大勢ではないですが、 行動や信頼を見せる仲間がいるのは、本部と同じですね。 触れない、という領域に達した体捌き。 普段見る機会の無い高槻の皆さんに 見てもらえて良かったと思いました。 笑い、驚き、不思議。表情は様々でした。 そして、マグロ兄弟、宮本さん、緒方さんによるご馳走は、 美味しいだけではなく、みんなと食べられるのがぜいたくです。
(ナルコ)

会長とマネージャーの関係、 つながりはやはり特別なものに感じます。 お二人のもとで学び、触れ合わせて頂けている自分達は 本当に恵まれているしありがたく思います。 普段はなかなか逢えない高槻の方々や、 いつも心を寄せて下さり 最高に美味しいまぐろを送って下さるまぐろ兄弟のお二人とも つながりを感じさせて頂いています。 「つながり」大切にして行きたいです。 そして会長にとって道場は 明るく楽しく自由自在を感じれる場所であるよう これからも皆で元気良くやって行けたらと思います。
(シャボ)

何か、親戚の集まりのようでしたね。 されど、酒はなく、出し物はここでしか見られない、 雀鬼サマの不思議な捌きの数々!! 33年たってるのに、マンネリどころか、新物ばかり! 初めての人には大変な衝撃だったことでしょう(笑) 何度も見ている僕らでさえ、自然と気持ちがあがりますからね。 まぐろ兄弟からは、いつも以上の気合を感じまして、 会長の今の心身を慮るお気持ちが伝わってくるようでした。 みんな持ち寄った気持ちの温かさ、ありがたい限りです。
(緒方)

■2021年3月27日(土) Vol.6621

明日で道場は33才らしい。
オーバーじゃなく、 道場は俺の生活の中心で、 その場は、まさに俺の生命線だった。
もう一度やれよ、と言われても、 もう一度は決して歩けなかった道。
学校や社会からより、 現場の中での変化で、多くのことを学べた。
俺一人じゃ通れても、 決して、作れない場を、 その時、その折りに、 何人かの心ある者達が場を作り、 俺のケツを押してくれたからこそ、 今に至った。
一般的な社会生活を送っていたら、 大きいものの指示で生きたろうが、 誰も歩かなかった道だからこそ、 自分らしさを少しでも保てたままで、 やって来られた。
子供の頃からの性分を消すことなく、 やん茶や、いたずらを、 まじめに(笑)やって来られた。
信じるということを先に置かなくとも、 何人かとは、信頼感で
「つながっている」
欲もなく、下働きばっかの橋本や緒方が飛車角、 恒が大将で、その周りを金と銀が囲み、 変った動きをする桂馬もあって、香車もあるが、 歩は、いねえな。
もしかして、その歩が、 俺なのかも知れないと、今思えた。
「お前達、ここに、いつたどり着いたの」
先日の問に、
「20才頃です」
その者達は、今や40才代に入っている。
俺と若い者達で始動したこの場も、 中年期に入っている。
場は大きくなるどころか、 段々と、こじんまりしている。 社会的成長と逆かもなー。
俺、若くてバリバリの頃、 俺って仙人になるんかなー、 と思いつつあった頃があった。
仙人にはなれなくても、今だに、 二つ名を雀鬼として通させてもらっている。
今は3月の後半。 季節の変り目の4月と6月は要注意だなー。
「無理を通せば道理が引っ込む」
これが今の社会かなー。

         雀鬼




少し前に、道場に通い初めから 今までを振り返る機会ありましたが、 良いも悪いもガチンコだったな〜って思います。 自分自身、いろいろとやらかしていて(笑)、 今の状況は全く想像出来てません。 会長に遊んで頂き、心ある仲間の行動に支えられ、 今やらせて貰ってます。
(恒)

信頼感のある先輩たちが、日々の触れあい、 放課後の時間など、 様々な場面で良い見本となってくれます。 33年が経ち、僕も子供から中年にさしかかって来ましたが、 いまだによちよち歩きだな、と感じます。
(ナルコ)

自分が飛車角とは思えませんが、 みんな、それぞれの色や役割があって、 その中で、過ごさせて頂いているのはよく分かります。 会長の役割は、いたずら坊主から、大黒柱、 みんなに楽しみを作ってくださる日々に、 最近は、なんだかんだと仙人もやられてますね!
(緒方)

昔は道場生がいっぱいで賑やかでしたが、 今は道場生は少なくなっています。 でも会長や仲間達とのつながりや関係性は 濃くなっていると思います。 仙人のような会長と触れ合い、遊んで頂けて本当にありがたく、 恵まれていると思います。 会長と仲間達とのここにしかないものを大切に これからもご一緒させて頂けるようやっていきたいです。
(シャボ)

■2021年3月24日(水) Vol.6620

孫の転機のことで、 両親が顔を出したらしい。
俺、何も感じなかった。 何んか、凄いイビキをかいて、 寝てたらしい。
俺、寝れば、夢を見てるが、 イビキをかくとは、自覚がない。
まぁ、ここんところの状態では、 それもあるかもな、と思えた。 冥途の足音が聞こえて来る年齢に。
子供が終わって、 まぁ、ちっとも終わっちゃねえけんどな(笑) 次は孫も育って、背丈も俺に並ぶ年頃になったが、 今は孫達のことが、時折心配っていうか、 心が向いてしまう。
良かれ悪かれ、俺が体験したことを語ってあげる。 出来る内に、わずかばかりでも 手助けしてあげたいんだよな。

