下北道場閉道場のお知らせ

  2011年12月24日をもちまして、
  下北道場を閉道場させていただきました。

  御縁をいただいた皆様、
  応援をいただいた皆様、
  誠にありがとうございました。


  
 



 

 「シャボ基金」について

 はじめに、東北地方太平洋沖地震に際しまして、
 被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 長きにわたりご協力いただきましたが、
 このたび5月23日をもちまして、
 シャボ基金受付を終了させていただきました。
 おかげさまをもちまして、
 皆様のお気持ちを被災地の方々に届ける活動を
 重ねることができました。

 今までご協力くださった皆様、
 誠にありがとうございました。


               雀鬼会一同


  詳細はHPレポートから
     @ A B C D E F G H I J K

    宮古@ 宮古A 宮古B 宮古C

   宮城@ 基金A 宮城B 宮城C 宮城D 宮城E 宮城F 宮城G

     L M 福島@ 福島A 福島B N 設楽さんメール 福島C

     O
  
 


 

  5/23 締め

   シャボ基金総額
   4,707,506円
  
 



Report

<前のレポート [過去のReport]


■2018年4月25日(水) Vol.5640

俺なんか、近場から車の後部席に乗って、 ここへ来るだけなのに、 この頃、疲れを感じちまう。
シャボなんか、思いたくもないだろうが、 往復、7時間も費やして、顔を出してくれる。 来れば、疲れた姿一つ見せない。
芹澤も静岡の御殿場から、 顔を出してくれる。
2人伴、タフっていうか、 メンタルを強くあろうと生活している。

         雀鬼




シャボさんは楽しい空気を作ってくれますし、 芹澤さんには少ない機会を大切されている姿を見せて貰ってます。 心ある仲間、有難いですし、見習っていかねばです。
(恒)

シャボさん、芹澤さんは、 確かに苦労や疲れを感じさせないですね。 そういうものを自分が出してしまう時、 カッコ悪いなぁ、と思います。
(ナルコ)

確かに気持ちが弱っている時は、 道場までがすごく遠く感じる事がありますが、 なるべくそういう状態ではなく、 気持ち良さ、元気良さを持って行けたらと思っています。 道場生の平均年齢が40才を越えて、 誰もが多少の疲れや体の不調が出てきているとは思いますが、 体調がすぐれない中、 1番大変な思いをされて来られている、会長の事を考えれば、 年齢とか距離や時間がどうこう言ってられません。 道場に通えるのも、会長や道場の仲間との大切な繋がりを、 持たせて頂いているからできる事で、ありがたいです。
(シャボ)

いつも強い気持ちがあれば良いのですが、 弱さ・情けなさ・だらしなさを感じることばかりです。 それでも、そういうものを引きずったり、 膨らませたりしないようにしているつもりです。 あまり道場に行けてませんが、 この繋がりを大切にしなければと思います。 これからもよろしくお願いします。
(芹澤)

■2018年4月22日(日)その4 Vol.5639

月例会の裏で、対抗戦終了。
優勝はしげるチーム。 竹田と宮木が頑張った。
8p差で、大穴の小鉄チーム。 千葉の小沢、和田と成島の力があってね。
3位、ナルコチーム。
ラスは、なんと本命の恒大将の控える、 牧野チーム。
このチーム、リーダーが親分の時は強いが、 義務教育員になると、一気に落ちる。
これで、小鉄チーム以外が、 一回ずつ、優勝です。
色々あってさぁ。 宇佐美が飲んだ勢いで、 暗い、暗いぞ!!
確かに、ヘボっつうか、 下手打った奴が多かったからな。

         雀鬼




本命の恒大将をラスにしてすみません。 どうしたら義務教育員でなく親分に戻れるのか? 浪曲聞いて唸ってからでい。
(牧野)

今週は珍しく助っ人にお江戸の方が入ってくれたんですが… よくよく見ると、クノイチにトドメをさされてました。 親分さえ戻ってきたら、こんな弱い姿にならないはず、 今度こそお願いしますよ!
(恒)

小沢さん、和田ちゃん、成島さんの3人の加勢、 ありがとうございました! 自分のチームに入ってくれるのが嬉しかったです。 でも、それを優勝で返せないのが、 やっぱり情けないです。すみません。
(小鉄)

■2018年4月22日(日)その3 Vol.5638

こちとらだって、 眠ってないし、疲れてるのに、 シャボ達が月例前に仕切っている時、 あくびをしている者が居た。
おならも、あくびも、出るものだが、 人前でのあくびは、 みっともないってことを知らない。 義務感じゃ、あくびも出るわな。
それに比べてさぁ、 あの上田さん、いつも、いつも、 心から姿を表し、 美味いもんをドサッと、持って来てくれる。
くじらのお刺身、美味かったな。 ホッキ貝も旨かった。
美味すぎて、寿司なんか食わず、 上田さんの届け物オンリーで、 2日分くらいの飯を頂いちゃいました。
心がどんどん希薄になっていく中、 心がある人は、本当に貴重に感じる。
毎度、月例会に参加してくれる、 宇佐美なんか、 一人酒で、うまい肴に食らいついていた。
男には男の付き合いがある。 ここに背を向けた者とつるんでいる、 男知らずもいる。

         雀鬼




上田さんは、もっと道場で楽しんで頂きたいのに、 さっっと帰られる姿は粋な男です。 それに答えられないのは情けないです。 男の付き合いを守り、 ディック峰まで紹介してくれる宇佐美さんも、 やはり味があります。
(牧野)

最近は毎回のように助っ人に入って来て下さる宇佐美さん、 美味しい食べ物と行動で救って下さる上田さん。 有難い事で、良い方向へ向かう力に変えなきゃ 恩知らずになってしまいます。 現状は問題いろいろあり、上手くいかない事も多いですが、 前向いてやっていかねばです。
(恒)

あくびは、「しない」と決めれば、出ないもの。 そんなことなくても、 一緒になって盛り上げる気持ちがあれば、出ないはず。 やっぱり、寂しいです。
(小鉄)

貴重なくじらのお刺身、自分は初めて頂きましたが、 本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。 上田さんのおかげで豪華な食卓になり、 会長もご飯を2回もお代わりされていました。 いつもありがとうございます。 ただ上田さんのお気持ち、 お心や行動を頂いてばかりになってしまい、 何もお返しできないような不義理、 いいとこ取りになってしまってはいけないです。 大切な事を見失わず、心と行動のキャッチボールが できるようやって行かなければと思います。
(シャボ)

■2018年4月22日(日)その2 Vol.5637

30年で、多分、初めてのこと。
月例会、最終戦の四回戦、 しげる、小鉄、百武という、 そこそこのメンツのはずが、 なんと、この3人が、 すでにペナルティを犯している。
参った!!
俺、ノーホーラのまんま終わりたかった。 どう打っても、始末が悪い。
途中で墓場の中で打っている気持ちになり、 お経をつぶやく他なし。
誰もが、あがっちゃいけない、 一局も前に進みたくない、 一局を打つって、つらいよなー。
昨晩、牌扱いを個人指導をしてやった、 雀鬼流を習って、3ヶ月という地方の子が優勝。
これも麻雀なんですが、 ダメですね!!
仕切りのシャボと竹田のたくらみか、 竹田についた怨念か、 それとも、ハットのノリで、 上から下までカジュアルなアルマーニで、 ファンキーに決めてきたのが・・・・。
ヨシ、今度はユニクロで行くか。 その方が、ここに合っているもんな(笑)

         雀鬼




四回戦が始まる前に、 どうすればいいのかわからなくなっていました。 失礼しました。 やらかしましたが、 暗い方向へだけは行かないようにします。
(百武)

ペナルティは掟を破ること。 その事の意味をもう一度考え直したいと思います。 あんなに苦しい麻雀はじめてです。 会長申し訳ありませんでした。
(しげる)

申し訳ありません。 こんな、寂しい状況を作らないように、修正していきます。
(小鉄)

シャボさんとは何も企んでないし、 会長の服装が原因とも思えない。 ということは・・・悪霊退散!!!
(竹田)

ペナルティの多い月例会となってしまいました。 自分も含め、弱さ、暗さがちょっと出てしまっていた道場に、 会長が少しでも雰囲気を変えようとして下さっていたのに申し訳ないです。 仕切りの力不足も感じました。 もっと明るく、元気に盛り上げられるよう修正して行きます。
(シャボ)

■2018年4月22日(日) Vol.5636

昨晩は、暗さから、 竹田が体を張って、バンバン。 多少の勇気がなければ、出来ないよね。
恐怖と不安の時代。 ただ生きていても、心に不安が膨らむ。
今日は月例会だってさぁ。 前回は山田とお弟子さん達が、 かけつけてくれて、 昔の雰囲気を少し取り戻せた。
先日退院したシャボが、 なんもいらねえよ(本音)なのに、 ボルサリーノのハットを持ってくる。
ならば、それを受けてと、 ブランド店のソムリエさんと、 2人して、スニーカーから、 上から下まで、コーディネート。
おしゃれ、というより、 もう少したつと、動けなくなるから、 その前に、冒険しちまえ、と浪費。
ファンキー丸出しで、道場に登場。 ファッションにうとい奴は分からんだろうが、 シャボとウータンは、ニヤニヤしてくれた。
瞬間でもいい、 笑って、少しでも盛り上がれば。
道路を歩いていた高齢者は、 みなさん、それらしい。
俺なんて、一気に、 海外の白人の若者達が、 かっこよく闊歩する姿のものを、 身につけちまった。
費用がかかったんで、 お金持ちの竹田くんに請求いたします。
道場は部屋着で十分なのにね。 俺一人、浮いちゃいますね(笑)
早矢香を追っかけて、俺も芸人やりますか。 でもな、あの世界は恐いからなー。
表と裏の作り物だからなー。

         雀鬼




ファッションのことはよくわからないですが、 ずいぶん若い服装だなと思いました。 あっ会長!費用の方ですが、 この流れを作ったシャボと折半で払わせて頂きます(笑)
(竹田)

月例会に参加するどころか、 顔すら出せず、申し訳ありませんでした。 月に1、2回、日曜出勤がある僕にとって、 月例会は参加できるだけで嬉しいイベント。 来月は参加できるようにしたいです。
(ナルコ)

町田と言う町には勿体無い、どこか海外のカフェのテラスで お茶でもされているような雰囲気に感じました。 ハット1つで全身をコーディネート、 お若い頃からファッションを楽しまれてこられた 会長だからこその着こなし、かっこ良かったです。 やっぱりご迷惑をかけてしまい、お気遣いまでして頂いてしまい、 申し訳なかったですが、ありがたかったです。 竹田さん、体張って下さった上に、洋服代まで出して頂いて、 何から何まで、ありがとうございます(笑)
(シャボ)

以前は常識かなんかに囚われて動けなかった竹田さん、 最近良く体を張ってくれます。 バンバン打つ方も、怪我させちゃいけないんで、緊張しましたね。
(恒)

■2018年4月21日(土)その3 Vol.5635

早矢香のやつ、 自分のブログでいい写真ばっかり使いやがって。
ホントは一日、こんな顔してましたよ。

         雀鬼








早矢香さんの公式ブログ 4月19日の記事 https://lineblog.me/hiranosayaka/
インスタ https://www.instagram.com/p/BhvkFUQHFJ8/?taken-by=sayakahirano0324

テレビで何度も見たあの顔、 道場で10時間近く、あの顔されると嫌になりますね(笑)
(恒)

これ、これ〜!この顔ですよ! 早矢香さんのブログの人は早矢香さんの偽者です(笑)
(シャボ)

あはは〜! 道場での鬼の形相も、 実際の試合と比べると若干作った感あるような〜笑 ブログの写真は綺麗に塗ってもらってる写真ばかりです(笑) 皆さんからホームページ越しの攻撃受け、 ただいま咳が止まりません!ゲホゲホ。
(早矢香)

■2018年4月21日(土)その2 Vol.5634

富士のすそ野、大きく広がっているからこそ、 富士は高い。
今日日、卓球界、将棋界等々で、 少年、少女達が、大人達に追いつき、越えている。
小っこい芽が育っている感があるが、 道場では、ほとんどが20年選手で、 古参の集まり。
30数前は、若者の集まり場だったが、 今や、オジサン達の場。
若いからこそ出来る、 瞬発力、柔軟性、対応能力が、 みんなから、少しずつ消えていく。
新人、新入生なんて、 10年も見てねえなー。
若くて、「素質」がある打ち手を、 見てみたいもんだ(笑)

         雀鬼




時々新規の方来られますが定着しないですね。 速く打てるんだよって言われた会長と同卓させて貰いましたが、 全く付いて行けず、時間まで会長の親が流れなかったです。 衰えって何なんでしょう。
(恒)

長年やらせて頂いてますが、登るどころか落ちる一方ですね。 厳しい山です。 若者カモーン!!
(竹田)

今の道場では約10年前に通い始めたナルコが1番の新人。 道場生、仲間と言う意味では増えるどころか減っています。 昔のように新人が増えて活気がある頃とは状況が違いますが… 新人来ないですかね(笑)
(シャボ)

主な道場生で一番年季が短い僕でも、もうすぐ十年目に入ります。 確かに、若いとは言いがたいです(笑)。 麻雀の素質、僕は無いですね。 通い始めた頃、「君はいい子だからむいてないよ」って、 会長に言われたもんなぁ…。
(ナルコ)

■2018年4月21日(土) Vol.5633

昨日、今日と、小っこい子達が集まって来て、 食事時も、ごちゃごちゃになって、 肉に食いついている。
食事、動き、声を感じているだけで、 生命を感じる。
俺一人なら、静かなだけで、 ただ一日が過ぎるのを待つだけ。
早矢香の卓球の解説、 ウータン対、しげる戦の時、
「打てるのに、打たない。  これ、いつ打つんだ」
その言葉にダブる。
「生きてるのに、生きてない。  こいつ、いつ生きるんだ」
の声が、俺一人の時に届く。
道場も静かなもん。 疲れてんだよな。

         雀鬼




道場でも、外から明るい人が来て元気を貰ったりします。 動きたくても動けない人も居るわけで、 疲れなんかに負けずにやっていかねばです。
(恒)

確かに最近の道場は、ふと会話や動きが無くなって、 静かと言うか、止まってしまっている感じの時があります。 皆で道場の生命力を取り戻せるようやって行きたいです。
(シャボ)

道場に通う前の自分と、今の自分を比べると、 今の自分の方が「生きている」と感じます。 疲れを言い訳にしてはいけないですね。 失礼しました。
(ナルコ)

■2018年4月18日(水)その2 Vol.5632

田舎の病院に行った時、 必ず、用水路っぽい、 4mぐらいの幅の川辺を散歩して、魚を見つける。
辺りの田んぼは休眠状態だから、 土が遠くまで広がっている。
雨が降ったのか、 浅い水面なのに、水がにごっている。
上に病院の方から、 使用済みの水が流れ込んでいて、 白い泡が一面に浮いている。
水辺に沿って、魚を探すと、 元気だった頃は、黒色だったコイが、 3匹ほど、茶色っぽい姿で、どうにか、生きていた。
多い時は、100匹ぐらい元気で泳いでいたのになー。
卓球王のしげるが、 ずーっと、土日来道だったのに、 ここんところ、水曜日にも来ている。
退院したシャボもいるが、 何でかよ、 大阪の頑張り屋さんの木田が、緊急入院。
「一命を取りとめた」の文。
俺と同じ、心臓らしいが、 心配、寂しい、悲しい気分になる。
連続かよ。 厳しいなー。
木田、頑張れや!!

         雀鬼




病名を聞いて誰の事かと思ってたら、 木田さんの話でビックリしました。 長年、裏方で支えてこられた方、 嫌な物を感じた事がありません。 会長のコメント読んで快方に向かう事を願いたいです。
(恒)

会長、申し訳御座いません! マネージャーにも色々とご迷惑をお掛けしてしまい、 失礼しました! 現場に氏本がいてくれて助けてもらいました。 命の恩人です、ありがとう。 今はそれほどの事は無いのですが、 今後次第でハードな闘いになるかもしれないそうです。 なんだかわかんないですが、やるだけです! 会長ありがとうございます、頑張ります!!
(木田)

長年、高槻を支え続けてきた大先輩の木田さん。 ゆっくり休んで、早く良くなって下さい。
(竹田)

先日の30周年で久しぶりにお会いして、 お元気そうだった木田さんが…。 命に直接関わる心臓のご病気、本当に大変だと思いますが、 無理はされず、ゆっくり休んで、 またお元気になって頂きたいです。
(シャボ)

緒方さんが電話を受けた時、その場にいましたが、 「大動脈が破れた」 と聞いてドキッとしました。 意識はあると聞いて少しほっとしましたが、 くれぐれもお大事にしてください。
(ナルコ)

いつでも、明るく、元気な木田さん、 お電話で連絡事項を話すだけでも、元気を頂いています。 高槻のみんなの木田さんのお体、 早く、良くなりますよう、願っております。
(緒方)

■2018年4月18日(水) Vol.5631

昨晩、遅く、明日病院よ!! そりゃ、楽しくて結構ですね(大嘘)
この頃、日にちどころか、 曜日まで分からなくて、 スタッフにも、 俺、みんな忘れちまってるから、 前の日に言ってね、と頼むほど(笑)
先週は2日ほど、徹夜で動いた。 月曜日、疲れは遅れてやってくるぞ、 と、早朝、早目の5時頃に、多分、落ちた。
目を覚ました。
危ない、寝過ぎた。 夕方の七時じゃねえか。
部屋に入って来た家人に、
「電話持って来て!!」
「こんなに早く、どこへ掛けるの」
やっと気づく。 疲れきっていたから、 すごく眠っちまったのか、と思っていたら、 早朝落ちて、2時間で起きちまっていた(笑)
早矢香もほとんど寝ずに、テレビの仕事。 それに付き合っちまったんかなー。
「早矢香ちゃんね、あのね、  ちっとも寂しくないから、  2〜3時間程度で帰ってね」

         雀鬼




小鉄がちゃんと言ってくれなかったから、 勘違いして帰らなかったのかも知れません。 明るく、元気な方は歓迎ですが、程々でお願いします。
(恒)

ありゃー、会長、 いつも以上に、お疲れになられてしまってますね。 早矢香さん、次回はお早めに、さようならです! いや、まあ、次回はなかったか(笑)
(緒方)

道場ではしゃぎすぎたせいか、少し体調崩しました!笑 空気が読めず、皆さんにご迷惑おかけしたのが、 自分に返ってきたのかも(泣) 会長は2、3時間程度で〜とおっしゃっていたので、 今度は滞在時間3時間ということで遊びに行きます!!
(早矢香)

■2018年4月15日(日)その2 Vol.5630

朝早くから、知り合いの宅急便のお兄さんと、 ウータンの車がすれ違う。
大変なお仕事だなー、と思ってたら、 我が家に着いたと同時に、 四つぐらいの荷をかついで、届けてくれる。
彼、多分、先週は入院していたはず。 もう朝から、働いている。
生きるって、大変だったり、楽しかったり、 今日は昨晩の疲れで、みんな眠そう。
そんな中、4チーム対抗戦、2週目終了。
前回ラスだった誠実な男のナルコチームが、 ウータンの大活躍で、 小鉄チームの倍のポイントをあげて、1位。
本命の牧野親分、 恒大将チームが3位まで落ちて、 2位は卓球王しげるに竹馬チーム。
ラスは、書かなくとも分かりますよね。

         雀鬼




一時は宅配を断念しかけましたが、 歌田さんの車とすれ違って、 一か八かご迷惑になるとは思いましたが、届けさせて頂きました。 チームにも力になれず、迷惑をかけてしまっていましたが、 ナルコリーダーや歌田さん達の力で1位に。 ありがたいですし、自分も留守にしてしまった分、 これから返して行けるようやって行けたらと思います。
(シャボ)

シャボの快気祝いにトップを取るナルコチームはカッコ良いです。 うちのチームは少しでも歯車が狂うと崩壊するので、 来週は一体感もって立て直したいです。
(牧野)

2週目は親分お休みで、 替わりに義務教育の先生が来てくださいました。 本命と言われながら、トップ争いよりラス争いに近い現状、 情けなさを親分なら感じてくれているはず。 今週は浪曲を心で感じて復帰してくれますよね?
(恒)

シャボさんの快気祝いができて良かったです。 卓球でも大活躍の歌田さん、それを見て笑い転げていた哲さんに、 シャボさん自ら電車を作り、チームで計3両。 シャボさんは、まだ本調子ではないと思いますが、 楽しく盛り上がっていきたいです。
(ナルコ)

ラスだったナルコチームが、 シャボさん復帰のお祝いのトップ。さすがです。 本命の牧野チームの失速、 なにやら浪曲楽しくない疑惑が出てきて…。 とか、言ってる場合では無いですね。 倍はやられ過ぎです。踏ん張ります。
(小鉄)

シャボの快気祝ってことで、ウータンがぶっちぎって、 ナルコチームの断トツでした。 我らがしげるチームも全員集合で頑張ったんですが、 追いつけませんでしたね!残念〜!
(竹田)

二週連続二位と好位置に着けているので、 最後まで気を引き締めて生きたいです。 徐々に三チームの争いのていをようして来てますが、 大丈夫かな?(笑)
(しげる)

■2018年4月15日(日) Vol.5629

現役を引退したといえ、 早矢香はタフだった(笑)
昼からテレビの仕事が入っているというのに、 一向に帰る気なし(笑)
俺も病人、シャボも退院したばかりなのに、 そのタフ娘に付き合っちまう。
卓球やる前に、俺も早矢香も浪曲を一節うなって、 しげるとウータンの公式戦の平和の祭典が始まる。
私、解説しますからと、立ち位置を決めた早矢香。 ピンポン、ピンポンが続く。
早矢香、「何故、打たない」 打ってるけど、打たないゲームにあきれていたが、 しげるとウータンの個性に段々引っ張られ、 楽しみの方に入っていく。
「ウータン、人間じゃありません。  何かの生物です。」
とんでもない解説。
その後、ウータンの動きと、 あの変化するツラから、目を離せなくなっていた。
世間の卓球じゃないピンポンが、ここにあった。
俺も卓球娘の早矢香にピンポンで対抗して、 一時間ぐらい動いたっけ。
座って落ちている者もいる。 くのイチは死人のように倒れ込んでいた。
その中で一番元気な早矢香。 こっちも途中で参っていたが、 根を上げたり、ぐったりする訳にもいかない
「男はつらいね」
朝になって、感覚の話しや、体さばきや、 手の平一丁で、感覚が目から耳、 匂いにふれる経験をさせる。
お前、頭と顔が重そう。 自然に出て来た卓球の時と違って、 作っている首から上、 辛いのや異和感を手当で取ってやると、
「不思議」
の言葉が並ぶ。
その後、体さばきを受けた小鉄が、 胸の痛みから顔面蒼白、頭痛もしている。 常識から外れた一手で戻してあげた。
強い風雨の中、ウータンの車と、 竹馬が手をつかずに疾走してくれた。
一つ一つ、色々なことがあったね。 でも、疲れたよ(笑)

         雀鬼




早矢香さん、会長のお体の状態解ってますか〜?(笑) 朝まで道場フルコースを楽しみきってまだ余裕の早矢香さんに、 たくさんの楽しみと学び、不思議まで作って、 最後までお付き合いして下さる会長。 雀鬼も鬼っ娘もタフじゃないとできませんね(笑) 楽しくて濃い1日でした。 会長、早矢香さん、皆様お疲れ様でした。
(シャボ)

平野さんはいつでも元気でタフなので、 会長やシャボを疲れさせないようにしてください。 料理の鉄人クノイチさん、三週連続御飯、 美味しく頂き、ありがとうございました。 竹馬の締めの疾走も雨だったからこそカッコ良かったです。
(牧野)

専門家の方にはどんな感じに映るんだろうって思ってたら、 すっかりウータンとしげる君の虜になってましたね(笑) 技術的に到底敵うわけないですが、 しげる君が天井打ちから逆転勝利! 平和の祭典でしか起こり得ない事。 ウータンとの遊び方も覚えたようで、 体験入部のはずが堪能し過ぎです。
(恒)

会長に、体捌きを教えられ、 受けるときには、正直、「うわ、恐いな」と思っていました。 準備はしていたつもりでしたが、 一撃でノックアウトされました(笑) 「害」なのに「治療」、本当に不思議で、驚きました。 そもそも、場所、時間、やっている事、 全てが常識外れなんですよね(笑) 本当に、楽しかったです、ありがとうございました。
(小鉄)

電車で来たといっていたので、 終電かタクシーで帰るのかと思っていましたが、 始発が走り出しても帰る様子もなく、本当にタフでした。 相棒タイムがなければもっと体さばきを堪能出来たのでは。(笑)
(しげる)

先日は遅くまで、 いや朝早くまですみませんでした(>人<;) もう楽しくて楽しくて、 皆さんが落ちていっていたのは気づいていましたが、 早く帰ってしまうと会長が寂しがるかなぁと思いまして(笑) いつもたくさん感じることがあり本当に嬉しいです!! 私も収録前は2時間睡眠でフラフラでしたが、 例のポーズで乗り切りました!! 皆さんありがとうございました!! またお相手よろしくお願いします・笑
(早矢香)

■2018年4月14日(土)その2 Vol.5628

色々と遊んで、早矢香が、 午前七時半に、やっと帰った。
来たのは、9時前だから、 凄え長い時間を付き合っちまった。
俺はいいが、 みんなが大変だから、 もう来んなよ(笑)

         雀鬼




最後まで一番元気良く遊んで帰りましたね(笑)。 平和の祭典から体の治療まで、フルコースでしたが、 この写真の後、小鉄の顔から血の気が引いてしまいましたが… そこから会長の一言で回復する様子、 激しい風雨の中での竹馬ダッシュ、 そこまで見れたら良かったですね。
(恒)

早矢香さんも数時間後にはお仕事なのに…。 道場荒らしはもう勘弁して下さい(笑)
(シャボ)

最長記録じゃないですかね(笑) 最後には体捌きでぶっ飛ばされるとは…。 もう来んな〜!(笑)
(小鉄)

平野さん、平和の祭典はいかがだったでしょうか。 メダリストから見たら、理解できない卓球かもしれませんが、 ウータンを堪能して頂けたのではないでしょうか。
(しげる)

■2018年4月14日(土) Vol.5627

消えたと思っていたシャボが、 久し振りに顔を出す。
「森の石松と同じく、死んだ人じゃないの。」
が俺の一声。(笑)
凄まじい死地での争いでは、 度胸がある者、強い者ほど、狙われる。 あぁ、シャボは、病気入院だったっけな(笑)
強いお人って言えば、 羽生2冠、名人戦一局目を制しなさった。
最速、最年少の1400勝、 タイトルも、羽生さんに似合う名人位に座れば、 通算100期目の大偉業を成す。
勝率も7割1分2厘、 羽生さん、すでに世界最高峰のエベレストを、 10回も登頂。
47才になられて、 今の道のりは、登りよりも険しいと言われる、 一歩一歩の下山の感。
酸素も薄い、極寒の中、 一手一手を油断なく進んでおられることでしょう。
厳しい、険しい下山の道を、 これからも、20年ぐらいかけて、 まだまだ進む。
一勝、一勝が大変でしょうが、 下山の勝負でも、100勝は可能ですね。(笑)
俺なんか、シェルパどころか、 ポーターにもなれませんが、 心身をこれからも大切に、 ベースキャンプから、遠く離れた所で、 見守っております。
3局目を大切にね。

         雀鬼




恥ずかしながら戻って参りました(笑) 当然ですが、羽生さんや石松さんの様な強くて度胸がある、 とは程遠い弱くて情けない病人、死人です。 「馬鹿は死ななきゃ直らない」、 今回は死ねなかったので、 また良い意味で馬鹿になって行けたらと思います。
(シャボ)

シャボがいるとやはり心強いです。 羽生先生はやはり名人がお似合いになるので、 どうしても奪取に期待してしまいます。 若手やコンピューターが強くなり大変でしょうが、 カッコ良く下山していただけると応援しています。
(牧野)

シャボさんおかえり〜!
(竹田)

羽生先生は下山の最中という会長のお話を聞いて、 改めて凄い方なのだと感じました。 僕なんかでは想像もつかない厳しい勝負の領域。 これからもお体に気をつけて、頑張って下さい。
(ナルコ)

■2018年4月11日(水)その4 Vol.5626

先日、朝まで卓球やったじゃん。 牧野が、前後左右にでっかく動き回るんで、 面白くって、一時間ぐらい付き合った。
「腰が痛いです。」
と、牧野。
当たり前だ。 将棋を指していればいいのに、 似合わない運動なんかするからよ。
「俺の年齢を考えろよ!!」
その場は、笑って言えていたが、 帰って、眠って、起きる寸前、 左足のふくらはぎがツル。 ツルと数分は痛いが、 すぐ治っちまうのが普通。
ところがよォ、10分たっても、 30分たっても、痛みが抜けない。
一時間たって、右足一本で、 痛い左足を引きずって、トイレ等を動くが、 痛みが抜けない。
このままじゃ、今でも余り歩かない俺が、 一歩も歩けなくなっちまうのかいやと、久し困る。
家人が持っていた漢方の薬を飲んだら、 少し楽になった。
その後、初めてサロンパスだかの、 シューを噴きつける。
前日、足の付け根が痛む者の痛みを、 手当して治してやったのに・・・・・
でも、あの痛み、いい体験だったな。 又、来るぞ!!

         雀鬼




会長に、又、来ないで欲しいです! 自分も最近まで、痛みが続いていて、 当時は、嫌だなぁ、ばかりでしたが、 会長の「いい体験だったな」の言葉に、 自分を返り見ると、反省点や気づきもありまして、 いい体験だった、までは行きませんが、 体験することが出来た、とは、思えました。
(緒方)

■2018年4月11日(水)その3 Vol.5625

九州の先生も、淡路島に帰ったらしい。 海、うみ、ウミと書いてあると、 泳いで、潜りたくなっちまう。
大学の先生、あなたが、 麻雀を知らなくて、本当に良かった。 この思いは、兄さんと一緒だな。
先生とも、まだ一度も逢っちゃいませんがね。 だからこそ、いいんですよ(笑)
逢わなくとも、先生が持って来てくれた、 書画「諦観」という文字いっちょで、 こうやって、繋がりがあるじゃないですか。
繋がりにも、深浅があるだろうし、 繋がりも小っこい時の方がいいもんなんです。
それが成長すると、 色々な問題が含まれてくるじゃないですか。 めんどくせえものも混じってくるしね。
繋がりは大切ですが、 それが負荷となって、重くなって、 プツンと切れちまう。
俺のつながりの糸なんて、 くもの糸と同じような細いもの、 人脈なんて言って、人との繋がりを広めようとか、 これ、よいことだから、広めましょう、 なんて、俺ん中には、あんましないんです。
俺、雀鬼ですから、 神様の反対側にいる存在(笑)
俺、雀鬼とか、会長と、周りから呼んでもらっているが、 決して、先生じゃありませんし(笑)
初動は大切ですね。

         雀鬼




強い日差しの中にいると、海を思い出してしまいますね(笑) 大切に思うからこそ、負担もあったりするんでしょうが、 そもそも負担のない生活はつまらない気がします。 負担を忘れるような楽しみ、感動があって、 続けられているんだと思います。
(恒)

■2018年4月11日(水)その2 Vol.5624

ここでは、卓上で、海ん中で、畳の上で、 強くあれよ、とやって来たが、 そんな中で、卓球だけは 強さはどうでもよくなっちまった。
ウータンや、しげるのような、 勝とうが、敗けようが、 やれば、平和が見れるものって、貴重だよな。
今週の土曜日に早矢香から、 顔を見せたいって、連絡が入ったが、
「来なくていいよ。」
「何で、行きますよ。」
「来たら、邪魔だから。」
「ならば、私に解説させて下さい。」
のやりとり。
そりゃ、確かに、早矢香が、 オリンピックで銀メダル取った時に、 みんなで寄せ書きした、 雀卓の上でみんなして食事をする時に使っている板を、 2枚合わせた、いい加減な卓球台だが・・・。
ウータンと、しげるさえいれば、平和が生まれる。 俺達じゃ、とても作れない、平和のピンポン。
よしもとばななさんの相方のヒロチンも、 栃木県北3位の卓球マンらしく、 指導に来ますよって、 ダメですよ、平和が取られちまったら、 また、強さを求めちゃうじゃないですか(笑)

         雀鬼




素人の集まりが、素になって楽しみを作っている場なので、 専門家の方には御遠慮願いたい所ですが、 しげる君の奇跡の返球で、 メダリストが翻弄される姿も見てみたい気はします。
(恒)

二人の卓球と違い、プロのサッカーの試合なんて、 何か殺伐としてますね。 何十億円もかけて選手を集めたり、 戦争の代用品みたいになっています。
(ナルコ)

■2018年4月11日(水) Vol.5623

企画が変って、4チーム対抗戦。
大本命の牧野の親分とこがダントツ。 親分も来れば強いが、 恒大将だけが139pの大台。 この2人だけで勝てちまう。
2位は、子分を5人連れた、しげるチームも強かった。 竹馬がリーダーしげると五分のポイントをあげていた。
3位は、ビリのはずの小鉄チーム。
ラスは、6名参加のナルコチーム。 ウータンが居ても、シャボは入院だし、 くのイチの暗躍の効果も消えちまった。
今週は、今んところ、やっぱり、 小鉄チームがダンラスです(笑)

         雀鬼




しげる君の週末の追い上げ、凄まじかったですが、 今週は平日なのにリーダー自ら来てくれてます。 前回ラスのナルコチームが、また助っ人加えて、 今週は抜け出しており、3チームが追いかける展開。 牧野の親分、小鉄チームだけは突き放しましょう!
(恒)

ナルコリーダー未だ力になれずすみません。 週末には道場に戻らせて頂き、 少しでも戦力になれるようやって行けたらと思います。
(シャボ)

あと一歩届かず、残念です。 シャボさんの留守を守りたかったのですが…。 今週の目標は、汚名返上です。
(ナルコ)

平日はダンラスでしたが、 週末にしげるリーダーの奮闘 &後藤さんと宮木くんが助っ人に入ってくれて、 何とか2位に入れました。 今週は平日にリーダーと百武が来てくれたので、 牧野チームを追い抜きたいですね。
(竹田)

■2018年4月8日(日)その2 Vol.5622

いつも卓球では、 第一人気のウータンと、皆、やりたがるから、 ウータンは出っぱなしだったが、 やらないと寝ちまう、牧野を入れたら、 ずいぶんと、やってくれて、 歌ちゃん、少し楽だった。
その分、バタバタ動く牧野は、 腰が痛いとつぶやく。
それに、付き合う俺、 倍に近い、高齢化、 あちら、こちらが、痛くないはずもなし(笑)
でも、たまにしか出来ない運動は、 楽しいよな。
今や、料理の鉄人を名乗るクノイチが、 望んだ竹の子ごはんを作り出している。
この間、近代麻雀の原稿の方で、 男はビビッて打ってたのに、 4人娘はビシバシ打てた、と書いたら、 その中の一人の女子プロの人が遊びに来た。
連れの男性は、全くの初心者。 一番弱い人がトップを取る。 それが、麻雀なんです。 もちろん、まだ、 一人じゃ打てない程度だったけどね。(笑)
「男子プロは慎重に打ってるので。」
違えわ。ビビってんだよ。
彼女、打ち過ぎて、右腕に腱鞘炎。 でも、けっこう打てたよ。

         雀鬼




無駄な動きで痛める自分と、会長の痛みは大分違いますが、 楽しい運動をまた仲間としていきたいです。 女子プロは男子プロに染まってない感じが良かったですね。 クノイチさん御飯美味しく頂きました。ありがとうございました。
(牧野)

旬が予想より早く過ぎてしまったのに、 合格ラインをクリアするクノイチ、流石の鉄人です。 ついでに祝って頂き、有難うございました。 女子プロの方、同卓させて貰いましたが、 嫌な物感じなかったですね。 業界に染まらないでいてくれたらと思います。
(恒)

春が旬のタケノコですが、 たった1週間で、だいぶ味が変わっておりました。 竹の子から竹に向かって……自然の変化に、あらためて驚きです。
(クノイチ)

もともと、この女子プロの人は、会長に会ってみたかったそうで、 会長の、プロの世界にいる元道場生の話を聞いて、 びっくりしていましたね。
(ナルコ)

■2018年4月8日(日) Vol.5621

ワイドショーとか、 お笑い芸人のためのテレビだから、 あまり、見ねえんだが、暖かくなったのか、 野球、卓球、水泳、柔道、ゴルフ放送が流れてた。
卓球を見たら、 早矢香が解説して、 佳純ちゃんが3位決定戦。
五分の試合の最後の勝負、 相手の選手の穴を真ん中に見つけた。 佳純ちゃん、勝負球は真ん中だぁ、 と応援している。
佳純ちゃんに届いたのか、 真ん中に勝負球を集めて、 佳純ちゃんが勝った。
スポーツはいいんだが、 全部のスポーツに企業がくっついている。 それをまとめる団体は、政治がらみ。
やっぱし、経済と政治を切り離したら、 何んも成立しない。
道場は、その2つを否定しているから、 ダメなんだよな(笑)

         雀鬼




政治、経済が絡まないから、 損得なしの仲間との触れ合いで、 感動したり出来るんだと思います。
(恒)

小学生が、体育の授業で、 ラグビーをやっているのを見かけたことがあります。 僕が子供の頃はやりませんでした。 日本でラグビーのワールドカップが開催されるらしいので、 その絡みなのでしょうか。 政治が絡むと強くなる、と考えると、 ちょっと嫌な感じがします。
(ナルコ)

■2018年4月7日(土)その3 Vol.5620

ウータンとしげるの主催による、 卓球の平和祭典が始まって、 やっぱり、ウータンとしげるは、 ジュース合戦で楽しい。
そこへ、牧野も加わって、 おもしろい動きをしてくれる。
牧野、とにかく、おしりから動いて、 何度も後ろのイスにぶつかったり、 左右にエビのように跳ねたりする。
我々でも、公式戦選手として認められない卓球部に、 もしかしたら、牧野も入部出来るかも知れない。
朝4時、ウータンと牧野は汗びっしょりの活躍。 俺もやっと、しげるボールを、 ちょっと打てるようになった。
「平和だなー」

         雀鬼




ウータンの空振りにしげるさんの天井打ち、 そして牧野さんの大リアクションと、 楽しい平和の祭典でした(笑) 朝4時までお疲れ様でした〜。
(竹田)

やはり自分は無駄な動きが多すぎでしたが、 ウータンの領域に少しでも近づけたなら何よりです。 また平和祭典よろしくお願いします。
(牧野)

卓球部員候補、納得の面白さです! ただ、あの動きを続けていけるのかなー? 腰がやられてしまうのでは?(笑)
(小鉄)

今回も好勝負を見せるお二人、 ウータン圧勝かと思いきや、デュースからの逆転、 ウータンが新しい空振りもみせてましたね(笑) 牧野さんは素で面白い、 海嫌いなのに、エビの動きを身に付けているんです。
(恒)

戦争している国もあるなか、平和だからこそ、 こうして馬鹿なこともやれる。 有難いことです。牧野先生はかなりの素質ありの有望株です。 最近は土日ともに道場に来てくれて、 放課後も残ってくれているので楽しみです。
(しげる)

最初は寝ていたみたいですが、 いや〜、牧野先生、いろんな技を持ってますね(笑) 開催日の土曜夜は、これからも、「当然、残ります」 とのことなので、楽しみにしております。
(ウータン)

■2018年4月7日(土)その2 Vol.5619

俺、よく知らなかったんだが、 孫の兄弟が、自分の家から歩いて、現れた。
「初めての、おつかいだね!!」
ところで、キミ、 今日、小学校の入学式じゃなかったのかい。
何んもなかったように、
「うーん、そうだよ。」
今年の桜は、早く咲いて、 雨も風も吹かぬのに、 すぐに散っている。
5人目の孫の時は、入学式に呼ばれ、 桜が満開だったっけ。
6人目の孫、出発ぐらい、 全て付き合おうと思っていたんだが、 大人の事情があったらしい。
お祝いのランドセルだけは、 昨年の内に準備してあったんだが、 今時のランドセルって、高価だし、 とにかく、小っこい新入生には、重たく感じる。
小さい頃から、心身を強く鍛える、 ってんなら、いいんだが、 何んか、俺には、小さい子に、 荷を背負わせている思いがする。
俺の場合なんか、 皮でなく、シートのような布地に、 何故か、星のマークが一つ付いていたのを、 覚えている。 中学の時も、シートの肩にかけるバッグ。
それ以上になって、 気取って、ブックバンドを小脇に抱えていたっけな。
道場に集まってきたお花が枯れた頃、 ばななさんから、お花を頂いた。

         雀鬼




今の田舎の中学生のカバンも信じられないほど重く、 若者に余分な重荷を背負わせる世の中を表している感じがします。 大人は子供に良いものを流してほしいものです。
(牧野)

6番目のお孫さんが、もう小学生とは、 ほんとに、子供が大きくなるのは早いものですね。 楽しい小学校生活になることを願います。 ばななさん、可愛らしい、明るいお花、 ありがとうございます!!
(緒方)

■2018年4月7日(土) Vol.5618

清水の次郎長だって、 あちら、こちらに、 兄弟分や、子分が散らばっていたんだろうが、 28人衆が脇を固めていた。
それに比べて、ここは、 今月は16人衆でスタート。
ナルコリーダーのところに、 クノイチと芹澤、 しげるチームに、宮木と後藤の、 4名が助っ人に入ってくれている。
クノイチと芹澤が、 ナルコチームに助っ人に入ったのは、 病に倒れた同チームのシャボのため、とは思えない。 多分、ウータンとの、 今までのご縁で入ったことでしょう。(笑)
先日、色紙に、見事な書を持って来てくれた、 九州の先生、実家が淡路島なんですね。
ミキハウスの山田さんや、兄さん、 友人の方々に、 俺の至らないサイン本を持って行ってくれたらしい。
九州の先生から、 又、何本かの縁が結ばれる。 全ては、繋がり、なんですよね。
「よいも、悪いもね。」

         雀鬼




16人、改めて見ると少ないなーって思ってしまいますが、 何かしら思いを持って通ってくれる仲間との触れ合い、 有難い縁を続けさせて貰っている事を、 忘れないようにしたいです。
(恒)

「全ては繋がり」ですが、 縁やアヤを少しでも感じて見過ごさないようにしたいです。 この写真にある違和感のある色紙は、 そろそろ外してはいかがでしょうか?
(牧野)

誠実なナルコリーダーあってでしょう。 芹澤さんは、そういうのもあるでしょうが、 クノイチは・・・、う〜ん、どうでしょう?(笑)
(歌田)

道場生で一番多くの人と縁があったのは、 歌田さんでしょう。 縁は切れてしまうこともありますが、 そのつながりに感謝しながら、やっていこうと思います。
(ナルコ)

■2018年4月4日(水)その3 Vol.5617

苦労して考えて、恒が今月から、 4チーム対抗戦の企画に変化させた。
リーダーは4人。
誠実に一歩一歩、男らしくなったナルコ。 勝つことを知らなかったナルコが、 強い方へ、変化してくれた。
将棋を命とする清水の牧野親分も、 道場には将棋は持ち込まないが、 浪曲全集を持ち寄ってくれて、 浪曲の意味の深さを楽しみながら、学んでいる。
「♪♪情には弱いが、義に強い♪♪」
週末に電車(5トップ)を走らせてくれる、 しげるがリーダー復帰。
何故か一人、弱いのが混じっている。 それが、小鉄リーダー。
清水の親分のところは、 恒大将、緒方、BIGと、 強いもんばっかが、そろっている。
しげるのチームは、竹馬がいるが、 一チームだけ、離されている。

         雀鬼




将棋を命としているのは問題ですが、 義に強く、チーム員からの突っ込みに負けず やっていきたいと思います。 小鉄チームはカッコ良く負けてこそ盛り上がるはずなので・・・
(牧野)

先月までは標的となった動物達、 今月はチームの為に何れだけやれるか、ですよね、竹馬さん。 苦労って程ではないですが、 何かもう少し味付け出来たらと思います。
(恒)

なかなか厳しい闘いです。 しげるリーダーが来る週末まで、 離され過ぎないようにしないといけません。
(竹田)

新しいチーム戦、 ホワイトボードに書かれているのは16名の名前だけ。 なんだか淋しいね、と皆で話していました。 助っ人の名前が、どんどん埋まっていくといいですね。
(ナルコ)

弱かろうが、気持ち持って、やるしか無いです! 他のチームは弱い内のチームには負けたく無いはず、 競り合って面白くなればと思います。
(小鉄)

■2018年4月4日(水)その2 Vol.5616

恒、ウータン、ナルコ、小鉄が、 新しいTシャツを着ている。
外は暖かくなったとはいえ、 若い人達は、Tシャツいっちょで居られる。
俺なんて、まだ、防寒用の下着2枚着て、 薄手のセーターの長袖3枚、 足元にはヒーターを入れてもらっている。
新しいTシャツ、3人は似合うが、 どうして、小鉄だけは似合わないんだろう(笑)
小鉄に似合うもんって、 売ってねえのかなー。
馬子にも衣装って、 そうじゃねえな(笑)
タバコを忘れたんで、 途中のコンビニに寄る。
レジに2人の女性らしき人が並んでいた。 後ろから見ても、上半身がかっちりしてて、恐そう。
一人の女性は、部屋着のマンマ、 もう一人も、男性用らしきものを着用していたが、 頭はメッシュが入っていた。
後ろ側から見ても、危なかったが、 レジを終えて、振り向いた顔が、 そこらの男達より、恐い顔をしていた。
俺、気が小っちゃいから、 目を合わせられなかった。
♪赤い襷に 姐さん被り  娘二八の艶姿♪♪
こんな人達って、 今はいなくなっちまったのかなー。

         雀鬼




小鉄さんには、服屋の店員さんに頼んで、 秘蔵(売れ残り)のネズミ服を出して貰うしかありません。 最近は見た目だけじゃなく、 平気で汚ない言葉を使う質の悪い女性も増えている気がします。 男が弱くなっているからかも知れないですが。
(恒)

永井さんが着ているのを見て、さっそく着てみました。 以前、皆でシャツの色を合わせたりしたことを思い出しました。
(ナルコ)

売ってたとして、選ぶセンスが無いんです。(笑)
(小鉄)

■2018年4月4日(水) Vol.5615

緒方が、代参で、シャボを見舞ってくれた。 とにかく大変だったろう、本人も緒方もな。
まさか、シャボが、 ドイツの貴族の宮殿に部屋を取って、入院してたとは。 さすがお坊チャマです。
医術はアメリカが進んでいるらしいが、 イスもカーテンも英国産、 全てが西洋の近代化の中の生活感が見てとれる。
俺が入院した病院は、発展途上圏の周りを、 田んぼに囲まれた地だった。
病室で、朝食前に、暇なんで、 黒服の2名の業者さんが、裏の駐車場に車を止めて、 毎日、入って来るのを眺めていた。
裏口から入って来たってことで、 その人達の職業は、葬儀屋さんだとすぐ分かる。
俺は、ほとんど病室から出なかったが、 たまに、検査かなんかで、病室の前を行くと、 先日居た人の姿がない。 退院じゃありませんよ。
シャボは、ジャガーの高級車、俺は中古の軽かな。 違いを感じるな。
パリへ行った者、英国に行った人、 スペイン語を習っている人、 なんか、この頃、西洋盛りだよなー。
ヘルシンキは、ばななさん御一行様だったね。

         雀鬼




近場で緊急手術をしてくれる病院が、 たまたま、ここだっただけで、 自分で選んだ訳ではありませんが、 映画やドラマの撮影とかにも使われる病院だったみたいで、 自分の方が場違いな感じで驚いています。 きれいな病院ですが、また入院したいとは思いません(笑) そして緒方が何もない茨城の片田舎に、 わざわざお見舞いに来てくれ、 会長や皆様からのお見舞いの品等まで頂き、 ありがたくも申し訳ない気持ちです。 緒方を見てちょっとホッとしました(笑) 会長、緒方、皆様ありがとうございました。
(シャボ)

シャボさん、突然押しかけてしまい、すみませんでした。 シャボさんの顔を見れて、 直接、聞かせていただいた、大変な山場も、 越えられていた様子で、ホッとしました。 しかし、あの病院にはビックリです。 さすがは、シャボさんです!!
(緒方)

緒方さんが動いてくれて、 シャボさんの様子を聞くことが出来ました。 「とにかく遠い。こんな遠くから毎週シャボさんは…」 その言葉が、印象に残りました。
(ナルコ)

■2018年4月1日(日)その4 Vol.5614

最後の週間戦、 一番責任の重いシーサー恒が、 トップで締める。
2着にタッグ枠のナルコチームが、 お見事の力を見せた。
3位は、ここんところ、 何かと役回りが増えた、竹馬リーダー。
ウータンと小鉄の両リーダーを越えた、 牧野チームもお見事。
ラスは入院したシャボチーム、 と思ったが、 1p差で橋本と熊タッグがビリだった。
小ねずみが初めて、 4リーダーの定席だったビリを脱出した。

         雀鬼




浪花節・浪曲パワーで小ねずみを何とか越えました。 シーザー恒さんは偉大で、 竹馬も浪花節パワーで女に流されず復活しています。 来月は浪曲が上手いナルコに対抗していきたいです。
(牧野)

牧野親分が日曜日にいると、道場の盛り上がりが違います。 本音で歌い上げると味が出て面白いですね。
(BIG)

こんな状態になってしまい、 緒方にまた迷惑をかけてしまいましたが、 緒方が踏ん張ってくれて、ラスを回避してくれてありがたいです。 道場に戻って、 皆さんに少しでもお返しできるようやって行きたいです。
(シャボ)

ナルコは単独でも、動物達と張り合ってたので、 逃げるのに必死でした。クノイチも控えてますしね(笑) ハニートラップがあったか分かりませんが、 単独でのウータン越え、あの連敗記録を持つナルコの成長、 良い物見せて貰いました。
(恒)

実は、ウータンも含めた3組でのラス争いだったのですが、 そこまでは、さすがに及ばずでした。 シャボさん、どうぞ、ごゆるりと〜。
(緒方)

クノイチも暗躍してくれましたが(笑)、 やはり大将、強かったです! 清水一家の牧野先生も、終盤の怒涛の連勝は凄かったですね。
(ナルコ)

最後でやっとこさです。 すみません! でも、またもや、クノイチの暗躍が。 浮かれウータンになってたからなんですよねー(笑)
(小鉄)

■2018年4月1日(日)その3 Vol.5613

クノイチが又、顔を出す。
「竹の子ご飯は・・・」
今日はてぶらだが、 どうも、昨晩気になった、 竹馬に逢いに来たらしい。
クノイチ、又の名を、 「チラ見ちゃん」
万引きを捕まえる、 おまわりさんのよう。
俺なんか、盗っ人だから、 しじゅう、目をつけられていた。

         雀鬼




竹馬さん!クノイチには気をつけてくだせい。 むしろバシッと振ってやってくだせいな。
(牧野)

情報屋でもあるクノイチ、 聞き耳も立てていたりします。 カマボコさん以外の事は、だいたい知りたがるようです。
(恒)

クノイチが欲しがっていた情報は昨日渡したはず・・・ いったい何が狙いなんだ。気をつけねば・・。
(竹田)

チラ見は無意識でした。なるべく堂々と見ます! そして手ぶらですみません。 春限定のタケノコご飯は、また週末に〜。
(クノイチ)

■2018年4月1日(日)その2 Vol.5612

小さい頃、まっ黒で、 「インディアンの子」と呼んだ孫娘が、 車に同乗してくる。
「あのね、インディアンって、  凄い人達だったんだよ。  嘘はつかないし、約束は守るし、  一つとして、自然を壊すものを使わずに、  生活してたんだよ。」
手に持ったペットボトルを指して、 このペットボトル一本で、 鳥とか、魚とか、土とかを、 沢山、殺してるんだよ。
インディアンの人って、 凄く、勇者だった。
勇気があるから、 日本人が渡れなかった、北の極寒の地である、 ベーリング海峡を何100年もかけて、 やっと、渡ったんだよ。
人は20万年、歩いたらしい。 勇気ある人が先頭に、 知恵ある人を真ん中に、 2番目に勇気がある男の人が、 しんがりを守って、 舟を使わず、 海を渡った勇者達がネイティブインディアン。
そこで平和に暮らしていた人々を、 西洋の海賊達がやって来て、 惨殺して、わずかに残った者を、 何んもない、今は観光化された、 グランドキャニオンのような、 草も生えないところへ、追い払ったんだよ。
と、爺さんが小学校の孫娘に語ってあげた。
そこで家人が、 あのね、イオンというスーパーに、 寝転がっているだけで、マッサージしてくれるやつ、 あれ欲しいね、 とオバチャンの話に戻して来た(笑)

         雀鬼




会長のお話し、どれくらいお孫さんに届いたのか、 何かを感じとってほしいですが、 奥様の妨害が入るとは(笑) 寝転がりながらマッサージ…普段なら?ですが、 寝たきりに近い今はちょっと気になりますね(笑)
(シャボ)

インディアンって呼び方にどうこう言われる事あっても、 今までの事情が話題になる事は少ない気がします。 それにしても文系を自負される家人の方には、 一切入らなかったんですね(笑)
(恒)

■2018年4月1日(日) Vol.5611

今日もシャボの話から、 我が家でも、孫達が、 あの元気で強いシャボさんが入院と聞いて、 みなビックリ。
俺も昨日、知ってすぐに、 はるしに、一報入れると、
「エエッ!!」
の一声だけ。 ショックが伝わった。
警官や消防士の方々に殉死ってあるが、 シャボの場合も、殉病だよな。
橋本、緒方、恒、ウータン、小鉄、 ナルコ、しげる、なんかも、 病になれば、殉病だよな。
数年前、しげるが倒れた時も、我が子同様に、 しげると伴に、長期の病気に付き合ったけな。
シャボ、苦しいんかなー。 シャボ、痛えのかなー。
シャボよ、夏の海を思い出せよ。 2人で潜った荒場や、深場、 魚の群れの中で泳いだじゃん。
一番、シャボらしく、 楽しかったことを、つらい時こそ、 思い出しなよね。

         雀鬼




病気になった時は、 お先真っ暗な気持ちになったりしましたが、 月日もたち今は付き合っていかなければならないものの、 さして気にならなくなりました。 その節は会長、シャボさん、橋本サブマネ、 ありがとうございました。 シャボさんはベッドの上で浪曲を聞かれているかと思いますが、 道場では竹田さんと牧野先生が掛け合いでだいぶ唸っています。 本音は面白いですね。
(しげる)

会長、温かいお言葉本当にありがとうございます。 今まで大きな病気や怪我をした事が無かったので、 今回はこんな苦しみがあるのかと思うくらいでしたが、 やっぱり苦しんでいる時は会長や道場の仲間、 お孫さんの事が思い浮かびました。 本当に自分は会長や道場の皆様に、 救って頂いているのだと思いました。 今はだいぶ痛みも和らいで来ています。 早く道場に戻れるよう治して行きたいです。
(シャボ)

まだ痛みはあるとのことですが、 シャボさんのコメントを見ると、少し安心します。 今は大きな病気が無くても、道場生は30〜50代。油断は出来ません。 道場にいると、自分もそれなりの年齢だということを、 ついつい忘れてしまいます。
(ナルコ)

道場生も皆、ビックリでした。 道場を支えてくださる、 ご近所組や、ナルコ、しげるさんの大変さもそうですし、 シャボさんの、道場帰りの疲れた道のりの中、お日様が上り、 そのまま、お花屋さんへ、ということも度々だろう日々、 そういう行動をして下さっていることを、忘れてはいけません。 今はまだ、痛みや、術後の疲れもあるでしょうし、 ゆっくり、心身を休めて頂きたいです。
(緒方)

■2018年3月31日(土)その5 Vol.5610

クノイチとウータンの密約があって、 本日、ウータンの誕生日、てことで、 旬の竹の子ご飯をクノイチが作ってくれた。
みそ汁が美味くって、 それに釣られて、 竹の子飯もお代わりしちまう。
竹の子の煮物、さしみも美味くって、 高価な物よりいい、 やっぱ、旬の味って、最高だね。
道場生が持って来てくれた、 毛蟹もあったしね。
シャボは、多分、点滴なのに、 こっちは腹いっぱい食べて、 すまない気持もありますよ。
この頃、料理が下手な女子、多いからなー。

         雀鬼




ウータンの誕生日にクノイチとの密約、 これは怪しいですね(笑) 会長がたくさん食べて下さると作った方も皆も嬉しくなります。 旬の竹の子美味しそうですね。 点滴に旬はないからなぁ(笑)
(シャボ)

3月31日はウータンの日、 食べたい物と作りたい物が一致してました。 これも密約の1つでしょうか。 竹の子って美味しい印象なかったですが、 今回はオカズなくてもお代わりしちゃう程、ご馳走でした〜
(恒)

またも、クノイチ暗躍ですね(笑) 会長が美味しい料理作れるなんで流石です。 何より、ウータンのほころぶ笑顔が良かったです。
(小鉄)

道場生は、季節のものを食べることは なかなか出来ませんから、ありがたいです。 ウータンのおこぼれにあずかり、 美味しいご飯をいただきました。
(ナルコ)

旬はいいですね。 旬を感じる感覚は忘れないようにしたいです。 シャボの存在感を感じつつ、やっていきたいです。
(牧野)

竹の子ごはん、マジで美味しかったです! 4杯もお代わりしてしまいました(笑) クノイチ、ウータンのお陰です。 ありがとうございます。
(竹田)

そろそろ、竹の子の旬だな、と思っていたので、 何食べたいか聞かれて、即答でした。 とても美味しく、会長もお腹いっぱい、 召し上がられて、良かったですが、 決して、密約ではないですねよ、シャボさん。
(歌田)

今回は密約ではなく、どうどうと暗躍です(笑) この時期だけの旬のもの、 みんなにお腹いっぱい食べていただけてよかったです!
(クノイチ)

■2018年3月31日(土)その4 Vol.5609

俺の場合、デタラメなんで、 朝食から、すき焼きとか、 重いもんを平気で食っていたし、 深夜、三時とか四時頃なんて、 当たり前に、それなりの食事を取っていた。
「不健康」
シャボなんか、かつて下北で流行った、 何んかおかしい団体の、健康集団に飲まれたし、 夜12時過ぎは、 なるべく食事をとらないように、気をつけたり、 スポーツジムにも通って、健康に注意してたのに、 入院だってさぁ。
お気の毒とは思うが、 俺も入院、大嫌いだから、 代わってあげたくとも、そうもいかねえな(笑)
今、シャボのために橋本が 浪曲をうなってます・・・・、 うん、ヘタだぁ(笑)
シャボの場合、入院して、 しっかり治療受ければ、 又、元気な体になって、戻って来られるが、 俺の場合、一つの病気の方は、 治るということはなし!!
まぁ、浪曲でも聴いて、うなり筋を上手になって、 帰って来て下さいね。
シャボチーム、留守は、緒方が守ってくれて、 今んところ、ビリじゃないからね。
4人リーダー戦、 ずーっと、ダンビリだった、小ねずみが、 ウータンに、勝てるかも。
我が家は春休みなんで、 男の孫達が4人、泊まりっぱなしで、大騒ぎですが、 道場は静かです。
只今、クノイチが料理中です。
いい匂い・・・。

         雀鬼




ヘタで済んでれば御の字ですが、 あまりのヒドさに雀鬼キックが飛んできました(笑) シャボさん、早く帰って来ないと、 おいらの うねり で、病人、ケガ人が増えますよ〜(笑)
(橋本)

今月は緒方に迷惑かけっぱなしで申し訳ないです。 病気になった時は違う意味で唸っていましたが(笑) 浪曲の方のうなり節も上手くなりたいです。 サブマネも上手くなっておられるみたいですし(笑)
(シャボ)

シャボさんが居ないと浪曲がしまりません(笑) 何時も明るさを頂いてるんで、 こんな時にちゃんと留守を守らねばですね。 皆で声出していけたらです。
(恒)

橋本さん!ヘタ過ぎ! シャボさんに届いて無いことを祈ります(笑)
(小鉄)

同じ病室に年配の人がもしいたら、 「あれ、お兄さん浪曲聴くの?」 なんて言って、盛り上がるかも…。
(ナルコ)

帰って来たシャボさんのうなりが楽しみですね。 こんな時こそ、ラス回避したい!
(緒方)

今週はちょっとヤバイですが、 ねずみには、負けたくないですね。
(歌田)

■2018年3月31日(土)その3 Vol.5608

ばななさん、相も変わらず、お元気に、 世界中を飛び回ってるんですね。
ヘルシンキ、マイナス15度ですか。 寒がりの俺じゃ、冷凍人間になっちまいますね(笑)
日本も今年は何度か雪が降りまして、 外出はしてませんでしたが、 ある深夜にけっこう積もった雪と風の中、 部屋の中で、暖房バンバンたいて、 厚着して丸くなってたのに、 衝動的に、何故か、パンツ一枚になって、 シーンとした雪で明るい中、 近くの道路をぐるりと周って来てしまったら、 体がポッカ、ポッカでしたね(笑)

         雀鬼




会長から以前伺った話を真似して、 雪道を素足で歩いてみましたが、 数分と持たず…ポッカ、ポッカとは程遠い状態になりました(笑)。
(恒)

今の日本でも自分は寒いのに、 マイナスの国での生活なんて、想像も出来ません。 時々頂く、ばななさんのお写真で、 気持ちだけ、海外旅行してます!
(緒方)

■2018年3月31日(土)その2 Vol.5607

九州の大学の美術の先生が、 色紙を2枚、額縁に入れて、持って来てくれていた。
一枚は、右側半分を思い切りよく使った見事な、
「雀鬼」
という習字。
もう一枚は
「諦観」
という書体が、ど真ん中に。
辞書によれば、 本質を明らかに見て取ること。 悟りの境地にあって物事をみること。 仏語で言えば、
「あきらめることなり」
でしょうか。
遠地から、わざわざ、ありがとうございました。
私の思感ですが、 確かに、物事の本質を、 ついつい、見ようとしてしまいます。
例えば、手の平を見ると、 普段、物をつかめる手の平の方には本質が見えず、 只、便利とか利用がありますが、 何もつかめない裏側の手の甲の方に、 本質があるような気がして、 体さばきを道場でしている時など、 ほぼ力が入らない甲を使ってます。
体さばきには、力味も思考も、 やろうという気持すら、 ただの邪魔なものとなります。
みんなには、自然にな、ソーッとな、 と言う他ありませんが、
「諦観」
という言葉から、 あぁ、あきらめている状態も一つあるな、 と少し分かりますが、 悟りの境地があったとしても、 決して、近づきたくないのが自分なんです。
言べんにくっついた帝、 という言葉がひっかかります。
その社会の一等上みたいに感じ、 嫌なこったです。
「帝王学」はいけませんね。
市井の立場で結構ですが、 その市井の方々から、外れちまったのが、 俺かも知れません。
お手紙を見た限り、 上半身「頭脳」を含めて、 重量感を感じますが、 下半身が右側の方に傾いている気がしました。
私との共通項は右手、右指を大事にし、 荷は左手に持たれることですかね。
重い物はぶれますからね。

         雀鬼




字1つでいろいろと見抜かれる、 ご本人も予想されてたようですが、驚かれているでしょうね。 手の甲を使うことで出来なかった事が出来るようになる、 他にも不思議な体験はさせて貰いましたが、 意味はともかく、締観って文字にはピンと来ない感じがしました。
(恒)

和紙に、筆で書かれたお手紙を読んで、 そこまで分かる会長はやっぱり凄いな、と思いました。 確かに、字というのは一人一人違いますが…。
(ナルコ)

帝に言う、で、諦める。 考えてみると、面白いと思えました。 義心をもった臣下が、時の一番の権力者に諫言をするも、 それは話が通ることを『諦めた』上でのこと。 また、その後の自分の立場、命も『諦め』、 それでも、行動した、そんな様子が思い浮かびました。
(緒方)

■2018年3月31日(土) Vol.5606

来る時に、家人が、葬儀場を見て、 結構なお葬式ねえ。
「・・・・うむ。」
嫌な予感が走る。 誰か身近な者に・・・・。
そしたらねぇ、 あの元気者のシャボが、 腸の病で、緊急手術して、入院したという。
俺も、3年前に、怪我でなく、 初めて緊急手術をして、 一週間ぐらい入院したっけな。
そん時も、起きたことを表沙汰にせず、 隠れるように、入院していたっけ。
お見舞いも、毎日、家族っていうか、 孫が集ってくれて、 病室が大にぎわいだったっけなー(笑)
先日の30周年、何かの終りを感じていたんだが、 シャボよ、お前の場合は、 ちょっと休めよ、ということでしょう。
俺、見舞には行かないよ(笑) 一度、カマボコの運転で、そっちまで行ったけど、 何の意味もなかったからね(笑)
花ぐらい送りたいが、 お前さん、花屋さんだしな。
シャボが、時折り、腰か背中を嫌がっている姿は、 気になってたんだがな。
早く元気になってさあ、 道場に少ない
「明るさ」
を作って下さいね。

         雀鬼




会長、皆様申し訳ありません。 早く治して道場に復帰したいです。 お気持ちだけで本当にありがたいです。
(シャボ)

知らせを聞いた時、 今年は本当にろくなこと起きないなって思いました。 これまでの至らない所が出ている部分もあるんでしょうが、 何時も以上に気をつけないとです。
(恒)

シャボさんの入院、この日初めて知りました。 なかなかシャボさんのようにはいきませんが、 元気にやってみます。
(ナルコ)

自分の方が、いつ入院してもおかしくないのですが・・・。 シャボさん、戻ってくるのをお待ちしてます!
(歌田)

シャボさん、ゆっくり休んで体治して下さいね。 みんな待ってます。
(竹田)

もう何年も前に、会長にご一緒させて頂いた時は、 行き帰りの道中、色々な話をして頂きながら 楽しく行かせて頂きました。 それに比べると、毎週1人で通い続ける シャボさんの大変さには頭が下がります。 今はゆっくり休んで、早く回復して欲しいです。
(カマボコ)

■2018年3月28日(水)その4 Vol.5605

あの日は見なかったが、 改めて、貼ってある30年間の道場の年表を眺めたら、 俺って、30年、何んもやって来なかった、 という気持になった。
俺が、今の恒の年齢の頃に、道場が動いた。 その頃、俺、青春、真っ盛りだったなー。
若い男の子、女の子が、 周りに沢山いて、遊んでもらったっけ。
道場を開いたすぐの頃、 男の子から、裏プロ志願者、 見知らぬ女性からは、愛人願いが、何件かあった。
どちらも、無理なお話し、(笑) 相手にもしませんでした。
中学生になった孫娘が、 今日、色紙の伝言の中に、
「私のパパはきっと、何才になっても、  ジージより、かっこいい、  と言われることはないですね。」
そりゃ、そうだね(笑)

         雀鬼




道場の歴史、会長が先頭に立たれてたからこそであり、 自分のこの先30年、遠く及ばない物しか想像できません。 若い女の子はいませんが(笑)、 あともう少し、仲間との触れ合い続けさせて貰えたらです。
(恒)

道場が始まった頃、僕はよちよち歩きをやっと卒業したくらい。 僕が知っているのは、牌の音の歴史のほんの一部なんだな、 と改めて思いました。 昔の写真を見ると、 印象が変わった人もいれば、変わらない人もいます。 僕が多少は良くなれたのは、この場所があるおかげでなんですね。
(ナルコ)

■2018年3月28日(水)その3 Vol.5604

週末に、大阪からやって来てくれた坪子のパパが、 余りに相撲が弱くって、
「こんな弱い人、初めてです。」
のシャボの一言に乗せられて、 連日、朝まで、相撲を取ったり、 その場で気づいた、 新しい体さばきを教えてやったせいか、 眠ったのは、朝だったが、 起きたら、暗い夕方七時半。
一回も目覚めることもなく、 ぶっ通しで、12時間余り、 眠りこけちまった、
「あの日」
自分の中で、何かが終わった気分が、 そうさせたのかもな。
理屈を考えたり、やろうとしただけで、 出来た者が、出来なくなる体さばき、 運動神経や能力じゃ、発想すら出来ない、 そーっとした、ちょっとの動きが、 大きな変化を作るんです。
これで、相撲じゃ、けっこう強くなった、 恒、シャボ、小鉄、緒方を やっつけられるかも知れないなー。

         雀鬼




あれっ!?自分にはやっつけられた記憶しかないのですが…
(恒)

ありがてぇなぁ。 親分にやっつけて、もらえるんなら、本望だい! 古今東西、どこを見たって、 こんな不思議な体さばきを受けられるのは、ここ以外にねぇ!! 芯から素っから強い、小鉄さんは何でもござれの伊達男、 それ以外の3人も、後遺症と、致命傷にさえ、 お気をつけ頂ければ、何度でも受けたい気持ちよさ! でも、たまに、ものすごく痛い、怖い。(笑)
(緒方)

あの時のパパ、本当弱かったな〜(笑) ほとんど圧を感じなかったです。 でも会長にしてみたら自分達もいくら押しても 「お前ら本当に押してんのかよ」 という感じで結局力じゃないんですよね。 だからパパも体さばきができるようになれば、 皆を千切っては投げ、千切っては投げですよ。 パパに投げられる日が…来るかな〜?
(シャボ)

会長が12時間以上寝られたと聞いて驚きました。 しかもトイレに行かず、ぶっ通しでと聞いて二度びっくり!(笑)  ゆっくりと生きられる時期の始まりなのでしょうか?
(竹田)

体捌きは、毎回新鮮で、楽しいです。 頭じゃ出来ない、驚きが面白いです。 会長には、最初から全く敵いません!(笑)
(小鉄)

会長、週末は相撲の稽古を見ていただき、ありがとうございました。 弱いなりに何とかしようとしましたが、 変なところに力が入ってしまいカラ回り。 その結果、筋肉痛。 会長にもっと早く体さばきを教えていただけばと思いました。 ところでシャボさん、自分からは圧を感じなかったようですね。 当たり前じゃないですか!圧は全く掛けていないんですから。 相撲は力じゃないですよ。身体さばきです。
(パパ)

■2018年3月28日(水)その2 Vol.5603

遅れて咲いた小っこい梅の花が、 もう枯れて、外は桜の花が満開。
少し、温かさを感じて、 冬用のセーターを今年初めて脱ぎ、 俺にしちゃ、薄着で来ちまったら、 夜はやっぱり、冷える。 ストーブで足元に暖を取る。
山田に本部の看板持ってけよ、 と申したが、 こっちは、恒、ウータン、小鉄、竹馬、 ナルコ、シャボ等々の集まる同好会の名が、 今はふさわしい。
外部の方にはお礼の報告もせず、 なんとなく集まって、30年が過ぎた。
こそっとやって、こそっと終えた、 その日だったが、 外の桜と同様に、道場にもお花が届く。
子を思わない親はいないが、 今回だけは、我が家の子供や孫達も、 俺を思ってくれていた。
先日、見舞いに行った歯医者連合の岩本、藤枝に、 佐々木丸にも、気を遣わしちまった。 床屋の謙にもな。
老いても、俺は親分。 子分達の想いが届いていた。
社長とか、先生より、 やっぱ、俺は親分、親方の方が似合うわな。

         雀鬼




こんな日にしてしまって、 申し訳ない気持ちでいっぱいですが、 気持ち持って行動してくれる仲間がいます。 何が出来るか、探していきたいです。
(恒)

28日で、牌の音は30周年を迎えました。 会長と道場生の皆さんには、お世話になりっぱなしです。 僕は、まだ力不足で堂々と子分と名乗ることは出来ませんが、 ここに通わせていただいている恩を改めて思い出しました。
(ナルコ)

■2018年3月28日(水) Vol.5602

山田は、いつも俺の前では行儀よく、 30年が過ぎた。
もう一人、行儀がいいのが、佐々木の丸。 彼も、町田で、俺の後輩の所で働いているが、 職場の理事長や、社長より、 俺の前では、昔のまんまの行儀のよさ。
男だけの行儀って、あるんだよな。
道場は閉まっちまったかも知れないが、 宇佐美のところの原稿を書きに顔を出しました(笑)

         雀鬼




行儀、礼儀、義理、 男同士の関係には大切なものだと学ばせて頂いています。 まだまだ未熟ですが、「義」と言うものを大切にして、 少しでも身につけて行きたいです。
(シャボ)

■2018年3月26日(月)その2 Vol.5601

牌の音 30周年、 今年もみんなで楽しい時間を過ごさせて頂きました。 会長、本部の皆さんありがとうございました。
浪曲、義理、人情に溢れた古き良き時代のお話、 自分も唄わせて頂きましたが、 その時の風景、人柄色々な事を感じて、 伝えようとするからこそ、はじめて唄えるものなのだと感じました。 会長が唄う中に礼儀があると言われていましたが、 本当に凄いなぁと思いました。
自分達はマネージャーを通して、会長に出逢わせて頂き、 マネージャーが会長に接する姿を見て、 本当に色々な事を学ばせて頂きました。
マネージャーは常に会長が側にいらっしゃるものだと思い、 行動されているのも、今までずっと見させて頂いています。
帰り際に会長が 「マネージャーを裏切るなよ」 と言われていました。
自分達が男としてどうあるべきか、 また会長がマネージャーを大切にされているお気持ちを、 改めて感じさせて頂きました。 ありがとうございました。
高槻塾 宮本

本部30周年、とても楽しく過ごさせて頂きました。 会長、本部のみなさん、ありがとうございます。
会長の浪曲、30年間のお話、 そしてマネージャーとの男と男のお話、 ただただカッコいいなと聞かせて頂いてました。
今の自分達では男っぽさには程遠いですが、 少なくとも今ここに集まった皆は、 会長の漢っぽさに憧れ、 惹かれて居るんだろうなと思いました。
道場の年表や写真を見て、 いつの間にか随分と長い時間を 過ごさせて頂いていたんだと実感して、 有り難いことだと思います。
自分達の帰る間際に会長が 「男になりたい、男で生きたい、男で死にたい〜」 と唄われたのが最高にシビレました。 これからもよろしくお願いいたします。
高槻塾 木田

会長、本部の皆さん、 30周年の場に一緒に参加させて頂きありがとうございました。 自分は初めて浪曲を聴きましたが、 男としてあるべき姿や義理と人情の事を唄っていて、 とても格好いいなと思いました。 今回は、会長とマネージャーにしかない関係を 近くで感じさせて頂きました。 会長とマネージャーが一緒にいるだけでとても格好良かったです。 自分は高槻でいつもマネージャーに 格好いい姿を見させて頂いているので、 少しずつでも格好いい男になれたらと思います。 今回も沢山の事を感じ、学ばせて頂きました。 ありがとうございました。
高槻塾 竹内英志

30周年参加させて頂きありがとうございました。 浪曲を初めて聞かせて頂き、唄の説明もして頂き、 その時の大切にしていたものが伝わってきました。 今では義理や人情といったものが薄れてしまっていて、 改めて大切にしていかないといけないと思いました。 本部へ行かせて頂ければ、 会長とマネージャーがご一緒に居られることが見ることが出来て、 いつもかっこいいです。 少しでも男の子に近づけるように、 高槻でもマネージャーからこれからも学ばせて頂きたいです。 これからも高槻で少しでも成長出来るよう頑張っていきます。 会長ありがとうございました。
高槻塾 氏本正逸

本部道場30周年イベントに参加させていただき、 会長、本部の皆さんありがとうございました。 ホームページでしか知って無かった浪曲を聞かせていただき、 またその中に礼儀があることを教えていただき、楽しかったです。 高槻の仲間でも浪曲を聞いていきたいと思います。 そして一番楽しみにしていた、 会長とマネージャーお二人の姿は 何度見ても飽きないかっこよさでした。 この世にお二人のような人間関係があり、 それが30年以上続いていることは、僕らの希望です。 とても真似できることではありませんが、 少しでも近付けるよう、 これからもマネージャーの側で学ばせていただきたいと思ってます。 よろしくお願いします。
高槻塾 堺隆志

■2018年3月26日(月) Vol.5600

30周年おめでとうございます。 本部には年に数回しか行くことが出来ませんが、 いつも楽しい時間を過ごさせて頂いています。 会長がいらっしゃり、そこに集う仲間がいて成り立つもので、 会長、本部の方に感謝しております。
今回は浪曲も教えて頂きありがとうございます。 漢としての情け、義理、礼儀等、 奥が深く少しでも覚えて楽しめたらと思います。
会長が仰った、マネージャーを大切にという言葉を忘れずに これからもやっていこうと思います。 本日はありがとうございました。、
高槻塾 齊藤 成良

会長、本部の皆様、 30周年月例会に参加させて頂き、ありがとうございました。 長い間、ご無沙汰しており大変失礼しました。 会長の楽しく、ためになるお話を色々聞かせて頂きました。 浪曲を自分で も聴いてみようと思います。
麻雀は東場から色々と考えることが多く、 難しいながらも周りを見たり、 同時に出来ることや気づきを増やしたり勉強になります。
麻雀だけでなく、卓球、相撲、浪曲などなど 色々と会長から直々に教わることの出来る 本部の人達は、うらやましいです。
自分は全然、男っぽくありませんが、 少しでも意識して日々送ると共に、 高槻で今やれることをマネージャーの下、 皆で楽しくやっていきます。
高槻塾 牧井崇幸

お疲れさまです。 30周年おめでとうございます。 自分はまだ雀鬼会歴1ヶ月ほどなのに、 こんな大きなイベントに参加させて頂いて、とても嬉しいです。 麻雀はせっかくマネージャーと同卓させて頂いたのに、 ペナルティしてしまい申し訳ありませんでした。 いつか桜井章一一家のTシャツを着た、 会長とマネージャーのツーショットを見てみたいです。 今日はありがとうございました!
名古屋 宮木

30周年のイベントに参加させて頂き、 ありがとうございました。 道場に長い間通わせて頂き、麻雀は強くなってませんが(笑)、 続けることができたのは唯一の取り柄かもしれません。
男らしさ、義、筋を通す、、、 学ばなければいけないものはまだまだあります。 いつかはやれなくなるものがある、と年々実感していますので、 やれる内にやれることを、続けていきたいと思います。
高槻塾 清水

30周年&月例会に参加させていただきありがとうございました。 目を閉じて聞く、浪曲から浮かび上がる男の世界や、 会長が再現してくださった、 次郎長と森の石松の掛け合いの、 面白おかしい味などに触れることができ、 自分の真面目くさって、 物事をハズすところとは対極にあるなあと思いました。 今回の多くの学びをありがとうございました。
名古屋 水谷

牌の音30周年記念イベント、 参加させて頂き有り難うございました。 会長にもマネージャーにも一目見るなり 「何で居るんだ?」と同じことを言われて、 自分の異和感を思い知らされました。 母の生まれが清水な事もあり、 清水の次郎長には子供の頃から馴染みもあるので、 ここらで森の石松でも聞き直して、 漢に磨きをかけて、また出直して参りやす。 桜井章一一家に名を連ねるのが夢でした。
名古屋 辻岡良武

■2018年3月25日(日)その3 Vol.5599

週間チーム戦も終わって、 責任感いっぱいのシーサーの恒が、 ダントツのトップ。 その後ろを竹馬が追っかけて、2人が100up。
ウータン96pで3位、 残る追いかけられる動物組の 一人である小ねずみは、 追いかけ組のトップの橋本・熊組、 ナルコ組、しげる組に捕まった上に、 シャボ組にも捕らえられ、 ラスの清水の牧野組だけから、逃げられたが、 やっぱし、小ねずみは弱い。
敗けっぱなしだが、 勝つ気あんのかなー。

         雀鬼




小ねずみが負け越し継続、 小ねずみをいじめる企画ではなかったはずなんですが…。
(恒)

追う側、追われる側も、 100Pを越えるのがひとつの目標になっています。 今週は何組が越えられるのか? そこでの競り合いに、当然子ねずみも…。
(ナルコ)

今週もラスの危機でしたが、 パパと宇佐美さんに、爆弾を抱えた金子さんが助っ人に入って頂き、 金子さんの爆弾解除もあって、 小ねずみさんを捕らえる事ができました。 助っ人の皆様、ありがとうございました。 そして足の速い動物達の中で、 小ねずみさんの存在には助けられています(笑)
(シャボ)

申し訳ありません。 やれない、弱く情け無いです。 気持ちを持って、向かっていきます。
(小鉄)

今週はシーサー、ウータン、竹馬の三匹が完全に逃げ切れました! またねずみは捕まっちまいましたが、 とりあえずねずみは捕まえよう! となっていますから、存在意義はありますよ小鉄さん(笑)
(竹田)

■2018年3月25日(日)その2 Vol.5598

男、山田が弟子達連れて、今、帰った。 30年、山田はいつも男だった。
浪曲うなって、 月例会も、さぁさぁと終えて、 終わってみれば、 俺と山田が、やっぱり、上にいた。
俺にとっちゃ、 山田の側で歩き続けた何人かは、可愛い。
その一人の宮本が、 俺の大好物の毎度の煮物を、 作って来てくれた。
寿司やうなぎより、宮本の味が上。
ゆいのちゃんや、孫も顔を出し、 何故だか、小ねずみが捕まって、 ボコボコにされていた。(笑)
道場には、みんなの30年前の写真が飾ってある。
お祝いとか、おめでとう、 という感じに、異和感があり、 ただ、一日が通り過ぎただけ。
試合の順位なんかも、 どうでもいい。
江戸と大阪の、男の橋渡し、 それと、ここを守ってくれる者達と伴に、 楽しくあれればよし。
男がすたった今の世は、 女もすたり、子供もすたる、 社会となっちまった。
が、ここには、少しだけでも、 男対男の関係が、いまだ残っている。
これから、一日、一日がただ過ぎるだけ。 物事には終わりがあるから、 やれる時、やっちまわねえとなー、 それを若さって、いうんだよ。

         雀鬼




マネージャーの男の姿、拝見させて貰いました。 ちょとした事に大きな差があり、 今更本物の男になるのは無理でも、 感じた事で、何かしら変わっていかねばです。
(恒)

会長と山田マネージャーの絆も、 お前らのどこが男だ、と言われたのも、 男対男の関係からきています。 片足外れた男の道に、 端っこでもいいから、戻りたいです。
(ナルコ)

ただ通り過ぎていく日々に、何もしないのではなく、 できるだけ彩りや味付けをして、 皆で楽しめるようにして行きたいです。 高槻、名古屋の仲間達が集まり、 会長とマネージャーお二人と、 ご一緒させて頂ける時間はとても貴重ですし、 「俺達に明日はない」、行動を惜しまずやって行きたいです。
(シャボ)

■2018年3月25日(日) Vol.5597

昨晩は、いつものメンツに、 江戸っ子のママと、 時には子供になれるパパとで、 いつの間にか、いっつもの週末に入り、 浪曲をうなったり、 俺の若い頃の、無給で働いていた頃を思い返した。
今、思うと、 俺自身が、まるで森の石松ようで、 ダブって見える。
日常もやん茶の毎日だったが、 仕事もやん茶で、筋とか義を持って、 日本の大物と若い内に、触れ合えた。
その頃の9年間、相当な無理と、遊び感覚が、 交互に出て来て、 ただじゃ済まない9年だった。
本日のことは、丸っきり頭から抜けて、 4時半、帰ろ、と表に出て気づく。 やり残したことがあった。
再び道場に戻って、 目標通り、しげる、橋本に、パパと、 一番づつ、相撲を取った。
みんな帰る仕度をしてたんで、     一人一秒で、終えちまう(笑)
「ハイ、終わり!!」
と思ったら、 パパの、まわしを取ったら、どうですか、で、 一人づつ好きなように、 まわしを取らすが、やっぱ、一秒で終わる。
分かったよ。 めんどうだから、 3人で同時にかかって来なよ。
楽勝だった(笑)
正直、小っこい孫相手に取る時は、 相手が小っこいから、 俺にしがみつき、まとわり付いたものを、 はがす努力があるが、 この人達には、俺、立っているだけで済む。
3人して、わざと敗けてくれて、 ありがとうね。

         雀鬼




初めは、えっ、浪曲、って思いましたが、これがなかなか。 浪曲の詩は、情緒溢れていて、洗練されています。 普段使わない言葉や、意味のわからない文などもありますが、 会長曰く、それも聴いてるうち、唄ってるうちに、 わかるようになるとの事、そしてそれが理解出来たら、 また一段、浪曲の楽しさが増すそうです。 自分で上手く唄えたら、最高ですね!
(ママ)

マンガや小説の中の事のような(それ以上ですが) 会長のお若い頃のお話しを聞かせて頂く度に驚きや凄さ、面白さで、 もっと聞かせて頂きたくなります。 親分の代参で日本中を飛び回る、義理にあつくてケンカも強く、 まさに石松っさんの様ですね。 お酒だけは違いますが(笑)
(シャボ)

無給で九年。 本物の石松でなければ到底できるものではありません。 相撲の方は元横綱も十人がかりくらいで、 素人にやられているのをテレビか何かでみましたが、 会長に十人がかりでかかったら、 こちらが危ないだけで勝ち負けは決まってます。
(しげる)

今回はチームワークがイマイチだったかな〜 次回は、呼吸を合わせ、三位一体、いざ勝負!! パパさんは、しがみつき役、お願いしますね(笑)
(橋本)

■2018年3月24日(土)その5 Vol.5596

今、道場では、浪曲ブーム。
幼い頃に、聴いた浪曲を、 今、聴き直すと、 まさに男の生き様を表す、道徳。
先日、2曲のうなり唄を、 何人かが唄い、橋本が評価点を出す。
ウータン、カラオケはうまいのに、 浪曲は、外しちまって、2曲ともC評価で、 一人だけ、評価点ゼロ。
竹馬がB´の下とCで、0.5点。
恒が1曲目、合格点のBの上だったのに、 2曲目がB´の下で、4点。
小ねずみが練習の成果か、 2曲ともBで6点で合格点。
浪曲全集を持って来たシャボは、 さすが、お見事、 Bの上に、2曲目がA´の上で、 8点取って、合格点を2点も上回っていた。
一年に歌を一回も唄わない俺だが、 練習して、今度、橋本評価点を頂きますか。
シャボや、小鉄には敵わなくとも、 俺も男のはしくれ、 を通してきたんだから、 合格点を狙いたいもんですね。
橋本、俺には辛いからなー。(笑)

         雀鬼




評価ブレブレの橋本でーす! 軌道修正して、今後は、ブイブイ、 辛口でいこうと思いまーす! ちなみに、小鉄さんは、 会長を越えたかのような得意顔してました〜

一曲目で気分良くなってたら、突き落とされました(笑) 思ってたように唄えなかったりするんで難しいです。
(恒)

よ〜し!ウータンに勝った〜! やーい!ウータン0点!!
(竹馬)

会長に、稽古をつけてもらってのこの結果です。 B評価は、凄く嬉しかったのは間違いないです! が、橋本さん!そんな事微塵も思って無いですから!
(小鉄)

会長は、歌詞に自分で節をつけて唄えますが、 僕たちはそこまでは出来ません。 会長の評価をつける橋本さん、責任重大です。
(ナルコ)

サブマネのブレブレ評価?(笑)のおかげで 予想を越える合格点を頂きました。 でも全然上手くならないです。 会長のように唄える日は来ない気がしますが、 唄と伴に男らしさも身につけて行きたいです。
(シャボ)

■2018年3月24日(土)その4 Vol.5595

春休みかー。
孫達が宅急便のごとく、 親に車で送ってもらって、 ポンっと置いてかれるだけ。
「親しい仲にも礼儀あれ。」
男の親の方は、俺のところへ来て、 きちんと頭を下げるが、 娘んところはなし。
学問は高くあっても、礼を知らない。
幼な子に罪はねえよ、 と次から次へと来た孫に、 すき焼きを焼いてやる。
その後も、疲れがたまっていても、 体を使って、サービスしてやる。
俺が出かける時、 先日、玄関先で、すっ飛んだ時、 柔らかい技で助けてくれた孫が、 危ないよ、と口には出さぬが、 俺が降りる、磨き石の上の目の前で、 整列してくれていた。
気遣いって、大切だよな。

         雀鬼




心から、自然と気遣いをしているお孫さん。 学問なんかで、それを無くさせて欲しくないと切に願います。
(小鉄)

心優しいお孫さん。 学問には、くれぐれもご注意を…。
(ナルコ)

■2018年3月24日(土)その3 Vol.5594

♪♪情けにゃ弱いが、義に強い♪♪
明日は来ねえよと、清水の牧野が、 後一回打つ、というところで、
♪♪麻雀は弱いが、義がある♪♪
坪子のパパが駆けつけてくれた。 これで、明日の月例会の前夜に、 パパも加えた弱い者同士で、 相撲を3番とれる。
女、子供も楽に開けられるペットボトルさえも、 開けられない俺だが、 この3人に、千がイチ、いや、万がイチにも、 敗け越したら、 まさに死んだも同然だぁ(笑)
今、ママが、しげる組のためのトップを取った。
「ママは江戸っ子だね!!」

         雀鬼




ママは江戸っ子でカッコよいです。 パパよりカッコよいママと、 味のあるパパのコンビは、 相撲はともかく明るくて楽しいです。 自分も義に強くなりたいです。
(牧野)

会長と相撲をとらせていただくと、 踏ん張ることさえそもそも出来ません。 昔会長と麻雀を打たれていた方も、 麻雀で同じようなことを言っていたように記憶しています。 パパと橋本サブマネと三人がかりでも 相撲で何一つ出来ませんでした。
(しげる)

会長の浪曲を聴いたときには、 詩の情景が浮かんできました。 浪曲って深い味がありますね。 ところで3人衆との相撲ですが、 相撲に握力は関係ないことが証明されました。 ペットボトルを開けられない握力でも3人ともイチコロ。 どうなってるの?あと10年お待ちいただけますか? その時は万が一が千が一に、いえ、五分で勝負! (バカは死んでもありえねえ〜) 会長、皆さんいつもありがとうございます。
(パパ)

■2018年3月24日(土)その2 Vol.5593

先日、謙の床屋に、夕方に行くよ、と伝える前に、 町田でお世話になった、後輩の歯医者の岩本が、 右ももの骨を折って、入院したお見舞いに、 やっと顔を出せた。
ひと月も入院して、来週には退院。
病室をノックするが、声もなし。 入ってみたら、 奥方と、狭いベッドで横になっていた。
奴が骨を折った頃、 俺も、我が家の玄関先で、 右足一本、滑らせて、 身がふっとんで、転んだっけ。
打ち所が悪かったら、 岩本の大怪我が、 とてもとても、他人事じゃない。
若え頃、マジで、 俺って、仙人みたいになるのか、 と思ったほどだったが、 やっぱり、人並み程度に、年を重ねました。(笑)
岩本は、あちらこちらと、よく入院する。 体が弱い奴じゃなく、むしろタフな方。
「強い男だから、  骨の一本や、二本、骨を折る。」
と一筆。
俺は弱いのか、強いのか、分からんが、 子供の頃から、やん茶して、 骨は上から、下まで、 この年齢になるまで、 何度も、何度も折ったっけ。
若え頃なら、骨の一本や二本、 そん時は痛いが、どうってことは無かったが、 この年齢になると、 骨自体が脆くなっているから、 もう危ないかもね。
この頃、やっと開けられるようになったペットボトルも、 そのひねって開ける動作で、 痛むほど、女子よりない「力持ち」。
試しに、今晩、橋本と、しげると、 相撲を取ってみるか(笑)。

         雀鬼




何度も折ったら動けなくなりそうですが… 決して弱い訳ないと思います。 勿論、道場生の誰も敵いません。
(恒)

■2018年3月24日(土) Vol.5592

大相撲を観て、道場へ。
居たのか、居ないのか、わからん程の人の良さそうな、 今場所も一人横綱の鶴竜が、 千秋楽を待たずして、一年数場所振りに、 大関が勝手に突っ込んで、バタッと落ちて、優勝したが、 その存在力の無さが、今の俺達の現状にダブって、 気持が下がってしまう。
相撲も麻雀も、俺にとっては、勝負づけ。 この年齢になっても、どちらも、 取ったり、打ったりと、好むもの。
30年がたとうとしている道場。 20年までは、その日を皆して大盛り上がりだったが、 今は、祭日も週末も、そーと通り過ぎるだけ。
それにダブって、その日が通り過ぎるのを、 静かに待っているのが、素直な感情。
いつもと変らぬ、恒やウータン達に、 大阪から心があるママが、 豪華な花を持って顔を出してくれている。
そーと待つ、その日の中で、 長いつき合い、深い縁があった竹書房さんからも、 お花が届いている。
外部の方には知らせない、 ここに居る者だけのその日が来る。
お通夜のような感じだが・・・・・、 暗くならず、明るくあるのが俺の勤め。
心は少々寂しいが、 ツラだけでも笑ってよう(笑)

         雀鬼




なかなか盛り上がりを作れずにいますが、 日曜日は高槻の方々も集まってくれます。 お祭りのような楽しみを作れたらです。
(恒)

この日は、道場に顔を出せず申し訳ありません。 明日は、三十周年の催しがあります。 きっと、賑やかになります。
(ナルコ)

30周年の節目に「寂しさ」、申し訳ないです。 昔の様な日々の賑わいは減ってしまいましたが、 マネージャーや高槻、名古屋の仲間達と、 楽しく笑いのある道場らしい1日を作れたらと思います。
(シャボ)

■2018年3月21日(水)その2 Vol.5591

小さい頃から、相撲は、 見るのも、取るのも好きだったから、 なるべく、大相撲中継は見るが、 中入りで、いい相撲は一番か、二番ぐらい。
相撲は、裸で、まわしいっちょで勝負する。
まわしを中心にして、相撲を取るのが、 双葉山以来、栃錦、若の花、大鵬、千代の富士、と続いた。
がっぷり四つ、これが相撲の醍醐味。 今じゃ、体重ばかり増やして、技がほとんどない。
思い切り、突っ込んで、 かわされて、下に落ちる。
首を掴んで押すわ、 平手打ちはやるわ、 こんな相撲ばっかじゃ、全員、怪我人だらけ。
両まわしは、取らなくとも、 せめて、片手まわしぐらい、 取り合って欲しい。
ぶつかり勝負ばかりなら、 まわしは要らないから、 短パンで取ればいい。
指導する親方や、満員でうずまる観客も、 今のような相撲を取って、勝てば、拍手してる。
まわしを決して取らない、相撲取り、 まわしを取られないために、 肉にめりこむほど、きつく締める大関。
荒れた取組はつまらない。 今場所は、人気先行だった遠藤が、 きれいな相撲を取ろうとしている。
今場所の一人横綱の鶴竜に、 2、3番、運が見える・・・。

         雀鬼




自分が子供の頃のお目当ては千代の富士でした。 自分より大きい相手を投げ飛ばす姿が、かっこ良かったですね。 今は大関クラスがドタバタやっていて、 見所が少なく感じてしまいます。
(恒)

大きな体が邪魔をして、 組み合うとかえって力が出ないのかもしれません。 大きいけれど、なんだかばたついて転んでしまう。 軽いというより、もろい感じです。
(ナルコ)

双葉山や栃錦、若の花の頃の映像を見ると、 今はただ大男同士がぶつかったり、 かわしたりの味気ないものに見えてしまいます。 昔のカッコ良い相撲を知っているはずの、 現役の力士や親方衆は、今の状況を何とも思わないのでしょうか?
(シャボ)

伝統ある相撲業界にも、 現代化の損得の波を感じてしまいます。
(緒方)

■2018年3月21日(水) Vol.5590

ちょこっと雪が降っていた。
シャボの弟分の小学校を卒業する孫が、 今流行のストライプが入ったジャケット付きの、 細身のスーツを着て来る。
「ジージ、ネクタイ貸して。」
スーツに似合いそうな、 ネクタイを選んで、10本差し出す。
スーツも大人用の小さいのを探して、 買ったらしい。
オシャレです(笑)
それに敗けない、 ブランド品のネクタイを4本持って帰る。 ポッケに飾るチーフ、1枚、2万円以上する。
今の小学生って、 スーツなんか、着るんだね(笑)
孫はビシッと決めていたが、 俺なんか、スニーカーに、Gパンにセーター、 その上に革ジャン、 ラフっていうか、シャレっ気を忘れちまった。(笑)
橋本、緒方、小鉄、熊、竹馬も、 いつ見ても、シャレっ気ゼロ。
その中で、ウータンだけは、 靴のコレクターを楽しんでいる。
町田は田舎だし、 女っ気もねえから、こんなもん。
しかし、みんな会社員なのに、 小学生にスーツで完全に敗けるかー。
孫に、
「見せかけの格好よさでなくて、  男として、かっこよく歩めよ。」
と軽く一言。

         雀鬼




小学校卒業の時分でオシャレですか! 自分は未だに全く気にしない無頓着野郎です(笑) ウータンみたいに、 オシャレに楽しさを感じれればいいんですが・・・
(竹田)

よっし、ここは思い切って、シャレっ気をば! みんな〜覚悟しとけよ〜、いくぞ〜、せ〜のっ、 道場に、どうじょ、お越し下さい・・・(営業)
(橋本)

お孫さん達の中でも一番会長の背中を見て、 会長のようになりたいと思って、 行動しているお孫さんだと思います。 会長もお若い頃から、オシャレを楽しまれていた、 との次元の違う凄いお話しを聞かせて頂きましたが、 お孫さんも小学生でスーツ、 しかも会長のネクタイにチーフ、オシャレ過ぎですね(笑) あえて軽く伝えられた一言、でもこれが大切な事ですね。 お孫さんにはちゃんと伝わってくれていると思います。
(シャボ)

ま〜け〜た〜。 はるちゃんは、会長、シャボさんの背中を、 追いかける中で、オシャレも楽しんでいる感じがします。 むむ〜、自分は・・・・。何故かは分からぬ、どどめ色〜♪
(緒方)

■2018年3月18日(日)その2 Vol.5589

今週の追いかけっこ対戦が終わった。
昨晩、卓球で、一番動いて、 楽しみをくれた、あのウータンが、 久し振りに、大台の130pをあげて、 帰ってくる。
このpの大きいが、 追いかける側の牧野親分のもと、 子分のBIGと百武がチームワークよく、 ウータンに2p差の128pまで伸ばす。
清水の牧野の親分に救われた百武は、 恩を忘れるな。
四人のリーダーは、ウータン以外、 100pの壁を越えられず、残敗。
その分、追いかけ組のナルコチームと、 橋本チームが100pの壁を越えてくる。 お見事。
ビリッケツは、ご存知、シャボチーム。 宇佐美の応援を持ってしても、ダンビリ。
爆弾組も芹澤、成島、和田、小沢が、 さぁさぁと解除して、 今日も板倉が抜けて残ったのが、 やっぱり、金子のオジキ一人。
・・・・、来週だなー。

         雀鬼




卓球も一家も信頼関係があります。 受け取った楽しみに返せるよう、盛り立てていかねばです。
(BIG)

ウータンは強く、三人でもかなわなく、カッコ良かったです。 前回下位のチームが今回盛り返し、面白くなっています。 だから、シャボチームは次はやってくれるでしょう。 そして、恒例の金子のオジキは来週どうでるのか。

(牧野)

逃げようとする動物達が苦戦して、次々と捕まる中、 ウータンが強さを発揮してくれました。 昨晩に続き、頂いてばっかりです。
(恒)

こっちは三人係りですから、追われる方は大変です。 それでも逃げ切ったウータンに、みんなで拍手! 平和の祭典から最終日の終わりまで、 ウータンとしげるさんを中心に 盛り上がったのでした。
(ナルコ)

宇佐美さんの応援を頂いたのに、今週は自分の力足らずで、 宇佐美さん、緒方、すみませんでした。 来週からまた出直して行きたいです。 先ずはラスだけは回避したいですね。
(シャボ)

清水の牧野の親分に救われたおかげで、 めでたく電車走らせることができました。 受けた恩は心に刻まさせて頂きます。
(百武)

清水一家は強く、乗っています。その一家に勝利は凄すぎです! やはり100ポイントが鍵、超えて行かねばです。
(小鉄)

前夜の平和の祭典の効果でしょうが、 先週情けない負け方だったので、 全チームから逃げ切れてよかったです。
(歌田)

■2018年3月18日(日) Vol.5588

深夜の卓球、 楽しくって、朝の4時まで、 3時間もやっちまった。
上手とか、強いとかより、 しげるの味、ウータンの味がたまらなく、笑い続ける。 昨夜は、しげるが奇跡を起こしてくれた。
しげるのネットギリギリに落ちるボールが、 ネットの上に、ひょいと乗っかった。
どちら側にも落ちることも無く、 そのボールがツッウっと、 ゆっくりと、ネットの上を綱渡りのように、伝わる。
途中で落ちることもなく、 俺が座る、目の前の方の ネット止めのとこで、ストップして、 瞬間の間を置いて、相手側のコートにポトリと落ちる。
「その一本、100点だ!!」
と奇跡点の入ったボール、 見ていた者も、何が起きているか分からず、 間があって、 凄え!!凄え!!の声が上がる。
平野の早矢香ちゃんだって、 あんな返球、多分、見たことないと思うぜ。
やれって言っても、絶対出来ない奇跡の技を、 しげるが見せつけてくれた。
しげると、ウータンだけが特別な公式戦。 他の俺達は、おまけの5pマッチだが、 2人に比べれば、 どんな試合も、つまらなく感じちまう。
道場、最高齢のウータン、 その後も引っ張りダコで、 みんなの相手をしてくれた。
あのイージーボールの空振り、 低くて早いボールのキャッチ、 ボール拾いすら、技を見せる。 もちろん、やりながらの解説も最高。
見たくったって、昨夜の2人のやらかしは、 二度と見れないな。
淋しい夜が、2人のおかげで、 明るく元気になれた。
おつかれ、ウータン。 ありがとう、しげる。
そして、シャボは居なかった(笑) まさに平和の祭典!!

         雀鬼




奇跡の1球、見たかった〜。 その時の状況が目に浮かびますが、 きっとそれ以上の盛り上がりだったのでしょうね。 こういう時にその場に居れない間に合ってなさ。 いつも平和の祭典を邪魔している罰があたりました。
(シャボ)

まさに奇跡の返球でしたね。 勿論、世界チャンピオンだって返せるはずがありません。 ウータンとも遊んで貰いましたが、いかに技出して貰えるか、 負けると遊べなくなるんで、その辺の兼ね合いも面白かったです。 でも、ふんぞり返りだけは、会長の時しか出してくれなかったなー
(恒)

今思い出しても笑えてきます(笑) まさに奇跡でしたね〜!! シャボさんには見て欲しかったな〜。 絶対大興奮するから!
(竹田)

いやー卓球であんなことあるんですね。 ネットの上を端から端まで綱渡り。 やれといわれても、どうやっていいか、 皆目検討もつきませんが、それがおきたのも事実。 その意味合いを考えるのも不思議で面白いです。
(しげる)

静けさと歓声、あの奇跡の瞬間は、なんど思い出しても鮮烈です。 もうあっという間の楽しみの数時間でした! ありがとうございました!
(小鉄)

何人かが自分の技を出させようとチャレンジしましたが、 自分も無意識なので、 そうはお見せできません。 しげるさんの奇跡の一打が見れて、 自分もいい運動させてもらい、平和でした(笑)
(歌田)

■2018年3月17日(土)その4 Vol.5587

食欲がないんだが、 今日はしげるが新宿から、どさっと買って来てくれた、 桂花ラーメンを頂く。
久し振りに美味しく食べれた。
この後、シャボが居ないんで、 しげると、ウータンを先頭に、 ちょっくら、卓球をやって、体を使います。

         雀鬼




平和の祭典を観戦できないのは本当残念です。 今日はどんな珍プレー好プレーが出るのか、 盛り上がるのは間違いなし。 現場に居ることの楽しみと大切さを感じます。 「フレー、フレー、ウータン!  フレー、フレー、しげるさん!」
(シャボ)

繁さん、桂花ラーメンありがとうございました! めっちゃおいしかったです! さあさあ、ウータンと繁さんの平和の祭典が始まります。 毎回色んな技が飛び出し見所一杯。片時も目が離せません!
(竹田)

しげる君が買ってきた量の半分程、持ってきた事ありますが、 それでも結構大変です。 決して力持ちでもないのに、タイミングも良く、 心がなければ出来ないですね。
(恒)

清水の牧野親分と一緒に、ラーメンを美味しくいただきました。 卓球のようにポン、ポンと麻雀も打てれば、 もっと活気が出るかもしれません。
(ナルコ)

■2018年3月17日(土)その3 Vol.5586

テレビなんかねえ頃、 小っこいラジオから流れてくる浪曲。
子供の頃は、かっこよくって、楽しくって、 笑いながら聴いた。
広沢虎造さんの
「うなり」
唄いを読むと、音だけに、 季節感や時代の生活様式や人々の心構えが読める。 物語りなんだけど、詩のような言葉が並ぶ。
戦後から流行った唄なら唄い易いが、
「うなり節」
は、かなり高度で、難しい。 歌手と違って、そこに職人芸を感じる。
今日日の人が唄うと、 棒読みか、お経になっちまう(笑)

         雀鬼




自分の母方の曾祖父も浪曲が好きで、 母も子供の頃遊びに行くと、 広沢虎造さんの浪曲を聴かされていたみたいです。 毎日口ずさんだりしていますが、 全然上手く唄えるようになりません。 独特のうなり節、奥深くて難しいだけに面白くて、 上手く唄いたくなります。
(シャボ)

浪曲はついつい口ずさんでしまう不思議な魅力があります。 でも自分で唄ってみると、 なかなか聴いたように唄えないんですよね〜!
(竹田)

決まったメロディーがある訳でもなく、 古い昔の言葉も理解して、 心が入らないと難しいなって思ったりします。
(恒)

聞きながら、一緒に唄うと出来てる感じがするのに、 ソラになって声だすと全く出来ていない。 本当に難しいです。
(小鉄)

「名大なるかな東海道」 「遠州森町良い茶の出処」 「義には強いが情けに弱い」 古い言い回しですが、 失われた日本の面影を、浪曲から感じます。
(ナルコ)

■2018年3月17日(土)その2 Vol.5585

いつもと変んない。 ご近所組のリーダーであるシーザーの恒、 竹馬、ウータン、小ねずみの四天王。 四天王たって、強かない(笑)
そこに、遠方から、日々、何年も、 ハードな日程をこなしてくれた、 週末組のしげると牧野と、 来た頃は最弱だったナルコが、 今や誠実な男っぷりを見せてくれる。
変りばえはしないが、 彼等こそ、守人。 俺とのつながりも何十年と続いている。
静かな週末です。 明るさや元気さが消えている。

         雀鬼




四天王と呼ばれるには恥ずかしい、 決して強くないんで、 誠実なナルコ、遠方から駆けつけてくれる方の姿に 力を貰ったりします。 それでも足りない時は、浪曲聴いて、元気取り戻さないとです。
(恒)

四天王だなんて、ダメな自分には、恥ずかしく、 ましにして行きたいです。 なんて、硬い部分にとらわれて、 明るさ、元気も無くさないようにしないとです。
(小鉄)

守人はいい響きですね。 静かな週末に浪曲を口ずさむのも味ですが、 暗くはならないように、 明るさと元気さはシャボに任せっきりにしないで持って行きたいです。
(牧野)

麻雀以外のことでも、 自分にばかりとらわれてしまっては、明るさも元気も出せません。 浪曲に登場する漢達は、強くて明るいです。 そういう方向へ向かわなければ、と思います。
(ナルコ)

■2018年3月17日(土) Vol.5584

帰りに、時々、
「歌ちゃん、今日は3日かい。」
「いや、11日です。」
1日や、2日じゃない、 結構、日にちは、いい加減。(笑) 月と曜日は何となく分かるんだけどね。
ていうことで、 忘れちまっていた予定の原稿、 今から、やらなけりゃな。
ある程度、決まったことをこなすと、 ホッとする。
そのホッとする気分が好きだったから、 やるべきことを、こなして来れたのになー。
シャボはお彼岸で来れないらしいが、 清水の親分が来てくれている。
さぁ、2日待った原稿やるかー。

         雀鬼




清水の親分は、毎週、 東海道の駿河の国と武蔵の国を行ったり来たり、ご苦労様です。 自分は今週行けず、ご迷惑をおかけして申し訳ないです。 まずはお彼岸をやり終えてホッとしたいです。
(シャボ)

シャボの明るさと心遣いは なかなか真似できる領域ではないですが、 まずは浪曲の風景が浮かぶように練習したいです。 自分は清水の親分ではないですが、 28人衆に入れることは目指したいです。
(牧野)

■2018年3月14日(水) Vol.5583

宇佐美の関係で、新しい出版社から、 軽く付き合った程度の 新しい本を持って来てくれる。 そこで、取材の続きのような話になっちまった。
「不安をとかす技術」ゆさぶる出版、が題名だが、
「ちょっと、やってみてよ。」
の動き。 体も心も固い事、固い事。
これじゃ、 とても、「とかす」ことなんて無理じゃん。 と本人が一番、気づいたよう(笑)
月曜だったかな。 ネコや犬のように、 ちょこっと起きちまって、又、眠る、 を丸一日やっていた。
食事もそうだが、 寝ることにも、変化が起きている。
本日も今から、ピザを食べるらしい。 口が欲しがらず、手を伸ばせなかった、ピザをね。

         雀鬼




桜井会長
軽く御挨拶とおもっていたのですが、 長い取材のようになってしまいまして恐縮です。 でも身体の絶妙な使い方を教えてくださり、 とても新鮮な気持ちになりました。 「とかす」「ゆさぶる」「流す」が 自分には全然足りないんだな ということをあらためて気付かされました。 ありがとうございました!
(高木)

自分も体固いですが、 放課後に、体さばきから体が小さく丸まる事を体感しました。 赤ちゃんの時を思い出すとの話もあり、 人間は悪い変化を身につけるもんなんですね。
(恒)

不安を無くすのではなく、とかす。 会長ならではの言葉だと思いました。 歳とともに心身は固まっていくのが 普通かもしれませんが、柔らかく 動く大切さは何度も教わっているので、 忘れずにいたいです。
(ナルコ)

■2018年3月11日(日)その3 Vol.5582

清水の次郎長のおみやげを、 どさっと買って来て、俺を喜ばしてくれた、 駿河の遠州、掛川生まれの牧野が、 同じ清水在住のBIGと伴に、 酒の毒にやられちまった百武を供に、 東海道を歩いてくれて、 3週連続ビリだった百武を救ってくれた。
チーム員の芹澤もトップで爆弾を解除して、 その日の日毎のトップにも立った。
9チーム中、130点の大台で、 牧野チームがトップ。 4匹のリーダーも、全て捕まえる。
牧野、偉かったな!!
100の大台は、恒シーサー、竹馬に、 珍しく、シャボが本日のポイントトップで、 ちょうど100pに届く。
恒シーサーと、竹馬は、 牧野んとこの1チームに捕えられただけだが、 ウータンと小ねずみは、 4組に捕まっちまった。
熊、橋本、成島チームがビリッケツだったが、 もう一息で、小ねずみは捕えられる微差だった。

         雀鬼




親分を中心にまとまり、気持ちの入った道中でした。 駿河の富士、清水の海で毒は抜けるはずです。
(BIG)

チームに入ってくれた芹澤さんも、 百武を救いたい気持ちがあって、チーム一丸となれました。 清水次郎長効果も頂き、出来過ぎなチームでした。 次郎長や浪曲を愛するシャボも、 きっちり女浪曲師の応援を頂いて、100Pとって流石でした。 子ねずみは別な意味で流石なので、 いつまでもみんなの希望であってください。
(牧野)

清水一家に完敗でした。 壁になり切れない力不足は感じますが、 今週に限っては良い事にも繋がったし、やむ無しかも知れません。 ネズミがダンラスからは抜け出しましたが、また負け越し。 もう1つ足りないのかも。 勝ち越す日が来るのか、自分もうかうか出来ないんですけど。
(恒)

東海道の旅の途中の御二人に、 見るに見かねて救って頂きやした。 ありがたや、ありがたや。
(百武)

弱きを助け、強きを挫く。 それを地でいくかのような牧野先生は、よい見本です。
(ナルコ)

遠州、掛川牧野親分の義心伝、 苦境の百武を一家全員、力を合わせて救う、良いお話しでした。 自分は1日のポイントトップを取れましたが、 個人の事より、 チーム皆で喜べる事の方が大切で良いことだな、と思います。 ただ今週は相方の緒方の力も借りて、 念願のウータンを捕獲できたのは最高でした(笑)
(シャボ)

牧野先生の次郎長効果、 しかも1人でなくて、チーム皆で取っての逆転かっこ良いです。 全体で、さらにレベルが上がってます。 自分も負けてられないです。
(小鉄)

■2018年3月11日(日)その2 Vol.5581

孫のハットをかぶって、入場。 シャボの奴がニヤニヤしている。
これ、いくらだか、分かるか。
2万、1万の声がする。 俺がかぶっているからなー。(笑)
「正解は、300円でした。」
百円ショップって、あるらしいが、 三百円ショップっていうのもあるらしい。
寄せ鍋に入れる白菜が、 1000円ぐらいするらしい。
衣食住の食は、少しずつ、値上げして、 衣だけが、発展途上国での製造がかなって、 ユニクロのような、 安値多売店が流行っちまってんかな。
それは、それで、いいでしょう。
先日、行った高級ホテル、 一階の女性用の高級ブランドの、 ブティックの店内には、 客も店員さんの姿も見えなかったが、 少数飾られた高級品の後ろの、 パリコレのモデルさんがスタスタ歩く姿の映像を、 入口の側に置かれたベンチっぽいイスに座って、 眺めていた。
一品物のデザイン、20万や、30万じゃ、 とても買えないもの。 そういう服を買える者もいれば、 300円のもので間に合っちゃう者もいる。
何かの能力を求める以上、 格差は縮まるどころか、 離されるばっか、だよなー。
アルマーニのセーターに、 300円のハット、 どうだ!!