         雀鬼




いびきは、あまり良い変化とは思えなので、 心配にはなりますが、 お孫さんがある程度落ち着くまでは、 自慢のじーじで居て下さると思っています。
(恒)

会長がいびきと言うのは あまり無いことなので少し心配になってしまいます。 数時間でもスッキリ気持ち良く寝れた という日が増えてくれるといいのですが。 幼かったお孫さんも心身共に成長され青年期をむかえ、 その時期にある変化や悩み等体験されているなかで やはり会長の存在は何よりも大きくありがたいはずです。 幼い頃から会長の背中を見て育ったお孫さん、 これからもそうあって頂きたいです。
(シャボ)

■2021年3月21日(日)その3 Vol.6619

政治のナンバー2のオヤジが、
「マスク、いつまで着けてんのかよ。  蒸れるし、かゆいし・・・・・、  なんたら、かんたら」
「記者なら、それぐらいのこと分かるだろう」
だってよ。
奴等クラスなら、裏側で対処してある。
たってよ、マスクしろよ、 と命令してんのは、政府じゃねえか。
国民は、みんな、 恐怖と不安の日々を送っているのによ。
予算委員会で、議会で集まってるんだから、 あそこでクラスターが起きねえかなー。
民間の企業がありました、 と認めてんのに、 総務省は記憶にございません、 だってよ。

         雀鬼




政治家って、頭悪い発言、多い気がします。 どんな事になるか分かりそうですが、 普段から小馬鹿にしているんでしょうか。 こんな政治家達を応援する人の気が知れません。
(恒)

認めないで、ごまかせばなんとかなる、ということでしょうか。 なんとかなっているようには見えないのですが…。
(ナルコ)

■2021年3月21日(日)その2 Vol.6618

今日で、卓上の勝負は千秋楽か。
恒大将が前回は新人で入って、 ウータンと同点優勝だったが、 今場所はウータンが2敗して、5連覇を逃がし、 恒が14勝1敗で優勝。
恒、ウータン、百武の3人が10勝以上。 これって、大変だー。
もう一つ凄えのは、 4人抜きさえ大変なことなのに、 枯れ葉になったシャボが、 19回連続で全員抜きをして、 そんで、敗けなしの257連勝を続行中。
相撲というより、 枯れ葉になった変化で、 触れた瞬間、当たる相手をぶっ飛ばすだけ。 今までにない猛烈な枯れ葉。 いくらシロウト仲間とはいえ、強過ぎる。
昨晩も全員抜きを6週して、 「体捌き」に移る。
俺、枯れ葉の親の風なんで、 シャボは触れられた瞬間に、2mは飛ぶ。
恒大将が、何か新型やってよ、 と贅沢な申し込み。
ふとよぎる。
感覚の中じゃないと、
「こんなの出来ない」
ただ感覚が思わせただけのこと。
練習も準備もなしに、 シャボ、おいで、と、
「優しく誘う」
ちょこちょこ触れて、俺なりの作品を作る。 これ以上は危ない、という立ち位置で止める。
作った作品を、出来はどうよ、 と離れて眺める。
これが、不思議なんですよ。
シャボは決して自分じゃ作れない立ち位置で、 全く動けずにいる。
俺は楽しくって、笑っている。
「これって、何なんだい」
と楽しんで笑っている道場生に聞く。
「何なんでしょうね」
「蝋人形ですかね」
「じゃ、それにしよう」
シャボの作品は傑作だったが、 深山と恒にも体験してもらう。
作っている本人も、作られた本人も、 何故だか分からない(笑)
恒、俺、後期高齢者なんだから、 余り、無理言うなよ(笑)
日常での不自由と、 道場での自由自在の2つの大きな違いを感じて、 今は、まだ楽しめる。

         雀鬼




大変というより、日々やりがいを感じています。 休場ありながら付いてくる百武は凄いなって思いますが、 自分のせいで休めないウータン、すみません! 今回も体捌きの新作、次は何が起きるんでしょう。 贅沢な願いではありますが、無理は言ってないつもりです。 そして、また新作を楽しみにしてます!
(恒)

場所のおかげで活気が生まれ、その中で永井さんが優勝! 僕のダメさが足を引っ張っていたんだな、と実感します。 僕が良くなっていくことは、永井さんだけではなく、 みんなにとってもいいことなのだから、頑張らねば、と思います。 シャボさんが僕らを吹っ飛ばしたかと思えば、 次は会長に吹っ飛ばされ、転がされ、そして動けなくなる。 言葉で書いても訳が分かりません(笑)。
(ナルコ)

今場所は波に乗って10勝越えできました。 勢いがないと10勝は難しいとおもいます。 また、永井さん、ウータンと三役で並べたのは良い型になりました。 新作の蝋人形は、逆に、動けなくなるというのが新鮮でした。 個人的に、シャボさん、永井さん、深山の三体の蝋人形が 並んでる姿を見れたら面白いなと思いました。
(百武)

卓上、相撲両方の場所で活気がでていますね。 会長に枯れ葉にして頂いてからの連勝記録、 数字を見ると凄いことになってるな〜と 自分の実力ではありえない事が起きていて不思議な感じです。 そしてまた新たな感覚の不思議な世界が(笑) 会長に色々な形の作品にして頂き ありがたくも何だこりゃーでした(笑) でも会長に楽しんで頂き嬉しかったですし、 ウータンにも笑って頂けて良かったです。
(シャボ)