         雀鬼




300円は想定外過ぎました! 自分みたいな似合わない者が被れば、 それなりに見えるかもですが、 人によっては良い感じに決まっていて、 あの帽子を選ぶセンス、 血なのか、兄貴分の影響もあるんでしょうね。
(恒)

格差が広がる社会であっても、 下流の人々が生きていければまだいいのですが…。 それすら、ままならなくなってしまうのではないでしょうか。
(ナルコ)

アルマーニのセーターに300円のハット、 このギャップが凄いですが、 会長が身に付けると安い物も高級品になってしまいます。 無理して高い買い物しても、 人によっては安っぽく見えてしまったりで、 安い物でも上手く着こなせれば良いのですが、 これが案外難しいです。
(シャボ)

え〜〜、300円ですか! 自分は5万円って言ってしまいました(笑)。 会長が身に着けられるとそれなりの品に見えてしまいます。
(竹田)

話しの途中から安いんだと思いましたが、 想像を超えてました(笑) 自分はあのネズミ上着を思い出し、 センス、いいなーと思ってしまいます。
(小鉄)

■2018年3月11日(日) Vol.5580

昨晩はシャボによる、 恋のあり方の講義で終わっちまった。
恋する人がいる者は、わずか、 ほとんどが、恋より、カラアゲの立場の者ばかり。
だから、相手が居なけりゃ、 話しにならない(笑)
ていうわけで、ウータンと、しげるの、 平和な祭典が見れなかった。
我が家の玄関に靴が並んでいる。 オッ、泊ってくれてるな、 と隣の明かりを頼りに寝姿を眺める。
動く、動く、頭を前に泳ぎ出す者、 隣の子にしがみついていく子、 まん丸のお腹を出して、 まさに狸寝入りしている者、 3人がゴチャゴチャになって眠っている。
1人だけ、2枚ぐらい敷いた布団の上で、 羽毛布団にくるまって、 スヤスヤ寝ている子もいた。
泊ってくれると嬉しいゲスト、 それが、早くに起きて、 楽しそうな声が、ビュンビュン響いてくる。
俺の部屋のドアを閉めておけば、 よかったんだが・・・。
もめたり、愚図ったり、 泣いたりしたら、うるさいけど、 そうじゃないのに、みんな、うるさ過ぎるよな。
「ジージ、疲れてんのに、  起きちまったよ。」
でもな、思いっ切り楽しんで、 笑っているんだから、よし、なんだよ。 道場だって、同じだよな。

         雀鬼




自分は無駄に騒いだり、喚いたりで うるさいだけになって迷惑になってしまったりですが、 どうせ騒ぐなら、皆でワイワイ笑い合えるのが良いですよね。 やっぱりウータン、しげるさんの出番でした。 また平和の祭典を延期させてしまい、すみませんでした。
(シャボ)

子供達の楽しそうな声はすごそうですね。 道場も、明るい笑い声が響く場であれる方がいいです。
(緒方)

■2018年3月10日(土)その2 Vol.5579

「吹けば飛ぶような将棋の駒を」
一辺倒の、現在、清水市在住の牧野が、 やっと清水次郎長生家の記念どころに参じて、
♪♪清水港・鬼よりこわい     大政 小政の 声がする♪
の次郎長一家28人衆の名が並んだ、 湯のみ茶わんを買って来てくれる。
小冊子も2つ。 次郎長一代記と、二代目・広沢虎造さんの浪花節の、 俺が幼少の頃、聞きほれた大好きな唸りと語りが、 小っこい字で書きつづられた話しが載っていた。 晩年の古い一家の写真もね。
漢道の看板は外しちまったから、 その代わりに、牧野が持って来てくれた、 男衆の、のれんを飾ります。

         雀鬼




牧野さんがやってくれました。 浪曲を想像で楽しんだりしてましたが、 今の自分達に足りない所、そんなに遠くない時代に、 失ってはいけない大切な物があった事を実感させて貰いました。
(恒)

一辺倒にならないように、 会長やシャボさんに比べると大分理解が浅いですが、 地の利を生かして清水次郎長生家に行きました。 縁があるというのはありがたいですが、 早くやれない事を修正したいです。 のれんから看板に近づけるようにしたいです。
(牧野)

次郎長一家ののれん、かっこいいです。 道場の皆で一家ののれんあったら、どんな感じかな? と想像してしまいます。
(カマボコ)

将棋と全く関係のないものばかりで、 先生は興味なかったかも知れませんが、 次郎長親分の生家、自分も機会があれば行ってみたいです。 男らしさを失ってしまっている中、 次郎長一家のようにとはいかないですが、 少しでも男らしさを取り戻して行きたいです。
(シャボ)

二八人衆ののれん、かっこいいですね。 二八人衆は、みんな清水一家の看板を背負っていたはずです。 自分も漢らしさを取り戻したいと、改めて思いました。
(ナルコ)

次郎長さんが73歳のとき、 きんさん、ぎんさんが生まれたなど、 時代的に、すごく身近に感じました。 あと、次郎長一家、二十八人衆ののれん、 すごく格好いいです。 牧野さん、ありがとうございます。
(竹田)

■2018年3月10日(土) Vol.5578

家人と2人だけだと、 相手の言葉遣いから、 ムッとしたり、ぶっきらぼうになっちまう。
そんな自分は、俺らしくないし、 嫌いな分野だ。
金曜頃から、3つの家庭から、 孫達が出たり、入ったり。 みんな子供だが、自然に優しくなれる。
今も出てくる時、4人の男の孫が、食事中。
家人に醤油とってと声を掛ければ、 バナナが出てくるが、 もうすぐ中学になる、 シャボの背中を海で学んだ子は、 あ、忘れた、の一言で、 何も聞かずに、すっ飛んで、 飲み物を持って来てくれる。
夏の海で、何年も、 伴に一宿一飯、荒い海に挑む体験が、 おかげ様で、しっかりと身についている。
学校や、習い事ばかりの子供時代より、 男らしさ、男の気遣いを身につけた。
「早く、中学に行きたいな。」
何で、彼女でも作るのかい。
この頃、安っぽいが、 今時の少年が着るようなな物を着込んでいる。 生意気にグレーのソフト帽、 結構、似合っている。(笑)
俺もかぶると、 あのトッポイ副総理に似てやがった。(笑)
ところで、
「中学って、体育が男女別々に出来るから。」
だって。 そういえば、俺も小学校の時は、 男ばかりで、やん茶ばっか。 女の子は眼中になし。
確かに、好きだった体育の時間は、 男女別だったなー。
それが、どうしたことか、 中学二年になって、 女性から、投げられた「色気」というボールを、 受けるようになっていたっけ。(笑)

         雀鬼




中学生ともなれば洋服や異性を意識し出すお年頃です。 自分も中学生になって着るものを気にし出しましたが、 所詮田舎者で思い出すと恥ずかしかったりしますが、 お孫さんは着てる物が似合っているのが良いですね。 色々な変化があっても、 芯に持っている大切なものは失わずにいてほしいです。
(シャボ)

色の分野も、 シャボさんについていけば間違いなしです!(笑)
(小鉄)

■2018年3月7日(水)その3 Vol.5577

内部から、分裂があって、 リーダーの四人は代わらず、決まっているが、 タッグチームがまだ決まっちゃいない。
全体で、シーサー恒が二連覇を成したが、 百武なんか、相手にバックレられて、 三週連続ダンラスのつらい思いをさせちまった。
タッグチームは決まってない中、 今んところ、あの弱っちい深山が、 トップの位置にいる。
爆弾組の芹澤が一番乗りして来たが、 いまだトップなし。
前月は最終日に、 もう一人の弱者である金子のオジキが、 爆弾を解除した時は、盛り上がったな。
学生時代の学力は、 いつもトップクラスだった小ねずみくんよ。
一応、ずーっと、リーダーやってんだから、 一度ぐらい4人中ダンビリから、 抜け出しなさいよ。
下のコンビチームから、 毎度のカモ扱いって、 クラシック聞くのをストップして、 漢を唄い、語った、浪曲でも聴いて、 男らしさとは、何ぼよ、と学びなさいよ。
おっと、今、爆弾組の芹澤がトップを取って、 爆弾解除、一番乗りです。

         雀鬼




遅くなってしまいましたが、 追う側の組み合わせ決定しました。 組の数が減ったので、各組は前回より強化、 ネズミさん、今まで通りでは全敗ですよ。 百武組は遠方ながらも男っぽいメンツ、 寂しい思いはしないはず、逃げる動物達も要注目です。
(恒)

はい、学びます! そして、抜け出します!!
(小ねずみ)

タッグチームの方は、7チームから5チームになり、 三人チームが増えることになりそうです。 追われる側にとっては、より厳しくなります。 芹澤さんのように、 遠くから気持ちひとつで来てくれる人のためにも、 今月盛り上げていけたら、と思います。
(ナルコ)

■2018年3月7日(水)その2 Vol.5576

前回、でっかいのを2瓶、 最高級品のマヌカのハチミツが、 まだ残っているのに、 名古屋の大会社の社長殿が、 お手紙つきで送って下さった。
社長は大金持ちだから、いいけんど(笑) 初対面の時、
「会長、お金にお困りですか。」
の名言(笑)
あの日、その一言に笑っちゃいましたが、 あれこそ、名言集ですよ、 ていうことで、仰せの通りの俺のような貧乏人(笑)が、 毎度、あんな高いもの、一人で舐めちゃいけませんよね。
それだけじゃ、ありません。 2ヵ月に一回通う病院もVIP専用。
それも、本人は何んもしないで、 2人が付き添ってくれて、 全て、こなしてくれる。
この頃、ふと思うんだが、 俺って、一人じゃ、なんも出来やしないから、 何をやっても、 誰かさんのお手をわずらわしてばかりの、 厄介者なんですね。
俺は2つの病院から薬を出されているが、 その薬の名前すら、一つも分からない。
我が家のプラダのボストンバッグに、 ゴサッと薬が入れてあるのは、何度か見た(笑)

         雀鬼




会長のお薬を見せて頂きましたが、 1錠、2錠ではなく、何種類もあって、 中には凄い色のカプセルに入った薬もあって、 名前や効能を1つ1つ覚えていたら、 逆に具合が悪くなりそうです(笑) 会長が厄介者…、ありえないです。
(シャボ)

■2018年3月7日(水) Vol.5575

ウトウト眠って、すぐ夢を見ちゃ起きて、 2ヵ月1回のニューオオタニの特別診療所へ。
新宿西口のタクシー乗り場の前の、 喫煙場所で一服してたら、 何人かのファンに声を掛けられたが、 それが、みなさん、スポーツの選手だった。
彼等は若くて、陽にやけた健康そのもの。 こっちは、これから病院だい(笑)
駅頭の花屋さんが、ちらりと目に入って、 女医さんに、花を買う。
それを知らない家人と、 清水Dr.の奥方の、のりよさんが、 どなたに、もらったんですか・・・。
こんな俺でも、 時には、花束を頂く事はあるが・・・。
我が家の白梅の小っこい花も、 少し遅れて咲いているが、 一番好きな光景は、 俺の背丈と同じ位置の、 横に並んだ枝の花を眺める時に、 いよ、今年も逢えたなー、 という気分になれるウグイスや、メジロ、 逢いたいなー。

         雀鬼




家の近くの町田天満宮の梅の木は八分咲位になり、 写真に撮っている人を見かけました。 ウグイスの声はまだ聞こえませんが、 もう少ししたら暖かい日も増え、 やってきてくれるのではないかと思います。
(竹田)

女医さん、感動されたんだろうなって思います。 ハリケーンが発生しないのかも気になりました。
(恒)

「春眠暁を覚えず、  処処に啼鳥を聞く・・・・」 古くから続く、四季の風景ですね。
(ナルコ)

■2018年3月4日(日)その4 Vol.5574

ここへ来た頃は、 三下やっこのボケナスの中の一人だった恒が、 今や、ここの大黒柱の大番頭と、大きく変わった。
今月のチーム戦の最終章も、 シーサーの恒が、ダントツのトップで幕を閉めた。
その下に、100pアップが4組も出た。 単独枠、竹馬に次いで、 しげるの大活躍があって、コンビ枠トップ。 その下に、牧野組とナルコ組が100を越えた。
シーサーと、竹馬は鬼ごっこで、 誰にも捕まらなかったが、 90pまで伸ばしたウータンが、4組に捕まり、 小鉄ねずみに限っては、7組中、5組に捕まる、 のろさ、とろさ、弱さの盆踊り。
コンビ組も、それぞれ頑張ったが、 あれだけ、でかい口を叩いていた、 のんべえに引っかかった百武は、 ダンビリと無残の後。
最終日にも駆けつけた金子のオジキが、 さっさと爆弾解除した8名に悪いなー、と踏ん張って、 最後に爆弾解除した上に、 その一回のトップのおかげで、 哲、緒方コンビが小ねずみを捕まえられた。
恒シーサーの強さに、 チーム枠のしげるの強さが目立つ。
初回週に、全員倒した橋本、BIGチームが、 月間7組倒したことで、トップ。 しげるが次いで、5組倒して、お見事。
チーム戦の合い間に、 ウータン、しげるで、卓球の平和の祭典や、 浪曲の森の石松の30石船道中の語りが流れていた。

         雀鬼




橋本サブマネに押し上げてもらったおかげで、 気が引き締まりましたし、楽しむことができました。 最終日の盛り上がりを続けて、 楽しい道中にしていきたいです。
(BIG)

祝日のない週にしては、全体のポイントが高く、 逃げる動物達も何匹捕まるかって混線模様、 爆弾解除の掛かった金子さんも現れて、 最終日盛り上がりましたね。 ネズミは最後まで負け越し、仕事を言い訳に出来ないですね。 復活したとウータンも負け越しで、 企画出来た当初の目論み通りになってしまいましたが、 卓球の時と同様に、ウータンに楽しみを貰っただけかも知れません。 卓球はウータンも十分楽しまれたようですが(笑)
(恒)

僕の組は三人がかりで100P。 繁さんは一人で100Pを取り、追う側ではダントツの強さでした。 浪曲の軽妙な語りは、繰り返し聴いても面白く、 唸るような独特の唄は、何度聴いても真似出来ません。
(ナルコ)

今の永井さんの存在感、信頼感、力強さは、 まさに道場の守り神シーサーです。 見習うべき方が側に居て下さりありがたいですし、 自分もしっかりしなければと思えます。 最終週だけ来て爆弾解除ではなく、 1ヶ月かけて苦労しての爆弾解除が金子さんらしく、 その金子さんが加わったことで、 哲、緒方組が小ねずみを捕まえる結果となったのは面白かったです。 ウータン、しげるさんの平和の祭典はやっぱり盛り上がりますね。 その後のウータンの八百長試合もたまりませんね(笑) 浪曲と一緒で何度観ても面白いです。
(シャボ)

シーサーの足は速くて影も見えませんでしたが、 竹馬は捕らられそうだっただけに残念です。 当初の目的だった週一匹は、 毎週小ねずみを捕らえたので達成できましたが、 次はコンプリートを目指したいです。
(しげる)

今残っている道場生は三下だった人達が多いからこそ、 恒さんのように変わって、 道場を大事にされている方がほとんどです。 金子のオジキのじらしと意地、 レジェンド歌田さんの祭典、浪曲とフルコースと、 今週はみんなで一体感でやれたからこその楽しみがあり、 充実できました。
(牧野)

今回は、平日週でも、レベル高かった! 挽回のつもりが、甘すぎました、弱すぎました。 金子さんが、最終日に見事爆弾解除! 見事に捕らえられてしまいました。 助けるチームも的を射ていて、流石です。
(小鉄)

あと1トップで今週勝ち越せたんですが、 平和の○典を楽しみすぎちゃったせいで、 時間がなくなっちゃいました(笑)
(歌田)

■2018年3月4日(日)その3 Vol.5573

孫や、道場生の手前、 これぼどのことは、たいしたこたぁねえや、 と思ってたんだが、 倒れた時、ぶつけたのか、 骨を折った右手の小指と薬指がうずき、 左手は軽いものすら持てず、 持てた物も、よく落とすことが多くなった。
まぁ、いいか。 岩本院長の方がてえへんだ!!

         雀鬼




自分達では堪えづらいような時でも、 会長はそんな素振りをお見せになりません。 ちょっとした事で音をあげる訳にはいかないと思わされます。
(恒)

手に痛みをかかえた会長と同卓させていただきましたが、 こんなときこそ、 もう少しましな麻雀が打てればいいのに、と悔しい思いでした。
(ナルコ)

身体中に骨折した所や、古傷があっても、 その痛みを大したことないと思える凄さ、 どんな状況でも自分より苦労している、 大変な思いをされている人がいる、 と思えるからこそできる事だと思います。 自分もそういう気持ちを持てる人間になれるよう、 やって行きたいです。
(シャボ)

■2018年3月4日(日)その2 Vol.5572

週間対決も、最終日か。
恒シーサーは、何かの荷が降りたのか、 又一人、100の大台に立っている。
あの元ゾンビ軍団の竹馬に連敗していた、 伝説のウータンが、 2週連続、元の力を出して、盛り返したが、 今週は、竹馬に屈しちまうかも知れない。
8名の爆弾組の金子のオジキ、 一回でパスする者が多い中、3度来て失敗。 本日、初の爆弾無解除になるまい、 と、持ち前の責任感で打ち出した。
コンビ戦の方は、 あれだけ、でかいツラしていた、 のんべえが来なくなって、 小っこい百武が、ここ3日間苦労しているが、 何んかのアヤが乗り移って、 いい線まで行っても、トップがすり抜ける。
小っこいながら、根性ある麻雀を打つ百武。 厄払いでもするか(笑) お神酒はダメだぞ。
ふられたホヤホヤの熊が来て、 ふられチームの俺と、歌ちゃん、竹田と握手。
ダマでふられた者もいるらしいが、 公認がいいやな。
歌ちゃん、竹馬に比べれば、 熊とか、俺なんか、ちっこい、ちっこい。

         雀鬼




週末の勝負がけ、ことごとく捲られ、 土日ノートップで撃沈でした。 飲まないけれど飲まれたようです。 厄払いは誠実な人こと、ナルコ親分と供に振り払いと思います。
(百武)

ダマにしてもどうせバレるので(笑) 道場では裸でいようと思っています。 ふられ道を究めた歌田さんと竹田さんの二人に比べれば、 会長と自分なんか足元にも及びません。
(熊代)

最終日、金子さんの爆弾解除や各組接戦ですので、 予断を許さず見所があります。 会長がふられたという話は聞いたことがありませんが・・ それはさておき(笑)、 熊ちゃんがふられたって話は、 まぁよくある話で大したことはない。 そうですよね、歌田さん?
(竹田)

気持ちを持って通ってくれる百武の現状、 決して他人事ではないです。 まだ終わってない、気を弛めずやって行かねばです。
(恒)

金子のおじきの爆弾はどうなるのか? この日は昼から、この話題が中心でした。 そのおじきが、苦しい身の上の百武さんと一緒に登場し、 最終日らしい雰囲気となりました。
(ナルコ)

熊ちゃん、ふられチームにようこそ(笑) でも今回のふられなんてちっこい、ちっこい。 会長も?・・・んっ、あれっ?
(歌田)

■2018年3月4日(日) Vol.5571

金や名誉のためでもなく、 ただ、厳しくて、強い山々に登っていた、 植村直己さんも使用していたという、 山登り用のロングソックスを 車を降りる時に、 歌ちゃんが、そっと、渡してくれる。
植村さんと、歌ちゃんの気持を思って、 風呂へ入ってから、早速、履いてみる。
温かい、ポカポカする。 そのまんまスニーカーじゃ入らないんで、 ここしばらく、重くて履けなかった、 革のブーツで道場へ。
キャラバン靴を履いたよう(笑)
歌ちゃんから、ソックス、 道場には毎度のシャボが買ってくる、 職人さん達が作る和菓子がある。
みんなに、気を使ってもらって、 色々やってもらい、どうにか、一日を過ごす。
出版の担当者に、先日、
「役に立たない男」
ていう本を書くか、 と企画を出しておいたが、 通りそうもない(笑)

         雀鬼




登山家で冒険家の植村さんも使用していたと言うのが良いですね、 歌田さんが会長のことを想って選ばれたのが伝わってきます。 歌田さんのようなさりげない気遣いを自分も見習いたいです。
(シャボ)

まだ夜は寒いので、ご自宅用にと思ったのですが、 わざわざ重いブーツを履かせてしまい申し訳ないです。 自分などシャボさんの気遣いにはまったくおよびません。
(歌田)

■2018年3月3日(土)その3 Vol.5570

ジージが倒れた!!
幼な子の声。 動けずに、そのまんま。
その声に、上の孫と家人が、
「どうしたのよ。」
と駆け寄って、 3人して起こしてくれる。
痛みはどこよ・・・・・、 左ひじを打っただけ。
吹き抜けの下の廊下の先から、 玄関の上り石に、右足を乗せた。
もう片方の足を降ろそうとした瞬間、 右足が何かに滑って、左側に体が飛ぶ。
硬い下駄箱、廊下の角、 石の角、にでも頭を打てば、危なかった。
後ろについて来ていた幼な子が、
「ジージ、倒れる時、  下駄箱の上に、手が触ったよ。」
それすら、分からなかったが、 確かに、両手の指先が少々痛む。
頭がふらついたわけでもなく、 ただ、上り石の上で、滑っただけで、 180cmを越す大男が、真横にぶっ倒れていた。
真冬の厚着、ダウンコートや、 3人のおかげで・・・・。
ありがとうね。
俺の部屋の真っ暗闇の中でのトレイに次いで、 2度目の転倒。
俺の後輩の歯医者なんか、 ちょっとしたことで、 大腿骨骨折で、手術して一ヶ月以上入院。
俺だって、 そうなっても、おかしかない、 とつくづく。

         雀鬼




お年寄りが転んだ拍子に骨折してしまう、 という話はよく聞きます。 先日の転倒の話を聞いた時もひやっとしたので、 大事にならなくて良かったです。
(ナルコ)

いつも道場に来ては暴れまくっているあの子が、 気付いて助けてくれたんですね。 今日はいつもよりお疲れの感じがしました。 いざという時は自分達では、 到底及ばない動きをされると思いますが、 十分気をつけて頂けたらと思います。
(恒)

前回は廊下でしたが、今回は玄関で足を滑らせて転倒、 本当に大きな怪我がなくて良かったです。 転んだりしても瞬時に体使いで対応される会長だから、 大事にはなっていないのだと思いますが、 会長の足はかかとを複雑骨折したままだったり、 エイの毒で痺れた状態なので足元注意です。 少しでも負担を減らせるようにできれば良いのですが…。
(シャボ)

■2018年3月3日(土)その2 Vol.5569

水曜日に、
「シャボ、足を頼むわ。」
階段もダメ。 歌ちゃんの車体の低い車から降りる時も、 足が定まらず、 どうにか、置き場を探して、出る。
毎度、歌ちゃんが、ドアの前に立って、 いつでも、何んかあったら、支えようと、 準備してくれている。
シャボが汗を顔から噴き出して、 手当をしてくれる。
「ありがとう、シャボ。」
どうかなー、と思ってたら、 いつもの階段をスタスタ登ってたし、 歌ちゃんの車からも、ひと足で降りれた。
「すごい効果。」
寝たら、又、固まって、 左足にしびれや、異和感が来るかなー、 と思っていたが、それも平気だった。
「シャボ、あの手当、確実に効果あったよ。」
又、よろしく。

         雀鬼




会長が軽やかに階段上られるのを初めてみました。 会長の治療法を受け継げるのはシャボさんのみ、 自分は実験台ぐらいしか役に立ちませんが、 またよろしくお願いいたします。
(恒)

手足をぶらぶらと揺すっているようにしか見えないですし、 僕が真似しても出来ないのですが、さすがシャボさんです。 会長がどこか痛めても、これで安心ですね!
(ナルコ)

夏に左足をエイの毒にやられてから、 痺れが残っているとの事で、ずっと気にはなっていたのですが、 自分のは手当てになっていませんが、 少しでも効き目があれば何よりです。 むしろ自分の方こそ、 会長に手当てして頂きありがとうございました。 自分なんかで宜しければ、またやらせて頂ければありがたいです。
(シャボ)

■2018年3月3日(土) Vol.5568

我が家では、テレビにセットして、 ゲームして、笑いも、話しもしない兄弟。
ゆいのちゃんが来ると、 体を使って遊ぶが、 やっぱ、女の子らしい。
それに比べて、
「ちょっと、顔出すわ。」
の一言で、道場に突入、 すぐに小ねずみが捕まって、 飛びかかったり、体によじ登ったり、 ぶら下がったりして、遊び出す。
小鉄はすぐに子供パワーにやられて、 息があがっている。
それでも楽しみが先行して、 容赦しないのが、男の子。
ちょっくらが、 あっという間に30分たっちまう。
ガミガミママが待っている。

         雀鬼




ちょっとだけ・・・が、 楽しくてついつい長く遊んでしまう兄弟二人。 あのエネルギーは半端じゃない! それを引き出せる緒方さんとチ○○マンは凄いね!
(竹田)

「顔出すだけだったんじゃないの?」 「だって、楽しいんだもん!」
そして、ボコられました(笑) ガミガミをせめてガミくらいにしてもらえたら良いのにな〜。
(小鉄)

■2018年2月28日(水)その2 Vol.5567

今、道場始まって以来、 初めて、ピザを買いに行く。
謙の床屋で食ったピザは、 思ったより旨く食えたが、 ここでは、どういう味がするんだろう。
床屋の場合は隣がピザ屋なんで、 出来立ての熱いやつが食べれたが、 こっちは緒方が自転車を飛ばしても、 10分以上はかかる遠場。 ホッカホッカが冷めちまうかもな。
そば屋さんもお店で食べるのと、出前じゃ、 味が変っちまう。
30年余りでの初の体験。
ナルコの電車に間に合えばいいんだが、 緒方が行って帰る時間までに、 一局は打ち終えちまう。
「麻雀を一局、4時間かけて打つバカがいる。」

         雀鬼




緒方が雨の中、自転車をとばして、 取りに行ってくれたおかげで、 ナルコの電車にも間に合い、 温かいうちにピザを皆で食べられました。 久しぶりのピザ、美味しかったです。 道場での食事に新たなメニューが増えそうですね。 4時間かけての麻雀、冷えきっていて不味いでしょうね。
(シャボ)

ひさびさにピザ食べました。 思ってた以上に美味しく、 たくさん人がいる時などはいろんな味が楽しめるし、 ワイワイしながら食べれるのでいいなと思いました。
(竹田)

緒方さんはきっちり間に合わせて下さり、 皆と一緒にピザを食べることが出来ました。 雨のなか、自転車で…。 緒方さん、ごちそうさまでした。
(ナルコ)

ナルコに間に合え〜、はぁはぁ。 と珍しく、シャキシャキこいだおかげで、 なんとか、ホッカホッカでした。 人様とやる麻雀に、4時間もかけてはいけませんね。 そんな奴は一人で打ってればいいと思います。
(緒方)

■2018年2月28日(水) Vol.5566

オスのシーサーは、幸福を 開いた口に運んでくれるらしい。
そのシーサーを裏切って、 ただの酒飲み友達を集めている、 のんべえに、くっついて、 シーサー恒に悲しみを、俺に怒りを残した、 あのくそガキを追い出して、 恒シーサーが強さを発揮して、 男っぷりを見せてくれた。
元ゾンビ、今は竹馬となって、深夜に走る竹馬に、 何ヶ月か、遅れを取っていた、 伝説のウータンが、ちょっくらと復活したら、 週間戦も強かったが、月例会も優勝してみせてくれた。
先日の月例会、助っ人の中で特に、 宇佐美の存在が強かったよな。
酒というガソリンが入ってからの、 シャボの私設応援団、 あれ、結構、気づかいや心が入っていた。
その力で、シャボが3連勝して、 日毎のトップ走者になれた。
失恋の熊公の分を、 あの2人が、乗りをくれたこと間違いなし。
俺は下戸だが、 良い酒、悪い酒、あるんだね。

         雀鬼




幸福を口に運んでいるのは知らなかったです(笑) 何とか形にする事が出来ましたが、決して自分の力じゃないです。 ウータンが復活して、シャボさんの気持ちと行動力、 嫌な物もありましたが、やっぱり良い仲間に恵まれてます。 そんな仲間を大切に出来ない奴には腹が立ちます。 それにしてもシャボさんの私設応援団、 定年後の方と若い女性の変わった組み合わせですが、 気持ちが入って、息もあってましたね。 でも、同卓した時は、ほどほどでお願いしますね。
(恒)

突然の応援に最初は戸惑いましたが、 宇佐美さんは帰りの電車を遅らせてまで残って下さり、 ノリと気持ちで応援して頂き、 お二人の応援ありがたかったです。 応援団員のお二人には、 これからも良いお酒を飲んでほしいですね(笑)
(シャボ)

「フレッ!フレッ!シャボさん!」 思わず皆で大笑いしてしまいましたが、 それも心が入っていたからなんですね。 他の物事と同じように、酒にも良し悪しがある。 宇佐美さん、勉強になりました。
(ナルコ)

■2018年2月25日(日)その4 Vol.5565

今週の4人のリーダーを 7組が追うレースが終わった。
4人のリーダーの内、 恒シーサーは強し、 一人で大台の144pをあげて、 他を突き放した、強いリーダーぶりを見せてくれた。
2着にウータンリーダーが96p。 一点差で、本日2人の応援団のコールを受けた、 シャボが日毎のトップを取って、 シャボ、熊、うさみの3人の力を合わして、 リーダーの竹馬と、小ねずみを捕らえる。
追いかけ組、最高点。 後、一点で、4人中3人を倒せた。 お見事。
竹馬、1組に捕まっただけだが、 小ねずみは、7組中、5組に楽々と捕えられていた。 弱いリーダーだ!!
恒シーサーと、ウータンは全組から脱出成功。 強いウータンが戻って来た。
組で一番だらしがねえのは、 のんべえ軍団だった。

         雀鬼




先週捕まってしまってたので、 何とか返す事が出来て、ほっとしました。 始まる前はエサと思われたウータン、今週も逃げ切り成功。 伝説の生物はやっぱり強いですね。
(恒)

本当に弱いです。 せめて、ラスト一週は、挽回します!
(小鉄)

シーサーは圧倒的な速さで彼方へと逃げてしまい、 復活してきたウータンはその剛力で、 人を寄せ付けませんでした。 竹馬は、シャボさん達が捕まえましたが…。 最終週はナルコ、くのいち、お江戸の三人で、 大捕物といきたいところです。まずはネズミ捕りからですね。
(ナルコ)

熊代さん、やりましたよ! 応援団のおかげで1ヶ月ぶりくらいに電車を走らせる事もでき、 小ねずみと竹馬を捕まえる事ができました。 企画中一度は捕まえたかったウータンでしたが、 自爆して一点差で逃してしまい悔しいです。 あと一週ありますが、 完全復活したウータンを捕まえるのはかなり厳しくなりそうです。 毎週、熊代の頑張りもありがたいです、 そして団員のお二人、 気持ちのこもった応援ありがとうございました(笑)
(シャボ)

ぐわ〜!シャボ組に捕まった〜!
(竹田)

さっすがシャボさん!! 竹馬捕獲やりましたね。 ウータンまであと一点惜しい。 応援団のお二方ありがとうございました。 最終週もこの調子でやったりましょう。
(熊代)

応援団パワーを受けたシャボさんは強かったです。 集計結果が出るまで負けたと思ってましたが、 まさかあんな結果になるなんて(笑)
(歌田)

■2018年2月25日(日)その3 Vol.5564

2月度の月例会終了。
恒、ウータン、竹馬の連を見たかったが、 優勝しますよ、と訴えていた竹馬、 一回戦に、俺と同卓して、 ペナルティでスタートで、失格。 夢は果てた。
恒は入賞の一個下。 昨日、運が強過ぎたかな。
残ったウータン、最終戦で、 しげるとのトップ争い。 2人は同卓、俺と恒が混じる。
2人の大勝負、そういう勝負って、 あっけなく終わることが多い。
東の一局に、しげるが、親のウータンの、 でっか過ぎる手に振り込んで、 勝負は東の一局で決まっちまって、 3人の内、ウータン優勝。
しげる、橋本、俺とシャボまでが入賞。 恒の代わりに、カマボコが入っていたっけ。
竹書房から乗り込んで来てくれた宇佐美は、 プラス25のワンペナ。
それの下に、竹馬と、小鉄と、牧野先生が落ちているって、 弱すぎだよなー。
宇佐美は終わると、 いつものお酒タイム。
俺が頂いた寿司を食っちまう。 その上、シャボの分も取って食う。

         雀鬼




月例会でペナルティーをしてしまいすいませんでした。 落ち着いて準備して打ててない現実があるので、 土曜や月例会前に会長の感覚の計り方を見せて頂いたので、 今更ながら少しでも取り入れたいです。
(牧野)

一歩たりず残念でしたが、 こんな時に自力が出るんだなって思います。 伝説のウータン、完全復活でしょうか。
(恒)

復活した歌田さんはやっぱり強いですね。 春が近づいてウータンも冬眠から出てきました(笑) しげるさんから頂いたお寿司ですが、 「寿司食いねぇ、酒飲みねぇ」 と言う暇もなく持って行かれましたが、 お寿司のおかげで応援団が結成されたのかなぁ(笑)
(シャボ)

初戦でいきなりのペナルティ、ご迷惑をかけた上、 頂いたお言葉を無駄にしてしまいました。 申し訳ありません。
(竹田)

竹田が初戦で失格となってしまったので、 最終戦、永井さんはプラスで入賞してほしかったですが そう全て思ったようにはいかないのが実力です。
(歌田)

自分が入賞するよりも、 竹田さんが入賞していた方が嬉しく思えたと思います。 自分はたまたまペナルティーしませんでしたが、 普段ならいつ失格になってもおかしくないです。 もう少ししっかり打てる様になりたいです。
(カマボコ)

■2018年2月25日(日)その2 Vol.5563

これから月例会か、 デートを終えて、帰って来る深山を持つ(笑)
チーム員じゃない爆弾組の、 いまだ一人解除なしの金子のオジキ。 千葉ののんべえ板倉、それを越えたアル中の宇佐美、 愛知で失恋した若者、最先端のロボット化したコップ。
無いより、ありがたい存在だが、 麻雀は打てまい。
かつての月例会っていうのは、 下北も町田も、それなりに打てる者しか、 出場出来なかった。 それが今じゃ、ロボットの手も借りるとは(笑)
宇佐美は月例会後の酒が、 お楽しみなんだろうが、 ここを通って、 雀鬼流は嫌い、大嫌いと思っている奴より、 線がつながっている。
日曜日に部活が入る、 牧野先生の顔が見れるって、いいもんだ。
昨日は久し振りの疲れた顔が消えていた恒シーサーは、 強いこと、強いこと。 一両でも難しい電車を、2両も走らせて、 たった一日で、49pの得点を持って帰ったっけ。
後は、竹馬くんに、連敗中だった恒と双璧のウータンが、 週間戦で、竹馬君に勝って、2連覇して、見せて欲しい。
失恋青年は失恋体験が、 沢山ある竹馬の家に泊り、 先生は、しげると伴に、 木の子荘に泊ったらしい。

         雀鬼




異様に手が入ってました。 憑き物が取れたのか、良く分かりませんが… 牧野先生、キノコに泊まった感想はスパッとお願いしますね。 ここで言わなきゃ何処で言うんですか。 こっちは何言われても受け止めますよ(笑)
(恒)

久々に土日フルに来れました。 月例会は会長に見ていただく大切な試合なので、 もっと準備からしっかりやりたいです。 木の子荘は噂通りの家で、体験できてありがとうございました。
(牧野)

月例会楽しく打たせていただきました。 数年前、初めてこの道場に行きたいって思った頃、 「人少ないからもっと来て欲しい」的な事が よくレポートに書かれていて、 「俺が行けば少しでも盛り上げられるだろうか。」 というモチベーションがありました。 しばしば誤作動起こしますが、まず素直と勇気を忘れず、 道場に時間を回せる工夫をしていきます。
(コップ)

元々麻雀は打てる方ではありませんでしたが 「無いよりはありがたい」と言って頂き救われます。 麻雀の打てなさが、加速してしまってます。 このままだと只の“昔居た人”になってしまうので 修正していきたいと思います。
(板倉)

僅差の竹馬との勝負のため、 先に行くように気遣って下さりありがとうございます。 まあ結果は竹馬の自滅で終わってしまいましたが。
(歌田)

■2018年2月25日(日) Vol.5562

車内って、個室でしょう。 同乗者から、よいもの、悪いものを感じちまう。
本当に、長い間、帰りは歌ちゃんの車で帰る。 凄く、安心(笑)。
日常的なことや、歌ちゃんの心の内を、 悩んだ時に、そーと、開いてくれる。 その、そぉーと、いいんだよな。
それに比べて、家人には、時折り、
「細い道でスピードを出すな。  かどは、きつく突っ込むな。」
ハンドル持つ者以上に、 後ろの席の方が、体を揺らす。 何度、アドバイスしても、 家人の「性」だから、変らない(笑)
俺の年齢になると、 今、流行の看護が近くなる。
ていうか、自分一人で歩いて来た道でも、 周りの者からの、サポートが必須となり、 今以上に、誰かにお世話になるばかり。
人間の環境破壊で、 ありかが少なくなっちまった自然界の動物。
人は欲が深いから、寿命というものが、 たかが、100年余りで、大幅に伸びた。
70才、古希なんて、 かつては、稀にしか越せない生命。 ぞうさんや、トラや、ライオンや、サイや、カバさん達も、 寿命がアップしたのかなー。
もちろん、人が手をかけた動物園とか、 飼育じゃなくてね、 自然界での生命のあり方です。
道場の前の家の木々に、 2羽の鳥が止まっていた。
足が止まり、彼等が飛び立つ姿を送るだけ。

         雀鬼




会長と同じ年齢である自分の母親も看護なしで暮らせてます。 この先どうなるか、身内から嫌な声も聞こえたりしますが… 自然の動物達は静かに終わりを迎えたりするんでしょうが、 人間は最後まで面倒な感じがします。
(恒)

車の運転、うちの母にも、何度も、何度も、 ゆっくり入るんだよ、言っても、 狭い曲がり角の、そこから急な坂道になる場所で、 必ず、思いっきりアクセルを踏んで、突っ込んでいました。 性だったんですね。決して、直ることはありませんでした。
道場前の鳥さん、会長に教えて頂いても、 動き出すまで分かりませんでしたが、 見つけると、しばらく、見ていたくなります。
(緒方)

いろんなお話をさせていただきますが、 自分のことってのはあまりお聞きできませんので、 たまにそぉーと・・・。
(歌田)

■2018年2月24日(土)その3 Vol.5561

前日、孫が来て、 家人がメンタイコのスパゲッティを作って出す。 一人飯は淋しいので、俺も、と付き合う。
めんの上に、緑の葉が乗っていた。
「ボク、食べれない。」
上の方に乗った葉をほぼ取ってやっても、 わずかでも、嫌だよ、と横を向く。
家人、切れる。
作る人の気持を考えなさいよ!! もう何も作ってやらないから。
孫は目を隠し、 口をとがらしている。
きみが食べないなら、 ジージもやめたー。
に家人、ダブルで切れて、捨てちまう。
「お家で、ガミガミ、  ここでもガミガミかぁ。」

あくる日、大世帯の床屋から自立した謙の店へ行く。 客が一人居たが、20分ほどで、帰られる。
謙と、アシスタントの女の子と、俺の3人で、 客の後姿に向かって、
「ありがとうございました。  又のお越しを・・・」
そして、俺の時間。 一気に、客商売がアットホーム化される。
俺一人の時間かなー、と思ってたら、 昨日、あれほど切れた家人が侵入してくる。
「ネエ、みんなでピザパーティやろうよ。」
と来た。
前回は初めて3人で食べたピザに、 家人が混じって食べる。
「お父さん、ピザ食べないから。」
知らぬは家人だけ。 前回、俺、初体験しているのを、 3人でとぼけているから、 おかしいこと、おかしいこと。
家人は相手にせず(笑)、 謙よ、お前との付き合いも長い。 俺って、お前から見たら、どういう男だい。
「迷惑、とか、うざったい、とか、  変人とかさあ・・・・」
「会長ですか。」
一口で言って、
「ただ者じゃないです。」
それにつけて、もう一口。
「そんじょ、そこ等にいない人です。」
「又、お前、サービス業の言葉いいやがってよぉー。」
「俺って、悪党だろ。」
そこで、家人が突っ込んで来る。 前日、俺や、孫のパパの前で、悪態ついたのに、 出て来た言葉が、
「お父さんは、悪いとこなんて、  一つもないわよ。」
この大変化、 やっぱり、おばさんを通り越した、バァちゃんだ。
やっぱ、俺、この変化に、 ついていけねえよ(笑)

         雀鬼




以前、突然の変化を拝見させて頂き、固まった事があります。 仕組みは分かりませんが、家人の方らしい話ですね(笑)
(恒)

女心と秋の空、と昔から知られていますが、 ここまでの大変化は想定外だったのではないでしょうか(笑) もう、橋本さんしか居ません!(笑)
(小鉄)

うちの母も、急に態度が変わったりすることがありますが、 ここまで極端に変わってしまうと…。 確かについていけないです。
(ナルコ)

女心と秋の空、山の天気より変わりやすい奥様の気分、 この変わり様はたまったもんじゃないですね(笑) 会長を只者ではない、さすが謙さんですね。
(シャボ)

うちの奥様もこの様なケースが、残念ですがあります... まだ、初期症状だと思いますが。 なるべく、ひどくならないでもらいたいのですが... 何か効く処方箋はないでしょうか?
(謙)

■2018年2月24日(土)その2 Vol.5560

我が家では、ひまつぶしで、 届いているゲラの一本を終えて、 二本目も、もうすぐ終わりそう。
ひまだから、今も、 一本仕事の原稿を、さぁっと書いた。
さぁーっとだから、 まあ、安売りみたいな内容だけどね。
恒、ウータン、竹馬の3リーダーは居るけど、 優良企業にお勤めの、小鉄ねずみは、 今晩も仕事かなー。

         雀鬼




働きネズミの小鉄は、めったに姿を見なくなりました。 自分と竹馬は、暇なんで、二人で打数争いやってます。
(恒)

仕事ありません! 居ます!…を取り戻します。
(小鉄)

■2018年2月24日(土) Vol.5559

水曜日に、遠方から疲れに来て、 そのあくる日も来たらしいシャボ。 ここに来ても、苦や、つらさしかないのにね(笑)
今のシャボの本心なら、 週に一回、土曜日に4時間かけて、駆けつけて、 その日、ちょっと遊んで、 深夜に茨城まで帰るがベストなんだろうがね。
たださぁ、無理っていうか、 熱して、冷めちゃ、嫌だよ(笑)
怠け者の俺も、今日は5時頃来たんだ。 久し振りに、恒の、あの落ちちまう姿から、 3つ、4つ若返った元気な顔を見れたよ。

         雀鬼




木曜日にシャボさんが来てくれ、 疲れたなんか言えないと思ってましたが… 後は深夜からの勝負です。
(恒)

木曜日は色々とタイミングが合って来れました。 毎日道場を守って下さっている永井さん達、 ご近所組の方々こそ本当に大変だと思います。 自分は元々熱しやすく冷めやすいので、 無茶苦茶にならないよう適温を保ってやって行きます。
(シャボ)

いつものメンバーが、 シャボさんの顔を見つけると、 嬉しい笑顔と伴に、 その行動を思って、苦笑も混じる笑顔を浮かべていました。 いて下さると、嬉しいですが、 でも、やっぱり、申し訳ないです。 すみません、シャボさん。
(緒方)

■2018年2月21日(水)その2 Vol.5558

高槻の山田マネのとこは、楽しそうだね。 満卓デーとか、 町内麻雀大会も13回もやったらしい。
そういう情報が入ると、 山田んところが、今や本部で、 こっちが支部だよなー。
大阪に住んでいる坪子の夫婦なんか、 あっちと、こっちを両方見れるんで、 その違いの良さが、分かるんでしょうねえ。
こっちの支部も、次の日曜日は、 一応、月例会。
楽しく、盛り上がるかなー。 そんな程度です。残念!!
小鉄の会社は忙しそう。 毎日、最終電車まで、仕事をしてるらしい。

         雀鬼




高槻の満卓デーに、一度参加させて頂きましたが、 その時は道場の卓だけでは一卓足らず、 ちゃぶ台らしきものを広げて楽しそうに??やっていました。 あまりの人の多さにビックリでした! 残念ながら会長のおっしゃる通り、町田にはない事ですが、 会長もマネージャーも、いらっしゃると私達は嬉しいし、 それぞれのやり方で、 その場を盛り上げて下さるので、楽しいです。 やっぱり楽しいのが一番ですね。
(ママ)

高槻新聞で知る情報のみですが、動きがあって楽しそうです。 こちらも個人の行動では遠方から 休みなく続けている方もいたりするんですが… 賑やかだったり、楽しみの場を増やしたいですね。 小鉄は最近、家でも姿を見ません。
(恒)

卓が足りないほど賑やかになることは、 確かに町田ではありません。 高槻では、アミーゴ企画というのをやっているそうですね。 アミーゴは友達という意味なので、 子供の頃の友達を道場に連れて来るとか…。 うーん、良さそうな人がいないです。
(ナルコ)

高槻の盛り上がりと今の町田道場の現状、 本当に何とかして行かなければと感じます。 良くも悪くもその時の状態が出やすい月例会、 現状を受け止めつつ、楽しみを作って行けたらと思います。
(シャボ)

毎月、緒方さんが月例会の日を頭を悩ませて、 決めて下さっています。 中々、人が集まらず、人は少ないですが、 楽しくなるように、盛り上げたいです。
(竹田)

■2018年2月21日(水) Vol.5557

2月に入っての日曜日、食欲もなかったが、 上田さんのおかげで、 一週間分の飯を一度で食した。
蟹ヅメと、鯨のベーコンが美味くって、 何度もお代わり。
その上、あの後、しっかり、眠れましたが、 その後の我が家での一人飯がまずくって、 すぐ食欲がなくなり、 今日も、お茶に今川焼き一個。
腹がちっとも、空かないし、 寝るのも、めんどうだった(笑)
深夜の放課後のお遊びタイムに、 ウータンや、恒が落ちる。
ふたりは決して、若かない。 それなのに、疲れさせちまって、 みんな、俺らが悪いんです。

         雀鬼




ふとした瞬間に落ちてしまいます。 眠気覚ましのツボを調べたりしましたが、対処する間もなく… 自分より大変な方はいる訳で、 気持ちの持ちようで何とかなるはず、 まだまだ年のせいには出来ないです。
(恒)

上田さんの気持ちと一緒に、 普段なかなか食べられないものをいただきました。 永井さんと歌田さんは、道場の先輩としての姿を見せてくれます。 感謝を忘れず、三人の行動に答えられるようにしたいです。
(ナルコ)

永井さんが立って、缶コーヒーを飲みながら、 足をスリスリさすり出したら、落ちる前兆演出です(笑) 歌田さんもウータンとなって、一仕事された後はばったりです。 お二方共皆の為に道場を守り、盛り上げて下さって、 負担ばかりおかけしてしまい申し訳ないです。 自分もできる事を増やして、 少しでも力になれるようやって行きたいです。
(シャボ)

■2018年2月18日(日)その4 Vol.5556

四匹の鬼、ウータンが久し振りに、 竹馬を破って、トップを取ってくれた。 恒シーサーを混ぜて、3匹は大台。 小鉄ねずみだけ、伸びない。
追いかける側は、ナルコ組が 助っ人全員の中で、 トップを取ったママの力がでっかく、 ねずみとシーサーの2匹を捕まえた。
「ママ、ありがとね」
というわけで、2週目は、 ウータン、竹馬が全勝。 恒シーサーがナルコ組だけに捕まり、1敗。
小鉄ねずみは、 ナルコ、シャボ、しげる、牧野組の4組に捕まった。

         雀鬼




ウータン完全復活!! さすがに強かったですね〜、完敗です。
(竹田)

5チームに迫られ、ドキドキしましたが、 ママが加わって、5人となったナルコ組なら納得です。 それでも、壁として上にいるウータン、竹馬。 次回はこっちにも負けないように意識していきたいです。
(恒)

3匹についていけず、前の週も4組に捕まっています。 せめて、勝ち越しの3組までに抑えたい!!
(小鉄)

ママさんのおかげで、シーサーを捕まえられました! もともと二人組で捕まえる企画なのですが、 今週の僕のチームは五人の大所帯でした(笑)。
(ナルコ)

やっと竹田さんを破るとこまで戻ってこれました。 喜びはないですが、意味はあったのでしょうか。
(歌田)

■2018年2月18日(日)その3 Vol.5555

ひましてたら、足長兄さんの上田さん登場。 両手にいっぱいの荷物持ってね。
炒め物、和菓子に、高い鯨ベーコンに、 蟹ヅメに、蟹の身と、何種も持って来てくれる。
こちとら、何のお世話もしたことがないのに、 一方的に、さりげなく食料を持って来てくれる。
ひまなんで、蟹ヅメを一個頂き、 初めて、砂肝を食している。
みんなが食べていて、 俺がまだ食べたことがない物って、 あるんだよね。
ひまなんで、 上田さんと浪曲の唄の部分を解読する。 浪曲の唄の部分は難しい。
みんなが唄うと、 棒読みになるか、 お経のように、なっちまう。
シャボが見つけてきたCD、 一日も早く、唄いと語りを、 それなりに聞かせて欲しいもんだ。
今の時代じゃ、捨てちまった、 男の世界の義理や人情を思い出せる。
「♪馬鹿は死ななきゃ治んない♪♪」
まるで、俺のこと(笑)
今日日、右も左も、 中途半端の愚か者ばっかしだもんなー。
賢しい者より、馬鹿の方が、 まっとうなこともある、てえんでえ!!