■2021年3月21日(日) Vol.6617

パパが仕事でゲーム作って、 幼い孫がゲーム命。
これも世の流れか、と受け入れはしないが、 余計なことは言わないようにしている。
たまに孫の家に顔を出すと、 孫達は遊ぼうよ、 ボール投げや、紙ヒコーキを作ったりして、 少しだけ遊ぶ。
これって、俺が知っている子供遊びと、 変わっちまったなー、と思う日々。
そーっと、隣の部屋で隠れているパパ。 下の孫の、パパも居るよ、の声で、 ドアが開き、 気持ちが入らない、こんにちわ、の一言で、 また、引き篭もる。
この頃、上の孫がゲームから離れず、 しゃべりたくないモードを出している。
2日間、ゲームのために泊まっていた孫達。 俺が道場へ行く車に同乗して、 我が家へに帰るらしい。
何も語らない孫、
「ねえ、キミは、人間って嫌いなの」
「うーん、分かんない」
の一言。
これでいいのかな。 大人もスマホで、メールとか、ライン、 フェイスブック、インスタグラムとか、 ツイッターとか、俺の知らない言葉を使って、 電波でつながっている。
「便利ですね!!」

         雀鬼




家の同居人も、テレビやスマホでネット検索が好きなようで、 一緒に出掛けても、止められない感じです。 便利や楽に慣れると、人との触れ合いが嫌になってくるんでしょうか。
(恒)

仕事、買い物、遊びも、スマホや ネットの情報があれば出来てしまいます。 情報として伝えられないものは軽視され、 失われていってしまうかもしれません。
(ナルコ)

子供の頃は、家庭がつまらなくて、ゲームに没頭していました。 それでも、春休み、夏休みぐらいしか会えない祖父と 遊ぶ方が楽しかったです。 今、大人が便利なものに没頭するのは、 それだけ世の中が、つまらなくなったのだと思います。
(百武)

人間嫌いなの、うーん分かんない、 自分の子供の頃を思い出しました。 今は、当時よりもそういう子が増えているのではないでしょうか。 便利をきっかけに生まれる空虚さのようなもの、 電波を使って、みんなで増殖させているように見えます。 身を寄せ合い、心身を触れ合う道場のような存在は、 どんどん有り難くなっていますね。
(緒方)

■2021年3月20日(土)その2 Vol.6616

道場裏の線路を越えたところに、 幅8mぐらいの川があり、 俺、時折、帰りがけの暗い中で、 背を見せて、流れに合わして泳ぐ鯉を見つけて楽しむ。
しばらく、雨が降らなかったんで、 その川の水が減って、 底に敷いた四角のコンクリートが浮き上がり、 そのコンクリも水に触れないせいか、 白くなって、水辺に合うコケも生えてない。
高さ4mぐらいのコンクリートの壁があるが、 過去に大雨が降った時は、 道場あたりも冠水したらしい。
山火事があったり、 豪雨があったり、自然も黙っちゃいないなー。

         雀鬼




道場からの帰り道にある川、 普段は子供が遊んでいても何の心配いらないですが、 台風等の時は、落ちたらまず助からない感じの濁流、 自然の変化の凄まじさを感じさせて貰ってます。
(恒)

あの川は、色々な種類の鳥さんもいて、 見ていて面白かったりします。 ほぼほぼ干上がっている部分もありますので、 雨が降ってくれて、良かったです。 でも、大雨になっちゃうと、道場が心配です。
(緒方)

■2021年3月20日(土) Vol.6615

6時過ぎ、東北地方に、 また地震があった。
津波も来てるらしい。 小さい波で終って欲しい。
俺も出向いた石巻地方は、 しょっちゅうだな。
台風の通り道もあるが、 地震もあるのかな。
ここんところ、東北ばっか。 不公平ですね。
よかねえことだが、 自然も、公平なんてねえんだよ、 と教えてるんかなー。
年号も
「不幸平」
に変えたらどうかな(笑)
小さい事から大きな事まで、 世の中は、不幸平で 成り立っているんだからさあー。

橋本社長に花をプレゼントしました。 また腹を抱えて笑ってくれればいいんだがね(笑)
長い付き合い、 先日のあの橋本の姿は、初めて見たっけなー。

         雀鬼




会長を直視出来ず、笑いが抑えきれない橋本さん、 何があったか気になりますが、 事情を知っても伝わらないようです。
(恒)

少し大きな揺れを感じると、 東北の方も揺れたのかな、と気になります。 あの大地震からまだ10年、 当時の記憶もあるでしょうし、 現地の皆さんは怖かっただろうと思います。
(ナルコ)

かぐわしく、きれいだったり、 かわいかったり、花も千態万状。 ♪どの花みてもきれいだな〜 ぶっははははーっ(変)
(橋本社長)

■2021年3月17日(水)その2 Vol.6614

来る時、食事処をちらりと覗く。 ほとんど店が真っ暗。 明りがついていた店も、人っ子一人居ない。 活気もなければ、淋しさや侘しさを感じる。
煌々と明りを灯している場は、学習塾ばっか。 受験シーズンも過ぎて、またまた幼い子供達にも、 悲喜こもごもなんだろうなー。
高架線を走る小田急電車一両ずつに、 立っている人が結構見えた。 最終電車も30分ぐらい早くなったらしい。
俺なんて、ずーと夜行性生物やっていたんで、 なんか合わねえんだよなー。
俺が、かつて、下北沢から帰る最終に近い電車は、 満員電車で、座るなんて滅多に出来ず、 車内は凄く酒くさかった。
着いた駅のタクシー乗り場でも、 長い列を作っていたっけな。
俺なんか今は帰る時、毎度、 運転マスターのウータンに送ってもらっている。
ありがたいこったあ。 ウータン、疲れてるし、眠たいのになー。

         雀鬼




終電で帰ると、日によっては1両独占の時もあります。 飲み屋も早めにしまってしまうので、 酒臭いことはまずありません。
(ナルコ)

ただでさえ活気がない飲食店へ 命令やら罰金による脅しが出来るようになったようです。 世の中動かす大人は、ろくな事考えないなって思います。 ウータンのご苦労には頭が下がりますが、 会長に打撃戦を申し込まれるのは止めた方が良いと思います。
(恒)

毎週末にあった、駅前の歩道を 完全に、ふさぐようなタクシー乗り場の行列も、 今は全く無くなりました。 道場生の電車組の帰りも早くなって、 ちょっと、寂しいです。 歌田さんは、いつも、会長のご自宅へのお送りや、 会長への懲らしめ、ご指導、怒り、ひざ蹴り等々、本当に大変です。 歌田さん、いつもご苦労様です。
(緒方)

■2021年3月17日(水) Vol.6613

大相撲が始まっていた。
白鳳が久し振りに取り組む。 右半身の下部が、 足首から腰あたりまで危なっかしい。
それでも、片手一本で、 どうにか2勝したが、又も休場。 また幕内場所になっている。
小っこい座イスに座って見てたが、 あくびが出る。
大関戦あたりで、イスからズリ落ちて、 板の間の上で、うつぶせに、 一時間近く横になっていた。 多分、10分ぐらいは眠ってたろうなー。
その間、家人は、 隣の部屋でテレビに釘付け。

昨日は、孫一家がやって来て、 太った孫を先頭に、 ピザ、たらこスパゲティ、刺身飯と、 バシバシ平らげる。
俺は、ちょこっと頂いただけ。
先日、他の孫が、
「ジージみたいなお爺さんは、いませんよ」
と嬉しい言葉。
それを伝えると、高一の孫娘も、
「私もそう思いますよ」
そこまでは結構だったが、 その後がいけない(笑)
「バーバも、ある意味、そこらに居ないバーバです」
同格か!!
一気に気分が落ち込む(笑)
夫婦って似るのかなー。
それだけは避けて生きて来たつもりなのに、 がっくり来たよ(笑)
パパが一言、
「正反対だけどね」

車から降りると、花の香りがプーンと来た。 春ですね。

         雀鬼




これだけ横綱不在の場所が続くと締まらないですね。 こうなると食欲旺盛でお米大好きなお孫さんに 横綱になってもらって大相撲を盛り上げてほしいですね(笑) 「ある意味」なので正反対ということですよね。 バーバのような方がそこらじゅうに居らしたら 世の男性は参ってしまうと思いますので(笑) そして会長が同格ということはあり得ません。
(シャボ)

ひと昔前なら、とっくに引退の両横綱。 対抗できる力士が出てこない、というのもありますが、 復活を期待する気持ちもしぼんでしまいました。
(ナルコ)

子供の頃、好きな横綱が引退して、 まだ出来そうなのにって思った事があり、 今の状況は何なんだって思ってしまいます。 サラリーマンだったら給料ドロボーって言われそうです。 会長のところは正反対ですが、 似た者夫婦にならないように気をつけたいと思います。
(恒)

会長がずり落ちて、板の間にうつぶせになっていたら、 今の状態だと、もしや、も無いとは言い切れませんので、 家人の方も隣の部屋にいる時ぐらいは・・・、 と思ってしまいます。 お孫さん、バシバシ平らげる姿、いいですね! 簡単に想像が出来ます(笑)
(緒方)

■2021年3月14日(日)その2 Vol.6612

今日、いつもの席に座って、足が重たいんで、 右足を20cmあたりの台に乗せたが、 左足が5cmぐらいしか上がらず、 無理して上げたら、足がツル。
見かねたシャボが、少しやりますか。 少し手当てしてもらったら、 シャボの顔の高さまで上がった。
その道のプロで、先生でもある深山が、 専門学校では学ばない手当てを、 じっと見つめていた。
「言っちまうけんどよ!!」
シャボは、道場生を100人斬りする猛者だが、 俺には軽く100敗はしているわね。
生きてれば、もう少しで80才を迎えてしまう俺だが、 俺、仙人になりたかったから、千勝はいけるなー。
「俺は全てアマチュアですから!!」

         雀鬼




知らない人に会長の話をする時、 仙人みたいと言ってます(笑)
(恒)

若者が修行のために仙人のもとを訪れる、 というようなおとぎ話がありますが、 会長のもとにはスポーツや格闘技のプロが訪ねてくることがあります。 空想ではなく、現実の話なんですね。
(ナルコ)

自分は軽く千敗はいけます(笑)
(シャボ)