         雀鬼




上田さん、美味しいご飯、ご馳走様でした。 上田さんも浪曲を非常に楽しそうに興味をもたれていて、 会長の特別レッスンで、 凄く、上手くなっており、あっという間に抜かれました。 語りに入るまでの唄の部分を まずは、一つできるようになりたいです。
(小鉄)

上田さんの差し入れ、今回も美味しくいただきました。 ただ、もらったものをお返しする隙がありません。 浪曲の唄は、学校で習い覚えた歌とは違い、難しいです。 もっと練習しなくては。
(ナルコ)

上田さん、いつもありがとうございます。 浪曲は聞いていると、唄ったり語ったりしてみたくなりますが、 いざやってみようとすると難しくて言葉が出てきません。 会長のようにアドリブを入れながらと言うのは…。 でも唄う方は上田さんに負けないよう練習したいです(笑)
(シャボ)

あの荷物持ってくるのを想像すると申し訳なく思います。。 自分達が他所では食べれない、食べたことがない物、 会長のお好みの物があり、会長が何度もお代わりされて… 自分達が情けないんですが、 何かある時に、心で救って貰っている気がします。
(恒)

■2018年2月18日(日)その2 Vol.5554

今の道場生の信頼感や、存在感を見ると、 トップの恒大将に、ナルコ、竹田、小鉄、ウータン、 しげる、シャボがいて、 その下に、哲やBIGがいる。
その恒より、飲み友達の背中を見て、 くずの小僧は破門を受けて、 ナルコは最低新記録を作ったほどの弱者だったが、 今じゃ、誠実な打ち手に変身。
高槻へ行った時、 山田の背中を追えよ、 の俺の一言から、 行動も変って、今やいい男。
道場のカス集団だったゾンビ軍から、 脱出しかけた竹田、 時折り、二日酔いのダメっぷりもあるがね、 ゾンビ軍から脱出して、 リーダーまでやっているって凄いかも。
学問は日本のトップクラスだったらしいが、 普段の小鉄は間抜けっぽく、 何かに特別強いという姿も見たことない(笑)
ウータンは最年長のレジェンド、 さすが、心が保てなくなったのか、 竹田にあおられる月日があったが、 ここんところ復帰気味。
しげるは週末組で、木の子に一泊、 シャボは遠方組から、たった一人、 週3日程度、現われ、 来れば、場を明るくするが、 この頃、女性の影が、ちらちら、ちらつく。
特別として、 来れば、いつでも雀鬼流っぽい坪子のママがいる。
俺なんて、早く来たはいいが、 ひまで、ばななさんのお土産のピーナツをつまんでいる(笑)

         雀鬼




僕がもっと麻雀が強ければ、 恒大将の負担を減らしてあげられるのですが、 上手くいっていません。 教わったことを身につけて、 初めて真に誠実な漢となれると思うので、それを目指します。
(ナルコ)

皆それぞれに味があって、 今の道場にはその存在力、信頼感がとても大切になっています。 球を投げ合いながら、互いに関心を持って、 道場生らしく、良い方へ変化して行けるようやって行きたいです。
(シャボ)

■2018年2月18日(日) Vol.5553

雀鬼流っていう、そのイズムとか、 行動が消えかけちまっている。
「男なら集まって来いよ」
例え、やん茶でも、 男っぽさがあれば、よしとした。
強かったなー、 麻雀も、けんかも。
今じゃ、けんかも、 殴り合いもしたことない男達が多い。
散々、世話になって、 手前の都合で筋を通せず、 男のぐずみたいな奴に、ケツ割られても、 静観しているようじゃ、男じゃねえ。
てめえ、何ムクレ続けてんだよ、 と先輩なら、どなりつけるぐらい当り前だ。
なめられるって、意気地がねえ奴がすること。 なめられることを見過ごすって、 男の世界じゃ、通らない。
俺が、ガキになめられても、 見てみぬ振りをする。
かつて流行った「浪曲」には、 男なら、こうあれよ、 と唄って、語ってくれている。
金も尽きた。 地を追い出された男達は、 又旅となって、行く当てもなく、 2〜3年旅をする。
食う金も、宿へ泊る金も尽き、 筋を頼って、一宿一飯の世話になる。
たった、それだけの世話で、 その家に何か事が起きると、 真っ先に、痛い思いへ、自ら名乗り出る。
恩に対して、義理を返して、 男らしさを磨いて行く。
義理とか、信頼があってこそ、 男と言えた時代があった。
かつてあった、ゾンビ軍の竹田くんが、 きっかけが2つぐらいあって、 今は先頭を走るっていうことは、 ここはゾンビ以下ってこと。
自主性って、そっちへ向かうことなんかな。
あれほど、強かったものが、 今は低レベルになっちまった。
漢道の看板はもう合わない。 それって、嘘なんで、外しましょう。
プロでもねえし、健康でもねえし、 替わりの名前がつけられねえなー。

         雀鬼




筋を通して支え続けている仲間がいる。 何かあればすぐに駆けつけてくれる助っ人がいる。 世話になっているのだから、行動で返していきたいです。
(BIG)

手遅れですが、あの時ぶん殴っておけば良かった、 追い出すべきだったと思う事があり、情けない限りです。 勘違いの甘さや優しさに逃げず、 怒るべき時に怒れるように、 自分を見直し、修正していかないとです。
(恒)

道場を守るという意志が、欠けていました。 会長にこんなことを書かせてしまい、申し訳ありません。
(ナルコ)

自分の認識の甘さを情けなく思います。 漢としての感性が足りないんだと痛感しました。
(竹田)

道場に通っていながら、色々な事を見落としていて、 何も行動できずに人任せになっていました。 男らしさのかけらでも身につけられる様になりたいです。
(カマボコ)

近くにいる自分達が、それなのにこんなだから 会長をあんな思いをさせてしまいました。 ただいるだけでは意味がありません。
(歌田)

■2018年2月17日(土)その3 Vol.5552

留守中に、よしもとばななさんが、 おみやげを持って、 御子息のマナカちゃんと来られたらしい。
台湾のおみやげっぽいが、 今は、日本に住んでいるらしい。
あの細くて、チビッ子のマナカちゃんが、 子供から、少年に育って、 ママを追い抜き、パパも越えたらしい。
背の伸びなんだが、 俺の場合、4人の子供に追いつかれず、 6人の孫達も、家人を2人追い越したが、 俺は、まだ追い抜かれてもいない。
子供達は、もう無理だが、 俺の生命がある内に、 孫に抜かれるって素敵だが、 俺が縮む他、無理かなー。

週間の企画、 久し振りに、ウータンが竹馬を越えている。
4匹の鬼の内、 どぶねずみの小鉄だけが変らず、弱っちい。 7チーム中、5チームに捕まっている。
前週、ずーっとトップを走り続けていた、 百武・宇田川コンビが、 今週は酒の勢いがないのか、 全体のラスかぁー。

         雀鬼




最終日にウータンを追いかけるのは何ヵ月ぶりでしょうか? 今回は競っている箇所が多く、面白い最終日になりそうです。
(竹馬)

久しぶりに強いウータンが帰ってきました。 竹馬は怖がってるのかな(笑) どぶねずみは手頃な的として有難い存在ですね。 多少のムラはあっても、気持ちがあれば何とかなる、 以前聞いた言葉ですが、下位組の巻き返し見たい所です。
(恒)

弱い、弱すぎます! でも、もう1チームからは逃げたい!
(どぶネズミ)

あのマナカくんが、背も高く伸びて、 声も低くなって、おおっ、となりました。 元服を迎えて、「もう、びびんないよ!へへへ」 と言っていました。 次回、お試しですね(笑)
(緒方)

■2018年2月17日(土)その2 Vol.5551

少し前なら、行くか、行かずか、 やるか、やめるか、だと、 行くか、とやっちまって、 どうにかなったもんで、 その選択が、麻雀の「勝負」に いい型で出ることが多かったが、 岡山の光岡武道の師範の道場開きにも行けず、 こりゃ、ダメだなー、と思えた。
勝負とは、勝ち負けだけでなく、 それ以前の日常の、やるか、やめるか、 にかかっていることを俺は知っていた。
我が家の家人は、毎度の旅行。 たった一人で、めし作ったり、 ちょこっと、2つあるゲラの仕事をチェックしたり、 ダラダラやっている。
ダラダラ感を感じると、 自らが、だらしがない男に写る。
早朝10時に眠ろうと思ったが、 珍しくテレビをつけると、 フィギュアスケートの個人種目をやっていた。
羽生先生と同じ字を書く、 羽生くんを見たくなる。
前半のSPは、 羽生くんと、チェンという選手が、攻撃的に攻めて、 羽生くんは成功、 チェンは裏目に出て、前半で大差が出る。
後半のフリーを見たんだが、 チェンが、更に攻撃力を加えて、見事なスケート。 羽生くんは、気持もスピードも加えられなかった。
あの一本だけ見れば、チェンが最強。
スペインの選手も、2本とも見事だったが、 運が来なかった。
その分、日本の羽生と宇野選手は、 運に恵まれていた。
あれも金、これも金、 一つぐらい可能性があった、 金の演技を見たかったのかな。
フィギュアスケートは女子好みなんで、 俺、ヨーロッパ勢が圧倒的に強い、 山の中のスキーの方を、好むんだけどね。
ジャンプじゃないよ。 大滑走とか、クロスカントリーが男っぽいね。

         雀鬼




有力な日本人選手がいないせいか、 クロスカントリーはあまり注目されていないようです。 たまたまテレビで視たときは、 なんて地味できつい種目なんだ、と思いました。 優勝して雄叫びをあげた欧米の選手は、野性味満天でした。
(ナルコ)

会長からお伺いして、 そんな競技があることを初めて知りました。 大自然の雪山の中での気持と肉体の勝負、 フィギュアより、はるかに魅力的に思えました。 どうしても、フィギュアとかは、競技というより、 演舞のジャンルなんじゃないかと、思ってしまうんですよね。
(緒方)

■2018年2月17日(土) Vol.5550

ママがちょこっと顔を出して、 勢いだけで、トップを連続して、その日の一番手。 かっこよかったね(笑)
ママはサービス精神もいいし、 江戸っ子気質だから、 帰っちまうと、穴が空いちまう。
それに比べて、 2度ほど触れ合ったアメリカ人の麻雀オタク、 一度、打ってやったら、 オーラスで邪魔ポンしてやがった。
それを勝つため、得するためのテクニックと、 本を読んだり、指導されちまって、 汚ねえこと、ずるいこと(笑)
穴に落ちた子供が、手を伸ばし、 後一歩で、救出されようとしたとき、 上で見ていた大人が、その手を突き落とす姿。
マラソン選手が勝つために、 隣を走る選手を押したり、 足を引っかけたりする行為。
勝つためなら、どんな「努力」や「工夫」も、 手段や、テクニックとなって、 それで勝って、どうなんのよ。
社会とは、そういうもんかも知んないが、 個人的には気分が悪いこと。
そうやって、麻雀が拡がっていく姿を、 アメリカの青年が見せてくれた。
ママと、アメリカの青年じゃ、 思考がえらい違うよなー。
ママ、又、来てくれるかな。 USAの青年はさようなら。

         雀鬼




ママが来ると自然に笑いと気持ち良い空間が出来ます。 あの青年は、どんな行為だったか説明されて、 理解したのかどうか…道場に通わなかったら、 自分もずるい所に気付かなかったかも知れません。
(恒)

その時後ろで見ていたのですが、 最初は何をしているのか分かりませんでした。 ずるいことをしたのを素直に認められない様子でした。 勝つことではなく負けないこと。 強さを育むことを、もう一度思いだそうと思いました。
(ナルコ)

ママにはいつも笑いと楽しさを頂き、 アメリカ人には雀鬼流にはない社会の麻雀を見せてもらいました。 自分も最近そう言った麻雀を打ってしまったので、 会長がアメリカ人にいかに汚い事か、悪い事かを お話しされている時、けして他人事ではなく 自分の事だと思って聞かせて頂きました。 人間も麻雀も気持ち良いものにして行きたいです。
(シャボ)

■2018年2月14日(水)その3 Vol.5549

パパは海外出張、その留守に、 大阪から、坪子のママが遊びに来てくれている。
ママって、女子なんだけど、 思考が男とも合わせられる、 数少ない江戸っ子だから、 粋で楽しいし、真っ直ぐな人。
麻雀は上手とは言えないが、 パパより、威勢がいい。
本日、あと一回トップをとれば、電車が作れ、 日毎のトップ者に名前が載る。
ママ、頑張れ!!

やった、ママ、 今トップ、一番乗りだぁー。

         雀鬼




威勢が良くて気持ちが良い、 気持ちでポイント取ってくるというのがピッタリです。 ポカやったり、うっかり失言もママの味。 今日はどんな放課後になるんでしょうか。
(恒)

「江戸っ子だってね?」 「隅田の産まれよ」 やっぱり江戸っ子は粋で鯔背でかっこいいですね、ママ。 自分は田舎者なので江戸っ子を見習って電車走らせたいです。
(シャボ)

大阪からはるばるやって来て、トップを連発! ママさんが気持ちで電車を取り、いい一日でした。
(ナルコ)

会長、道場生の皆さん、 昨日は楽しい一日を、ありがとうございました! 威勢がいい、と言うよりは無謀(笑)な自分ですが、 人との関わりが希薄な今、 色んな意味で、道場の存在は、有り難いと思います。 また宜しくお願いします。
(ママ)

■2018年2月14日(水)その2 Vol.5548

よく知らなかったが、 冬季のオリンピック、始まってたんだね。
金、金、金と、 とらぬ狸の皮算用。
カネ、カネ、カネ、 と言った方が、それらしいじゃん。
オリンピックの狙いは、戦争中でも、ストップして、 スポーツの原点をやろう、 という、平和の祭典だったはずだが、 政治的、経済的方向に、引っ張られて、 ボイコットが起きたり、 勝つために、ドーピング違反を犯したり、 若き日を、一歩でも前へ進もうとする人達が居るのにね。
もう一つ、知らなかったこと、 チョコレートが届く頃だったんだね。
こんな日のために「義理」 という言葉を使いたかねえよな。

         雀鬼




純粋にスポーツだけのオリンピックって、 今までに無かったのかな、と思ってしまいます。 道場の平和の祭典は政治、経済なんて一切なし! ちょっと八百長疑惑はありますが(笑) いつでも金メダルはウータンですからね(笑) 「義理チョコ」と言いますが、こんな軽く使ってほしくないですね。 本当の義理なら貰う方も相当な覚悟が必要ですね。
(シャボ)

南北朝鮮統一チーム、以前もありましたが、 それをきっかけに北朝鮮が良くなったとは言い難い気がしますし、 政治色が強まると、あまり楽しめません。 会長から浪曲の時代の話を聞くまでは、 義理チョコという言葉に違和感はありませんでした。 女同士であげるときは友チョコとかいうそうですから、 それでいいんじゃないかと思います。
(ナルコ)

義理で命を賭ける、と言う事を聞き、 真っ先に思い出したのは、雀鬼の映画に出ていた、元ヤクザの親分さん。 確かセリフは、 「昔は人の為に命賭けても平気だったけど、  今はそんなのは流行らないんだってよ」 こんなような言葉だったと思います。 義理って重いんですね。
(ママ)

■2018年2月14日(水) Vol.5547

今月から始まった、 四匹の動物を捕まえる、追いかけっこ戦。
なんと、@位は、橋本・BIG組で、 竹馬、恒シーサー、ウータンの 2位から4位までを、オール捕まえて完勝!!
小鉄という、どぶねずみは、 百武・宇田川、しげる・深山、哲・緒方、 の3組にも捕まった。
橋本・BIG組は強かったが、 竹馬、恒シーサー、ウータンの3匹は、 やっぱり、それなりの力を見せつけてくれた。
橋本・BIGが4ポイント、 百武組、しげる組、哲組が1pづつあげた。
どぶねずみは、11組中8位って、 やっぱ、ねずみっぽかったね。
この最終日の裏番が厳しかった(笑)
小学四年生の女子のゆいのちゃんが、 手作りのお菓子と、お手紙まで持って来てくれる。
「いつも あそべない あそびで  あそんでくれて ありがとう  会長は やさしくって たのしいあそび  たくさん知っていて すごいなーと思っています」
ゆいのちゃんの他に、アメリカから、 麻雀オタクの上のマニア丸出しの26才の青年も加わって、 キャッチボール、卓球、相撲、体さばきに、 浪曲まで唄って、 俺、ぶっ通しの大サービス。
楽しくって、とうとう、朝の7時を迎えちまった(笑)
まる12時間、小っこい小屋が遊び場になって、 全て、心身を使い切る。
先日の早朝6時を一時間オーバー。 一年分の運動をぶっ通しでやっちまったよ。
やってる時は、眠けも疲れも、 ゆいのちゃんと同じく感じないが、 帰ったら、あくる日は、凄く疲れ過ぎていて、 俺、このまま立ち上がれないんじゃねえか、 と思ったほど。
楽しいことって、すっごく厳しいんだよな。
酒が1粒もない、子供中心の場に、 70半ばの病人の俺が、 先頭切って、付き合っちまうんだから、 周りは、たまんねえよな(笑)
あの時は、やっちまったけど、 もう一回はねえな(笑)

         雀鬼




1週目から全員確保のサブマネ、BIG組は凄いです。 自分の所は相方の熊代の頑張りに自分が答えられず、 小鉄まであと一歩で取り逃がしてしまい、 今週は何とかしたいです。 そしてその日はゆいのちゃんとアメリカ人とで、 放課後の放課後をやっていたら朝の7時に。 ゆいのちゃんタフだったな〜。 何より先頭で全てされていた会長はやっぱりタフです(笑)
(シャボ)

橋本さんが強すぎて逃げ切れなかったですが、 今週は動物達でトップ争い、2匹ぐらいは逃げ切りたい所です。 どぶねずみはまた皆さんのエサとして活躍してくれるでしょう。 ゆいのちゃんの楽しみパワー凄いですね。 自分が子供の時、どんなに楽しくても夜通し起きてた事ないです。 外国から来た方がいきなりフルコースでの触れ合い、 めったにない貴重な事で、麻雀の先生になりたいとかでしたが、 会長が悲しむ事だけはしないで欲しいです。 
(恒)

その26才の青年が一番驚いたのが、 70歳を超える会長を相撲で全く押せなかったことだそうです。 道場生にとっては当たり前ですが(笑)
(竹田)

私も十数年振りの徹夜にクラクラしましたが、 ゆいのも1日具合が悪く、 自分がこれだけ調子悪くなるのなら会長はもっとキツイかも… と心配しておりました…。 それでも、道場での話を楽しそうにし出すと、 どんどん元気になっていく娘の姿に、逞しさを感じます。 会長、道場の皆さん、長い時間ありがとうございました。 さすがに朝はいけませんね。
(ともこ)

■2018年2月11日(日) Vol.5546

アメリカ人の麻雀好きの青年が顔を出していた。
難しいかも知れないが、 麻雀の本質を話してやる。
麻雀は3枚を並べて、1メンツといい、 それを4組作って、和了りに向かうゲーム。
その青年に、あがることの喜びの前に、 先ず、1メンツ出来たら、それが、お父さん、 もう1メンツが出来れば、それがお母さん、 3メンツ目が男の子の誕生、 4番目が妹の誕生、 これでファミリーが出来たんだ。
同じものを2つを頭という。 それは祖父母かな、と説明してやる。
その青年、麻雀の指導者になりたいらしい。
やめろよ、やるなら、 楽しい麻雀にとどめていけばいいじゃん、 と一時間以上、質疑に応答してやる。
日曜ってことで、 シーサー恒、ウータンの鬼が2人電車。 追いかける組は、しげる一人かな。

         雀鬼




良くしゃべる人でしたね(笑) 勝負に拘る所もありましたが、 人のためにワガママ出来ない事や、 動作の修正も素直に受け止めてくれて、 先生は止めた方が良いんでしょうが、 少しでも良い物を持ち帰ってくれてたら嬉しいです。
(恒)

アメリカで麻雀の大会が開かれているとは知りませんでした。 世界のあちこちをまわっては麻雀を打っているそうですが、 よくしゃべる人でした。
(ナルコ)

■2018年2月10日(土)その4 Vol.5545

竹田に卓上で、珍しく助けられ、命の恩人。
次局、爆弾組の一番乗りの芹澤くんが来たところへ、
「どこか、チームに入りますか?」
しばしあって、
「シャボさんチームに入ります」
ウータン、シャボ、俺と、芹澤が卓を囲む。
小さい場ながら、芹澤くんと、俺が浮く。 そこで、芹澤くんのリーチに、 筋の4ピンを打つと、 2ピンアンコの4ピン単騎で当たる。
2ピンがドラで、満貫放銃。 いい当たりだ!!
芹澤くんの爆弾解除一番乗りが、目の前の一局で、 シャボがリーチをかけて、タイマーが鳴る。
俺の手は、ツモると三暗刻で、 俺がトップになっちまうから、
「危ない、ツモりたくない。  誰か出してよ」
その前に、シャボ、 このリーチ、ダメだわ、 とほざいてたのによ、 俺が切った6ソを当たる。
シャボのロンの声に、隣で打つ恒や、小鉄が、
「エッ!!」
という顔して振り向く。 当然、同卓していたウータンも、 びっくらこいた。
シャボ親分の芹澤子分へのだまし討ち。 汚ねえ一手を、みんなの前で出しちまった。
恩人と、だまし討ちを2局で見ちまった。
当然、ペナルティです!!

         雀鬼




会長、助けられたのは私の方でございます。 和了って頂いてAを回避できました。
(竹田)

諦めの声が聞こえたかと思いきや、 見込み違いでトップになってしまったとか… 勿論認められないですよね。 助けに入ってくれた人を騙し討ち、 シャボさんが持ってきてくれた浪曲にあるような話。 自覚ないとは言え、 自分事に囚われてると、やってしまうのかも。気を付けないと。
(恒)

シャボ親分! こりゃ〜、やっちまいましたな!!
(小鉄)

口は災いの門、舌は災いの根。 竹田さんのおっしゃる通りです。 何より自分の心構えが間違っていました。 会長、芹澤さん、皆さんすみませんでした。
(シャボ)

会長と同卓させていただく時に、 変な麻雀を打ってしまったりすることは僕もあります。 でも、この日のシャボさんよりはましかな?
(ナルコ)

この日はシャボさんと同卓する事が多く、 僕の微妙なアガリや鳴きで、 シャボさんに迷惑を掛けてしまったという気持ちがありまして、 シャボチームに入れて頂こうと決断しました。 まさか最後にあんな事が起きるとは・・・。シャボさん!!!
(芹澤)

■2018年2月10日(土)その3 Vol.5544

道場は週末ってことで、 鬼の竹田と、追いかける側の橋本と牧野の3人が、 電車を走らせている。
平日までの結果を見ると、 百武、宇田川組が、ダントツの71p、 ナルコ組が43p、哲組が39pで、 この追いかけ組3チームは、 鬼側の竹田36p、 シーサー恒、ウータン24p、小鉄7pを、 オール捕まえている。
今、シーサー恒が電車。 最弱の鬼の小鉄に敗けてるのは、 しげる・深山コンビだけかー。

         雀鬼




やばいぞ深山!! 明日は二人で小鉄だけは捕まえよう。
(しげる)

はい!! なる早で向かいます! 小鉄さんだけは!!!
(深山)

橋本さんが強くて、電車走らせるのに苦労しました。 2対1の追いかけっこ、平日だけだと厳しい現状でしたね。 小鉄さんは諦めているでしょうが、 強い鬼を見せられるか、第1週の最終日、見所ですね。
(恒)

シャボさんとこには、負けられねー!
(小鉄)

■2018年2月10日(土)その2 Vol.5543

孫達を見ていると、 学校の成績は中ぐらいでもいいが、 健やかで、周りの人と馴染んで、 好かれる人に育って欲しい、 とつくづく思っちまった。
学問が優秀とて、 嫌な奴に育って行くって、 この社会の縮図だよな。
社会という山の上に登った連中が、 嫌な奴ばっかじゃ、 この世が、良くなるはずがねえやなー。
『昔、昔、あるところに、  その地では立派に成功した方が亡くなった。
 その時、あるおばあちゃんが、
 「あの人に学問がなかったら、   良かったのにね」
 と言った。』
という逸話を、 甲野先生が話してくれたっけ。
俺のお気に入りのお話の一つなんだ(笑)

         雀鬼




この逸話の頃の日本には、 まだ学問に染まっていない人がたくさんいたのだと思いますが、 今の時代は早期教育だとか言って、 早いうちから学問に染まってしまいます。 学問が本当にいいものなら、町中の人はみんな健やかで、 いい人のはずなのですが…。
(ナルコ)

学問と、健やか、どうなって欲しいか、 素直になれば、一目瞭然なんですが、 世間や社会が作った常識って奴は、ほんと影響力が強いですね。 おばあちゃんの心と目を持って、 生きて行きて行けるように、なりたいものです。
(緒方)

■2018年2月10日(土) Vol.5542

久し振りに、我が家の方は、孫が全員集合で、 明るく、元気な笑い声があふれる。 これって、お金じゃ買えないこと。
俺と家人だけの一ヶ月近くは、 一日の内に顔を合わせられるかどうか、 会話もボソボソ、つまんねえんだよなー。
6人が雑魚寝している部屋を、何度ものぞく。 上から順番に眠りについていた。
小学6年の男の孫が、 ジャケットなんか着て入って来た時は、 オッ!!コイツ、結構、着こなしてるなー、と思えた。 小鉄達より、上手に着込んでいた(笑)
あの着こなし、決して親の影響じゃないのは確か。 シャボのセンス、真似したんかな。
俺の服を何着か着せてみると、 もう少し、体が伸びれば、OKって感じ。
着てきたのは安物のジャケットだったが、 俺のちょっと値の張る皮のジャケットとか、 ブランドのジャケットとかも、 中学2、3年になったら、着れそうだった。
この年寄りの服を、中学生の孫が着れるって、 ちょっと、いい線いってるよな(笑)
女子2人は、上の部屋で、 借りてやったビデオ鑑賞。
男の2人は、今日も連泊らしいが、 父親に、もう帰るぞ、と、がなられた兄弟は、 そっちの都合で送る、帰る、となって、 言葉を失っていた。
家の前で、
「さぁ、楽しいお家へ、お帰り」
の言葉に、
「最悪のお家だぁ」
の一言。
何が事情があるのか、わびしいよな。

         雀鬼




従兄弟達との外泊は楽しい思い出として残ってますが、 家が最悪とまで思った記憶ないですね。 父親に納得いかなく家飛び出して、 公園で寝た事はありますが、一時の感情でした。
(恒)

お孫さんとは3才くらいから触れ合わせて頂いていて、 今年はもう中学生に、 そして会長のお洋服を着こなすようになっている、 というお話しを聞くと、 何か感慨深いと言うか不思議な気持ちもします。 会長のお洋服がお孫さんに受け継がれるというのもかっこいいですね。
(シャボ)

子供にとって、「最悪のお家」って・・・。 お孫さん、かわいそうです。 もし自分の子供に我が家がそう思われてたらと想像すると、 やるせないですし、 そうならないようにしなければと、考えさせられました。
(緒方)

■2018年2月7日(水)その2 Vol.5541

田舎の病院へ、 帰りに用水路を覗いたら、 鴨が8羽だけ、鯉も小魚も一匹も姿なし。 その分、すずめの大群が地をつっついていた。
魚達、どこへ行っちゃったんだろうな。
外が暖かかったんで、久し振りの買い物に。 腹が出ちまって、その上、厚着してんから、 ズボンがなかなか、見つからなかった。 70年、腹、出てなかったのになー。
昨日、電話で、小鉄と橋本を加えて、 壮大な夢、野望、野心を思いついた。
物理学と科学の力を使って、 トランプが目指す小さい核作戦。
ならば、こっちもトランク程度の核を作って、 世界の核を持たない、多くの国に、 莫大な金で売り、取引しよう。
雀鬼会は、経済と政治を削ったものを やり続けて来たが、 もうすぐ、30年に至るから、 がらりと変って、 でっかい金儲けしてやろうぜ、 と話しが進む。
その核装置が特別でね。 日本を狙った時だけは、 自爆するように、仕込んである。
東京オリンピックまでに完成させて、 世界のトップクラスが集まったところで、 俺がロビー活動して、営業する。
500兆円を目標にな、計画、実行。

         雀鬼




ウハウハで、笑いがとまんね〜 がっぽ!がっぽ!
(橋本)

雀と言えば、僕も 鳩の大群が地面を突っついているのを見かけました。 あれは、何をしているんでしょうか? 自分の国は安全な装置、 トランプ大統領の仲間達は本当に作ってそうで、なんだか怖いです。
(ナルコ)

夢はでっかくです! これで、名前に恥じぬ、いや、超える事ができそうです。 500兆なんてはっきし言って、余裕ですね!
(小鉄)

■2018年2月7日(水) Vol.5540

紅白戦では、竹田に全敗だったが、 卓球の部では、卓球の王なり、 みんなと対戦したり、 しげるという素敵な対戦相手に、クノイチが加わって、 歌ちゃん、大はしゃぎ。 周りも、うーんと楽しめたでしょう。
下手でも、懸命にやって、 ナイスプレーや、凡ミス、 ボール拾いも絵になるウータン。
何か、今日から、 恒シーサー、竹馬、ウータンに、小鉄が鬼になって、 追いかけっこ試合が始まったらしい。
月曜の初日に、百武、宇田川コンビが、 2人とも電車を走らせて、ダントツ。
4匹の鬼を集めても、24点って、 ゲームになるの?

         雀鬼




週末はしゃいだ余韻なのか、 ウータンが何時もより顔みせてくれてます(笑) それでも、逃げた動物を追いかける企画のはずが、 まだ逃げ出せずにいます。 平日休みダッシュ恐るべしですが、勿論このままで終われません。
(恒)

あんなに興奮したウータンを久々に見ました。 みんな大笑いしましたね! 今月の企画は町田動物園捕物帖。 このままだといきなり捕まってしまう。 ペースアップして逃げろ〜〜!ヒヒーン!!
(竹馬)

檻から脱走した三匹と一人を捕まえよう! というのが今回の企画ですが、 百武さん・宇田川さんコンビが先行して、挟み撃ちの状態になりました。 永井シーサー達は、包囲網を突破出来るでしょうか?
(ナルコ)

皆ウータンが大好きです。 自分はウータンが大好物です(笑) 今月は卓球と共に、 追いかけっこでも盛り上げて頂けたらと思います。 自分も1度はウータンを捕獲できるようにやって行きたいです。 卓球では勝てるので(笑)
(シャボ)

平日ダッシュされると厳しいですが 追いかけっこにならないと困るのでなんとかします。 クノイチ戦は、シャボさん永井さん小鉄が、 八百長、八百長とうるさくて気が散るんですよね。 自分は真剣なのになあ(笑)
(歌田)

■2018年2月4日(日)その3 Vol.5539

今月の企画、紅白戦終了。
ラスト週は白組が圧勝して、 月間、3勝1敗。
タッグ戦も白組が4戦全勝。 リーダー戦だけ、竹田が4連勝で、 白組の歌ちゃん、4連敗。
タッグ戦、トップは、恒・百武の156p。 2位も白組のナルコ・橋本、 3位に単独のリーダー竹田くん。
ビリッケツは、シャボ・牧野タッグ、 緒方一人に敗けていた。
下位チームの深山・哲・芹澤のチームで、 72pの6位入賞はお見事。
個人総合成績では、 竹田・恒・小鉄がワン・ツウ・スリー。 その下に、誠実の男、ナルコがいる。
この4人が、一ヶ月盛り上げてくれた。
試合を早目に切り上げ、 放課後に残って遊べない、 百武・深山・哲・金子・クノイチに楽しんでもらおうと、 卓球王の歌ちゃんに挑んでもらう。
五分五分で終わるが、 歌ちゃん、クノイチ戦では、周りも盛り上がったが、 歌ちゃんが一番はしゃいでいたな(笑)

         雀鬼




ビリは情けないです。シャボさんにもうしわけないです。 レジェンドの歌田さんがはしゃいで元気になってくれたのは、 何よりもよかったです。
(牧野)

卓球に参加させていただき、ありがとうございました。 楽しくていつまでもやっていたいなあ、 と思うのは何故なんでしょうか? 次は歌田さんとしげるさんの対決が見たいです。
(哲)

紅白戦は、一方的な形になってしまい、 終わりとしては、 しぼんでしまいました。 ですが、卓球で、歌田さんが盛り上げてくださいました。 八百長をしてまでの盛り上げよう、そこまでやるか!? と思ってしまうくらいです(笑)
(小鉄)

第1週は互角だったのに、最終的には白組の圧勝! レジェンド歌田さんの下に、 誠実ナルコ、気持ちのある哲、百武、深山と メンツに恵まれたと思います。 紅組は嫌なアヤもありましたし、やむ無しでしょうか。 今週からガラリと変わった新企画始まりますし、 切り替えてやっていきたいですね。 それにしても、ウータンのはしゃぎっぷり、 メンツが大切なんですね(笑) 声が出なくなるほど笑わせて貰いました。
(恒)

紅白戦は、土曜日の時点で勝負がほぼ決まってしまい、 盛り上がりは今一つだったかもしれませんが、 卓球は大爆笑でした。 シャボさん達にいくらからかわれても、 どうしてもはしゃいでしまうんですね、歌田さん(笑)。
(ナルコ)

全体でのラスはカッコ悪く、 情けない結果になってしまいました。 自分も企画を盛り上げる1人になれるよう、 やって行かなければと思います。 ウータン、素直に言っちゃいましょう、 クノイチ戦が一番楽しいって(笑)
(シャボ)

卓球楽しませていただきました! シャボさんの名前が出た瞬間からのウータンは強かった・・・ クノイチの時と表情から何から全部違うんだよなぁ、 はしゃいでたなぁ笑 次もどんな手を使っても勝ちにいきますので、 よろしくお願いします。ありがとうございました!
(深山)

■2018年2月4日(日)その2 Vol.5538

山へ入れば、ヘビ、 海へ入れば、うつぼを食っていた野生の男、 田口が久し振りに、奥方とお子を連れて、顔を出す。
小僧だった田口も、 パパをやるらしい(笑)
今いる道場生には、 子供を持っている者は居ない。
俺、麻雀を打ってる割には、子煩悩だったから、 母親の姿から習えた子育て、っていうか、 赤ちゃんのめんどうは、しっかり見たよ。
家人と俺で、ハイハイさせて、 こっちこっちよ、と呼ぶと、 俺の方に来てくれたっけな。
パパとママの協同作業じゃなくってよ。 可愛いから、一日おきに仕事は休ませてもらって、 オムツや哺乳瓶を持って、 動物園を始め、色々なところへ連れてった。
車はねえのに、よく歩いたもんです。

         雀鬼




田口さんに似ずにとっても可愛い赤ちゃんでした(笑)
(竹田)

嫌な物ぶっかけて、バックレする者が居たかと思えば、 懐かしい顔ぶれの方が来てくれるもんですね。 たまには顔出してくれそうで嬉しいです。 会長の子育ての話、とても真似出来ませんし、 勿論苦労もあるんでしょうが、 どんな喜びがあるか、経験してみたいです。
(恒)

田口さんなら体を使ってたくさん遊んでくれそうですね。 女の子なので、 田口さんに似ない方が良い事が多いような気もしますが(笑) 会長の子育てのお話しやお孫さん達と触れ合わせて頂き、 楽しさや喜びを感じさせて頂いていますが、 実際は大変な事が多いと思いますけど、 自分もいつか父親になりたいです。
(シャボ)

家族でお邪魔させていただき、ありがとうございました! 会長にして頂いた事を思い出して、 父親としてやって行きたいと思います。 本当に久しぶりに顔を出させて頂いたのですが、 居た場所が変わっていないことは、 とても幸せなことだと思いました。 またお邪魔させて下さい。ありがとうございました!
(田口)

■2018年2月4日(日) Vol.5537

気分がすっごく悪いことが起きれば、 何かで、その気分を変えればいい。
散々、世話になって、さぁー、と裏切る者。
ならばと、しげると、歌ちゃんの 五分の楽しい卓球を見せてもらう。
戦争が平和になれた。
その後も、楽しんでる奴に混じって、 しげる、小鉄、シャボと、 朝まで卓球やって、気分直し。
やけ酒飲むより、 こっちの方がましだよな。
真冬なのに、東の空の雲間が、 うっすら、明るくなる。
この時間、健康を維持するために、 御老人が、朝の散歩をする姿を見るが、 こちとら、不健康。
体を動かすのは、何かと好むが、 健康のためは、 良いこと取りで、ダメなんだよな(笑)
家へ着くと、廊下が長く感じられたが、 体の芯から、温まってたのか、 いつもの寒さは感じない。
低温体質には、 シャボ、小鉄、効いたよ。
遊んでくれてありがとう。

         雀鬼




こちらこそ、遊んでいただいてありがとうございます。 会長とラリーをさせていただいて、 キャッチボールができている感じも嬉しかったです。 実際のキャッチボールはダメな分、より思いました。
(小鉄)

早朝散歩より早朝卓球ですね(笑) 体を動かしながら笑いがあって、朝まで楽しかったです。 やけ酒なんか飲むより、心身共に気持ちが良いです。 朝まで遊んで頂き、こちらこそありがとうございました。 小鉄と共に会長のお体を暖められる薬になれたのなら、 本当に良かったです。
(シャボ)

■2018年2月3日(土)その5 Vol.5536

いや、朝6時になっちまったよ。
早矢香のサイン入り卓球台で、 気分がいいもんで、卓球を楽しんじまった。
スポーツは昼やるもの。 ところが、ここじゃ、 深夜から、朝までやっちまうんだから、流れだよな。
卓球をやると、何故か、平和を感じる。 痛くも、苦しくもないからかなー。
歌ちゃんと、恒は落ちていた。 彼等は年だからね。
俺か、俺はボロボロだい(笑)

         雀鬼




特に後半は落ちてばかりでしたが、 苦手だった人達の上達ぶりはうっすら分かりました。 置いていかれるじゃないかって危機感はあります。
(恒)

朝の6時なんて、今まで記憶にないです。 仕事なら死にそうになってしまいますが、 なぜこんなに楽しいでしょうか。 おかげで良く眠れました。
(しげる)

こんなに、遅くまではいつ振りでしょうか? 楽しくて、「もっと」が過ぎました。 すみません! でも、シャボさんが1番悪いと思います(笑)
(小鉄)

ウータン、しげるさん組とのコンビ戦で始まり、 途中、しげるさんと自分に、会長が修正を入れて下さり、 苦手だった卓球が皆と戦えるようになり、楽しみが増えました。 ウータンにも勝ちましたし(笑) 朝までの平和の祭典、お疲れ様でした。
(シャボ)

■2018年2月3日(土)その4 Vol.5535

今日も打たなかった。 日曜以来、卓に入ってない。
原稿一本仕上げている内に、
「丁度、時間となりました」
なんか物足りない。
一つ一つが間に合わなくなっているのかも知れない。 間に合わなけりゃ、ただの間抜け!!
なんもやらねえのに、 しげるが買って来た、俺の好物の桂花ラーメンを、 これから、頂いてもいいんかな(笑)
淋しいっていうか、悲しいことだが、 名門・木の子荘から破門者が出た。
男の生き様を勘違いして、 俺を始め、表立った者に背を向けて、 ムカつき振りを流していた。
頑固もん同士のふれあいの果。
とっとと消えろや!!

         雀鬼




淋しさ、悲しさは大きいですが、 会長、永井さん達に負担が全部いかないよう、 やっていきたいです。 もし戻ってきたら、張り手もありかな。
(BIG)

一番近くにいた者として、情けなさと申し訳なさを感じます。 手遅れですが、いつか自分のやった事を理解出来たら・・・ 自分にとらわれて、仲間を思えなくなったら道場では通りません。 何時まで出来るかですが、気を引き締めて建て直しです。
(恒)

(金)に会長が道場に電話してくださったとき、 破門の件を聞きました。 「大将の恒なんて、悲しいなんて言ってられないんだよ」 会長はそうおっしゃいました。 破門者に引きずられるのではなく、 心ある皆さんと道場を大切にしよう、と思いました。
(ナルコ)

なんでだよ!という思いです。 長く触れ合ってきた根っこの大切な事が違ってたのが虚しいです。 すみません。
(小鉄)

道場は仲良しこよしの、なあなあの友達の集まりではありません。 しっかりとした掟があり、 その中で、色々な学びや触れ合いがあり、 その中で、信頼感、感謝心、大切心が根底にあります。 去る者追わず、大切なものを見失わず、 やって行かなければ、と思います。
(シャボ)

■2018年2月3日(土)その3 Vol.5534

中邑真輔が新日本から移った、 WWEというプロレス団体。 俺もアメリカで一度、テレビでWWEを見たっけ。 なんと全米で1400万人に視聴され、 世界170ヵ国で放送されているらしい。
そのリングで、 真輔のキャラクターとパフォーマンスが受けて、 でっかい大会で勝ち残ったらしい。
アメリカ四大スポーツの一つと言われるプロレス。 4月8日には、WWE最大の祭典、 レッスルマニア34大会で、 ヘビー級王者に挑戦出来るとこまでやり通した。
余談だが、スポーツ新聞で、 俺の師匠というコーナーがあって、 真輔の師匠は、猪木でも藤浪でもなく、 俺だった(笑)
真輔は、プロレスだけでなく、 ガチもしっかりしていた。
あの猪木に、ガチでやろうと呼びかけたが、 さらりと避けられたっけ。
俺の外部の方々は、どんどん伸びている。 その分、俺の方は、落目、落目を感じている。

         雀鬼




真輔さんと会長が新必殺技を開発する姿、 真剣に会長のお話を聞く姿、 素敵な笑顔のお2人、などなど、 真輔さんの姿から、 会長のことを本当に師匠だと思ってるのが伝わってきます。 真輔さんの新聞記事を、自分は、いつも楽しみに読んでますし、 日本人初の今度のレッスルマニアもどうなるのか、楽しみです! フレー!フレー!真輔さん!!
(緒方)

本当、凄いことです!! WWEでチャンピオンになれば、 プロレス界で、世界ナンバーワンのスターです。 会長とご縁のある方々が、 オリンピックメダリストになったり、 世界のトップで闘ったり、 やっぱり、凄い!
(シャボ)

■2018年2月3日(土)その2 Vol.5533

孫の兄弟が、昨年は、毎日、我が家で食事して、 ゲーム等で遊びきっていたが、 今年の一月は、一回も顔も見せない。 引っ越しちまったか、と受け止めていた。
それが突然現われて、 友達と遊んでいた、と親は言うが、 子供達同士で遊ぶのが本当。
親や先生のもとで遊ぶのは、 管理の中のお遊び。
そのせいか、小鉄をつかまえて大爆発。 小鉄一人、何故か、兄弟にボコボコにされている。
これを裏表と見るか、 臨機応変と捉えるかの境目である。

         雀鬼




2人の大爆発にビックリです! 子供達の全部をそのまま出せる道場で、 日常で管理されて、溜まってしまった物を出してたんですね。 あの笑顔を見ると、こっちが、本当の姿だと思えます。 でも、○○○ばかりを狙われていた小鉄さんも、 子供達の笑い声に囲まれて、本当に嬉しそうでした!
(緒方)

管理から解放されたエネルギーの爆発、半端なかった〜!(笑) こんなエネルギーを普段、ずっと、抑えてると思うと…。 お父さん、お母さん!解放してあげてください!キツイです(笑)
(小鉄)

■2018年2月3日(土) Vol.5532

緒方がいて、ナルコ、一人だった。 待ちぼうけ。
そこへ竹田がやって来たが、 3人じゃ出来ないのが麻雀。
ごめんね、ナルコ。
恒に用があって電話すると、 カラオケで、ボーイ(?)を唄っていたらしい。
ならば小鉄は、12時少し前なのに、 まだ会社で仕事、大変だあ。
昔の会社員さんは、 5時にカバンを持って、帰宅出来た。
初めて坪子のママにも電話。 びっくりして、
「私、何かやっちゃいました」
そんなんじゃないよ。 すぐに山田マネに代わる。
男同士の声の伝達、ただ、それだけ。 頭は弱いが、氏本が山田の側に居てくれた。
「ありがとうね、氏本」
一ヶ月に、休みは一度だけの氏本らしい。
馬鹿じゃなけりゃ出来ねえこと。 でも、かっこいい。義を感じる。
ナルコ、待ったまんま、 遅い時間に一人帰る。
ごめんよ、ナルコ。 みんな俺が悪いです。
社会の状況が一気に変って、 人の思考も心持も変っていく。
淋しいっていうより、 つまんねえよな。

         雀鬼




会長いつもありがとうございます。 月一回の休み、今の自分のモチベーションとなっています。 道場でまだまだ、学ばないといけないことがたくさんありますし、 マネージャーからたくさん頂いていて、指導して下さり、 身につけていきたい事があります。 道場は一般の社会なんかには絶対に無い楽しみがあり、 これからも大事にしたいです。 マネージャーこれからも宜しくお願い致します。
高槻塾 氏本正逸

ナルコさん、すみません。 こんな時期だから、ご近所組でしっかり連係とるべきでした。 ボウイは学生時代にはまったバンドで、 会長から言葉が出てちょっと嬉しく思ってしまいました。 昔の良かった物に触れたかったんですが、 やっぱりスッキリしないです。
(恒)

あと一人待ち〜は本当にもどかしい! 仲間の大切さを思います。 高槻20周年の際、会長が気持ちがあると仰られた氏本くん。 月1休み、年間353日来塾!凄すぎる!!
(竹田)

氏本さんは凄いですね! 僕なんて、今週は二回も休んでしまいました。 (金)の待ちぼうけは、その報いだと思いました。 頭のいい小鉄さんは、夜中まで会社でお仕事。頭が下がります。
(ナルコ)

ナルコさん、すみません〜。 ご近所組の皆さんが、それぞれに色々かぶってしまいました。 ご近所組の方々に頼るだけでなく、 みんなで埋めていけるといいのですが。
(緒方)

ナルコさん、すみません!間に合って無いです。 こんな風にならないように、間に合わせるようやっていきます。
(小鉄)

■2018年1月31日(水) Vol.5531

シャボが入って来るなり、
「皆既月食です」
の声で、外に出て、真上をのぞくと、 少しずつ月が欠けている。
我々は何故か、月を好む。
バン、と輝いたりせず、 遠慮するように顔を出したり、 型もそれぞれ、満月もあれば、三日月や受け月もある。
たいがいは、月が出ても、 雲の影響で隠れることもある。
自然だよな。
だがな、太陽と月と地球の位置関係で、 光っていた月が徐々に欠けてく、 残った月の蔭がうっすらと見える。
道場の外の寒い中、みんなして天を仰ぐ。 寒い!!
その姿を見て、人の生命の終わりや、 子供の頃にあった明るさや、元気や、心が、 大人になって、削られていく今世を思っちまう。
でもな、月は人間より、ずっと前から存在しただけに、 人間は落ちていくばかりだが、 お月様は、一時間後ぐらいに、 又、元の姿に戻り、暗い空を照らすらしい。
情報や知識がなかった頃、 月明かりで暮らしていた昔々の人々は、 あの現象を見て、何を感じたんだろうなー。

         雀鬼




月明かりで暮らしてた人は、 パニックになるんだろうなって思いながら見てました。 本来の自然は循環して、元に戻ったりするんでしょうが、 人間は泥沼に浸かって抜け出せなくなったりします。 損得、しがらみを捨てられたら良いのにって思ったりします。
(恒)

黄色く輝いていた月が、徐々に光を失っていく様は、 見ていて少し怖い感じがしました。 昔の人々なら、不吉なことの前触れだとか思うかもしれませんが、 僕たちのそばをすれ違っていった人達は、、 月には見向きもしてませんでした。
(ナルコ)

毎日形を変える月は見ていて飽きないです。 欠けてはまた満月に戻る月。 中秋の名月や皆既月食、皆で見ながら、 その時々で季節感や日本人らしさ、 太古の時代まで思いを馳せる、やっぱり自然は凄いです。 自分も含め、 今の人間は不自然なものになってしまったなぁと思います。
(シャボ)

■2018年1月28日(日)その3 Vol.5530

♪♪情には薄いが、義理には強い♪♪
8時過ぎだったか、 シャボが持って来てくれた浪曲を道場に流す。
俺には、話のなり合いが、ギューッと入って来たが、 多分、今の若い子には、その良さが分からない様子。
そりゃ、そうだ。 竹田時代のように、
「情をくれるより、金をくれ」
の時代。
損得の、得にもならないお話を聞いたって、 ピンと来ねえよな。 時代、時代の感性がある。 違って当り前だよな。
いいんだよ、 無理に合わせなくともな(笑)
紅白戦、前週、完敗した紅組は、 リーダー対決、竹田が3勝目、 ウータン、今週完投したのに、あの竹田に全敗。
その上、タッグ戦、一番下のタッグ戦は、 千葉から、セコ電車に乗って来た板倉に、 橋本、百武が敗けて、紅組が一勝。
先週、全敗したタッグ戦、 シャボと小鉄のギスギスコンビも、 白組の哲&のんべぇ組に勝利。
しげる得点王コンビに、 大将の恒と深山が敗けて、紅組3勝。
先週の敗北を一発で返した。 白組はタッグ戦で、ナルコの組が勝っただけ。
総合得点も、紅組370対258で圧勝。
タッグ戦トップは、 ギスギス組、小鉄が久し振りに、勝利者。
ありえねえ。
2位が竹田リーダーと、しげる組。 ラスは10番手で、百武、橋本組の42p。

         雀鬼




「時代、時代の感性がある」でしょうが、 浪曲の昔の良さ、義理人情こそ道徳で教えてもらいたいです。
(牧野)

浪曲を聞くと、お金に執着せず、 義理人情を大切にした人々がいて、 今のお金第1主義時代の人より魅力的で親しみが持てます。 ウータンが毎日来てくれました。 それだけで十分良かったと思えました。

(竹田)

浪曲は一回聴いただけでは、理解出来ない所もあるんですが、 じーんとくる所あったり、思わずにやけそうになったり、 楽しませて貰ってます。 紅白戦、セコ電にやられて、 タッグ戦負け越したのは白組として痛いです。 今の弱い道場生の現状なんでしょうが、 ラスト一週、負けはしても厳しい中で動き出したウータンと、 盛り返していきたいです。
(恒)

今回聞いた浪曲は 今の道場でのことと重なる形で、考えさせられました。 本当に、こういった、チーム戦で、勝ったのって 何ヶ月ぶりで、覚えてないです。(笑) シャボさんとのギスギスが少なめだったせいでしょうか?(笑)
(小鉄)

時代や環境によって、 育まれる感性や生き方の違いは確実にあると思います。 浪曲を聞いているとかっこいいなーと思い、 登場人物や時代背景に興味が出てきます。 今週はなかなか力になれず、 小鉄とあまりギスギスできなかったのが心残りですが(笑)、 勝利できて嬉しかったです。 そしてこのまま終わるウータンではないはず、 竹田さんとの帰りの競争のようなデットヒートを 最終週に見せて頂きたいです。
(シャボ)

浪曲は初めて聴きました。 普段聞き慣れない言葉使いや節回しで、 正直分かりにくい部分もありましたが、 所々面白味を感じる事も出来ました。 日本の昔ながらの物を今更になって初体験出来た事に、 新鮮さと少しの淋しさを感じました。
(セコ電板倉)

■2018年1月28日(日)その2 Vol.5529

初日から目星をつけていた、 若手の下の方の番付に貼られた2人のお相撲さんが、 敢闘賞を取っていた。
相撲ぶりは分かるが、 名前はおぼつかない(笑)
道場では、15日間の相撲を取ったら、面白そう。 俺、病気持ちの爺ちゃんだが、 出ると敗け、っていうことだけはねえな。
多分、橋本、しげる、牧野クラスから、 3つの星を取れる(笑)
シャボ、恒、小鉄、緒方っていう、 三役クラスが優勝争い。
一番、一番、取っても、 勝ち越しは、ちと難しい(笑)
逸ノ城クラスの歌ちゃんもいるし、 背が高いBIGの張り手も恐ろしい。

         雀鬼




取り組みに入れて頂き、ありがたいです。 体使いの中で吹っ飛ばされると楽しくなってきます。 張り手については、他にふさわしい相手がいるので、 そっちの取り組みで使います。
(BIG)

自分は会長どころか誰にも勝てないです。 相撲は深いです。 BIGの張り手は恐ろしいですが、いつかはかわしたいです。
(牧野)

現状では麻雀より、相撲の方が盛り上がるかも知れません。 でも、優勝は決まってます。 3役クラスでは話になりませんので… 本職の横綱クラスとの取り組み見てみたいです。
(恒)

15日の本格的な相撲は面白そうです! 会長が出ると敗けってことは、ありえないです。 むしろ…。 準優勝目指して頑張ります!
(小鉄)

道場で15日間、相撲をとったら百番くらいはとれそうですが 自分では星3つとれるかもわかりません。 組めば相手がどれだけ強いかわかりそうなものですが、 わかんない人もいるみたいです。(笑)
(しげる)

次は負けないぞ〜(笑)
(橋本)

変にトレーニングしたり、小手先の技術を覚えたりしないで、 見ていてかっこ良いと思えるお相撲さんになって欲しいですね。 道場相撲には色々なタイプがいて面白いですが、 15日間…全勝優勝と休場者が出そうですね(笑)
(シャボ)

15日の相撲には自分も参加したいです! 道場の三役クラスには適いませんし、勝ち越しも厳しいと思います。 それでも胸借りるつもりで、良い取組が出来たらな〜と思います。
(カマボコ)

■2018年1月28日(日) Vol.5528

横綱・鶴竜が10連勝して、 11日目に土がつき、 幕内の栃ノ心と並んだ時、
「シャボよ、栃ノ心に優勝させたいよな」
「そうなんですよ」
共感する。
日馬富士だけを責めるのはなんだが、 あの事件の時に、酒の席に居たモンゴル勢と、 石浦には勝たせたくない。
今までは、何となく見ていた栃ノ心だが、 さいとう・たかお さんがゲストに出た時、 ゴルゴ13に、ちょっと似ていると思えた。
組んでよし、押してよしの力相撲なんで、怪我をして、 十両を越えて、幕下下位まで落っこって、 いつ相撲をやめてもおかしくない立場からの優勝、 かっこよかったな。

         雀鬼




幕下まで落ちてから復活優勝は3人しか居ないそうです。 本来なら国技としている日本人から、 こんな話が出るべきだよなって思います。
(恒)

見所が無いなんて書いてしまいましたが、 大ケガから復活してきた栃ノ心関の優勝は、 予想していませんでした。 上位陣の休場があったとはいえ、14勝は凄いです。
(ナルコ)

あの事件の関係者に、 今場所も持って行かれるのはどうなのかと思っていましたが、 栃ノ心が優勝してくれました。 大きな怪我を乗り越えての平幕優勝、 周りで起きている事にも動じず、 最後までしっかり相撲を取りきってかっこ良かったです。
(シャボ)

■2018年1月27日(土) Vol.5527

「会長だよ」
と電話を入れる。 すぐに返った答えが、
「助けて下さい」
だった。
独立した長年の付き合いのある謙が、 たった一人と、オマケの女の子とで、 我が家から遠い所で、店を開いた。
大雪の日はともかく、 今日も客は一人ぐらいで、暇疲れしてやがんのか、 と駆けつけてみれば、 本日、客は俺一人だけだったらしい(笑)
なんか、淋しさを感じて、
「イヨ、隣のピザでも食うか」
てことになる。
正直、俺はめったにピザは食わないし、 手を出しても、一枚程度だったから、 食えねえかもしんねえな・・・。
女の子が隣にメニューをもらい行って、謙が決める。
「薄いやつがいいですよ」
「そうだね」
なんと、一枚頼むと、 もう一枚オマケがついてくる店頭買いシステム。
熱い内に食おうぜ、 と薄くて、一口サイズに切られた方から、 食らいつく。
俺が食っちゃ、 後ろで作業している謙の口に突っ込む(笑)
なんか、それが楽しくなって、 3人で一枚目をペロリ。
2枚目は少しでかいので、 先っぽの方を俺の口に入れて、 2/3はある、でかい方を謙の口へ、 入り切れずに、口からはみ出している。
普通、床屋の中で、これ、やらねえよな。 3人して、仕事の手を休めず、楽しく、2枚も平らげる。
俺、初めて、ピザで腹をふくらましたっけ。

         雀鬼




会長が来店してくださり、 僕らの腹減った顔を見て、ピザを注文して頂き、 3人で2枚のピザをペロリとガッツきました!! 会長はあまり口に合わないと思いましたが、 意外や一緒にガッツいて食べてくださいました(笑) ピザを食べながら仕事したのも初めてで、 3人で食らいついて食べたピザは、 いっそう美味しく感じました^_^ ありがとうございます
(謙)

時期的にピークが過ぎて谷間なんでしょうか。 小さい個人のお店だから出来る事なんでしょうが、楽しそうです。 他のお客さん入って来たらびっくりしたでしょうね。
(恒)

自分で店を持つ大変さは僕には分かりませんが、 会長の行動や気持ちに対する嬉しさは、分かります。
(ナルコ)

■2018年1月24日(水)その4 Vol.5526

いや、参りましたね。
シャボが5時間、費やして来て、 一局打とうとしたとこで、 コップが過去の恨み節を述べる。
シンヤや、緒方には、ちょこっと、 ボコられたことがあるらしい。
シャボにも、プールに落とされた、 何年何月何日と、記憶だけは達者。
「やられたら、やり返すのは簡単なんですが」
「偉い、やり返さないって、強いからだよね」
「ハイ、そうです!!」
ならばさぁ、殴り合いはダメだから、 ちょっと、シャボと相撲を取ったら。
勝つ気満々のコップが、 コブシを握り、顔面に力味を入れてるが、 何てったって、構えがクラウチングスタート。 やる前から、こりゃ、ダメだー。
ちょっと待て、コップが自由に、 いいように組んでごらん。
それでも、シャボにオモチャにされる。 ならば、恨みがある緒方をやっつけたら。
これもてんで、相撲にならないのに、 もう少しやれば、勝てるかも、という執念で、 緒方に組みつくが、やっぱり、オモチャ。
「じゃ、この年寄りやるか」
「1mmは押せます。  いや、10cmはいけると思う」
と諦めが悪い。(笑)
体臭が濃ゆいし、めんどうなんで、 一気に押し倒してやる。(笑)
道場で、一番弱いクラスの橋本にも歯が立たない。 それでも、次やったら勝てる、という気持。 ある意味、怖い(笑)
そんなんで、結局、シャボも俺も、 一局も打てずに、一日が終わっちまう。
なんで、久し振りに来たコップちゃんに、 みんな持ってかれちまうんだろうねえ。
まいった、まいった。(笑)

         雀鬼




勘違いや思い込みの怖さ、 辛かったことよりも楽しかった思い出や、 して頂いたことへの感謝の気持ちに目を向ける大切さを学びました。 ありがとうコップ。
(竹田)

心意気は悪くないかもしれませんが、 現実がみえてないというか… 次はもっと時間がある時にでも挑戦して貰えたらと思います。
(恒)

皆様貴重なお時間有難う御座います。 自分はいるだけで秩序を乱す人間なんだと再度実感しました。 過去を根に持つというのは神経質なのもあるのですが、 「俺達には明日がある」と時間を軽くみているから、 過去未来にばかり意識が行くせいもあると思いました。 その過度な執着が相撲・麻雀の弱さにも出ていると、 色々勉強になりました。
(コップ)

コップは、変だし、危ないとこもあるし、においもあるし、 自分達に恨みもあるみたいですが(笑) 別に悪い奴じゃないし、道場では嫌われてはいないです。 とはいえ、往復10時間のシャボさんが、 一回も打てないなんて・・・。 どうして、こうなってしまったんだ!(笑)
(緒方)

この日は、放課後の時間が早く始まった感じで、 コップにとってはラッキーでしたね。 もう少しで勝てそうには、とても見えませんでしたが…(笑)。
(ナルコ)

まさかコップに恨まれていたとは思いませんでした。 人間どこで恨みを買ってるか分かりませんね(笑) 麻雀には麻雀の、放課後には放課後の 大切さ、学びがあるんですよね。 コップもちょっとは何か感じたかな? 小鉄さん、麻雀一局も打てず役立たずですみません。 小鉄とギスギスしたかったなぁ(笑)
(シャボ)

■2018年1月24日(水)その3 Vol.5525

九時半過ぎに、シャボ登場。
4時間以上、かけてさぁ、 ここに居られるのは、2時間余り。 そして、又、長時間かけて帰るだけ。
今の俺には、とても出来ねえこと・・・。

         雀鬼




シャボさんのように遠方から気持ちや行動を見せてくれる方に、 ご近所組は応えなければいけません。 人それぞれあるんでしょうが、 自分の事だけに捕らわれているのを見ると違和感を感じます。
(恒)

道場へ行けば会長が居て下さり、 いつでも永井さんを始め、ご近所組の皆さんが、 普段から道場を守って、 皆の居場所を作って下さっていることに感謝しています。 道場までの距離はあっても、 気持ちの距離はご近所組でありたいです。
(シャボ)

■2018年1月24日(水)その2 Vol.5524

牧野先生も、
「職場では怒りのポイントに入ってます」
少し安心しちゃったんだけど、
「怒りは、弱者に当らなければ、  悪いものだとは思いません」
これは、今の俺に、ちょこっと来たね。
俺も、出来るだけと、そういう気持があるんだが、 ここんところ、ガキや女に、 怒りが噴き出しちまった。
山の噴火のごとく、 怒っている時は、分からないんだが、 その後の自分を見つめると、 すげえ嫌な気分になっている。
どっかから、
「お前も弱くなったもんだ」
の声が聴こえる。
牧野の場合、生徒達は弱者かな。 上の者ったら、校長とか、教頭、PTA会長、 教育委員会、文部科学省、辺りに、 怒りが出るのかなー。
かっこいい!!

         雀鬼




自分は生徒に怒りが出ることもあるので、 全然かっこよくありません。 自分も生徒に怒って、 後で自分を見つめて嫌な気分になる事もあります。 保身で怒らないようには何とかできてる程度です。 教頭に怒りをぶつけます。
(牧野)

弱い者イジメは勿論駄目なんですが、 男として厳しい姿勢を示すのは悪くないと思います。 怒られても納得感がある、そんな大人になりたいです。
(恒)

■2018年1月24日(水) Vol.5523

月曜日に大雪、 庭に出て、近くの積もった雪の中に、 はしを突っ込むと、20cmぐらい積もっていた。
雪のせいか、寒さを感じて、 暖房の上に石油ストーブをバンバン入れてるのに、 廊下を通って、和室まで行って、 でっかい方のストーブを部屋に加えるが、 まだ寒かったな。
道場に電話を入れると、 あのウータンが車で来ている。
「雪ん中、大丈夫だったの」
「車が四輪駆動なんで、どうにか・・・」
恒や、小鉄もいたが、 電車が止まっちまう中で、百武が来ていた。 帰りが心配でしたよ。
都会は本当に雪に弱い。
大都会を作っちまって、 自然を追い出しちまったから、 大自然の変化にやられちまうんだよな。
ちっと前なら、大黒柱っぽく、 シャベルを持って、庭や我が家の前の通路ぐらい、 雪かきしてたんだが、 今じゃ、外にも出れず、 部屋に篭っているだけの情けなさ。
大相撲を観ていたテレビが、チカチカして、 行司さんの、手をついて、 の声が届いた時だけ、見てたっけ。

         雀鬼




電車は帰りも遅れていましたが、無事帰れました。 地元福岡では雪はなかなか積もらないので、 あれだけ積もると嬉しい部分もあります。
(百武)

雪で早く帰れると、喜んで会社をでましたが、 電車が遅れて予定より1時間オーバー。 自分は家も近いのでやむ無しですが、 あの時間帯に家と反対に向かってたのは、 百武ぐらいだったんでないでしょうか。
(恒)

電車はこないし、止まるかもしれないし、 道路の状態や経験から、これなら大丈夫だなと。 びしょびしょになってしまいましたが、 雪かき、いやじゃないんですよね(笑) 雪あそびしてる感じなのかもしれません。
(歌田)

■2018年1月21日(日)その5 Vol.5522

紅白戦、2週目終了。
4チームのコンビ戦は、白組が4戦全勝だが、 リーダー戦だけは、紅組の竹田が、 心が折れたウータンに圧勝。
コンビ枠では、 恒大将&のんべえが176pでトップ。
ラスは、リーダー単独枠で、 あの猛者だったウータンが取っちまう。
個人ポイントは、 道場を引っ張ってくれている恒大将がトップで、 竹田リーダーが2着。
紅組が、だらしがなく、 接戦もない、一方的な結果じゃ、 盛り上がりようがねえよな。
白組の5番手チームが、下位クラスながら、 深山、哲、芹澤で、100pアップは、お見事。
番付は一番下ながら、 10チーム中、4位って、お見事でした。
チーム的には、恒大将、しげる、ナルコと、 心ある者が、ベスト3に入ってくれた。

         雀鬼




どこも大差がついて消化試合感があり、盛り上がりに欠けました。 それでも、みんな最後まで打ってくれました。 今週は、気合い入れ直して、接戦になるようにやっていきましよう!
(竹田)

先週とは、うって変わって、白組の圧勝! 一番心配していた哲、深山組が、芹沢さん加えて、100up。 なかなか来れる環境になく、麻雀強い訳でもないですが、 気持ちある姿を見せて貰ったと思います。 対戦相手としては、紅組の巻き返しに期待したいですが、 同じ白組として、ウータンの復活がみたいです。 竹田に3連敗する姿はみたくない…
(恒)

チームの相方が百武さんだったので心強かったですし、 水野さんにも助っ人に加わってもらったので、不安は無かったです。 今週は、芹澤さんの電車が光っていました。
(ナルコ)

紅組の完敗。 竹田リーダーにだけ、負わせてしまって、すみません。 3週目は再び、シャボさんと組みます。 ギスギスしながらも(笑)、盛り返したいです。
(小鉄)

しげるさんとの卓球の勢いでさあ今週は! と思ったところで・・・。 折れるまでではないですが、ちょっとがっくりきてましたが、 個人的な問題に食らっている場合ではないです。
(歌田)

自分は、微力でしたが正直嬉しいです。 何より芹澤さんです! 遠方組の心意気を又見させていただきました! やっぱり気持ちいいなぁと思います。
(深山)

■2018年1月21日(日)その4 Vol.5521

牧野先生は器がでかい。
他人から、痛い思いや、 つらく苦しい思いをさせられたとしても、 痛みは感じるが、 決して怒りのポイントには入らない、 とおっしゃる。
俺なんて、 目には目を、歯には歯を、どころか、 この野郎と思ったら、 何倍にもして、思い知らしちまう、性がある。
牧野さんとは、月とスッポンだね。
牧野としげるは、過去に、 静岡の下田と、茨城の日立から、 ほぼ毎日、何年も通ってくれた歴史がある。
誰もが、決して出来ないことを、 この2人は、やり通し、 手本を示してくれた、猛者でした。

         雀鬼




道場では、自分の至らない事が多くて、 怒りのポイントには入らないですが、 職場では、怒りのポイントに入っています。 というより、怒りは、弱者に当たらなければ、 悪いものだとは思いません。 自分は、器は、まるでないですね。
(牧野)

時が経って変化ありますが、随所で見せる存在感、 やり通した方々は違いますね。 何だかんだ突っ込みあったりしますが、 やっぱり顔出してくれると嬉しいんです。
(恒)

かつて猛者と呼ばれ、人としての器も備えた牧野先生。 最近は、牧道山として皆を楽しませてくれます。 でも、僕は、まだ見たことないんですよね。
(ナルコ)

牧野先生が道場で怒っているのを見た記憶はありませんが、 踊っているのは見た記憶があります(笑) 牧野先生も、しげるさんも、気持ちと行動があって、 そこに根性もあるからこそ、できた事だと思います。 自分も先生の器と根性を見習ってやって行きたいと思います。
(シャボ)

牧野先生の怒りどころか、皆に笑を与えているのが凄いですね。 でも、それは、大切心が根底にあるから、そうならないのだと思います。 他だったら、さすがの牧野先生も怒りが湧くのだと思います。
(小鉄)

引っ越ししたーい!
(しげる)

■2018年1月21日(日)その3 Vol.5520

せめてもの平和を感じられる、 しげると、ウータンの卓球は、 シャボの独壇場で、 昔の恋話(?)が、どんどん、飛び出して、ボツ。
そこに居た者は誰も知らない話を、 シャボが良き思い出(?)として、 バンバン、出してくる。
完全なる一方通行(笑)
フランス人形と、 成人式ぐらいの若き青年のロマンス。 でもな、あれ、古典的過ぎるよな(笑)
そのウータン、いまだ現われず。 ウータン、どうした。
リーダー対決で、 元ゾンビ軍の、今二日酔いの竹田に、 大差で敗けている。
歌ちゃんらしくねえよな。

         雀鬼




会長、皆様、重ね重ねすみませんでした。
(シャボ)

シャボさんの恋話、止まらなかったな〜。 本当に好きだったんですね(笑)
(小鉄)

シャボさんが、あまりにも熱く語るので、目が覚めちゃいました。 でも、水着の話は、もう勘弁して下さい。
(恒)

ウータン、頑張って来て下さいね。 僕も二日酔い直します。 今週は良い競い合いしましょう!
(竹田)

遅くなって申し訳ありませんでした。 らしくない・・・ですね、自分でもそう思います。
(歌田)

■2018年1月21日(日)その2 Vol.5519

昔はさぁ、講演会等で、外部の団体さんと触れ合い、 その後、道場に帰ってくると、 色んな奴は居たけんど、 つくづく、ここはいいなー、 と毎度、思えたんだが、今は違うね。
世間の嫌な部分が同じように、ここにもある。
先日、外部の大企業の社長殿や、古武術の甲野先生と、 電話でお話し合いが出来た。
どちら様も、 又、道場へ顔を出します。
いやいや 今の道場は来たって、何んもないんで、 と、やんわり、引き止める。
昔、お付き合いして遊んだ人達とも語ったが、 あの頃は、何をやっても楽しかったね。 全て、いい思い出しか残っちゃいない。
愛って、分かんねえけんど(笑) アイ、ラブ、ユー、と今でも思えちまう。
俺もタフでマメで元気だったからこそ、 良い思い出としてあるんだよな。
65才まで、青春を感じてたもんな(笑)

         雀鬼




僕は多分、まだ青春を送っています。 何歳までそれが続くかは分かりませんが…。 世間の嫌な部分、 持ち込んでいるのは、僕たち道場生です。 失礼しました。
(ナルコ)

道場生も道場外で仕事や家族、人間関係などで 色々な影響を受けるとは思いますが、 道場は会長にとって居心地良い所でなくてはいけません。 自分達が、出来るだけ嫌なものを道場には持ち込まないようにして、 道場にしかない、会長と仲間達との大切な空間を、 もう一度作って行けたらと思います。
(シャボ)

何にもない道場と言われてしまいますが、 心ある行動を見せてくれる方もいます。 そんな仲間と何時まで出きるか分かりませんが、 僅かでも守っていきたいです。
(恒)

■2018年1月21日(日) Vol.5518

昭和20年版の広沢虎造さんの、 清水次郎長伝のCDを、 シャボが持って来てくれる。
俺が幼少の頃、その時間になると、 小っこいラジオに耳が触れるように聞き続けた、浪曲。
俺もガキの頃、その節を習って、 近所に聞こえるように、うなっていた。
近所のやさしいおばちゃん方の、
「しょうちゃん、浪花節上手だね」
に、ヘイ!! と、にこっと笑って、返したっけ。
任侠ものだって、 その後の高倉健のやくざものに続くが、 義理と人情とユーモアがあって、 子供の頃、 ストーリーが俺の思考に食い込んだのは確かだな。
そして、今の俺に至っちまった。
幼少の頃、ピアノを習い、 モーツァルトや、バッハを耳に入れ、 純文学を読まされた人達とは、 子供時代がすでに大きく違ったスタート。
出足が違うんだから、 どうしようもねえよな。
久し振りに我が家でCDを聴いたら、 出足のうなりが終わった、語り調に入った時、 スヤスヤ、眠っちまった。
浪曲は目で見ず、耳で聞き取るものだから、 目を自然につぶってしまうんだよな。
子守唄だったよ、シャボさん。

         雀鬼




浪曲の調子は、聞いていて心地好いです。 自分も子供の頃に聞けていたら、真似していたと思いますし、 もっと男らしさを感じて生きて行けたかなと思いました。 寝るのが苦手な会長にとって、子守唄になって良かったです。
(シャボ)

小さな頃に聞けていたら、 自分にも根っこにもうちょっとましなものが入っていたのかなーと思います。 目で見ず、耳で聞くというのも、男の楽しみ、というのを感じます。
(小鉄)

音楽だと何かやりながらで十分ですが、 浪曲はじっと静かに、周りの音を消して聴きたくなります。 深夜の時間帯では起きてられないのですが…
(恒)

■2018年1月20日(土)その4 Vol.5517

紅白戦、恒が苦悩した割りに、盛り上がってない。
チーム員以外に、紅白で4名づつ、 爆弾を抱える者がいる。
一番に、江戸時代の人が解除して、次々、解除。 残る金子のオジキが今日、8番手で、全員解除
昨日なんか、そのメンツの中の一人である芹澤が、 日毎のトップ点数を上げている。
これって、結構お見事。
13日間終わって、 小鉄なんか、一日もトップ点日がない。
カマボコと小鉄が可愛そう。 みんな、弱い者いじめすんなよ(笑)
もしかしたら、今日の放課後、 ウータン対、しげるの卓球の平和の祭典が見れるかも・・・。

         雀鬼




やった〜!オジキの解除で全員爆弾解除! ちょうど2週間でのスピード解除でした! 小鉄さん、・・・そろそろお願いします。
(竹田)

面白いとの声も聞くのですが… もう一工夫、見直しが必要なんでしょうね。 久しぶりの爆弾、全員が無事解除! あっさりだったからか、 負担より楽しんでくれたのは良かったです。
(恒)

2週目で、全員爆弾解除! 金子さんは、最後まで引っ張るかと思ったのですが(笑) 日間ポイント、どうにかします!
(小鉄)

平和の祭典の興業は、 シャボさんの話しが盛上がり過ぎて延期になりました。(笑) 紅白戦何とか、紅組も竹田リーダー以外で一矢報いたいところです。
(しげる)

会長、ウータン、しげるさん、 放課後残った皆さんすみませんでした。
(シャボ)

■2018年1月20日(土)その3 Vol.5516

テレビは、ほとんど見ないが、 忘れなければ、大相撲だけは見る。
相撲界も荒れちまって、 4横綱の内、3人が出場していたが、 張り手と、かち上げを止めた白鵬が、 初日から弱い姿を見せて、休場。
続いて、久し振りに出た、 日本人横綱の稀勢の里に限って、5場所連続休場。 怪我っていうより、確実に弱くなっている。
情けないっていうか、 恥ずかしくないのかなー。
この頃、相撲の取り口が余り面白くないんで、 客席に目が行くと、 観戦に来ている中高年の男性の人相が悪く見える。
まぁ、他人様のことを、 言える立場じゃないですけどね。(笑)

         雀鬼




大相撲初場所、あまり観ていません。 白鵬関、稀勢の里関がいないと、見所が無くなってしまいます。
(ナルコ)

以前は強い姿を見たくての相撲観戦でしたが、 今は若手の活躍の方に目がいってしまいます。 そこから強い横綱が生まれると良いのですが…
(恒)

力士を含め、 相撲界も見る側も変わって来てしまっているのでしょうか。 テレビを見ていても、酷い野次や指笛のようなものが聞こえると、 何かガッカリしてしまいます。 相撲が本当に面白かった時代を知っている会長からすると、 今はちょっと退屈に感じてしまうのかなと思います。
(シャボ)

■2018年1月20日(土)その2 Vol.5515

夕暮れの空に、受け月が低いところに出ていた。 正月以来、来ねえなー、と思っていた、 孫の姉弟が顔を見せてくれた。
それだけで嬉しかったのか、 言葉がやさしくなれた。
孫娘と、2人して、 名古屋の社長さんが送ってくれた、 マヌカのハチミツを大さじに盛って、 ゆっくり、なめまわす。
「ちっとだけでも、おいしい」
と孫が嬉しそう。 孫のおかげで、20日間の拘留が解けて、 シャバに出られた。(笑)
その孫達に問う。
「ねえ、正直言って、  ジージにむかついた時って、あったかい」
「やってもらってばかりだから、  そんなのないよ」
良かった。 俺、嫌われ者じゃねえのかなー、と思うことが、 この頃、度々あるんでね(笑)
俺だって、時折り、相手の態度次第で、 切れたり、ムカつくこともあるもんなー。
もう一つ、気になったことがあって、 君達、学校で、先生にどう呼ばれてんの。
下の名前でだいたい呼ばれ、 「さん」はめったにない、という。
少し、安心したなー。 やさしい孫にすくわれた。
彼女が大人になると、 やっぱ、変わっちまうのかなー。

         雀鬼




いっぱい貰ってきたはずなのに、 感謝心を忘れて、嫌な物にとらわれる、 年を取るとそんな傾向になりやすい気がします。 嫌な物は流して、純粋な気持ち持っていたいです。
(恒)

会長にそんな風に思うなんて…。 解せないです。
(小鉄)

会長に対してはありえませんが、 誰でも状況によって、 瞬間的な怒りやムカつくような事はあると思います。 その時に済ませると言うか、 そういう気持ちを流せればよいのですが、 いつまでも腹の中に持ってるもんじゃないですね。 人間的に大切な子供時代に、 会長とたくさん触れ合えたお孫さん達は、 大人になっても大切なものは失わないと思います。
(シャボ)

孫娘さんが、大人になって、変わってしまっていたら、 多分、自分はショックですね。 そんな風にはならないで欲しいな〜。 今のまま、スクスクと、明るく元気な大人になって欲しいです。
(緒方)

■2018年1月20日(土) Vol.5514

ずっと前、左足のかかとを砕いてしまった時、 痛みも出て、まんまるに腫れたんで、 病院に行って、レントゲン撮ったら、 明日、手術しましょう。 このままじゃ、歩けなくなりますよ。
そうですか、 とキャンセルしちまって、そのまんま。
だましだまし歩いていたけんど、 この年齢になって、 歩いたり、階段を登ったりするのが、 ダメになっちまっている。
右手の薬指と小指を折った時も、手術せず、 そのまま、総合格闘技のリングドクターに、 ギューギュー、ギシギシと、どうにか入れてもらった。
右手は牌を持つ、大切な指、 ダメですね。

         雀鬼




写真のように、人の体を調整したり、 骨が折れてもそのまんまだったり…。 僕にはとても、真似出来ません。
(ナルコ)

全身、古傷だらけで、あちこち痛みもあるのでしょうが、 多少、歩くのが厳しそうかな〜程度で、 済んでいるように見えてしまいます。 体の使い方一つで、カバー出来てしまう会長ならではですね。 普通の人なら、とっくに歩けなくなってると思います。 いや、普通の人なら、その前に手術ですね(笑) 病院グッバイも、会長ならではですね。
(緒方)

■2018年1月17日(水)その2 Vol.5513

昨晩、
「明日、病院よ」
「ウへェ、嫌だわな」
2ヶ月に1回の都心のホテル内の特診へ。
毎度の検査を終えて、検査結果待ちの間に、 近くのレストランに3人で入る。 昼なんで、オムライスあたりが的確なんだが、
「ネェ、ネェ、たまには、  表の看板に出ていたステーキ、  一つだけいってみるかい」
最初にテーブルに乗ったパンとスープ。 ふと、周りの空気を感じると、 海外旅行でのレストランていう感じ。
スープもパンも美味かった。 ウエイターに、グーと、一本指を立てる。
正直、それ2つで、ごちそうさん。 そこへ、オムライスにステーキが来る。 思った通り、その肉は、アメリカかオーストラリア食。
「これ、OGですか」
「ニュージーランド産です」
同じじゃん(笑)
一切れ、小さい奴を味見。 その通りの味。 日本のいつも食する牛の味がちっともしない。
かむ、かむ。 20分ぐらい、ガムを噛んでいる感じ。
でも、いいんです。 ちょっとした、海外を思い出せたんで。

         雀鬼




僕が食べれば、普通に美味しい料理なのでしょうが…。 本当の牛の味って、どんな感じなんでしょう?
(ナルコ)

ニュージーランド産はマヌカハニーだけ!(笑) 牛肉は会長には厳しいですね。
(シャボ)

■2018年1月17日(水) Vol.5512

俺の部屋に隠しカメラがあるんかなー。
だってさぁ、甘党のオレが、 ベッドでハチミツを美味そうになめているでしょう。 後少しで無くなるなー、となった時、 毎度なんだが、そのタイミングを計ったかのように、 ある大企業の社長殿から、 お代わりのハチミツが届くんだ。
観られてるのか、偏微分で計算しているのか、 見事な指し手です。
その社長殿から、 社内報の新年最初の、 社長殿のお言葉が掲載された小冊子も、 一緒に送られて来た。
どうも、社長殿、 昨年、3人の超一流の方とお逢われたらしいが、 他の方は、ともかく、俺は何事もドシロウトですから、 ここは、社長、間違っています、ミスですよ(笑)
3人の共通点について、 6つのことを述べられていたが、 6番目の締めの言葉が最高!!
「差別しない」 ・ ・ 『お金はあまり持っていない』
落語じゃないが、落ちがお見事。 このお言葉、初対面の時もおっしゃった(笑)
こういうところが、社長の魅力なんでしょうね。 嘘がなく、地でね(笑)

         雀鬼




読みながらニヤっとしてしまいました。 こんな風に表現された方、初めてじゃないでしょうか。 自分の会社の社報も、もう少し味があったり、 素だったりしてくれたら読みたくなるのに…
(恒)

お金を得る力があっても、あえて使わず、溺れない。 本当に会長は凄いと思います。
(竹田)

清川主任と宮古に、 物資を届けに行かせて頂いた時の事を思い出します。 あの時も、会長がトラックに乗っておられるのでは? と思うくらいピンポイントで連絡を頂きました。 相手を想っているから、 通じるモノや見えてくるモノがあるのかも知れません。 最後のお言葉流石ですね。 上に立つ人が、 遊び心や、社長さんのようなセンスがある方だと嬉しいですね。
(シャボ)

■2018年1月14日(日)その4 Vol.5511

チーム対抗戦、一週目、 チーム総合点は、 ウータンチーム、620対、 竹田白組軍、582で、白組1勝。
リーダー戦は、紅組の竹田が1勝。
チームコンビ戦の4試合は2勝2敗だったが、 リーダーの1勝分だけ、紅組の勝利。
コンビ戦、トップチームは、 白組の恒大将と、のんべえ番長組が、 196pで圧勝。
2位も白組のナルコ、橋本コンビ、 3位に紅組の小鉄、シャボコンビ、 ダンラスは10番の哲、熊コンビ。
個人では、竹田リーダー、 コンビでは、恒、のんべえコンビが輝いたね。

         雀鬼




竹田リーダーが勝って盛り上がったのは、 いつ以来でしょう。 これで対抗戦の楽しみが増えました。 実力的に落ちるチームには、 助っ人が気持ちを持ち寄ってくれて、 にぎやかな枠になりました。
(BIG)

チームの2トップでのコンビなので、負けられないです。 対戦相手がシャボさん、小鉄と、麻雀の相性悪いお二人なんで、 あまり負ける気がしなかったですが(笑)。 対抗戦としては、ほぼ互角で面白いですが、 今度は違う人が輝いてくれると嬉しいです。
(恒)

竹田リーダーが、あのウータンに勝利!! 日曜日は取れないと言われたのも払拭し、かっこ良いです。
(小鉄)

恒大将とペア! やっぱ負けられないでしょう! ね!小鉄さん(笑)
(宇田川)

竹田リーダーが逃げ切ってくれました。 夜な夜な、歌田さんと、道路でも抜きつ抜かれつしてますからね。 コンビ戦は、永井さんと宇田川さんコンビは強すぎですが、 小鉄さんと組んだのが敗因です(笑)
(シャボ)

楽しかった卓球〜月例会の良い型、 からの流れの中で勝たせて頂いたのは本当に嬉しかったですし、 みんなの応援の声に応えることができてホッとしました。 おっと、まだ一週目なんですよね(笑) まだまだ走るぞー!
(竹田)

■2018年1月14日(日)その3 Vol.5510

牧野先生の教えに従って、 昨日は、道場生の全員を、 さん付けで呼ばしてもらったんだが、 本名が誰だったか、出て来ない。
これって似合わねえし、嫌んなっちまって、 12時前に、
「ヤメタ!!」
俺だって、誰かに何か頼む時は、 シャボさん、橋本さん、ナルチャン、 と声を掛けるんだよ。

         雀鬼




これは自分の教えではなく、道場では似合わないので、 頼み事だけにしてもらいたいです。 普段は仲間であだ名で声を掛け合う明るい道場がやはり好きです。
(牧野)

外では当たり前のことなのですが、道場だと凄い違和感です。 道場の一員、という感じがしないですね。
(ナルコ)

学校教育も大変ですね〜(笑) 昔は何かと殴られてましたけど・・・ 先生から、さん付けで呼ばれたことないです。 実際に道場で、さん付けって・・・ シャボ → 渡辺さん? 小鉄 → 小寺澤さん? 会長 → さくらいさん? 無理ですよ〜(汗)
(宇田川)

急に畏まって、さん付けは、 呼ぶ方も呼ばれる方も違和感がありますね。 今さら牧野先生を牧野さんと呼ばせて頂くのは、 メチャクチャ違和感あります。 やっぱり今は、牧道山先生がしっくりきますね。 そろそろ牧道山先生の興行がみたいな〜(笑) 先生よろしくお願いします。
(シャボ)

まっき道山、ホイ!まっき道山、ホイ!
(橋本)

■2018年1月14日(日)その2 Vol.5509

月例会、結果、最高と最低が出たね。
最高は、今年の新年会は、 橋本と緒方のためにやろうと決めていた。 2人の苦労は並大抵のものじゃない。
靴を20年買ったことのない、 何んも欲しがらない橋本が優勝して、緒方が2位。
いつも裏方に回ったり、 遠慮してばかりの2人のワンツウは、 俺にとっても凄く嬉しいこと。 2人の力で俺も3位に残れた。
最低の方は、 社会人風らしい麻雀しか打てない宇佐美と北村。 一般社会人は、こういう麻雀を打つんだと、 目の前で感じられただけ。
学べたかも知れないが、 麻雀を打つ思考が、俺から見れば、危な過ぎる(笑)
2人は古い友人だが、 麻雀と酒だけは付き合いたくねえな。

         雀鬼




何で自分の点棒しか考えないんだろうって思ってしまいましたが、 自分らも道場で教わったからこそなんですよね。 思いやり、気遣い、麻雀を通して大切な事を学ばせて貰ってます。
(恒)

本当に、嬉しい結果です。 願った良い形がキレイにそのまま決まるのは、 道場でも、なかなか出来ない印象があります。 やっぱり、橋本さん緒方さんだからこそ、 こうなったんだなーと思います。
(小鉄)

サブマネ、緒方くん、会長のワン、ツー、スリーは貴重な型でした。 サブマネ、20年ぶりのうなぎ良かったですね!
(宇田川)

うなぎ、うまかった〜 また20年後に、よろしくお願いしまーす!(笑)
(橋本)

今月の月例会は、橋本サブマネと緒方がワンツーと言う結果で、 良い意味を作って下さいました。 雀鬼流麻雀も動作やあがり、振り込み、 色々な事に1つ1つ意味があります。 難しいですが、そういった意味を少しでも捉えて行ければよいのですが…。 麻雀に限らず、道場で大切なものを学ばせて頂いている自分達は、 本当ありがたいと思います。
(シャボ)

会長と、橋本サブマネに挟まれて、自分は幸せもんです! 温かいな〜、ありがたや、ありがたや〜。
(緒方)

■2018年1月14日(日) Vol.5508

新年から格闘技、相撲と、 ちょっときつい遊びをしていたが、 昨晩の放課後、宇田川から、 実は、先日やった俺と橋本の、 ジュースが6回も起きた卓球のビデオを撮っていて、 酒を飲みながら、何度も楽しんだ、という言葉から、
「もっと好試合があるんだよ」
と歌ちゃんと、しげるの登場。
最高です、凄いんです。 正直、まだ上手とは言えないが、 昨晩も、この試合だけは、 公式ボードも出て、観客も多く、 一挙一動に盛り上がる。
点差は離れていても、7pで並び、 必ず10pで並び、ジュースに食い込む好試合。
少し心が弱っていた歌ちゃんが、 ラケットいっちょで元気になれた姿を見れて、 俺、嬉しかったよ。
今日、月例会です。
朝方、寒くて起きちまったが、 窓辺に入って来る陽差しが明るい。
歌ちゃんのお迎え前に外へ出る。
南天の花とくたびれた寒椿の花。 梅の木に、新木が太陽に向って伸び、 小っこい新芽をつけていたが、 小鳥どころか、虫一匹の姿もなかった。

         雀鬼




歌田さんとしげるさんの相性は最高ですね。 二人とも、以前より上手くなっているのに、 バランスが絶妙過ぎます!!
(小鉄)

深夜には眠くなってしまう自分も、この時間帯は目が覚めます。 今回は、お二人の上達ぶりに驚きましたが、 やはり、スカッと妙技を披露してくれます(笑) 作ったもんじゃなく、真剣にやって、素だからこそ面白いんでしょうね。
(恒)

ウータン vs しげる 最高でしたー(笑) ムービー撮っておけばよかった〜
(宇田川)

2人の試合はまさに名勝負。 たこ踊りからの牧道山とウータン、 しげるさんの卓球は今の道場の2題興行ですね(笑)
(シャボ)

ガチンコでやっているのに、何故か毎度もつれるんですよね。 点差が離れても、ウータンなら空振りしてくれるのでは、 とひそかな期待感もあり、あせることなく試合に望めます。(笑)
(しげる)

■2018年1月13日(土)その3 Vol.5507

教育とは、正しいことを学ぶ場ですよね・・・多分。
ここの先生は、生徒様のことを、何々さんと、 さん付けで呼ぶことを指導されるらしい。 敬語は、いいもんね(笑)
俺の学生時代は、 先生は、みんな呼びつけだったが、 先生に学ぶ立場として当り前だったな。
下の名前で呼ばれたり、 あだ名のようなもんで呼ばれると、 親しみを感じたもんです。
今の教育が
「ちゃんと」
し過ぎると、 せっかくの先生と生徒という仲間意識が無くなっちまったり、 親しみから生れる信頼とか情感も失っちまうじゃん。
学校で、さん付けで呼ばれている生徒さん達は、 お家でも、父母や兄妹から、さん付けで呼ばれてんのかなー。
そういう教育のもとで育った大人達が、 男に限らず、女性でも、汚ねえ言葉を吐いて、 語り合っている様子をよく見たなー。
オレの場合、親しい人ほど、
「さくらいさん」
なんて呼ばない。 大概が
「かいちょ」
と親しみを持って呼ばれる。
差し障りなく、差し障りなく生きるのが教師なのかなー。 それにしちゃ、先生がよく、社会的な問題を起こしているよなー。

         雀鬼




差し障りなく生きるということは、 押さえつけられてるということで、 社会的な問題が起きてしまうんでしょうか。 親しみと仲間意識を持って道場以外でもやっていきたいです。
(牧野)

道場で、さくらいさんって聞くと違和感ありますね。 一般的には普通なんでしょうけど… 職場でも目上の方からは、呼びつけられた方が親しみを感じます。 逆に高圧的な態度な人が、さんつけて呼ぶと、 謙虚なフリしている感じで嫌らしかったりしますね。
(恒)

「ちゃんと」って、気持ち悪い! 道場で、正しい呼び方が飛び交うのは、 うわぁーって感じでした(笑)
(小鉄)

モンスターみたいな親達の影響もあるのかもしれませんが…。 自分の親に「○○さん」なんて呼ばれたら、 確実におかしくなっちゃいます。
(ナルコ)

■2018年1月13日(土)その2 Vol.5506

又、某雑誌が送られて来て、 俺の隣のページに、 アメリカ大統領が掲載されている。
政治や経済人とは、 離れて暮らそうとしているオレなのに、 情報っていうか、雑誌で並んでいるって、 変ですよね。
雀荘のオヤジと、大統領、 どう転んでも、結びつきはない。
アメリカの大統領クラスとなれば、 北の国の若大将を、 「小さなロケットマン」 とか、 そっちは、小っこい、当てにならないボタンを 持ってるかも知れないが、 俺様はでっかいボタンを持って、 ピンポイントで、そっちへ落とすぞ、 と、国民にはネガティブな大問題を、 軽くポジティブに押し返している。
かつての911問題も、 あれぐらいじゃ、 とポジティブに考えられるのかなー。
人を大量殺戮する戦争に、 国のトップがポジティブに突き進んでも、 一般の市民は、強制的にネガティブに置かれてしまう。
個人の暴力は犯罪だが、 集団的暴力は勝てば大成功となる。

         雀鬼




写真の方はとんでもない顔をしていますね。 銃は本当に良くないです。 戦争や政治も集団的暴力で嫌になります。
(牧野)

いつも権力者の都合で一般市民が苦しめられる。 自分がもし権力を持ったら・・同じことをしてしまうかもしれない。 権力には近づかないでおこう。
(竹田)

戦争を起こす人は自分で生の痛みを感じれば良いのにと思います。 それにしても、この写真、最高ですね! 良い大人が素で痛みを表現してくれてます(笑)。
(恒)

人類の歴史は戦争の歴史。 残念ですが、元々人間の中にあるものがそうさせているのでしょうか。 「詠み人知らず」の世界で生きてみたいですが、 自分がその世界にいたら相当な悪者になりそうです。
(シャボ)

■2018年1月13日(土) Vol.5505

人脈とまでは行かなくとも、 人には、それぞれの付き合い人がいる。 それを環境と言って、表すことも出来る。
人生を、長く生きると、 多種多様な人と出会う。
俺の周辺だが、 よく見ていると、だいたいが、 どういう人と付き合っているかが分かる。
中には、単純な人は、 その日、悪どい奴や、とんでもねえ人と、 触れ合って来たな、と感じれる。
人って、自分を実感しないと、 その日、逢った人から、 洗脳まで行かなくとも、 少なくとも、影響を受けて帰ってくるんですよね。

         雀鬼




いい影響なら、いいですが、 悪い影響を受けたときは、 周りに悪い影響を広めないように、 早めに修正していかないとと思います。
(緒方)

時々、青白い顔をしていたり、 遠い目をしている道場生がいるのは、 そういう環境のせいなのでしょうか。 僕は、道場という環境のおかげで、救われていると思います。
(ナルコ)

■2018年1月10日(水)その2 Vol.5504

外はさほど寒かなかったのに、 部屋着に重ね着して、ここに来ている。
ここって、仕事か、遊び場か、 後者の色が濃い。
でもね、 今日は仕事の原稿一本、仕上げたんで、よろしく。
女っ気がない奴ばっかなんで、 部屋着でもいいでしょう。
それにしても、 女性との縁って、何なんでしょう。
こいつ、いい奴なのにな、 と思う奴に女っ気がなく。
こいつ、いくつも足りねえなー、 と思う奴に、彼女が居たり、嫁がいる。
高望みしてる訳でもないのにな。
嫁が居る2人で、 どっちが不幸か比べしてやがる(笑)
五分五分だな(笑)

         雀鬼




会長の部屋着より、道場生の方がみすぼらしく見えます(笑) 既婚者で不幸比べ、何のために結婚したんでしょうね。
(恒)

嫁の居る二人の話を聞くと、 全然幸せじゃないんじゃないか? と思うのですが、別れる気は無いようです。 女っ気の無い僕には、理解出来ません。
(ナルコ)

自分もたまに部屋着で道場に行ってしまう時があります。 楽なんですよね(笑) 男女の縁って本当何なんですかね? 自分達は道場で男同士の縁を持たせて頂いてありがたいです。 嫁の居る二人の事は詳しく分かりませんが、 プリズンブレイクだと思っていたら、のろけ話しだったみたいです。
(シャボ)

自分より良い父親になれそうな人が 独身なのは本当にもったいないです。
(水野)

結婚前に夢見ていたイメージと現実とのギャップがあって、 愚痴ばかりになってるなと反省しています。 不幸比べから抜け出せるかも、自分次第だと思います。
(カマボコ)

■2018年1月10日(水) Vol.5503

心が少し折れているカマボコが、 元気に明るくなれるための挑戦状が2通来た。
カマボコチームは、 巨漢のウータンに、力仕事のシンヤが組む。
狙いは、大層にも、 強豪軍の恒、小鉄、シャボ戦。
勝てるかなー。
やってみないと分かりません、 のカマボコの弁(笑)
もう1チームは、道場最弱軍団の、 橋本、しげるに、年寄りの俺、だってさぁー。
勝ちに行きますよ、 との橋本の弁に救われた(笑)
俺、あっちこっち、アザだらけだが、 休場はしねえよ(笑)
ヘェヘェヘェのへ。

         雀鬼




僕もやりたーい!!
(竹田)

会長のいらっしゃるチーム相手に、 やってみなきゃ分からないって自分には言えないです。 会長が後ろにつかれた小学生の女の子に、 吹っ飛ばされた事ありますからね〜
(恒)

会社と家庭の板挟みカマボコになってる所に、 景気づけの場所を頂きありがたいです! ウータン!シンヤ!助太刀お願いします!
(カマボコ)

永井軍vsカマボコ軍、ちょっと前まではよく見た取り組みですが、 サブマネ、しげるさん、そして会長にまで挑むとは。 カマボコさんの考える事は分かりませんが、 道場相撲は八百長無しのガチだからな〜。
(シャボ)

勝ち抜き戦なら我等がチームの100%勝ちです。(笑)
(しげる)

もちろん、勝ちに行きまっす! が、カマボコチームも、がんばれ〜 でも、応援はしても、外馬は買いません(笑)
(橋本)

■2018年1月7日(日)その2 Vol.5502

責任ある恒大将が、 前日、白紙のボードを、一人眺めて考えていた。
その結果かな。 新しい型の紅白戦を始めてくれた。
白組は上位陣がポイントを上げていたが、 紅組の参加人数に押されて、 竹田リーダー率いる紅組の3勝2敗で勝利。
紅組、しげる、牧道山が電車。 白組はナルコと橋本が電車。
本日の晩飯は、七草粥に、 恒のお土産のさつま揚げと、 食卓に、熊の肉が乗っている。
小鉄の布団、わたが全部、吹っ飛んで、 どぶねずみ色した布地が、 薄っぺらく、残るだけ。
そこへ、しげるが泊る。
新年を迎えて、 やっとこドンキで布団と毛布を買い揃えたらしい。
ドンキで家具が売ってるのを初めて知ったよ。

         雀鬼




シャボさん、しげる君といった 昼から集まった仲間に意見出して貰って、 新しい形で始める事が出来ました。 スタート時は自分のいる歌田チームは 自分1人でどうなるかと思いきや…ウータンが明るい時間帯に登場! 何とか接戦にはなってます。 試行錯誤しながらでしょうが、盛り上がってくれたらです。
(恒)

とうとう、うりだった、羽根の舞い上がる部屋ではなくなりました(笑) ドンキの安い布団ではありましたが、 しげるさんに、「すごしやすくなった」と及第点を頂けました。 良かったです。しげるさん、今まですみません!
(小鉄)

今年もスタート! 自分は紅組のリーダーをさせて頂くことになりました。 白組のリーダーはウータン!年末の雪辱を晴らしたいですね。 まずは初日勝利〜!
(竹田)

七草粥、さつま揚げ、美味しかったです。 ご馳走様でした。新たな紅白戦で、 新たな対抗をしていきたいです。 小鉄さんは早速もめてますが、楽しんでいきましょう。
(牧野)

小鉄さんにお布団買って頂きました。 夏様かな?
(しげる)

■2018年1月7日(日) Vol.5501

主だったメンツが揃っている。
ここ半年ぐらいを見ていると、 トップは恒大将、2位に小鉄と、 木の子荘がワンツウ。
3番手は誠実なナルコ、 次いで、ゾンビ軍団から脱出しつつある竹田。 5番手に、昼番番長の宇田川かな。
6番手に、木の子のシンヤが入って、 しげる、シャボ、哲、BIG、 深山、百武、牧野の遠方組が並ぶ。
その下に、会社で上司に、 家で新婚の奥方に、いじめられ、 顔が引きつって見えるカマボコに、 歌ちゃんがいる。
ちょっと前まで、恒と双璧だった歌ちゃん。 長年の疲れが溜まったのか、心が落ちている。
昨晩は、彼女が居ない奴ばっかなんで、 その道の大学院に入って、研究室で、 日々、鍛錬、努力を怠らないシャボが、 女性に対しての講義をしてくれていた。
どちらかといえば、女性が苦手な道場生は、 女性を喜ばすコツを学んだが、 小鉄には、実践できないこと。
俺も、とうに卒業しているからなー。 やっぱり、何事も現役がいいよな。
カマボコも、歌ちゃんも、 シャボの講義を受ければ、いいんだが(笑)
カマボコは自信家だから、 その教科、合格してます、 って思ってんだろうなー。

         雀鬼




講義を受けた人達は、これで彼女が出来そうですね。 僕は講義を受け損ねたので、 皆さんの良い知らせを待っています。
(ナルコ)

ナルコのように麻雀強い訳でもなく、 特別好きでもないのに、 変わらず続けてくれる仲間が居て、 自分も居場所を作って貰ってます。 遠方組より下にいるご近所組に奮起して欲しいですが… シャボさんの特別講義、ありがとうございました。 ぜひ実践してみたいですが、 まずは日々の鍛練から見習っていきます。
(恒)

皆多少の浮き沈みはあるかも知れませんが、 ずっと先頭で引っ張って下さっている永井さんや ご近所組の方々が道場を守って下さり、 橋本サブマネと緒方がサポートして下さって、 道場生それぞれの役割と言うか存在感の大きさ、大切さを感じます。
自分が女性の講義なんてとんでもありません。 いい歳したおっさんが中学生みたいな話をしているだけで、 お恥ずかしい限りです。 カマボコさんには退屈な時間になってしまいますし、 歌田さんと自分とでは、レベルと言うか次元が違うので(笑) 今度は歌田教授の講義も聞かせて頂きたいですが、 …やっぱり止めときます(笑)
(シャボ)

シャボさんの講義、興味深々で受けさせていただきました。 ただ、本当に、実践できないのは悶々とするばかりです(笑) 試して〜!!
(小鉄)

被害者意識とか怖さが先に来ていて、 表情が強張っているなと自分でも分かります。 女性に限らず、どの教科も落第点だなと思います。 シャボさんの研究、鍛錬の成果は聞きたいです! 女性うんぬんの前に、 先ずは自分の心をもう少し動く様にしたいです。
(カマボコ)

■2018年1月6日(土)その3 Vol.5500

大晦日に祝い酒を飲んで、 駐車場でゲロゲロと苦しんでいたシャボ。
俺達は桂花ラーメンを美味しく頂いたんだが、 煮干の味が濃い、 ザボンラーメンを一口食ったら、まずい。
茨城からの途中で、 ラーメンを食って来たシャボが、それを平らげ、 誰かが買って来た、普通の2倍はある、 でっかくて、まずいダンゴを、2串も食べている。
シャボは女子並みのスイーツ派だけど、 これ、まず過ぎ。
今晩も、駐車場でカエルが鳴く。

         雀鬼




サボンラーメンは自分の田舎の名物品、 ダンゴは自分の連れが差し入れた物、重ね重ね失礼しました。 でも、またチャレンジしますんで、よろしくお願いしますね。
(恒)

既に道場でかなりの予兆が、グウェッときてましたね(笑)
(小鉄)

大晦日はカエルがゲロゲロうるさかったですね〜(笑) 自分は正月から醤油ラーメン、ザボンラーメン、 そして巨大串団子を2、3本と贅沢三昧でもう腹一杯です(笑) では、失礼しまて…ゲロゲ〜ロ。
(シャボ)

■2018年1月6日(土)その2 Vol.5499

食べる量は少ないが、元旦から一週間、 食事は、蟹かシャブシャブの連続。
蟹も、上等の柔らかい肉も好きなんだが、 毎食だとなー。
やっぱ、何事もマンネリは飽きちまう。 変化が欲しいんですね。
木曜の道場で、 初めて、俺の食卓の前に座った橋本社長に、 バンバン、シャブシャブを食らわし、 腹がいっぱいになったところで、 食の細い橋本に、 毛蟹の甲羅の蟹ミソに、身を混ぜて、 俺流の美味い食い方で、 飯の上にどさっと乗せて、食わしてやる。
少食の橋本がガツガツ食ってくれる。
同じ食卓に座った小鉄と、俺は、 ノックが持って来た牛肉らしき焼肉を、 2切れでおしまい。
「何んもない、何んの味もない、  何んもない、かたい肉」
何んもないんじゃ、つまんねえから、 カウンターでコーヒーとか、軽食を出して、 俺と語ったり、 ちょっとした体さばきをやれる場でも作ろうかなー。 老若男女、関わらずな。
それって、楽しいかも知んないが、 又、俺疲れちまうかもなー。
床があって、畳がある場。 俺ん家かあー。
家人がいちゃ、ダメだなー。

         雀鬼




会長にとらせ、会長に作らせ、自分だけガツガツ食らい、 会長めしによって、卑しい本性を暴かれてしまいました! あれを頂いちゃったら、自分程度でも、 ノック肉は、とてもじゃないけど、食えませーん! あしからず〜
(橋本)

橋本さんが、あんなに、止まらない感じで、 がっつくの初めて見ました(笑)
(小鉄)

ノック肉、充分美味しくいただきましたが…。 会長めしにはかなわないですね。
(ナルコ)

明けましておめでとうございます。 会長、橋本サブマネ、すいませんでした!! 会長に食べて頂くようなお肉ではないと思いつつも、 自分の肉の仕入れでは、あの程度の肉で精一杯です。
そして、たまにしか顔を出さないのに、 温かく接して頂き、新年のご馳走も頂き、 ありがたさと、申し訳なさで一杯です。 ありがとうございました!!
食べさせて頂いた、しゃぶしゃぶ、カニ、マグロ、イクラ、 店で注文したら、1人一万円ですまないんじゃないかと思います…。 とろけるしゃぶしゃぶは初めて食べました(笑)
(ノック)

■2018年1月6日(土) Vol.5498

土曜ですか。 我が家も孫の姿なし。 ここも、ナルコとしげる、恒と、静かなもんです。 ガマのオジサンの力を借りているようじゃねえ。
昨晩は、卓球の早矢香ちゃんから、 いつもの元気で明るい声をお年玉で頂く。
俺は忘れていたが、明日、たけしの番組で、 多くのスポーツ選手関係者の中で、 早矢香も出演して、そのからみで、 俺も、ちょこっと、何らかの型で顔を出すらしい。
早矢香から、
「会長の沢山の時間をテレビ局が頂戴して、  帯が短くって、すみません」
分かっているよ、テレビなんてそんなもの。 でっかいツラして、出してやるんだから文句言うな、 ていう上からの態度。 便利と利用で突っきるのがテレビ。
今年に入って、箱根駅伝をチラリと、 ニュースを計30分ぐらい見たかなあー。
それにしても、ここは静かだなー。 笑い声もねえしな。
牧野先生、笑わしてよ(笑)

         雀鬼




桜井会長〜! 昨日はお電話ありがとうございました!! 楽しくて気がつくと1時間20分も経っていました〜びっくり!! 今年は必ず道場に遊びに行きます\(^o^)/ 明日の番組はどんな風に編集されているのか(笑)
(早矢香)

早矢香さんは元気で明るく、元気をもらってばかりです。 笑わすのは小鉄さんならできるはずなので、 よろしくお願いします。
(牧野)

実はガマのオジサンが入って来た時、 小さい笑いが起きてました。 フガッ、フガッ、フガッ、 ウータンを思う皆の気持ちが通じたんでしょう。
(恒)

早矢香さんは、本当、明るく元気で、うるさい位です(笑) 自分に代わりは務まりません、牧道山お願いします!
(小鉄)

たまたまテレビを見たら、たけしさんは第4次黄金期とのこと。 笑いを取り続けるのは凄いですね。 新たな笑いが自然に生まれる道場でありたいです。
(牧野)

■2018年1月4日(木)その6 Vol.5497

年賀状で、又、叱られた。
昨年は、無茶しちゃいけません、 その前は、過信しないで!!
今年は深い海は避けられた方が・・・・、 水圧の関係で。
全く持って、仰せの通りでございます。
お世話になっている、 かかりつけのお医者のお叱り。
そうなんです。 分かっていても・・・・ねえ(笑)