■2021年3月14日(日) Vol.6611

雲遊びが上手になった恒大将が、 枯れ葉、風、雲の他にも何かあるんでしょう、 ってうるさいこと、贅沢なこと(笑)
俺のポケットには、 何でもあると思ってるらしい。
仕方がねえから、一枚レベルを上げて、 枯れ葉と雲の同時体験や、 望みが多い恒大将を、ハッケヨイで、 右に左に一回転させてやる。
「空気投げだ!!」
と緒方のでかい声。
「何だよ、それ」
「マンガには、あるんですよ」
「目の前で見ました」
「ああ、そうなの」
と軽く返す。
雲遊びをものにした、 しげるにやらせてみる。
人の習性として、前に突っ込んで来たものを、 捕まえて耐えようとする。
しげる、ただ雲のように浮いていればいいんだよ、 の指導で、雲を思い出して、恒をやさしく転がしていた。
風の子は橋本、雲の子はしげる、 二人伴、心があるんです。
レベルが上がって、無心に無体が加わった。
いつも体捌きを教えると、 レベルが高過ぎます、と文句をつけてくるシャボ、 俺は、どうすればいいんだよ(笑)
本相撲の方は、枯れ葉のシャボが、 また6周の71連勝で締める。
それも凄いが、その後の捌きは、 みんな大笑いだったな。 あれ、金取れるよな(笑)
卓上の勝負は、古参のウータンと恒が、 8日目で勝ち越している。

         雀鬼




触らずとも投げれるものですね(笑)。 おかしなことを言っているようですが、 事実なのでしょうがないです。 当然なぜ出来るかさっぱりわかりません(笑)。
(しげる)

すみません、会長には限度がないと思っているもので(笑) 動きに慣れてきたしげる君とは、 立ち会いの時点で、笑いが込み上げてきます。
(恒)

また凄いものを見させて頂きました。 無心に無体、これはレベル高過ぎだと思っていたら、 しげるさんがすぐに実行、 永井さんを見事に優しく転がすことに成功。 運動部長スゴ過ぎです。 いつも文句ばかり言ってすみませんでした(笑)
(シャボ)

こっ、これは、本物の空気投げだ〜!!うお〜! 実際の柔道の技でも、漫画でも、ゲームでも、 相手に触れてはいるんで、 あくまで、空気投げって例えのようなものなんですが、 会長の場合は、ホントに空気しかありませんからね(笑) 大笑いさせていただきました!
(緒方)

■2021年3月13日(土)その2 Vol.6610

春ですね。
我が家から道場まで、 15分の道のり。
日が暮れた8時少し前、 それほど店がない歩道を、 若いカップルがウキウキランランで、 手をつないで歩いている。
あれ、前にも、あそこにも、 と数えてたら、10組もいた。
水曜日の平日ですよ。
コロナ禍で、飲食店は8時終了かな。 食事して、軽く一杯やって、 彼氏の家に消えていく。
俺も若かりし頃は・・・・、 あったよなー。
よかれなこったぁー。

         雀鬼




道場生にはあまり縁のない話で またもやウータンのお怒り、 どちらへ向けられているのでしょう…
(恒)

コロナ禍で人との関係が薄れていきそうな中で 男女に限らず良い繋がりが見れるのはいいですね。 自分の地元では夜の8時はほぼ人が歩いていないですね(笑) 自分も若かりし頃は…あれば良かったな〜(笑)
(シャボ)

いや〜、いいですね〜。 春ですね〜。 たまに自分もウキウキランランになったかと思ったら、 いつも夢オチです。 現実には遠い世界です(笑)
(緒方)

■2021年3月13日(土) Vol.6609

先日は、ちと長い取材だったが、 今日は一時間弱で一本原稿を書いちまう。
今、書いている文もいい加減だが、 その上、赤ペンで綴っている。 原稿用紙の本文を赤ペンでやっつけちまうのは、 多分、俺だけかもな。
今日は雷が走って、 けっこうな豪雨が降っていた。
ずーっと乾燥している日々の中、 たまの雨、助かったね。
とは言っても、 これからは梅雨の時期に入り、 又、雨かよ、という日々が来るだろう。
人って、勝手な我がままもんですね。
少しは涼しくなるかと思っていたが、 今は蒸し暑さを感じています。
さぁ、ジメジメだ・・・・。

         雀鬼




今日の天気は雨、ということで、 冬の刺すような冷たい雨を想像していました。 でも、思ったほどではなく、 春の雨という感じで、季節の変化を感じました。
(ナルコ)

赤ペンどころか、原稿用紙を使っている人も、 ずいぶんと減っているのではないでしょうか? 会長の字も昔とは変化していますが、 流れるように書かれるのは変わっていません。 今日の雨と雷は春の先触れのようでした。 これが上がれば、そろそろタケノコですかね〜。
(緒方)

■2021年3月10日(水) Vol.6608

某出版社の取材、2度目が入る。 3時間半ぐらいやったかな。 もう一回で終わりらしい。
たまには仕事もしてるんですよ(笑)
かつては、一日5人ぐらいの取材が入ったり、 月間1冊ぐらいの割合で出版本も出したっけ。
あの頃は、ちっとも疲れなかったんだが、 今はたまにやっても、疲れが後に残っちまう。
4日前に枯れ葉になったシャボに、 まだ枯れ葉感覚がしかと残っていて、 その動きを見せた。
取材者もビックリ、唖然。
「超常現象ですね」
違うって、そういう種類とは、全く別のもの。 やっぱり、何かが起きるだけのこと。
不思議が答えです。 それ以上でも以下でもないんだよね。
「イヨッ、100連勝!!」