初麻雀を打つ。 4回打って、トップ3回の2着が1回だったから、 まあまあの出来ですよね(笑)
道場の食事は、 しゃぶしゃぶと、焼肉と、毛蟹、いくら、らしい。 正月は明けたのに贅沢だよな。
我が家でも、ここ以上の贅沢な食材が、 まだまだ、あったけな。
橋本社長に叱られるが、
「何んもない、何んもない」
はずの俺達にしては、あり過ぎじゃん。
歌田と宇田川じゃ、混同しちまうから、 ウータンと、のんべえ、でいいんじゃねえかな。
橋本と緒方なんか、 年末から正月にかけて、休みなし。
なし、なし、何んもなしかぁ・・・。 すみません。

         雀鬼




なし!なし!なし!! な〜んもなし♪イェイ♪ のはずだったんですが、贅沢が続いております。 自分には分不相応です。すみません。
(緒方)

ここ最近の食事は本当に贅沢ですね。 2日と3日は広島からノックさんがやって来て、 美味しい肉を持ってきてくれました。 ノック祭り、最高でした!
(ナルコ)

あり過ぎの上に、うんま〜い会長めしまで頂いちゃって、 もう、ぽっかぽかでーす! ホント、頂いてばっかで、どうしましょ・・・ 何もない、何もないんで、大きなことは言えませんが、 とりあえず、会長に、なるべく、 いちゃもんつけないようにすることから、かな(笑)
(橋本社長)

正月明けてからの贅沢な食事ばかり頂いています。 自分には、本当にもったいないです。
(小鉄)

■2018年1月4日(木)その5 Vol.5496

今年の初打ちは、 竹田、しげる、哲、牧野だったらしい。 牧野と竹田は、大晦日に体を張って、 痛かろうが、苦しかろうが、ねを上げず、 そこに居た者を大笑いさせてくれた。
突然の興行、お疲れ、 その上、ありがとうね。 あの日の根性を保って欲しいもんです(笑)
昨年、道場を盛り上げてくれた、 のんべえの うだ、は居るが、 大将の恒は遠くへ行っちゃったらしい(笑)
みんなが楽してる時に、暮れから今日まで、 郵便の仕事で追われていたナルコが、 疲れきった顔している。
やる時にやらない野郎は腰抜けに見えるが、 やるべきことやっている者は、 お疲れさまと心から思える。
正月に紅白のカマボコをちょこっと頂いたが、 ここのカマボコは、女性に食べられちまって、 欠片しか残ってないらしい(笑)

         雀鬼




初打ちには、自分も加えて貰いました。 実家の様子を伺いに行ってきました。 食って、寝ての繰り返しの楽な生活、腐ってしまいそうです。 自分の会社では禁止されている連勤をされたナルコ、 幸せ絶頂だったはずのカマボコ・・・ 道場ではいろんな形で力を与えてくれます。 今年もそろそろ、みんなで動いて行きたいですね。
(恒)

実を言いますと、一月二日はお休みで、 ゆっくり休んだつもりだったのですが…。 一日じゃ足りないのかな〜(笑)。
(ナルコ)

牧野先生の体の状態は、家ではどう伝えたんでしょう?(笑) 本当に、楽しませて頂きました。かっこいいです。 カマボコさんは、自慢のシリまで小さくなってしまったようで、 戻れるのかなー?無理かなー(笑)
(小鉄)

心身が弱って欠片だけになってしまいましたが、 元の丸いカマボコに戻りたい気持ちは残ってます。 大変さを表に出さずに、 やる事をやっているナルコさんを見習いたいです。
(カマボコ)

会長、こうした機会を与えて下さって、 ありがとうございました。 走ってる時は苦しかったですが、 終わったらとてもスッキリしました。 今年もまだまだ走っていきたいと思います。
(竹田)

■2018年1月4日(木)その4 Vol.5495

初夢は最高だったが、正月の三日目かな、 眠って起きようとしたが、左足の膝が痛む。 少し動こうとしても痛む、これが現実でした。
「危ねえなー」
俺、このまま車イス生活かな、と思えたほど。
眠気に敗けて、箱根駅伝を、 寝ぼけながら、ちらりと見たせいか、 折れたまんまの左足、 海で、神経毒を持つエイに、 左足の甲の動脈を切られたせいか。
その痛みも、一時間ぐらいで楽になっていた。
こっちは夢じゃなくて、現実でした(笑)

         雀鬼




初夢のお話からいきなり現実に…、 何とか夢と現実が逆になんないですかねー(笑) お体の具合が厳しい中でも道場に来て下さる会長に、 自分達道場生が良薬になれるよう、 今年も道場では男の子らしく、 楽しく温かい雰囲気を作れるようやって行きたいです。
(シャボ)

■2018年1月4日(木)その3 Vol.5494

初夢が何故か最高の夢だった。
すっごく可愛い娘と若い俺が、 南洋の海で、ラブラブで暮らしている。
小っこいホテルを経営していて、 そこへ泊りに来る外国の人達を、 サンゴ礁で囲まれた海へ案内して、 シュノーケリングして潜り、 砂地で、これがエビですよ、 ゆったり泳ぐ。
海亀をみんなして海の中で囲んだり、 鮫をダッコして見せたり、 カヤックで、可愛い新妻と伴に、お客様を案内して、 マングローブの木々の中をゆっくり流して、 ヤシガニを捕まえたり、 準備していたニワトリを紐の先に結んで、じっと待つと、 結構でっかい鰐が水中から食らいついて顔を出し、 同行した皆さんを毎日楽しませるのが俺の仕事。
その夢に、道場生や見知った顔は、一人も登場しない。 常夏の島の天国のような暮らし。
まさに俺が望んだ初夢を、 2日の昼だか、夕方だか、夜だか、分からないが、 見れたんです。
美しい海、可愛い妻、 自然の生きものの中で暮らすその俺は若かった。
小用を催したが、そんなの放っといて、 多分、一生見れない夢の連続を見続けていた。

         雀鬼




ワクワクしながら読ませて貰いましたが、 会長だったら、今からでも実現可能ではって思ってしまいます。
(恒)

もし会長が麻雀と出合わなかったら、 初夢のような人生を送っていたのかもしれません。
(ナルコ)

最高の初夢ですね! その時の会長のご気分と言うか、 何か思いみたいなものが夢になったのでしょうか? でも、会長なので、夢ではなく、 現実の事のように思えてしまいます。
(シャボ)

お話を伺った時は、パラオの風景を思い浮かんできました。 普段は、現実のような悪夢?が多いとのことなので、 本当によかったなあと思います。
(小鉄)

会長にピッタリの素敵な初夢ですね。 若さは厳しいかもしれませんが、 あとは叶うのではと思っちゃいました。 その時は我々道場生もお邪魔させて頂きたいです!
(竹田)

■2018年1月4日(木)その2 Vol.5493

改めまして、新年を明けさせて頂きました。
大晦日は、牧野が笑いをくれて、 日本の伝統にちょこっと付き合って神社へ。 一緒にいた者へ、ありがとう、と頭を下げる。
前に神は居なかったが、 後ろに温っかい奴等が居てくれた。
午前4時、一日の気温は一度だったが、珍しく、 頑張ってくれた宇田川に酒を飲まされたせいか、 寒かぁなかった。
酒飲んで、熱い風呂入って、眠剤飲んで寝る。 目が覚めれば、緒方、熊、シャボの3人が、 新年会のための準備をしてくれている。 女手なし、雀鬼流っぽい。
諸々の食べ切れない程の料理の上に、 あの心温っかい関さん、黒澤兄弟から、 極上のまぐろが届き、温ったかさを取り戻す。
その上、上田さんからは北陸の越前蟹、 誠から広島の牡蠣、宇佐美からはアワビが届く。
外から吹く寒い風もあるが、 俺んとこには、外から温っかい風が・・・・・
6時頃に道場生が集ってくれて、 庭先で、緒方とシャボが、例年のごとく、炭で火を熾し、 タラバ蟹、牡蠣、エビ等を焼いてくれている。
フグやアンコウを中心にした海鮮鍋、 海ものが食卓に並ぶ。
先ず、ひと焼き入れた大きめの真鯛に箸を入れる。 この食卓法が俺のやり方。
美味い!!
心ある連中と食べる贅沢な品々。
腹がふくらんだところで、 新年早々、疲れた俺の体を深山がマッサージしてくれた。
何人かは電車で帰ったが、残ったもんが悪い奴等。 座って起きれない俺のために格闘技・・・・・ なんじゃそりゃと、やっぱり俺が出ちまう(笑)
後半は体さばきに変わって、指導する俺は立ちっ放し。 何人かは落ちている(笑)
そりゃそうだ、元旦から早朝5時まで、 こんな年寄りを体を張ってやらせるかあー。
シャボ、小鉄、緒方が悪い。

         雀鬼




せっかく、外から温かい風が吹いているのに、 中から、厳しい風を吹かせてスミマセンでした。 贅沢な品々に、温かい仲間達、 長時間にわたる会長の体さばき超入門編、 年の初めから、贅沢な時間を過ごさせていただきました。 会長を年始から疲れさせてしまい、申し訳なかったですが、 楽しかったです!すみません!
(緒方)

今年も、心ある贅沢な食事と空間、ありがとうございました。 元旦では珍しい体さばき、入門編って事で、 それとなく出来そうな感じがしました。 でも、ちょっとした動きの違いで、全然変わるもんですね。 夜中の叫び声は大丈夫だったんでしょうか。 ご近所の方も慣れてしまっているかも知れませんが(笑)。
(恒)

今年も会長の御自宅で仲間達と、 いつも見守って下さっている方々から、 お気持ちのこもった贈り物を頂きながら、 贅沢な時間を過ごさせて頂きました。 気付けば御自宅で朝まで体捌きを…。 自分も御神酒を頂いた筈なのですが、 今年も新年早々、会長にこんな事を、 御神酒飲んだくらいでは、 自分の穢れは祓われていませんでした(笑)
(シャボ)

温かい、贅沢な時間をありがとうございました。 体使いは途中、終わるタイミングは何回かあったのですが…。 初級編が楽しく、もっと、もっとになってしまいました。 失礼いたしました。
(小鉄)

■2018年1月4日(木) Vol.5492

パパの田舎に帰っていた孫達が帰って来て、 ほとんどしゃべらなかったが、 なんと、向こうのお父上に新幹線で東京まで送って頂き、 そのままトンボ帰りさせたらしい。 甘えん坊の心無しだよな。
俺ん中では、最後の大晦日に続いての、 元旦の新年会・・・・・ 終わった後、休むというより、 倒れ込んでいたら、もう四日か。
あるかなー、と小屋をのぞくと、 歌ちゃんがソファーに座って、 宇田川が、一人、卓に座っている姿が、 外の窓から写った。 うだ、ウタかーあ。
もうねえんじゃねえかと思って来たんだが、 ポツンと残っていた。

         雀鬼




お父様に、田舎から東京まで送ってもらって、 そのまま帰すなんて、ひどいです。近くでもないのに。 そんな親の姿を、お孫さん達に見せて欲しくないです。 ちょっと、信じられません。 あと、小屋はなんとか残ってました(笑)
(緒方)

お孫さん達と一緒に居たかったんだろうなって思ったりしますが… 甘えすぎは、うっかりやってしまいそうで、 思いやり、気づかい、忘れないようにしたいです。
(恒)

■2018年1月1日(月) Vol.5491

新年早々、道場の催し、 牧野先生が素晴らしいエンターテイメント。
前半、たこ踊りで笑わし、 後半、凛々しい力道山スタイルで、 空手チョップを受けて、 裏の神社よりも、 みんなでご利益を賜る。
3時間もね・・・・。

         雀鬼




まさか力道山を生でみれるとは… 去年は変な空気にしてしまう事もあった牧野先生。 体張って吹っ切れてくれたらです。 元々人気者だったんで、新年もヨロシクです。
(恒)

新年早々のご指名ありがとうございました。 神社に神は居なくても、良き仲間たちのチョップを受け、 良い気持ちをもらっての新年となりました。 会長、皆様、今年もよろしくお願いします。
(牧野)

牧野先生の体を張った催しで、 みんなで初笑い。ありがとうございました! それにしても先生、持ってますね〜(笑)
(竹田)

新年一発めの興行が、 まさかの牧野先生のたこ踊りからの力道山。 先生の体を張った…と言うか、 体が腫れた芸に大笑いさせて頂き新年早々ありがたいです。 またこの興行は見たいな〜(笑)
(シャボ)

■2017年12月31日(日)その6 Vol.5490

蟹デート効果か、 さすが、大将の恒が、初の週間電車4両も走らせて、 紅組・歌田チームの逆転勝利を導く。
紅組の宇田川が2両、 リーダーとシャボが1両の8両。
白組は、竹田リーダー、熊、 シンヤ、牧野、しげるの合わせて5両。
紅組に坪子のパパとママが入ってくれたのが 勝ちにつながった。 ママの猛攻撃にパパのビビリ打ちが好対照。
今年も残り40分で年が明ける。
緒方が一日ががりで作ってくれた年越しそばで、 どうにか、今年も気持がある人達と年をまたげた。
ありがたいこった。


         雀鬼




蟹効果は間違いなく、少しでも返せてほっとしました。 でも勝敗は、パパママを引いたレジェンド、 ウータンのクジ運で決まってましたかね。 竹田さん、まだまだですよ。
(恒)

みんな頑張って金曜日の時点であった100P差を 逆転したまではよかったんですけどね〜。 パパママ登場で流れが変わって再度逆転されちゃいました。 終わってみれば9P差!いい勝負になってよかったです。
(竹田)

大将の恒さんは、蟹デートから電車、 全てをやって格好良いです。 宇田川さんや、行動してくれた竹田さんもようやく電車を作って、 チームも良い対抗ができ、良い一年の締めとなりました。 緒方の年越しそばも美味しくいただき、 今年もありがとうございました。
(牧野)

永井さんが今年最後の週に 電車4両で一年を締めくくって下さいました。 麻雀に限らず、一年間色々な部分で強く、そして救って頂きました。 大晦日、一年の自分の弱さ、ダメさを感じるばかりですが、 会長と皆様とご一緒させて頂けている事の感謝の気持ちを忘れず、 緒方の年越しそばを頂いて、新たな気持ちで新年を歩んで行きたいです。
(シャボ)

■2017年12月31日(日)その5 Vol.5489

かつて下北にも道場があった。 大晦日の夜は、道場に入りきれない程の 道場生が集まってくれて、 新年のカウントダウンのもと、 御神酒を皆して口に入れて洗い、 暗い道路を、隊列を組んで、ゾロゾロ歩き、 4駅先の参宮橋駅まで、二手に分かれて、 2両の電車に乗って初詣がなつかしいね。
今じゃ、小屋ん中はスカスカ、 小屋の裏手にある神社に変わったが、 昔も今も、そこに神が居るわけもなし。
ただ、一年を通じてふれあい、縁をくれた者達に、 ありがとう、と頭を下げるだけなんですけどね。


         雀鬼




随分様変わりしましたが、まだ続けさせて貰ってます。 神は信じてないですが、 会長、信頼出来る仲間と居られる事が有難いです。
(恒)

下北の道場でのカウントダウンからの明治神宮も、 裏手の神社も自分にとっては対して変わりませんが、 縁がある方々に感謝して、日々を過ごしていきたいです。
(牧野)

■2017年12月31日(日)その4 Vol.5488

今、一卓だけ、坪子のパパと牧野の妻あり、 恒と熊に彼女あり、珍しい光景である。
今時、女性がきつくなって、 男が弱っちくなっているせいか、 彼女を作っても、問題があったり、 結婚しても、奥方に相手にもされない者もいる。 子供が出来れば、大変さが加わる。
楽しい我が家、温っかい我が家って、 サザエさん、どこへ行っちまったんでしょうかね(笑)
俺なんか、スマホも持たない古い人間だが、 孫の下に入れても、家人の下なんて、 とても受け入れられないし、嫌なこったあ(笑)
社会の権力や金にも媚びたかねえが、 女にも媚びたらお終いだよな。
若い頃はミツバチハッチに似ていた坪子のママが、 何故か今日はサザエさんに見える。


         雀鬼




珍しい卓が立ちました(笑) 世間の既婚者みてると、とても良い物に思えないんですが、 腹を括る時がくるんでしょうか。 変化はあるんでしょうが… ママとの触れ合いは変わらない感じがしました。
(恒)

温かいひと、あまり見かけないです。 町で若い夫婦を見かけたりすると、 冷たそうだったり、神経質そうだったりします。
(ナルコ)

会長のように敢えて、厳しい方をなかなか選べませんが、 男がすたるような付き合い方はしないように気をつけたいです。 ママは確かにサザエさん的な明るさを与えてくれる女性の理想ですね。
(牧野)

■2017年12月31日(日)その3 Vol.5487

俺の名は、桜井章一という、最後に 一 がつく。
この 一 って、一番とかじゃなくて、男の子として、 基本である勇気と素直を持ち続けろよ、という指針。
もう一つ、 俺の 一 は、お前はお前という、たった一つの存在だぞ、 だから、世間や社会がどうあろうと、 お前はお前の一つの道を歩め、ていうことかな。
明治の人だったオヤジが、 そう生きれよと名づけてくれたんかな。
俺は、幼い頃に呼ばれた、 しょう坊、ショウちゃん、ていう呼びかけ、 気に入っている。
でも、この頃じゃ、しょう坊どころか、
「さくらいさん」
も、それって誰よって感じかなー。


         雀鬼




長男でもないのに、一がつくって珍しいと思ってましたが、 生まれた時から別格だったんでしょうか。 名前はその人を現すと言われたりしますが、 親の思いが影響するのかなって思います。
(恒)

名前は生き方に影響していると思います。 だからこそ、最近のキラキラネームには「狂」を感じます。 教師が生徒を名字で、さん付けで呼び 他人行儀なのも良くないかもしれません。
(牧野)

■2017年12月31日(日)その2 Vol.5486

若い男女が手をつなぎ、 大きく手を振って道路を歩いている。
いい頃だ。 幸せを見せてくれた。
一年の計は大晦日にある。 計画じゃなくて、一年の総合点かな。
ずーとAクラスだったが、 今年はB´の下ていうところかな。 自己評価点です。
俺、ずーと雀鬼やってたけど、 雀鬼なら強かないと名に反する。
ショッパイこと言うわけじゃないが、 少しずつ強さが保てなくなっている。
「何んもない、何んもない」
て書いてたら、橋本社長から、
「会長、あんまりそれをいうと・・・」
との真っ当なご注意。
将棋で言えば、王がなくて、俺が、やん茶馬で、 橋本と緒方が、一年を隅っ子を守ってくれる香車かな。
いや、俺達3人伴、歩のごとしかもな。 小っこい駒で指して、時折り、歩が、と金となる。
今も2人して、一銭にもならない明日の新年会のために、 外に出たり入ったり。 その姿を、我が家でなんもやらない家人の前で感じて、 スマン、スマンと心痛。
昔の新年会は、 正月に行き場や帰る場を失ってた子達は、我が家へおいでよで、 早番、遅番で、50名ぐらい集まってくれたっけなー。

         雀鬼




マグロが届いちゃう〜、と思っただけなんです、 会長、すみません。 でも、卑しく、楽しみにしてたんです、正直(笑) 関さん、黒澤さん、存分に味わわせて頂きまっす!
(橋本)

申し訳ありません。 蟹、焼き肉に続いて、新年会と贅沢ですが、 裏方で動いている方の存在を忘れないようにしたいです。
(恒)

50人は集まれないかもしれませんが、 元日には気持ちのある人達が集まります。 僕も、顔を出したいと思います。
(ナルコ)

会長に、あばれ馬はピッタリな感じがしましたが、 最近の何んもない我々の歩みを思うと、 歩っぽい感じがします。歩だな〜。
(緒方)

■2017年12月31日(日) Vol.5485

昨夜、また、ゆいのちゃんが楽しそうな顔で現われて、 俺もやることがあったんだが、
「会長、遊ぼう」
の笑顔にひかれて、ゆいのちゃんを中心に、 酒もないが、バンバン、ビシバシと、 道場中が油断できない場になっちまった。
カマボコなんて、お家でも、ここでも、 痛い思いを1人受けていた。
俺には、彼女はいないが、 幼いガールフレンドが居てくれる。
年の差は65才ぐらいだけど、 気が合う仲良しなんです。

         雀鬼




ゆいのちゃんの遊び、多少は痛いんですが、 ゆいのちゃんと皆の笑顔で、痛みは吹っ飛びました! 自分で溜め込んだ嫌な物がスッキリしました。 ゆいのちゃん、ありがとう!
(カマボコ)

会長、いつも遊んでくれて、ありがとうございます。 ゆいのは会長が大好きです。また遊びに行きます!
(ゆいの)

2017年も最後の最後まで楽しみをいただき、 ありがとうございました。 親子共々、また来年もよろしくお願いいたします(笑)
(とも子)

■2017年12月30日(土)その2 Vol.5484

道場生は、酒を入れてワイワイ、セイヤと盛り上がって徹夜。 俺は、我が家で1人ボッチで徹夜。
ナルコやシャボも、 仕事上、忙しくて大変な時期なんだろうな。 みんな仲間なんだが、それぞれなんだよな。
年末の道場は、 チーム戦でなく、紅白戦をやっている。
散々楽しんだ白組の恒大将と早番々長の宇田川が、 電車を2両も走らせている。 遊んでもやることやって大したもんだ。
紅組のしげるも本日電車。
紅白のリーダーの 竹田とウータンは何やってんのかな(笑)

         雀鬼




遊ぼうが何しようがやることをしっかりやってる、 だから納得感もあるし、かっこいいと思えます。 昔の小冊子の裏に書かれていたように、 道場も仕事も遊びも全てに一生懸命に取り組む、 何か一つに偏っては万能には程遠いです。 自分は何事にも中途半端になってしまっていますが、 永井さんや宇田川さんのように かっこいい男に近づけるようやって行きたいです。
(シャボ)

ウータンは今年の締めくくりで、 セルフ追い込みに入っていると思われます。 気持ち良く締めくくれるかな〜、 やっぱり僕らの心を離さないですね。
(恒)

竹田リーダー!電車無いじゃん! 歌田リーダー!!居ないじゃん!!
(小鉄)

竹田は二日酔い、ウータンは・・・冬眠かな〜? ウータン!出てきて下さいよ〜〜!
(竹田)

仕事のせいにしてはいけませんが、 あまり力になれず、すいません… って、竹田リーダー!二日酔いしてる場合じゃないですよ!
(ナルコ)

■2017年12月30日(土) Vol.5483

恒ちゃんは、素晴らしい年末を迎えていらっしゃる。 可愛い人と新宿まで足を伸ばし、カニ道楽でカニざんまい。 カニスキ、タラバの炭焼き、カニの天ぷら、 もろもろ美味いもんばっか。
その頃、俺なんか、 自分で、さあーさあと作っちまった手料理を、1人で食べていた。
昨晩も、竹田、宇田川の酒好き9人で、 焼肉忘年会をやったらしい。 当然、恒ちゃんも参加。 二次会はカラオケ。 その上、3次会に、竹田、宇田川、熊と小鉄で流れ、 宇田川が待望の名門木の子荘に泊ったらしい。
朝4時頃まで飲んだらしい。 飲めない俺は付き合えない。 橋本と緒方は、やっぱ何んもなかったらしい(笑)
「何んもない、何んもない、何んもないよ」
今年も残り一日。 道場生並びに関係者の皆様方、 温っかいふれ合い、ありがとうございました。
しかし、何んもねえなー(笑) なあ、橋本社長よー。

         雀鬼




ホント、何んもないですね〜(笑) でも、会長、あんまりそれを言うと・・・
(橋本社長)

こちらこそありがとうございました。 会長のお陰で、 仲間とたくさん楽しい時間を過ごさせて頂きました!!
(竹田)

美味しい物は、会長からお勧めして貰ったもので、大満足でした。 有り難うございます。 でも、会長の手料理も気になってしまいますね。 焼き肉忘年会にも参加しながら、ぜいたく過ぎる気もしますが。
(恒)

食べて、歌って、飲んで、楽しかったです。 そして宇田川さんが、とうとうキノコに! でも3時間では、短いなー、次は夏ですね!(笑)
(小鉄)

■2017年12月27日(水)その2 Vol.5482

ワイドショーっていう番組、 あれ、よかねえよな。
政治経済、社会、特に芸能界に、 色々と問題が起きると、 ボヤを焚きつけて、大火にしちまう。
江戸の名物、けんかと火事ってあったが、 テレビ界がバンバン薪をくべて、 ほれ見ろよ、と、視聴者という野次馬に情報を流す。 特にこの馬がメス馬ばかり(笑)
その馬達も、毎度見ちゃ、 テレビに向かって、文句を並べている。
この頃さぁ、家庭の中に文句が多くなったのは、 そのせいだ。
週一日でも文句がねえ日があれば、いいね。

         雀鬼




たまたま見たワイドショーで、 大相撲の問題について キャスターらしき人が話しているのを見ましたが、 あまりにも的はずれで、 他の出演者につっこみを入れられる有り様でした。 あれを見て、真に受ける人がいるのが信じられません。
(ナルコ)

最近スマホを持って、ネットに触れる機会が増えましたが、 そこでも何だよ、これーって言いたくなる物を良く見かけます。 そこにいろんな人が書き込んで…嫌な気分になる物に群がる、 変な世の中だなって思います。
(恒)

■2017年12月27日(水) Vol.5481

緒方を助っ人、いやゲストに迎えた、 我が家のX’masパーティ。
孫達が楽しみ、喜んでくれればいいだけの日。 正直、体はかったるかったが、 緒方が俺の部屋の窓から入って来て、 俺は昔に返って、サンタクロース、 緒方は真っ赤な鼻のトナカイに着替えて、
「真っ赤なお鼻のトナカイさんは、  いつも、みんなの笑いもの・・・・」
と歌い踊りながら、入場。 俺の後ろについたトナカイを見て、
「ワーオ、オガタさんだぁ」
と子供達が大喜び。
俺1人でやって来ていたX’masの舞台に、 緒方が上ってくれて、本当、助かった(笑)
7時半から、12時まで続く、子供中心の場。 楽しさからか、家人も一日御機嫌だったな(笑)
シャンメリーはあっても、酒類は一滴もなし。 それでも賑わう。
6年坊主になった孫をつかまえて、 座ったまんま、あーだ、こうだ、と技をかけてやる。
時折り、悲鳴をあげる孫、 そのおかげで、 動きづらかった足が俺の方はほぐれた(笑)
6年にもなると、 色々と、体を使った習い事をしてるらしく、 子供から、少年の体に変わって、 ちったぁ、たくましくなっていた。
泊りに部屋に入った孫達が、
「今日は、すっごく楽しかった。  すっごく、いい一日だった」
と声を素直にあげる。
「うーん、それでいいんだ」
と腹で思えた。

         雀鬼




緒方さんが、プリントに クリスマスの日のことを書いてくれていましたが、 子供たちを中心に楽しんだ様子が目に浮かびました。 緒方さんにとっても、いい思い出になったのだと思います。
(ナルコ)

お孫さん達の笑顔と喜びは、 自分にもなによりのご褒美でした。 本来の家庭というものの温かさって、こういうことなんですね。 こんなに幸せな家庭が日本中にどれだけあることか。 素敵なクリスマスを自分にも頂きまして、ありがとうございました。 温かさと、楽しさが今も残っています。
(緒方)

楽しかったと思える時間、それが一番のプレゼントだと思います。
(竹田)

■2017年12月24日(日)その2 Vol.5480

X’masイブかい。
深山に固まった体をほぐしてもらった。 何故か、おしりがポッカポッカの気持ちよさ。
物じゃないが、 「心身」をプレゼントしてもらった気分、 ありがとう。
今週のチーム戦の方は、 トップはナルコ誠実チーム。 復帰したウータンと、宇田川の90kgコンビが強かった。
今月度、総合は15p取った竹田チーム。 しげる、シャボ、百武等、元下北軍団のまとまりが、 2位のシンヤ、恒、哲等のチームに、 2p差で勝った。
当然、ラスは学問派の小鉄チーム、 4週でたった2p。 これって、最低だね(笑)
12月度、個人総合点は、 1位、竹田78p、 2位、恒大将63p、 3位、小鉄60p、 この3人が柱だったな。
4位の宇田川も、全体を見ながら、 盛り上げてくれた。
6位のシンヤ、永遠のライバル、ナルコが7位。 8位がレジェンド歌田、 9位は得点王のしげると、哲が入った。
やり通してくれた人達、 おつかれさんでした。

         雀鬼




たった2p差、でも小鉄チームが4週で取ったポイントって考えると 小さくないかもしれません(笑) 風邪でダウンしていた新屋リーダーが最後に電車作ったり、 置いていかれそうだったナルコチームを救った、 歌田さん、宇田川さんコンビ、 週末になると、リーダー以外でまとまりと、打点力を見せる竹田チーム、 どのチームも見せ場がありましたね。 今年最後のチーム戦、お疲れ様でした。 会長、有り難うございました。
(恒)

すみません、正直、2Pとれただけでも、良かったと思っています。 前期も含めても、こんなに、0点とったのは、 人生で無かった経験でした(笑) こんな自分のチームでも、一緒にやってもらえるってのは嬉しいなーと、 より感じれて、色々ありましたが、終わってみれば、面白かったです。 ありがとうございました。
(小鉄)

宇田川さんに加え、歌田さんが復帰してくれて、今週は磐石でした。 それにしても、今週風邪をひいてダウンしていたシンヤに負けるとは…。 本当に悔しい!
(ナルコ)

ナルコは混じりっけなしで素で生きてるヤツで良き学びがあります。 本当に滅多にいない誠実なヤツなんです。…が、オレは勝った。
(シンヤ)

厳しい環境で鍛え上げられた元下北のみんなは頼もしいです。 昨日のシャボさんの強さは圧巻でした! クリスマスとか関係なし(笑)に みんな都合をつけて本当によく参加してくれました。 ありがとうございました!
(竹田)

■2017年12月24日(日) Vol.5479

何んもないでしょう、と、 昨晩はしげるが、わざわざ、 俺の病院があるニューオオタニまで行って、 高級なメロンケーキを、 みんなの分、買って来てくれる。
あのケーキ、俺も茶席で食べたのを思い出す。 一個2000円ぐらいする、 せれぶの女性が食べる奴。
味も知らない小鉄やシンヤには、 コンビニのケーキと変わらないだろうな。

         雀鬼




クリスマスなのでケーキにしてみました。 甘いものの味のわかる会長とシャボさんの分だけで良かったかな? 何を食べても分からない小鉄だけは 本当に食べさせがいがないです。
(しげる)

メロンケーキ、おいしく頂きました! しげるさん、ありがとうございました。 無論、コンビニのケーキでも、同じようにおいしくいただけます! しげるさん、すみません!
(小鉄)

10年くらい前からずっと食べてみたいとは思っていましたが、 売っている場所が場所だけに自分には分不相応で行けずにいましたが、 しげるサンタさんに嬉しく、美味しいプレゼントを頂きました。 しげるさんごちそうさまでした。 そしてサンタさん、小鉄には200円のコンビニのケーキで十分です(笑)
(シャボ)

しげるさん、ありがとうございました。 衝撃的な美味しさでした。 田舎者が、都会にいったら いきなり芸能人に出くわした位の衝撃でした。
(シンヤ)

■2017年12月23日(土)その2 Vol.5478

何んもないから、緒方に、 我が家のX’masの助っ人を頼んじまう。
ある孫にとっちゃ、緒方が来ることで、 プレゼントになる。
年末まで、何日もないが、 何んもない中、何かをやって、 元旦は、我が家で、みんなで正月を迎えられるかな。
その準備も緒方や橋本達がやってくれる。 俺、オレ、疲れちまって、何んも出来ねえよ。

         雀鬼




緒方サンタなら大喜び間違いなしですね!
(小鉄)

何んもないから、がんばるぞー! うがぁ〜!
(緒方)

お孫さん達がはしゃいでる姿が目に浮かびます。
(竹田)

■2017年12月23日(土) Vol.5477

何んもねえんで、いっぱい年賀状を書いたっけ。
一年のご苦労を期して、 お金を頂いたり、酒を飲んだり、 そんなものは一つもねえな。
お金に関しては、入って来るものより、 出て行く方が多い(笑) まぁ、わずかだが。
X’masは孫のためにある。 それもやってやらねば、 ジージサンタが止まっちまう。
プレゼントだけならいいんだが、 毎年、催しをやってたんで、 それが厳しくなった。
昨年は、ピコ太郎とゴジラで、 3時間余り、息があがっちまったけ。
子供から孫へ、 もう半世紀近くやって来た。
大晦日も集まって、 願いも何んもないが、神社に行って、 日本のしきたりだけを通す。
何かを願うんじゃなくて、 本年もありがとう、 と、神ではなく、 そこに集う道場生に感謝の気持を現わす。
このボロ小屋も、半年づつの気持が、 3年以上やっちゃってる。
「神はあの世に行っても、人を恨む」
企業の本性もあちらこちらで出て来たが、 神の本性も出ちまったな。
神は助ける顔して、 すり抜ける道を示す。
でっかい土地に、でっかい建造物、 でっかい金もな、 とにかく、でっかいものは狂おしいんだよな。

         雀鬼




大きな組織にいると、 無関心や自分達の都合優先が目について嫌になったりします。 小さい所に憧れたりしますが、 現状守られていて楽している所もあるんですよね。
(恒)
あの会長のピコ太郎からはや一年、本当一年が早いです。 X'masに限らず、一年通して、 周りの方々を楽しませ続けて下さっている会長はやっぱり凄いです。 神様も人間が造り出したもので、 執着し過ぎるのは危ない気がします。 起こる事の良いも悪いも素直に受け止め、 感謝心を持って生活して行ければと思います。
(シャボ)

もし雀鬼会がでっかくなったら、たくさんのお金が集まり、 それを利用しようとする人が派閥争いをしたりして、 狂ってしまうのではないでしょうか? もちろん、会長がそれを許すはずがありませんが…。
(ナルコ)

■2017年12月20日(水)その2 Vol.5476

なんもないんで、 緒方は神の使いに、 橋本はテロリストになって、 俺はホームレスになるか。

         雀鬼




会長がホームレス→冬を越せない可能性高し。 サブマネがテロ→緒方、神の御許に旅立つ。 サブマネがテロ→サブマネに生き残る気なし。
やっぱり、なんにもなくなってしまいました(笑)
(緒方)

黒い毛糸の帽子をかぶった、見慣れない人が…。 と、思ったら橋本さんでした。(笑) 帽子一つで、印象って変わりますね。 でも、テロリストはちょっと…。
(ナルコ)

ないないない、そこが危ない〜
(はっくん)

■2017年12月20日(水) Vol.5475

道場での今年はもう終わっちまったんかなー。 なんもないのかぁー。 俺と橋本と緒方だけかぁ。 それにしても、俺達3人、なんもねえな(笑)
先日、橋本がポッと言葉をはく。
「この20年、靴買ったことないですねえ」
靴どころか、なんも買わない橋本に、 改めて気づく。
ウータンなんか、毎月、 ネット見ちゃ買ってんのになー。
橋本は決して、ケチとは違う。 物欲みたいのがないだけ。
「橋本、緒方、俺達、なんもねえなー」
「そうですね(笑)」
俺が能がないから、ごめんね。 なんていう会話が出ちまったなー。

         雀鬼




実際、会長からは、有形、無形に、頂いてばかりなんですが、 我々3人、「なんもない」のは、まさに現状ですね。 「全部あるけど、なにもない」 ありがたいことです。 でも、さすがに僕は時々、靴は買います(笑)
(緒方)

サブマネが靴履いているのを、暫く見た記憶がありません。 サンダルの方が個人的には好きですが、さすがに真冬は…
(恒)

ないないない、でもとまらない〜
(はっくん)

■2017年12月17日(日)その2 Vol.5474

今年最後の月例会。 しばらく、心を弱くしていた歌ちゃんが、 迎えに来てくれる。
「優勝すればいいね。  俺、10p差でついて行くから」
心を取り戻してくれた歌ちゃん。 頑張れよ。
宇佐美、宇田川ののんべえ野郎に竹田も加わって、 始める前から、酒を飲んでいる。
酒が出る月例会って、初めてだぁー。 途中まで、うまく行ってたんだが、 最終戦で酒に酔って乱れた竹田と、 何かに酔っている2人に囲まれ、 やっちゃいけない、バシっと打ちをやっちまう。
その回で狂いが出て、 歌ちゃん74pの上に、 89pで俺が立っちまった。
酒飲みとは麻雀打ちたかあねえな(笑)
一方、あっちの世界でやっている、
「最弱戦」
ババの奴、勝ったんか。 時々見るビデオん中じゃ、 ババがまだ、まともじゃねえかなー。 ねえ、森山さん。
森山さんとこの若い子も応援してますよ。 何たって、最弱戦。
チーム戦の3週目、 優勝は竹田チームで、総得点を13pまで伸ばし、 2位はナルコチームで、 ラス争いをしていた小鉄チームがビリッケツで、ビリ脱出。
シンヤチームは、 竹田チームとトップ争いをしていたが、 今週は3着で終わり、総合得点10p。
今週の「電車」は、 牧野、熊、竹田、シンヤ、哲の5人だけでした。
個人総合は竹田が満点の20点。 2位に宇田川が復帰。 3位、恒大将。

         雀鬼




酒の出る月例会は初めてで、どうなることかと思いましたが…。 やっぱり、壊れましたね(笑) 初めで、最後ってことですね。
(小鉄)

会長、大事な月例会で乱打をしてしまい、申し訳ありませんでした。 酔うと大事なことを見落としてしまいます。大変失礼致しました。
(竹田)

今週、歌田さんが連日来てくれて、ビリを脱出出来ました。 ボール遊びが楽しかったんですね(笑)。 それから竹田さん!月例会でお酒はダメです!
(ナルコ)

会長のホームページのお話しとは ほぼ関係ないこの写真は何なんでしょうか(笑) まぁ、酒と酔っぱらいは怖いですよ。 でも自分は焼き芋より宇佐美さんの方が好きですよ(笑)
(シャボ)

酒が出てきた時は、えっ!?という感じでしたが、 今年を振り返ったりして、ちょっとした忘年会でしたね。 麻雀の方は今さらで、言い訳しないで、普段を見直さないとです。 写真の方は、ご機嫌のようですが、今年良い事あったんでしょうし、 司会の二人も、道場に良い変化を与えてくれたり、 良い変化してくれたりで、悪い酒ではなかったと思います。
(恒)

■2017年12月17日(日) Vol.5473

我が家では、床に座ると、 どうやったら、立ち上がれるんだろう、の日々。
足がふらついて、 普通ぶつからないものを、蹴っていたり。
柔らかい長座布団の上に足を乗せると、 足元を取られて、突っ込んじまう。
この足腰、どうなのよ。
もう、このまま動かねえのかなー、と思いつつ、 相撲の弱っちい橋本としげるに、 対戦を付き合ってもらう。
この2人にやられたら、 それこそ、男をやめなけりゃならない。
恒、シャボ、小鉄には敵わなくとも、 弱い者同士なら、なんとかなりそう。
しげるも橋本も、一応、かかって来るが、 押しても引いても、手ごたえなし(笑)
めんどうだから、2人してかかって来てよ。 それも、反応なし。
ならば、前に橋本、後ろからしげるで、 2人してやっつけよ。 これも、押し引きに反応なし。
座って、立てない、よろついてんのも本当。 そんな爺ちゃんと、2人が遊んでくれる。
その後、俺もやりたい、 と、もうバテていたしげる相手に、 小鉄が力相撲を3番。
さらに悪いのは、シャボが、 しげるを死にそうにしちまう(笑)
俺もしげるも病人だからね。 手を抜けよ。
足が出ぬなら、手がある。 左手もダメだが、まだ右手は使える。
どこか一ヶ所使えれば、 体さばきは、どうにかなる。
指一本あれば、 つかめないが、触れることが出来る。
まだ、出来ましたかね(笑)
ねえ、橋本、しげる、 遊んでくれて、ありがとう。

         雀鬼




いやー胸部圧迫により死ぬかと思いました。(笑) 二人がかりなら普通の人ならどうにかなるものですが、 会長は二人で押せども引けどもまったく動きません。 でも力比べではないので疲れません。 それにひきかえ・・・。 しかし昨日はキノコで一番良く眠れました。
(しげる)

しげるさん、すみません!力相撲はダメですね。 自分もちょっと腰やってました(笑) でも、シャボさんとのサンドイッチ状態には、 すみません、メッチャ笑っていました。 よく寝られたということで、お許しを。 というか、シャボさんが悪いんですけどね(笑)
(小鉄)

久しぶりに会長の体遣いを見せて頂き、 やっぱり不思議で、もう一回、もう一回とやってるうちに、 気付けば、しげるさんの顔が真っ白に。 しげるさん、すみませんでした。 でも良く寝れたとの事で良かったです(笑)
(シャボ)

会長に組み付いた瞬間、「あ、もう詰んだ」という感じで、 やばいから、もう動きたくないのですが、 一応、押させてもらっても、重いとか、壁を押してるとかじゃなく、 自分が力を入れてるのかどうかもわからないような、 毎度、毎度、不思議で、本当におもしろいです。 でも次は小鉄さんが、力相撲で倒す!!と言ってました。
(橋本)

指1本動いている時点で、自分に勝ち目はありません。
(恒)

■2017年12月16日(土)その2 Vol.5472

「知らなかった」
明日は今年最後の月例会らしい。 忘年会の時期なんで、集りがどうかなー。
箱根の高級旅館でやっていた、 道場の忘年会も行かなくなっちゃったし、 俺、忘年会、参加無しだな。
男なら、酒の一杯も引っかけたいもんですね(笑)
よしもとばななさん、 山田んところへのお気遣い、 ありがとうございました。

         雀鬼




数年前は、個人ではなかなか行けない旅館に泊まりで忘年会。 道場らしい遊びが始まって、叫び声が聞こえる事も(笑)。 近場でもやれたらと思いつつ、行動に移せずにいます。
(恒)

以前はやれていた事ができなくなってしまっていますが、 だからこそやれる事を大切に、 そして行動を惜しまずに少しでも続けて行きたいです。
(シャボ)

急に月例会を入れた形になってしまい、すみません。 月例会、どの日も人数的に厳しくて、 ギリギリまで、待ってみましたが、厳しい現状です。 ただ、宇佐美さんも来て下さいますし、 月例会が忘年会代わりになるかもしれません!
(緒方)

■2017年12月16日(土) Vol.5471

牧野が電車を走らせていた。 この頃、来ると電車、 やっと、牧野らしいとこが出て来た。
だけんど、チームが弱くってね。 小鉄チームはダンラス。

ここんところ、寒さも厳しいね。
俺、自室じゃ、暖房入れて、石油ストーブ。 寝る時は、ベッドに、上下暖かい毛布に、羽根布団。 だから、寝床の中は暖かいんだが、 どうも背中が寒くってね。
下はパンツの上に、ヒートテックに厚手の靴下。 上は、ヒートテックの上にTシャツ、 その上に、半袖のダウンと、モコモコの半袖に、 暖かいトレーナー、 更に、一番上に裏表がモヤモヤの上着。
そうだ、それに今年は、 腹巻と、ネックウォーマーで、全身を囲む。 朝方、眠りにつく時は、暖房はオフ。
多分、この姿なら、 外の厳しい寒さの中を歩けるほどの格好を 部屋の中でしてるんだよな。
風呂は60℃で沸かし、そこに水を足して、 けっこうな高温の湯につかる日々。
夏は冷房はちょっと入れるぐらいだから、 冷房が効いた店に入ると、止めてもらう。
心が冷てえと、体も冷えるのかなー。

         雀鬼




会長、基本動作の指導をしていただきありがとうございました。 心と体の冷えは関係がないと思います。 小鉄リーダーはTシャツ一枚で元気ですが、 チームは冷えないようにしたいです。
(牧野)

牧野先生は、電車チャンスも、 サクッと物にしてくれます、強い! 弱いチームですが、またよろしくお願いします!
(小鉄)

日に日に寒くなり、夕暮れ時になるとさらに冷え込みます。 体だけではなく、心まで冷えそうです。 会長も皆さんも、体調に気をつけて下さい。
(ナルコ)

本当に寒くなりました。 今回会長は8枚着られてました(笑) 特に心は冷えないようにしたいです。
(竹田)

■2017年12月13日(水)その2 Vol.5470

又、新年を迎えるにあたって、 今年は特に、喪中の知らせが多い。 みなさんが、大切な方々を亡くされた。
この年齢になると、 それが他人事というより、 なんか身近に感じるんですよね。
家人との話の中でも、 そういう時、どうするの、 みたいな話しが出るようになった。
元気で楽しく、いつまでも、 の連続だったが、 そうもいかないよな。

         雀鬼




自分の祖母も少し前に亡くなりました。 いつまでもって訳にはいかない、 だからこそ、日々大切にやっていかねばです。
(恒)

徐々に会長からお伺いする体調にも変化が起きています。 ちょっとづつ、ちょっとづつ、 いつまでも、ではない足音が聞こえてきています。 道場では、会長を中心にみんなで楽しく過ごしたいです。
(緒方)

■2017年12月13日(水) Vol.5469

山田んところには、 宮本、仁尾、清水、木田、氏本等が居る。
ここには、木の子の3人、恒、小鉄、シンヤ、 ナルコ、竹田、橋本、緒方等がいる。
山田に比べると、 まだまだ、漢っぽさを知らない。
でもね、昔は 俺があって、みんなが居た感があったが、 この頃じゃ、 いつもの顔ぶれが、俺を呼んで、 少しは動かしてくれる大切な存在。
「俺達には明日がない」
をモットーに、やれることをやって来た日々。
山田に義理を省いちまった。 その後に2つのバツ。
昨晩やっと眠って、トイレを催し、 暗い中をベッドから、どうにか立ち上がる。
足元を掬われる。 右足が氷の上を滑る風に、 そのまんま、図体のでかい俺が上向きに倒される。
頭は打たなかったが、 体の節々に軽い痛みが走る。 起き上がることも、体を横に振ることも出来ない。
眠っている間に固まっていた体、 しばし、どこも動けず、 暗闇でじっとするだけだったが、 小用の方が待ってくれない(笑)
床に片付けずに置いてあった、 トレイの上に足を乗せちまっただけのこと。
これも、バツだな!!

         雀鬼




会長、仲間が居てくれて、日々やれる事があり、有難いです。 道場なかったら何やってたんだろうって考えたりしますが、 ろくなもんしか思い付きません。 立て続けの異変、不義理な自分達の分も 受けられているんじゃないかと思ってしまいます。
(恒)

どうしたら、もっと漢らしくなれるのでしょうか? 漢っぽさ、漢らしさは雀鬼流と同じで、 あらゆることに通じるものだということは分かるのですが…。
(ナルコ)

マネージャーにはいつも頂きっぱなしで、 何も返せていないですが、 これからも道場で少しでも、返せるような行動をしていきたいですし、 少しでも男の子になれるようになりたいです。 マネージャーからまだまだ、学ばせて頂きたいです。
高槻塾 氏本

■2017年12月10日(日)その3 Vol.5468

12月度チーム戦2期目、 竹田チームがしげるの号令の元、 しげる、シャボ、百武、熊、が 電車(5トップ)を走らせて優勝。
うーん、竹田リーダーは、 電車なしって、どういうこと。
これで竹田チーム、前回2位で、 合計得点8pまで伸ばす。
一期優勝チームのシンヤチームは、 恒大将が電車、その他のチーム員が万遍なく、 そこそこのポイントを取り、 合計得点8pで竹田チームと並ぶ。
ダンビリ決定チームの小鉄のところは、 姿は見せねども、クノイチ効果か、 牧野が2両も電車を作って、ラスを逃れ、やっと2p。
ビリになっちまったナルコ、誠実チーム。 宇田川一人の頑張りじゃ、厳しいやね。
個人成績は、小鉄、竹田、両リーダーが19pで並ぶ。 3位に恒大将、4位にシンヤリーダー。 5位に牧野が11pで初入賞、 お見事でしたね。

         雀鬼




補欠を脱した小鉄リーダーの活躍に今週は何とかついていけました。 クノイチ効果は自分ではなく、チームに効いてくれたようです。 来週からも厳しいですが、盛り上がっていきたいです。
(牧野)

しげる君の号令を受けて、 きっちり達成する元下北組カッコ良かったですね。 竹田リーダーまたもや・・・ 新屋チームもう一伸び足りずでしたが、 初期メンバーは全員集合!メンバーを誇らしく思います。 あとはライバルのナルコリーダーの巻き返しに期待ですかね、 新屋リーダー?
(恒)

やっぱり、負けるのって、嫌ですね。 でも、うまくいかないときが本当の実力。 やり直すしかありません。
(ナルコ)

月曜日にヒャックとくまが電車をつくったと聞いて、 これは今週はチーム全員電車もあるのではと思っていましたが、 土曜日は誰も電車をつくれなかったので、 日曜日に全員電車宣言をしました。 シャボさんと自分はなんとかクリアしましたが、 竹田リーダーは、なぜか日曜日になるとトップがとれず残念です。 しかし、磐石と思われたシンヤチームをまくれたのは嬉しいです。
(しげる)

しげるリーダーの号令で チーム全員電車を走らせる事ができました(笑)
(シャボ)

やったー!ラス脱出! と思ったら、くのいち効果なんですね(笑) 牧野先生、ありがとうございます! でも、もっと素直に好きなものは好き と言えるようにお願いします。
(小鉄)

相変わらずつまんないコメントだなナルコ。 もう上位にはいかれねぇな。 お家でおかあちゃんのタバコでもパカパカ吸ってろバカ。
(シンヤ)

申し訳ない限りです。 自分だけ乗り遅れてしまいました。 でもみんな凄い頑張ってくれて1位になれました。 ありがとうございます!
(竹田)

■2017年12月10日(日)その2 Vol.5467

今日は、ダマテンで、 高槻の山田のところへ行く予定だったんだが、 残念ながらも、どうもね。
向こうへ行って、 俺が迷惑なことになっちまったらいけねえな、 と、思考をそっちで治める。
バチじゃないけど、出掛ける前に、 思い切り左足の全部と膝をストーブにぶち当てる。 瞬間的な痛みがあった。
その後で玄関の外の3段の石段を降りる時、 2段目で何故か、ひっくり返り、 後ろにいた家人にぶち当たる。
踏み外して、前に倒れるならまだしも、 後ろへこけるとは、 これもバツだな。
山田んところも塾を始めて、20年がたった。 正直、難しいことを、よくも続けてくれたもの。
山田も漢、俺も漢、の付き合いも変わらず、 30数年、やり続けて来た。
ここを通った人は、何万人か居るだろうが、 男としての存在は、ダントツで山田英樹のもの。
俺がいて、側に山田がいれば、 周りの者達には悪いけんど、 みんなガキに見えちまう。 それは多分、みんなも同感だろう。
裏の世界で言えば、 俺が親分で、山田は若頭、 20才の頃に、俺と出逢った山田も、 50代を越えた。
山田の人生の中に、俺が強く食い込んでいよう。 山田んとこの若い子も、宮本、仁尾、清水と、 山田と伴に歩き続けた者もいる。
やくざにスカウトされるごっつい山田だが、 義と人情が深い奴。
本部で働いてくれた頃から、 一番の人気者だった。
俺の側で、若くしてすぐ、 幹部のマネージャーを勤め上げ、 その後も「マネージャー」は欠番。 俺が会長なら、山田はマネージャーで通している。
行ってやりたかった。 ゴメンな、マネージャー。 その分、きちんと、バツは受けているからね。
山田がたった一人の弟子かもな。 後は選手だったり、仲間かな。
俺が振り返っても、山田と伴に暮らした時代からが、 俺の本当の人生だった。
男と男としての筋を決して外さなかった山田は、 やっぱ、雀鬼流だな。

         雀鬼




会長、思いもよらぬ、 テレビ電話でのお祝いのお言葉、有り難うございました。
半年位前から、会長がサプライズで、 もしかしたら来られるかもしれないと思っていましたが、 本当にそう思って頂いたと知り、 それだけで有り難く思います。
今日は40人を越える仲間逹がお祝いに来てくれました。 会長との出逢いがなければ、 これ程までに楽しく充実した時間は無かったと思います。
会長がいらっしゃるからこそ、 ここまで道場を続けてこれました。
雀鬼流があったからこそ、 男としての生き方をぶれずにやってこれたと思います。
有り難うございます。 これからもよろしくお願いいたします。
高槻塾 山田M

会長、今日はありがとうございました。 高槻塾の20周年、まさか会長と電話でお話しできるとは 思いもよりませんでした。とても嬉しかったです。 20年本当に色々なことがありましたが、 会長とマネージャーにお会いできて、 今の自分があるのだと思っています。 これからも会長とマネージャーの繋がりを 側で感じさせて頂ければと思っています。 よろしくお願いいたします。
高槻塾 宮本

山田マネージャー、高槻塾の皆さん、20周年おめでとうございます。 会長とマネージャーは、僕たちに男と男の関係を見せてくれます。 今の自分は弱く、男らしさも足りません。 でも、マネージャーを良い見本として、これからも学ばせて下さい。
(ナルコ)

会長、本部の皆様、高槻塾20周年を祝って頂き、 ありがとうございました。 20年間、その時その時で輝いた人、やってる人色々いましたが、 会長が雀鬼流を始めて頂き、 マネージャーが高槻塾を続けて頂いたおかげでの濃い年月でした。 自分は凄いことをやった訳ではありませんが、 周りに色々頂いてここまで来れたと思います。 ここで教わったこと、沢山ありますが、 またまだ出来てないことのほうがもっと沢山あります。 21年目も宜しくお願い致します。
高槻塾 清水

高槻塾20周年寿司大会中に会長からの突然の電話かなり驚きました。 会長とマネージャーのお話を側で聞くことが出来て嬉しかったです。 会長とお電話で話させて頂く機会も頂けて最高でした。 こんな自分にも声をかけて下さりありがとうございます。 これからもマネージャーの側で道場を大切にしていきたいです。 一日一日を大事に歩んで行ければと思います。 会長ありがとうございました。
高槻塾 氏本

自分なりに出来る事が増えたと感じる事もありましたが、 マネージャーのお姿を拝見すると、 男として、雀鬼流を学んだ者として、 自分なんかまだまだ遥かに遠く、及ばないのを感じます。 ただ届かずとも、目指すべき姿として 追いかけてさせて貰えたらと思います。 マネージャー、高槻塾の皆さん、 20周年おめでとうございます。
(恒)

マネージャー、高槻のみんな、20周年おめでとうございます! 会長とマネージャーのつながり、 いつもながら、凄いな格好いいなと思います。 自分は本部で学ばさせて頂いておりますが、 とても雀鬼流だとは言えません。 少しでもマネージャーに近づけるようにやっていきます。
(竹田)

■2017年12月10日(日) Vol.5466

雀荘って大人の遊び場だろう、 それが常識。
ところがよ、別荘で遊びまくった 小学四年の女の子がママと顔を出すと、
「遊びたいんだろうなー」
雀卓を横にどけて卓球はやるし、 ボールが隙間をビュンビュン飛んでくわ、 最後には、隅っ子の卓を使って、 シャボ、小鉄、シンヤ、緒方、竹田で、 学校の運動場で楽しい遊びをやっている以上のでっかいコールの、 みんなしてのバカ笑いが何時間か続く。 俺とママと恒は、それとなく大人の話しをしていた。
ゆいのちゃんは、物心を持たない頃、 父親を亡くした、母子家庭。 だから、道場生のみんながお父さんで、 俺がジージにダブルのかな。

         雀鬼




昨夜は「早めに切り上げて帰ろうね」 そう言い聞かせたのですが、 エンジンがかかってしまったら無理でした… 娘と私、それぞれが普段持てない時間をいただき、 とても楽しかったです。 それにしても、不思議な話が重なった1日でした〜。 会長、道場の皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m
(とも子)

自分は子供の前では話し難い大人の話。 ご縁があったのか、なかったのか、 謎が1つ残ってしまいましたが、多分、誤解でしょう。 ゆいのちゃんの周りは、 会長の声が聞き取りにくくなる程、大盛り上がり! でも、後から聞くと、ゆいのちゃんより、 道場生の方がテンション高かったようです(笑) 道場生も子供がいてもおかしくない年代ばかりなんですよね。
(恒)

いやいや、とも子のお母さん、 あなたもなかなかエンジンかかってましたよ。 とりあえず、麻雀打ってる横から 顔面に全力でぶつけんのマジ痛いからやめて下さい。
(シンヤ)

■2017年12月9日(土)その2 Vol.5465

ゆいのタイムは深夜2時までになっちゃった。
うるさいこと、うるさいこと(笑)

         雀鬼




ゆいのちゃんを中心に、 シャボさんタイム!シャボさんタイム! 最高でした〜!!
(竹田)

もう、腹を抱えて笑いました!
(小鉄)

■2017年12月9日(土) Vol.5464

道場の外から、ゆいのちゃんの姿が見れる。 久し振りに来てくれたんだ。
前回はソフトの監督を見事にこなしたんで、 今回は早速、卓球台を作り、 ゆいの監督に対するチームを作って対戦。
すでに、4試合を終えて、 ゆいの監督チーム、2勝2敗の接戦。
チーム戦の方はストップしちまって、 ゆいのちゃんを中心に道場は子供の遊び場に変化。
道場って、言ったって、 こんなもんなんです(笑)
冬なのに、道場内は暑いです。

         雀鬼




昔は道場休みにして、 朝から日が暮れるまでソフトボール大会やったりしましたね。 道場外のイベントが少なくなっている中、 貴重な時間を作って貰ってます。
(恒)

源蔵監督を中心に、大盛り上がり! でも、監督!試合見てください!(笑) 楽しかった〜!
(小鉄)

道場の横を通ると、すでに中から賑やかな声が! 今回もゆいのちゃん何をやるにも楽しんでたな〜。 道場に来るために、 ピアノや宿題を頑張って終わらせて来たみたいです(笑) 遊んでる途中ボソッと 「ここが学校だったらイイのになぁ」 と呟いていました、分かるっ!、分かるよゆいのちゃん! 道場が学校だったら最高だよね!(笑) またのご来校お待ちしております。
(シャボ)

ゆいの監督、遊んでいただきありがとうございました。 暑いおかげで、ヤバい臭いが発生してましたが、 オペもしていただきありがとうございました。
(牧野)

仕事を終えて、道場に来てみるとびっくり! また、ゆいの監督に鍛えてもらいました。
(ナルコ)

■2017年12月8日(金)その3 Vol.5463

神山さん、毎度、お葉書ありがとうね。 いつも、アラビア文字で読めねえんだが、 今回は3人で、謎の暗号文を解読しました。
こっちも謎だらけなら、 そっちも謎ばかりじゃん。 偉い作家の文字は難しいね。
そういう俺も乱筆、受け合いです。

         雀鬼




僕も少し見せて頂きましたが、 あれは本当に読みづらいですね(笑)
(竹田)

まさに、暗号文でした! でも、まだ1文字?の謎は残ったままです(笑)
(小鉄)

ナょ`ノ゛£‡゛乙゛£(笑)
(ぉカゞナニ)

■2017年12月8日(金)その2 Vol.5462

月火水木と、海外旅行以外で、 我が家で、これだけサボったのは、初めてかな。
正直、これだけサボってると、 楽などころか、心身が日増しにダメになっていく。
気持が他に移っている者はよかろうが、 俺にとっては、ここが大切な場。 どんな薬よりも、ここで楽しい事やれると薬になる。
羽生先生が大偉業を成した対局のすぐ後、 居ても立っても居られずに、 多分、お忙しく、出られないだろうと思いつつ、 電話を入れちまう。
いくつかの報道陣を相手に語られた後、 ほんのひと休みと、自室に入られたところへ、 タイミングよく・・・、
「お疲れ様」
「ハイ、ありがとうございます」
「一声だけで結構です」
「大丈夫ですよ」
と大勝負をした直後に、 興奮や大喜びも出されずに、 羽生先生6割、俺、4割の話が弾む。
毎度のことながら、勝負師のはしくれの俺に、 素晴らしいものを下さる。
いつもなら休む金曜に、ここへ来て、 羽生先生との触れ合いの原稿を一本仕上げ、 麻雀を打ってみると、 一局で10万点のトップでした(笑)

         雀鬼




会長、写真ありがとうございました。 早速、額に入れて飾らせて頂きました。 羽生先生、お疲れ様でした。 素晴らしい勝負をみせて頂きありがとうございました。
(小沢)

大きな勝負の後に、 普段通りの会話をされている感じなど 会長からのお話しを聞いて、 「うわー」という感じが湧き上がって来ました。
(小鉄)

体を壊すような無理はいけないと思い、 週に一回位道場を休んでいますが、 これも怠け、甘えだな、と思ったりもします。
(ナルコ)

■2017年12月8日(金) Vol.5461

俺の一方的な約束通り、 羽生さんが最後の竜王戦も勝って、 7つの永世タイトルを全部取った。
まさに将棋界の王だよな。

         雀鬼




ちょっと前まで若い子の話題ばかりでしたが、 羽生さんの積み上げられた実績、 改めて凄まじいなって思います。 40才から本当って以前会長からお話があって、 とても比較は出来ないですが、 自分はどうなんだろって考えたりします。
(恒)

羽生先生!おめでとうございます! 凄すぎます! はい、まさに、王ですね。
(緒方)

羽生先生が初めて道場に来てくださった時、 会長と何時間も話していたことがありました。 会長が本当に楽しそうな、 嬉しそうな表情をしていたのを今でも覚えています。 羽生先生、永世七冠おめでとうございます。
(ナルコ)

■2017年12月3日(日)その4 Vol.5460

12月のチーム戦、一週目、 ダントツトップは卓球で下手を打った恒大将を抱えた、 シンヤチームが234p、2人で電車を作る。
その3分の1しか、 ポイントを取ろうとしない小鉄チームが 79pでダンビリ。 チーム員が妻帯者ばかりじゃ、勝てっこないね。
2位は個人点だけで98pを叩いた竹田チーム。 電車も竹田としげるで、2両走らせた。
3位は電車はウータンだけのナルコチーム。
これからの競いも、小鉄チーム以外で決まるな。 小鉄、四週連続0点は淋しいぞ。
淋しいって言えば、 車で来なくなっているシャボが、 しげると伴に9時頃、帰っちまうのは、 穴が空いたように寂しい。
竹田が生き返ったよう、 個人総合も満点の20p。 恒とシンヤが続く。
10p以上の二ケタが 初めて、8名にまで増えた。
何故なんだろうね。

         雀鬼




会長、皆様、竹田リーダーすみません。 約1ヶ月電車通いになってしまいましたが、 改めて毎週電車を作って帰る しげるさんの凄さを感じたりもしました。 あと放課後の触れ合いの楽しみ、大切さも感じます。 来週からは車で行けると思いますので、 もう少しチームの力になれるように、 そしてまた皆様とご一緒させて頂ければと思います。
(シャボ)

卓球では下手打って、ウータンに懲らしめられましたが、 遠方からの応援もあって、新屋チームが1位! ただ日曜日のシャボさん中心とした竹田チームの勢い凄まじく、 全く気が抜けなかったです。 小鉄さん、頼りにしていた相方にもすっぽかされ・・・ やはり、クノイチの力を借りるしかないよ、ご近所の馴染みでさ。 個人総合は打数2位なのにポイント取れてない小鉄さんの影響ですね。
(恒)

今週は、シンヤさんに完敗でした。 ここ最近で、一番悔しい出来事です。
(ナルコ)

板倉さんが入って下さったり、週末みんな頑張ってくれて、 2位に入ることができました。 竹田のポイントは運に恵まれて伸びましたが、 内容が伴わず悪戦苦闘の日々です。 シャボさんがいるといないとでは全然雰囲気が違います。 シャボさんの環境が整うのをみんな心待ちにしております。
(竹田)

現実を見ると、相当厳しいです。 はい、4週連続は寂しいです。 1週でもなんとか、3位以上をとりたいです。
(小鉄)

もはや、べしゃりでも麻雀でもシンヤに勝てないナルコ、 勝ってることと言えば、つむじの数くらいでしょうか、 ナルコは、つむじが二つ、シンヤは一つ、 まぁ二つもいらねぇけどな・・・
(シンヤ)

■2017年12月3日(日)その3 Vol.5459

「ヨシよ、食ったぞ」
昨晩、みんなは出前、 俺一人ボッチでカップラーメン。
シンヤには、 この領域は己の陣地だから、 会長は入らないで下さい、 と悲しそうに止められた。
ガツガツ食ってやる(笑) ただスープが俺にはショッパ辛かった。
昨日は一日、初めての味噌ラーメン、 190円だけで済んだ。
ヨシよ、あのインスタントラーメン、 道場生は誰も食べたことなかったって、 意外だったな。
俺が高校頃、 初めて史上に出回ったチキンラーメンを思い出した。
そうだ、あの頃、昼間は散々遊びまくって、 ちょこっと寝て、深夜、 こんな俺でも深夜、こんな俺でも試験のために、 一夜漬けの勉強をし、 その時、夜食で食べた味がチキンラーメンだった。
よき思い出です(笑)

         雀鬼




会長がカップラーメンを食べている一方、 僕はおいしく出前の料理を食べてしまい、失礼しました。 それから、会長がチキンラーメンを 食べたことがあるのを初めて知りました。 ちょっと意外でした。
(ナルコ)

■2017年12月3日(日)その2 Vol.5458

昨晩、あれ程みんなを卓球で引っ張り回したシンヤ。 外へ出たり、あっちこっちを、 財布をなくしたと探していたらしい。 昨日の今日、クノイチ忍法に、もう、かかったらしい。
「みんな、立ってやれや」
全員で下の方を探す。
洋服立ての側に立っていたシャボが、 自然にかかっている、あのボロボロバッグを発見。
「シンヤ、金と女には気をつけろ!!」
道場生達内では、 他の者のお金に手を出すような者は、今は居ない。 治安はいいね(笑)
でも、苦しかったり、厳しかったり、 痛かったりすることは、ざらに起きるな。
家は道場だから、麻雀の勝ち負けで一銭もかからない。 ノーレートっていうやつね。
もし、お金がかかった雀荘にしておけば、 俺の懐が潤うのに(笑)
なんで、やれば勝てるものを、やんねえのかなー。 勝つから、やることもあれば、 勝っちまうから、やらねえ、てこともあるんだよな。
一般の人には理解出来なくとも結構です(笑)

         雀鬼




財布は自分が見つけた訳ではなく、 近くを探していたらシンヤ本人が見つけていました。 ただ、普通に洋服掛けに引っ掛けてあったので、 無くしたとか落としたと言う類いではないと思うのですが…、 これもくのいち絡みか〜。 そして自分もシンヤもノーレートで助かっております(笑)
(シャボ)

金銭絡みのトラブルは、ほとんど見たことないですね。 財布ほったらかしだったりしますが。 治安悪くはないですが、 いい年した大人の悲鳴が聞こえる事あります(笑)
(恒)

クノイチ忍法はいつ、どこで、かかるか分かりません。 シンヤは今回は、目くらましの術にかけられたんですかね(笑)
(小鉄)

皆様の手を煩わせしまって、本当に申し訳ございません。 会長のお言葉を心にとどめて治めていきたいと思います。
(シンヤ)

■2017年12月3日(日) Vol.5457

俺より先輩の、 元プロ野球の好選手だった方から電話。
俺の体を気遣ってか、 会長の大ファンのマッサージ師さんが居るんで、 その人が一度、会長の体にふれたいと・・・・・。
わざわざ、お逢いすれば、又一つ縁が増えちまう。 この社会は人脈だ、この言葉は好まないが、 もう十分、多種多様な方からご縁を頂いた。
よく聞く話し、
「あっちに素晴らしい人がいるよ。  そこへ訪ねれば、凄い方がいますよ」
俺、そういうのって、 全く興味がわかないんだよな。
向上心ていうもんが欠けてるんだな。

         雀鬼




「桜井章一という凄い人がいる」 武術家の甲野先生の本がきっかけで、 会長や皆さんと縁ができました。 でも、これ以上、人間関係を広げたいとは、僕も思いません。
(ナルコ)

向上心、多少はあった方が良いんでしょうが、 囚われると・・・反面教師の見本のような方いましたね。 今頃何してるんだろう。
(恒)

■2017年12月2日(土)その5 Vol.5456

早矢香からメール来たじゃん、 それから、さぁーっと、雀卓が卓球台に変わって、 みんなして、朝4時まで、やっちまった。
卓球って、けっこう動くっていうか、 歩を進めるゲームじゃん。
歩けない俺には、息があがる。 けんど、早矢香は鬼っ娘、 俺はその親鬼じゃん。
公式戦一回戦、必死こいてやって、 12名のトーナメントで優勝したぞー。 元卓球部ともいたしてな。
その後の練習試合は、 スタンスを取ったら、一歩も動かずにやったが、 けっこう、俺、強かったよ。
ボールと来たら、あのウータン、 やっぱり、面白い動きをする。 イージーもすぐ外す(笑)
っていうことで、ウータンに5本連取の試験が始まり、 何人かは、すぐにクリアして、 ソフトの時、ウータンをもてあそんだ、 恒、シャボ、シンヤの3名がずーっと残る。
どうにか、恒とシャボはクリアしたが、 恥ずかしいことに、タフなシンヤが、 18回もチャンスをもらっても不合格。
どうも、奴は近場の女子に惚れているらしい。 みっともねえシンヤでした。

         雀鬼




1回目のトーナメントは会長が卓球経験者を破っての優勝、 スカッとしました。 その後はウータンタイム。 やっぱりウータンはボール遊びが好きなんですね。 しげるさんとの試合はゴールデンカードで外れなし!最高でした。 ウータンチャレンジはいつもウータンで楽しみ過ぎている、 永井さん、シンヤ、自分が最後まで残ってしまい、 自分はかなりショッパイ卓球でしたが、 何とか勝てたのですが、まさかシンヤが…。 でもそんな理由があったんですね。残念(笑)
(シャボ)

ソフトの時と逆にウータンが壁になっているのが面白いです。 ボール遊び時のウータン最高! しげる君との名勝負も良かったですね。 新屋、素直になりなよ。
(恒)

僕はその場にはいませんでしたが、 前後左右に振り回されるウータンの 姿が、簡単に想像できてしまいます(笑)。
(ナルコ)

深夜の卓球、楽しかったですね! 卓球でもウータンは持っていきますね〜 繁さんとの試合は最高でした。 シンヤ!何やってんの?
(竹田)

意識したわけではないのに、 キャッチボールでウータンをいじめていた、 あの三人が残るなんて、面白いですね。 それにしても、シンヤがそうだったなんて・・・、残念です。
(歌田)

なかなかの屈辱です。
(シンヤ)

■2017年12月2日(土)その4 Vol.5455

病院の先生から、肉食を少し減らして・・・。
寿司とか、うなぎが、その分増えた。 冷蔵庫を開けると、 焼肉と、シャブシャブ用の肉があった。
肉が好きな孫達のために、 めんどうだったが、調理場に立ち、 焼肉用の方に手を加える。 手際よく作った焼肉を、皿に盛った飯の上に並べる。
うまいかい。 うーん、おいしい。
家人が、これ、城西苑のお弁当の味と同じだぁ。 確かに、俺もあの大好きな城西苑さんの 焼肉弁当を食べている気分だった。
肉を調理している時に、 これ、ユッケもいけるな、と思えた。
シャボ、どうよ。 やるだろう(笑)

         雀鬼




遂にご家庭であの城西苑さんのお弁当の味が再現されるとは! 自分もチャレンジはしてみますが、 間違いなく上手くはいかないと思います。 やっぱり会長の料理も凄いと言うか不思議ですね。 次はユッケですか、これも美味しいんだろうな〜。
(シャボ)

■2017年12月2日(土)その3 Vol.5454

合い間をぬって、 大型店の床屋から、 一人小舟に乗って、一人ボッチで開いたヨシの店へ。
ヨシ、運よく仕事から外れていた女の子が 手伝いに入ってくれている。
先月行った時は、 店ん中は俺とヨシだけだった。 なんか淋しかった。
先日行った時は、 中年の男性と女子の中学生が先客に座っていた。
俺が入っても、
「いらっしゃいませ」
も言わないヨシ。
水道屋ですが、 と店内の水周りを点検する。
外も見ますね、と裏口から外へ出て、 タバコで一服していると、女の子が帰ってくる。
「会長の午後の紅茶を買って来ました」
少し待って、俺の番。 他のお客も帰って、灰皿が出てくる。
「遅くなっちまったな。  お前達、食事は」
「まだです」
「わかった。  俺、客じゃねえから、勝手に飯食べな」
おなかを空かした女の子が奥でガサゴソ。
「物置き場じゃなくて、  俺の隣に来て食べなよ」
女の子がインスタントのラーメンが出来上がるのを待つ。 大人になって、ほとんど食べたことがない食事。 一口くれる。
「けっこう食べれるじゃん」
今度、俺もこのラーメンに挑戦するよ。 もやしに続いて、インスタント食品。
ヨシも食っちゃえ。 出て来たのは、 インスタントのそばの上に揚げ物が乗った奴。
一口頂く。 こりゃダメだ(笑)
開店して、二月目を迎える、 辺鄙なところにある床屋さん。
ガラス張りの窓越しに店内が見える中で、 多分、料金をちゃんと支払う客の俺の周りで、 インスタントのそばを食べるヨシ達。
お前ら、これ、夜食かい。
「ハイ、そうです」
朝食は食べたか分からんが、 多分、その後、やっと食べれたのが、この食事。 みんな大変な中で働いている。
ヨシよ、学べたぞ。

         雀鬼




皆が出前を頼む中、会長がカップ麺を食べられてる! しかも、結構な勢いでした。 こんな理由があったんですね。
(小鉄)

インスタントラーメンが夕食なんて・・・。 きっと、ゆっくりご飯を食べる余裕もないぐらい大変なんですね。 そういえば、美容師の母親が、お客さんからの差し入れを、 いつも喜んでいたことを思い出しました。 小さい頃、それが嫌だった記憶がありますが、 その裏にあっただろう大変さに、今やっと、気づきました。
(緒方)

この業界、よほど好きじゃないと続けられない、 って聞いた事あります。 何だかんだで守られているサラリーマン、 ぬるい世界だよなっておもったりします。
(恒)

■2017年12月2日(土)その2 Vol.5453

ゲームの合い間に問いかける。
学校楽しいかい。
「あんまり」
先生は好きかい。
「普通」
道場に遊びに来るのって楽しいかい。
「すごく楽しい」
誰が好きなんだい。
「緒方さん!!」
後、好きな人は。
「シンヤ番長」
3番目は。 ・・・しばしたって、
「小鉄さんかな」
緒方は孫の気持を思って、 楽しませてくれている。
家人が申すには、 緒方さんと遊んでもらってから、 あいさつや、言葉もしっかりして、男の子らしくなった。 大切なことを遊びながら学んだんだな。
2年前の別荘で、シンヤと、 みんなの似顔絵書いて、ツボに入ったのか、 寝る前まで、ゲラゲラ大笑いして、 ひっくり返っていたっけな。
ここまでは分かる・・・。 3番手の小鉄・・・、 遊び方を知らない小鉄が、なんで。 もしかしたら、子供の目には、いい人に写ってんのかな。
ママ好きかい。
まあまあ。
パパは好きかい。
まあまあ。
バーバは好きかい。
まあまあ。
ジージは好きかい。
「好きだよ」
よしよし(笑)

         雀鬼




びっくりですが、凄く嬉しいです! 別荘の時、遊んだことを覚えてくれていたんですね。 ほんと、嬉しいな〜。
(小鉄)

しっかりアイサツをしよう、元気よく声を出そう、 そんな気持を出している姿を見ると、 嬉しい気持にさせてもらえます。 これからも遊ぼうね!!
(緒方)

お子様と遊ばせていただくのは、非常に楽しい! 2年前の別荘のあの笑顔はたまんなかったなぁ。 良き学びと、心の影響をいただきました。
(シンヤ)

■2017年12月2日(土) Vol.5452

テレビ局って嘘っぽい作り物だが、 先日来た3人は、ぶっ飛ばされ、ぶん殴られても、 それを今流れてるような暴行とは、決して、思えないほど、 楽しかったと思うぜよ(笑)
「業界に入って、一番会いたかった人は、  桜井会長でした・・・・」
ほれ、ハナっからお世辞(笑) 奴等の出方は、上からか、下からか、組み込んでくる。
まぁ、俺が相手じゃ、よっぽどのバカじゃなきゃ、 上からは来ないよな(笑)
「一番興奮し、感激した、  最高に幸せな時間でした・・・」
これは、ちょっと持ち上げ過ぎだが、 取材に来て、 何か余分なお土産もらったのが彼等だったな。
メールを返してくれただけで、良かったぞ。

         雀鬼




取材の後、メールを送ってくれる方、意外と少なく、 その場に居れなかったですが、 多少なりとも心のある方々だったんだなって思います。
(恒)

確実に取材以上のものを、会長からもらって帰られました。 かなりの贅沢な、贅沢すぎるお土産だったと思います!
(緒方)

■2017年11月29日(水)その2 Vol.5451

テレビの仕事を終えて、 2卓並べた麻雀卓の上に、 早矢香ちゃん、オリンピック銀メダル獲得記念に、 みんなして寄せ書きした板の上で、卓球対決。
見事、ナルコが優勝。
相撲やソフトほどタフじゃなく、楽しく遊べた。
その後、年末に向けた3本の原稿の内の 2本目を仕上げる。
仕事、仕事って書いてんけど、 ほとんど遊んでいるようなもん。
不健康で不真面目な俺だもんな(笑)

         雀鬼




取材が始まる前、会長が渡部ちゃんを相手にやっていたのを、 見ていたのが良かったのだと思います。
(ナルコ)

会長は仕事でも遊び心を入れて楽しんでしまわれます。 取材に来られた方もほとんどが笑顔で帰られます。 自分だけでなく周りの人も楽しませることが 大切だと学ばさせて頂いております。
(竹田)

会長、夜の卓球楽しそうですやね。 自分は卓球はヘタですが、皆さんと卓球したいです。 できれば名誉市民のメダリストにご指導頂きたいです。 無理だろうなぁ。
(パパ)

■2017年11月29日(水) Vol.5450

「17年も前から逢いたかったんです」
「そうかい」
テレビ局からのカメラが入る。 遊びに来ていた孫達に、
「ジージ、講演会より嫌いな仕事が、  テレビなんだよ」
これ本音。 卓球の早矢香関連じゃ、 付き合いってもんがある。
なんだかんだ注文が入る。 どうせ、尺も短いのにさあー(笑)
お話中、
「たばこ、お似合いなんで、どうぞ」
ちょっと、気を使ってくれる。
「麻雀打ってるところ、撮りたいんですが」
「嫌だよ、見世物じゃないんでね」
「個人的に観たいんですけど」
本当、テレビは、わがままだ(笑)
何度も願うんで「じゃ、ちょっとな」
二三四五六七EF345白西南 の配牌。
第一打に、当然、出来ているメンツから二万を切る。
君等は損得で打ってるから、 100%二万は切れないだろう。
俺達、損得より約束を大切にしてるから、 西とか南は切れないんだよ。
何順かで手の内が、がらりと変って、 四四五六七DEF34455 でリーチして、 あっけなく、親のハネ満ツモ。
彼等の仕事が終わって、
「一人ずつ写真撮らして下さい」
一人撮っちゃ、ぶん投げてやる。
仕事に来て、帰りにゃ、 奴等、楽しんで帰ったっけ。

         雀鬼




桜井章一 会長
本日は、取材を受けて頂き、どうも有難うございました。 お話した通り僕は、テレビ業界に入って 一番会いたかった人は、桜井章一会長でした。 これはお世辞でもなく今まで取材してきた中で 一番興奮し感激した最高に幸せな時間でした。
初対面の印象ですが... 桜井会長は、雀荘の奥で牌を握っている印象でしたので 扉を開けた時、桜井会長が奥の席に座っていたのを見て 「本物だ」と、その時点で感激して舞い上がってしまいました。 近寄りがたいイメージでしたが、全くそんな事なく こんなに気さくに話しかけて頂けるとは思ってもいませんでした。
牌の音のスタッフの方たちも とても親しみやすく明るい方が多かったので その様子を見ると桜井会長の人柄の良さがとてもよく分かりました。
また明日、お邪魔したいそんな空間が 牌の音 町田道場でした。
本日は、最幸の時間を有難うございました。
○○プロダクション S.M

初めて会長にお会いできた時を思い出しました。 道場の空気が一変して… 挨拶しに行ったら親しみのある笑顔で ブイサインしてもらいました。 力抜いて明るくやりなって言われた気がしたのを思い出します。
(恒)

テレビ局の人達はわがままでしたが、 楽しそうに、嬉しそうにしていました。 ぶっ飛ばされても、ニコニコでしたね(笑)
(ナルコ)

■2017年11月26日(日)その4 Vol.5449

一時かな、帰ろかなー、と思ったら、 ウータンタイムが始まった。
ウータンを中心にみんなが囲む。 一人一人への心のキャッチボールを、 必死でつなぐウータン。
ラストタイムが3時。 オーラス、シャボ、俺、緒方、恒の壁を乗り越えて、 行けたぁー、と思ったら、 楽な5人が残ったところで、 4人に心のボールを投げ、受けたが、 ラストの橋本のイージーボールを落とし、 残念ながら、単独登頂は次回に持ち越し。
楽しいんだが、 何で、一銭にもならない、疲れることを、 やっちまうんだろうかなぁ。
つくづく。

         雀鬼




今日も1日の〆にウータンタイム。 パパママもウータンとのキャッチボールを 満喫されたようで良かったです。 ウータンがフラフラになればなる程 楽しくなってきてしまいます。 これが止められない(笑) そして気がつけば、また明け方近くに。 ウータン、今日もお疲れ様でした。
(シャボ)

最後に皆でハイタッチ!って期待してたんですが… 壁役の自分ですが、取って欲しいとは思ってるんですよ。 でもこれも、パパ、ママに楽しみを残してくれる ウータンの演出かも知れませんね。
(恒)

会長、道場の皆さん、 深夜のウータン園にお招きいただき、 ありがとうございましまいました。 噂には聞いていましたが、想像以上の面白さ、楽しさで、 時間を忘れて笑ってしまいました(笑)。 それにしても、ウータンの根性と言うか、心の広さなのか、凄かったです。 会長、お疲れのところありがとうございました。 ウータンありがとうございました! 人間はイタズラ好きですねぇ。
(パパ)

ウータン、夜中にいいものを見せて頂き、 ありがとうございました! 殆ど何でも一人で出来るウータンですが、 やはり、まだまだ飼育員さんの力が必要なようですね。 それにしても笑いが止まりませんでした。 次回も楽しみにしております。 会長、道場生の皆さん、連日連夜、ありがとうございました! また宜しくお願い致します。
(ママ)

パパもママも大笑い! ウータン、ありがとう! ヘッドスライディングキャッチ凄かったです。
(竹田)

■2017年11月26日(日)その3 Vol.5448

哲よ、今日もしげるが電車を走らせて、 ママも3トップ。 これだけでも、輝いたチームになったよな。
それに比べて、入部拒否された小鉄ちゃんのとこの、 3番手のコップなんて、顔すら出さない。
コップは壊れても仕方がねえよな。

         雀鬼




数年ぶりのリーダーでしたが、自分が不甲斐ない分、 橋本サブマネとしげるさんに助けていただきました。 2位という結果ももちろんですが、 皆が都合付けて駆け付けてくれることがうれしかったです。 やっぱり気持ちが大切なんだと思いました。 1ヶ月ありがとうございました。
(哲)

ママの活躍は本当に凄かったですね。 コップは、「もう少ししたら来ます」って言ってたんだけどな〜。 いつになるかな〜?
(小鉄)

哲チームでホント良かったです! リーダーの人柄が反映されている、 スッキリとして、気持の良いチームでした。 テツとコテツ、一字違いでこんなに違うとは・・・ 本当はクノイチ、コテツチームに入りたかったのに、 間違えちゃったんですね(笑) クノイチ、次は念願の・・・笑
(ママ)

■2017年11月26日(日)その2 Vol.5447

誠実という気持が重なったナルコ、竹田、宇田川が、 4週連続トップ。 強かったね。 ナルコチームの19pは新記録。
2位は新人リーダーの哲チームが、 総合8pで楽々の勝利。
ラス争い、これが何故か、 シンヤんところと、小鉄チームが最終日に同点で並ぶ。 その裏に、歌ちゃんとクノイチの事件があったらしい(笑)
やっぱ、最終日は盛り上がるよね。
平日の早番のまとめ役の宇田川が、 何もないところに、 流れを作ってくれたのは、ありがたかった。

         雀鬼




クノイチの暗躍により、 最後まで気の抜けないに展開にさせて貰いました。 終わってみれば、まさかの同点。 総合ではラスの2チームが、最終日だけみたらトップ争い、 こんな事が起きるもんですね。
(恒)

うちのチームは、まとめ役とエースの御二人のおかげで団結できました。 注目のビリ対決は、なんと同点。 先週もありましたが、一週間の結果が一致するのは凄いですね。
(ナルコ)

シンヤチームとのラス争い。 前日の1P差の逆転、そして、最終日の競りに競っての同点。 面白かった〜! もう、ほんと「ランチ事件」のおかげです(笑)
(小鉄)

■2017年11月26日(日) Vol.5446

俺もだが、何だかんだ、みんな疲れきってんのに、 クノイチとウータンのおかげで、 旨い海鮮鍋をみんなで腹いっぱいつつけた。
医者から、肉の食い過ぎを、魚と半々にして下さい、 と忠告を受けた後の海鮮、 さすがクノイチ(笑)
その後、ママを中心に話が盛り上がり、 笑いが絶えない。 気づくと、クノイチが卓にうつ伏せで、ぐっすり。
相撲も、ソフトもやらずに、 早朝の4時解散。
クノイチに、パパとママは疲れたことでしょう。
木の子荘の3人衆、ナルコに竹田の5本柱に、 宇田川も柱になってくれた。 この中に坪子のお2人さんが加わってくれたら、 楽しいんだが。
パパ、早く東京へ帰って来てよ。
道場は田舎もんばっか(笑) 昨晩、先日俺が行った赤坂のレストランから、 都心のど真ん中の話しになり、 そこら辺を知ってるのが、俺とママだけ。
「江戸っ子だってねえ。  寿司食いねえ」
俺、若え頃は、新宿中心だったが、 銀座より、赤坂に夜な夜な繰り出して、 社会のトップの悪どい奴等、 権力と金が降り注ぐ中を、 15年ぐらい覗いていたっけなー。

         雀鬼




会長、赤坂のレストランに是非行ってみたいですね。 東京に戻るまでお待ちください!
田舎っぺより。

数年ぶりに明るい時間帯でウータンの姿を見たと思ってたら、 皆のために買い出しへ行かれてたんですね。 体調の心配してましたが、ご機嫌ランチもあったようで何よりです。 元気になってくれたんなら、良いんですけどね! お陰様でチーム戦も盛り上がりましたよ!!
(恒)

海鮮鍋は美味しかったのですが、 何か裏でいろいろあったんですね。 クノイチには要注意です。
(ナルコ)

■2017年11月25日(土)その3 Vol.5445

学を選ぶか、心を選ぶか、 坪子のパパとママは、小鉄の誘いを蹴って、 心ある哲チームを選び、 ママが出足から、7回中5回もトップを取って、 強者達しか取れない電車(5トップ)を走らせ、 2人合わせて、27pを哲にプレゼント。
これって、かなりの良き影響力。
お二人のおかげで、 新人リーグとして立ち上がった哲チームは、 4週連続ポイントを取れそう。
同チームの一人、 頑張るしげる、よかったね。

         雀鬼




ママは何と無く哲チームに入ってくれそうな気がしてましたが、 パパはシンヤチームかなと思っていました。 そしたらパパまで哲チームに。これは力になります。 明日はひょっとしたら、 トップのナルコチームにも届くかもしれません。
(しげる)

何度も誘ったんですが、ダメだった〜! でも、そりゃそうですよね(笑)
(小鉄)

何とパパとママも自分のチームに!ありがたいことです。 昨日のお二人の活躍でいい位置に付けられましたし、 トップを狙っていければです。
(哲)

パパさん、ママさんの思いとポイントが上乗せされ、 哲チームがパワーアップ! 我がチームのエース、竹田さんは日曜日が苦手(笑)。 でも、簡単にはいきませんよ!
(ナルコ)

パパ、ママのどちらかは 新屋チームに入ってくれるかと期待してましたが。 ママ、1つだけ見落としてません? お二人が同じチームは珍しいですが、哲チームなら納得です。
(恒)

小鉄さんの勧誘が凄かったので、洗脳され、危うく入会するところでしたが、 会長の「学と心とどっちを選ぶの?」のひと言で正気に戻りました。 結果はチームの力にはなれませんでしたが、 哲さん、しげるさんの心に寄れたと思います。 小鉄さんも心を見せてくださいね!(笑)
(パパ)

■2017年11月25日(土)その2 Vol.5444

道場のチーム戦も、残り2日。 ナルコチームは優勝決定の横綱相撲。
ビリ争いは、シンヤ、小鉄チーム。 シンヤんとこは、恒大将とシャボで、 小鉄とウータンと五分の争い。 シンヤチームの百武が2両電車を走らせている。
ママが今日、哲チームに入ってくれて、 3回もトップを取っている。
ママ、電車作って!!

         雀鬼




自分では役不足かもしれませんが、 このままでは小鉄チームにやられそうです。 放課後になって小鉄チームに逆転されたのは くのいちの暗躍があった事が判明しました。 理由を知ったら納得しました。 哲チームに入ったパパママ、特にママが凄い勢いで、 一気に哲チームに追い抜かれました。 ラスは避けたいですが最終日どうなるか。
(シャボ)

歌田さんが、早く来た! やれる! くノ一、ありがとう!
(小鉄)

ウータンが歌田さんとなって、明るい時間帯に現れて、 チーム戦は五分のビリ争いになりました。 元気になってくれるのは良いんですよ。 ただ早く来るきっかけがねー、まー良いんですけどね。 ママが大爆発、今月も気持ちがある行動と、 裏での暗躍みれましたね。
(恒)

最終戦を前に哲チームにはかなりの追い風ですね。 電車って中々難しいんですけどね〜 ママには脱帽です(笑)
(竹田)

■2017年11月25日(土) Vol.5443

気温も一ケタ台に入って、寒さも本格化。 保温対策で、今日、久し振りに腹巻をして、 ホッカロンを2枚貼ってくる。
道場内は暑い。
暑くなったり、寒くなったり、 体温の調整が出来ないこの頃です。
道場に入ると、あの坪子のママと顔が合う。 それだけで楽しい気持になれる。
そこへ、中南米に出張に行ってたパパが、 少し、陽焼けした顔で入って来る。
俺も行った事があるが、あの辺は治安が悪い。 危ない体験を何度かしたっけ。
十分あった気力も、少しずつ薄れつつある。 気持を持つ、心からの行動も、 段々、出来なくなっちまうのは、 少々、わびしいですね。
パパとママに又、元気をもらおう。
大相撲の方は、白鵬対、幕下クラスで勝負は終った。 俺も序の口クラスだけど、 パパと、橋本と、しげると、3番勝負つけようかな(笑)
この勝負、一本狙いの将棋の羽生さん、 4戦目も勝って、3勝1敗。
この流れで、あと一番、勝っちゃいましょう。

         雀鬼




わーい、パパ、ママ登場だ〜!! パパさん危険な地域から、 無事に帰ってきてくれて、よかったです。 羽生先生には、このまま、決めちゃっていただきたいです!
(緒方)

会長、皆さん、無事帰ってきました。 道場に着くまでは疲れきっていたのですが、 ドアを開けた瞬間にパワーが注入され、元気になりました! 道場は不思議な空間ですね。
(パパ)

■2017年11月22日(水)その2 Vol.5442

先日、駅まで7分の挑戦(笑)
今日、迎えに来てくれた緒方に、 道場までの時間を計ってもらう。
道を半ば過ぎたところで、
「ハイ、10分です」
足が重い、ふらふら。 やっと、到着。
「14分です」
ていうことは、 あの時、半分の時間で進んだんですね。
とにかく、のろくて、とろい俺。 百武や深山達には5分の行程を倍以上かかる。
こんなに足腰が弱い俺に、 深夜の相撲等で敗ける道場生は、 八百長だったんだな。
「敗けてくれて、ありがとう」

         雀鬼




みんな、身にしみて分かってます。 八百長の訳有りません!
(小鉄)

会長、八百長じゃありません。 文字通り、ひとたまりもなく押されてしまうんです。
(ナルコ)

ホームからヨーイドンで、 無理をせずに、先日の倍の時間をかけ、歩きましたが、 それでも、しんどい会長でした。 常識で考えれば、こんな足腰で、 まともに相撲がとれるわけないんですが、 一体、どうなってるんでしょうね(笑)
(緒方)

会長が相撲を何十番とられても、 息があがる事はないと思います。 胸を借りる自分たちの方が汗だくになってしまいます。 体験すれば八百長じゃないのはすぐに分かります。 体さばき、不思議です。
(カマボコ)

会長がサポートに回った小学生の女の子に 自分は吹っ飛ばされた事あります。 あの圧力は不思議で、勿論八百長ではありません! 疑っているのは小鉄だけでしょう。
(恒)

■2017年11月22日(水) Vol.5441

めったにお見舞いなんか行かない俺が、 何かに引っ張られた先で、 健やかに、笑顔を灯さず、涙を流し、 俺の手をギューッと握っていた
「お父さん」
見舞いの後、家人の運転する車中で、 「4日」が出てくる。
「残り、4日だよ」
の声を後部座席から掛ける。
それからの数日は、月例会等があって、 その数字は忘れていたが、 今回の月例会は動けない「お父さん」のために、 大台の100pは取るよ、と決めて打った。
今、都心のいつものホテル内の病院の帰り、 予定では、俺の方が終わったら、 もう一度、お父さんに逢いに行こうと、決めていた。
ところが、火曜日の日、テレビで、 大好きな相撲を2時間見ていたが、 テレビに向かって、 何んで、一番も面白い取組がねえんだよ!! と、文句タレタレ。
白鵬戦が終わって、 何んか、今日はよかねえ日だなー、とこぼす。
ショッパイ相撲を見て、 自室に引き篭もって、一服してたら、
「お父さん!!」
と家人がいつも以上の大きい声を。
「亡くなったそうよ・・・」
「わたし、今から、行ってあげようと思う」
「・・・・・」
しばし経って、 俺も行くよ。
あの日から、たった4日で・・・。
「お父さん」
あの日と同じ顔をして、眠っていた。 俺より、一回りもお若いのに。
ご冥福をお祈り致します。

         雀鬼




月例会、そうだったんですね・・。 病院の後に、会長とお逢いできるかと思っていたのですが・・。 お悔やみ申し上げます。
(緒方)

命が消えかけた時、 会長の夢を見た「お父さん」。 人が最期に求めるのは 「人」なのだろうか?と思いました。
(ナルコ)

こういった形で会長の予感が当たってしまうのは 何か複雑と言うか淋しい感じもしますが、 誰もが迎える「死」、 その間際に逢いたいと思う方に逢え、子供の頃に還って…。 ご冥福をお祈り致します。
(シャボ)

■2017年11月19日(日)その4 Vol.5440

チーム戦3週目、 ナルコチームとシンヤチームが 同点トップで4pづつ。 シンヤチーム、今月初ポイント。
3位は新人リーダーの哲チーム、 ラスが大好きな小鉄が、ラスの0pに戻ってくる。
ナルコチーム3週で14pは新記録。 ナルコ、竹田、宇田川の「誠実」ぶりが輝く。
今週、電車(1日5トップ)を走らせたのは、 竹田、百武の2両を先頭に、 シャボ、哲、小鉄、歌田、恒、ナルコの8名だけ。
個人総合はナルコと竹田の同点トップ。 3位に恒。 百武が6位に入ったのはお見事。
後は来週、シンヤチームが 小鉄チームに勝つことが、みんなの願い。

         雀鬼




今週の新屋チームMVPは百武。 シャボさんも不都合な状況の中、 ぎりぎりまでやり繰りしてくれ、助っ人も2人加入と、 遠方やあまり来れない方々の協力が有っての同点優勝。 有り難いですし、自分なんか 環境に恵まれているだけだなって思います。 皆の願いを成就させるためにも、 今週は新屋リーダーとチーム引っ張って、返していきたいです。
(恒)

シンヤチームに追いつかれて、単独優勝は逃しましたが、 ビリ対決が見所になりました。 シンヤさん、頑張って…じゃなくて、 負けんじゃねーぞ、シンヤ!
(ナルコ)

怒涛の追い上げで同点トップなり、ようやく形になりました。 個人6位は素直に嬉しいです。 今週は小鉄チームと一騎討ちということで、 とりあえずキャチボールでボコボコにします。(笑)
(百武)

ありがたい事に凄い展開になりました。 皆様のおかげです。 腹をくくりまして、 今週一週間を無茶苦茶にならぬよう、無茶したいと思います。 …ナルコのアホ。
(シンヤ)

連続ラスから脱出したい! みんなの願いは分かりますが、やるしかないです!
(小鉄)

■2017年11月19日(日)その3 Vol.5439

俺、大相撲は子供の頃から好きだったが、 客が増えた割りに、 土俵上の相撲は、正直つまんない。 味気のない取組ばっか。
酒席での問題がスポーツ新聞の一面を飾っている。 相撲の世界はしごいて何ぼ。 その延長線に酒が入ったら、起こるわな。 俺も過去の大横綱の一人の酒乱を見たっけ。
酒席のビンタ、土俵上の張り手、 どちらも痛えよな。
言葉のアヤから殴る、 あるよな、そういうこと。
でも、土俵上で簡単に落ちるなよ。

         雀鬼




体を張る世界なので、 多少荒っぽい事が有っても良い気がします。 当人達が納得してたら、周りが騒がなくても。 聖職者と呼ばれる学校の先生からも、 自分ら子供の時は体罰が良くありました。 状況によっては悪い思い出ではないですが…
(恒)

真剣勝負とは言え、 押した、引いたで終わってしまうのは味気が無いですし、 あからさまに白星を欲しがっている取口を見かけたりすると、 「それはどうなの?」 と思ってしまいます。
(ナルコ)

■2017年11月19日(日)その2 Vol.5438

月例会、連対率100%じゃ、勝つわなー(笑)
上位に、緒方、 昨日、寒い所まで行って、 まぐろ兄弟のさしみを作ってくれた成果が出た。
お上手じゃなく、昨晩のさしみは、 とろ、中トロ、赤身と、全てが上物。 いつもより、パクパク頂いた。
それに比べてさぁ、 月例会のいつもの賞品のそれなりの寿司が、 回転寿司としか見れなかった。
俺のテーブルには、強者が一人も座れず、 遠方組の板倉、百武、BIGで食卓を囲む。 入賞常勝組が一人も居なかったな。
だいたいがよ。 あの竹書房の宇佐美が、 入賞すれすれの8位に入っているって、 皆んな、弱すぎ!!
楽しい月例会が終われば、 大嫌いな病院行きが。
「いいこと、悪いこと」
こんなもんです。

         雀鬼




遠方組の活躍は悪い事ではないですが、 壁になれない常連組情けないです。 動作の指導も受けてますし、 見本となれるように取り組んでいかねばです。
(恒)

入賞どころか、一度も浮きにまわれませんでした。 もっと強くなりたいです。また、挑戦します。
(ナルコ)

自分の2位は関さん、黒澤さんのまぐろパワーだったんですね! ありがとうございました。 会長のダントツの優勝でしたが、 どんな意味合いで、そうされたのか、気になっている所です。
(緒方)

■2017年11月19日(日) Vol.5437

何んもなしで、さぁーっと帰るのもなんなんで、 歌ちゃんの興行であるボール投げ。
「シャボ、来いよ」
そこから、歌ちゃんとは違った、 ギリギリのボールが飛ぶ。 早かったり、弱かったり、 前、中、後ろにボールを投げてやる。
運動神経のよいシャボでも、 俺のだまくらかし玉に引っかかって、 ほとんど、スタミナが切れる。
投げている俺の方も、 ヒートテック、ダウンベスト、うすいセーター、 と暖房着を着込んでいたんで、汗が・・・。
たまらず、ソファに座って、 裸になって、休む。
もういっちょ、とシャボをしごく。 捕れるボールも落とす。
「シンヤ、見本を見せてやれ」
今元気な竹田と組む。 これがひどい。
口が達者なシンヤが、上下左右に竹田を動かす。 切れた竹田から、時折り、強い返球が シンヤにぶつけられる。
2部が終わって、幕はやっぱり、歌ちゃん登場。 この日の歌ちゃん、まぐれで、 手の中にボールが入って来てることが、何度かあって、 いつもの3分の1ぐらいの体力消耗で締める。
シャボは一回も達成はなかったな。 シャボ、気持を強く取り戻せよ。

         雀鬼




会長自ら汗をかかれてのしごきありがたかったです。 昔のように動けなくなってるな〜、と思いながらも、 やっぱり歌田さんはタフだな〜と思いましたし、 シンヤと竹田さんの興行を見てると竹田さんもタフですね。 道場生はタフじゃないとやっていけないと改めて感じました。
自業自得で皆様にご迷惑をおかけして申し訳ありません。 歌田さんには到底及びませんが、 キャッチボール10球くらいは達成できるようやって行きます。
(シャボ)

シンヤさんとの出し物、結構ハードなんですけどね〜! 中々ウータンのようにはいかないですね(笑)
(竹田)

■2017年11月18日(土)その5 Vol.5436

明日は月例会。
我が家は、一週間ほぼ肉食。 それじゃまずいでしょうと、 千葉のまぐろ兄弟の関、黒澤さんから、 又まぐろを美味しく食べなさいよと送ってくれる。
我が家は、食材は、 わがままな俺に合わせて、けっこう贅沢。
外食はほとんどしないが、外部の関係者のご好意で、 滅多に食べられない贅沢な食べものを頂戴している。
電車に向かっての早歩きは嫌だが、 又チャンスを見て、もやしごはんは食べよう。
後、シンヤお勧めの、駅の立ち食いそば屋さんで、 コロッケ入りそばに挑戦・・・・・あるかなー

         雀鬼




普段、もやしやコロッケそばを食べている自分達には 贅沢過ぎる、関さん黒澤さんのマグロ、本当に美味しかったです。 いつもありがとうございます、ごちそうさまでした。 もやしはともかく、コロッケそばは 会長がわざわざ食べに行くようなものではありませんので(笑)
(シャボ)

立ち食いのコロッケそばは、キツイと思いますが、 しんやおススメなので、是非(笑)
(小鉄)

関さん、黒澤さんのまぐろは、 僕たち道場生には贅沢すぎる味です。 先日、会長の男と男の触れ合いの話があったばかり。 繋がりを感じました。
(ナルコ)

関さん、黒澤さん、マグロありがとうございます! とっても美味しかったです!! 道場にもまた来てくださいね。
(竹田)

今回の生まぐろも、こりゃ、すごいな、 と思いながら、切っていました。 関さん、黒澤さんの心がなければ、 僕らは出会うことのないまぐろですね。 関さ〜ん!黒澤さ〜ん!ありがとうございます!!
(緒方)

■2017年11月18日(土)その4 Vol.5435

今週のチーム戦、全体的にポイントが低い。
2週連続トップのナルコチームが、 今週もトップを走っている。
ナルコ、宇田川、竹田の3本柱が、 誠実に進んでいる。
ダンビリだった小鉄チームだが、 他のチームも選手がそろわず、苦戦中。
注目は、ビリ争いかな(笑)

         雀鬼




シンヤチームの3連敗の危機。 永井さん頼りにならないよう 何とか電車を走らせて少しでも力にならなければと思います。
(シャボ)

トップが抜けてラス争いが注目となってしまってますが、 連続ラス中の新屋チームは必死です。 3ラスはあのガマデラと同じ、今週こそは脱出しなければ!
(恒)

巻き返してきましたー! 明日は月例会で、大きく動くので、全くわかりません。
(小鉄)

小鉄チームの追い上げで、二位以下は混戦模様です。 うちのチームは、竹田さんが会長の指導を受けたので、 それを身に付けられれば万全です!
(ナルコ)

■2017年11月18日(土)その3 Vol.5434

俺、若い頃、スーツを着用するようになった時から、 街の中を走った思い出がない。
20年ぐらい前に、 左足のかかとの骨を折ったまま放ったらかしていたから、 たまに道路を歩いても、どんどん歩く人から追い越されている。
それに比べてさあ、ここ何ヶ月、 竹田くんが元気を取り戻したきっかけになった、 深夜、俺が道場から帰る歌ちゃんの車を、 ずーと先で右へ曲るところまで、 雨の日も追いかけ、走り続けた竹田は、凄いかもな。
あの突っ走りは、竹田だけの味。 必死に歯を食いしばって走る竹田の姿が好きなんです。
「出て来いや、竹田」
と、みんなであの手この手で呼びかけても響かなかった竹田が、 あの突っ走り一つで、暗い穴蔵から一気に顔を出してくれた。

         雀鬼




竹田さんが家出して、会長との約束の半年が経って、 今は元気に走ってくれています。 走る前の歌田さんへの一言もなかなか良いんですよね〜(笑)
(シャボ)

いろんな球投げても、何でだよって反応で、 悩ましかった竹田さんですが… あまり考えず、体を動かすだけ、 シンプルが良い変化に繋がるものですね。
(恒)

竹田さんのランは本当、凄いです。 走り出す前の一言も楽しいです。 真似出来ません。
(小鉄)

元気を出せ、明るくなれと言われても、 なかなかできないものですが、 違う角度から来た球がきっかけになることがあります。 僕もそうでした。
(ナルコ)

きっかけを与えて下さった会長、道場のみんなに感謝です! まだまだ走らせて頂きます(笑)
(竹田)

■2017年11月18日(土)その2 Vol.5433

水曜日だっけな。
40円の素うどんを食べて、 今日は、電車で帰るぞ、と決めた。
「最終は何時だい」
「12時56分です」
帰るには早すぎる(笑) 緒方がアイスのケーキを出して来る。 男ばっかしの色気も素っ気もなかったが、
「唄おうぜ」
38才の誕生日をわびしく祝う。
「会長、危ないです。  後、9分です。  タクシーでお帰り下さい」
「いや、俺、電車にする」
帰り支度をする。
「後、7分です」
大通りへ向かって、 わずかな坂道をゆったり歩く。
竹田を始め、小鉄や緒方が キップを買いに、先を走る。
タクシーがずらりと並んでいた。 誘惑に敗けず、駅へ向かう。
マラソンレースみたいに、シンヤ達が、
「3分です」
ちょこっと、小走りするが、止める。
「後2分です。  タクシーでお帰り下さい」
足が痛む。 息もあがる。
「まだまだ」
と心に思うが、 足はゆったりとしか進まない。 こんな距離なら、泳いだ方が楽だな、と思う(笑)
もう誰も時間を言ってくれなかったが、 間に合う気がした。
駅の改札で口で、
「もう、電車来てます」
「待たしておけ」
ホームの階段を登ると、駅長が見ている。 少し頭を下げて、電車に滑り込む。 近くの座席に座る。
朝方まで体さばきや、相撲を取ったり、 ボール投げをやっても、 汗はかくが、たいした疲れがない俺なのに、 コンクリートの上を走れない。
もう、ああいう遊びは、二度とやりません。 体によかねえからね(笑)

         雀鬼




駅に近付くにつれ絶望的に感じてました。 改札に立っていた駅員さんが、 合図するまで出発しないとの事でひと安心。 誰も得する訳じゃない、ちょっとした遊びですが、 やりきってしまう、会長らしいです。
(恒)

深夜のマラソンレース、 差し迫る時間の中、ハラハラ、ドキドキでした。 会長には、道場から御自宅までの距離でも、 泳がれた方が楽なんだと思います。
(小鉄)

男ばっかの色気のない歌声が、 逆に嬉しかったです(笑) でも、そのせいで、会長を走らせてしまうことに・・・・、 すみませんでした。 会長がコンクリートを走るのは、今回だけになるようにしたいです。
(緒方)

■2017年11月18日(土) Vol.5432

正直、お見舞いって、好まないが、 昨日は余命、何日かの方と、家族に囲まれている中で、 2人きりで、どうにか言葉を拾って話せた。
その方が、心から、何かを求めてたんで、 一時間以上話したり、体に触れたりする。
「今を確実に生きていた」
「これで、3年は生きれる」
と嬉しそうに微笑む。 子供のようだった。
今まで、ほんのわずかばかりの触れ合いしかなかった。 多分、見舞いの時間の方が長かった。
俺も来週の水曜日には、 毎度の2ヵ月に一回のホテルの病院へ。 その後、落ち着いたら、 もう一度、アパートへ、顔を出そう。
その時、俺の顔を覚えているかも分からない。 俺より10才も若いのに・・・。
俺を送りに、皆んなして外の庭に。
気になった。
お父さんの横たわるベッドがある窓へ。 ブラインドが下りていて、中が見えない。
隙間を見つける。
お父さんが、今のは夢だったのかなー、 と振り返っている細い目が、こっちを向いていた。
しばらく眺めていた。
俺と触れ合った時には、 何かを失ってしまっていたお父さん。 あと少しで、全てを失う。