         雀鬼




取材の途中でトイレに行かれる時は、 かなりお疲れのご様子でしたが、 取材の方へのサービスとして体捌き。 取材の方は骨折している事まで疑ってましたね(笑) 風と枯れ葉の動き、常識では考えられないですが、 異常というより自然に近い動きであり、 超常現象はしっくりこない表現に感じます。
(恒)

一般的には不思議と言うより、 オカルトや超常現象といった、 怪しく疑わしい表現になってしまうのかも知れませんが、 実際に起きていることで、 自分は体験までさせて頂いているので、 それがすべてで現実なんですよね。 不思議と言うより他に表現できません。 そしてまたサブマネが強くなっているような気がします(笑)
(シャボ)

常識外のことが起きているのは間違いないのですが、 取材者の方も、不思議 って感覚になってくださるといいなあと思います。 こればっかりは、現場で見たり、 体験しないと本当に分からないことですからね。 他のところにはないことですが、現実のことなので、 オカルトの方向で書かれちゃうといやですね。
(緒方)

■2021年3月7日(日)その3 Vol.6607

卓上の勝負の方も昨日は千秋楽。
ウータン全勝で来ていたが、 俺が落ちて起きたら、 新人の大将の恒が14勝1敗で同点優勝。
これでウータン、4場所連続優勝。 これって凄いこと。
勝ち越しは小鉄、新人のしげるとナルコに、 4場所連続の百武と、数字の帳尻合わせの先生と、 7人が勝ち越して、盛り上げてくれた。
この卓上場所も大変。 まさに相撲の一番一番です、 のコメント通りの一日、一日の積み重ね。
こちらは、ハンデ戦なんで、 それぞれ自分の目標を出し、 その目標と己との競いをやっていた。

         雀鬼




実際に参加してみて、ウータンの大変さを実感しましたし、 4連続勝ち越しをギリギリで決める百武、 病を持った体ながら常連と互角の成績を残すしげる君、 気持ちと行動を見せる仲間が居て、心からの万歳!だったんですが、 写真のウータンはお怒りなんでしょうか…
(恒)

全勝こそ逃しましたが、 ウータンの前期からの20連勝は圧巻でした。 自分は今期も滑り込みで勝ち越しで、ほっとしましています。 写真のウータンは中指を立てているのでたいへんお怒りです。
(百武)

何日出場するか、何番勝つか、それぞれの事情に合わせて、 互いに関心をもってやれたと思います。 新たに参戦した永井さん、しげるさんは、 僕にない強いところを見せてくれました。 歌田さんの連続優勝、百武さんの連続勝ち越しは、 麻雀の内容がともなっていなければ出来ないですし、 少しでも近づきたいと思いました。
(ナルコ)

歌田さんの4連勝、凄すぎます。 永井さんとの同時優勝も良かったなと思います。 ただ、歌田さんは、お怒り?のようですが(笑) 自分の場合は、目標、きっかけを頂いて、1日1日でした。 翌日には、直ぐ始まり(笑)一つ一つです。
(小鉄)

初めて参加させて頂き 1場所目からやっている歌田さんや百武、 遠方のBIG達の凄さや大変が分かりましたし、 永井さんとしげるさんの内容、 行動力もさすがでカッコ良いです。 その時々で事情や状況は変わるかも知れませんが、 その中でまた挑戦して行きたいです。 そしてウータンはお怒りです。
(シャボ)

■2021年3月7日(日)その2 Vol.6606

イラストを描いてくれた亜夢へのサービスもあったが、 ここ2度ほどで両足を痛めちゃって、 歩くのも不自由だったシャボを枯れ葉にするには、 俺の中で、ちょっと勇気が必要だった。
万が一、やり方を失敗したら、 シャボの足に骨折もある。 それだけは避けなければならないと思いつつ、 いつもと違った枯れ葉を入れる。
親の風の俺と、子の風の恒と橋本。 雲遊びは完璧な恒が失着、 橋本だけが柔らかいそよ風を吹かしてくれた。
俺が全員斬りのシャボと立ち合う時は、 突っ込んでくるシャボに軽く一点触れるだけで、 2m後ろのソファーに体を宙に浮かして飛ぶが、 その風の子の橋本の時は、毎度10分相撲で、 取り終わったシャボは、 その場に崩れ落ちそうになるまで体力を抜かれる。 橋本は、ほぼダメージなし(笑)
橋本の一番をどうにか凌ぐと、 次の人間勝負の時は、 シャボは、すっきり顔で立ち合っていた。
色々な不思議な現象が起きるもんなんですね。
俺も年だし、これって、最後の作品かも知れないね。

         雀鬼




枯れ葉は人間には強いが、風には弱い、 この関係性を見事に体現したお二人、 以前、免許皆伝の話があったお二人でもありますね。
(恒)

僕たち人間には、どうすることも出来ません。 当たった瞬間、両足が浮いてしまうので(笑)。 常識の通じない現象は確かにある。 改めて面白いし、凄いですね。
(ナルコ)

フラフラになってたシャボさんが、次の一番では超復活! 子供の頃、プロレスで観てました(笑) 自分は、枯れ葉を入れる会長のお気持も露知らずの、 大変さも考えずでしたので、次は・・・・・ 恒さんと自分の風の子タッグでの軽い遊び作品を、 会長、また、お願いしまーす! ん?なんか文脈おかしい気がするけど、まいっか(笑)
(橋本)