         雀鬼




会長との時間、夢か、現か、だったのかもしれません。 次の触れ合いの時、少しでも、 会長のことを分かってくださる状態であることを願います。
(緒方)

■2017年11月17日(金) Vol.5431

我が家で体調を戻していた。 よくなるか、悪くなるかは分からないがね(笑)
家人が部屋に入って来て、 息子の嫁さんの父上殿が、昨日、 夢に俺が出て来て、叱られ、 根性を注入するために、一日、食事も飲み物も、 点滴もやるな、と言われたらしい。
孫の七五三で、2度ばかり神社に同行したぐらいの 出逢いしかなかったが、 お父さんも、やん茶人生だったらしく、 俺に出逢った時、何かを感じ取ったらしい。
多分、男心が男を感じたんだと思う。
余命はわずからしい、 ベッドで横に倒れていたお父さんは、眠っていたが、 俺がベッドの上から、お父さんの顔を眺めると、 すっと目を開く、
「分かりますか」
声を出すのもつらそうなのに、
「昨日、お父さんに呼ばれたから、来ましたよ」
死ぬ前に逢いたかった、その願いが・・・・。 目から、うっすら涙が流れる。 すぐに俺の手を求めて、力強く、握ってくる。
「お父さん、強いじゃん」
「俺、もう一度、立って、先生と歩きたい」
「分かった、歩きましょうや。  でも俺の方がのろいかもね」
弱ったお父さんから、本心がどんどん出てくる。
「正直が寝ている」
意識や、気持がある内に お逢い出来て、本当によかった。 生命の短いお父さんが、 俺を嬉しくさせてくれる。
俺が来たから、もう12時だよ。 好きなお酒でも飲みますか(笑)
2人して、大企業の社長殿から頂いた、 マヌカのはちみつを舐めあう。
帰りがけ、 お父さん、良くなったら、 一緒に温泉いきましょうね。
「ずーっと、先生と、じっくり話したかったんです」
と本心。
男と男の触れ合いが、確実にありました。

         雀鬼




僕たちの世代は、男の触れ合いどころか、 心の触れ合いすら薄れてしまっています。 会長や山田マネージャーのような人が男らしい人なのだと、 知っているだけでも僕は恵まれています。
(ナルコ)

会長から、お話を聞かせていただいて、 不謹慎ながら、よかったなぁ、という気持になりました。 きっと、動けない自分に喝を入れたくて、 そんな時、夢でケツを叩いてくれたのが、 わずかな出会いの中で、強く男を感じただろう会長で、 そんな会長が訪ねてくれて、嬉しさと、喜びが溢れたんですね。 お酒がお好きなお父様が、嬉しそうに、 会長とハチミツを舐めあう様子が目に浮かびます。
(緒方)

■2017年11月15日(水)その3 Vol.5430

雨も降ってないから、 素うどん食って、 一年振りで、電車で帰ろうっと。
素うどん、40円、 電車代130円ぐらいかな。
生活感、あるなー。

         雀鬼




丁度ドライバーの方々がお休みで、良いタイミングでした。 気配りが足りず、終電ぎりぎりになって申し訳なかったですが、 時間を気にしながら駅に駆け込む、 これもなかなか経験されない事だと思われます。
(恒)

会長が電車で帰られたのは一年ぶりだったんですね。 それにしても終電に間に合われて良かったです。 不手際申し訳ありませんでした。
(竹田)

■2017年11月15日(水)その2 Vol.5429

名古屋の大企業の社長殿から、 又、マヌカのハチミツが届いている。
ていうことは、夜中に一人でなめるハチミツ、 その度に御尊顔が出てくるんだね。 今年いっぱい、連夜、それが続きそう。
ベッドの上の行為だから、本音を言えば、 可愛らしい女の子が毎度出て来てくれる方が、 若返りの処方になると思うんだがね。
社長殿、貴殿の息子さんと俺のお手当ては同額でしたよ。 なんか、つながっていて、嬉しかったです。
でも何故か、若い頃から、ポケットに手を入れると、 30万余りが紙切れみたいに出てくる。
先日、俺、忘れてたんだけど、
「まなざしのいいひと」
というサブタイトルの本の中で、 5名の中に俺も何故か登場。
医師、ジャーナリスト、禅僧、食品免疫学者、 カメラマン、宗教人類学者、占星術研究家、 どれも俺と共通しない方々ばかり。
編集者の前書きだかの文の中に、 俺は、
「魔法の技を持っている人」
と表されていたが、 俺、決して魔法なんか使えませんから(笑)

         雀鬼




会長の側に居させて貰い、 不思議な事は何度も経験しました。 今では会長だから…となってしまいますが(笑)。 他所に説明しにくいですが、 魔法というより仙人の方が近い気がします。
(恒)

会長の体さばきは、 魔法と言うより仙人が使う術、という感じだと思います。
(ナルコ)

■2017年11月15日(水) Vol.5428

今日は若い女の子とラブ電、 もとい、色気が少しもない、大きな社長さん達3名に、 一方的な、お礼に対してのご挨拶を入れる。
近代化され過ぎたものに、 決して、興味も持たず、触れず、扱えないまんま、 多分、俺の立場だから、 文明を側に置かなくとも、どうにか生活している。
企業もつらいよな。
現場で働かれる社員さん、その上で管理する人達、 大きくなるには、自己資金だけじゃ足りず、 外部から投資資金を集める、株主という型がある。
その人達は、現場の苦悩も知らずに、 どんな手段を取っても、 利益の増大を求める利があれば、 裏でくっついてくれてるが、 利が薄くなれば、他の利を生む会社に、資金を移す。
まさに、
「利を嗅いで来る者は、  利を嗅いで去る。」
アメリカの不動産屋さんが アジアの五カ国に、仕事に来た。
貿易の均衡を崩さないために、 基準が高く、値もバカ高い、
「武器を買いなさいな」
「武器よ、さらば」
という映画があったが、 その平和の源泉が武器を買い集めちゃったら、 それを、いつでも使うぞ、 という武力国家が生まれる。
今までは俺んとこの戦争武器で、 お前の後ろ盾になっていたんだから、 ちったぁ、お前達も自国のお金で買ってよ。 それを、いつでも使えばいいじゃん。
そんな時も来たんですかね。 それもいいですね、と日本のトップ。
あの不動産屋、確かに不動産も バカ儲け出来る仕組みがあったが、 自国で、昔から、武器を売った人達の力には 勝てないことを知っていた。
世界のあっちこっちで、経済戦争をやっている。 やっぱ、立派な人達は個人の暴力を否定しても、 でっかい暴力が身についちゃってんだね。
ライフル協会が、どかん、とある。 武器が身近なんだね。 又、戦争するんだ。

         雀鬼




アメリカに言われて、 憲法を改正しようとしているのは分かっていましたが、 そういう事情があったんですね。 なんだか余計にがっかりしました。
(ナルコ)

■2017年11月12日(日)その5 Vol.5427

頂いたメール、確かに!!
明治、大正の頃、 貧しさに追われ、学問を受けられなかった祖母が、 学問はなくとも、心から思ったり、 行動した人がたくさんおった、という一文。
「困った人が居たら、心で感じたら、  いくら自分が貧しくても、救ってやれや」
確かに!! 素晴らしい教えが日本にもあったんですよね。
俺を含めて、今の年寄りは学問を受けて、 仕事で稼ぐことを覚えちまったから、 よき手本となる年寄りにはなれませんよね。

         雀鬼




会長のようにって思う人は結構居ると思います。 出来る出来ないはあると思いますが、 10年以上前の沖縄旅行で、会長の瞬間の動きを実感させて貰い、 自分が変わるきっかけになりました。 学問の大切さを遺言にした父親から、 学問以外で何を学んだんだろう…
(恒)

心で感じたら、という部分がいいですね。 確か甲野先生も、これに似た話を紹介してくれたことがありました。
(ナルコ)

■2017年11月12日(日)その4 Vol.5426

チーム戦、2週目。
トップは連続トップの誠実派のナルコ、 竹田、宇田川にBIGが入ったチームがダントツの勝ち。
ビリも2週連続で、深夜に歌ちゃんをいじめる、 シンヤ、シャボ、恒が、いまだ0点、 罰が当っている。(笑)
新リーダーの哲チームも、 猛者しげるの活躍があって、2週、2位。
人気のない学問派の小鉄チームは、 どうにか、3位でぶら下がっている。
社会の常識なら、 企業は学問の出来から人選するが、 ここじゃ、全て学問は一分野としか扱われない。

         雀鬼




はい、では、遅ればせながら、個人成績が出ましたので、 発表〜!!ちゃん、ちゃん、ちゃん♪
今週の1位は、ポイント1位、打数1位のパーフェクト20pで、 竹田さんの2連覇! それに続くのは、ポイント2位、打数2位、 どちらも、後一歩でしたが、大黒柱の永井さん、18p、 3位は宇田川さん、14pに、同点で学問めがね君。
5位に橋本サブマネ、11p、 6位に遠方の仕事人しげるさん、 今週も電車を2両走らせ、8p、 7位にナルコと、わたべちゃん、が同点。 ナルコに不吉な影が!気をつけろ!! 9位にシンヤ、緒方で入賞はここまで。
11位に牧野先生、12位に哲、ランク外にも関わらず、 それぞれ、3p、2pと稼いでいます。 (ランク外のポイントは普通は1pが多い)
そんな、こんなで、ポイントが荒れた一週間だった模様です。 それでは、皆様、また来週〜!!
(緒方)

歌田さんとの心のキャッチボールが、 どうしても悪意やイジメにとられてしまいます。 ただ自覚出来ていないのか、自らの行動を見つめ直して、 皆が笑顔になるキャッチボールに取り組みます! チーム戦もいい加減ラス脱出しなければ、恥ずかしいです。
(恒)

平日組、週末部隊ともに充実していて、とてもありがたいです。 僕自身はいまいちだったので、今週はもう少し頑張りたいと思います。
(ナルコ)

ナルコチームが平日、休日ともに強しです! 3位のぶら下がりですが、前期より、既に総合順位点は上回っています(笑) 学問は、1分野で、しかも通じないことだらけです。
(小鉄)

■2017年11月12日(日)その3 Vol.5425

今日は、いまだコロッケ一個。 腹は減らない。
シャボ、今年も来ましたよ。 あの越前の三国の主が、大阪の大社長殿からね。
足は太くて、長い。 身がぎっしり、詰まっている。 甲羅だけでも、子供の顔ぐらいある。 ハトサブレ、とは大きな違い(笑)
ここんところ、 ステーキ、すき焼き、シャブシャブが、 週5日ぐらいの間隔で食卓に・・・。
そこへ、海からの最高級の蟹が届く。 シャボ、これ、すっげえ美味いんだよ。
そういえば、先日、道場の夜食で、 シンヤが頼んだ、もやしだけの粗末な食事を、 俺も試してみたっけ。
それは、それで完食したんだが、 何故か、食事した感が無かったなー。
人生、初のもやしごはん、今度は、蟹だー。 このギャップがたまんねえなー。
贅沢ばっかじゃ、いけねえから、 又、今度、もやし飯に挑戦しますわ(笑)
とにかく、もやしという言葉が出てこないほど、 縁がなかったからなー。
天から下ってくるものもあれば、 地から学ぶことも、いっぱいある。

         雀鬼




来ましたか!今年も主が。 会長の一番の好物、自分達には生涯縁の無い主ですが、 会長からこの主の話しを聞くのが何故か好きなんです。 それにしても、もやしと三国の主、このギャップは凄いですね(笑) マヌカハニーに三国の主もあれば、はとサブレを送ってくる社長さんも…。 色々な方がいらっしゃいますね(笑)
(シャボ)

■2017年11月12日(日)その2 Vol.5424

無茶やってる時は楽しいんだが、 我が家に着いたとたん、 下痢とくしゃみでぐたぐた(笑)
歌ちゃんは大丈夫だったかなー。 今の顔色を見る限り、大丈夫そう。
今でも、話題に上り、 思い返して、笑いをくれるのは、チャッペとヘッド。
この2人は役者だったなー、 逢いたいなー。
でもなぁ、やっぱ、歌ちゃんがレジェンドだな。 これは誰も越えられない歴史がある、
夜、9時半、しげるだけが 電車(5トップ)を作って、帰って行った。
悪党チームのシンヤ、シャボ、恒がいるチームが、 今週もラスっぽい。
年寄りを大切にしろよ(笑) なー、歌ちゃん。

         雀鬼




チャッペさんとヘッドの話になると笑いが絶えませんが、今はウータン。 3人に共通しているのは、心から手を抜かず取り組んでいる所でしょうか。 自分ら悪党3人衆も心から改めなければいけません。
(恒)

思い返せば、二人はいつも笑いの中心にいましたね。 レジェンド歌田さんといい、僕には到底真似出来ません。
(ナルコ)

当時は、チャッペさんとヘッドは、ある意味、道場の二枚看板でしたね(笑) 色々なシーンが未だに脳裏に焼き付いています、 ヘッドに関しては、忘れてしまいたいシーンもある気がしますが(笑) 歌田さんは道場の至宝ですから、勿論大切にします。
(シャボ)

■2017年11月12日(日) Vol.5423

昨日は都心まで運転して、 パーティ会場でも気を使って、疲れた歌ちゃん。 道場に帰れたのは、12時を過ぎていた。
あぁー、それなのに、 シャボとシンヤ監督が、
「ウータン、やりますよ」
と深夜のキャッチボール。 10人ぐらいのボールを変わりばんこに受ける。
一周したら、クタクタなのに、 捕れなかった者を指名していく歌ちゃん。
「お願いします」
の声も小っこく、声も出ないほどの息切れ。 前に転び、後ろへ倒れる歌ちゃん。
もう、終わる?
しばし息を整えて、
「お願いします」
の声。 つらいほど、体を張ったウータン。 でも、笑えるんだよなー。
道場の最高齢のウータンを、 若いのが、みんなでしごいちまう。 特に、恒、シャボ、シンヤが悪い奴だぁー(笑)
ウータンと挑戦は4時に達成。
「全て、自分が悪いんです」
とキャッチボールでは、 決して、誰も責めない、かっこいい歌ちゃん。 さすがの歌ちゃんも、床にゴリラのように座り込む。
「しげる、やるかぁー」
歌ちゃんが息を吹き返すまで、しげると特訓。 徐々に上下左右の動きが良くなる。 受けもよくなって、 上へ、下へ乱れていた返球が、 真っ直ぐ返って来る。
とてもよい変化でした。
終わったら5時、 体が暑くって、腹を出す。
外は10度だったが、 体を冷やしながら、6時の帰宅。
全国のよいお爺ちゃん達が目覚める頃、 この不健康ジージは、何やってんだかね。 我ながら、あきれる。

         雀鬼




皆での深夜のウータンいじりは最高です。 特に高めの球へのバンザイのポーズが自分のお気に入りです。 先週に引き続き今週は、会長にキャッチングの指導をして頂き、 大分捕れるようになりました。 キャッチングが良くなると、ピッチングも良くなります。 次の動作への準備が大事なことがわかりました。 会長、深夜に遊んでいただきありがとうございました。
(しげる)

どんなに厳しい玉でも、全力で食らい付くウータンの姿に、 心を打たれてしまっているので、ついついやっちゃいます。 次こそは止まる玉も抑えていきましょう!
(恒)

ウータンの長い1日、お疲れ様でした。 もう終わりでいいかな〜と思っても、 ウータンが「お願いします!」って欲しがるんですよね(笑) しげるさんは、会長との特訓で、みるみる変化していきますけど、 ウータンは、3時間特訓しても、なかなか上手くならないです、 相手が永井さんやシンヤ、自分では無理か〜。 でも、ウータンには、キャッチボールが上手くなられては、 こっちは商売あがったりですからね(笑)
(シャボ)

歌田さん、本当に凄いです。 どんなにへばっても、球は離さず、自らおねだりしてきます。 そして、笑いが自然とおきてきます。
(小鉄)

ウータンの一挙手一投足から目が離せません! 道場中が笑いで包まれます。 ありがとう、ウータン! 会長はいつも体を使って私達道場生と遊んで下さいます。 会長のご指導で、繁さんが、みるみる内に、 離れたボールが取れるようになり、返球まで良くなりました・・ あらためて会長の指導力の凄さを思いました。
(竹田)

汗だくで、足もフラつき、倒れこんでも、立ち上がる50才、 歌田さん!すげぇ、カッコ良い! 大変ですよ、こりゃ本当に… でも、もっと投げよう、おもしれーもんな!!
(シンヤ)

■2017年11月11日(土) Vol.5422

勝負師でもあり、 遊び人でもある将棋の森けい二九段、 プロ棋士50年を祝う会に御招待され、 発起人の欄に羽生先生の名があり、 大事な試合時なんで、顔を合わせようと駆けつけた。
ギリギリに会場へ、 演台の隣に並ぶ発起人の席をすぐ覗くが、 羽生さんの姿なし。 欠席か・・・、それはないな。
来場の方々の背中を探すと、 後ろの方にポツンと立っている人が羽生先生。
すーっと、後ろに回って、黙って立つ。 やっと乾杯の時になって、 羽生先生が演台に向かって、グラスを上げたところで、 後ろから、グラスを合わせる。
オォーッ、少しビックリした様子。
大切な対戦がある前に、お逢い出来て、
「幸運あれ!!」
男性7割、女性3割ぐらいの会場。
何故か、ひっきりなしに 俺の方へ来場者が集まって来て、いつもの写真。
おかしいんだけど、羽生さんより、 俺の方が多かったな(笑) もちろん、羽生先生もやっぱ人気者。
森さんの知り合いの麻雀プロの奴も来ていたが、 奴は、のんびり座って、食事が出来ていたが、 俺なんか、何も食べられず、 麦茶らしきものを軽く飲んだだけだったなー。
ていうことで、帰りは下北の焼肉の城西苑に行けて、 歌ちゃんと、腹いっぱい美味い肉を食べられた。
やっぱ、都心行きは疲れるんだよな。 今月、もう一回あるんだよなー。

         雀鬼




会長の周りに人が集まってくる様子、 容易に想像出来ます(笑) 羽生さんとの今回の対面、今後の展開が楽しみです。 城西苑さんのお弁当、ご馳走様でした。 冷えていても何であんなに美味しいんでしょう。
(恒)

会長や羽生先生はこういうパーティーだと、 主役より目立たないようにと大変だと思います。 城西苑みたいな縁のある場所で、 大変な遠出を楽しく過ごしていただける様、歌田さんお願いします!
(牧野)

会長、歌田さん、都心へのお出かけお疲れ様でした。 やはり会長は何処へ行かれてもお忙しいですね。 それにひきかえ、小鉄さんはご自身では 人気者だと思っているみたいですが、 残念ながら忙しくはならないと思います。 でも道場では何かと忙しいですね(笑) 会長、城西苑さんのお弁当美味しかったです。 ごちそうさまでした。
(シャボ)

すごくいい写真ですね。 羽生先生、森内先生、 二人とも道場に来てくれたことがありましたが、 人の縁の面白さを感じます。
(ナルコ)

■2017年11月8日(水)その2 Vol.5421

家人が又、テレビを見て、 夫婦の寝室が別々の話をしていた。
俺のこの頃は、寝室が結構広いんで、 そこが生活の中心になっている。
ベッドの上から、手を伸ばしたり、 ちょこっと動けば、 俺の生活に必要なものが存在しているから、 たいがい、そこで間に合う。
夜食なんか、めんどくせえけど、 キッチンに行って、 あるものに、ちょこっと手を加えて作っちまう。
食室で孫達と食卓を囲む時もあるが、 俺一人なら、ベッドの上で、病院室みたいに食べる。
外へ出る時は、一応、 キッチン、食室、応接間を素通りして、 玄関へ行くか、 俺の部屋から、直行の長い廊下を歩いて、玄関へ。
玄関脇の和室には、時折り、 庭の木々や、鳥や、虫達を眺め、気を静めたり、 外廊下で温かい陽差しを、一服しながら浴びるぐらい。
2階には家人の領域だから、 めったに立ち入らない。
2階の四つの部屋の奥に、 生意気にも、俺用の衣裳部屋があり、 シーズンの変り目に、 ちょこっと、のぞくことがあるぐらい。
実動、寝室を中心に、 ドアを開けた側のトイレと、 毎日入る浴室に身を移すだけ。
こう思うと、一人暮らしの 狭いアパート暮らしと変わんねえな(笑)
風呂は、ジャグジーは使わないが、 長身の俺でも、湯船で足を伸ばせ、 浴室から、箱庭が見れるが、 だいたい湯に浸かって、活字を追っている。
マンションは便利なんだろうが、 やっぱ、土の上、木の建物が好きなのかもな。

         雀鬼




ご自宅での会長の日常が垣間見れる珍しい原稿でした。 自分もコンクリートのマンションより、 一軒屋の方に魅力を感じます。 その家が田舎の自然の中なら、なおよしです。
(緒方)

■2017年11月8日(水) Vol.5420

28年前、今より10倍以上の人の集まりがあった。 そん中で、歌ちゃんは一人ボッチだった。 それが今は、深夜のキャッチボールの中心にいる。
かつて誰もいじくらなかった歌ちゃん、 今は後輩も年下も混っての、歌ちゃんいじりが楽しみを生む。
長かったが、側で見ていた俺が、歌ちゃんの中に変化を見れる。 それを人間の向上っていうんだよね。
仲間があって、 歌ちゃんが自分できっかけを作って、変わっただけ。 自業自得って、そういうものなんだね。
体調を直して、心を戻して、 又、恒が待っている位置に来れるかなー。
年齢がなー。 スポーツ界じゃ、50才で現役きついもんな(笑)

         雀鬼




自分が道場に通い出した時からお世話になっている歌田さん。 当時は麻雀打ってれば幸せってキャラで弄られたりしてましたが、 今では放課後の主役だったりします。 新キャラのブッチャーも良かったなー(笑) 歌田さんの年齢の時に同じ様に出来る自信はないですが、 道場は年齢を言い訳に出来ないので…待ってます!
(恒)

歌田さんに歴史有り。 色々あっても今が大切ですし、 変化された今の歌田さんがやっぱり最高です。 年齢もありますが、歌田さんは衰えるのではなく どんどん良い味を出して下さるのではと思ってしまいます。 毎回色んな技を見せて下さるので(笑)
(シャボ)

50才で現役のアスリートといえば、 サッカーの三浦カズ選手くらいでしょうか。 僕たちにとって歌田さんは、キングに並ぶレジェンドです。
(ナルコ)

ご心配をおかけしています。 自分の身体ながらうんざりしてしまうことが多いですが、 会長や仲間に遊んでいただいて気分的にはだいぶ楽になりました。 なるべく早く復活したいと思います。
(歌田)

■2017年11月5日(日)その3 Vol.5419

体調が悪かった歌ちゃん、 それなのに、逆療法(笑)
歌ちゃん中心にボールが飛び交う。 10人から、上下左右のボールが飛ぶ。
途中、無酸素状態に入る歌ちゃん、 立ってるのもふらふら。
「お願いします」
「しまって、行こう」
で約一時間の特訓。 何100回も失敗しながら、 とうとう、最後の直球を俺から受けて、
「達成!!」
ふらふらの歌ちゃん中心に、 みんなで喜び合う。
悪いが、こういう時の歌ちゃんは、 「大人のオモチャ」的、楽しみがある。
小鉄さん、座ってノートに何か書いていた。

         雀鬼




息は上がって、足元はフラフラ、 そんな姿を見ても、壁役として厳しい玉を投げさせて貰いましたが、 玉を見事にキャッチされると、ちょっと悔しいのと、嬉しい気持ちが混同してました(笑) これまで色々とお世話になっている歌田さんですが、 嫌な感情出さずに応えてくれる、皆のアイドルでもありますね。 小鉄さん、体動かした方が楽しいよ!
(恒)

汗だくでふらふらでも、 本人がすごく楽しそうでした。 みんなで大笑いして、 いい気持ちになれました。
(ナルコ)

歌田さんのエベレスト無酸素登頂ばりの特訓、 後半に待ち受けている永井さん宇田川さんの壁、 何度も挑戦して、最後に会長の直球をキャッチした時の、 その場の一体感と達成感たるや(笑)
道場生最年長が身体張って、皆のおもちゃになって下さり、 具合の悪かった歌田さん本人は元気になり、 自分達にも笑いと楽しみを下さる凄い相乗効果でした。
やっぱり歌田さんはレジェンドですね、 でもそのレジェンドをおもちゃにしている自分達って…、 でも止められない! またよろしくお願いします(笑)
小鉄さんに何が起きてるんだ!?
(シャボ)

ウッディーを昔から知る自分としては考えられないです(笑) ウータンはみんなのおもちゃとなって復活ですね! 次は一人心配な・・・ 「小鉄〜カムバ〜ック」(笑)
(宇田川)

■2017年11月5日(日)その2 Vol.5418

昨晩は、よき仲間達があってこそ作れた、 紙ボール一個の楽しい時があって、 今日は11月度、1週目のチーム戦の締め。
ナルコチームがダントツのまとまりを見せて、 他の3チームを圧倒。
個人総合点のトップ、19pの竹田、 2位、宇田川のワンツウ。 ナルコも11pで6位で入賞。
これじゃ、強いはずだ。
3位はないとうさん。 誰だろう。
しげるが連休使って4位。 電車(五回トップ)を3両作った。
大将の恒が5位。 7位から、シンヤ、歌田、橋本、緒方、シャボと並ぶ。
チーム戦は新人リーダーの哲がしげるの活躍で2位、 3位はコップチーム。
コップ以下は、連続ビリのシンヤチームだったが、 3チームは、ほとんど五分の並びだった。

         雀鬼




何とか接戦に持ち込めたものの、ラスからのスタート。 キノコ繋がりで嫌な流れは断ち切らないとです。 小鉄さんの名前は見あたらず、…コッブチーム誕生。 ここにはこれ以上負けられないです。 行動力を取り戻しつつある竹田さん、 竹田さんを引っ張りあげながら、 他チームにも気を配って盛り上げてくれる宇田川さん、 この2人を擁するナルコチーム強かったです。
(恒)

竹田さん、宇田川さんの二枚看板は、本当に強力です。 他のチーム員も気持ちがある人達で、嬉しい存在です。 でも。一人心配な人が…。
(ナルコ)

ビリスタートではありますが、 永井さん、シャボさんはやはり頼りになる存在です。 こっから百武さん、芹沢さんの力をいただきまして、 這い上がる楽しみを持っていけたらとナルコはムカツクし思います。
(シンヤ)

■2017年11月5日(日) Vol.5417

道場って、ある意味すごいよな。
夜中の1時前から、 紙ボール一個で、3時半まで遊べる。
一銭もかからない手作りの紙ボール。 それだけで、ワイワイ、ゲラゲラ、 楽しい方へ遊びを作って行く。
木の子の3人、シャボ、歌ちゃん、 宇田川、しげる、竹田、橋本、緒方と、 大の大人が子供のように遊ぶ。
何もなくとも、 楽しみを作れるって、遊びの本筋だよな。 こういう時間こそ、大切なんですよね。
深夜の運動でした。

         雀鬼




道場生の平均年齢は40才オーバー、 世間では大人の遊びと言えば、ゴルフや釣りや旅行など、 どれも楽しい事かも知れませんが、それなりのお金がかかるもの。 でも道場では手作りのボール一つで、明け方まで大盛り上がり。 正に童心に還ってました。 出来合いのものではなく、皆で作り出す遊びと空間、 最高に楽しかったです。
(シャボ)

いつもの居場所で、ただ動いて、笑って、 なんやかんやを忘れて、ただ、ただ楽しい時間。 こういう時代だからこそ、なおさら、 会長や仲間、遊びの大切さを本当に感じます。
(橋本)

いいおっさんが子供のように大はしゃぎ! だって楽しいんだもん。 ヤジも言いたい放題(笑) 道場ってほんと不思議なとこです。
(竹田)

大の大人が夜に集まって酒もなしで、たった一つのボールで遊ぶ。 常識人なら到底やらないことな気がしますが、 これがまた楽しくて仕方がないです。 自分のノーコンも、会長に教えていただいた マサカリ投方のおかげで大分修正されました。 麻雀の基本動作もかくありたいです。
(しげる)

大の大人が、上手い下手関係無く、 マジで新聞紙のボールで深夜遊ぶから面白いです。 なかなか出来ない事であります。結構、素です。
(シンヤ)

■2017年11月4日(土)その4 Vol.5416

俺、夜中にベッドの上で、 スプーンに半分乗せて、マヌカのはちみつを舐める。
ついつい思い出しちまう味、 これが又、美味いんだ。
そのはちみつを舐める度、 贈り主である、大企業の社長殿を思っちまう。
別に、その大社長に恋しているわけじゃないが、 マヌカのハチミツには、味覚が引っ張られる。
ていうことは、毎日、毎晩、 あの男性のことを思い出しちまう。
伊達に社長をやってねえな。
他の食べ物なら、 その日、その時だけ、美味かったで済むんですがね。 今晩も、又、思い出しちまうんだろうなー。
マヌカは続く。

         雀鬼




味覚を楽しめて、それが続くって、すごいハチミツです! そんな贈り物が出来る社長さん、 会長との共感、共鳴、さらに特別なセンスもお持ちなんですね。
(緒方)

■2017年11月4日(土)その3 Vol.5415

学校の先生は読書を好む。
早帰りに異和感があったんで、 バッグの中は・・・・。
将棋の新作本が6冊、 その中に将棋ばかりじゃなんなんで、 と一冊、別の本が混じっている。 本の表紙に、残酷と太字で書かれている。
この近辺で、安いアパートで、 27才の男が9人の人をバラバラにして殺す、 狂に重なる。
残酷な事件があったばかりなんで、 中をペラペラめくると、怖い言葉が並んでいた。
あれ一冊で洗脳されそう。 大丈夫かいなー。

         雀鬼




洗脳されずに済みました。 一歩間違えば、そっち側に行く危険があることに気をつけたいです。 ありがとうございました。
(牧野)

先生!あの本、読まずに捨てて下さい! お願いしますよ!
(竹田)

「先生、大丈夫?」 みんなで心配してしまいました。 こういう本を読んでみようと思う人の気持ちが、 今ではよく分かりません。
(ナルコ)

アドバイス通り、捨てましたか? 先生!そっちは、ダメですよ!
(小鉄)

先生、そっちは危ないです! 早く皆の方に帰って来て下さい。
(シャボ)

■2017年11月4日(土)その2 Vol.5414

新チームになって、 ナルコ、小鉄、哲チームの並び、 前回優勝チームのシンヤのとこだけが遅れている。
誠実なナルコ、 やっと前に出られて来た竹田、 場を作り、盛り上げてくれる宇田川の3人が目立っている。
小鉄はあんなに嘆いていたのに、 今日は牧野先生と、人生の目標である、 社会的常識No.1の内藤に囲まれて嬉しそうです。
一人、来ねえから、俺は打てない。

         雀鬼




ナルコリーダー、宇田川さん、竹田さんと、 いいチームについていきたいです。 小鉄さん、内藤さんの流れに飲み込まれないように気をつけます。
(牧野)

言ってる事、やっている事が良く分からんと評判の小鉄さんですが、 嬉しくて舞い上がってたんでしょうか。 新屋チーム、いきなりピンチ!力不足で申し訳ないです。
(恒)

先月のゼロ行進が嘘のように、 小鉄チームが優勝争いに加わっています。 でも、常識軍団には負けたくない!
(ナルコ)

囲まれたから嬉しい訳じゃないです! 嬉しさは、別の理由です。
(小鉄)

■2017年11月4日(土) Vol.5413

高槻塾の仁尾の奴、 見てろよ、と一言も言わないのに、 卓上で、仁尾が初めて見る俺の牌さばきを、 その場で、すぐマネをしていた。
それに比べて、道場生なんか、 打つ手を振りかぶったり、きつい牌を打ったり、 ひじがが上がる者、 牌を低く、滑らせるように切れない者、 手首をひねる者、 牌返しで、四回転をかっこいいと、 身につけちまったもの。
ほとんどがついちまった悪い癖のまま打っている。 ナルコや哲のように、 以前に比べれば、ましになった者もいる。
点棒を取る前に、
「牌しぐさ」
が大切なのにね。

         雀鬼




普段はポイントが注目されがちですが、 大切な物を見失ってはいけません。 意識が薄くなっている自分が恥ずかしいです。 言い訳せず取り組んでいかねばです。
(恒)

哲さんは、道場に来ると必ず牌さばきの練習をしています。 時に柔らかく、時に鋭く、持つでもつかむでもなくさばく。 ほんの一瞬でも出来たら、どんな感覚なのでしょうか?
(ナルコ)

そばで教えて頂いているのに恥ずかしいです。 教えて頂けるという事が 当たり前になってしまっているのかも知れません。 心構えから牌しぐさや所作を もう一度見直して行かなければと思います。
(シャボ)

申し訳ありません。 すぐに我流に戻ってしまいます。 もう一度、修正していきます。
(小鉄)

会長から教えていただくことはわからないことが当然であり、 わかったと思ってしまったら、 駄目になる第一歩になってしまうように思えます。 感覚をつかむなんて言葉もあるけど、 掴んでしまったらそれはもう感覚ではなくなり、 なんとなくふっと触れられたときに、なんとなく感じるもの… そんな感じでいつもとらえてます。
数年前に教えていただいた事がなんとなくわかってきたり、 あの時言われていたことはこういうことなのかな?? なんて思えてくると、また楽しみは生まれてきますが、 変わらないようで、臨機応変にかわるような会長の動作は いつ見ても美しく見とれてしまい、 なんとなく真似してみたくなり、 新しい楽しみがいつも生まれてきて嬉しいです。
一生かけてもできないことを、一生かけてやっていくということも、 矛盾しているようで正しい姿だと僕はおもってます。 いつもいつもありがとうございます。
(仁尾)

■2017年11月1日(水) Vol.5412

HP書くのを忘れてた(笑)
一本、追われてた仕事用の原稿を仕上げて、 安心してたのか、 この頃、よく起きる物忘れのせいか、 まぁ、どっちもだな。
日曜の月例会、 大阪から、坪子夫妻と、高槻塾の仁尾が、 顔を出してくれて、嬉しかったなー。
パパのケツを叩いたし、 ママの美しい顔面に、 まともにボールをぶつけちゃったしな。
仁尾は月例会で俺と当たると、 俺が言わずとも、 俺がいくつか出す、牌の切り出しの動作を、 じっと見て、真似して打ってくれる。 そこが、仁尾の偉さ。
道場では、俺がシグナルを出しても、 全く気づかないで打っている。
仁尾は、その仕草を、お土産に 高槻塾に持って帰ってくれてるんだろう。
学びって、遠くにあるんだね。

         雀鬼




仁尾は、会長の仕草やシグナルをきちんと持ち帰り、 パパママは月例会や順位戦を楽しくしてもらい、ありがたいです。 会長のシグナルにもっと気付いて 学ぶ原点から外れないでいたいです。
(牧野)

たまにしか来れない仁尾君ですが、 同卓すると、会長に教わった事を大切にしているなって感じます。 近くにあるから、有り難みを忘れてしまう、 そんなの恥ずかしいですし、気をつけないといけないです。
(恒)

会長のシグナルだけではなく、 気づいていないことが僕にはたくさんあります。 強い人は気づいている。 そこに向かっていかないとダメだな、と思いました。
(ナルコ)

■2017年10月29日(日)その3 Vol.5411

俺が一方的に決めちまった(笑)、 将棋の竜王戦、先ず羽生先生が2連勝、 これでよし(笑)
道場の方のチーム戦は、 今週、宇田川チームが初トップで、 優勝争いをしていたシャボチームが3位で、 総合点12pで同点2位。
1p差のトップにシンヤチームが残った。 初のラスを取っちまったが、総合優勝。
まぁ、3チームほぼ五分の並びはお見事。
小鉄んとこは、最終週でやっと2位に入った。 置いてけ堀の3点だってさぁー。
今週の個人総合は、 竹田くんが18pでトップを取って、 宇田川の4連覇を阻止。 1p差で宇田川、小鉄、恒が並んでいた。
惜しい、宇田川。 でも月間MVPは宇田川で決まり。
次点は小鉄かなー。

         雀鬼




最終週にして初めて4チームでの接戦になりましたね。 ラスになった時は一瞬ヒヤってしましたが、並んでゴールは上出来です。 宇田川さんに完敗でしたが、 完全制覇を止めた竹田さん、少し頼もしくなってきたんでしょうか。 小鉄さん、次点って事はそろそろ良い事ありそうだね。
(恒)

最終週でラスになってしまったのは残念でしたが、 3チームが互角の戦いになったのは面白かったです。 宇田川さんのMVPは、みんなが納得。 来月は小鉄さん?どうなるのでしょうか。
(ナルコ)

今月も先頭を走って皆を引っ張って下さった 宇田川さんのチームが初トップ、宇田川さんのMVPカッコ良いです。 そしていつも話題の中心だった小鉄さん、 懲りずにまた来月も同じチームでやるみたいです。盛り上げるな〜(笑) 自分のチームは、 何だかんだでムチを入れ続けてくれた百武と竹田さんのコンビと 緒方、芹澤さん後藤さんの裏方の力、 そしてパパと金子さんが最後に助っ人に入って下さりありがたかったです。 あとクノイチの暗躍?もあったか(笑)皆さんありがとうございました。
(シャボ)

3チームが接戦の中、最後の最後で、やっとこ、入賞! ですが、結果どうより、過程でのなんだかんだで感じたことが大きかったです。 宇田川さんのMVPは文句なしです! 次点?ってことで、永井さんが書かれているように、良いことが…。 コップーーーー!? ありましたね(笑)
(小鉄)

MVP!! ありがとうございます。(笑) 素直に嬉しいです。 最終日に仁尾さんの加入で、なんとかトップを取らせたいただきました! ほんと仁尾さん様々です! 「あ〜倍萬打っといて、本当に良かった!」 ありがとうございました!
(宇田川)

チーム員の皆さんのおかげで、優勝、ありがとうございました。 ぶっちゃけ自分はなんにもできませんでした。 永井さん、ナルコ、哲さん、 のクリーンナップありがたくかっこ良かったです。 んで、つぎはナルコチーム、哲チームかぁ!てぇへんだぁ!! そして、MVP宇田川さん、次点小鉄さん、納得です。
(シンヤ)

宇田川さんのお蔭で昼から夜まで道場が活気づいています。 MVPの活躍ありがとうございます。 最終日は大接戦で仁尾さんやパパママの助太刀が大きかったですね。 盛り上がりました。ありがとうございました。
(竹田)

■2017年10月29日(日)その2 Vol.5410

月例会、遠方組のしげるとシャボでワンツー。 3位は内藤さんで、その下に俺、 社会人代表の下って、嫌だよね(笑)
チーム戦、最後の4週目、 泣いても笑っても、今日で締め。
3週連続ビリッケツチームの小鉄くん、 どうせならオールビリって、合ってんじゃない。
坪子のパパのケツを叩いてやったら、 4回もトップも取って、 あと一回で電車を走らせる。
本日の一番電車になったら、 初めて、ママの前で男らしいところを見せられる。
あと一回、あと一回、 やったれパパ。

         雀鬼




月例会、しげるさん、シャボさんのワンツーフィニッシュ、 そして3位も頑張っている内藤さん。気持ち良かったです。 欲を言えば、宇田川さん、竹田さんに上位になって欲しかったです。 仁尾さんの参加も場を盛り上げてくれました。自分はいつも通り。 順位戦では、会長の魂を分けて頂き結構バンバンけました。 ただ、チャージが遅れた分、電車は一歩及ばず。次回再チャレンジします。 今回も楽しませて頂きました。ありがとうございました。
(パパ)

パパが自分達のチームに入ってくれました。 そして会長にムチを入れて頂き、電車リーチ! 竹田さんの電車が走らない今、 自分達はパパの電車に乗らせて頂きたいです。
(シャボ)

■2017年10月29日(日) Vol.5409

2時過ぎだったなかな、 さぁ、帰ろうか、 とセーターや、革の上着を身につけて、 あったか、万全。
出口の所で、小さいボールを見つけた。
「遊んでよ」
分かったよ、と掴んで、 シンヤに投げる。
紙ボールは嬉しそうに、 シャボ達のところへ飛んでいる。 道場で立っている者に、あっちこっち。
ボールがこの日の主役を見つける。 パパとママのところへ、自然と集まる。
私は平気よ、 とR&Bのママならばと、直球を、 手の間を抜けて、 美しい顔面に当たっちまう。
ママ、久し振りの当たりに、 ちょっと意識を外している。
俺、しっかり頭を下げていたが、 パパが駆けつけて、ハイタッチ。
俺は、ママ、ゴメンヨ、と思ってたのに、 パパはあんなに嬉しかったんですね。
一気に体が温まり、汗が流れる。
いくつかの病気持ちの老人が、 夜中に何やってんのか。
でもこれからも、まだ体が動くうちは、 色々やっちまうだろうな。
ちょっとした運動、楽しかったです。 やっぱり、ママは楽しいね(笑)

         雀鬼




真夜中のキャッチボール。 キャッチボール自体が久しぶりだったので、ついつい夢中になりました。 会長のボールがママの顔面を捉えた時、つい本音が(悪魔の囁き)。。。 内緒にしていたのにバレてしまいました。会長、後が怖いです(笑)
(パパ)

会長のボールが顔面ヒットした時、ビックリしましたが、 裏でそんな事があったとは… 今はまだ触れないことにしときますが…(笑) ウータンにも大分笑わせて頂きました。 あの片手の早投げ、凄かったです!また見せて下さい。
(ママ)

パパの嬉しそうな顔は忘れられません(笑) 今頃どうなっているんでしょうか…
(恒)

ママの顔にストライク。 ママに頭を下げられている会長にパパがハイタッチ、 ママが顔を上げた瞬間に 何事もなかったように元の場所に戻って、すまし顔のパパ。 いつもは夫婦漫才ですが、この日は会長と3人でコントのようでした(笑)
(シャボ)

パパ、ママが来るとホント、楽しいです。 ママの顔にパコーンとあたった瞬間、そして、パパの行動、 大笑いさせてもらいました!!
(小鉄)

■2017年10月28日(土)その3 Vol.5408

似た者夫婦ってあるらしいが、 我が家では、どこをとっても似てない。
今日は坪子の夫婦と何度も打たしてもらった。
ママはどこからリーチが入ろうが、 一歩も引かずに、ブイブイ前へ出て、 R&B感をかもし出す。
だが、パパはリーチがくれば、 手の内から安全牌を探して、 事が治まるのを、じっと持つタイプ。 クラシック感。
打ち方としては、前へ進まないんで、 ほとんど、ポン、チー、という発声がない。 そして、降り打ちばっか(笑)
同じ夫婦でも、ママは男打ち、 パパはおとなしい常識派、 真逆ですね。
それが面白い。

         雀鬼




異なるタイプの二人、 日曜日の月例会はどうなるでしょうか? 見所の一つです。
(ナルコ)

パパとママ、それぞれのリズムと言うかスタイルがありますね。 パパのクラシック感、写真だと指揮者のようです。 ママはバンバンバンですね(笑)
(シャボ)

ママさんの男打ち気持ちよいです。 パパさんの味のある対比もコンビで面白く、 道場によい気持ちを持ってきてありがたいです。
(牧野)

無謀と前に行くのとは違うと思います。 自分のはただの無謀です。 それが当たった時は良いですが、 外れた時の代償はすごく大きいです(笑)。
(ママ)

どんな角度から見ても雀鬼流ではないですよね。 スピード感はセレナーデモードだし、手順はチンプンカンプンだし。
(パパ)

■2017年10月28日(土)その2 Vol.5407

明るい者に逢いたいなー、 と道場に来たら、 坪子のママが、パパを引っ張って登場。
ありがとう、ママ。
何故・・・、 そうか、明日は月例会、 それに駆けつけてくれたんだ。

         雀鬼




小さい仲間を思って駆け付けてくれるパパ、ママ。 今回は台風も近付いてる中の行動で、有り難い限りです。 お二人が来られると場が一気に明るくなります。
(恒)

パパさん、ママさんの顔を見ると、僕も嬉しい気持ちになります。 みんなで楽しく過ごせるようにしたいです。
(ナルコ)

パパ、ママが道場に来られた瞬間に、 皆の嬉しさからさっと場が明るくなります。
(小鉄)

道場は明るい者たちの集まりであって欲しいですね。 小鉄さんや自分などのように、ずれている時があっても、 パパママを見習っていきたいです。
(牧野)

会長、月例会だから来たと言うよりは、 来させて頂く時に月例会にして頂いていると思います。 皆さんにはいつもヘボ相手に恐縮です。 まあ、皆さんが楽しんでもらえれば、いいかっ!
(パパ)

会長、こちらこそありがとうございました! 普段は全く身体を動かさないので、今日は少し腕が痛いです。 今度は、ゆいのコーチのご指導、宜しくお願い致します。
(ママ)

■2017年10月28日(土) Vol.5406

先日の夜に、たたみいわしと、 恒のお土産の練り物で食事。 珍しく、お代わりしていた。
このいわしさぁ、 マンちゃんが好きでさぁ、 こればっか、小さい頃、食べたんだよ、 と昔話をしていた。
ばななさん、ごめんなさい。
俺、今日のメールを見て、 エッ、ばななさん御自身でいらしてたんだー、と分かり、 申し訳ない気持が走る。
知らなかったんです。 聞いてなかったんです。
あるいは、俺がボケてたか、 どちらにしても、御無礼つかまつりました。
先日も我が家で、 明るい声、元気で楽しい話をしてくれそうな人に、 電話を入れてみる。
一件目、 どうしたんですか、 と俺の電話に嬉しそうな声が伝わってくる。
明るい声が聞きたくってね、 と正直に話す。
その人と、出逢った頃、 ピチピチで元気ハツラツの20代前半。 そこまで思い出しながら、 俺もバリバリだった頃の話が出来た。
明暗はつきものだが、 何んか、今は明るい方向に、 ひまわりのように向きたい気分がある。
2本目は、伝えることもあって、 担当者のとも子だ。
先日、小学3年生のゆいのちゃんに、 道場全体を5時間も明るくしてもらった。
たった一人の小学生の女の子に、 皆んなが楽しく笑えて、 次から次へ起こる展開を楽しませてもらった。
凄い子供もいたもんです(笑) あの日のゆいのちゃんは、ひまわりだったなー。

         雀鬼




みんなで、おいしく頂いた、たたみいわし、 ばななさんが直接、持って来てくださったこと、 きちんと、伝えられておりませんでした。 ばななさん、大変失礼致しました。 会長、申し訳ございませんでした。
(緒方)

今回はいつもと違う物だったんで心配でしたが、 たくさん食べて頂けて良かったです。 たたみいわしは初めてでしたが、止まらなくなるもんですね(笑) ひまわり、ゆいのちゃんにぴったりです。
(恒)

ばななさん、永井さんいつもお土産ありがとうございます。 普段あまり食べる機会がない、畳いわしと本場のさつま揚げ、 美味しく頂きました、ごちそうさまでした。 今年の夏は太陽になかなか逢えなかった事もあり、 太陽のように場を明るく照らしてくれるゆいのちゃんに、 皆エネルギーを頂きました。 道場も日照不足にならないように明るくやって行きたいです。
(シャボ)

■2017年10月25日(水)その2 Vol.5405

社会的には、己に自信を持つって、 いいことらしい。
こん中に自信家いますか。 竹田とカマボコが手を上げる。
「納得!!」
彼らをずーっと、見ているが、 やることなすこと、 ほとんどが勘違いだらけ。
彼らははちょっと前まで、 ゾンビ軍団と言われていたっけな。
まあ、自覚しているだけ、いいかぁ・・・。
自信家とか、野望家じゃなければ、 名誉も、金も手に入らねえ。
表舞台で活躍する人達は、 そろって自信家だい。
俺なんか、社会人失格だよな。 なぁ、竹田くん。

         雀鬼




会社では自信を持つには!? って感じでアドバイスあったりします。 でも自信家の方々を見ていると…近付きたくない!
(恒)

政治家や、テレビで見かける金持ちの人たちは、 自信を持っているように見えます。 それなら、最初から自信をもって取り組めば、 いい結果がついてくる…。 うーん、なんか違う気がします。
(ナルコ)

はい。失格です(笑) 自信を持つには勘違いすることなり。
(竹田)

昔は、自信あった気がしますが、 道場で、それを無くしちゃいました(笑)
(小鉄)

自信家になってしまうのは、 1人よがりでいかに周りを見ていないか、と言う事の気がします。 裸の王様の自分から早く戻って来たいです。
(カマボコ)

■2017年10月25日(水) Vol.5404

どこの出版社だか分からないが(笑)、 出版部担当の高木と萩原が来てくれた。
萩原は取材陣だが、 高木にいたっては、取調官そのもの。 俺の悪さを、どんどん白状させられる(笑)
3時間半かな。 一人黙って座っていた宇佐美という男がいた。 奴は酒がないと、無口なんだよね。
一応、取材の題目みたいのがあったが、 題名なんて、取材した後にくっつければいいのにな。
俺、家を出る前に、 求められるものが、出てくるかなー、 俺、もう全て出し切っちまったから、 残ってないんじゃねえのか、 と思えた。
昔のように、ハイヨ、ハイヨ、 という受身が取れそうもない、今日この頃。
心身が弱っちまったのかなー。 自分が弱くなると、 他から漏れてくる嫌な話は、ゴメンです、 と抑えが入っている。
何んか、楽しいお話が聞きたいもんです。
久し振りに、プロ野球を見た。 3対0で広島が勝っていた。
どちらかというと、横浜を応援する。 その回に横浜が4点入れて、逆転勝ちの王手。 次は0点しか見えない。
小鉄さんのせいかなー。

         雀鬼




桜井会長、本日も長い尋問(!?) にお付き合いいただきありがとうございました。
「揺るぎない自信」をテーマに 質問を進めようと思っておりましたが、 会長から開口一番 「自信なんて持たなくていーんだよ。  自信なんて持ってるやつは全部嘘っぱちだよ」 と伺った時は、私たちの心が揺るぎまくりでした(汗)。
どんな切り口にしていくかは、 新宿の夜の街に消えていった、 松本社長と宇佐美さんが決めてくれると思います。 本日は本当にありがとうございました!
(萩原)

桜井会長 本日はまた長い時間、取り調べをさせていただき まことに有り難うございました! 今日の取材は背後の宇佐美司令官が発する信号?によって 3人が操られていたような気がします。 それにしても会長の「俺には自信がない」 という先制パンチによって 無信(=無心)の境地にたちまち陥ってしまいました。 そんな自信を解体したところから、 今回の本づくりはスタートしそうです。
(高木)

最初から決めていたテーマが ひっくり返る感じが、面白いです。 0点と言えば、自分ですね(笑) 横浜と同じように、逆転!とはいきませんが、 最終週はどうにかしたいです。
(小鉄)

■2017年10月22日(日)その5 Vol.5403

一人ボッチの小鉄の泣き声を聞いて、 仲間の歌田、牧野、カマボコ、深山が、 助っ人に駆けつけてくれて・・・・。
でもね、やっぱり今週もダンビリ。 可哀想な小鉄さん、 チーム点も3週連続ビリで、ゼロ行進。
大敗北つうか、 こんな記録、見たことがない。 やっぱり、小鉄が可哀想。
今週のトップは、 恒、哲、ナルコがクリーンヒッターで、 シンヤチームが2度目のトップで、 チーム総合点も13点でトップを走る。
2位に入ったシャボチームが 総合10点で、総合優勝の争いに残った。
3位になっちまった宇田川チームだが、 どうも個人総合得点で3連覇らしい。 これも見事な大記録。
チーム戦、ダンゴレースなら盛り上がるのに、 最終週を待たずに2チームで決戦じゃ、 見ものがないね。
こうなったら、小鉄チーム四連敗と、 小鉄の泣く姿を見ましょうか。
小鉄はいい子なのにね。

         雀鬼




何であんな良い人が…っていうのは良くある話ですが、 来月には良い事あるらしいですよ、小鉄さん。 チーム戦はほぼ形が決まってますが、 ナルコ、哲と新屋リーダーを支えて、きっちり走りきりたいです。
(恒)

リーダー経験があるので分かりますが、ビリって、結構へこみます。 でも、小鉄チームの4連敗、見てみたいです(笑)。
(ナルコ)

気持ちよく大敗北しています。 小鉄チームとして、気持ちよく泣かせるようにしたいものです。
(牧野)

3連続ビリですが、昨日は、皆、集まれてよかった〜! 4週連続で、泣きたくない!
(小鉄)

シンヤチーム強し! 何とか優勝争いに残れたので逆転を目指したいです。 小鉄さん、自分達は優勝争いします。 小鉄も更なる記録を目指して頑張って下さい、 応援しています(笑)
(シャボ)

ようやく全員集合出来たので、 最終週は今までとは違うレースがしたいです! ダントツビリはもう嫌だ〜。
(カマボコ)

■2017年10月22日(日)その4 Vol.5402

ニュースでちらっと見たんだが、 どこかの会場へ、竜王戦、一局のために、 羽生先生が入場してくる。
なんか、いつもより緊張している感じを受けたんだが、 先ず一勝したらしい。 よかったですね。
さあ、勝ちましょうねぇ。

         雀鬼




羽生先生、一冠になってしまってますが、勝ってもらいたいです。 我々素人には理解しきれませんが、応援しています。
(牧野)

今回の竜王戦、ファンの方々も大注目だと思います。 自分も応援しています!! フレー、フレー、羽生先生!!
(緒方)

■2017年10月22日(日)その3 Vol.5401

この頃つくづく感じたんだけど、 湿気で、嫌なもんですね。
人間も生ものだから、 カビが生えたり、腐りやすくなるのかな。
外は強い雨が降っている。 道場中に、初めて聞く音が聴こえる。 どうも、警戒警報を知らせる音らしい。
戦争の時にも、空襲が始まるぞ、 という空襲警報が鳴ったっけ。 空襲も、大雨も、どちらも空から降ってくる。
深山から久し振りにマッサージを受けたが、 いつもなら、何ヶ所か、痛気持よさを感じてたんだが、 今日は、俺の体が何かを感じれず、感覚の鈍さが残る。
これって、危いじゃん。 俺の特有の感覚が失せたら、心身が変っちまう。
体さばき、出来るかなー。

         雀鬼




23日の月曜日、横浜は久しぶりに晴れて、気持ちが良かったです。 雨が続いてじめじめしていると、気分も憂鬱になります。本当に嫌なものです。
(ナルコ)

いつでも晴れって訳にはいかないけれど 腐らないようにしたいです。 会長の体調がよろしくないようなので心配です。
(竹田)

湿気のせいか、体調のせいか、 心配になりますが、 また様子をみて、マッサージやらせていただきたいと思います。
(深山)


<前のレポート [Report Index]