会長がこんなにもお気を遣われて 枯れ葉にして下さっていたとは気付きもしませんでしたが、 会長に飛ばされたり転がされたりしても 足の痛みが気になるどころか むしろほぐれているように感じました。 相撲で1周して会長に軽く飛ばされる度 エネルギーが入って人間に対しては楽に勝てる分、 風のサブマネがどんどん強くなって行き、 後半はサブマネと取った後はへたり込んでしまいました。 サブマネ強すぎです(笑) でもまた人間とやると気力体力が回復してくるんですよね、 本当に不思議でした。 最近は雲遊びもありましたし、 また新たな不思議な現象が産まれるのではと思ってしまいます。
(シャボ)

■2021年3月7日(日) Vol.6605

亜夢ちゃんとの打ち合わせが終ったら、 どっと疲れがきて、 起きているのがやっと、あくびも出る。
深山がマッサージ、 寝ないぞー、と思っていたが、 深山に敗けて、自然に落ちている。
15分くらい落ちて、 仮眠ていうものを初めて感じて、 すぐに又、何か出来そう、という気持になれた。
「やりますか?」
「やります!!」
しげる運動部長へのお伺い。
15人参加で、枯れ葉になったシャボが、 人間共を
「ギャッ!!」
と一当たりで倒して行く。
楽に1周、全員抜きを続けて行く。
5周目の途中で、あの名横綱の69連勝を抜く。
よし、こうなったら、シャボ、 100勝まで行け。
ただ一人大きな壁となって立っている
「風の子」
橋本だけは一気に押せず、 止められ、組んでいるだけで、 どんどん汗が流れ、息があがる。
押すに押せない、 風の子が少し動くと、苦しみの絶叫をあげる。
シャボ、7周全て、その一番があっても、 どうにか100勝を達成。 前人未到の
「100人斬り」
こんな現象が目の前で起きることに、 ある意味、深い思いがあった。
又ありえないことが起きちまった。 やっぱり
「風と枯れ葉と人間」
との関係性、不思議なもの見さしてもらった。
「これ実感だよな」

         雀鬼




枯れ葉になったシャボさんの当たりは凄まじく、 こうやって、みんなで受け止めます。 風の子、橋本さんとは10分を越える死闘もあり、 それを乗り越えての100連勝、カッコよかったです。
(ナルコ)

大した力を感じないのに、うめきながら押しているシャボさん、 大して押してないのに、うめきながら耐えるシャボさん。 ホント!?ウソでしょ!?演技派だな〜と思えるほどで、 表情は見えませんでしたが、でも汗びっちょりで、マジかっ!! 100勝だけでもありえないのに、 その強さを持って、弱い自分だけに苦しむ、さらにありえない現象。 まさに不思議としか言いようがないですが、確かに実感でした!!
(橋本)

やっぱり枯れ葉は凄いですね! 人間相手には本当に一当たりでぶっ飛んで疲れは全くなしですが、 風になっているサブマネが相手の時は 当たっても押しても動かない、 もうどーにもならない状態で本当にしんどかったです(笑) でもサブマネが風になって下さったおかげで 100人斬りを成すことができました。 本当普通ではありえないことですよね。 実際に身をもって体験させて頂きありがたいです。 写真の緒方や小鉄の顔や構えを見ると 本当凄い勢いだったんだなぁと分かりました。 会長、サブマネ、皆さんありがとうございました。
(シャボ)

■2021年3月6日(土)その2 Vol.6604

早寝、早起き、 人とほとんど会わない生活をしてるらしい亜夢ちゃんが、 さっそく、プロらしいイラストを描いて持って来てくれる。
ちらりと見た瞬間、OKの声をあげる。
イラストに描かれた不思議な世界、 風と枯れ葉、&雲の中の遊びを現実に見せ、 亜夢ちゃん眠たいのに、体験してもらう。
空想じゃなくて、現実感を感じてもらった。
みんなして、早目の食事して、 10時を回って、帰る。 久し振りの夜更かしをさせちまった。
みんなとは、軽口で答えていたが、 俺が声を出しても、 一つも返答が返って来ない。
久し振りに、人としゃべりました、 と言ってる割に、 俺とは語りがなしだった。
5時間、亜夢ちゃん、お疲れ様。 Tシャツの出来が楽しみですね。

         雀鬼




話しの説明だけではあまり伝わらないかと思いましたが、 持って来たイラストは想像を遥かに越えた出来でした。 道場生レベルでは何も文句のない出来で、 Tシャツになるのが楽しみです。 亜夢先生も変わっていませんでしたね。
(しげる)

ざっくりなイメージ図かと思いきや、 ほぼ完成品な感じで、流石プロ! と素人ながらに思ってしまいました。 会長に対する反応はいまいちでしたが、 雲体験では少し乱暴なぐらいで、嫌な物を感じなかったです。
(恒)

また描けるうれしさのこもった絵でした。 話だけでここまで表現できるんですね。 会長の話も聞かずに没頭するプロ意識、すごいです。(笑)
(BIG)

亜夢さんとはほとんど面識が無いのですが、 会長にだけ返事をしないのは、昔からなんでしょうか(笑)。 出来上がったイラストや、描くときの集中力は、 さすがプロだな、と思いました。
(ナルコ)

さすがプロの漫画家さん。 自分達素人の想像をはるかに越える 1発OKの素晴らしいイラストでした。 会長が風と枯れ葉と人間から 永井さん、しげるさんの雲遊びまでフルコースをして下さり、 亜夢先生も混じって不思議な世界を実体験。 本当にTシャツが楽しみです。会長、お疲れ様でした。
(シャボ)

■2021年3月6日(土) Vol.6603

今から25年ぐらい前に、 雑誌に月2回、
「雀鬼サマへの道」
を10年以上、取材して、 マンガ本にしてくれた亜夢さんが、 こちら側の要望に応えてくれて、 久し振りに来道。
前回、一般の方の参加も募った雀鬼会のTシャツ、 みなさんのおかげで、結構、好評でした。 その節は、ありがとうございました。
そんでもって、今回は、 亜夢さんにデザインを頼んじまう。
「また描けるなんて、嬉しいです」
と、快く電話で返してくれた亜夢ちゃんが、 みんなとは、変わらないですね、とか、 話し掛けてくれてんのに、 俺は、今んところ、無視(笑)
打ち合せに入ります。

         雀鬼




Tシャツ作成の相談をした所、 亜夢先生とのご縁が続いてるとの事で楽しみになってきました。 BlGの書き初めにあった、 繋がっているから〜がここでも現れてますね。 会長も早めにいらっしゃり、嬉しい触れ合いを想像してたら、 会長に対する反応が…あれ!?って感じから打ち合わせ開始です。
(恒)

10年ぶりにお会いした亜夢先生も変わってなかったですね。 下北時代を思い出して嬉しくなりました。 ただあんなに会長を無視する方じゃなかったはずなんだけど…(笑)
(シャボ)

地方の頃に、「雀鬼サマへの道」には大変お世話になりました。 亜夢先生、会長の一声に嬉しさで返して下さり、 どうなるのか楽しみです。 でも、会長の言葉をスルーしていいのは、 歌田さんだけなんですよ!(笑)
(緒方)

■2021年3月3日(水) Vol.6602

今、都心の病院から帰って来た。 駅にお迎えで、 恒、哲、百武、緒方が待っていてくれた。
ホテルの前で、 カーテンを落とした高級車が、 奥まった5階建てのビルの前に着くと、 それなりの仕事人が2、3人出て来て、 車から出る人を見られないようにガードしている。
俺は遠くから見ていたが、 永田町の住人や官邸の者共だと分かる。 密会、接待をしかとやっている。
ホテル内の入口でも 2人ずつぐらいのそれなりの立場の者が迎えに出ていて、 来客を迎えている。
俺の迎えは、みんな貧乏(笑) えらいギャップを感じた。
ホテル内を少し歩いただけでも 折れっぱなしの足が痛む。
道場まで歩けるかなー、と思っていたら、 なんとシャボが駅頭まで車を出してくれていた。 凄え助かった(笑)

行きの時、毎度送りに来てくれる緒方が、
「会長、すいません、お荷物を上にお持ち下さい」
「エッ、何でよ」
「お金を忘れてきました」
「バックから出せよ」
道場に着くと、俺の座る席に130円が置いてある。 緒方が使った入場券代らしい。
「いらねえよ(笑)」
ホテルの入り口に近いアクセサリー屋に、 幼児体型の女性が一人で入ってウインドウを見ている。
5分遅れで会社から駆け付けた恰幅のいいオヤジが着いて、 50万ぐらいのものを買ってあげている。
緒方、俺達、小っこ過ぎるよ(笑)
都心は、ある意味、怪しい輩が這いつくばっている。

         雀鬼




利益の絡まない関係なので、貧乏もやむ無しかと(笑) 都心の話、世間で騒ぎになってた 何倍ものお金が動いているんでしょうね。 追及する側も、実情は知ってるでしょうし、 国会や報道番組見ているとアホらしく感じます。
(恒)

会長のお帰りの時間にタイミングが合って良かったです。 都心にはお化けや妖怪がウヨウヨ。 会長には彼らがやっている事の裏側まで見えてしまうので 本当に心身共にキツイと思います。 せめて道場にお帰りになられた時は 気分だけでも良くなって頂けるよう 皆で元気良くやって行きたいです。
(シャボ)

貧乏でも心が身軽あればそれでいいと思います。 あっちの世界はドロドロしていて 居心地が良くないように見えますが、 多くの人が憧れるのはなぜでしょう。
(百武)

う〜ん、小っこ過ぎますね。 小学生レベルです(笑) 怪しい輩の世界とは僕らは、 これからも全く交わることはないでしょう。 シャボさんの間に合うタイミングもすごかったです! こういうことの方が僕らには大事ですね。
(緒方)

■2021年2月28日(日)その3 Vol.6601

子供の頃は、どうやっても薬を飲めなかった。 大人になって、胃薬とか、パブロンは飲めるようになって、 今じゃ、病院から出される薬漬け。
昨日、初めて花粉症の薬を女子にもらって、 鼻に2たれ、目薬もね。
子供の頃は、薬なしなのに、 年老うと、薬の世話になっちまう。
体に化学を入れちゃ、 おしまいだよなー。

         雀鬼




数年前から体を維持するために、 坑アレルギー剤を飲んでいます。 それでも先週からの花粉症を抑えられません。 薬は化学だけでなく、金や利権も絡むので、 世話になりたくないものです。
(百武)

今の会長のお体では都心まで出るのも一苦労な上に、 行き先が病院では疲れるばかりです。 自分はヤブですが、 今度は本物の深山先生がお体をほぐして下さると思います。
(シャボ)


<前のレポート [Report Index]